【サンリオ】シナモロールでエロパロ【シナモン】

1名無しさん@ピンキー2014/01/19(日) 05:46:39.79ID:sG1qmL3d
シナモロールのエロパロスレです。
仲良くいきましょう。

作品を投稿する際は一言書き込んでからにしましょう
苦手な属性や特定カップルの人のために
投稿する際には、名前欄に扱うカプ名を記入し、
冒頭にどのようなシチュのエロなのかをお書き下さい
さまざまな属性の住人がいます。他人の萌えを否定せず楽しくいきましょう。

2名無しさん@ピンキー2014/01/19(日) 14:52:31.14ID:LueGF90p
>>1

3名無しさん@ピンキー2014/01/19(日) 15:51:50.41ID:jZlAXPhs
保守

4名無しさん@ピンキー2014/01/19(日) 17:17:38.88ID:/CnDkh2g
保管庫つくる?

5名無しさん@ピンキー2014/01/19(日) 22:34:20.38ID:jZlAXPhs
今、チェリー×エスプレッソの作品作ってる。
明日にはできると思うけど、それまでにこのスレがあるかどうか…。

6名無しさん@ピンキー2014/01/20(月) 00:04:09.33ID:+kBr9Qzd
スレ立て乙です!
画像もここでいいのかな…?
それとも向こうのスレ?

シナモン(♂注意)
http://i.imgur.com/rCPweGe.jpg

7名無しさん@ピンキー2014/01/20(月) 00:39:29.63ID:rkLo2rpN
>>5
落とさせんよこのスレは
まあ俺も書いてるからちょっと心配だ

8名無しさん@ピンキー2014/01/20(月) 02:03:01.69ID:rkLo2rpN
>>6
ここのスレでも構わないけど、できれば
角煮スレのほうがいいと思う
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/ascii2d/1390077635/1-100

ここの方が人も来るだろうし

9名無しさん@ピンキー2014/01/20(月) 02:46:46.06ID:rkLo2rpN

10名無しさん@ピンキー2014/01/20(月) 09:54:23.96ID:rkLo2rpN
ho

11名無しさん@ピンキー2014/01/20(月) 10:45:47.98ID:k42eLddS
>>4
いいんじゃないかな?
過去作読みたいって人も出るだろうし

12名無しさん@ピンキー2014/01/20(月) 14:42:42.67ID:k42eLddS
>>5楽しみにしているよ〜

13名無しさん@ピンキー2014/01/20(月) 18:08:59.29ID:rkLo2rpN
言いだしっぺのくせに保管庫作成の知識が皆無という
誰か作ってくださる方お願いします。

まあ作品が集まるかどうかもわからないが
頑張って書くつもり
ちなみに今はシナモン×カプチーノ執筆中
しょっぱなからホモホモしいけど勘弁

14名無しさん@ピンキー2014/01/20(月) 18:30:15.67ID:IpdNYSkZ
>>8
了解です
次からはそっちにあげまする

15名無しさん@ピンキー2014/01/21(火) 06:52:02.99ID:bupC/Psa
モカがみるくに授乳プレイ

16名無しさん@ピンキー2014/01/21(火) 09:17:11.93ID:bupC/Psa
ココ&ナッツのショタWフェラ

17名無しさん@ピンキー2014/01/21(火) 14:12:46.47ID:bupC/Psa
おっぱいあるのか?

18名無しさん@ピンキー2014/01/21(火) 14:57:33.46ID:ubspZLtH
現在マフィン×エスプレッソ執筆中(短編)
ただこれはエスプレッソがマフィンとデート別れした日の夜に見た夢なのでマフィンは女の子設定です
ぶっちゃけると本スレの>>192>>193の文章化です
他の人もあまりいいネタが浮かばなかったらすでにあるイラストとかを題材にすればいいんじゃないかな?

19名無しさん@ピンキー2014/01/21(火) 17:24:38.44ID:ubspZLtH
とりあえず保管庫を形だけだけど作った
http://cinnamoroll.wiki.fc2.com/
後は頼んだ

20名無しさん@ピンキー2014/01/22(水) 23:19:15.22ID:sODM0dme
誰かいる?

21名無しさん@ピンキー2014/01/23(木) 00:33:56.99ID:AAnRXAfI
>>19
ありがたい!
お疲れ様です

中々人が来ないな

22名無しさん@ピンキー2014/01/23(木) 05:03:12.66ID:kOI3fHnT
モカ孕ませたい

23名無しさん@ピンキー2014/01/23(木) 07:22:17.81ID:kOI3fHnT
Wiki荒れてんぞ

24名無しさん@ピンキー2014/01/23(木) 11:40:45.21ID:AAnRXAfI
シナモンのアナル弄りたい

25名無しさん@ピンキー2014/01/23(木) 22:11:40.06ID:AAnRXAfI
Wiki更新した

26名無しさん@ピンキー2014/01/23(木) 22:50:17.69ID:kOI3fHnT
カプチーノと誰がカップルに合いそうかな?

27名無しさん@ピンキー2014/01/24(金) 07:43:33.42ID:gxFEvm+c
シフォンに突っ込みたい

28名無しさん@ピンキー2014/01/25(土) 07:12:13.45ID:+WSnoXP1
過疎ってるなー

29名無しさん@ピンキー2014/01/25(土) 13:34:42.61ID:+WSnoXP1
モカとエッチしたい

30名無しさん@ピンキー2014/01/25(土) 14:51:26.78ID:Bz05zTjb
半角とエロパロ分離したから作品投稿以外のレスも分裂しちゃったのよね

31名無しさん@ピンキー2014/01/25(土) 16:35:24.30ID:+WSnoXP1
どっちか一つにすべきだったかな

32名無しさん@ピンキー2014/01/25(土) 17:15:28.18ID:+m8xvZ6W
かくかく詐欺

33名無しさん@ピンキー2014/01/25(土) 17:18:15.35ID:+m8xvZ6W
カプチーノのアナルトロマン

34名無しさん@ピンキー2014/01/25(土) 17:41:48.71ID:Bz05zTjb
まあ片方しか見てない奴の方が少ないだろうしまったりやればいいんじゃね
半角にSSは禁止されてないとはいえ半角だけだとSS投稿しづらいしな

とはいえあんまり過疎ってると作品投稿する気も失せるからできるだけ盛り上げていきたいところだ

35名無しさん@ピンキー2014/01/25(土) 22:46:55.98ID:9gLMtYV+
チェリー×エスプレッソの者です。
途中(手淫)までですが…。

?「ねぇ、エスプレッソ様」
エスプレッソ「ううん…誰だい?」
エ「チェリー?どうしてこんな所に…」
チェリー「わたしはエスプレッソ様のためならどんな所でも行って差し上げますの」
エ「そういうことじゃなくて…こんな夜中に何の用なの?ぼくは眠いんだけど」
チ「エスプレッソ様、いつまでたってもわたしに振り向いてくれなくて…だから今日は夜這いをしに来たんです」
エ「"よばい"?それって何?」
チ「つまり、こういうことですよ」
エ「ちょ、ちょっと、チェリー!?」
チ「これがエスプレッソ様のおちんちん…。ちっちゃくて可愛らしいですわ」
エ「や、やだ、そんなところ見ないでっ」
チ「隠そうとしても無駄ですよ。あなたの身体には金縛りの呪いをかけておきましたから」
エ「そ、そんな…ぼ、ぼくをどうするつももりだよ!」
チ「怖がらなくていいですわ。今日はエスプレッソ様に気持ちよくなってもらうために来たのですから。」

チ「例えば、こんなふうに…」
エ「ひゃっ、い、いじっちゃだめっ。そこは汚いとこだよっ」
チ「エスプレッソ様のは汚くないですわ。わたしのお手々の中でぴくぴくしちゃって…ほんとに可愛いっ」
エ「あっ、はぁっ、いやっ、な、なんかおちんちん変な感じ…」
チ「それが気持ちいいということですわ。ほらほら、もっと擦って差し上げますわ」
エ「うああっ!あうっ!あつい、身体があついよぉっ…!」
チ「女の子におちんちんいじられてこんなに感じるなんて…エスプレッソ様って意外にいやらしい方…」
エ「や、やめて…出ちゃうっ、おしっこ出ちゃうよぉっ」
チ「うふふ、それはおしっことは違いますわよ。それよりももっと気持ちいいものが出てきますから…」
エ「で、出ちゃう!もれちゃうよぉっ!見ないで、見ないで!」
チ「さぁ、出しちゃえっ、エスプレッソ様のいっぱい出しちゃえっ」
エ「ううっ!あっ!ひああっ!」
チ「きゃっ!もうっ、顔にまで飛んできちゃった…」
エ「ご、ごめん…おしっこ顔にかけちゃって…」
チ「ご心配なさらず。うふふ、これがエスプレッソ様のにおい…なんだかえっちな気分になっちゃう…」
エ「チェ、チェリー?そろそろ気が済んだかな?そろそろ金縛りを解いてほしいんだけど…」
チ「いいえ、エスプレッソ様のおちんちんもまだ元気そうですし…今度はわたしも気持ちよくしてもらいますわ」
チ「楽しい夜はこれからですよ、エスプレッソ様…」

今日はここまで。
明日には、本番を書くつもりです。

とりあえず、書きかけた文までwikiに載せておきました。
やっぱり、全部書き切ってからの方がよかったでしょうか?

40名無しさん@ピンキー2014/01/26(日) 13:22:32.36ID:d2CqdLXF
>>39
期待しています。
Wikiも作品を見やすいように編集するべきだと思うが
ノウハウがないから困った。
なんにしろ盛り上がる火付けに貢献している

ただ、俺の経験上台本形式だとあれかも
といっても書き方変えると混乱するから頑張ってください

私のシナモカSSもあと少しで完結しますので

41名無しさん@ピンキー2014/01/26(日) 22:53:59.51ID:Kg1QalBe
昨日の作品の続きができました。
少しでも、このスレが活性化されると嬉しいです。

エ「これが女の子の…こんなにじっくり見たの初めて…」
チ「わたしのおまんこ、そんなに見られると恥ずかしいですわ…」
エ「ね、ねぇ、今から何するの?」
チ「何って、男と女が裸になってすることといったらセックスしかありませんわ」
エ「そ、それって大人がすることじゃ…」
チ「ええ、わたしがエスプレッソ様を大人にしてあげますわ。だからもう少しわたしに身体をあずけてください…」
エ「ちょ、ちょっと待って!まだ心の準備が…」
チ「それじゃ、いきますわよ…んっ、あっ」
エ「ふああっ、んんっ、やんっ」
チ「はぁっ…はいってるっ。エスプレッソ様のおちんちん、わたしの中にはいってるっ」
エ「くうっ、チェリーの中、あつくてとろけちゃいそうっ!」
チ「ああ、エスプレッソ様にそう言ってもらえるなんて…。それじゃ、動きますよ…」
エ「あうっ!んはぁっ!き、気持ちいいよぉっ!」
チ「はぁんっ!ちっちゃいエスプレッソ様のが中で暴れてますわっ!」
エ「ああっ!また変になっちゃうよぉっ!」
チ「あううっ!くふぅっ!エスプレッソ様のおちんちんクセになっちゃうぅっ!」
エ「ま、また出ちゃうっ…白いおしっこ出るっ!」
チ「来て!エスプレッソ様!すべて受け入れてあげるからぁっ!」
エ「くぅぅぅ!うはぁっ!」
チ「いやぁぁっ!ふあぁっ!ひうぅぅっ!」
エ「あ…はぁ…ふぅ…」
チ「あっ…あはっ…まだ出てるぅ…」

チ「こんなに出しちゃって…もうお腹いっぱい…」
 「今日はほんとに気持ちよかった…。そろそろ呪いも解いてあげなきゃ」
 「今日の夜のことは一夜の夢。早く忘れることですわ」
 「それじゃ、さよなら。わたしの王子様…」

エ「もう朝か…。金縛りは解けたみたいだ…」
 「それにしても変な夢だったな…。まだ少しけだるいよ」
 「でも、まだ覚えてる。気持ちよかったことも、あの子の温度も」
 「また、あの夢を見れたらいいな…」

44名無しさん@ピンキー2014/01/26(日) 22:56:25.00ID:Kg1QalBe
以上です。
最後に>>40さん、アドバイスありがとうございました。

45名無しさん@ピンキー2014/01/26(日) 23:44:46.62ID:bvcQn3oo
>>36
小説第一号、お疲れ様です。
賛否両論あるみたいですが、自分は台本式は好きです
他のSSスレを覗くことがありますが、時々誰のセリフかわからないことがあるんですよね

僕は今日も、いつも通りの夢を見るために布団に包まる
芸能活動が忙しかったり、精神的に疲れた日は決まってこの夢を見る
それはみんなと公園で遊ぶ夢、ゆったりと時が流れ、その日の疲れを癒してくれていた
だけど、今日はいつも通りの夢とは少し様子が違っていた
みんながいない。代わりにそこにいたのは、その日僕とデートしたマフィンちゃんだった
どうしてマフィンちゃんが僕の夢に出てきたのだろう?
そうこう考えているうちにマフィンちゃんは僕の手をとり、商店街の方へと連れて行った
一緒に買い物をしたり、映画を見たり、まるであのデートの続きをしているような気分だ
もしあそこで僕がフラなければ、いや、がっつかなければ、もっと楽しめていたのだろうか?
いや、これは夢だ
時が巻き戻ったわけじゃない
じゃあなんで出てくるんだろう?話したら何か理由がつかめるのだろうか?
僕はマフィンちゃんを問いただそうとしたのだが、マフィンちゃんは少し赤い顔を更に赤らめながら、
「立ち話もなんだし、さ、最後に付き合ってくれる?このデートもこれで終わりだから・・・」
と言って、少し泣きそうな顔をした
泣きそうなのを僕は慌てて止めて、マフィンちゃんを宥めた
「付き合う最後の場所は知られてはいけない」と、僕に目隠しをした
歩いて5分ほど、一体どこに連れていくのだろう?っと思った矢先、マフィンちゃんは一度ここで待つように指示を出し、僕の手元を離れ、どこかへ行こうとする
目隠しを取るべきなのだろうか?だが、取ったら取ったで何が待ち構えているかわからないから怖い
今度は1分ほどで戻ってきた

再び僕の手をとり、何やら建物の中に入っていく
また少しの間歩き、目的地に着いたのか、僕はベッドのようなものに座らされた
「もう目隠し取っていいよ。ぼ、私はシャワー浴びてくるからそれまで休憩しててね」
目隠しを取ると、少し変わった照明が目に刺さった
見たところホテルの一室のようだが、これはただのホテルじゃなくて、大人の人が利用するホテルだと察しがついた
なんだってこんなところに連れてこられたのか、状況がよく理解できなかった
だが、マフィンちゃんは“その気”だから僕をここに呼んだのだろう。だったら、応えるべきじゃないかとも思えた
そうと決まってからは僕はまるでロボットのごとく、“下”準備を進め、シャワー室前で待ち構えた
それからほどなくしてマフィンちゃんが出て、ついに僕は・・・
imgur.com/1sKWxRm.jpg
感情を抑えきれずまたがっついてしまった
だが、マフィンちゃんは最初は驚きはしたものの、嫌がりはせずに僕を受け入れたのだ
そして最初の一発が来てしまった
前もって用意したゴムを新しいのに付け替え、今度はベットの上で再開した
それからどれぐらいの時が経ったのだろう
元々聞きたいことがあったはずなのにそんなことも忘れて欲望のまま僕は動かされていた
そして最後のゴムになったとき、以前から気になっていたことを何とか言葉として絞り出した
imgur.com/3rS7tSS.jpg
マフィンちゃんは荒い息を整えつつ、説明した
自分は僕の夢が生み出した幻影だったこと、ふった時、内心諦めきれなかった心が生み出したのだと
だから自分はシナモン似ているけど全くの別物、もしシナモンと同一致人物だと、“君と同じもの”がついているでしょ・・・と
そして僕は最後のゴムを使った瞬間、目を覚ました
やっぱり夢だったそう思ったのだが、ふと眼を落すと白濁の液まみれになったタオルケットがあった
夢だけど、夢じゃなかった

以上です
何かアドバイスや意見があればどうぞ
Wikiの方は、誰かに任せます(ォィ

49名無しさん@ピンキー2014/01/27(月) 13:36:02.68ID:wKQ3GGAm
>>48
GJ!
Wikiもそろそろ大幅に編集せんとな
見にくいと盛り上がらんし

50名無しさん@ピンキー2014/01/30(木) 17:19:22.81ID:5Vj32Bx0
誰もいない?
しばらく書き込まれていなかったせいか随分下のほうにいっちゃったけど上げとく?
それともこのままでいい?

