メイドさんと一緒☆151 [無断転載禁止]©bbspink.com

1 : 名無し@メアド公開チャット誘導厳禁2017/09/14(木) 01:08:47.61 ID:xgPDOOo60
メイドさんが文字通り“献身的なご奉仕”をしちゃいます
ご主人様、“おしおき”だけじゃなく“ごほうび”も忘れずに
※チャット誘導やメルアドの書き込みは板閉鎖に繋がる為禁止です。
※sage進行でゆっくりメイドさんとの時間を楽しんじゃいましょう
※メイドさん、ご主人様、950過ぎたら次スレを立てるか、依頼してね。

【前スレ】
メイドさんと一緒☆150
http://itest.bbspink.com/mercury/test/read.cgi/sureh/1473120473
150 : 浩輝2017/11/07(火) 20:28:54.30 ID:WdO9mxOX0
こんばんは。
ご主人様役、立候補させてください。
151 : 雨音2017/11/07(火) 20:32:22.73 ID:lE5UehhC0
>>150
こんばんは。よろしくお願いします。
ご主人様のシチュのご希望等、教えて頂けますか?
152 : 浩輝2017/11/07(火) 20:39:57.26 ID:WdO9mxOX0
親の借金のために雇い入れた少女メイドを気に入り、身の回りの世話をさせているご主人様って設定で

給仕や家事などに失敗をした時には、夜のお勤め、という名のエッチなお仕置き、ご奉仕を命じていて

雨音はまだ失敗が多く今夜もお勤めという建前でご主人様に好きなままに抱かれて

という感じでではどうでしょうか?
153 : 雨音2017/11/07(火) 20:43:01.44 ID:lE5UehhC0
了解いたしました。

メイドへの要望や、
ご主人様の容姿等を教えて頂けたら嬉しく思います。
154 : 浩輝2017/11/07(火) 20:50:35.15 ID:WdO9mxOX0
メイドの心情として、最初はお仕事ということで抵抗感があったが、今はご主人様のことが好きになりかけていて
最初ほど抵抗感がない反応をしてもらうことは可能ですか?

メイドの容姿や外見、年齢など雨音さんの設定をお任せで良いので教えてほしいです。

こちらは父親が地元の権力者でその息子、実業家をしている。
30歳くらい長身細身、イメージは窪田正孝くんみたいな感じで。
155 : 雨音2017/11/07(火) 20:58:48.12 ID:lE5UehhC0
了解いたしました。
またなにかあればおっしゃってください。

こちらは、16歳くらいの華奢な少女メイド。
制服は、黒に白エプロンのロングスカート型のメイド服。
肩より下までのストレートの黒髪

いかがでしょうか。
156 : 浩輝2017/11/07(火) 21:05:16.63 ID:WdO9mxOX0
希望を聞いてくれてありがとうございます。

容姿了解です。
お仕置きですが、どんなプレイが許容できますか?
例えば裸に首輪をつけてペットのように扱うとか、そのまま舐めさせたりとか
あと軽くお尻を叩いたり、挿入をねだらせたり
これらは許容範囲内でしょうか?
157 : 雨音2017/11/07(火) 21:10:34.04 ID:lE5UehhC0
大丈夫です。
排泄、スカグロ系でなければ対応できそうです。
158 : 浩輝2017/11/07(火) 21:13:15.60 ID:WdO9mxOX0
わかりました。とりあえず始めましょう。
書き出しはどうしますか?
中文くらいになってしまってよければ、私からしましょうか?
なにかイメージあればお願いしたいところですが。
159 : 雨音2017/11/07(火) 21:15:36.74 ID:lE5UehhC0
はい。
それでは、書きだしの方、浩輝様にお願いしてもよろしいですか?
160 : 浩輝2017/11/07(火) 21:17:44.87 ID:WdO9mxOX0
わかりました。書き出しますので、しばらくお待ちください。
161 : 雨音2017/11/07(火) 21:19:39.65 ID:lE5UehhC0
ありがとうございます。よろしくお願いします。
162 : 浩輝2017/11/07(火) 21:26:16.30 ID:WdO9mxOX0
(仕事を終え帰宅し、自室に入りネクタイを外しシャワーを浴びる
バスローブを来て出てくると専属のメイドの雨音が待っていて、タオルと飲み物を受け取る)

メイド長から聞いたよ、またやってしまったんだって?
(大事なお客様に出したコーヒーに添えた砂糖を塩と間違えたり、母親の気に入っていたティーカップを割ってしまったりと今日は散々な日だったと聞いていて)

