マガジン総合エロパロ板2 [無断転載禁止]©bbspink.com

1 : 名無しさん@ピンキー2016/05/12(木) 15:52:22.70 ID:LSo5GXOF
専用の板がなかったり、あるけど板に投下しづらかったり
(例:荒れている・特定カプしか受け入れられない空気など)
するマガジン系作品のエロパロを投下するスレです。

マガジン系の作品に関係するものだったら、
週間でも、月刊でも、少年でも、連載中でも、連載終了した作品でも可!

総合板なので作品投下する際は、作品名・カップリングなどをご明記ください。
※人を選びそうなシチュはあらかじめ特殊シチュ表記をお願いします
※801は数字板へ

荒らしは徹底スルーで、またーりいきましょう。

前スレ落ちたから立ててみた

マガジン総合エロパロ板
http://nasu.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1252336121/l50
2 : 死刑執行人 ◆ErY2TknG0w 2016/05/12(木) 22:21:34.67
>>1
うこんんんんんwwwww
3 : 名無しさん@ピンキー2016/05/14(土) 22:26:38.39 ID:Aix1TcAx
age
4 : 名無しさん@ピンキー2016/06/07(火) 09:39:06.32 ID:J54WnyPJ
前スレの「煉獄のカルマ」の「日向×不破」需要あり?
5 : 名無しさん@ピンキー2016/06/19(日) 22:44:33.99 ID:sqK71HnY
マガジンZで連載されていたダーククリムゾン(未完)
作者はうるし原智志
シオン(主人公)×ミリア
http://www.suruga-ya.jp/database/pics/game/wl544.jpg
シオンは魔族と人間のハーフでヴァンパイアで見た目はショタ
血を吸うことで命を救ったヒロイン二人を従者(恋人であり鎧であり食事)と旅をして魔族“高き者”(クライアント)と戦う旅をしている
ミリアは1巻でシオン達3人が立ち寄ったクライアントに支配された村で3人を案内した少女(画像右)
雑誌掲載時はミリアが村を救ったシオンに愛の告白をして別れたが単行本3巻での追加で
1巻時点で二人がHしていたことを回想シーンで説明、さらにヒロイン二人が買い物に出かけている間にトイレとホテルで8回Hして別れたことが述べられている
しかし、その追加もブツ切り状態なのでその補完を目指したが回想Hで力尽きた
性描写はいろいろな作品からパクってます
6 : 名無しさん@ピンキー2016/06/19(日) 22:48:22.99 ID:sqK71HnY
ショッピングに向かうレインとヘレンを見送り、ボクはカフェでサイファさんを捜した。
サイファさんはカフェにはいなかった。ボクたちがトイレで血の接吻をしているときに移動したのだろう。さすがに2時間弱もここでは時間をつぶせないか。
駅の方にいるかもしれないと思い、向かおうとしたボクに一人の女性が声をかけてきた。
「あのっシオン様」
「あっ……あなたは……」
「どうしてもお礼が言いたくて」
そこにいたのは虚飾の館でボクたちの案内役をしていたミリアさんだった。高き者(クライアント)から解放されたミリアさんは初めて会ったときのような胸や性器を露出した格好ではなく、落ち着いたワンピース姿だった。
髪には館の時と同じように大きなリボンをつけている。リボンはミリアさんが普段から身に着けているものなのだろう。
服を着ているミリアさんは少女らしさもあって可愛らしい。あのとき18歳だと言っていたからもう少女という年ではないのかもしれないけど。
ボクは館でミリアさんと過ごしたひとときを思い出していた。
「あのあと―…大丈夫でした?ミリアさん」
「はい」
歩道の真ん中に空いているベンチがあったのでボクとミリアさんはそこに並んで座った。
ミリアさんの顔は少し赤らんでいる。ミリアさんもあのときのことを思い出したのだろうか。
「ほんとにありがとうございました、シオン様。シオン様のお陰でこの村も本来の姿に戻ることができます」
道を歩く人々を見ながらミリアさんは言った。
「十年近くクライアントに支配された村だから多少の時間はかかるでしょうけど」
強い女(ひと)だ。ボクはそう思った。
「これからは赤き十字軍(クリムゾンクロス)がこの村を守ってくれるはずだから――」
ボクがそう言うとミリアさんは黙って頷いた。
7 : 名無しさん@ピンキー2016/06/19(日) 22:53:05.20 ID:sqK71HnY
「私―…思ってました。あんな状態は続かない。いずれ救世主(メシア)が現れてこの村を救ってくださると。そしてシオン様は現われました」
ミリアさんはゆっくりと自分の身の上を話してくれた。
お母さんがクライアントに逆らって殺されたこと、村長であるお父さんはミリアさんまで失うことを恐れてクライアントと取引したこと。
十五歳になった友達はみんな館で毎日有力者の相手をしていたこと、その有力者にミリアさんのお父さんもいたこと、友達が話してくれるまでミリアさんはそれらのことを知らなかったこと。
それでも、お父さんはミリアさんを大事にしていたのだろう。ミリアさんだけはお父さんの計らいで社交界を免れていた。
そのことを聞いて、ボクも腑に落ちた。乱交が当たり前のあの館でどうしてミリアさんが――
「そんな時シオン様の噂を聞いたんです。たった一人でクライアントと戦っている魔狩人がいると――……まだ若く従者を従えた吸血鬼(ヴァンパイア)でクライアントを憎んでいるんだと」
ミリアさんはそれでボクのことを調べたという。
「なぜ戦うのか、どんな人なのか、どんな風に話すのか、瞳の色・髪の色、背格好はって……気がつけば私いつもシオン様のことばかり考えてた」
そうか。それでボクのことを――
「そして今回の話を耳にしてどうしてもお会いしたくて。この館に誘い込むことが罠であることを伝え――……この村を救っていただけるために。何よりシオン様にお会いしたくて私は初めて女としてあの館へ―…」
ミリアさんは少し口ごもった。そのときに嫌なことがあったのだろうか。
「生まれて初めて人前で肌をさらしシオン様の貢ぎ物として――」
有力者たちに初めて裸を見られたことを思い出したのかもしれない。
「……現実のシオン様は私が想像してたよりずっとステキでした」
そうはっきり言われるとボクも恥ずかしい。でもミリアさんがそう言ってくれるのはすごく嬉しい。
「でもお二人と愛し合うシオン様を見ていて、胸の奥にしまっていた思いをおさえられなくて私――あんな……」
そう言うと、ミリアさんは黙ってしまった。
ボクはその理由がわかっていた。そう昨日、ミリアさんと初めて会ったあの日―
8 : 名無しさん@ピンキー2016/06/19(日) 22:57:54.98 ID:sqK71HnY
あの日、館の部屋でボクとレイン、ヘレンはベッドの上で血の接吻をした。いつも通り、みんな裸で愛を確かめ合った。
そのあと、ヘレンが欲しがったので、ボクたちは血の接吻なしに交わった。それもいつものことだ。そこが敵地であるということを除けば。
ヘレンと交わっているときに、ミリアさんが迎えにきた。
ヘレンは恥ずかしがっていたけど、ミリアさんが続けていいと言ったので、結局ボクたちは交わり続けた。ミリアさんの目の前で。
ミリアさんは顔を赤く染めながらボクたちが交わっているのを見守っていた。
ヘレンはボクの名を叫びながらイき、気を失った。レインはミリアさんの目の前でするのに抵抗があったみたいだけど、結局、レインもボクといっぱいして、気を失った。
そのあとのことだ。ボクたちの行為をずっと見ていたミリアさんが声をかけてきた。
「あ……あの、シオン様……私――…私……ミリアと申します――…」
ミリアさんが思いつめた表情でベッドの上に座っているボクに話しかけてきた。
それまでのミリアさんの口調は落ち着いた趣だったけど、このときは様子が違っていた。目に涙を浮かべ、声が上ずり、しゃべり方もたどたどしかった。
「私――……ずっと、その…ずっとシオン様をお慕いしていました」
その日、初めて会ったボクのことを……?何かの罠……?そう思ったけど、ミリアさんの態度は芝居のようにはボクには思えなかった。
ミリアさんが服の帯をほどくと、服が床の上に落ちた。のびやかで優雅な肢体の輪郭があらわになる。
ボクはミリアさんの裸身に見とれた。もともと、胸もお尻も股間も隠さない服装だったけど、肌をすべてさらしたミリアさんはすごく綺麗だった。
出会ったばかりの女性を、ここまで美しく感じたのは初めてだった。二人とのHの余韻で昂っていたからだろうか。
この状況で、ミリアさんが服を脱いだ理由は一つだ。つまり…
「あ…あの、シオン様…私とも…踊っていただけませんか?」
“踊る”というのは、ミリアさんなりのHの暗喩だ。部屋に入ってきたとき、交わっているボクとヘレンを見て、もう踊っていらしたのですね、と言ったことからわかる。
ボクたちの交わっている様子を見て、ミリアさんもしたくなったのか、そのときのボクはただ単にそう思ったのだけど。
9 : 名無しさん@ピンキー2016/06/19(日) 23:00:19.33 ID:sqK71HnY
「私―…私、2年間―…ずっとお待ちしていました……」
待ってた?ボクを?2年も?