51名無しさん@ピンキー2014/01/30(木) 17:26:12.44ID:QlGlROJo
モカのおちんぽレポート 

シナモン
平均的な大きさ でも早漏
頑張って腰振ってるのはカワイイけど物足りない
もう少しリードが必要

カプチーノ
意外と大きめ
がっつくように攻めるので痛いから嫌い
しかも絶倫だから何度もされる
二度とカレとはしない

エスプレッソ
短小早漏 超絶物足りない
しかし前戯テクがあるのでシナモンよりマシ
AV男優みたいなセリフキモイ

みるく
カプチーノより巨根
まさにお宝
これからが楽しみ

52名無しさん@ピンキー2014/01/30(木) 17:27:20.48ID:QlGlROJo
もうしばらく待とうと思ったけど
こわいからあげ

53名無しさん@ピンキー2014/01/30(木) 21:02:56.91ID:BWAzlW4n
俺的にはこんな設定がいいかな。なお、主要メンバーは名も無きカフェのお客さんとやることもある。

シナモン
大きいが大きすぎないサイズ、程よい耐久力、犯されれば何度でもいける精力と
理想的なおちんぽの持ち主でありながらエッチにはいつまでたってもウブという
犯されるためにいるようなオトコノコ。
自分の意思でエッチを始めることはほぼ無いが、誰とでも寝るのである意味一番のビッチである。

カプチーノ
受け入れられる娘はごくわずかというレベルの巨根。
それでいて遅漏・絶倫なのでふつうの女の子からは敬遠されているが一部マニアには大人気。
シナモンやシフォンとやることが多い。

エスプレッソ
サイズはごく普通ながらテクニックが凄く、女の子にモテモテ。
基本的に女の子が好きで、男同士の経験はまだ無いが、シナモンとやってみたいと思っている。

みるく、ココ、ナッツ
まだ赤ちゃんなので入れたり入れられたりの経験はないが
精液が大好きで神業級のフェラでシナモンのミルクを搾り取ったり
カプチーノに盛大にぶっかけてもらったりしている。

ベリー
短小・早漏のドM。自分の物の小ささ・惨めさに絶対の自信(?)を持っており、
赤ちゃんズとちんちん比べして自分の物を馬鹿にしてもらいたいとか
女の子に馬鹿にされながらオナニーを強要されたいとか思ってる。

モカ
ネット民の基準でいうところのビッチ。
特別性欲が強いわけではなく、お遊び程度に気に入った男と寝る。

チェリー、アズキ
割と普通の女の子。経験はエスプレッソとだけ。
他のメンバーの乱れっぷりにはついていけないでいる。

シフォン
ビッチというかヤリマン。並外れて性欲が強く、
日常的にシナモンを犯したりカプチーノに犯されたりしてる。

54名無しさん@ピンキー2014/01/31(金) 15:05:13.15ID:1tSbVsXE
エスプレッソのセックス・レポート
モカ
フェラ、手コキは普通
自分からは動かない
締りはなかなか
激しくされるのが大好きらしいが、疲れる
アナルはできなかったがマンコはまあまあ

シフォン
フェラはまるで飢えた仔牛
騎乗位・後背位が好き
自分から腰を振る結構淫乱
運動しているからなのか締りがすごい
回復が早く何度も求められる
正直喘ぎがうるさくて集中できない
マンコもそうだが、アナルが極上

55名無しさん@ピンキー2014/01/31(金) 15:07:26.23ID:1tSbVsXE
チェリー
ねっとり絡みつくような大胆なフェラ
なかなか離してくれない
シフォンほどではないが、自分から動く
僕のためにとか言って結構自分で開発しているが、ウザいし楽しみがない
しかし悪魔だからか大人っぽいセクシーな感じが好みだ
マンコもアナルもシフォンほどではないがなかなか

アズキ
フェラは丁寧で繊細
激しくされるのは嫌いらしい
締りはモカより上だが張り合いがない
後ろから攻めるとよく鳴く
たまにヤル程度なら上々
お掃除フェラもしっかりこなす

56名無しさん@ピンキー2014/01/31(金) 23:13:30.70ID:PHEdtDYF
新しいSSまだ?

57名無しさん@ピンキー2014/02/01(土) 03:29:50.77ID:qqDnZ+Am
SSを要求するときはまず自分からってシフォンが言ってた

58名無しさん@ピンキー2014/02/01(土) 04:08:15.52ID:MXWC6uL3
>>56
こういうガキくせえ奴がいると投稿する気が失せる
ここは18歳未満は来ちゃいけないの、わかった?

59名無しさん@ピンキー2014/02/01(土) 12:34:19.65ID:sqCaC1Kr
糞ガキ相手に下らない反応する奴もキモい



カプチーノのおしりをなめ回したい

60名無しさん@ピンキー2014/02/02(日) 14:00:31.00ID:vmNp79Rs
シナモンミルクぴゅっぴゅっしたい

61名無しさん@ピンキー2014/02/07(金) 14:16:06.65ID:1eeNa067
誰もいないな

62名無しさん@ピンキー2014/02/08(土) 23:21:22.84ID:MUrS4FZQ
>>6
ものっそい遅レスで申し訳ないんですが
ごちそうさまでした、ありがとうございます

63名無しさん@ピンキー2014/02/10(月) 22:24:12.89ID:KdtWaik9
あげとくぞ

64名無しさん@ピンキー2014/02/15(土) 21:51:39.33ID:Q8A0TYAm
上げとく
後ベリー主役の小説書こうと思う

65名無しさん@ピンキー2014/02/15(土) 21:54:13.05ID:Q8A0TYAm
sageてたorz

66裏の住人裏の顔ベリー×色々2014/02/26(水) 16:16:00.00ID:YXLKZ9kf
出来たんでどうぞ

夜の洋館の一室
数人の女が口々に非難を浴びせかけ、とげとげしい視線を投げつける。
その視線に何か別のものが含まれていることに気付ける者はなかなかいるまい。
ベリーは全く身に覚えのない非難にとまどっていた。
「証拠」として突きつけられた デジタルカメラは彼の所持品ではなく、そこに写っていた画像は それこそ彼に覚えがあるはずがない。
「ほんっと、さいてーだよね。下着の盗撮なんかして‥‥犯罪だよ、これ」
「変態やったんやね」
「黙ってないで何とか言いなさいよ!」
三人の女もとい、モカ、シフォン、アズキは口をきわめて非難する。
だが身に覚えがないのだからどうにもならない。
反論したところで、理屈が通じそうな雰囲気ではなかった。
そしてどうあっても 彼が犯人だという決めつけは動きそうになく、空気はますます不穏になってゆく。
ときおり「警察」という言葉が使われるようになりはじめる——が、元々世間一般に空き家と認識されている洋館に警察が動くことは不自然なことであり、その点についてもベリーは少しずつ疑念を懐き始めていた。
「どうすりゃいいんだよ・・・」
彼は後ろにいるチェリーの顔を見た。
「いきなり私に振らないでよ。少なくとも誠意を示すしかないんじゃない?」
「誠意って何をしたらいいんだ?」
「そうね、たとえば——」
モカが挙げた「誠意」の示し方は、常軌を逸したものだった。
だが、それですべての合点がいった。
ずさんな濡れ衣も、警察の名を出す脅しも、 そして非難に混じる奇妙な視線の意味も。
モカが挙げた解決策——それはあろうことか、セックスだった。
彼女は言う。
ここにいる全員を完全に満足させることができれば、 君の罪は無かったことにする、と。
タチの悪い冤罪を わざわざでっち上げるあたり、彼女らの性根はあまり素直ではなさそうだ。
それらを見抜いたベリーは、困惑の表情から悪魔らしい不敵な笑みに一変した。
「なるほど、そういうことか。いいぜ。全員まとめて満足させてやるよ。嫌になるほどね」

67裏の住人裏の顔ベリー×色々2014/02/26(水) 16:49:03.30ID:YXLKZ9kf
次の瞬間、少女たちはたじろいだ。
無理もない。
彼に罪を被せ、性のオモチャにしようと していたのに——その股間にそびえていたのは、彼女たちが見たことはおろか、 想像さえしなかった大きさの肉槍だったのだ。
「どうした?早く来いよ」
「なんかえらいやる気になっとるやないか。最初はうちが相手したる」
アズキははまず騎乗位で挑んだ。
だが巨大なペニスの扱いには慣れているはずもなく、 腰を落として数秒で主導権をもぎ取られた。
そして最初のエクスタシーに身を焼かれるまで、たったの三分。
アズキは腰の上でよがり狂っている間にベリーは正常位で襲いかかり、彼女が二度目の快感に震えると同時に大量の精子を撃ち込んだ。
だが、二度の絶頂では許されず。
「ア、アカン!死ぬ、死んじゃう!! ひっ——きゃうぅっ‥‥!!」
アズキは達した。
意識を失ったアズキに軽い口づけを与えると、弛緩したその体をベッドに寝かせる。
わずかな疲れさえ見せない剛直が、陰裂からずるりと姿を現した。
引き抜かれると同時に それは一気に跳ね上がり、勢い良く腹に張り付いた。
そして間をおかずに次の少女シフォンに 照準を合わせた。
シフォンは友人を打ち負かされて動揺していたが、勝負好きの彼女にとって 逃げるなどと言う選択肢は最初から無い。
挑戦に応じて片方の眉を跳ね上げ、視線を戦わせる。
数秒後、意を決したように口元を引き締めるとみずから彼に歩み寄り、その股間に顔を埋めた。
屹立する肉棒に口づけをし、舌を絡める。
濃厚な精子と愛液の味が混じり合い、淫蕩な匂いがシフォンの鼻を突く。
隆々とそそり立つペニスを 巧みに舌先で愛撫しながら上目遣いに挑発する。
「どう、私のフェラ‥‥。ベリーのって‥‥大きくてしゃぶりがいがあるわ‥‥」
「気持ちいいよ、シフォン‥‥そう、そこ‥‥。ふふっ、お返ししてあげるよ」
尻尾が彼女の秘裂に襲いかかったのだ。
ペニスを口一杯に頬張りながら、 シフォンは体をくねらせはじめ、電撃が彼女の脳を灼くまで時計の針はわずか一分しか動かなかった。
そしてそこからはさらに一方的な展開になる。
一度イって敏感になってしまった彼女に勝機など あるはずもなく、挿入して数度のピストンで彼女はあっさりと陥落した。
対面座位のままかくんかくんと揺さぶられ白旗を揚げたシフォンだったが、ベリーは許さなかった。
鋭い悲鳴が上がると同時に、猛然と腰を使い始める。
たった数度の突き上げで達してしまった彼女が堪えられるはずもなく、ベリーが射精するまでに彼女は何度となく 絶頂に追いやられて失神し、たっぷりと胎内に注がれたことを感じることもできないまま 深い眠りに落ちていった。

68裏の住人裏の顔ベリー×色々2014/02/26(水) 17:09:42.84ID:YXLKZ9kf
モカは動揺していた。友人たちが次々に打ち負かされ、今や心地よい睡魔に身をゆだねている。
(か‥‥勝てるのかしら‥‥)
弱気がわき起こる。
それがすでに、勝負の行方を明示していた。
ベリーはその怯えを鋭敏に察知し、彼女をどう料理すべきかという楽しい悩みを瞳に浮かべていた。
「‥‥あまりいい気にならないことね。あんた、自分の立場を分かってるの?」
「濡れ衣をはらすため、だろ?」
「違うわ。罪を不問に付すかどうかを試されているのよ‥‥勘違いしないでね。 彼女たちは満足させることができても、このシナモエンジェルのリーダーは簡単にはいかないよ」
強気な表情と声で、努めて威圧的に振る舞う。
だが底が割れている。
ベリーは軽く肩をすくめると あくまでも軽い調子で彼女に近づき、ゆっくりと腕を絡め、唇を重ね、舌を差し込み、絡ませる。
ありきたりのディープキス。穏やかな睦み合いにモカは徐々に自信を取り戻し、自らも舌先を使って反撃しはじめた。
もちろん、胸を押しつけながら股間をまさぐることも忘れない。
ベリーはモカを上から覆い被さるようにキス。
唇と舌だけで交わり合う。
とろとろと流し込まれる唾液がモカの口角から溢れる。
反撃を試みる舌を軽々と捌く。
先回りし、追い詰め、絡め取り、もてあそびながらも、口内の様々なポイントを愛撫してゆく。
モカごときの舌技では全く対応できない動きで彼女を翻弄してゆく。
ぴくり。
モカの体が震えた。
股間のたかぶりをまさぐっていたはずの手が、ビクビクと震えた。
眼が、蕩けていた。
その反応を確認すると、ベリーはゆっくりと唇を離す。とろりと一筋の唾液が垂れ、
女のあごを汚す。だが、モカはベッドにへたり込んだまま、身動き一つできなかった。
ひくひくと体を震わせ、視線を宙にさまよわせるばかり。
彼女はキスで、キスだけでイった。
あふれかえった愛液が下着を、シーツをぐしょぐしょにしていた。
そこから先は、言うまでもないだろう。
声が出なくなるまで絶叫を強制され、失神し、快楽に叩き起こされ、肉人形として犯し抜かれた。

69名無しさん@ピンキー2014/02/26(水) 18:01:34.87ID:cwleGwHE
>>46,>>66
乙です。

保管庫に色々と手を加えておきました。

70裏の住人裏の顔ベリー×色々2014/02/26(水) 18:03:03.73ID:YXLKZ9kf
「あらあら、派手にイっちゃって‥‥」
びくびくと震えながら何度目かの失神に追いやられたモカを見ながら、チェリーはひとごとのようにつぶやいた。
「あとはお前だけだな」
「・・・なんでよ?」
「今回の事件の犯人お前だろ?あの三人からメロメロの呪いが感じられたんだ。でなけりゃわざわざここに来ないだろ?」
「いいわ、君に付き合ってあげる」
「ふふ‥‥いいよ、お望みの方法で潰してあげるよ」
「いつもはヘタレの癖に生意気ね。一滴残らず絞り出してあげるわ。泣いても許さないから、そのつもりでいなさい」
チェリーは淫蕩な笑みを浮かべながら本当の姿に変身し、巧みにベリーを追い上げる。
尻尾や舌だけでなく、頬も喉も使い、徹底的に男の弱点を探り出してゆく。
数人の女を次々に堕としていったベリーも、この攻撃にはさすがにたじろぐ。
下腹部に力を込めて精神を集中しないと、あっさり精を吐いてしまいそうだった。
防戦一方になっり、なんとか事態の打開を図るが、このままでは前戯だけで何度も絞られそうだ。
とにかく隙を作り出し、本番に持ち込まなければ‥‥。
働きの鈍る頭を動員し、結論は、意外な方向にあっさりと出た。
常人では不可能な、 だが彼には経験のある方法。
作戦を固めたベリーは、まずは下半身に渦巻く暴力的な快楽に一旦屈服することにした。
力を弱めた瞬間焼け付くような刺激が生殖器を焼く。
ドプッ!! ドブッ、ドビュッ、ビュクッ、ドクンッ!!
最初の数発はチェリーの頭を飛び越えて壁を汚し、続いて打ち出された粘液は次々に顔に、羽に降り注いでゆく。
熱い迸りを全身に受けて恍惚としながら、チェリーはますます妖艶さを濃くしてゆく。
伸びた爪で扇情的に 粘液をすくい取り、ゆっくりと唇に運び、見せつけるように呑み込んでゆく。
「あん‥‥。ふふっ、なかなか濃くて良い感じじゃないの。でも大丈夫? この程度では終わらないわ‥‥」
「まだまだイけるよ。 それよりチェリーは自分の心配をした方が良いんじゃないか?」
確かにその言葉通り、彼のペニスは一向に萎える気配がない。むしろますます赤黒く張り詰め、
女の肉を求めているようにさえ見える。
その威容にぞくぞくと沸き立つ心を感じつつも、チェリーは不敵な笑みを返す。
「本気で私を堕とせるつもりなの?」
「堕す。完璧に、徹底的に。覚悟しろよ?」

71裏の住人裏の顔ベリー×色々2014/02/26(水) 18:07:11.47ID:YXLKZ9kf
焼けるように熱いペニスが子宮口を撃つ。
グロテスクに走る血管までもが彼女の肉襞をえぐる。
張り出したカリは淫肉を根こそぎえぐり取らんばかりにかき回し、容赦なく彼女を狂わせる。
より苛烈な、より的確な愛撫で 彼女をいたぶり、狂わせる。
小刻みに奥底をこづいたかと思うと一気に引き抜き、かと思うとまたしても深奥をブチ抜く。
注ぎ込まれた精液とわき出す愛液が絡まり合い、ピストンのたびにぶちゅっ、ぐちゅっと音を立ててあふれ出す。
際限のないエクスタシーの激流が、セックスに対し自信満々だったチェリーを翻弄する。
「あぁぐっ‥‥ぁぁああっ!! ひぐっ‥‥あぁあぉ、あ゙、あ゙、っくうううっっ!!!」
「あははっ、情けないな〜。『ヘタレな俺さま』に突かれてそんなに狂って‥‥恥ずかしくないの?」
「ひぃいっ、‥‥あっはぁぁああっ!! ゆ、ゆるして、もう、イかせないで‥‥!!」
「ダメだよ‥‥まだ俺本気出してないし」
ズグンッ!!
ペニスが子宮口を叩く。その瞬間にまたしても達するチェリー。だがそれで終わらなかった。
 みし‥‥っ。
「‥‥!?」
違和感が襲った。
膣を貫く感触に、今まで彼女が経験したことのない「何か」が起こった、そんな恐怖心がわき起こる。
そしてそれは、全くの正解だった。
もし、目の前でその異変を見せつけられれば、彼女はもはや性交を続けようとさえ思わなかっただろう。
ペニスが膨張していた。
ただでさえ相当なサイズだったそれが、長さも太さも急速に増してゆく。
しかしベリーは腰を密着させたまま、全く動く気配はない。
当然、大きさを増す肉槍は奥へ奥へと伸びようとする。
膣内部の襞を押しつぶすほどに肉棒はふくらんだところで、ようやく膨張は止まった。
灼熱のように熱いペニスが、ドロドロになったヴァギナを隙間無く埋め尽くしていた。
「さっきまでのは“仮の姿での”最大勃起状態、そして今君が感じているのが“本当の姿での”最大勃起状態だよ。君もなったんだから俺もなっていいよね?」
「ま、待って、お願い!!」
「ダメ」
 ズパンッ!!
「ひぎっ‥‥!!」

72裏の住人裏の顔ベリー×色々2014/02/26(水) 18:24:44.28ID:YXLKZ9kf
処刑宣告と同時に、巨大な肉塊が一気に叩き込まれる。子宮は潰れんばかりに押し上げられ、
内臓のすべてに衝撃が行き渡る。激震は一撃で彼女を砕いた。快楽の波動が瞬時に全身を走り抜け、
脳髄へと殺到する。神経が沸騰し、激流が脱出口を求めて暴れ回る。だが出口はない。
限界まで目を見開き、口を開け、舌を突きだし、泡を吹き——だがその程度では
体に充満するエネルギーを逃がすことなどできはしない。そして彼女にとってさらに悪いことに、
それは地獄の入り口に過ぎなかった。
 ズドンッ!! ドスンッ!! ガツンッ!!
「がああぁぁっ、あぎっ、ぎひっ‥‥ぃっ!! あ゙ぁあ゙あ゙ぁぉおお゙ッ——!!!!」
 凄まじい衝撃力が連続して襲いかかる。
破城槌のような打撃は最初の一撃でチェリーを沈めたが、その程度では全く満足していないらしい。
鼓動に応じ、巨根が脈打つ。
最大勃起状態のペニスにさらに血流が集中し、その太さと固さを磨き上げてゆく。
亀頭は女を仕留めようとおぞましいほどに張り詰め、入り口近くまで引き出されるたびにGスポットをゴリゴリとえぐり尽くしてゆく。
理性を失ったはずの女は本能で逃げようとするが、悪魔がそれを許すはずもない。
狂った絶叫を上げ続ける女を押さえ込み、そしてピストンのテンポを一気に上げる。
巨大としか言えない肉槍が凄まじいビートを刻んで子宮を打ちのめす。
連続的に襲いかかっていた絶頂は、ついに切れ目のない暴風となってチェリーの心身を焼き尽くし、砕き尽くしてゆく。
「あ゙ぁがあ゙あ゙ぁッ、あ゙あ゙お゙ぉぉぁぁ——ッ!!!」
絞め殺される野獣のように濁った絶叫、悲鳴。
その激しさが最高潮に達し・・・

遂に喘ぎ声さえ上げられなくなったチェリーをようやくベッドに置くと、
ベリーは何事もなかったように仮の姿に戻り、凄まじい精臭の充満する中、モカ、シフォン、アズキ、そしてチェリーの頭から、今回の一件の記憶を抜き取り、チェリーを一人残して部屋を後にした。

73裏の住人裏の顔ベリー×色々2014/02/26(水) 18:35:02.33ID:YXLKZ9kf
秘密の戦いから数日後
「結局、チェリーあのとき何をしていたんだっけ?」
「それがさっぱり思い出せんのや」
「確か眠らされたんじゃなかったっけ?私激しいスポーツやった夢見たもん」
「そのせいで起きた時臭ったのね!」
「ごめんごめん」
「けど悪夢ではなかったからそこが余計不可解やわ」

「何でだろう。最近夜に、なると・・・疼いて・・・欲しくて堪らないっ!」
(またいつか、かわいがってあげるよ、たっぷりとね)


>>69
お疲れ様です!

