ここはヌーディストビーチ その8 [無断転載禁止]©bbspink.com

342木村沙也香 ◆gwsWyIwpCrJ6 2017/10/14(土) 08:54:16.72ID:???
>>341
きゃっ…?
(不安に…会計を早く済ませて立ち去りたい…と思い焦ったいた最中に背後でドアが開き)
(沙也香は思わず小さな悲鳴をあげた)
(恐る恐る振り返るが…店内に入って来たのは家族連れか何かだろうか…小さな子供を2人連れた)
(若い夫婦…共に沙也香と同じ位だろうか…)
はぁ…何…だ…
(若い男のグループ連れ等だったらと警戒していた沙也香は安堵するが…)
(良いな…仲良さそうで…私は…ほとんど銀次さんの)
(セックス奴隷みたいで…子供作る気は無いみたいで…)
(沙也香はカップルが共に若い事…子供を連れてるのを羨ましく感じた)
(自分は33歳も年上の親父と結婚して…前妻の子供には懐かれず…)
(家政婦からも淫乱女と蔑まれ、家庭内で浮いている自分…)
(目の前の夫婦の本来自分が理想としていた家族像…)
(セックスの快楽に逆らえず異様な家族に取り込まれただけの自分…)
(比較して自分が哀れになる)
ぁ…す、すみません…じっと見ちゃって…
ぁの、ご家族ですか…?
はい…私も…家族…夫と…
(しばらくその家族を見ていたのを向こう側も気付き怪訝に思ったのか)
(あの…何か?と尋ねられ、沙也香は真っ赤になった)
(簡単な会話をしながらも…やはり裸…その事を気にしてしまい…)
え!ゃ…やだ…
(子供の一人…兄と思われる方が沙也香の豊かな乳房に姉ちゃんおっぱいでっけー!と声に出し…)
(自分の姿の事も思い出し、その恥かしさに身悶える)
あ、いえ…気になさらないで…そ、それじゃ…失礼しますね…
(子供の台詞に父親がその口を塞ぐが…沙也香の裸身をチラ見して、妻に抓られ…)
(気まずくなった沙也香は日焼け止めを持ちサンダルを履くと急いで店を出る)
はぁっ…ぁん…恥かしかったぁ…ん…
でも…ん…ゃぁん…
(何度か視線を受け、男の裸を意識させられ…)
(沙也香の身体は興奮を帯び始めていた…)
んんぅ…あぁん…私も楽しんで…良いのかしら…
もっと人のいる場所…行っても…
(手に日焼け止めを持った沙也香は…尻を揺らす様に海岸に向かってゆく)

[PINK][/PINK 29/30]
新着レスの表示
レスを投稿する