何がミリアさんにあったのか、ボクにはわからなかった。けど、でも。
「初めは―…この村を開放して下さる方として……でも…今だけは一人の男性として…」
ボクはミリアさんを誤解していた。洗脳か何かされて進んでクライアントに協力しているのかと思っていたけど違っていた。
ミリアさんは苦しんでいたのだ。ずっと。たぶん、ボクが思っている以上に。
そんな女(ひと)がボクと結ばれたいと言っているのだ。でも。
「ボクは…」
「存じています。シオン様がヴァンパイアであられることは」
ボクが純粋な人間でないことを知っていて、人の血を吸う存在であることを知っていて、なおボクと?
嬉しかった。それほどまでにボクのことを想ってくれているなんて。
どうしてボクのことを知っていたのか、どうしてボクを慕ってくれるようになったのか、わからないことはまだ多かったけれど、ボクの心の内は決まっていた。
「私の血でよければいくらでも飲んでください―…私、生娘だから喜んでいただけると思います。そしてこの村をクライアントから解放してください。シオン様」
「クライアントと村を裏切ることになるよ。それでも」
言葉とは裏腹にボクはミリアさんの手を取った。
「あっ」
嬉しそうな、甲高い声だった。ミリアさんの肩を抱き、ボクの方へと引き寄せる。
細い肩がボクの腕の中で少し震えていた。
「シオン様の力になれるのなら私はどうなってもかまいません…でも……今だけはシオン様……」
長い睫の下から大粒の清らかなしずくが玉となってなめらかな頬を流れ落ち、少し尖った顎を濡らしている。
ボクは胸の高鳴りを抑えることができないでいた。
「私を女にしてください……」
真紅のバラの蕾のような唇が、声を絞り出すように言った。
いつものボクなら断っていた願いだけれど、このときは違った。ボクは心の底からミリアさんの願いを叶えたい、と思った。
ずっと、苦しんできたんだ。この女(ひと)は。
助けてあげたい。
セックスが女性を救うきっかけになることはボクもよく知っている。
レインやヘレンが知ったらいい気分にはならないだろう。でも、気を失っている今なら。
二人の中に出したばかりだったけど、ボクの下半身には血が集まりだしていた。
10 : 名無しさん@ピンキー2016/06/19(日) 23:02:27.26 ID:sqK71HnY
ミリアさんは瞼を閉じてその赤い唇をボクの唇に重ねてきた。
甘い、口づけ。ボクは両腕でミリアさんの身体をしっかりと抱きしめる。
唇がふさがっているからか、うっすらと汗をかいたミリアさんの甘い香りが鼻孔をくすぐった。
男女のキスも初めてだったのだろう。ミリアさんはたどたどしく唇を重ねてくるだけだった。
だから、ボクはキスで返事をした。舌でミリアさんの口の中を丹念に舐った。経験のないミリアさんは目を白黒させていたけどやがてボクに身を任せるようになった。
はらはらと涙を落としながら、ミリアさんはボクのキスに恐るおそる応えてくる。そのぎこちなさ、健気さがたまらない。
時間がたつにつれ、キスはボクの理性をとろけさせ、情熱を燃え上がらせる結果になった。
たぶん、ミリアさんもそうだ。
思いの限りに抱き合って、唇を重ね、舌を絡ませ合ううちにボクたちの身体は一つに溶け合いそうになるほど熱を帯びてきた。
唇を放すとミリアさんは息を荒げていた。でも、その眼は、嬉しい、と言っていた。
ボクは改めてミリアさんの身体を見つめた。ミリアさんの裸は白い陽炎のように美しい輝きで満ちていた。
「シオン様…」
ミリアさんは照れながらも自分のすべてを見てほしいという感じでボクに腕を伸ばしてきた。
ボクは傍らで気を失っているレインとヘレンを見た。ボクはレインとヘレンの初めての相手ったけど、二人とも命尽きかけていて血の接吻の過程でしたようなものだ。
アルテミスと持った関係も、きれいなものじゃない。ボクの初めては奪われたと言っていいものだ。
だからこそ、ミリアさんの初めては大事にしなくちゃいけない気がした。ミリアさんは血を吸ってもいいと言っていたけど欲望に任せたり、無意味にするものじゃない。
ボクは人間として、男として、ミリアさんを抱きたかったんだ。
ミリアさんの肌に指を這わせるとそれだけでミリアさんはピクンと反応を示した。
緊張している。それはそうだろう。処女なのだから。
「シオン様……私の初めてを……あなたに捧げます……」
「うん」
ボクも緊張していた。恥ずかしいぐらいに声が上ずっていた。
落ち着いて、ミリアさんに最高の初めてをプレゼントするんだ、ボクはそう思った。
11 : 名無しさん@ピンキー2016/06/19(日) 23:13:45.99 ID:sqK71HnY
「シオン様…」
ミリアさんはボクに身体を預けてきた。大きめのバストがボクのお腹に当たって弾力を示す。
ミリアさんからはすごくいい匂いがしてその身体の肉はどこもかしこも柔らかくて温かい。
頬を指先で触るとほんのり熱かった。ボクはもう一度キスをして、そのままベッドにミリアさんを押し倒した。
「あっ……」
ミリアさんが息を弾ませた。
ベッドの上にはボクを含めて4人の生まれたままの姿があった。でも、動いているのはボクとミリアさんの二人だけ。
ボクは両手をミリアさんの脇に置いたまま、ベッドの上で仰向けになってこちらを見上げているミリアさんを見下ろした。
ミリアさんとボクの視線が絡み合い、ミリアさんの瞳が揺れる。細い身体がシーツの上で震えていた。
ボクはミリアさんの裸の寝姿に心打たれていた。細い首筋、なよやかな肩。女らしい丸みを帯びた胸のふくらみ。
ミリアさんの胸はレインほどではないが、ヘレンよりずっと大きい。乳輪も乳首も文句のつけようがないぐらい美しい。白い乳房が桜色の頂を乗せて震えていた。
ウエストは、蟻かは蜂のように細くくびれ、よく発達した下半身と胸とを引き立てていた。
きゅっとくびれたミリアさんのお腹には縦長の臍が乗り、ほっそりした肉付きの薄い腰が続いている。
そのすぐ下には魅惑的な金色のアンダーヘアが、ミリアさんの秘密の部分を隠している。
ボクはミリアさんの股間に釘付けになっていた。ふわふわと茂るその恥ずかしい毛の下でピンクの割れ目がのぞいている。
そのすべてをこじ開けたい欲望を押さえて、ボクはミリアさんをそっと抱き寄せた。
12 : 名無しさん@ピンキー2016/06/19(日) 23:15:44.49 ID:sqK71HnY
まずはリラックスさせなくちゃ、そう思い、ミリアさんのおっぱいを両手で揉む。
「あっ…あ……んっ……」
ミリアさんは、声を出すとレインとヘレンが起きてしまうと思っているのか、唇を噛んで溢れる声を押し殺している。
眉根を寄せ、頬を上気させた表情は、すぐそこで気を失っている二人のそれと変わらない。
ミリアさんのおっぱいはボクの掌を押し返すような柔らかさだった。レインとは少し違って芯の部分が少し硬い。
レインともヘレンとも違うおっぱいの感触に、女性の身体って色々なんだなと、ボクは当たり前のことを思った。
きゅっと揉むとミリアさんの乳房の肉がボクの手の下でいびつに形を変えてゆく。
「ああっ、あっあああ…」
ボクの手の中で、ミリアさんの興奮を示すように、乳首がはっきりととがっていくのがわかる。となれば、次にすることは決まっていた。
とがりの部分を指先でつまんだ。ミリアさんは、ああっ、と声を上げて仰け反った。たぶん自分でいじったこともほとんどないのだろう。すごく初々しい反応だ。
ベッドの上で跳ねるミリアさんの肉体を全身で押さえつけるようにしながら、ボクはミリアさんのおっぱいに顔をうずめた。むきだしの肌に感じるミリアさんの熱い体温がたまらない。
ミリアさんの左の乳房を右手で揉みながら、右の乳房の先端を舌で転がす。
「ああっ!シオン様ァ!!」
ミリアさんが可愛らしい嬌声をあげた。
ミリアさんの表情を伺うと、とろんとした表情でこちらを見返してくる。清楚でもあり、淫蕩でもあるその表情は、レインやヘレンは見せないものだ。
ミリアさん自身、とまどっているのかもしれない。自分の中の変化に。
今度は左手で右の乳房をいじり、左の乳房に顔をうずめる。
「あ…、はぁぁっ」
乳首を吸うとミリアさんの身体がびくんびくんと震えた。ミリアさんの反応は明らかに気持ちよさによるものだ。
ボクはミリアさんの乳房を存分に堪能した。出ない母乳を絞り出すようにして乳首を吸った。耳心地のいい声に、ボクのモノはさらにそそり立った。
13 : 名無しさん@ピンキー2016/06/19(日) 23:20:01.59 ID:sqK71HnY
「もっとミリアさんが見たい」
上ずった声でボクは言い、目の前のピンクの割れ目に指を乗せた。ミリアさんの二枚のひだをゆっくりと左右にめくり開く。
くちゃあとちょっといやらしい音を立てて菱形に割れ目が広がり、桃のゼリーのようなぷるんとした粘膜があらわになった。
ミリアさんの中。見たのはたぶんボクが初めてだろう。
とろりと透明な蜜が入り口から溢れ、裂け目を伝ってシーツに滴る。ミリアさんの愛液だ。見られて、興奮しているんだ。
ミリアさんの黄金色の陰毛のすぐ下で、小さなピンクの真珠が鞘を押し上げて勃起している。
女の子の敏感な部分。陰核。クリトリスだ。
「シオン様……私、恥ずかしくて、もう……」
そう言いながらも、ミリアさんはM字型に足を上げさせたポーズのままで我慢している。太腿の内側の筋がぴくぴくと引きつっているのは緊張しているからだろう。