いつになったら>>13のシナモン×カプチーノと>>40のシナモカSS来るのだろう
>>58で「投稿する気が失せる」言うけどそれで落ちちゃったら本末転倒もいいとこだからね

74名無しさん@ピンキー2014/02/27(木) 03:13:47.47ID:kZNwShIl
神降臨
マジgj

75名無しさん@ピンキー2014/03/01(土) 03:34:17.70ID:KEdUPxb0
ベリーのイタズラ日誌(一部抜粋 ♂Ver)

●月△日 新月
 この日は俺様達の力が一番弱くなっちまう日。
だから今夜は少しでも力をつけるように外の世界の奴らから
ちょっぴり「精」を頂いていく。
 ホントは恥ずかしいから驚かせてエネルギーを貰うのだが
この方法よりソッチの方が一番手っ取り早く力が出る。
 今夜のターゲットはシナモンだ。

そっとカフェの窓を開けて、中の様子を伺う。
いたぞ。ベッドの中で静かに寝息を立てている。
静かに、ゆっくり、シーツをはがす。
お腹を上にして、気づかずに寝ている。
まずはバレないように、魔法でシナモンの眠りを海の底より深くする。

柔らかいお腹をポンポン叩き、確認してから奴の股間に顔を近づける。
ふわっといい匂いがする。こいつ、俺様と違って風呂好きなんだな。
まあヤリやすいから、そっちのほうがありがたいけどな。
軽く舌先で刺激するとこいつの体にしては結構な大きさのモノが出てきた。
思わずつばを飲む。おかしい、絶対俺はそっちのほうじゃないんだぞ!
とにかく、とっとと済まそう。

裏かわから舐めてそのまま口の中へ
舌で舐めまわしていくと、しょっぱくとろみのある液が口の中に広がる。
しかももうはち切れそうに膨張していく
結構早いのが残念だ。いや、俺様のテクがすごいのか?
そう考えているうちに俺の口の中にありえないほどの精液が飛び出していく。
慌てて飲み込むけど、しばらく止まらなかった。
やっと治まって口を離すと、まだ物足りないとでも言うように固く痙攣している。
もう、朝になりそうなので名残惜しい?が帰ることにした。
シーツを元に戻してもテントを張っているのにはギョッとしたが、また今度が楽しみだ。
さすが俺様のライバル。ベリークールだぜ。

76名無しさん@ピンキー2014/03/01(土) 04:06:38.03ID:KEdUPxb0
ベリーの淫魔日誌(一部抜粋 ♂Ver)

×月○◇日 半月
 今夜のターゲットは、シナモンの親友、カプチーノだ。
いつもおっとりしているから楽に「取れそう」だぜ。
早速いつものように窓を開けて、シーツを脱がす。
大きな口を開けて、それに負けないくらいの鼻ちょうちんを膨らませて寝ている。
これなら魔法をかけなくても大丈夫だろうな。
舌で舐めると体がビクッと震えるが、なかなか勃起しないのでちょっと焦る。
次第にシナモンよりも立派なモノがそそり立つ。これはさすがに男の俺様でも惚れ惚れする。
起こさないように丁寧に舐め取っていく。寝息が次第に速く、荒くなっていく。
口の中に入れるのがやっとで、しごきながら舌で舐め回す。
一瞬硬くなったかと思った瞬間物凄い勢いで精液がほとばしる。
思わず顔にかかってしまった。
そのまま、カプチーノの奴が目を覚ましかけたのでそのまま逃げるようにというか逃げた。
結構カプチーノにはビビらされた。
今度からは甘く見ず、どんなときもしっかり魔法をかけてヤろうと思った。
カプチーノ、いろんな意味でベリークールだぜ。

77名無しさん@ピンキー2014/03/02(日) 00:00:14.19ID:7EwkCVmy
乙、いや〜たまらん
俺もシナモンミルクとカプチーノミルク直飲みしたい

78名無しさん@ピンキー2014/03/02(日) 06:15:36.49ID:NX6VSt4T
(∩゚∀゚)∩ageついでに投稿
ベリーの淫魔日誌(一部抜粋 ♂Ver)

△月◇日 二日月
 今夜は大金持ちのエスプレッソの「精」をいただきにやって来た。
ここまで来るのに、セキュリティを掻い潜るのが一苦労したが、その分期待が高まる。
そっと部屋の窓を開ける。赤い車のベッドでスヤスヤと寝ている。
結構カワイイ趣味してるなと思ったが、時間がないので早速作業にかかる。
魔法をかけて、シーツをはがす。
なんてこった。コイツは既に勃っている。手で握りながら、寝てしまっている。
思わず吹き出しそうなのをこらえ、手を離す。
サイズはシナモンやカプチーノに比べると、少々物足りないがまあそれなりだ。
しかし、寝ながらも勃たせているのは中々器用だと思う。
お腹を上にして、いつものように舐め上げる。
ビクッと体を震わせて股間が反応する。
時折「んん……」と声を漏らすのがカワイイ。カワイイって言っても俺様はそっち系じゃないんだからな!
口を上下に動かしているといきなり頭を掴まれた。
マズイ!バレたか?!と思った瞬間、俺様は無理矢理口の中を犯された
「マフィンちゃんっ!マフィンちゃんっ!」と叫びながら。
コイツは寝ぼけてるのか?!しかし魔法をかけられているはずなのに!
考える暇も与えずエスプレッソは俺様の頭を上下に激しく動かす。
そのうちモノがより硬くなって
「マフィンちゃ……あっ―――――!!」
と叫んだ瞬間、一気に喉奥に突っ込まれ、精液をぶちまけられた。
俺様の頭を掴み、喉奥へ突っ込みながらしばらく射精していた。
しばらくして頭から手が離れ、束縛から解放された。
力が抜けて、俺様はそのまましばらくベッドで横になった。
疲れて余計力が減るじゃないか。
「マフィンちゃん、よかったァ……」
そう呟いて、エスプレッソは寝息を立てた。
こいつめ、今度はとびっきりの悪夢を見せてやろうと思った。
夢の中でいい思いしやがって!俺様は無理やり突っ込まれてロクに楽しめなかったんだぞ。
しかし、俺様の魔法すら打ち勝つほどのエスプレッソの相手とはいったい誰なんだろう?
マフィンか、いつかきっと俺様がよがらせてやる!
今夜も、なんだかんだでいい収穫だったぜ。
全く、奴のマフィンに対する想いはベリークールだぜ。

79名無しさん@ピンキー2014/03/06(木) 02:53:51.51ID:mPCk4j+f
あげ

80名無しさん@ピンキー2014/03/08(土) 18:10:48.76ID:Yuknl4Xx
新作きてるけど、これ終わってるの?
(一部抜粋 ♂Ver)って書いてあるから別Verが来る可能性もあるわけだし

81名無しさん@ピンキー2014/03/10(月) 22:32:01.66ID:lNvQ8XIx
>>80
終わってるわけじゃない
ただネタが思いつかないだけ

82名無しさん@ピンキー2014/03/12(水) 17:32:40.15ID:flMevp7H
>>81
1・マンガキャラで続ける これが一番無難な方法
2・チェリーが主役になって続ける エスプレッソ以外どんな感じにするかは任せる
3・チェリーはオチ担当 ベリーのを吸い尽くす感じで
4・ふたなり できればこれは選ばないほうがいい
ぐらいかな?どれか好きなのを選べ

83名無しさん@ピンキー2014/03/17(月) 23:06:55.24ID:NbxtNcqN
誰かいる?

84名無しさん@ピンキー2014/03/18(火) 15:39:14.59ID:PDyr88ND
>>83
いるよ

ついでにアズキが主役のもの書く予定
内容としては「ベリーの淫魔日誌」に近い感じになるけど

85名無しさん@ピンキー2014/03/19(水) 15:07:33.12ID:sbZt8Cva
ばつ丸×マフィン

86名無しさん@ピンキー2014/03/24(月) 03:47:29.30ID:c5lZ6mBI
なりきりのネタはNG

87名無しさん@ピンキー2014/03/25(火) 00:33:02.95ID:OWUg+EdS
シナモン、コンドームを買う

88名無しさん@ピンキー2014/03/25(火) 13:59:15.88ID:jVC+Nqa8
もちろんつけてもらうために

89アズキの研究日記2014/04/07(月) 16:37:16.64ID:+QBso4Pg
>>84で予告したものです

研究初日
今日から、うちアズキが独自に研究した結果をこの日記帳に書き記すことにする。
理由はもちろんモカはん、シフォンはんを出し抜くためや。
これで二人を大きく引き離したる!
エンジェルラボの隠し部屋で書いとるから二人には見つからへんやろ。


研究3日目
エンジェルラボで生産している香水の改良型が完成した。
と言ってもどこまでパワーアップしとるのかまではよくわからない。
できれば実験サンプルなるものがほしいが、さすがにあの二人を対象にするのは自殺行為。
どうにかしてかの香水の威力を確かめる術はないやろか。

研究4日目
どういうわけかうちの隠し部屋に侵入者が侵入してきたようや。
その証拠として机の上に、恐らくはシナモンはんの毛が置かれていて、その隣には「それを使いなさい」という置手紙、しかしこれはあの二人が書いた字でなかったのが不気味やった。
もしかしてうちを利用する気なんやろうか。
とりあえず、これでシナモンはんの様子を見ることにする。

研究5日目
カフェの前にある茂みで待機することにした。
予想が正しければ、シナモンはんはお姉さんにベタボレしとるに違いない。
そう思った矢先やった。
モカはんが遊びに誘ったんやけど、それにあっさり承諾してカフェから出てきた。
一瞬なんかの間違いかと思ったんやけど、そういうわけではなさそうや。
シナモンはんはズボン履いとったんやけど、テントが張ってあったんや。
効果が現れた証拠や。
効き目はあったものの、性知識がないゆえに行動を移すにも、分からなかったらしい。
当の本人は病気の一種やと勘違いしとった見たいやけどな。
とりあえず「研究は成功」と捉えておく。

90アズキの研究日記2014/04/07(月) 17:23:39.46ID:+QBso4Pg
研究6日目、7日目(日を跨いだ為)
この間のシナモンはんの毛を提供した侵入者と接触した。
犯人はチェリーはんやった。
何でも、「エスプレッソ様との結婚に近づけるから協力した」らしい。
彼女とはどことなくシンパシーを感じた。
今夜は早速改良した香水を試すらしい。
うちも少し興味があったので、彼女についていくことにした。

夜中、エスプレッソはんはスースーと寝息を立てながら眠りについとった。
エスプレッソはんの毛を一本引き抜き、香水の中に入れ込み、チェリーはんは自分自身の体に香水を振りかける。
するとどうやろう。
見る見る間にエスプレッソはんのモノが勃っていくやないか。
チェリーはんもそれを見て興奮して、股の間からトロトロした粘液を出しとった。
その後はお察しの展開や。
せやけど、あんなに激しくやったのによく起きなかったのが少し不思議や。

研究8日目
うちの所にベリーはんが来た。
手にはチェリーはんからの手紙があって、「私に付き合ってくれてありがとう!お礼に今回はとっておきの  地獄をプレゼントしてあげるわね」と書いておった。
正直恩を仇で返された気分になったんやけど、この「地獄」の意味はベリーはんにもわからんらしい。
何で本人じゃなくてベリーはんが使いに出されたか考えとったとき、手紙が煙となって消えたんやけど、そのときの香りが、「あの香水」に酷似しとった。
すると突然ベリーはんに襲われ、うちは性的に喰われてしもうた。
何度も絶頂に追いやられても決して休まることのない快楽地獄。
そっから先はよく覚えとらん。
最後に記憶にあるのは、大量の白濁液が滝のごとくドボドボとうちの顔に落ちていくとこやった。

研究16日目
あの香水からさらに改良することに成功したため、早速協力者二人を呼ぶことにした。
というのも、復讐というつもりやなかったんやけども、いくらなんでもアレは激しすぎた為、彼女にもうちと同じ、いやそれ以上の地獄を見せるためやった。
結果として、香水はかなりの進歩を遂げていた。
i.imgur.com/nAn4ByZ.jpg
客観的に見て、チェリーはんはかなり堪えていたが、あっさりヤラれ、意識が飛んでしもうたようや。
勝手にうちを利用した罰やと思いきや、今度はまたうちが襲われてしまった。
気がついたときには、チェリーはんと抱き合う形でベッドに寝かされてた。
そしてうちは思った。
これ以上は壊れる可能性があるため研究を続けるのは危険と判断し、研究をやめることにする。


・・・また近いうち再開するかも知れんけど

91名無しさん@ピンキー2014/04/10(木) 00:52:19.80ID:xFg1g6Q8
シナモンのおうちでチャレンジ 裏作品
「ひとりエッチ、できるかな?」ほか3話収録

92名無しさん@ピンキー2014/04/16(水) 22:53:32.28ID:j8v5+gJr
半角二次の方で良さげなネタきたな
性転換ネタもありだよね?

93名無しさん@ピンキー2014/04/20(日) 15:32:38.16ID:ayFEfYnU
保守

94名無しさん@ピンキー2014/04/27(日) 10:12:31.94ID:ndCjdgwJ
自分の描いた絵にSSつけてもらえるとは思わなんだ・・・
ありがとうございます

95秘密の夜ベリー(女体化)×シナモン(女体化)2014/04/28(月) 17:45:13.43ID:piBCXhzZ
「シナモ〜ン遊ぼう!」

最初はただの日常だった

「うん!モカちゃんちょっと待ってて〜」

今日もいつも通りに時が過ぎる・・・はずだった

「それじゃあ今日は何して遊ぼうか?」
「それなんだけどね。私、新しいドレス作ったから、またモデルやってくれる?」
「えー?僕男の子なのに・・・」
「だって、シフォンはジッとしてくれないし、アズキは会う機会少ないんだもん」

モカと二人きりで遊ぶときは、時々こういうことが起こるのだ
シナモンに新作のドレスを着せて、おしゃれを楽しむ遊び
前にコレのせいで“ある事件”が起きたこともあったが、今も変わらずドレスを作ってはこうしてシナモンに着せていた

「本当にシナモンはよく似合うわよね〜。正直男の子とは思えないぐらいにドレスにマッチしているわ」
「そうかな〜?」

シナモンは鏡の方に向くと、そこには可愛らしい自分がいた
確かにモカの言う通り、見事にはまっている
気が付けば、自分が男だということも忘れてしまうぐらいに鏡を見入ってしまっていた
そして思わず、「僕が男の子じゃなくて、女の子として生まれてきた方が良かったのかな?」と考えていた
その時だ
鏡の方から不意に謎の声が聞こえてきたのは
思わず反応するも、モカにはこの声が聞こえていないようだ

(君のその願い、叶えてあげよう)

鏡が光り出し、ようやくモカも反応した
しかしそれは一瞬で終わってしまい、何が起きたのか分からずじまいだった

「一体何だったのかしら?」
「わからないよ」
「・・・そろそろ時間も来たことだし、もうそれ脱がしちゃいましょうか」
「・・・うん」

どこかが引っかかり、あまりいい気分でない状態で遊びの時間は終わりを告げた
しかしそれはもう過去のこと
考えたところでどうしようもなかったので、モカはドレスを脱がすことにした

「チャックを下してっと・・・ん?」
「どうしたのモカちゃん?」
「シナモンちょっといい?」
「何?」
「シナモンって男の子なんだよね?」
「そうだよ?」
「だけど・・・ゴメン」

突然モカはシナモンの股を弄りはじめたのだ
徐々にモカの顔が青ざめていく
逆にシナモンはされるがままのせいか顔が紅潮した
時折訪れる男としての快楽ではなく、今までなかった女としての快楽に身を焼かれながら