でも、これは俺と雨音のルールだからね。わかってるね?
(失敗したら夜のお勤め、これは他の誰も知らない2人だけのルール。ミスをした夜はお勤めをするために部屋に1人でくることを命じていて)
163 : 雨音2017/11/07(火) 21:40:49.22 ID:lE5UehhC0
(主人が浴室から出てくるまで、
少女メイドは今宵も行われるだろう仕置きを想像して、スカートを強く握りしめて待っていた)

……ッ、も、申し訳…ありませんッ…。
(タオルと飲み物といつものように、主人へと渡した後に叱責を受け、わかりやすいほどに小さな肩を跳ね上げた。
ここまで少女が粗相を繰り返しおこなってしまうのは、
日々、お仕置きと称して与えられ植え付けられていく快楽に、過度に怯えているためであった。
己が粗相をおかしてしまった時に、2人の間で取り交わされているルールを聞いて)

は、はい…。浩輝様……。
今宵も、雨音は、浩輝様の罰をお受けいたします……。

(躾けられた言葉を、従順に告げる。)
164 : 浩輝2017/11/07(火) 21:53:56.29 ID:WdO9mxOX0
今夜はやけに素直じゃない、最初の頃はそんなこと出来ないとか言ってたのにね。

(チェアーに腰掛けると引き出しからリード付きの首輪を出して、ダラリと垂らして雨音に見せる。
夜のお勤めのための自分のペットになれという合図)

罰なんて言うなよ。これは躾。きちんといつもお勤めできるようにね。
(さあ、服を脱ぎなさい、と言う目で見つめて。躾ではメイドが自分からお仕置きをしてくださいということで自分から脱ぐように言いつけている)

じゃ、これ…付けてやるよ。
(服を脱いだあとはこっちに来いと目で伝えて、夜のお勤めのための主従関係を結ぶ首輪を付ける儀式を行う)
165 : 雨音2017/11/07(火) 22:06:44.43 ID:lE5UehhC0
……。
(酷い抵抗もなく、毎晩、慣らされた結果か。主人へ抱いている、未だ言葉にならない感情のせいか。
眼前で見せつけられた首輪に唇を戦慄かせながら目を伏せ、視線で促されたように、少女は、自分からメイド服を脱ぎ捨てた。
主人の目の前で晒されるのは、華奢な白い裸身。主人のしつけの前には、下着をつけてこないようにとの言いつけも、従順に守るようになっていた。)

………ハイ。

(主人の前に跪けば、少女の細い首元に嵌められる首輪。
潤んだ眼差しが主人を見上げる。)
166 : 浩輝2017/11/07(火) 22:15:15.20 ID:WdO9mxOX0
首輪をつけた途端にそんな顔を見せるようになったのか?
(潤んだ瞳は何かを欲しがっているようで。普段の躾から来る反射反応か、女の顔をする雨音に口元が緩み悪い顔をして)

ご奉仕するんだ雨音。
(バスローブをはだけさせ、開いて裸体を晒すと股間の中心には雨音を何度も貫いた肉棒が凶悪なほど大きく勃起して立っている)

(リードをぐいと引っ張り足元に来させると雨音にオスの強い匂いを嗅がせて
小さな口元に、赤く肥大したカリを押し付け口淫で奉仕するように誘う)
167 : 雨音2017/11/07(火) 22:30:51.32 ID:lE5UehhC0
ちが……っ。
(また堕ちてしまうのが怖いのだと泣いていたのを、期待感からだと主人に思われて、
彼の笑みに、否定の言葉を落とした。
しかし、心とは裏腹に、主人に躾けられてきた身体は素直に反応を示してしまう。)

……っ。
(主人の手にあるリードを引っ張られて、首に強い抵抗を感じれば、息が詰まった。
主人の足元、呼吸をととのえてから、目の前に見える凶悪な大きさの肉棒が少女の閉じられていた口元に宛がわれると、
震える両手を肉棒に添えて、そっと口に含んだ。)
168 : 浩輝2017/11/07(火) 22:43:29.83 ID:WdO9mxOX0
そうだ雨音…お前がしてしまった粗相を反省する気持ちを込めて奉仕するんだ。
お前のせいで嫌な気待ちになってしまった人がいるだろう?
それを考えたら今どうしなければいけないのか…わかるだろ?
(お客様や他人に与えてしまった不満はこの家にとっての不名誉。家の名誉を汚すことの贖罪の気持ちを込めて躾をしている)

っ…あまりに酷い実態なら、雨音をお客様に差し出さなければならないこともあるんだぞ…
(腰を動かして雨音の口の中に肉棒の中程までしゃぶらせて
場合によっては他人にメイドの体を楽しませることもしなければならないことを伝えて)