「ミリアさんのココ、すごく可愛いよ」
「シオン様…」
ミリアさんの花の内部には、小さな穴が二つ開いている。一つは、針で突いたような大きさの尿道口、おしっこの出る穴だ。
もう一つは最も神聖な通路、膣だ。子宮へと続く道。生命を生み出す孔。もうすぐボクの昂ぶったペニスを入れる場所。ボクたちがつながる場所。
奥に見えるのは、処女膜。ボクが破壊する純潔の証だ。じっくりと見たのはボクも初めてだ。
ボクは何度か割れ目をパクパク開いたり閉じたりした。次に縦割れに指をそっと置き、小さく上下左右に振動を与えてみた。
「ひあっ、ああっ、あっはああ!!」
ミリアさんの声は小鳥のさえずりのようで本当に可愛らしい。
ミリアさんの太腿を押さえて顔をミリアさんの大事な部分へと近づける。
「あ…やっ…シ…シオンさ……」
気配を感じたのだろう。ミリアさんがわずかに抵抗した。もちろんそんなことはお構いなしだ。
ミリアさんの花にキスをした。唇よりもっとやわらかい秘密の唇は、かすかに辛いような甘いような味がした。
「あっ…はぁ…ふぅぅっ、あぁっ」
ミリアさんはため息のような声を上げた。
14 : 名無しさん@ピンキー2016/06/19(日) 23:23:01.57 ID:sqK71HnY
ボクは、ミリアさんの太腿を押さえつけるようにしながら、溢れる蜜を舌先で掬い取っていく。ねちゃねちゃと音を立てて、ひたすらねぶった。
「あ――あ……あ」
快感を訴えるミリアさんの声は、もはや悲鳴に近いものだった。
わざと音を立てて蜜をすすり、クリトリスを舌先で舐め上げると、ミリアさんはボクの頭を押すようなしぐさをした。
どっと愛液が溢れ、ミリアさんが大きく仰け反る。ミリアさんが身じろぐたび、ベッドが派手な音を立てた。
「ああッ!ああぁッ!!」
レインもヘレンもそうだったけど、やはりミリアさんもここが一番感じるようだ。ボクは肉の突起をきつく吸い上げた。
「ひ…ああッ!!」
興奮して鞘から顔を出している敏感なかたまりは、つるつるすべって舌先でとらえづらい。ボクは舌先で転がすとそのピンクの真珠はさらに硬くなった。
「ひあっ…シオン様ッ!!ああん゛ッ!!」
ミリアさんがむずがって嬌声をあげた。
引きつっていた腿の内側の筋肉がはっきりとやわらかくなっている。気持ちよさが緊張をほどいたんだ。
もっとだ。もっといやらしいことをして、ミリアさんをもっと悦ばせるんだ。
ボクの愛撫に、ミリアさんが反応することがたまらない。ひざを立てさせ、膣口に指を一本入れる。にちゅっと微妙な音がして、行き場を失った蜜がたらりと垂れた。
ミリアさんの花の内側は熱くとろけていた。みっしりと肉の合わさった複雑な形状の狭い小さな穴だ。
入れる指を二本にする。内側から蜜がじゅくじゅくと湧き出してくる。もう、男を、ボクを受け入れる用意ができつつあった。
ボクはうねくる太腿を押さえつけるようにしながら指を進め、にゅぐにゅぐ動かすと、やや広いところに出た。ボクは指先で処女膜をいじる。
「あっ――ああ……ああああ」
指を抜くと、そこには鮮やかな花が開かれ、花びらには透明に蜜がたたえられている。
ボクは花びらの両端をつまむと、くつろげて中を開いて見た。
ミリアさんの入り口はピクピクとひくつき、ボクが訪れるのを待ってくれている。
15 : 名無しさん@ピンキー2016/06/19(日) 23:24:37.86 ID:sqK71HnY
そろそろ頃合いだ。ボクはミリアさんの股を大きく割った。
ミリアさんを、女にするための、儀式。
最後の段階が来たことを悟って、ミリアさんの全身が震えていた。
「大丈夫?」
「シオン様…大丈夫です……少し…怖いだけで……」
何も入れたことのない場所に入れるのだから不安になるのは当前のことだ。
ボクはその上に重なる。
「優しくしてあげるからね」
「シオン様……」
必死の思いでその身を捧げようとする姿がたまらなくいじらしい。
レインもヘレンも目を醒ます気配はない。どちらかが気を失っている間、もう一人としていることは日常茶飯事だから、多少のことでは起きないだろう。
ボクは分身をそそり立たせた。そこにはまだレインやヘレンとHしたときの痕跡が残っている。
嫌かな、と思い、拭おうとすると、ミリアさんが言葉で制止した。
「気にしないでください……そのままでかまいません。むしろ、光栄です……」
「ミリアさん…」
ボクは横たわるミリアさんの脚を大きく割り、腰を浮かし加減にする。
大股開きのミリアさんにボクの興奮は最高潮に達しようとしていた。
指先で位置を探って、ミリアさんの濡れたピンクの亀裂にボクは硬くなった先端をあてがった。
「あ…」
ミリアさんは自分の入り口に温かな硬いモノが当たる感覚に声を上げた。
いわゆる先走りの液体が、いくつも玉になってボクの先端からこぼれている。
ミリアさんが欲しくてたまらない。別々の二つの肉体がもうすぐ一つになる。
処女のミリアさんの負担を軽減するための正常位の姿勢は、同時に喪失の瞬間のミリアさんの表情をこの目に焼きつけるためのものだ。
「いくよ」
ミリアさんの顔を伺うと、ミリアさんはこくんと頷いてくれた。同意を得たボクは思い切ってミリアさんにあいた孔へ、ゆっくりと挿入した。
16 : 名無しさん@ピンキー2016/06/19(日) 23:27:07.83 ID:sqK71HnY
誰も侵入したことのない初冠雪の肉体にボクは慎重に、慎重に踏み入れてゆく。
それだけで、ボクはミリアさんの中が男を溺れさせる危ない魔力に満ちていることを悟った。
「あっ…あっ……は……入ってきます……シオン様」
ミリアさんの口から絞り出すような声が漏れる。
ペニスの先端が処女の肉にくるまれて、圧迫される。張り付くような密着感を引きはがしながら、少しずつ中へ、中へと埋め込んでゆく。
ミリアさんの中は体温以上に熱く、とろけそうなほど火照っていた。
これまで、一度も侵入されたことのない肉の壁が、受けた抵抗を押し返そうとボクのモノを痛いぐらいに締めつける。本当にキツい。
押し進めるとさらに強い抵抗感に阻まれた。聖域を守る純潔の砦。
「はぁ、はあぁ、はぁ」
ミリアさんは眉根を寄せ、唇をわななかせ、呻きながら耐えている。涙が目尻から次々とこぼれ、唇を引き結びながらもなんとか我慢している。
早く終わらせた方がいい。
淫らな社交界の中で守られてきた純潔を、処女を、今、ボクが奪う。
ミリアさんと見つめ合い、頷き合って、そして……
「あああっ!!」
貫いた。
儚い悲鳴とともに、ボクははっきりと感じた。ミリアさんの処女膜が破れるのを。
確かな、貫通の感触。
歯を食いしばるミリアさんがおとがいを反そらした。その動きにつられて乳房もぷるんと揺れる。
ミリアさんの顔は苦痛にゆがんでいるのにひどく美しい。
初めて受け入れた男性器に驚いたらしく、ミリアさんの中がすごい勢いで収縮した。強烈な締めつけだった。
「うっ、くううっ」
ミリアさんの身体がはっきりと硬くなった。ミリアさんはボクの腕をぎゅっと握ってくる。
ミリアさんの膣壁は、熱くて、複雑な形をしていて、ボクにまとわりついてくる。
ボクはミリアさんの底へと身体を沈めていった。ペニスがミリアさんの粘膜を摩擦する。
じゅぶじゅぶと音がする。行き場を失ったミリアさんの蜜が、ボクが侵入した体積分溢れ出てきているのだ。
17 : 名無しさん@ピンキー2016/06/19(日) 23:33:24.57 ID:sqK71HnY
「あっ、シオン様っ」
声のトーンが変わった。必死なものを感じさせる声。ボクの腕を掴んでいる手に力がこもる。
手の下に感じるミリアさんの肌は、緊張して硬くなっている。ボクはミリアさんの柔らかいお尻の肉を掴んで、腰をじわじわと進めていった。
ボクの、ヴァンパイアの肉棒が、純粋な人間の女性へとゆっくりゆっくり吸い込まれてゆく。
「あっ、はあはあ」
ボクはミリアさんの奥の奥までを埋め尽くしてゆき、やがて、こつ、と何かにぶつかった。子宮口だ。レインはそうでもなかったけど、ミリアさんはヘレンと同じで膣の深さはそれほどではないみたいだ。
ボクのペニスが根元まで入り、二人の身体が完全につながった。ボクは両腕を立てて結合部を見た。
下半身ではボクたちの陰部のヘアがぴったりと合わさっている。黒と金色の絡み合いだ。
初めて“男”に踏み込まれたヴァージンの膣は、異物を押し戻そうと必死に拒んでくる。
純潔を散らしたミリアさんは目尻から涙の粒をぽろぽろ零した。でも、大丈夫。痛いのは最初だけ。
ボクの体液の媚薬効果は、従者だけでなく人間にも効果があるはずだ。そこは、クライアントと同じだから。
今はつらくても、これから、天国を見せてあげる。
「シオン様…」
ミリアさんは瞼をしばたたかせた。
「私、女になったんですね。シオン様の手で…」
「ミリアさん…」
「私…すごく幸せです。シオン様に処女を捧げることができて」
多くの男女の交わりを見てきたミリアさんにとって、いつ自分が喪失するのか、いつ自分が犯されるのかずっと不安だったのかもしれない。
ボクはその苦しみから彼女を開放できたのだ。
ミリアさんの微笑みに、甘くて切ない気持ちが胸いっぱいに広がる。血を吸いたい衝動に駆られるけど我慢だ。血の接吻をしたばかりだし、耐えられる。
あとは、ただひたすらに突いてミリアさんを登りつめさせるだけ。
18 : 名無しさん@ピンキー2016/06/19(日) 23:59:01.99 ID:9RkA2t/e