「シナモンの・・・ない!」
「『ない』って何が?」
「こんな時にふざけないでよ!男に生えているアレがないのよ!」

その言葉でシナモンは慌てて自分のを見た
確かになかった
代わりにあったのは“割れ目” だった
あまりにも唐突に起きた異変にシナモンは困惑を隠しきれなかった
モカは今までシナモンに女の子の格好をさせてしまったことでこんなことになってしまったのではと、罪悪感に苛まれた
シナモンは「モカちゃんは悪くないよ」と言って慰めはしたが、原因が分からないせいで彼女は納得をしてくれなかった
もしかしたら逆に男らしい恰好をして生活すれば元に戻れるかもしれないと考えたのか、モカはその服を作っている間、他の人にはごまかすように口止めをした
体が変わったままシナモンは家に帰ることにした
トイレのことを除けば何不自由なく生活することができた
元々女の子に間違われていてもおかしくないような性格をしていたせいか、家族を除いて一番一緒に居た時間の長いカフェのお姉さんにも気づかれず、そのままその日を終えようとしていた
ベッドの中で微睡むその時、あの時の声が聞こえてきた

(如何だったかな?女の子になれた感想は)
「もしかして、君がやったの?」
(あれ?もしかして不満だったかな?けど大丈夫。どうせこれは一夜の夢、朝になれば全ては元通りになる)
「じゃあどうしてこんなことしたの?」
(それは、俺の友達として遊んでほしいからなんだ)

声の主は闇の中から静かに浮き出てきた
その正体は、裏世界の住人ベリーだった

「久しぶり、いや、“初めまして”と言うべきかな?マフィンちゃん」
「その名前・・・」

“マフィンちゃん”
それはシナモンにとって一番思い出したくない名前
思わず“あの事件”を思い出し、顔を赤くする

「やっぱり俺の見立ては間違いなかったようだ。俺はシナモンのような性格の女の子と友達になりたかった」
「だったら別にわざわざ僕を女の子にしなくても・・・」
「“シナモン”はあくまでライバル、俺が友達になりたいのは“マフィンちゃん”なのさ」

シナモンは何も答えなかった
マフィンちゃん名義でも、ベリーが友達として遊びに来てくれたことが嬉しかったからだ

「じゃあ、何して遊ぶ?」
「やっぱりお前は優しいな。なら、一緒に堕ちてくれないか?」
「堕ちる?」
「そう。女の子のとしての快楽を感じながら、ゆっくり、深淵へと堕ちていく・・・。こんな感じにね」

ベリーはシナモンの体に覆い被さり、キスをする
口の中に舌が入り込むも、シナモンはそのまま受け入れ、強く抱きしめた

「あぁ、なんか変な感じがする」
「割れ目からおツユが垂れているのが分かるよ。飲み干し甲斐がありそうだ。マフィンちゃんにもたっぷり俺のおつゆを飲ませてやる」
「ベリーって男の子じゃないの?」
「お前に合わせたのさ。流石にお前相手に“交わる”のはごめんだからな。なんならもっとよく見るかい?」

ベリーは一旦シナモンから離れ、体制を立て直し、シナモンの口にベリーのグロテスクでありながらも魅惑的な雌の花を押し付ける形になった

「そこ汚いよ?」
「お風呂でちゃんと洗わなかったのか?君もなかなかクールだな」

ベリーは執拗に舌でクリを攻めうち、シナモンは気持ちよさに身悶える
また体制を立て直し、クリ同士をぶつけ合い、絶頂する
これを空が明るむまで延々と繰り返した
シナモンはとうの昔に気絶している

「・・・ふぅ。もうこんな時間か。長いようであっという間な夜だったな」

シナモンの股を見やると、徐々に割れ目が消えていき、クリの部分は男性器へと戻っていく
その様子を見て少し物悲しそうな顔をした

「機会があったら、また遊んでやるからな」
「・・・意気込んでいるところいいかしら?」
「チェリー、いつの間に?」
「今さっきよ。寝る時間になっても全然帰ってこないから探しに来たのよ」
「それで、俺を連れ戻しに来たと?」
「それもそうだけど、帰ったらお仕置きが待っているから覚悟しなさいよ?」
「そんな〜!」

「シナモ〜ン!早速服出来たから、着てくれる?」
「あっ!モカちゃん!それなんだけど・・・」
「ベリーの悪戯だったのね!なんか心配して損しちゃった!」
「けどせっかく作ってくれたんなら、着てみたいかな?」

今日はいつも通りの時が過ぎた

同時刻
「で?お仕置きって何?」
「厳密には“頼み事”なんだけどね」
ベリーがこの後どうなったのか
それはまた別のお話

以上です
このスレも活気づいてくれれば幸いです

>>94
本来はあなたの許可を受けてから書くべきでしたね
勝手にイラストを使ってSSを書いてしまい申し訳ありませんでした
喜んでくれたのは嬉しかったです
またイラストが出来上がるのを楽しみに待っています

101名無しさん@ピンキー2014/05/31(土) 22:32:29.79ID:hKjeff11
上げ

102名無しさん@ピンキー2014/06/08(日) 18:30:11.73ID:C71DaxF4
シナモンはユニコーンのコルネと仲がいいけど
ユニコーンって処女にしか懐かないって言われてるよね
シナモンやっぱり女の子なんじゃ…

103最愛人+テクニカル (入れ替わり、3Pネタ)2014/06/18(水) 14:36:02.27ID:P53rFZ3L
>>95の続きです

「頼み事?」

古びた洋館での出来事だった
チェリーは一杯の水を飲みながら言葉をつづけた

「そう。私と一日だけ身体を交換してほしいのよ。できるでしょ?」
「できないことはないけど…なんで?」
「今は明かすことはできないけど、後でちゃんと話すから安心しなさい」

ベリーは何かが引っかかるが、ここでごちゃごちゃ言っていたら彼女の怒りを買うハメになりそうなので、一応は言うことを聞くことにした
二人の真下に魔方陣が現れ、上へ登っていくとそのまま消えていった

「…当然とはいえ、俺が目の前にいる」
「なんだか頭が重たいわね」
「普段お前の頭には角が生えてないからな。逆にこっちは軽いぞ」
「それじゃあ私はやることあるから、あんたは“人形”の整備でもしていたら?」

“人形”
それはこの黒い洋館に元々存在する兵隊のおもちゃのことで、今はベリーたちが魔力で動かし、洋館の警備を任せている
前にベリーの偽物が現れ、人形を酷使するという事件は、シナモンたちもよく知っていることだ
自分にこんなことを押し付けて、自分の体で何をしでかそうかという心配をよそに、チェリーはそのまま外へ出て行ってしまった
しかし、人形の整備は自分も近々やった方がいいだろうとも考えていたので、そのまま彼らが待つ部屋に移動することにした
ふと、扉の空いた部屋の奥にある鏡が目に入る
本来そこにいるはずの自分の姿はなく、代わりにチェリーが映っている
ベリーはあることを思いつき、鏡の目の前に立った

『あのね。実は私、本当はベリーのこと好きなの。貴方に見られていると体が熱くなってくるの』
(本当は俺の一人芝居なんだけど、こうして見るとチェリーが迫ってきているようで興奮するな。それになんだか体も熱くなってきた…)

気が付けば手は下に伸び、弄っていた
荒くなる呼気、淫靡性のある粘着音、普段ならあまり見ることのない色気に満ちた友人の姿
それらの全てが彼の性欲を煽らせる

(意味は違うだろうけど、一つになれたような気分だ…)

そのまま仰向けに倒れ、余韻につかる
その時、尻尾が何者かに引っ張られる感覚があった
その方向を見ると、人形がいた
慌てて本来の作業に戻る
一体一体関節や駆動部分にチェックを入れていく
一通りの仕事を終えると丁度のタイミングでチェリーが帰ってきた

「ただいま!人形たち何にも問題なかった?」
「一応みんな診たけど、おかしな部分なんてどこにもなかったよ」
「ふ〜ん。じゃあテストしてみましょうか。人形たち!“彼女”を捕らえなさい!」

瞬く間に人形はチェリーの体を捕らえてしまった

「診てくれたお礼に、たっぷりこの肉の槍を堪能させてあげるわ」
「お前一体…」
「私ね、エスプレッソ様を悦ばせるためにあんたの体を利用して、どうおちんちん扱けば気持ちいいのか研究していたのよね。あんたもどうせ私の身体で遊んでたんでしょ?」
「それは…」
「その証拠に、濡れてるわよ?そんな淫乱さんにはお仕置きが必要よね?いつも私がヤられているんだもの。あんたのご自慢のおちんちんで壊してあげるわ」

チェリーはそのまま自分の体にベリーの男性器を挿入た
一人遊びの段階でずっと疼いていた女性器の奥側が満たされていく感覚が走る
身体中が熱くなるのを感じる

「フフ…私がこんなこと言うと自画自賛みたいになってしまうけど、中々に厭らしい顔しているじゃない。ほら鏡を見てごらん?今のあんたの顔」
「すごい!チェリーがHな顔しながら俺のおちんちん感じてる!」
「あら?締まりが良くなった?このまま一気にイかせてもらうわよ!」
「うあぁ!激し過ぎる!」
「何言ってるの?いつもあんたがヤっていることじゃない。それに今はこの身体は私の物、どう使おうが私の勝手でしょ」
「確かにそうだけど。うあああ!」
「ほら早速第1発目イくわよ!あと何発まで持つかしらね?ちょっと壊れてきちゃったかなー?」
「ああああ!」

どろどろとの粘度の高い子種が、とろりとした体液で満たされた部屋へと次々に注ぎ込まれていくのを実感する
最初は不快に感じていた精液も快感へと変わっていくのが分かった

「このおちんちんどの位精液出せるのよ…。媚薬の効果が出始めるまでに結構出したはずなのに、更にこちとら体力尽きてヘトヘトだというのにまだギンギンじゃない…」
「媚薬って何のこと?」
「身体を交換する前に飲んどいた奴よ。あんたが私の身体で遊んで、濡らす準備をするためのね」
「けどなんだってそんなものを」
「最後に元の身体に戻って吸い尽くそうという作戦だったのよ。あんたの『ギブアップ』が聞きたかったわ。私の体力のことを計算に入れなかったのが失敗だったかしら?それとこの化け物じみた肉槍も…けど前準備としてはまあ良かったかしら?私はいったん休憩」
「ちょっと待って!こっちはまだヤりたりないのに!ていうかいい加減身体返せよ!」

しかし彼女はその場から立ち去り、彼一人残してまた出て行ってしまった
人形たちにより拘束されているため動くことが出来ず、女性器をひくつかせることしかできなかった
それから数分後、媚薬によって引き出された快楽に飲み込まれ愛液を吹きだして気絶してしまった
目を覚ますとそこは布団の中
横にはすやすやと眠るチェリーを見るに、身体は元に戻っているらしい
薬の効果がまだ続いているのか、女性器はひくひくとしている

「・・・この身体の本当の使い方を教えといたほうがよさそうだなってこれ・・・エスプレッソの身体じゃないか!まあいいや、本物の身体の場所も吐いてもらおう」

「あっ、ひっ…んあっ!」
「あぁー…きもちー」
中でぐちゅぐちゅと何度も良い所を突いてくるベリーの責めにチェリーはシーツをギュッと掴んで只快感にひたすら耐えていた

「ひんっ!そこ、だめっ…!」
「イイ、の間違いだろ?っ…ココとかよっ」

ぐりっ、と一点を責められて、チェリーは息を詰まらせながらイってしまった

「あっ…ひぁっ…」
「んー…出たでたっ」

ベリーも精液を吐き出していた
…これで、何度目だろうか…

「も、抜いてぇ…っ」
「だーめ。まだまだ精液出るし、本物の身体の場所吐くまで付き合ってもらわないとな」

今までベッドに寝そべっていた身体をひょいっと持ち上げられて、そのまま今度は対面座位

「ああんっ!」

ベッドに寝てる時よりも、さらに奥に入ってきて、イイ所ばかりを大きいモノが突いてくる

「だ、めだってばぁ…!」
「とか言ってさぁ…中めっちゃ絞まってる。ほんとはもっとぐっちゃぐちゃに責められたいんじゃないの?“愛しの彼氏”に“超絶技巧プレイ”で犯されるなんて感無量だろ?」
「あんっ、やめぇっ…!」
「ひんっ!」
「あーあ。ベッドびちゃびちゃ。そうだ、チェリー?」
「んんっ?」
「お風呂、入ろっか」
「お、ふろぉ?」
「そ。それじゃ、よっと!」

ぐいっと、身体を抱っこされて、チェリーの腕を自分の首に回すベリー
ふらふらな身体でしっかりベリーの首にしがみついた
そしてベッドかた立ち上がったその時

「あんっ!」
「お、中動くなぁ…キュンキュンしてる」

お尻を持たれて、そのままお風呂場まで移動を始めるベリー
それさえも、チェリーにとっては大きな快感だった

「ふっ……んんっ」
「はっ、かわいー」

浴室に早速入るなり、椅子の上で背面座位にされちゃって。そのまま下からズンズンと強く奥を突かれる

「あ、らめっ、おねが…んあっ!」
「とか言って、中にもっともっと精液欲しいんだろ?素直になれよ」
「ああっ!も、っとぉ…」
「ほらやっぱり。んじゃ中に出してやろっかな……ん」

ぐんっ、と強い快感が身体中に走って、チェリーはまたイってしまった
それと一緒にベリーも中に熱い飛沫を吐き出していた

はぁはぁと荒く息をしていると、後ろから腕を伸ばしてボディソープを手に取る
チェリーはそれを虚ろな目で見ている事しかできなかった

「それじゃ今から身体洗おうか」
「え、っ?」
「勿論中に俺のいれっぱでね?」
「や、抜いてぇっんああっ!」

抜いて欲しくて悲願すれば、駄目と言わんばかりにズンっと一突きされてしまう。それから何も言わずにベリーはボディソープを泡立てるとチェリーの身体を洗い始めた

イヤらしい水音が下から浴室に響く
真っ黒な腕がチェリーのクリをくちゅくちゅと弄っていた

「ほら、俺とチェリーのエロい汁で汚れまくっただろ?だから念入りに洗わないと」
「あひっ、ら、めっ!」
「あれ、イった?チェリーは淫乱だなぁ。身体洗ってるだけでイっちゃうなんて」
「あっ・・・ふぁっ・・・」

洗う行為に耐えられなくなって、思わず身体を前に屈めてしまう
すると私の中からモノがちゅぽんと音を立てて抜けていってしまった
でもそれも気にせずにチェリーはひんやりとしたタイルに四つんばいになる

「ほら、タイルがエスプレッソの精液とチェリーのま○こ汁でびちゃびちゃ」
「やぁ、ん・・・言っちゃらめっ・・・」
「呂律も上手く回ってないみたいだな」
「もぅ・・・やらぁ・・・」
「んー・・・んじゃあと一回!」
「ふぇ?っああん!!」
「あんっ、らめっ、やぁっ!!」
「奥いい?・・・っ、はぁ」
「いいよぉ・・・きもちぃ・・・ふぅっ・・・!」
「素直になったなー。ま、そっちの方が可愛いけど・・・んっ」

ぐいっと腰を持たれて、そのままずんずんと腰を打ち付ける
チェリーは只口を開けて喘ぐ事しか出来なくなっていた

「あっ、ふあっ、ああんっ!」
「んっ、そろそろ出るかな」
「ひゃぁっ、なか、あつ、いのでいっぱいにしてぇっ!」
「はいはい・・・んくっ・・・!」
「あっ!イっちゃ、イっちゃうっ!!」

じゅぷっと子宮を強く突いた

「ひ、ああっ!!」
「それじゃあそろそろ教えてもらおうかな?」
「うぅ・・・あんらの身体なら、隣の部屋ぁ・・・」

調べてみると確かにそこにあった
鎖でグルグルに拘束されているのは、エスプレッソの魂がその中に入っており、勝手に動くことにできないようにするとのことだった
だが、目覚めていないせいか動いた様子もない
取り敢えず鎖を解いたのだが、その瞬間、頭の中に新しいイタズラのビジョンが浮かび、ベリーは小さくにやりと笑った

「なあ、チェリー?せっかくだからモノホンにも犯されてもらえば?コイツ意識無いようだから、操りの呪文で簡単に操作ができるぜ?」
「え!?や、ちょっと待って!」

しかし彼女の制止を聞かずに、第二ラウンドは始まった
人形と化したエスプレッソは、チェリーの腰を背後から掴み、引く

「ひゃあ!うおああああ!」
「なんだか上の口も寂しそうだから、コイツのチンコをくわえてもらおうかな?」
「むぐぅっ!?」
「エスプレッソの美味しい?」
「んぐっ・・・ぅぶっ・・・」
「あぁ、また出そう!」

こうして、チェリーの意識が途絶えるまで延々とヤり続けたという

「んぁっ?」

目を覚ますとそこは布団の中
ゆっくり身体を起こそうと思ったのだけれど

「っ、いたぁ・・・」

腰とあそこがズキズキするような痛みに襲われる
すりすりと腰を擦りながら、上半身を起こせば、ベリーがだらけ切った顔で横になっていた

「よぅ、お目覚めかい?」
「・・・元に戻ったの?」
「なんとかな・・・けど疲れた・・・」
「アンタは後先考えずにシすぎなのよ。正直まだ痛いわ!」
「お前が“ヤり手のエスプレッソ”を望んだからだろう?散々焚きつけといて何言ってんだか」
「・・・」

この後、二人は風呂で身体を洗い流したのち、堕ちるようにぐっすり眠ったという

以上です!有難うございました!

111名無しさん@ピンキー2014/06/19(木) 14:05:37.60ID:NjRn7IR7
GJなかなかよかったです。ただ…
(チェリーが入った)ベリーの体が早々に体力切れしたり、
(ベリーが入った)エスプレッソの体が巨根・絶倫だったり、
(エスプレッソが入った)ベリーの体が何もしなかったりで
中身交換シチュを生かし切れてないように感じました。
体の性能に中身が振り回される話だともっとよかったと思います。

112>>1032014/06/20(金) 11:00:47.15ID:LHgTaSUi
>>111
貴重なご意見ありがとうございます!
確かに少し説明が必要な部分とかありましたね
ふたつ目なんか完全にこちらのミスですし
(ひとつ目は乱暴に扱った為、無駄に体力を消耗した、みっつ目は操る描写を足せば何とかできますが)
今後の参考にさせていただきます

113名無しさん@ピンキー2014/06/22(日) 14:25:40.43ID:uwbqukKT
勝ち気なイメージが強いチェリーが
呂律が回らなくなるほど徹底的に犯されるシチュがたまらなくエロかったです!

