性欲が止まらない斉藤由貴を白目泡吹きさせるプレイ [無断転載禁止]©bbspink.com

1なんの因果かま○この手こき2018/05/08(火) 17:02:51.65ID:TxykAEpO0
どんな変態プレイなら満足するのでしょうね?

2名無しさん@ピンキー2018/05/08(火) 18:07:57.74ID:???0
まず斉藤由貴を馬小屋に連れて行きます。
オラシオンはもうたたないので
二世を連れて来ます、

3名無しさん@ピンキー2018/05/08(火) 20:41:30.51ID:vcmej1Gd0

4名無しさん@ピンキー2018/05/10(木) 21:39:11.86ID:???0
>>1
どんな変態プレイなら満足するとおもいます?

5名無しさん@ピンキー2018/05/11(金) 00:08:18.02ID:???0
けっこうSかもねぇ。

6名無しさん@ピンキー2018/05/16(水) 15:25:42.26ID:???0
導電性のバイブをマ○コとアナルに挿入して両穴間に電気を流す。

7名無しさん@ピンキー2018/05/25(金) 00:38:01.12ID:Sbrk0VpH0
「まずバラエティをとTV局が言ってきたとしても、事務所はまず映画ドラマだけにとどめるべき。」

彼女は普段でも強い営業スマイルや上手な社交辞令が全く言えない人ですから、たしかに今の時期において、バラエティーは危険だと思います。
自分自身は、決まりきった定型美辞麗句よりユニークで率直な由貴さんの発言は面白いとは思いますが、
受け取る相手が悪意なら言葉の端々を抜き取って、自分たちに都合のいいように変えて、拡散してしまう。
ドラマ・映画でどうしても必要な場合はやむをえないですが、できる限り慎重にするべきだとは思います。

3度のことは前からも自分が持論で述べているように、彼女にほとんど罪はないと思っていますが、
ここまで誇張されて拡散されてしまった現在、ここから事件前に持ち直すのはとても難しいとは思っています。
でも希望があるとすれば
是枝監督がカンヌのパルムドールを取りました。
日本アカデミー賞も最多でしたし、これで日本の現役の監督としては第一人者と認められたと思います。

こないだ見た日本のドラマベスト1の選出では「あまちゃん」の宮藤さんが、
また大河ドラマベスト1は「真田丸」の三谷さんが、そして女流を含め多数の脚本家、製作者が彼女に目をかけてくれている。

こないだ「斉藤由貴は脚本家や監督にファンがいて、得をしている。不公平だ。」というような内容の話がありましたが、
それは逆だと自分は思います。由貴さんの良さを見抜ける人だから、良い脚本家になった。良い監督になった。

永遠の文学少女で、発達障害の部分があり、健全な母親でありながら、狂気も併せ持ち表現できる彼女の特性を理解できる。
残された希望の灯が続いていくことを切に願います。

元マネージャ急死が今頃になってやたらツイッターに流れていますが、あくまでも「元」マネージャ。
今は担当が変わっています。
その現在の担当タレントのことは、何もニュースにならないのに、由貴さんのは「元」なのにトップニュース。

よっぽど気に入られているのか、いじめようとしているのか、ニュースバリューがあるのか。
中には死者を使って印象を良くしようとしているなどと言う人までいて迷惑です。
以前お世話になった人なら大涙するのは当たり前で情が厚い証拠。
「オファーが多くきている」が早く具体化すれば良いのですが。

8名無しさん@ピンキー2018/05/25(金) 00:41:19.91ID:Sbrk0VpH0
女性自身の記事です。
とても擁護してくれているとは思いますが、反発を招かねば良いが。