そうなったとしてもお勤めをしっかりするのがこの家のメイドだ…だから躾けるんだよ。
(頭を押さえてゆっくり前後に動かさせる、次第にしゃぶりつく音が早く卑猥に漏れて)
雨音…出そうだ…っ
169 : 雨音2017/11/07(火) 23:01:30.88 ID:lE5UehhC0
(主人の言葉が、少女をどこまでも追い詰めていく。
粗相をしたくてしているわけではなく、失態を犯したその後のことを思うと、
緊張で体が強張り、また粗相を犯してしまうという、悪循環のループに陥っていて抜け出せない。)

…っ、ん…。
(今、どうすればいけないのか。目の前の主人を満足してもらわなければいけないのだと己に言い聞かせ、
啜り泣きながら、必死に奉仕をする。)

…ふ、っ…ん。

(いっきに奥まで入れられた肉棒に、苦しげに表情を歪ませたものの、
小さな口を窄ませて、ぴちゃぴちゃと、下から上へと裏筋を舌でなめあげていく。
次第に、主人が主体的に肉棒を動かし始めると、されるがままになってしまう。
……っ、っ。ふ、…ぅ。

(そして、質量と存在感を感じ始めた頃に、主人からの言葉を聞けば、それを合図にして、
亀頭部分を吸い上げた。)
170 : 浩輝2017/11/07(火) 23:12:55.45 ID:WdO9mxOX0
(一回りは年の違う華奢な体つきの少女に欲望の塊である己の肉棒を舐めさせる光景に背徳感と支配欲を感じて
躾をしてやるという気持ちとともに女の悦びを教えてやるという気持ちも湧き上がって来る)

(射精しそうになったのに反応して雨音が亀頭を吸い始め、
飼いならされた雨音は主人がイクときの好みのしゃぶり方を反射的にするようになっているのに喜びながら)

っ!!ぃくっ!!
(雨音の後頭部を押さえ後ろに逃げられないようにして、口の中でぶるっ!と震えると
肉棒の先からどぷんっ!!と勢いよく粘っこい濃厚な精液を放つ。)

…ふぅ…っ…こぼしちゃダメだぞ…
全部飲むんだ…できるな?
(小さく射精を繰り返して出し終えるとゆっくり肉棒を口から出してやり
目の前で口の中の精液を見せ、飲み込むところも目の前でしなさいと、指示する)
171 : 雨音2017/11/07(火) 23:25:43.05 ID:lE5UehhC0
…っ、ぅ…ッ!…っ。
(後頭部を抑え込まれてしまえば、身を引くことさえ叶わず。
先端から出された白濁の衝撃に、少女の息が一瞬止まる。
躾けられていても未だに全てを呑みこむまでには至ってないため、少女は主人の肉棒が出された瞬間)

げっほ…っ、け…ほ…っ。…こほ…っ。
(咳き込んで白濁を吐き出した。はあ、はあ、と、自分の呼吸をととのえるのに必死で、主人の命は耳に入ってなかった。)
(呼吸がととのってきたところで、ようやく、また自分が命に背いてしまったことに気づいて、震えあがり。)

ご、ごめんなさ……ぃ…。

(謝罪の言葉は、弱弱しく。)
172 : 浩輝2017/11/07(火) 23:35:07.01 ID:WdO9mxOX0
また粗相をしてしまったようだね、雨音…
(叱責するには不気味なくらい落ち着いた声で)
(床に落ちた雨音の吐き出した精液の溜まってるところを見て立ち上がる)
(リードをぐっと引くと四つん這いにさせ)

粗相したものはお掃除してもらわないとね。
(顔をちょうど精液の垂れてる床の上に来させ、床に落ちた精液を舐めとるように命令する)

ちゃんと全部綺麗にするんだよ。
(お尻を突き上げさせた雨音の背後に回ると、お尻側から雨音のおまんこをじっくり眺めて)
こっちにもお仕置きが必要だよね。
(指を舌で舐めて唾液をつけ、雨音の割れ目を指でなぞり、中指を中に入れて淫らにかき乱していく)
173 : 雨音2017/11/07(火) 23:56:34.89 ID:lE5UehhC0
……っ。
(主人の変わらない声音が、逆に恐ろしく感じてしまう。)
(リードを引かれた衝撃に、首が微かに締まって、苦しげに吐息を漏らす。
強制的に四つ這いへ姿勢を転換させられ、抗うことなく見上げる)

ごめ、ごめんなさ…ぃ…。
浩輝様、ほかのことなら、ほかのことならなんでもしますから…っ、
(口腔内での奉仕は慣れたが、白濁への抵抗感はまだ抜けきらないようで、
自分が吐き出した白濁を全て飲むように告げられると、首を振るって、少女は懇願する。)