114名無しさん@ピンキー2014/06/27(金) 09:27:07.94ID:bCmm5Qaw
あげ

115名無しさん@ピンキー2014/07/03(木) 22:47:29.54ID:B0eLiGO8
よく見たら>>108、「真っ黒い腕」じゃないな

116名無しさん@ピンキー2014/07/30(水) 20:55:46.18ID:PWgpQMtn
pixivで小説きてるな
内容は男→シナモンのトランスものだったけど

近々小説あげる予定
チェリー×エスプレッソ、カプチーノ、シナモン、ベリー(同時にとかではないよ)
シナモン×モカ、シフォン
向こうの>>26を少しアレンジしたもので、チェリーは「ベリーの淫魔日誌」の設定引き継いでます

117名無しさん@ピンキー2014/07/30(水) 20:58:18.62ID:PWgpQMtn
pixivで小説きてるな
内容は男→シナモンのトランスものだったけど

近々小説あげる予定
チェリー×エスプレッソ、カプチーノ、シナモン、ベリー(同時にとかではないよ)
シナモン×モカ、シフォン
向こうの>>26を少しアレンジしたもので、チェリーは「ベリーの淫魔日誌」の設定引き継いでます

118名無しさん@ピンキー2014/07/31(木) 17:20:17.46ID:ALjL1A7z
うおー 楽しみにしてます

119名無しさん@ピンキー2014/09/03(水) 10:33:08.34ID:sS4FyGWw
age

120淫魔作戦2014/10/24(金) 16:50:10.93ID:Kw7avtPf
>>117です
遅くなってすみません!

今夜は新月
この日に影響を受けるのは何もベリーだけでなく、当然彼女も影響を受ける
今回はカプチーノの「精」を頂くそうだ
いざ部屋に侵入してみると、前にも来たことがあるが、相変わらずベッドの上で鼻ちょうちんを膨らませている
しかしカプチーノのちょうど股の所に双子の弟ココとナッツが寝ているため、邪魔くさい
仕方ないので一旦彼らを退かすことにした
それぞれカプチーノの両脇に追いやるのだが、さすがはカプチーノの弟たちというべきか、見た目以上に結構重いのだ
やっとの思いで退かすことができ、小さく息をつく
さて、いよいよ「精」を頂こうと後ろを振り返ったその時
「パチン!」
油断したのか、なんと尻尾で鼻ちょうちんを割ってしまったのだ
まずい!このままじゃ起きてばれてしまう!そう思い慌てて飛んで逃げようとする
だがココとナッツが両足をいつの間にかつかんでいたため、バタンと倒れてしまう
それが決定打となってしまったのか、カプチーノが起きてしまった
「・・・ん?うわぁ美味しそうな大きな桃〜!」
若干寝ぼけているのか、どうやらチェリーのお尻を桃と間違えているようだ
思いっきり抱き付き、更にはカプチーノのモノが割れ目に入り込んできた
両方の衝撃に思わず小さな悲鳴を上げてしまい、カプチーノは完全に目が覚めてしまった
「あれ?桃がチェリーになった?」
「・・・とりあえずいいから退きなさいよ!重い!」
「なんでこうなったのか分からないけどゴメンゴメン。ボクもなんだかおしっこしたくなってきたし」
そう言ってカプチーノは上体を起き上がらせて、いつのまにかチェリーの割れ目に刺さっている自分のモノを引き抜こうとしたのだが
「アレ・・・抜けない」
「え?」
「何かが引っかかっているんだけど、もしかして、ボクが寝ている間に何かイタズラした?」
「知、知らないわ(確かにアンタのおちんちんが目的で来たけど)」
どうやら亀頭球が膨らんだことにより、抜くことが出来なくなってしまっているようだ
しかしそれはカプチーノ本人(というより犬)には、チェリーのイタズラと認識しているようだ
「ああ!早くしないと漏れちゃうよ〜!何とかして〜!」ズンズン!
徐々に尿意が混みあがってくるため、何とか引っ張り出そうと焦るカプチーノ
しかしその行動そのものが彼女の集中力を乱している
いや、例え集中出来たとしても、元の大きさに戻す気など毛頭なかったのだが
「そう言われても困るんだけど・・・暴れないでよ!(膣内で擦れて感じるじゃない!)」
「もうだめ〜!!」
ドブッ!ビュルビュル!ビュルル!
「・・・どうしよう。ボク、チェリーの中でお漏らししちゃった・・・」
「(意外にキツかった・・・)そんな事よりどう?抜けそう?」
「もう遅いけど、抜けた。・・・やっぱり君がイタズラしたからじゃないの?なんかおしっこも白いし、魔法使ったからこんなことなったんじゃないの?」
「ふぅ。トイレ行けなかった代わりに私の中でお漏らししたこと黙っておいてあげるわ。だから今夜のことは誰にも言わないって約束できるなら、イタズラで白くなったおしっこを元に戻してあげる(本当は違うけど、こう言った方が信じてくれるわよね?)」
「うん。約束する」
「それじゃあ残った魔力吸い出すからおちんちん出しなさい」
こうしてフェラがはじまった
カプチーノは最初、困惑し、抵抗したが、「このまま白いおしっこでいいなら別にいいのよ」と、もしここで吸ってくれなかったら一生白いおしっこのままなのではないかと不安を煽るような言い方をしたため、仕方なく差し出すことにした
「れろれろ、はむぅ・・・じゅぼじゅぼじゅぼ、ちゅぱ!ちゅぷ、んん、じゅぶ」
口は亀頭球をも包み込み、激しく、なおかつ繊細に刺激する
そしてあっという間にカプチーノは気絶したのであった
だがそれだけでは飽き足らず、念入りに、かつ執拗に責め、精液を一滴残さず搾り取る
もう採りだせないことが分かると魔法を使って今夜の一件のことを抜き去っていった
「他の誰にも喋らないなら、別に覚えていなくても同じよね。たくさん補充できたのはいいけれど、やっぱり口直しにエスプレッソ様の家行こっと!丁度帰り道にあるから時間も問題ないわ」
こうしてカプチーノの家を飛び出し、エスプレッソの家へと飛んで行ったのであった

121名無しさん@ピンキー2014/10/24(金) 16:51:00.52ID:Kw7avtPf
そっとエスプレッソの家の中に入ると、今まで受賞した表彰状や芸術品の数々、まさに“王子様”が住まうにふさわしい場所(あくまでチェリーにとってのだが)が目の前に広がっていた
そしてその中央のベッドにはスヤスヤとエスプレッソが寝ている
そっと熊のアップリケがついたタオルケットを引きはがす
するとそこには隆起したおちんちんが存在していた
「あんな知的なエスプレッソ様がこんなに勃っているなんて・・・この方がヤりやすくて助かるけど」
小さく舌なめずりし、ばれない様にそっと優しく性器に口づける
口の中ではエスプレッソのモノがぴくぴくと反応し、先端からじんわりと粘り気のある汁が出るのを舌の先で感じた
時折出るくぐもった声が彼女の興奮を煽る
気が付いたときには愛液が割れ目から滴り落ちていたが、そんなことはお構いなしにフェラをする
「んむっ!ちゅるちゅる、じゅぽん、チロチロ、あむゅ!」
徐々にエスプレッソの息が荒くなり、そろそろフィニッシュかと思われるその時
「ああ、マフィンちゃん。ダメだよ・・・」
「マフィムヒャン(マフィンちゃん)!?ひゃっ!」
ドピュッ!ビュビュッ!
恐らく寝言であろう一言が突然漏れた
思いがけない一言に思わず気を取られ、精液が少量口からこぼれてしまった
慌てて舌で落ちた精液を舐め、エスプレッソの顔を窺う
相変わらず息は荒く、頬は紅潮していたが、起きたわけではないようだ
小さじ一杯分の安堵を得たチェリーだったが、それでも胸の支えが取れなかった
先ほど漏らした『マフィンちゃん』というワード
まさかと思い夢の中を覗き見る
そこにはエスプレッソとマフィンがラブホに訪れている夢だった
どうしてこういう光景になってしまったか、その過程は不明だが、少なくともチェリーにとってはあまりにも羨ましすぎて、眩しい夢だった
出来ることなら魔法を使ってでもマフィンを愛しの彼から遠ざけたい
だがそれで彼の笑顔を消してしまうと、それはそれで心苦しい気分になる
仕方なく彼の夢から離れ、この場から去ることにした
しかしその進行方向は、本来帰るべき洋館ではなくカフェであった

122淫魔作戦2014/10/24(金) 16:52:39.04ID:Kw7avtPf
「・・・。・・い。おい!」
普段聞き覚えのある声がする
目を覚ますとそこにはお馴染の顔が心配そうな表情を浮かべている
場所は洋館の一室のソファの上だった
「お前がいつまでも帰ってこないから必死に探し回ったんだぞ!それになんだその弱り切った体は?『精』摂れなかったのか?それとも魔力無駄遣いでもしたのか?」
普段は抜けているくせにこういう時だけは勘が鋭い
チェリーは思わずそう思った
こうなってしまったのは、正しく友人のベリーが言う通りだったのだから
身体中の魔力を使い切ってしまったために起き上がることはおろか、動くこともままならない
「全く、獲物が目の前にあるのに寝るか普通?お前を見つけるのがもう少し早かったら頂いていた程だったぞ」
「身体が・・・」
「もしやと思ったが、やっぱり動かないのか。念の為多く搾取しといて良かったぜ」
「まさかこのまま?」
「決まっているだろ?供給してやらないと」
ズボッ!
ベリーはそのままズンズンと付いた
まだカプチーノの精液が残っていたからだ
狩りは成功したらしいが、一体どんなことしたら動かなくなるぐらいに魔力を使い切ろうと思うのか?
そんな疑問を頭に浮かべながら彼女を善がらせていく
「そろそろ出すから、ちゃんと飲み込めよ?」
ビュビ!ドクッキュゥゥゥ!
もう一発注ごうとしたベリーだったが、「もう十分」と、制止された
そしてそのまま鏡の前に移動し、鏡はテレビ画面の様に映していた景色が別の場面に変わっていく
そこには昼間の公園が映し出されていた
「これは一体?」
「私今度、シナモンの所に行くの。そして、はっきりと分からせてあげるの『シナモンは男の子なんだ』って」
「どういうことだ?」
「観ていれば解るわ」

123名無しさん@ピンキー2014/10/24(金) 16:53:32.83ID:Kw7avtPf
「お昼から遊ぼうって言っていたのにシナモン遅いよ」
「一体何があったのかしら?」
公園のベンチにいたのはモカとシフォン
どうやらシナモンと遊ぶ約束をしていたのだが、そのシナモンがまだ来ていないらしい
そのことを愚痴っていた時、向うからシナモンがようやく到着した
しかしその足取りは重く、表情もどこか暗い
いや、暗いというよりは紅いと言った方が正しいだろうか
顔は紅潮していた
二人はシナモンに遅れた理由を聞き出そうとする
シナモンは戸惑いながらも、説明することにした
「えっと・・・。実は朝起きたらね。その・・・お、おちんちんが大きくなっちゃって、元に戻らないんだ。どうしたらいいのか分からなくて、でも君たちとの約束を破るわけにもいかなくて・・・」
いきなり飛び出た『おちんちん』という発言にモカとシフォンは思わず赤面する
確かによく見るとシナモンの履いてきたズボンの一点が張っている
いや、それどころかピクピクと動いている
「シナモン、調子悪いの?」
モカは自重気味に聞いてみる
「なんというか、変な感じがする・・・」
煮え切らない答えに、シフォンはズボンに手をかけようとした
「ちょっと!?何するの?」
「そうよシフォン。いくらなんでもそれは・・・」
「だってよく分からないんだもん。直接見れば分かるかなって思っただけだよ」
「けど僕恥ずかしいよ・・・」
「んー。分かった!じゃあズボンの上から触ってみても良い?」
「それなら良いけど・・・」
「大丈夫なの?シフォン」
「大丈夫だよ!どうせ虫に刺されたりしたんでしょ?」
「突然虫なんて言わないでよ!」
「そうなのかな?」
「それじゃあ触るから、痛いとこあったら言ってね?」
シフォンはまず軽くなでる
だが痛みは感じない
今度は少し力を入れてなでる
痛みは感じないが、逆に変な感じが強くなった
どこら辺が原因なのか、今度は先ほどと同じ力加減で、一点をなでる
先端、中腹、根本と順番に
するとどうだろう?
尿意が混みあがってきた
「ねえ、ちょっと休憩しない?僕トイレしたい・・・」
「えー!?あともう少しだから我慢してよ!」
「けど・・・!」
先端は濡れてきている
もう限界だ
ドビュッ!ビュルビュル!ドクドク・・・
シナモンは放心し、その場に座り込んでしまった

124名無しさん@ピンキー2014/10/24(金) 16:54:39.83ID:Kw7avtPf
「ちょっとシフォン!やり過ぎたせいでおしっこ出ちゃったじゃない!」
「ゴメン!本当に出るとは思わなかったから。私、着替え取ってくる!」
シフォンはまるで逃げるように公園から家へ向かって走って行った
残されたモカは、取り敢えず濡れてしまったズボンを脱がそうとシナモンをベンチの上に座らせた
勃ったおちんちんが一瞬視界に入ったが、すぐに手元のズボンに目を落とした
「シナモン、これおしっこじゃないみたい」
「え・・・?」
「色は白いし、ベトベトするし、それに・・・なんか変な臭いもして、嗅いでいると変な感じになっているというか・・・」
「モカちゃんも変な感じになったの?どうしよう!」
自分だけでなくモカも異常になってしまった
いやそれだけではない
モカの様子がおかしい
まるで何かに操られているような、そんな気配がする
シナモンの不安心が煽られる
「・・・ねぇシナモン?ソレもっと見せてくれる?」
予想は的中した
シナモンのおちんちんにかなり強い興味を示している
「こんなに大きくなっちゃって、食べちゃいたいぐらいにカワイイ」
「モカちゃん、君の息が当たって・・・うわぁ!?」
「んっ!んぐっ!ちゅっちゅじゅぷ!」
「ああ!また出ちゃうよ!モカちゃん離れて!僕のおちんちん美味しくないよ!」
だが彼女がやめることはなく、二発目が来てしまった
「・・・は!?私ったら何を?シナモン大丈夫?」
「モカちゃんこそ、気が付いたみたいだね・・・」
彼はすっかり絶え絶えだ
「おーい!二人ともー!着替え持ってきたよって何してたの!?」
シフォンが着替えの入った紙袋も持って帰ってきていた
そのあんまりな惨状に困惑を隠せなかったようだが、モカが何とか説明した
「ふ〜ん。確かにモカの言う通り、なんか私も変な気分になった・・・かも?」
「え!?」
「シナモン!今日はもう帰った方がいいかも!シフォンは私が抑えておくから!」
「うっうん!わかった!それじゃあ二人ともまたね!」
「あ〜!冗談なのに〜!」

125名無しさん@ピンキー2014/10/24(金) 16:55:40.79ID:Kw7avtPf
カフェに帰ってすぐにお風呂に入って身体を綺麗した
だが大きくなったおちんちんは健在である
今日一日はズボンを履いて過ごすことになった
その日の夜
ベッドの上に何かがいる
「あらシナモンお久しぶりね」
「シフォンに、チェリー?どうしたの二人とも」
「ちょっとした忘れ物を取りに来たのよ。シフォンもね」
「シフォンも?」
「うん。わたし、チェリーの呪いのかかったおちんちんの臭い嗅いだせいか、体中が熱いの。元に戻るには、おちんちんからでた白いおしっこかけない身体にとダメなんだって」
「そういう訳だからお相手よろしく!」
そう言うとチェリーはシナモンをベッドの上に縛り付けた
「シフォン、シナモンの顔の上に乗りなさい。出来るだけ股を鼻に近づけるようにね」
一瞬で視界がふさがり、湿った空気が顔の周りに漂う
そして何より臭いが鼻を刺激する
「ふふ、いい香りでしょ?これはね、あなたの白いおしっこに似た効果があるの。モカも、臭い嗅いだ瞬間おかしくなったでしょ?そしてそこにいるシフォンもね。そろそろ頃合かしら?挿入れさせてもらうわ」ズニュリ!
「何したの!?今ニュルって!」
「見えないから怖いでしょ?けど安心して。私に全てを委ねればいいんだから」
シナモンは自分自身でも気が付かないうちに腰を上下に動かしていた
朦朧とする意識の中、チェリーの声だけがはっきりと聞こえてくる
まるで悲鳴のような、歓声のような、それらが入り混じったかのような叫び
視界が明るくなったころには股から白いおしっこが溢れ出ているチェリーが見えた
そして交代するようにシフォンが前の方にやってきた
「それじゃあシナモン、挿入れるね・・・」ズリュ
「すごい。女の子ってこんな風になっていたんだ。体がまだ熱いよぉ。それに、またニュルっときた」
「シナモンったら、すごい元気だね。私の膣内でいっぱい動いてるもん」
「また白いおしっこ出ちゃうよぉ!」
ビュビュビュ!ドバッ!
「挿入れただけで出ちゃうなんて、これじゃあ楽しみ甲斐が無いわ。と言っても私の魔力を注いだソレはその程度じゃへこたれないけどね。シフォンは気にせず腰を動かして」

126淫魔作戦2014/10/24(金) 17:02:09.15ID:Kw7avtPf
「うん!んっ!」ズチュ!ズチュ!
もう何度イッただろうか?
いつの間にか気絶していた
そして目が覚めた今でもこの悪夢は続いていた
今度はチェリーが上に跨り、シフォンから何やら液体のようなものを吸い上げているように見える
「あらおはよう。今ね、シフォンのおまんこをグラス代わりにあなたの白いおしっこ飲んでたとこ
シフォンも動かなくなったことだし、その拘束解いてあげないとね」
手足が自由になり、むくりと起き上がる
当然目の前にチェリーの顔が飛び込んできた
「どうしてこんなことしたの?」
「あなたはマフィンって女の子知っているでしょ?あなたは男の子よね?」
「うん・・・」
「巻き込まれたシフォンは別として、モカに『シナモンは男の子』ってことを解らせてやりたかっただけよ。
今、モカの夢とわたしの意識はつながっていて、モカはわたしの体を通してあなたとセックスしている夢を見てるの。もっと出しなさい。でないと元の大きさに戻らないわよ?ほら腰ふって」
「もう動けないよ〜」
「大丈夫よ。後一発」
パンパン・・・ビク!ブビュ・・・
「ふう!お疲れ様!これで普通サイズに戻ったはず」
「・・・」
「あら、力尽きちゃった?けど中々楽しむことが出来たわ。モカもあなたのこと見直すかもね?今頃彼女、夢の中で満足しているでしょう」
そういって彼女らはこの場から去っていった
「だけど夢の中では終わっても、現実の方ではまだベリーが続けているでしょうけどね。その思い出が抜かれても、その身体にしっかり染み込ませて・・・」

後日
シナモンは昨日のことについて疑問を持っていた
実は、シフォンの顔面騎乗を受けた後のことをはっきりとは覚えていないのだ
二人もおかしくなったときのこと覚えてないのかな?と真相を確かめようとしていたのだ
「うーん。昨日は一体何だったんだろう?シフォンもよく覚えてないようだし、モカちゃんは疲れていて話すことできないみたいだし。チェリーは今どこいるかわからないし。だけど僕男の子なんだって思ったよ」
そういうと、自分のおちんちんを優しく撫でた
すると公園の時ほどではないにせよ、大きくなり、白いおしっこがわずかながらに飛び出した

「また出ちゃった。けどこれ一体何だろう?エスプレッソに聞いたらわかるかな?けど変になったら困るしやめておこう」

127淫魔作戦2014/10/24(金) 17:03:07.27ID:Kw7avtPf
以上です!ありがとうございました

128名無しさん@ピンキー2014/10/26(日) 17:53:28.84ID:/V/kit0Y
おお!久々の作品が・・・!
久々に攻めるチェリーちゃんを見ました。
作品製作お疲れ様でした!