「あまりテレビを観ないんで、お母さんのイメージがわかないんです。最近観たお母さんのテレビ(出演)が記者会見だったので……(笑)」
娘の天真爛漫な発言に思わず苦笑いの表情を見せていた、女優の斉藤由貴(51)。
5月16日放送の『1周回って知らない話』(日本テレビ系)に斉藤がゲスト出演し、大学1年生の長女(18)もVTRで登場したのだ。
斉藤といえば、昨年8月に50代医師との“W不倫”が『週刊文春』に報じられた。
9月の会見では、当初否定していた不倫関係を一転して認めたことが衝撃を呼んだ。そして、あれから9カ月――。
冒頭のように長女が語り始めると、スタジオは笑いに包まれた。斉藤も不倫のことをネタにできるまでにすっかり回復したようだ。
また番組では、長女が斉藤から「普通のお母さんのほうがいいよね?」と聞かれ、「普通のお母さんより今の若干スリリングな方がいい」とフォローしたことを告白。
VTRが終わるとスタジオの斉藤は「ありがたいと思っています。たくさん迷惑をかけているので……」と目に涙をためていた。
「今回の母娘共演ですが、実は斉藤さんサイドは局からのオファーを1度断っているんです。
斉藤さんとしては一般人である娘がテレビに出ることに抵抗があったようですが、長女自らが『もう1度、輝いているママを見たい!
そのためならテレビに出てもいい』と、出演を決めたそうです」(番組スタッフ)
それだけでなく、“女優生命の危機”を救ってくれたのも、この長女だったという。
「不倫騒動の影響で大河ドラマ『西郷どん』とCM2社の降板が決まったころ、斉藤さんはかなり憔悴していました。
『もう女優は引退かな……』と家族に漏らしていたこともあったそうです。
自宅で1人落ち込む母を見た長女は『やっぱりママには女優しかない!』と思い立ったのだとか。
家族会議を開き、『ママ、女優を続けて!』と直談判。
斉藤さんは『長女には本当に頭があがらない』と感謝していたといいます」(テレビ局関係者)
子に過ぎたる宝なし!?

9名無しさん@ピンキー2018/05/25(金) 00:41:36.50ID:Sbrk0VpH0
「この女アホやな」そう思ったら、何でアンチのスレを立ち上げ、そこに記載しないのか。
そう思うのは勝手だが、それを何で擁護のスレにわざわざ書き込みにくるのか。
それがわかりません。いやがらせするのが嬉しいのだろうか。悲しいです。

「かつてあらゆるアンチスレに書き込みしまくってた奴が」
以前にもお話しましたが、もう一度説明します。
残っているいくつかのスレで確認してください。
自分がいろいろなアンチスレに書きこみしたときはこの場合だけ、
それは由貴さんの名のほとんどのスレに「斉藤由貴が尾崎豊を殺した」と書く悪辣な者がいて
それを打ち消すように記載しました。(そのスレの前の方を見てください。必ずその言葉があるはず)
誹謗中傷何でもありの5ちゃんねるの世界でも、それは書いてはいけないと思う。

そして現実は正反対、由貴さんは女優生命どころか命にかえても尾崎さんを守ろうとしていた。
これを読んでいる人たちの中でも自分の命をかけて、人を救おうとした人は何人いるだろうか。
あの時尾崎さんは、小説「普通の愛」を発表し、家族関係は破綻し、自暴自棄のアルコール中毒だった。
覚醒剤の前科があり、一部の援護者を除いて周りの人間関係もほとんど破綻していた。
尾崎さんを支える人はマネージャーや見城さん他の数人だけだった。
由貴さんはそういう状態で彼と知り合った。
尾崎さんの周りと相いれない性格と苦しみ、それは由貴さんの幼少期の苦しみと同じに感じた。
由貴さんは会見で、たしか同じ心を持つ同志と言っていた。

検証したい人がいたら月刊カドカワを年代順に並べて、言葉を拾ってほしい。
由貴さんはどんなことをしても、命に替えても彼を救いたいと思っていた。
上で言った尾崎さんを支えてくれていた人、新旧マネージャーや見城さんの資料のなかには
献身的につくす彼女の姿があり、その人達は誰も彼女を悪く言わないし、感謝している。
大楽元マネージャーの見た、倒れていた尾崎さんの手帳にはアルコールを飲まないモルモン教の教義がびっしり書かれていたという。

たとえ5ちゃんねるでも、このような人にその汚名を着せるのはあまりにも非道だと思い記載しました。

10名無しさん@ピンキー2018/05/25(金) 11:31:11.00ID:???0
で、どんなプレイなら痙攣しながら逝ってくれるのだろう?