(見上げていた主人が、背後に回るのを視線で追いかけると)

……っ、ぃ、ゃ…っ。…ゃあッ…。

(突然の衝撃に、少女はびくんっ、と、背を逸らした。
少女の秘所に沈む主人の指先が感じるのは、徐々に蜜の潤いと共に、絡みつくような反応を見せ始める。
開かれた足が震えだし)
174 : 浩輝2017/11/08(水) 00:08:56.78 ID:kdwH7JzS0
まったく…これぐらいのお仕置きで音をあげるなんて、正直言ってがっかりだな。

(指責めをして雨音のおまんこをたっぷりかき混ぜてやると濡れた蜜の音が聞こえ始め)
いやらしい音がしてるぞ雨音…それに甘い声で鳴いてるじゃないか
(急に指をつぷっと抜くと指が愛液でぬるりと濡れて)

お口ができないなら、雨音のおまんこで精液を全部受け止めてもらう以外ないな…
(そのままお尻に顔を埋めて少女の割れ目に舌を這わせ、ねじこんで。ぐちゅぐちゅとねっとりした音を立てながらクリトリスから膣内まで縦横無尽に舌を這いまわらせる)

(雨音がビクビクして来たのを感じると、ぱっと顔を離して)
感じてたな?雨音…指を抜いて欲しくないって顔をしてるぞ
(すでに硬さが戻っている肉棒の先を雨音のびっしょり濡れた割れ目に上下に塗りつけるように当てて)

お仕置きのおねだりは…?どこに何をして欲しいんだ…?言えないなら…
(塗りつける肉棒をぱっとおまんこから離して、焦らして耐えきれなくなるように追い詰めていく)
175 : 雨音2017/11/08(水) 00:17:05.14 ID:UCesI+1w0
【途中で申し訳ありません、浩輝様。
タイムリミットになってしまったので、またよろしければ、
次回続きをお願いしても大丈夫でしょうか?】
176 : 浩輝2017/11/08(水) 00:20:48.33 ID:kdwH7JzS0
はい、今夜はありがとうございました。
こちらこそまたお願いしたいと思っていました。
基本的に夜22時以降は大丈夫と思います。
どこか伝言をして次回の予定を決めますか?
177 : 雨音2017/11/08(水) 00:26:22.62 ID:UCesI+1w0
こちらこそ拙い表現にお付き合いいただきありがとうございました。
今週であれば、明日等は確実に大丈夫なのですが、いかがでしょうか?
継続の場合は、別の場所で待ち合わせをした方がよろしいでしょうか。
178 : 浩輝2017/11/08(水) 00:29:17.08 ID:kdwH7JzS0
いえ、とても雰囲気を作るのがお上手と思いました。
明日でも大丈夫です。多分明日なら時間はとりあえず21時ごろからいけると思います。
待ち合わせは、アンシャンテとかいかがですか?
179 : 雨音2017/11/08(水) 00:32:38.01 ID:UCesI+1w0
了解いたしました。
それでは、明日の21時頃にアンシャンテでよろしくお願いいたします。
もし、なにか急用などが入りましたら、ふつーの伝言板の方にご連絡いたしますね。
それでは、遅くまでお付き合い頂きありがとうございました。
おやすみなさいませ、浩輝様。
180 : 浩輝2017/11/08(水) 00:35:48.41 ID:kdwH7JzS0
わかりました、自分も何かあったらふつーの伝言板に連絡します。
こちらこそ、お付き合いありがとうございました。
また明日よろしくお願いします。
雨音さん、おやすみなさい。

以下空いてます
181 : 雨音2017/11/08(水) 21:13:27.14 ID:UCesI+1w0
改めまして、こんばんは。
浩輝様、よろしくお願いいたします。
昨晩が浩輝様のレスで終わっていましたので、
続きからいかせていただきますね。
182 : 浩輝2017/11/08(水) 21:14:57.99 ID:fR36pMMQ0
こんばんは。今夜もよろしくお願いします。
はい、レスお待ちしていますね。
183 : 雨音2017/11/08(水) 21:17:47.01 ID:UCesI+1w0
っ…ぐっ…ぁ、ゃっ。

(主人の指を突き入れられ、感じる異物感に呻いた。
秘所の奥、さらに襞の奥を探られるように刺激されていくうちに、だんだんと少女の息も乱れ始める。
湿った淫靡な音と共に、主人の指が秘裂から抜き出されると、慄くよう身体を震わせ、責苦から解放された安堵に、吐息した。
しかし、毎晩慣らされてきた身体は更なる刺激を求めて、蜜口がひくひくと震えていた。)

っ…ぁ、ぁぁんッ…!
(なにかの生き物のように蠢き、秘部を嘗め回す主人の生ぬるい舌の感触に、髪を振り乱して、身悶える。
逃げるように腰が揺らいだが、しっかりと捕えられてしまっていては、ただ相手を煽るように腰を揺らすだけで終わってしまう。
主人の唾液と、少女の蜜が混ざり、ぐちゃぐちゃと卑猥な水音をたてた。敏感になった秘裂を厚い舌が往復するたびに、熱が高まっていく。)

ぃ…、あぁぁぁ…!!!!