終わりか・・・残念
それにしてもこれ懐かしいな
これ妙にエロあって大丈夫かと思った記憶があるw
19 : 名無しさん@ピンキー2016/06/20(月) 00:06:50.12 ID:NLuceTEw
>>18
規制くらいました
試行錯誤中
20 : 名無しさん@ピンキー2016/06/20(月) 00:14:21.88 ID:NLuceTEw
ボクはミリアさんに覆いかぶさった。しっかり抱きしめると、ミリアさんもボクにすがりついてきた。
肩先に回された腕が小刻みに震えている。なめらかなミリアさんの皮膚は、しっとりと汗ばんでいる。
ミリアさんの柔らかい乳房が胸に熱い。乳房だけじゃない。ミリアさんの吐息も肌のぬくもりも膣内の体温もすべてが熱かった。
熱くきつい肉壁がボクをにゅぐにゅぐと締めつけてくる。ミリアさんの意思とは関係なく膣が動いているんだ。
ミリアさんの中の熱さを感じながらボクはしばらくじっとしていた。ミリアさんの声に痛みのトーンがないとわかるまで。
「あっ――ああ……あああ」
ミリアさんの息遣いがようやく落ち着いてきた。
「少し、動くからね」
できるだけ、やさしい声で言い、ゆっくりと律動を始めた。
ペニスの先端部をミリアさんの奥から退けてゆき、再び、奥へとゆっくり侵入していく。
「あっ…ああああ」
自分の中心に進んでいく痛みにミリアさんは声を上げて悶えた。
ボクはゆっくり、ゆっくりと自分のモノをミリアさんの中でピストンさせた。その度に、ミリアさんの身体が仰け反った。
それでも、何度も繰り返すうちに、ボクたちの動きはスムーズになっていった。
ミリアさんの中から溢れる液体が徐々に多くなり、それが潤滑油の役割をしてボクの動きを滑らかにする。
「あ、ああ……ああ〜」
ボクの動きに合わせてミリアさんの身体が揺れる。全身から汗が流れ、豊かな乳房が身体の動きに合わせて弾む。
21 : 名無しさん@ピンキー2016/06/20(月) 00:17:09.46 ID:NLuceTEw
「ミリアさん、もっと動くよ」
ボクはミリアさんの耳元でささやいた。
「はい、シオン様……、シオン様の好きに…なさって、くだ、さい……」
痛いほどにきつく締まるミリアさんの膣内で、ボクはちょっと乱暴に抜き差しを始めた。ボクの体液を早くミリアさんの胎内になじませるために。
襞に押し付け、膣を擦りたて、子宮を突き上げる。
だんだん快感が膨らんできた。
ミリアさんは喉で鳴き、膣壁がきゅうっとしまる。結合部からにちゅにちゅと淫らな音がした。
「あ――はぁぁ、シ…シオン様ァ……気持ちいいです」
効果が出てきたみたいだ。レインやヘレンにはすぐに効果が出たけど、やっぱり人間の女性だと効くまで少し時間がかかるみたいだ。
「あぁ、私の中が……中が……熱いです……」
ミリアさんの吐息はすごく甘くて、耳心地が良い。
ぎしぎしとベッドが鳴り、すぐそばで気を失っているレインとヘレンの裸が揺れているのが見えた。
結合部からの微妙な音とその上に重なるミリアさんの甘い喘ぎが重なって淫らな交響曲が奏でられる。
結合部を見ると、ミリアさんの割れ目に張りつめたボクのペニスが植わっているのが見て取れた。
ミミズのような血管を浮かせたボクのペニスがミリアさんの中から生えている。
あわあわしたヘアを透かして、割れ目がいじらしく口を開け、ボクのモノを咥え込んでいる様子がはっきり見える。
そして、ボクのモノには赤い血の筋がはっきりとついていた。紛れもない破瓜のしるしに、ボクは異様なほどの興奮を覚えた。
それは、ミリアさんの初めての男になったという興奮だけではなく、ヴァンパイアの本能にボク自身が逆らえないことを意味していた。
気分がうわずって、だんだん動きが激しくなる。
もう我慢できない、とボクはその血を指で掬い取り、舌になじませた。その瞬間、あまりの甘美な味わいに身体じゅうに電流が走り抜けた。
牙を突き立てて吸った血でないのに、この味わいは何なのか。ボクはたちまち登りつめそうになって、あわてて動きを止めた。
22 : 名無しさん@ピンキー2016/06/20(月) 00:20:58.54 ID:NLuceTEw
「……シオン様?」
ミリアさんは快感にくもった瞳でボクを見返した。
「出しそうになったんだ」
すると、ミリアさんは優しい目をしてボクの腕を掴んできた。
「出してください…私の中に……欲しいです。シオン様の……」
「でも……」
「たとえ…たとえそうなっても……シオン様にご迷惑はおかけしませんから……」
「そんなこと……」
「欲しいんです……お二人と同じように……」
ヴァンパイアと従者はそれぞれ互いに赤い血と白い血を交換する。白い血は精液のことだ。それが血の接吻。でも、人間の女性の中への射精は受精・妊娠の可能性を伴う。
ボクは迷った。けど、決めた。
「わかった。ミリアさん。ミリアさんの中で出すよ」
それが、ミリアさんの望みならば。ミリアさんを苦しみから解放するのなら。
正しい行いのはずだ。
「はい。私の中へ……存分に……」
こうなれば、もう遠慮はしない。
身体だけじゃなく、心も一つにしたい。ミリアさんと、一緒にイきたい。
ミリアさんのすべてを、ボクで真っ白に染め上げたい。
ボクはミリアさんの身体を抱え上げ、ベッドから降りた。
「シ…シオン様?」
ボクは近くにあった大きめのテーブルにミリアさんを乗せた。ボクもその上に乗る。
白いシルクのテーブルクロスに皺が寄った。ベッドより断然バランスは悪いけどこっちの方が思い出に残るだろう。
「こ…こんな……はぁぁ――ぁ…ぁぁ…」
ミリアさんがくぐもったうめきをあげると結合部がねちゃりと大きな音を立てた。膣壁がざわざわと動いてボクのモノを締め上げていく。
ボクはたまらなくなって、激しく動き出した。テーブルがガタガタと音を立てる。
もうレインとヘレンの二人が起きるかもなどという考えは吹き飛んでいた。
「ああッ、ああッ、ああン゛ッ!!す…すごいッ……シオン様ァッ!!」
何度も往復するうちにミリアさんの膣壁がボクのペニスにまとわりつく感覚が強くなった。
ボクはもう冷静な判断ができなくなっていたようだ。ただただミリアさんに夢中だった。
すると、ボクの頭の中にミリアさんの声が聴こえた。
――シオン様…こんな私でよかったら……シオン様に…私をもらってほしい……――
気のせいなのか。ボクの願望なのか。それとも……
ボクの胸は切なくて苦しくなった。
これほど美しく、まっすぐな女性がボクの女(もの)になりたいと思ってくれるのであれば、その望みをかなえてあげたい。
でも、ボクの女(もの)になるということは、人間を捨てるということだ。そんなことはできない。
だから、ボクは、ボクの想いを全力でミリアさんにぶつけることにした。
23 : 名無しさん@ピンキー2016/06/20(月) 00:27:16.60 ID:NLuceTEw
ボクはミリアさんから身体を引いた。結合部が離れる。姿を現したペニスはミリアさんの蜜でとろとろに潤っている。
「あァッ、シオン様ァ…そんな……」
すぐにミリアさんが泣きそうな声で叫んだ。
「ミリアさん、バックからしてあげるね。うつぶせになって、お尻をつきだしてごらん」
「こ、こうですか?」
ミリアさんは肩で息をしながらもなんとか体勢を変えてくれた。ミリアさんの可愛いお尻がボクの目の前に突き出される。
「うん、いくよ」
ボクはうしろから、ミリアさんの腰を掴み、挿入した。バック、いわゆる後背位での結合だ。
しぼりとられるようなキツさはあったけど、一気に根元まで埋まった。今度はボクのヘアがミリアさんの可愛らしいアヌスと接触した。
「あ〜ッ、シオン様……!!」
ミリアさんが甘さたっぷりの嗚咽をする。ボクは本能の赴くまま、腰を突いた。
ひと突き、ひと突きに、ミリアさんの身体が躍動した。
背筋をククッと反らし、突き上げたお尻を震わせ、指を噛んだかと思うと、すすり泣きながら髪を振り乱す。
見ているだけでも、刺激的で愛らしい裸体だった。
それに加えて、秘部の締めつけも甘い味わいをどんどん増している。
あたたかく包み込んだ内部が、ボクの分身に吸い付くように密着して、さらに波打つように締めつける。
甘い蜜がたっぷりと付着してボクのペニスに絡みつき、ボクをとろけさせる。
「ああッ、すごい……シオン様、ああッ……わたし……わたし……」
ボクはのしかかるようにして動きを速めた。ミリアさんの動きとボクの動きが、完全に一致した。
24 : 名無しさん@ピンキー2016/06/20(月) 00:33:39.35 ID:NLuceTEw
ミリアさんの産道に入れては抜き、入れては抜き、を繰り返すと、ミリアさんの胎内からじゅくじゅくと蜜が溢れて漏れてゆく。
腰がぶつかる音が部屋に響く。ボクはもう射精寸前だった。
「も、もう…ダメです…シオン様ァ!!」
ミリアさんが悲鳴に近い声を上げた。ミリアさんも絶頂が近いみたいだ。
膣がきゅきゅっとペニスを締め上げてくる。レインがイクときの前兆と同じだ。
「あっ、ああああ――」