11名無しさん@ピンキー2018/05/26(土) 02:43:08.39ID:lW4svwD50
「一周回って」は、かなり危険で心配でしたが、そのあと書かせて頂いた女性自身の補足記事、
これは自分たち擁護のファンにとっては、とても重要で知りたいことであり、これが分かっただけでも「一周回って」は価値があったと思います。
ヤフコメやガールズチャンネルには「娘は無理やりかり出された」「夫が可哀想」とかの批判が出ていましたが、
女性自身の記事では、一度断ったものを、お嬢さんのたっての願いで出演したとされ、番組の感じでも、その通りだったと思います。
家に閉じこもる暗く落ち込んだ母親より、天性の仕事である女優を懸命に演ずる母親のが良い。
何回か撮影現場に一緒に来ており、「今のはリハーサルの方が良かったね」とか言っていたとか記事がありましたが、
明るく生き生きした母親を見たことが「女優を続けて」の言葉になったのだと思います。
そしてもっと重要なのがその言葉を「家族会議」で直談判したということ。
家族会議ですから当然、旦那さんも下のお嬢さんもいたことでしょう。(長男さんは留学中かもしれませんが)
前から思っていましたが、由貴さんの旦那さんは、今まで全く怒った形跡がない、周囲の評判もとても良い人と言うのしか聞こえない。
そして3人の子を懸命に育て、家事もできる限り頑張ってきた彼女の姿をすべて見てきている、
そういえば尾崎さんのや川崎さんのことも、包み欠かさず話したと言っていた、
医師のことにについては分かりませんが、彼女が減量に苦しみ落ち込んでいた時のことを目の前で見ている。
小さな映画賞の候補に上がっただけで「お祝いに焼き肉を食べに行こう」と言ってくれている、
旦那さんは全てを知って許してくれている、これはとても重要なことだと思います。

前にも書きましたが、由貴さんにはいくつかのヒット曲があり、今聞かれるアルバムも少なくなく、歌だけでなく作詞もしている。
今は著作権管理がうるさいことから、これらにより毎月ある程度の額の収入はあるはず、また旦那さんの給料もある。
先日の事件で巨額の賠償金とかのガセネタが出ていましたが、CM2本は期間満了での更新辞退ですし撮影していないドラマ等であるわけがない。
あるとしたら東宝芸能が儲け損ねた、今後の収益の見込みが狂ったという程度でしょう。
もう体面も、しがらみも、事務所に対する金銭的な義務も何もなくなった。そして宗教の縛りからも離れてゆくはず。
これからは由貴さんはやりたい役を何でも思いっきりできる、超悪役や、狂った役や、変わった役などのやりたがっていた面白い役を何でもできる。
第2の女優人生の始まりの第一歩かもしれません。
そして何より嬉しいのが、それを御家族皆が許し、認め、応援してくれている。これほどの幸せがありましょうか。
(是枝監督の次回作、宮藤さんの大河などを夢見ていますが、どうなることか)

12名無しさん@ピンキー2018/05/26(土) 03:19:48.92ID:Q3phQyzb0
由貴と同年代の育代。
http://t.jgup.jp/x0pH3p3fUL

13名無しさん@ピンキー2018/05/26(土) 19:37:24.52ID:LVccXjr80
不倫やめた今は性欲処理どうやってるのかな?

[PINK][/PINK 4/30]
新着レスの表示
レスを投稿する