129名無しさん@ピンキー2014/11/03(月) 16:59:53.17ID:pLNJf+bF
wiki更新乙

130名無しさん@ピンキー2014/11/05(水) 16:20:39.12ID:ENjXhbyM
俺もチェリーとシフォンに逆レイプされたい…
GJです

131名無しさん@ピンキー2014/11/08(土) 10:02:40.69ID:ggCro+mu
ところでここって子ネタでも事前に「○○書きます」ってクッション入れるの?

132名無しさん@ピンキー2014/11/08(土) 22:37:42.68ID:g4OU7MKt
>>131
別に書かなくていいんじゃない?

133名無しさん@ピンキー2014/11/09(日) 19:50:54.68ID:3oxYD/Co
wiki何か変な人いるな
更新あったかと思いきや関係ないサイトへのリンクだった

134名無しさん@ピンキー2014/11/15(土) 23:47:05.14ID:uCyv8l9j
また変な人いたから少しセキュリティあげといた

135名無しさん@ピンキー2014/12/07(日) 01:35:49.35ID:QYRvLO02
気づいたがWiki荒らされているのかいくつか小説消された?

136名無しさん@ピンキー2014/12/09(火) 10:22:49.02ID:met7txHU
小ネタ
モカのおちんぽレポート 

ココ&ナッツ
小さい体ながらシナモンと同じ大きさ
成長したらカプチーノと同じになるかそれ以上になりそう
正直兄が兄だけにあまりヤりたくないかも

エスプレッソのセックス・レポート

ポロン
フェラは優しく吸い付く感じ
自分からはあまり動かない
正常位が好きだが、激しくされるのは嫌いなようだ
マンコとアナルはどちらもピッタリ包み込むけど少し物足りない

137名無しさん@ピンキー2015/03/01(日) 05:20:09.47ID:EG17laPW
シナモン×カプチーノで出す予告あげ

138名無しさん@ピンキー2015/03/01(日) 14:44:30.73ID:vtm4H04r
>>137
久々の新作ですね!
期待しています!

139名無しさん@ピンキー2015/03/24(火) 17:59:02.96ID:xUB0gOCH
エスプレッソが(マフィンちゃんとしての)シナモンが好きだという事実を知ったチェリーが
二人がデートする前にシナモンを何とかしないとといろいろ考えた結果
ベリーとシナモンをくっつけちゃえばいいという結論になって
シナモンはエスプレッソの目の前でベリーの極悪な物に堕とされ、
エスプレッソはシナモンを寝取られたショックからあっさりチェリーに堕とされ、
悪魔大勝利エンド…という話、誰か書いてくれないかなぁ

140名無しさん@ピンキー2015/04/02(木) 10:57:37.81ID:QSszwi9K
>>137が「書く」と言ってかれこれ一か月だが、進捗の方どうなっているだろうか?

141名無しさん@ピンキー2015/05/04(月) 17:28:38.11ID:rEtmOCaF
>>139
公式だとエスプレッソがチェリーを避けてる印象が強いから、逆にチェリーに堕とされて依存しちゃうエスプレッソも見てみたいね

142名無しさん@ピンキー2015/05/06(水) 17:45:18.65ID:7Xy2kCvf
久々にカキコ
シナモン×カプチーノの件はどうなったんだろう?

>>139の話はベリーとシナモンとフレンズ達をどう処理するかが地味に重要になるか?
マフィン回はフレンズ達もいたわけだし

143名無しさん@ピンキー2015/06/29(月) 01:38:48.08ID:tcdv7jSg
チェリーちゃんに俺の性欲全部差し出したい

144名無しさん@ピンキー2015/08/31(月) 00:49:15.85ID:z8oYa7mD
シナモンのソーセージ食べたい

145名無しさん@ピンキー2015/09/01(火) 00:14:08.32ID:OJXFAy2L
シナモンのエッチにチャレンジ 「ちゃんとオナニー、できるかな?」

カプチーノ「ふわ〜」

シナモン「カプチーノ、どうしたの?」

カプチーノ「実は僕、発情期なんだ〜」

シナモン「それは辛いね、オナニーしてるの?」

カプチーノ「へ? オナニーってなあに?」

シナモン「おちんちんをこすって気持ちよくなることだよ」

カプチーノ「へぇ〜! 知らなかった〜. で、どうやるの?」

シナモン「まずおちんちんをおっきくして、エッチなことを考えるんだよぉ〜」

146名無しさん@ピンキー2015/09/01(火) 00:21:38.75ID:OJXFAy2L
カプチーノ「こ、こう?」シコシコ

シナモン「そう! 上手上手」

カプチーノ「シナモンにみられると恥ずかしいなぁ」シコシコ

シナモン「そのままつづけてね!」

カプチーノ「し、シナモン……なんだか気持ちよくなってきたよぉ〜」シコシコ

シナモン「もうちょっとで精液が出てくるからがんばって! 我慢汁がすごいでてる」

カプチーノ「うわあっ!くぅぅ〜〜!」ビュルル!ビュー!

シナモン「うわぁ!たくさん出たねぇ〜!」

カプチーノ「ふぅ〜、すっきりしたぁ〜! ありがとう、シナモン!」

シナモン「みんなもオナニーして、いっぱいすっきりしてね!」

147名無しさん@ピンキー2015/09/01(火) 02:31:55.99ID:OJXFAy2L
シナモンのエッチにチャレンジ 「避妊しようね」

モカ「ああん!シナモンいいわ!」パンパン

シフォン「ちょっとエスプレッソ!もっと動いてよ〜」

カプチーノ「あ〜!交尾だ〜、いいな〜」

シナモン「カプチーノもどう?気持ちいいよ!」パンパン

カプチーノ「わ〜い!それじゃあボクも!」ムクムク

モカ「ちょっとまって、カプチーノ、コンドームは?」

カプチーノ「へ? なにそれ」

148名無しさん@ピンキー2015/09/01(火) 03:10:51.73ID:OJXFAy2L
シナモン「カプチーノ、ちゃんとコンドームを持ってこなきゃだめだよ」

モカ「ちゃんとコンドームを持ってこないと、嫌われちゃうのよ」

カプチーノ「ええ〜!そんなぁ!」

シナモン「カプチーノ、もしつけずにすると赤ちゃんができちゃうかもよ?」

カプチーノ「あ、赤ちゃん?!」

エスプレッソ「それに、もしも病気だったら大変だよ?」

カプチーノ「ええ〜!び、病気?!こわいよ〜!」

シナモン「だからコンドームを付けて、きもちよくエッチするんだよ」

149名無しさん@ピンキー2015/09/01(火) 03:16:19.17ID:OJXFAy2L
カプチーノ「うん、わかった」

シナモン「それじゃあコンドームの付け方を教えるよ」

シナモン「まず、コンドームを外して、と」ビリ

シナモン「裏表を確認したら、真ん中の精液たまりをおさえながら、おちんちんのさきっぽにくっつけて…」

カプチーノ「ちょっとくすぐったい…」ピクピク

シナモン「巻き込まないようにゆっくりおろして、完成!ね?簡単でしょ?」

カプチーノ「ほんとだ!これで交尾ができるんだね?」

モカ「それじゃあ気を取り直して、楽しくエッチしましょ!」

全員「わ〜い!」

150名無しさん@ピンキー2015/09/01(火) 03:35:35.33ID:OJXFAy2L
小ネタ二つ投下
スレ汚しすまぬ

151名無しさん@ピンキー2015/09/01(火) 13:51:48.93ID:IQbx2mSa
新作来てた乙
でも断り入れた方がいいと思う

152名無しさん@ピンキー2015/09/01(火) 22:38:22.31ID:MDDaIVHA
なんか保険のビデオ見てる気分になったわ
乙!

153名無しさん@ピンキー2015/09/02(水) 00:35:24.00ID:DHnJIxJh
性教育ワロタw

154名無しさん@ピンキー2015/09/02(水) 09:57:31.66ID:DHnJIxJh
カプチーノかわいい

155名無しさん@ピンキー2015/09/02(水) 09:58:57.71ID:DHnJIxJh
Wiki荒れてるなあ

156名無しさん@ピンキー2015/09/02(水) 10:14:18.98ID:rBq5CXgf
声が脳内再生されたw
エロ可愛くて和む GJ

157名無しさん@ピンキー2015/09/02(水) 11:53:36.26ID:dEJtHUHb
Wiki編集しました!

158シナモン×カプチーノ2015/09/02(水) 21:58:07.77ID:Ji7h5kNa
すいません››137です
作品投下しますんで、みなさんよろしくです

159シナモン×カプチーノ2015/09/02(水) 21:58:51.45ID:Ji7h5kNa
シナモン×カプチーノ 「酔っ払いにご用心!」

 「おお〜い、シナモ〜ン!」
間延びした声がボクをよぶ。 声の主はカプチーノっていうボクの一番のともだち。
 「カプチーノ! 待ってたよぉ」
 「はぁ、はぁ…お待たせぇ〜」
お姉さんが風邪をひいてお店が休みになったんで、今日はカプチーノのおうちでお泊り会を開くんだ!
ゲームして、本を読んでおしゃべりして……お泊りってすごいドキドキする。
でも、この日がまさかボクの人生をちょっぴり?変えることになるなんて、この時は知る由もなかったんだ。

「カプチーノ、今日はおうちは誰もいないの?」
「うん〜、家族は旅行で、弟は空港でお泊りなんだ〜」
「じゃあ、今日はたくさん遊べるんだね!」
「何する〜? ゲーム?お昼寝?お絵かき?それともおしゃべり?」
「そうだねえ、じゃあ一緒に絵本見ようよ」
「そうしようそうしよう」
そうして、僕たちは時間も忘れて遊んでたんだ。

160シナモン×カプチーノ2015/09/02(水) 21:59:32.37ID:Ji7h5kNa
しばらくして、カプチーノが何か大きなビンを持って来た
「か、カプチーノ、それなあに?」
「えっとね、旅行いくまえに、お姉さんが喉乾いたら飲んでいいよってジュースくれたんだよ」
「へぇ! なんのジュース?」
「ブドウジュースって言ってた! シナモン、コップ出すの手伝ってよ〜」
「わかった、コップってこれでいいの?」
「そうそう、気を付けてね」

カプチーノの持って来たジュースのビンはとても大きいくて、まるでロケットみたい!
コップを並べて、ふたを開ける。

ポンッ

するとあたりにブドウのいい匂いが部屋いっぱいに広がって、なんだかふわっとした空気に包まれていく気がする。
なんだかボーっとしてきそう……ちょっとまった、これって本当にジュース?

161シナモン×カプチーノ2015/09/02(水) 22:00:42.71ID:Ji7h5kNa
「ねぇカプチーノ、これって本当にジュース?」
「うん、そうだよ」
「ちゃんと確かめた方がいいんじゃない?」
「おおげさだねぇシナモン、ちゃんとしたジュースなんだよ? さあ飲もうよ」
そういうとカプチーノは早速ボクと自分のコップになみなみとそれを注いでいく。
コップに注がれた「それ」は、色こそ同じだけど、何か違う雰囲気を醸し出している。
飲んじゃいけない! ……けどやっぱり飲んでみたい。

ここにはボクとカプチーノしかいない。 一度、それも少しなら大丈夫だろう。
「い、いただきまーす」

ゴクッ

「「おいしーい!」」
すっごく甘くておいしい! ……あれ?

なんだか体が熱くなってきた。 それに目の前がくらくらして…

162名無しさん@ピンキー2015/09/02(水) 22:01:09.35ID:Ji7h5kNa
しまった、これはワインだ! やっぱりお酒だったんだ!
「カプチーノっ!これお酒d…」
ボクの目の前には、ビンが逆さまになっていた。
その下を、飲み干さん勢いでカプチーノが喉を動かしている。
「駄目だよカプチーノっ!それはお酒だから!」
もう遅かった。

「ぐふふ〜、しぃ〜なぁ〜もぉ〜ん」
とろーんとした目つき、イチゴみたいに赤いほっぺ、ふらふらな足取り、……だめだ、完璧に出来上がってる。
「か、カプチーノ大丈夫…?」
どう見ても大丈夫じゃないけど、思わず聞いてしまった。
「らいじょうぶだよ、しぃなもん…ぐひひ!」
「ぜったい大丈夫じゃないよ! ベッドで横になって休もうよ」
ボクはカプチーノを連れて2階のベッドへやってきた。

163シナモン×カプチーノ2015/09/04(金) 07:45:20.78ID:fawe4Xum
「さあカプチーノ、横になって」
「ふぁ〜い」
ベッドで横になるカプチーノ。 ぼくもコロンと横になった。
ふんわりしたベッドに横になると、ドキドキが体に響いてくる。
「ねぇシナモン」
突然カプチーノがボクをよんだ。
「どうしたの?気分悪いの?」

カプチーノの方を向くと、さっきより顔を赤く染めている。
ぼくより飲んでるから、仕方ないけど、なんだか様子が違う。
「ぼくね、前から思ってたけど、シナモンって本当にかわいいよねぇ〜」
「えっ」
いきなりそんなこと言われて、ぼくは何がなんだかわからない
「僕はねぇ、シナモンが好きで好きでたまんないんだぁ〜…ふふっ」
ボクのことが好き?

「い、いきなりどうしたの?カプチー……んむぅっ!」
いきなりカプチーノが抱き着いてキスをした。
温かくて、やわらかいカプチーノの唇。 …気持ちいい。
でも、ぼくは男の子!こういうのって女の子とするものだよね?!
いろんなことが頭に浮かぶ。とにかくやめさせないと!
「ぷはっ…カプチーノ、駄目だよ……ぼくたち」
「関係ないよぉ、だって好きなんだもん」

164シナモン×カプチーノ2015/09/04(金) 08:05:14.09ID:fawe4Xum
連投規制食らった申し訳ない

165名無しさん@ピンキー2015/09/04(金) 13:42:14.85ID:TKLJn68Q
とてもエロいよ楽しみにしてる
気長に待ってるぜ

166名無しさん@ピンキー2015/09/04(金) 16:19:36.85ID:xnOgMqlz
これは期待

167シナモン×カプチーノ2015/09/05(土) 00:25:09.31ID:Ty8f7kdS
カプチーノの手が、ボクの体をなでまわして、くすぐったい。
でも、なんだか気持ちいい…体が、熱くなって……。
「シナモン、僕…シナモンとしたいんだ」
え?! したいってまさか、…でもそんなこと言われちゃったら僕…!
「……か、カプチーノなら…いいよ」
「!」
「カプチーノだったらいいよ、ボク」

「シナモォォォン!!」ガバッ
ボクのお腹にカプチーノが覆いかぶさって、ちょっと重いけどなんだか嬉しい。
「カプチーノ!」
「それじゃあ、シナモンのソーセージいただきまーす!」
「へ?」
ジュル!ジュポ!ジュルル!
「ふあああ!!」ビクビクッ

カプチーノが、ぼくのあそこをなめてる!
「き、きたないよカプチーノっ!…あ!」
「ひひゃなくなひひょ、ひにゃもんのだもん」
「ふあっ」
すごく、恥ずかしくて…でも、気持ちいい!
「カプチーノ、ぼく……」
「ん?もうれそう?」

「だ、めぇ!…うあっ!」ビュクッ!ビュルルッ!
「ごくごく…ぷはっ、シナモン、ごちそうさま」ペロッ
「ふぁ…」
「じゃあ今度は僕の番だね…」グニュ
「へひゃっ!?」
「大丈夫、優しくするから…っ!」ズプッ
「うあっ!」ビクッ

168シナモン×カプチーノ2015/09/05(土) 00:26:05.83ID:Ty8f7kdS
グジュッ!ジュポッ!ジュポッ!
「カ…プチーノっ! もっ…とやさしくっ!うあ!」ガクガク
「ごめぇっん!はどめ、効かないおぅ!」パンパン
「カプチーノ!なんか、こわぁい…!」ギュッ
「もうすぐ終わるから……もうイクっ!」ビクッ
「ふゃああああああ!!」ビクビクン!
「しなも……うああああ!!」ビュクッビュー!ブビュルル!