(敏感になった陰核を舌でつつかれて何度めか、蓄積された熱が弾け、喉を逸らして大きく喘いだ。
少女の蜜口の輪郭へ肉棒の先端が添わされると、これからされる行為を想像して、身体が硬直する。
ぬちぬちと音を立てて、先端を擦りつけられると煽られる。拒みたくてゆるゆると頭を振るが、心を裏切り、浅ましく主人に染められた身体は、その先に待つ快楽を選ぶ)

自分がねだらなければ、言葉で主人を求めるまで延々と快楽の手前で長時間疼いたままにされる辛さを教え込まれている少女は、
背後にいる主人を肩越しに振り返り、生理的な涙をぽろぽろと零しながら、男の望む言葉を告げる。自分の右手を秘所へとやり、震える指が、花弁の片側を広げる。)

…っ…、浩輝さまの…それを…、ぁ、雨音の、…っ、中に、入れてくだ…さい…っ。

(直接的な表現は、羞恥心から拒んだ。いくら求められ、ずくずくに快楽に落とされても、これだけは少女の理性が譲れない。)
184 : 浩輝2017/11/08(水) 21:36:17.37 ID:fR36pMMQ0
(卑猥な言葉を拒むくせに指はしっかり花びらを広げて、
欲しがる雨音の姿を見て、はっきりと雨音の欲望を暴いてやるように言葉をかける)

俺のちんぽを雨音のいやらしく濡れてしまったおまんこに入れて犯してください…だろ?
(ぱしんっ!とお尻を叩いていうことを聞かないメイドに躾をする)

お前は言葉を選んでいい立場じゃないだろ
(それすらも快楽を感じることも知ってるため、赤く腫れたお尻を触りながらペニスの先を沈めて)
(腰を掴み挿入を止め、なぜ途中で止めるのかという顔を向けられた瞬間…)
(っ…みぢゅっ…)
(勢いよく腰を突き出し雨音の奥まで硬い肉棒で貫く)

お前が大好きなちんぽだ…好きなんだろ…これを入れると雨音は浅ましいメス猫になってしまうんだもんな。
(乾いた強い音を立てて腰を打ち付けると雨音の狭い膣道を抉じ開けるようにペニスが往復して掻き乱す)
185 : 雨音2017/11/08(水) 21:57:35.74 ID:UCesI+1w0
……っ、あん…っ。
(柔らかい臀部を強く叩かれた衝撃と痛みに、また涙が散った。
赤らんだそこはじんじんと痛み、熱を帯びていく。そして、またびくんと秘肉が収縮をする。)

……ぁ。
(秘裂に肉棒の先が沈むと、衝撃に目を見開く。途中で止められた主人の思惑を探るために、
振り向いた瞬間。)

…ぁ、あああ、…ゃ、ぁぁあ……っっ!!!
(背後から獣のような姿勢で貫かれて、下腹部に重い衝撃が響く。
律動が繰り返されるたびに、壁を擦りたてられ、狭い路は熱くなり。奥へ奥へといざなう様に、
突きこまれる肉棒を食い締める。快感に支配されそうになる頭を振るわせ、少女は高く喘ぎ啼く。)

わ、たしっ……猫、じゃ、な…ぃっ…ゃ…、ぃあぁ…っ。
(主人から愛玩動物のような扱いを受け、酷い言葉を投げつけられて、思わず否定の言葉を吐く)
186 : 浩輝2017/11/08(水) 22:12:51.38 ID:fR36pMMQ0
それじゃあ淫乱なメスのメイド…だな?