身体を震わせ、くくっと喉が鳴り、ひときわきつい締めつけが来た。
もう、本当にイキそうなのかもしれない。ボクももうこれ以上持ちそうにない。精巣から湧き出る快楽を、ミリアさんへの感謝の気持ちとして、今、放つ。
「あっ、ミリアさん、出るっ、出すよっ!!」
「はいっ、くださいっ、私の中に、シオン様のっ!!……あアアア――!!」
爆発した。
ペニスの先端からミリアさんの中へ、ドクドクとボクの想いを注ぎ込む。
ミリアさんの膣にボクの精液がまき散らされ、襞々の隅々まで満たしてゆく。乳液の弾丸が胎内を打ち抜くと、ミリアさんはひときわ高い悲鳴を上げた。
膣全体が収縮し、ボクを締め上げた。もっと欲しい、もっと欲しいと言わんばかりに。
ミリアさんの中の、赤ちゃんの部屋に注がれていくボクの白い血。
ミリアさんの身体が崩れ落ちた。ミリアさんという聖杯に、最後の一滴まで白く濁った情欲を注ぎ、その器をいっぱいにする。
ボクもミリアさんの背中に身体を預けた。
「はあはあ」
「はあはあ」
お互い、息を荒げていた。
25 : 名無しさん@ピンキー2016/06/20(月) 00:47:12.01 ID:NLuceTEw
「ああ…私の…中に、シオン様の……」
「わかる?」
「はい…わかります。シオン様の先端が膨らんで…私の奥にシオン様の熱い想いが入ってきて…」
ミリアさんの肩越しに見える横顔が眩しい。
「今、私の子宮の中がシオン様でいっぱいになっているのですね。ああ……私、幸せです……」
ボクとミリアさんの間の隙間は二人の体液で満たされている。その感触がすごく心地いい。
名残惜しかったけどいつまでもこうしているわけにはいかない。もうすぐ、レインとヘレンの二人も起きるだろう。
ボクはミリアさんの中からペニスを抜き出した。
「ああっ」
抜き取ったペニスには白や透明の体液と混じって、赤いものも混じっていた。
テーブルクロスにミリアさんから溢れた粘液がぽたりぽたりと零れ落ちる。それは、ボクの白い血とミリアさんの破瓜の赤い血が混ざってピンク色に見えた。
ミリアさんには大分つらい負担をかけさせてしまった。うつ伏せのままミリアさんはずっと汗まみれの身体を痙攣させて、乱れた呼吸を何とか整えようとしている。
ボクは、せめてものお詫びに、とミリアさんを仰向けにして顔中にキスをした。
一つ一つ触れる場所を変えながら、ボクの胸には愛おしさが溢れていた。
涙にぬれたミリアさんの視線が、ボクの視線と交差して、ボクは激しくときめいた。
ミリアさんの精いっぱいの笑顔は、ミリアさんも同じ気持ちなのだということをボクに確信させた。
26 : 名無しさん@ピンキー2016/06/20(月) 00:54:42.89 ID:NLuceTEw
こうして、ボクたちは結ばれた。
レインとヘレンは結局ボクとミリアさんがしたあともしばらく起きなかった。
ミリアさんはボクたちのことを気遣って、事を終えたあとすぐにテーブルクロスを片付け、服を着て何事もなかったようにしていた。
痛みはボクの精液で何とか抑えられても、疲労はそうはいかない。それなのに、ミリアさんは…
ボクはミリアさんの配慮に甘えて、レインとヘレンの間で休んでいたようにふるまった。
目が覚めたレインはミリアさんが上気していたのに気付いたみたいだけど、ミリアさんが、皆様の踊りがあまりにもステキだったので思わず自慰行為をしてしまいました、と言ったらそれを信じてちょっと気恥ずかしそうにしていた。
ヘレンも何か言いたそうにしていたけどボクがキスをしてあげたらそっちに夢中になって黙ってしまった。
こうして、ボクとミリアさんの性行為は二人だけの秘密になった。
ボクは浮気をしたんだろうか。でも、レインやヘレンが大切な気持ちは少しも変わっていない。ボクはただ、ミリアさんを救いたかっただけだ。
こういうのを行きずりの関係というのかもしれない。もちろん、ボクはあのとき真剣だったし、ミリアさんを大事にしたつもりだ。
ボクは昨日のことを思い返しながらベンチで隣に座っているミリアさんを見つめていた。ミリアさんは落ち着いた服装のせいか、昨日よりもずっとバージンのように見えて不思議な感じがした。
ミリアさんとのHは鮮明に覚えているのに、どこかであれは夢だったんじゃないかとも思える。
心も身体も一つになった相手なのに、どこかミリアさんを遠く感じてしまう。ボクは本当にこの女性と結ばれたのだろうか。
27 : 名無しさん@ピンキー2016/06/20(月) 00:56:37.47 ID:NLuceTEw
ミリアさんは涙ぐんでいた。
「シオン様は私の願いをすべてかなえてくださいました。なのに―…私は…結局…何もできませんでした……。レインさんが村の男性に迫られた時も私―…怖くて何もできなかった……」
ミリアさんはスカートをぎゅっと握った。その手に、ミリアさんの涙が零れ落ちる。
ミリアさんがどれだけ責任感が強い人なのかがわかる。
「ミリアさんがサイファさんに助けを求めてくれたからレインは助かった…」
「シオン様」
「ミリアさんには感謝してるんだ。ボクの手は血で染まっている。ボクにかかわって多くの人の血が流れてきた。とても多くの―…そしてボクは二人の女性の血まで流し続けさせている」
不思議な気分だった。こんなことを純粋な人間の女性に話すなんて。それをさせる力がミリアさんにはあるのだろうか。
「だけど―…これ以上人の血を流さないで済むのなら、愛する女性(ヒト)の血を飲みながらヤツらと戦うことが出来る!」
「――……」
ミリアさんは黙ってボクを見つめていた。そして、ゆっくりと言葉を紡ぎだした。
「私―…シオン様のこと待ってます。ほんとは……私も連れて行ってもらいたかった……お側においてもらいたかった……」
ボクはミリアさんの言葉に動けなくなっていた。
昨日、交わっているときに聞こえた声は気のせいじゃなかったんだ。ミリアさんの心の声を、ミリアさんの身体がボクに訴えていたんだ。
「ごめんなさい。変なこと言って……。わかってるんです。シオン様にとって私は立ち寄った村の村人にすぎないってわかってるんです」
ミリアさんは空を見上げていた。それでも目尻からは涙が零れ落ちていた。
ボクがしたことは間違っていたのか?いや、そんなことはないはずだ。ミリアさんと結ばれたことが間違いなんてあるはずがない。
立ち寄った村の村人にすぎない、確かにあのときはそうだったかもしれない。でも、今は……違う。そう、違うんだ。
「私の話を聞いてくださってありがとうございました。シオン様」
ミリアさんがベンチから立ち上がり、ボクを見つめた。
いいのか?このままでいいのか?
28 : 名無しさん@ピンキー2016/06/20(月) 00:58:26.63 ID:NLuceTEw
「もし、また近くまで来たらいつでも立ち寄って下さい。その時は今よりもっとしっかり生きていますから。きっと!シオン様にふさわしい女になっています」
ミリアさん。そんなこと言わないで。貴方は今だって……
「待ってますから。十年でも二十年でも」
そう言うと、ミリアさんは顔を近づけてきた。
一陣の風が吹き、街路樹の木の葉が揺れる中、ミリアさんはボクに優しいキスをした。
ボクはそれを黙って受け入れていた。
ミリアさんの舌が動いてボクの舌に絡みついてきた。ボクが教えたキスのやり方。
けじめのつもりなのだろう。
ボクの舌を吸って、唾液を注ぎ込んでくる。
「ん゛っ……」
ミリアさんは少し苦しそうだ。上手くはないけど、精一杯の思いが込められていた。
1分ほど経ったあと、名残惜しさをこらえるかのようにゆっくりとミリアさんの唇が離れた。
ボクたちの間に唾液の糸が張り、そして切れた。
「私のこと忘れてくださってかまわない……でも、もし……もしも私にお役に立てることがあればいつでも呼んでください。地の果てへでも、私……行きますから」
ミリアさんの綺麗な涙が頬を流れ落ちている。ボクの胸が刺さるように痛んだ。
「血の契約は結んでなくても私は……シオン様の女(もの)です」
「ミリアさん…」
ボクは、なんて美しい女(ひと)だろう、とミリアさんに見惚れていた。
外見だけじゃなく、その心の美しさにも。
ボクは無意識に右手でミリアさんの左手を取り、指をからませた。
「あっ、シオン様ァ」
ボクはベンチから立ち上がると、そのままミリアさんの手を引き歩きだした。
ミリアさんは少し驚いていた。意外な行動だったのだろう。
ボク自身も驚いていた。自分がこんな行動を取るなんて。
ボクは何も言わなかった。どこへ向かっているのか。
ミリアさんも何も聞かなかった。不安もあっただろうに。
ボクにすべてを任せてくれているのだ。ボクはそのことに嬉しくなり、歩くスピードを速めた。
向かった先はトイレだ。今朝、レイン、ヘレンと一緒にいた場所。血の接吻を行った場所だ。
本当はちゃんとした部屋とか探した方が良かったんだろうけど、ボクはそんな時間すら惜しかった。
ボクのわがままだ。
一刻も早く、ボクはミリアさんと、もう一度したかったんだ。