それからのことは覚えていない。
気が付くとボクは、自分の部屋で寝ていたんだ。
カプチーノはいつもと同じように接してくれるけど、なんだか不思議な感じ。
もしかして、夢だったのかなぁ?
「おお〜い!しぃ〜なぁ〜もぉ〜ん!」
「あっ、カプチーノ!おはよう!」
「ねぇシナモン、今日も美味しいジュース、飲まない?」ニヤリ

Fin…?

169小ネタ2015/09/05(土) 00:35:09.86ID:Ty8f7kdS
シナモンのエッチにチャレンジ 「ピロートーク、できるかな?」

シナモン「はぁ〜……」

エスプレッソ「やぁシナモン、どうしたの?」

シナモン「あ、エスプレッソ」

エスプレッソ「元気がないね、モカちゃんとケンカしたの?」

シナモン「ううん、でも最近モカちゃんボクとエッチしてくれないんだぁ」

エスプレッソ「それは大変だね、何か思い当たることはないの?」

シナモン「う〜ん、ちゃんとデートしてからエッチするし、コンドームもちゃんとつけてるし…わかんない」

エスプレッソ「もしかして、シナモンピロートークしてないんじゃない?」

シナモン「ぴ、ぴろー…とーく?」

エスプレッソ「その様子だと図星みたいだね! ピロートークっていうのは、エッチの後に話したり、体を触ったりすることだよ」

シナモン「あっ、そういえば……」

回想

シナモン「モカちゃん!モカちゃん!」パンパン

モカ「シナモンいいっ!気持ちいいわ!」パンパン

シナモン「ふあああ!!」ビュルルッ

モカ「ああ〜ん!」ビクッ

シナモン「あ〜、気持ちよかったぁ」

モカ「ねえシナモン、今日の私d…」

シナモン「Zzz…」
回想終わり

170小ネタ2015/09/05(土) 00:37:41.33ID:Ty8f7kdS
シナモン「ボク終わったらすぐに寝ちゃってた…」

エスプレッソ「駄目だよシナモン、ちゃんと終わった後も相手をいたわらなきゃ」

シナモン「だってエッチはすごく疲れちゃうし……」

エスプレッソ「もしシナモンが女の子で、相手がすぐ寝ちゃったらどう思う? モカちゃんだってきっと同じだよ」

シナモン「う……確かにいやだなあ」

エスプレッソ「ピロートークは大切なコミュニケーションなんだ! これをしてないカップルは不仲になりやすいんだよ」

シナモン「ええっ!ピロートークってすごく大切なんだね…どうすればいいのかな?」

エスプレッソ「簡単さ!『気持ちよかったよ』とか『愛してる』とか、褒めたりキスしたりすればいいんだよ」

シナモン「そうなんだ!」

エスプレッソ「でも絶対『ボクのプレイどうだった?』とか、『気持ちよかったでしょ?』とか自信満々に言ったり、エッチの内容言うのはだめだよ」

シナモン「どうして?」

エスプレッソ「親しき仲にも礼儀あり!自己中心的態度は嫌われちゃうからね!」

シナモン「わかった!それじゃあボクモカちゃんに謝ってくるね!そしてちゃんとピロートークするよ!」

エスプレッソ「上手くいくように祈るよ!」


シナモン「みんなはちゃんとピロートークできてるかな?」

171小ネタ2015/09/05(土) 03:13:59.84ID:Ty8f7kdS
シナモンのエッチにチャレンジ 「アナルセックス楽しいな!」

モカ「ごめんねシナモン、私生理なの」

シナモン「そうなんだ、仕方ないねぇ」

モカ「でも、エッチしたいのよね〜」

シナモン「そうだ! モカちゃん、アナルセックスしてみようよ!」

モカ「あ、アナルセックス?! こわ〜い!」

シナモン「アナルセックスは慣れるととってもきもちいんだよぉ〜」

モカ「そ、そうなの?」

シナモン「まず、ローションを手にたっぷり付けて……」ニュルル

シナモン「アナルにまんべんなくつけていくよ〜」チュクチュク

モカ「ふぁぁん!」ビクビク

シナモン「なじんできたら、アナルの中をほぐしていきま〜す」ニュプニュプ

モカ「ひゃああっ!」ビックウ!

172小ネタ2015/09/05(土) 03:16:33.49ID:Ty8f7kdS
シナモン「ちゃんとほぐさないと、痛いからここはしっかりやろうね!」ニュップニュップ

モカ「ああうっ!き、気持ちいい……ふあっ」

シナモン「モカちゃんそろそろ限界みたいだから、おちんぽ入れまーす! ちゃんとゴムは忘れないでね?」ズプッ

モカ「ひゃあああ!!!!」ビクビクン!

シナモン「ふひゃあっ! モカちゃんのアナルとってもきもちいい〜!」パンパン

モカ「い、いつもろ、ちがひゅ〜!」パンパン

シナモン「キツキツだからすぐにイキそう…」パンパン

シナモン「イっくう!!!」ブビュルル!!

モカ「ふあああん!!」ビクビク

シナモン「ふあぁぁ…とっても気持ちよかったよ、モカちゃん」

モカ「シナモン、ひゅごぃぃ……くせになりひょお〜」

シナモン「アナルセックス、たのしいね!」

173名無しさん@ピンキー2015/09/05(土) 03:56:42.20ID:Ty8f7kdS
以上、スレ汚しすまなんだ

174名無しさん@ピンキー2015/09/06(日) 13:16:32.48ID:J/sBtm0y

175名無しさん@ピンキー2015/09/06(日) 20:35:53.41ID:XjcG1pQf
今更ながらwiki編集しました!
お疲れ様です

176名無しさん@ピンキー2015/09/08(火) 11:21:11.30ID:at32CpzY
この調子で勢いあげていきたい

177名無しさん@ピンキー2015/09/14(月) 03:02:20.26ID:E0zmh6Fj
話題がないなぁ

178名無しさん@ピンキー2015/09/14(月) 06:49:26.07ID:fSUxmWPl
シフォンとシナモンの汗だくセックス

179名無しさん@ピンキー2015/09/17(木) 20:49:09.96ID:3fMhVTDY
誰かしちゅくれ

180名無しさん@ピンキー2015/09/18(金) 04:20:24.92ID:7jNppcoD
繧キ繝翫Δ繝ウ縺ィ繧キ繝輔か繝ウ
繧キ繝翫Δ繝ウ縺ィ縺ソ繧九¥

181名無しさん@ピンキー2015/09/18(金) 11:42:10.99ID:Z+Re7cq6
>>178のシチュで執筆中

182名無しさん@ピンキー2015/09/18(金) 22:04:44.39ID:Pg0OadoE
>>181
超期待

183名無しさん@ピンキー2015/09/19(土) 20:16:19.06ID:mo/amepf
繝吶Μ繝シ縺ョ豺ォ鬲疲律隱娯凰ver蟶梧悍

184名無しさん@ピンキー2015/09/20(日) 00:35:57.09ID:mVh2HbId
なんか文字化け多いな
携帯からだと文字化けするみたい
ベリーの淫魔日誌♀verがみたいぞ

185名無しさん@ピンキー2015/09/29(火) 01:36:35.66ID:MVonE8b7
繧キ繝翫Δ繝ウ縺ィ縺ソ繧九¥縺ョ縺企「ィ蜻ゅそ繝�け繧ケ

186名無しさん@ピンキー2015/10/02(金) 20:41:15.29ID:VAE0fle2
>>185
また文字化けおこしてるな

187プロレス2015/10/15(木) 09:45:36.70ID:2VTmMmMd
>>181
「シナモ〜ン!あそぼ―!」

カフェの扉を叩いたのはシフォン
フレンズの中では一番元気な女の子!
そんな彼女が僕の所にやって来た!

「シフォン!こんにちは!」
「シナモンこれから予定ある?」
「え?そうだな〜夕方までは特にないよ」
「本当!?じゃあさ、私の家に来る?今誰もいなくて暇してたんだ!」
「そうなんだ。けど珍しいね。いつもサッカーとかかけっことか外でよく遊ぶのに、今回はシフォンのお家なんだね」
「だって今回は二人っきりで遊ぶんだもん」
「それって一体—-----」

僕の言葉が終わる前にシフォンは「秘密!」と遮り、お家に向かって行っちゃった
妙な胸騒ぎを感じながら、シフォンの後を追ったんだ
そして・・・あんなことを///

「ねぇシフォン?二人っきりでお家の中で遊ぶものって何?ゲーム?」
「それはねープロレス!」
「プロレス!?」
「うん!ベッドの上がリングね!」
「や・・・やっぱり?遠慮するよ」
「えー!?ここまで来ておいて逃げるの?男の子のくせに」

確かに僕は男の子だけど、嫌なものは嫌!
ベッドの上なのがせめてもの良心だけど、それでも嫌!
「一度でも私の音をあげさせることが出来たら勝ちでいいから」って言ってるけど、それでも無理だよ!

「あーもぅじれったい!こうなったら!」
「うわっ!?」
「えーい!」

シフォンは僕をベッドの上に放り投げた!

188プロレス2015/10/15(木) 09:46:25.84ID:2VTmMmMd
そのままバフン!って落ちてその後、僕の目の前にとんでもないものが写ったんだ
目の前に移りこんだ“ソレ”を僕は直視出来なくて、思わず目を瞑った
だけど、“ソレ”の臭いも鼻を刺激する
おしっこと汗と、何かが入り混じった臭い
必死にその場から離れようとしたけど、シフォンの両足が僕の頭をガッチリ掴んで固めて逃がさない

「ねぇシナモン〜。よく見て?濡れてるでしょ?私のマンコは準備万端なんだよ?」
「やめてよ〜」
「じゃあヤってくれる?」
「う・・・」
「それでも渋るなら、こっちだって考えがあるわ!」

シフォンは足を離した瞬間、“ソレ”を僕の顔に密着させてきた!
「べちゃあ」と粘液が顔に付き、臭いも強くなる!息もしにくい!
必死に逃げようとするけど、シフォンが上から抑え込んでいる!
窒息しそうと思ったその時、パッと離してくれた
空気を吸おうと仰向けになった

「はぁ!・・・はぁ!」
「まだギブアップには早いわ!シナモン自身は拒んでいるけど、“コッチ”は受け入れる気満々よ」
「ひゃあ!いじっちゃだめぇ!」

シフォンはゆっくり腰を下ろし、僕の・・・おちんちんをズブズブと音を立てて飲みこんで行くのが見えた
そのまま倒れこんで、耳元で囁いた

「これでやっと試合が出来るわ。シナモンのおちんちんで私のマンコをガンガン突いてね?さっきも言ったと思うけど、『一度でも私の音をあげさせることが出来たらシナモンの勝ちで、私がイく前にシナモンがイッたら私の勝ちで、罰ゲーム』だからね?」

こうして試合が始まった
僕は腰を動かして、シフォンを突いた
それなりに反応はあったけど、まだまだ余裕の表情だ
シフォンは僕を抱き寄せ、キスもした

189プロレス2015/10/15(木) 09:47:01.66ID:2VTmMmMd
その時には僕もさっきの嫌な事も忘れて、腰を降ることに専念した・・・けど

「もう限界だよ〜」パンパン
「え〜?骨がないな〜。いいの?罰ゲームなんだよ?」
「それでも・・・出ちゃうよ〜!」ビュルル!
「はい罰ゲーム決定!今準備するから休憩してて!」

シフォンってば元気だな〜
汗でいっぱいの身体で部屋から何か取りに出て行った
一分ぐらい経ってシフォンは黒いパンツのようなものとペットボトルのような入れ物を持ってきたんだ

「は〜いお待たせ〜!スポーツ飲料持ってきたよ〜!」
「助かったよ。いただきま〜・・・」
「ちょっと!それ飲み物じゃないよ!」
「え?手に持ってるソレじゃないの?」
「これはローション!飲み物は私のマンコに挟んでるの!」
「え!?・・・あ!本当だ!けどなんで?」
「キンキンに冷やして凍っちゃったのよ。だからこうして温めてるの!今私のマンコはアツアツだからね!」
「けどこれじゃあ飲みにくいよ〜」
「それじゃあマンぐり返し!これならキャップ外せるでしょ?」
「・・・うん」

僕はキャップを外してペットボトルに口をつけた
シフォンは飲みやすいように体を徐々に傾けてくれたんだけど、最終的には何だかまるで、シフォンのおしっこを飲んでいるみたいで一気に恥ずかしくなった
ある程度飲むと、シフォンは自分のマンコからペットボトルを引き抜いた
汚らしい音を立てながら、中に氷が残ったペットボトルは、ベッドの近くに置いてあったテーブルの上にコトンと置いた

「さてと、シナモンには少しお灸をすえてやらないとね」
「何するの?」
「ちょっとお手本を見せてあげるのよ!このペニスバンドを使ってね!」
「それってもしかして、おちんちん!?」
「そう!このローションを使ってアナル、もといお尻の穴をほぐして〜・・・」グリグリ

190プロレス2015/10/15(木) 09:48:52.89ID:2VTmMmMd
「ふわっ!?冷たい!」
「そろそろ入れまーす!」ズプッ!

突然冷たいローションが襲ってきたと思ったら、シフォンのパンツから生えたおちんちんがズブズブと入っていくのが分かった
シフォンの腰が僕のお尻と密着すると、シフォンはニヤリと笑って、一旦腰を引き、一気におちんちんを深々と刺した!
パァン!と弾けた音と同時に僕のおちんちんがピクピクと反応する!
しかもそれが連続で襲ってくる!

「はぁはぁ・・・!どうシナモン?もっと早く動かすわよ!」パンパンパンパンパンパン!
「あぁ!ダメ!頭真っ白になりそう!」
「それほど気持ちいいんでしょ?何も考えず、そのまま受け入れればいいの」パンパンパンパンパンパン!
「また出ちゃうよおっ!ふわぁっ!」ビュプー
「・・・気持ちよかった?」
「まだおちんちんピクピクする〜」
「シナモンのおちんちんとっても元気良いね。けど『私の音をあげさせる』にはまだ力不足かな?とりあえず休憩!」

また1時間程の休憩
今度はスポーツ飲料じゃなくてスタミナドリンクを持ってきてくれた
流石にマンコに挟まれた状態ではなかったけど、飲んでいる間シフォンはスクワットしてたんだ
大きなおちんちんの模型をマンコに収めて、とても切なそうな声をあげていたよ
こうしてまた休憩時間は終わった

「それじゃあシナモンはペニスバンド履いて〜ペニスバンドのおちんちんは裏側はオナホになっているんだよ。しかもリモコン使うとね」
「ひゃ!ブルブルする〜!」
「バイブが入ってるんだよ。これを私のオマンマンに挿入れて・・・うんっ!」
「これで最後?」
「最後は思いっきり抱き付く!シナモンも絶対離しちゃダメだからね」
「うん!」
「それじゃあ、リモコンのスイッチ押すね」

191プロレス2015/10/15(木) 09:49:44.29ID:2VTmMmMd
カチッ!

「うぐぅぅぅ!んあっ!シナモンのが私の膣中でゴリゴリ暴れてるー!」ブブブ!
「シフォン大丈夫?こっちもキツいよ〜」
「だ、ダメー-ーーー!!」ビクビクン!

次の瞬間、シフォンは僕の腕でも抑えられないぐらいのけ反った
その後、まるで線の切れた操り人形のように僕の上に倒れこんだ
僕は腕を伸ばしてバイブのスイッチを切って、シフォンの様子を見た
シフォンはゆっくり立ちあがって、僕に手を差し伸べた

「立てる?」
「うん。シフォンも大丈夫そうだね」
「一緒にお風呂に入ろうか。お互いに汗臭いし」
「・・・待って!その前に、シフォンの・・・」
「?」
「シフォンのマンコ見せて!」
「多分滅茶苦茶臭いよ?それでもいいの?」
「それでもいいよ!」
「・・・ならペニスバンドを口に入れないとね〜」
「どうして?」
「どうせなら目の前でイくとこ見せたげる!」

最初は見るのも、嗅ぐのも嫌だったのに、今は気になってしまったシフォンのマンコ
ヒクヒク動いて、おしっことは違った粘液を溢れ出させ、最後には爆発するという光景は、とても壮観だった
そしてお風呂の中

「ねぇシフォン。あのプロレス凄い疲れるね。アレ一体なんなの?」
「実はね、ここだけの話、あのプロレス教えてくれたのは、モカだったの」
「モカちゃんが!?」
「どういう理由で知ったのか分からないけど、ペニスバンドやディルドはモカが持ち込んだ物でね、先日モカとヤったの!それで生モノはどんな感じなんだろうと思って今回シナモン誘ったの」
「そうだったんだ」
「この事は当然みんなに秘密だからね。けどモカは近々そっちに遊びに行くかもしれないから、その時は相手をしてあげてね」
「え〜!?なんだか気まずいよ!」

192プロレス2015/10/15(木) 09:51:17.34ID:2VTmMmMd
こうして、シフォンとの長いプロレスは幕を閉じた
だけどモカちゃんが試合に申し込むかもしれない
その時僕は、モカちゃんの音をあげさせることが出来るのかな?
いやいや、そんなことしてもいいのかな?
モカちゃん・・・
僕は彼女が来るまで、悩み続けた

終わり
ちょっと長くなってしまった(文字数的にも日数的にも)

193名無しさん@ピンキー2015/10/17(土) 21:56:48.88ID:wJoCfkbb
お疲れ様でした!
っていうかモカなにしてるwww

194名無しさん@ピンキー2015/10/17(土) 23:38:49.97ID:m0LDWz5g
おつ!

195名無しさん@ピンキー2015/10/18(日) 04:09:34.41ID:8E2ZRIZW
性教育のやつ好きだったなー
もうやらないのかな

196名無しさん@ピンキー2015/10/20(火) 09:08:40.83ID:fNtOZQZ9
あげ!