(猫じゃない…とご主人様の言葉を否定する言い方に反応してリードを引く、
さらなる躾が必要だ、と感じながら後ろから羽交い締めにすると片手ずつ乳首とクリトリスに触れ、胸と陰部の小さな突起を執拗なくらいに辱めて弄る)

こんなに粗相をしておいて反省の色がないようだね雨音…
(無理やり振り向かせて力ずくで唇を塞ぎ、舌を出させ理性がおかしくなるように絡み合いながら、下半身での律動は止まることがない)

(組み倒して足を上げさせ、横向きに寝かせて大開脚させ繋がってる部分が明るみの元に晒したまま、犯されているという現実を雨音に見せてつきつける)

見ろ雨音…お前の中はこんなにいやらしく濡れてるんだ。
(ペニスをずる…と引き抜いてペニスにべったり濡れた雨音が性的興奮を覚えて膣から湧き出した愛液の蜜を見せて)
(加えて通常の成人男性のサイズよりも大きめのペニスが小さな膣穴に奥まで出入りするところを見せ)

っ…(ペニスをずるっと抜き去って)
残念そうな顔だな?
続きが欲しければ、ベッドの上でおまんこを開いて、お願いします、って言うんだ。
187 : 雨音2017/11/08(水) 22:37:29.97 ID:UCesI+1w0
…っ、は……っ。
(咎めるようにリードが引かれて首が締められたのと同時に、少女の息が詰まり、
主人の肉棒を締め付けている蜜壺が、より一層、食い締めた。)
っあああああ……っ。もう、ゃ…ぁああ…っっ。
(胸の頂きや、陰核と弱い部分をつままれてしまえば、嬲られる痛みに、身体が硬直する。
嬲られ続ければ、胸部の先端も陰核も芯をもったかのように、尖ってくる。
律動をそのままに同時に与えられ続ける、快楽と痛みに悲鳴をあげた。)
……っ、…っ、ふぅぅ…っ。
(唇を無理やり塞がれてしまうと、叫んでいた甲高い甘い悲鳴はその中へと呑み込まれてしまう。
呼吸がままならず苦しげに眉を顰め、唇が離れると、呑み込めなかった唾液が口端から糸を引いて零れた)

は…っ…は…っ。は…っ。
(口腔内を犯された名残で酸素が足りず、少女は小さく呼吸を繰り返すことで精いっぱいだった。
呆然としたまま、主人のなされるがままの状態で、濡れそぼった秘部の自分の状態を告げられると、
体液が臀部を伝って落ちていく感覚でも、悟った。)

……っ、ぁああ…っ。

(ぐじゅぐじゅに濡れそぼった秘部から肉棒が抜き去られてしまうと、
その空間がぽっかりと空いて、空虚感にひくついた。)

………はあ、はあ…っ。
(呼吸がととのったあとに、主人を求める言葉を要求されると、花弁を両手で開き)

……おねがぃ…し、ます……
188 : 浩輝2017/11/08(水) 22:53:51.85 ID:fR36pMMQ0
もっとして欲しい…ってことだな?
(ベッドの上で命令通りの姿で淫らにねだる雨音を見てニヤッと不敵な笑みを浮かべ
華奢な体の上から大人の男の体で飲み込むように覆いかぶさっていく)

(またペニスの先をツプリ…と指で開いてる肉襞の上へ、穴の場所を確かめながら)
(雨音の掌の上に両手で押さえつけ見下ろし、主従関係通りに従わせるようにして)

きちんとできたことは褒めてやるよ…
(まるでご褒美を与えるようにゆっくり挿入し
感じさせるような動きで雨音の中を、ぬらり…ぬらり…とペニスを中で往復しながら)

お前は俺のメイドだ…俺だけに仕えて俺の言うことは全部聞く…
(熱い吐息と洗脳するような低い声を雨音の耳元で囁きながら、ただただ快感だけのご褒美を与える動きをし続けて
無理矢理犯されてお仕置きという行為から、労いながら身体の奥にねっとり快感と満たしてやるような濃厚な絡みに変わっていく)
189 : 雨音2017/11/08(水) 23:15:37.14 ID:UCesI+1w0
……っ、は…ぃ…っ。

(快楽と痛みの狭間に堕とされた暴力的なまでの行為の後、
主人に従えば、もう酷い事をされない…ということがわかっているからこそ、少女が従順になるのは、
今までの主人の調教のたまものか。)
(自分の上に圧し掛かる主人を、涙に濡れた顔が下から見上げ、微かに安堵した様に強張っていた顔が緩む。
両手で花弁を広げたまま、主人の肉棒を迎え入れ、官能を引き出すように緩慢に繰り返される律動に、甘い吐息と共に、嬌声をあげる)

…っ、ふ…ぁ…、あっ、ん…っ。

(徐々に甘い感覚が生まれ、肉棒を包むように蜜壁が蠢く。飴と鞭を使い分ける主人に囁かれた言葉に、
快楽に流され、頷きかけたが、はっとしたように少女の瞳が見開かれる。
常に感じていた違和感に、ゆるゆると頭を振り)