おしまい
29 : 名無しさん@ピンキー2016/06/20(月) 01:10:38.44 ID:NLuceTEw
途中2種類の規制に引っ掛かりましたが何とか投下予定の範囲を内容を変えずに全部できました
原作単行本の通りだとこのあとトイレでやって、ヒロイン二人の買い物シーン、敵のレズシーン、
ホテルに移ってベッドで本日6回目のミリアとのHの事後、浴室でシャワーを流しながらまたH、最後にもう一度ベッドでしようという会話、駅でヒロイン二人と再会に続きます
部分的にはこれらも書いているんだけど、計8回のHシーンとなるとバランスも考えなければいけない気がして
この日1回目のトイレHはまだ投下を控えます
30 : 名無しさん@ピンキー2016/06/20(月) 07:01:39.32 ID:OpNx8OMl
乙でした
八回とか凄いなw
31 : 名無しさん@ピンキー2016/06/20(月) 17:26:54.67 ID:ypNL8TEQ
乙でした
出来れば、「名前」の欄に題名とか作者名を書いといた方がいいと思う
32 : 名無しさん@ピンキー2016/06/21(火) 11:21:17.16 ID:T6x3+W//
乙であります!
33 : 名無しさん@ピンキー2016/06/29(水) 13:14:47.31 ID:tu9Pz00R
このスレ、人少ないんだな
34 : 名無しさん@ピンキー2016/07/12(火) 20:26:48.58 ID:OOc3YcGI
age
35 : 「日向あかり×不破聖也」2016/07/12(火) 22:48:03.87 ID:OOc3YcGI
C それから2日後
日向「この前は有難うございました。お礼をしたいんで、今日、そちらへ
伺っていいですか?」
不破「お礼なんていいのに・・・、じゃあ今日の夕方5時ぐらいに僕の下宿先
でどうかな?」
日向「わかりました」