197名無しさん@ピンキー2015/10/21(水) 03:18:30.61ID:J3pCMVAF
>>195
今いくつか書き溜めてるからこうご期待

198名無しさん@ピンキー2015/10/22(木) 01:07:30.35ID:1HKrpJqu
シフォンとモカの百合を期待

199名無しさん@ピンキー2015/10/22(木) 15:48:29.69ID:QNDPukpM
>>197
楽しみ

200名無しさん@ピンキー2015/11/23(月) 11:57:33.61ID:JMtXP7ii
最近全然来ないから小ネタ感覚でチェリー×エスプレッソ書く
といっても挿入関連とかそういうのはない、ほのぼのとした内容の予定

201名無しさん@ピンキー2015/11/24(火) 05:31:20.53ID:qi3+a66U
頼むわ

202「お風呂エッチしてみよう」2015/12/07(月) 00:08:55.16ID:KfQA2NyF
お待たせ 規制アンド諸事情で遅れてしもうた

シナモンのエッチにチャレンジ 「お風呂エッチしてみよう」

シナモン「お風呂気持ちいいね、モカちゃん」

モカ「ええ、シナモンと入るのはちょっぴり恥ずかしいけれど、気持ちがいいわ」

シナモン「それじゃ、モカちゃんの背中流してあげるね!」ザバー

モカ「ほんとう? じゃあよろしくね!」

シナモン「よいしょ、よいしょ」ゴシゴシ

モカ「シナモン上手ね! とても気持ちいいわ」

シナモン「ふふふ、よかった! それじゃあもっと気持ちよくしたげるね」スルッ

モカ「ひゃあああ!!! し、シナモン! こんなとこでやめっ!」ビクッ

シナモン「ここもちゃんときれいにしないとダメだよモカちゃん」チュクチュク

モカ「ああん! そこは自分で洗えるわよっ……! ふあ!」ビクンッ

シナモン「ベッドでするのと違うでしょ? 声が響いてとてもエッチだよモカちゃん」グチュグチュ

モカ「バカァ…! 恥ずかしい……ああん! ふあっ!」

シナモン「そろそろぼくも気持ちよくなろうっと」ズププ!

モカ「いやああん!」ビクビク

シナモン「モカちゃんとお風呂でエッチしてみたかったんだ〜」パンパン

モカ「あん! んああ! ああっ!」

シナモン「そろそろイくよお〜」パンパン

モカ「ああああ!!!!」

シナモン「!」ビュルルッ

シナモン「ふう、とても気持ちよかったねえ また一緒に入ろうね」

モカ「んもう、シナモンのばかぁ!」

203「(オナニーしたあとの)お片付けしようね」2015/12/07(月) 00:10:39.14ID:KfQA2NyF
シナモンのエッチにチャレンジ 「(オナニーしたあとの)お片付けしようね」

カランカラーン

シナモン「ただいまー! うわぁさむいさむい」ヒュー

エスプレッソ「おかえり、シナモン。 早くおこたに入っておやつにしようよ」

カプチーノ「おなかすいた〜」

シナモン「うん! みかん買って来たから、さっそく食べよう! おこたおこた♪」

カプチーノ「はいシナモン、早く入って!」

シナモン「ありがとう! ……あっ」クンクン

カプチーノ「どうしたのシナモン?」

シナモン「2人とも、さっきオナニーしてたでしょ」

カプチーノ「(ギクッ) え〜? なんのことかなあ〜?」

エスプレッソ「ぼく、知らないよ」ギクッ


シナモン「オナニーすると匂いでばれちゃうんだよ〜」

カプチーノ「ええー!」

シナモン「おこたはみんなで使うからちゃんとおへやでしないとダメなんだよ〜」

シナモン「もしぼくがお風呂の中でオナニーしてたらどんな気持ちがする?」

カプチーノ「お風呂で?」ポワワーン

カプチーノ『うわぁ! ドロドロ〜!』 ベトー

カプチーノ「やだやだぼくぜったいにいやだ〜!」ブンブン


シナモン「だからちゃんと場所を考えてオナニーしないとダメだよ? それにあとかたづけもしなきゃ」

エスプレッソ「僕たち、ちゃんとティッシュに出したのに」

シナモン「匂いは中々落ちないから、これを使おうね」

エスプレッソ「リセッシュ?」

シナモン「消臭剤を、おこたにふりまいて、と!」シュッ シュッ

シナモン「これで大丈夫!」

カプチーノ「よかった〜」

シナモン「みんなはちゃんと、後処理できてるかな?」

204名無しさん@ピンキー2015/12/07(月) 00:41:36.15ID:KfQA2NyF
次回はハロウィンで投下しようと思った淫夢日誌とチェリーVerをかく

205名無しさん@ピンキー2015/12/07(月) 01:06:41.18ID:+BQVeXFX
良いね!
明日も楽しみだわ

206名無しさん@ピンキー2015/12/07(月) 04:38:51.00ID:mumWTr1v
盛り上がってきてまいりました

207ベリーの淫魔日誌 ♀ver 一部抜粋2015/12/10(木) 04:06:59.52ID:EIQKOkf/
○月○日
満月の夜。 それは俺様たち悪魔にとって、魔力が上がる特別な夜!
だけど、たまに魔力が上がりすぎて身体がもたなくなる時がある。
まさしく今夜がその時で、早くも俺様のが痛いくらい膨らんでいる

そんな時は魔力を下げるために魔法を使って
いたずらしたり、アレをしたりして発散する。
アレは正直恥ずかしいけど、上がりすぎると暴走してバクハツするし
何より出したモノはいい薬や魔法の材料になる。

だから今夜から数日間毎夜に、俺様は「いたずら」をしに屋敷から飛び出す。
ベリークールだぜ。

208名無しさん@ピンキー2015/12/10(木) 23:30:33.78ID:AO9vNuqs
なんか来た!
良作の予感!

209>>2002015/12/17(木) 10:25:16.57ID:Wn0z2Z1s
>>207は規制でもくらったのか?
続きが来ないが
それとも単純に出来てないだけ?
短編が出来たから投稿しようと思うんだけど、今やってるのが終わってからでいい?

210名無しさん@ピンキー2015/12/21(月) 21:22:30.58ID:6VWRCpxx
wiki編集しました

211名無しさん@ピンキー2015/12/28(月) 01:34:30.23ID:Yni7HOBm
>>209
規制食らってるかもだけどいいんじゃないかな
結構経ってるから単にエタッテる可能性ありかも

212>>2002015/12/28(月) 21:33:21.35ID:mo2bteQj
>>211
そうなのか
このタイミングで投稿したら制作途中で横槍を入れた気分で>>207さんに申し訳ないかなと思ってたからそう言ってくれて嬉しい
ちなみにこの話は某嵐を呼ぶ幼稚園児の漫画がモデルだったりする

213お疲れ様!2015/12/28(月) 21:36:30.40ID:mo2bteQj
エ「あ〜疲れた!」
シ「エスプレッソ!いらっしゃい!だいぶ疲れているようだけど、大丈夫?」
エ「今日のスケジュールは大変だったからね。流石に今回は辛かったな〜」
シ「それじゃあちょっと待ってて!今料理作って持ってくるから」
エ「うん!頼んだよ」
エスプレッソは席に着き、料理を待った
体の疲労と、窓から差し込む暖かな日差し、ほっと落ち着けるこの空間が睡魔となり、エスプレッソを優しく襲い掛かる
・・・コトン

エ「・・・はっ!?・・・どうやら僕、疲れていたせいかうたた寝してたみたいだ。シナモンも(僕が知る限りの)性格上、起こすのは気が引けたのかな?けどそれだったら折角のウナギのかば焼きが冷めてしまうじゃないか」

だが幸い、ウナギのかば焼きはまだ真っ白な湯気を上げている辺り、出来てからそう時間も経っていない様子
エスプレッソは冷めない内に料理を美味しくいただいた
すっかりお腹が満たされ、疲れはある程度吹き飛んだ・・・が

シ「お待たせ〜料理持ってきたよってエスプレッソそれ何食べてるの?」
エ「え!?これシナモンが持ってきてくれたんじゃないの?」
シ「知らないよ?この中に何が入っていたの?お客さんの注文したものだったら大変だよ」
エ「ウナギのかば焼きだけど?」
シ「それ、僕の店では出してないな〜。けど空っぽのお茶椀から薬味のようなものも匂うし、嘘でもないし・・・一体誰が置いたんだろう?」
エ「なんだかよく分からないけど、帰った方が良さそうだね。シナモン、その料理お持ち帰り出来るかい?せっかく作ってくれたのに食べないのも失礼だからさ」
シ「うんわかった」

こうしてエスプレッソはシナモンから料理をもらい、家路についた
時間ももう遅く、湯船に浸かりながら先ほどの事を考えていた

エ「あれは一体・・・」
???「湯加減いかがですか?」
エ「え?大丈夫だよ」
???「ゆっくりと体の疲れを癒して下さい。私は先にベッドでお待ちしてますので」
エ「ああ!ちょっと!・・・行ってしまった。メイドさんじゃないよね?着替え用意するとかはあるけど、ベッドで僕と何をするんだろう?」

214お疲れ様!2015/12/28(月) 21:37:14.55ID:mo2bteQj
今思い返せば「ベッド」発言を考えれば、声の主は大方予想はつく
声の主はチェリーと見て間違いないだろう
じゃあベッドで一体何をするのであろうか
彼女のことだ、誘惑とかその類と見て間違いない
だとしたらベッドで何をするか・・・答えが分かった瞬間、エスプレッソの周りで起きた不可解な事件の点と点が繋がった 
ウナギのかば焼きは、スタミナ回復の他にも精力をつけることで有名な食べ物だ
チェリーはベッドでヤる気満々なのだろう
けど流石に今の僕らに「ソレ」は早すぎる
なんとか断って、彼女に諦めて帰ってもらわなければ
それもなるべく傷つけずに
恐らく、そのまま「迷惑だから帰って」といっても従わないだろう
何か全うな理由付けはないだろうか?
頭がグルグル回り、必死に考えたが、意識が途切れてしまった
目が覚めるとそこは自分のベッドの上、チェリーが心配そうな表情で見つめている
のぼせてしまったのだ

チ「エスプレッソ様がいつまで経っても来ませんから戻ってみたら、浴槽内でぐったりしてたんですよ」
エ「ごめん。ちょっと考え事してて」
チ「何はともあれ無事で良かったですわ!体も温まってますし、これで実行できますわ」
エ「ねぇ、どうしてもヤるの?」
チ「当たり前じゃないですか。この日のために計画してたんですもの。このまま帰る訳にはね?」
エ「けど流石に早すぎるんじゃないかな?僕たちまだ子供なんだよ?」
チ「子供でも硬いときは硬いですし、そういう時は解すのが一番でしょう?大丈夫です。ベリー相手に練習してますから」
エ「・・・ベリーはなんだって?」
チ「最初は痛がってましたが、あまりの気持ちよさにすっかり骨抜きです。さあ、お話はこれぐらいにして、そろそろ始めましょうか」
エ「ちょっと待って!まだ心の準備が!」
チ「それじゃあ、うつぶせになって下さ〜い」
エ「・・・?」
チ「何をしているんですか?そうしないと背中とか腰とかマッサージできないじゃないですか」
エ「マッサージ?」
チ「今日お疲れになったでしょう?」

エスプレッソは思わずポカンとした顔で状況を整理した
今回の謎の原因はチェリーが引き起こしたことだったが、目的は全然違ったのだ
安堵した表情で彼女の言葉に従った
そんな次の日の朝

エ「・・・」
チ「ふふふ、エスプレッソ様、昨日はよく眠れましたか?」
エ「眠れたけど・・・」
チ「けど?」
エ「家の人達には「チェリーが夜這いに来た」と思われたらしいんだ。家のみんなに説明するのに疲れたよ」
チ「まぁ、あんな嬌声じみた声を上げれば、それはね?」

(回想)
エ「あ〜気持ちいい!チェリーすごく気持ちいいよ!」
チ「私の(マッサージ)テクニックを気に入ってくれて嬉しいですわ。ホラ、ここ(肩)なんてこんなに硬くなっちゃって・・・」
エ「そこ!そこもっとお願いー!」
チ「それじゃあもっと激しくやりますね。んっ!くっ!」
(回想終わり)

チ「なんならもう一回行きましょうか?」
エ「いやいいよ!」

エスプレッソはまるで逃げるようにカフェへと走っていったのでした

チ「あ〜あ・・・エスプレッソ様逃げちゃった。それこそ本当にヤってもよかったんだけどね〜。けどまたの機会にしましょう!既成事実を作った以上、もう断れないだろうしね」

彼女の作戦は、まだ始まったばかりだったようです
終わり

215名無しさん@ピンキー2016/01/24(日) 20:01:58.29ID:f2ZLElaE
>>207の続きでも書くかな?

216名無しさん@ピンキー2016/04/20(水) 18:18:19.68ID:sp0PnDAh

217名無しさん@ピンキー2016/04/20(水) 20:05:49.98ID:fDSpnS9k
写真だけにしておいてやれよ…

218名無しさん@ピンキー2016/08/15(月) 10:25:47.20ID:wcigvNDd
昨日のシナモンちゃん
http://i.imgur.com/I3hNife.jpg

今朝のシナモンちゃん
http://i.imgur.com/YMMZo4k.jpg

219名無しさん@ピンキー2016/09/22(木) 03:25:54.41ID:F04ulD0d
>>102
もしかしたらホモで童貞にしかなつかないんじゃないか
ポロンとはまだ子供だから柔軟に接しているかその気はないんじゃないかと思う

220名無しさん@ピンキー2017/05/05(金) 21:33:26.91ID:nXgJchMM
シナモンかわゆす(*´∀`)

221名無しさん@ピンキー2017/06/13(火) 22:51:45.59ID:cmIy3D+e
クロミ×シナモンを思い付いたので、書いていきます。

222はじめての性教育2017/06/13(火) 23:08:36.56ID:cmIy3D+e
クロミノート No.114514
今日の昼頃、突然シナモンに呼び出された。
ったく、せっかく今日のパチスロで収支がトントンぐらいにはなりそうだったってのにさ。
それで、シナモンがいるところに着いたらシナモンが泣いてた。
あたいが、どうしたのかと聞いてみたらお昼寝中におもらししちゃっただって。
そんなことで・・・って思ってたけど何やら様子がおかしい。
シナモンが寝てた布団を見てみると、そこにあったのはおしっこ特有の黄色い染みじゃなくて白くてねばっこい液体だった。
なるほど、保険の教科書で見た夢精ってやつか。
まだ泣いてるシナモンに、あたいが聞きかじりの知識で何となく説明してシナモンが大人になった証だと伝えたけど、やっぱりまだピンときてないようだ。
仕方ないので、あたいはシナモンに自分でそういう時の処理のしかたを教えてあげることにした。

223はじめての性教育2017/06/13(火) 23:32:33.91ID:cmIy3D+e
シナモンをあたいの膝に座らせると、あたいはシナモンのちんちんを後ろから優しく触る。シナモンのちんちんに触れるとシナモンはひゃんっと可愛らしい悲鳴をあげた。
でも、教えてあげるといっても正直あたいにもよく分かっていない。たまにバクがあたいの名前を呼びながら自分のをしごいてる所を何回かうっかり見ちゃった位にしか記憶にないんだよな。
とりあえず、バクがやっていたようにちんちんの皮を優しく上下に擦ってみた。最初はくすぐったそうにしてたシナモンもだんだん大人しくなり、呼吸が荒くなるのと同じくらいに、小さなちんちんが少しづつ大きく硬くなっていった。
シナモンは今、赤ちゃんを作るためのものを出そうとしてるんだよ。あたいはそう教えながらシナモンのちんちんを擦るスピードを少しづつ早めていく。その度に皮から出たり入ったりする先っぽが何だか可愛く思えた。
やがて、真っ赤な顔のシナモンがおしっこしたいって言ってきた。そろそろかと思ったあたいは、シナモンのちんちんを一気に擦りあげる。
するとシナモンは、ふわぁぁっ!と叫び出すとちんちんが脈打ったかと思えば白い液体を勢いよく出していった。
最初は足元の床に飛んでいった液体もやがて勢いがなくなり、あたいの手に少しづつ生暖かい液体をこぼしていった。

224はじめての性教育2017/06/13(火) 23:41:25.16ID:cmIy3D+e
その後、あたいが自分の手や床をティッシュで拭いてるとシナモンがあたいに謝ってきた。
まぁ、あたいも貴重な経験をしたし大人になったシナモンに免じて許してあげるよ。
その後は、次からはエッチな気分になったら自分で処理することを約束させて今日のところはお別れをした。
あの液体のついたティッシュはこっそり持ち帰っておいたし、今日はこの体験とティッシュの匂いをオカズにして自分の処理をしようかな。
そんなことを考えながらパチスロに戻った。そして、7千円負けた。
許すまじシナモン。

225名無しさん@ピンキー2017/06/13(火) 23:43:21.74ID:cmIy3D+e
以上です。

226名無しさん@ピンキー2017/06/14(水) 16:31:52.45ID:1ETqJ6e2
乙です!シナモンかわいい

227名無しさん@ピンキー2017/08/08(火) 00:29:23.17ID:OJsp+/y+
なんか描いたらあげようかと思いますが
まだこのスレの住人は残ってますか?

228名無しさん@ピンキー2017/08/09(水) 07:04:17.08ID:4CM79KTh
>>227
少なくともここに一人

229名無しさん@ピンキー2017/08/09(水) 12:27:40.97ID:zEK7jMTp
初めて見たけど頭おかしい

230名無しさん@ピンキー2017/08/21(月) 08:21:54.95ID:3AGhAcXy
>>227
ここにもいますよ!

231名無しさん@ピンキー2017/08/22(火) 18:14:30.45ID:DtZ+hTVH
>>224
素晴らしい!
お疲れさまです

232名無しさん@ピンキー2017/09/04(月) 01:55:28.88ID:O8TR+C0s
>>227
亀だけど見てます
もっと盛り上がってほしい

233名無しさん@ピンキー2017/09/26(火) 15:35:45.43ID:UdQbrpjw
ほしゅ

234名無しさん@ピンキー2018/06/09(土) 21:02:17.29ID:6OPUXLE1
あげ

[PINK][/PINK 17/30]
新着レスの表示
レスを投稿する