…わたし…、は…っ、愛玩人形は、ぃや……っ。
190 : 浩輝2017/11/08(水) 23:32:59.12 ID:fR36pMMQ0
規制?書けない?
191 : 浩輝2017/11/08(水) 23:33:08.81 ID:fR36pMMQ0
(愛玩人形という言葉に反応して、雨音を蕩けさせるような甘い攻めがさらにエスカレートする)

人形にこんなことすると思うのか…?
(いつもより情熱的なキスでベッドの上で身体を弄り合う男女の姿は映画のワンシーンのようで)

雨音が愛に飢えてるのは知ってるんだ…そうなんだろ?
(首筋から胸にかけて舌のぬるりとした感触で這わせていき、胸の頂上で突起を口の中で包み込み、乳房ごと引っ張り上げる)

俺から離れるな…これは命令だ
(熱を持った身体を重ねて、痛くない程度の腰の律動を重ねていき、汗ばんだ身体を感じながら互いの紅潮した顔を付き合わせ)

雨音…もう、イきそうだっ…
(絶頂しそうになってきて、動きを止めてペニスを奥でグリッと押し当て込み上げるものから耐えながら
雨音の手を握って欲望を吐き出したいと伝える)
192 : 雨音2017/11/08(水) 23:54:24.85 ID:UCesI+1w0
貴方様は…っ、いつも…っ、こうやって…っ、わたしを首輪で繋いで、
苛ん…っ、でる…っ!最初の頃から…っ!
これのどこが…っ、人形じゃないって、動物じゃない…って、いうんで…すか…っ。
…っ、ゃ、も…ぅ、……ゃ…なの…ぅ…っ。…ゆる、して……っ。

(初めに顔を合わせていたころから感じていた主人の自分に向けられていた執着心に
怯えていた少女は、いつの頃からか行為の最中に愛を囁かれるようになり、違う感情が芽生え始めていたが、
首輪に繋げて毎晩のように苛むのに、愛情を告げられても戸惑いや混乱しかなく、許してくれと啜り泣く。
これ以上の言葉を聞きたくなくて、自分から主人の唇に口付け、言葉を止める。)
っ、ふっ……。

ゃああ…っ…。
(しかし、施される愛撫に、口付けも長くは続かなかった。ぬめる舌が少女の体を滑るたびに、さらに熱は高まって行く。
うかされたように何度も首を振って、黒い髪を散らす。)

…ぃっ、いって、くだ…さ…ぃっ。浩紀様…、もう…ぃって……っ。
(なぜ自分に許可を求める必要があるのだろうとぼんやりと考える。
燻った悦楽から解放されたくて、煽るような言葉で懇願する。)
193 : 浩輝2017/11/09(木) 00:02:47.61 ID:9xovWkX90
(徹底的にベッドの上で雨音に愛という言葉に言い方を変えた欲望を無責任にぶつけて)
(乱れに乱れ観念して射精して終わって欲しいと崩れていく雨音に今度は激しい衝撃を奥に与えて)

じゃあ全部忘れさせてやるよ、頭がおかしくなるまで抱いてやる…

(ベッドが軋み屋敷の中に交わる音が反響してるのではないかと思うほど雨音にペニスを叩きつけ)

っ!!!ぅっ!!
(雨音を長い時間突き続け、そのまま身体の奥に思い切り吐精して、満足そうな顔でまた幼いメイドの膣奥を汚しきってペニスを抜き去る)
194 : 雨音2017/11/09(木) 00:26:55.58 ID:cS9mFP6T0
(主人の宣言に、少女の表情が絶望に染まる。)

っ、…ぃ、ゃぁぁあああああ……っ!!!!
(与えられる暴力的なまでの衝撃を受け止められずに、背中がのけ反った。
圧倒的な槍のような存在の肉棒の硬さと質量を膣奥で感じ、ぬちぬちと卑猥な水音が少女の嬌声と、肉のぶつかりあう音と共に、室内に響き渡る。
はくはくと開く少女の口端からは、唾液がだらしなく零れ落ちていく。
下腹部の上を削られるような感覚を感じながらも、蠕動する秘裂。主人の肉棒を熱く柔らかい襞が包み込んで、射精を促すようにしめつけていく。)

っ、やっ…ぁ…っ、浩輝さま…っ、浩輝さま…っ!たすけ…、てっ。たすけ…てっ!
(高みにあがって、下りて来られず。縋って助けを求める相手も、少女には目の前の主人しかいない。
唯一の存在であるかのように感じられて、両腕を主人に向かって伸ばし。)

っ、ぁああああああ…っ!!!!!