通話を終了すると、日向はこの前の「お礼」として、手頃な価格のお菓子を
買いに行くことにした。お礼の意味もあったが、昔七瀬くんをいじめていた
不破くんと会うのはこれきりにしよう、という意味でのけじめでもあった。
会いに行きたくて会いに行くのではないのだ。
そう、そこで終わりに出来てればよかったのだ。

あかり(そういえば、私、男の子の家に行くのは初めてなんだよね・・・)
36 : 「日向あかり×不破聖也」2016/07/12(火) 23:14:30.54 ID:OOc3YcGI
D 夕方4時55分頃、以前貸してくれた傘を持ち、不和君のアパートの部屋
 に行くと不破くんが出迎えてくれた。
  不破「悪いね、日向さん、お礼なんていいのに」。私はそのまま帰るつもりだったが
 「まあ、お茶でも飲んでいってよ」と止められた。霧崎さんと違って、本当に変わったんだ・・・。
  
  そして、2人で無言でお茶を飲んでいると、ドアを叩く音が聞こえていた。
  不破くんがドアに立ったとき、無言で3人の男の人たちが乗り込んできたのだ。
  そして、その中の一人が目が合うなり突然不破くんの腹に拳を入れてきたのだ。
  不破くんは不意をつかれ、まともに食らってしまいうずくまった。
「お前の親父がここに来てないだろうな?」
  蹲った不破君の顎を思いっきり蹴り上げて言う。
  「文句なら、親父に言えよ。借金を作ったお前の親父によ。」

  仰向けに倒れた不破くんの腹を、思いっきり振り上げた足をそのまま振り下ろす。
 「ぐはっ」踏みつけた足を、捻るようにして回す。痛みは想像を絶する。
  
 
37 : 「日向あかり×不破聖也」2016/07/13(水) 00:02:47.12 ID:mKCFqtaw
E 日向「止めてください、何してるんですか!あなたたち」
  私は、その男達に叫んでいた。高校時代に夜野さん、アイドル合宿時代に
 春川さんを助けたことで、私には自信とも言えるものがあった。
  男の一人が言った。
 男B「こいつの親父、俺たちのところからかなりの額を借金してるんだよ、借りるだけ
 借りてバっくれやがった。こいつの所に来てないか、俺たちは抜き打ちで検査しに
 きてるだけよ」そう言うと、その男は不破くんの髪の毛を鷲づかみにし引っ張り上げた。

