完全拘束・超拘束に萌える 13 [無断転載禁止]©bbspink.com

78 : 鉄と鍵の学校生活 ◆4FD0gY3lXc 2017/01/18(水) 00:10:08.07 ID:ZxhV2v+Q0
16−3
結局。
私は押し負けてボーリングに連れてかれた。
「まずは私からだね。そりゃー!…ってうわ!パンツ見えちゃったかも?あはは!」
「…思いっきり見えてた。青葉はもう少し恥を知るべき」

…どうやら、私は想像以上にピンチみたいだ。球を投げる時に感じる快感だけだと思ってたのに。
青葉はパンチラですんだけど、私は貞操帯チラだ。見えた瞬間変態扱い。
それに、貞操帯が見えるまでスカートが上がらなくても、腿枷が見えちゃう。
相当気を使わないといけない。

…えっ?腿枷?
そうだった。腿が開けないんだった。
腿枷がついてると悟られないようにしないといけないから、腿を開かずに自然とボーリングしないといけない。
「違うよ玲奈、もっと腰下ろして…」
青葉のやつ、直接身体に触れて指導してる!
ヤバいよこれ!ハードモードすぎるよ!
腿を開かずに、青葉が教える必要がないレベルでボーリングしないといけない。
それもパンチラもとい腿枷チラと噛み締めてるディルドに気を使いながら。
「次!早苗の番だよ!」
ヤバい!あの子目がキラキラしてる!私に教えたくて教えたくてしょうがないんだ!
…覚悟を決めていくしかない!
「あ、違うよ!もっと股開いて腰落として!」
「ちょ、やだ、待って!」
青葉の手が貞操帯のベルトの部分に伸びてきた!