(肉棒から吐精された白濁の熱さを子宮の奥で感じ、蜜壺を埋め尽くした。あさましい少女の秘部は、
一滴たりとも逃すまいと収縮して呑み込もうと蠢く。肉棒が抜かれれば栓をなくした穴から、どぷりと呑み込みきれなかった白濁が零れ落ちる…)
……ぁ…っ…ぃ。

(下腹部を抱えて、ベッドに横たわるのだった。)
195 : 浩輝2017/11/09(木) 00:40:20.31 ID:9xovWkX90
雨音いつまで寝てる…?お勤めが終わったとか思っているんじゃないだろうな
(雨音の顔の横に膝立ちになりリードを引き身体を起こさせる)

やはりお前にはこういう扱いの方が似合ってるよ。
(愛液と精液が混じって、生々しい性の匂いがするペニスを口につけ、主人の肉棒を綺麗に舐めとらせるように口に含ませ)

助けを請うくらいなら認めたらどうだ…?
(上目遣いで見てくる雨音に絶対的に逆らえない関係がそこにあるのだとわからせてやりながら
腰を動かして肉棒が雨音の口の中を犯し始めていく)

おまえの体はどうあがいても俺の躾に悦びを覚えてるんだろう…?
(硬くなって回復してきたペニスを口から抜き雨音の顔の前でゆっくり扱き始める)

(言わなくてもこのあと何をされるのかわかるだろ…と頬を撫でて口を開けさせるように指示して)
顔で受け止めるんだ、できるな?
196 : 雨音2017/11/09(木) 00:54:17.80 ID:cS9mFP6T0
(ほら、愛しているなんて、嘘だ。自分は主人の愛玩動物だ。
虚脱してベッドに沈んでいた身体を無理やりリードで引き起こされて、呆然とした焦点の合わない眼差しが主人を見上げる。)

……っ、ふ…っ、ぅ…ん。
(少女の蜜と、主人の白濁とが混じった液を青臭い匂いの香る肉棒を口に含み、涙を流しながら舌を動かす。)
(口腔内を犯す主人の肉棒の亀頭や、裏筋、舌で必死に舐めていき、口から出された肉棒を見つめる時にも、、少女の眼差しは陰り。)

ハイ、浩輝様………。

(少女は促されるまま、従順に口を開く)
197 : 浩輝2017/11/09(木) 01:07:58.90 ID:9xovWkX90
いい子だ…これからもずっと可愛がってやるからな。
(髪を撫でる手つきは愛があるからではなく、これからも夜の務めを果たす従順で自分の性的嗜好を満たすための使用人である契りを認識させるためのもの)

さぁ…これでお前の体をもっと俺が染めてやるよ。もう他の色で塗りつぶせないくらいにな。
(眉をひそめ扱く手つきに力が入ると、はぁ、はぁと荒い息を漏らして高みに上っていく)

っ!!うっ!!
(3回目の射精だというのに雨音のおでこや髪の毛までに糸状の精液がどぱっ!と吐き出す
白く垂れ落ちる精液の化粧を施したようにねっとり顔中に塗れさせ)

(もうこの運命から逃げられないことを決定づける、まるで主従関係の契約だと言わんばかりに、
顔に纏った精液を指ですくい、雨音の口の中に含ませてその味を確かめさせる)
198 : 雨音2017/11/09(木) 01:23:54.05 ID:cS9mFP6T0
(従順であれと言われたように感じ、少女は人形のように無言で頷く。)

……っ、ぃ…ゃ…っ。
(主人が目の前で達し、浴びせられた白濁に咄嗟に目を庇ったものの、
顎や首、髪等、どろどろに主人のもので少女は白く染まった。)
(青臭く苦味のある白濁を口腔に含まされ、その舌への刺激に、一瞬だけ眉を顰めたが、
(肉棒に奉仕を施したように、主人の指を吸い、舌で舐め上げる。)

(激しく身体を暴かれた後に、少女の精神が主人に今まで以上に鎖のように捕らわれてしまったことに絶望した瞬間、
少女の意識は暗転し、崩れるようにして意識を失った。そして、今宵更に暴かれるのか、主人の手に委ねられている。)

【お相手ありがとうございました。キリがよかったので、閉めました。】
199 : 雨音2017/11/09(木) 01:50:46.32 ID:cS9mFP6T0
遅くまでお付き合い頂いてありがとうございました。
うまい表現ができず申し訳なかったですが、最後までお付き合い下さり感謝です。
そして、雨音が、浩輝様が求められていたメイドと違っていたら申し訳なく。
それでは、夜も遅いので、これで失礼いたしますね。
おやすみなさい

以下あいております