  日向「でも、彼には関係ないことでしょう?」 
  男A「さっきから気になってたけど、あんた、こいつの何?彼女?あんたが
 こいつの親父の借金を返してくれんのかよ?」
  男Aはまるで値踏みするように私を見ると、私を壁際に追い詰めて手を壁にドンと突いた。

 不破「やめてください、その人は関係ないでしょう!」
  男B「お前は黙ってろ!」そういうと、男は不破くんの顔面を床に打ち付けた。

  男A「あんた、パッと見は地味だけど、よく見れば可愛い顔してるよね。
    その身体でこいつの親父の借金、あんたが返してくれるの?
その覚悟があんの?ねえ!」 あかりは半泣き状態になっていた、
  ただ、男Aから目を逸らさないだけで精一杯だった。
 
38 : 「日向あかり×不破聖也」2016/07/13(水) 00:31:17.07 ID:mKCFqtaw
F 男A「ちっ、今日はもうやめだ、オメーら帰るぞ。」  
  男は壁から手を離すと、あかりを解放した。
  男A「聖也、オヤジが来たらすぐ俺たちに報告しろよな」
  そういうと、男Aは残り2人を連れて帰った。
 
  男たちが帰ると、緊張感から解放されてへたりこんだあかりを、不破
 が駆け寄って、椅子に座らせた。
  不破「ごめん!日向さん、こんなことに巻き込んで」
  
 あかりは聖也の傷の手当をしながら、@聖也の父親が彼らから借金をして
 いた事 Aそのせいで家族が離散した事 Bさっきの連中は連絡なしで聖也の
 所へ来ていることを聞いた。

 不破「僕がこういう目にあうのはしょーがないよね、七瀬くんにしたことを考えれば」 
 そう言うと、不和は自嘲気味に笑った。
 日向は思った。
 日向「(見た目だけでチヤホヤされることにしがみついてる霧崎さんと違って、
 本当に不破くんは変わったんだ・・・・)」

 日向は、トイレに閉じ込められ、霧崎が夜野を虐めているのを外から聞いたときに、
恐怖で動けなかった自分の足元に、勝手に鞄からカメラが出てきた事を思い出した。
 「これで、夜野さんを救え」

 あかりは、過去を悔やんで反省し、そして今度は苦しんでいる不和を見て見ぬふりを
してはいけないような思いに駆られていた。それが「七瀬が自殺するのを止めずに、
その瞬間をカメラに収めてしまった自分」の償いのような気がしていた。
39 : 名無しさん@ピンキー2016/07/13(水) 00:32:39.90 ID:mKCFqtaw
前スレ終盤の「煉獄のカルマ」の「日向あかり×不破聖也」の続きです。
日向と不和が男女の関係になるのはもう少し後かな
40 : 名無しさん@ピンキー2016/07/19(火) 15:45:03.66 ID:OL+5mTKa
このスレ、あんまり需要ないのかね?
全然作品が投下されない
41 : 名無しさん@ピンキー2016/07/21(木) 15:32:44.16 ID:mDy/DR2k
age
42 : 名無しさん@ピンキー2016/07/26(火) 10:06:38.83 ID:xAf+M0G6
age
43 : 名無しさん@ピンキー2016/08/04(木) 01:03:41.47 ID:KPKd8SgR
あげ
44 : 名無しさん@ピンキー2016/08/04(木) 09:58:39.46 ID:yAg5JG4u
「煉獄のカルマ」の続きをあげたいけど、レイプ描写はOK?
45 : 名無しさん@ピンキー2016/08/05(金) 22:01:33.07 ID:URCZmmz5
別に良いんじゃね
46 : 名無しさん@ピンキー2016/08/05(金) 23:15:18.16 ID:T6c9vvPA
つーか、誰もこのスレ読んでねえよ
47 : 名無しさん@ピンキー2016/08/17(水) 21:43:08.15 ID:lqfvWgk7
あげ
48 : 名無しさん@ピンキー2016/08/25(木) 11:53:08.54 ID:VeJNnit2
age
49 : 名無しさん@ピンキー2016/09/01(木) 09:48:56.82 ID:wbXlduvN
「日向あかり×不破聖也」の流れはレイプ展開ありで頭の中では完成してるんだが、
文章にしにくいので終わりにさせてもらいます。文才がないのが悔しい
ほかの作者さんはがんばってね
50 : 名無しさん@ピンキー2016/09/12(月) 01:05:11.31 ID:2NKu3RtS
age
51 : 名無しさん@ピンキー2016/11/07(月) 00:31:51.78 ID:wal9lxrf
あげ
52 : 名無しさん@ピンキー2016/11/13(日) 19:50:18.00 ID:3IpFXOmh
誰も書かないのね
53 : 名無しさん@ピンキー2016/11/20(日) 01:19:42.52 ID:PYS2+Hh0
昔セックスした男の遺伝子はビッチの体内に残り続ける


■セックスでY染色体を獲得
 遡ること2004年、この謎に迫るべくアメリカの「フレッドハッチンソンがん研究センター」で、男児出産経験のない120人の女性を対象に
調査が行なわれた。被験者の女性たちの血液細胞を調べてみるとやはり、男児出産経験がないにもかかわらず、21%の女性がY
染色体を持っていることがわかったのだ。
54 : 名無しさん@ピンキー2016/12/08(木) 12:32:48.42 ID:RYbt0Fdw
あげ
55 : 名無しさん@ピンキー2016/12/19(月) 12:31:53.10 ID:HjGOacgl
あふぇ
56 : 名無しさん@ピンキー2017/01/24(火) 19:42:42.00 ID:HukC8EQY
以前煉獄のカルマのスレで希望されてた七瀬×霧咲のSS、ようやく完成しましたので紹介させていただきます。
まだ需要があれば、どうぞご覧ください。
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7738966
57 : 名無しさん@ピンキー2017/01/26(木) 01:14:17.58 ID:9ceFlJdO

ぶっちゃけ、日向×不和の方が読んでみたい
あと、新スレ出来てますよ
【廣瀬俊】煉獄のカルマ CASE10【春場ねぎ】

http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1485323266/l50
58 : 名無しさん@ピンキー2017/01/31(火) 00:25:25.92 ID:0m5Ec9n9
このスレ、人いないのかよ
59 : 名無しさん@ピンキー2017/02/03(金) 21:28:40.38 ID:e8Cfiman
age
60 : 名無しさん@ピンキー2017/02/21(火) 23:53:59.20 ID:P4bV3RWg
このスレ、需用なかった?
61 : 名無しさん@ピンキー2017/05/14(日) 03:53:11.97 ID:jyjW1YHh
ade
62 : 名無しさん@ピンキー2017/06/22(木) 23:20:44.53 ID:Bc94XqnY
原作のエロ部分を文章化するのはあり?
63 : 名無しさん@ピンキー2017/08/12(土) 23:27:07.22 ID:pUYw76dW
今期の新作でエロパロがでそうなのはないのかよ
64 : 名無しさん@ピンキー2017/09/14(木) 01:02:07.17 ID:ipsAnoXy
あqqq
65 : 名無しさん@ピンキー2017/09/14(木) 01:07:54.53 ID:ipsAnoXy
もうそろそろ新作のエロパロが投下されてもいいころですよ