ファンタジー世界に召喚された女の子にHな指示 [無断転載禁止]©bbspink.com

1 : 名無しさん@ピンキー2017/04/16(日) 15:24:22.91 ID:2zoOGYoR
突然異世界に召喚された女の子
彼女はなぜか名無しさんの指示に従わなければならない呪いにかかっています
街中で露出指示したり、エッチさせたり、エッチなダンジョンに行かせたり、好きに指示をしてください。
11 : 名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 16:10:08.06 ID:???
すごく好みに合致してるキャラが来た…
いいと思います

指示の希望とかはありますか?
どんな場所でとか、羞恥系がいいとか直接的なHがいいとか
12 : アリサ2017/04/23(日) 16:12:16.01 ID:???
羞恥系が好みですけど、直接もオッケーです
街でもダンジョンでも場所は指示しやすいところで結構です
13 : 名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 16:21:10.44 ID:???
わかりました
もういきなり指示は始めていいのでしょうか?

よければ、まず異世界の街中を歩いてもらおうかな
人間だけじゃなく、亜人なども歩いてある大通りの中を大股で、ね
ギリギリのミニスカートの裾を、いろんな種族のオスたちがガン見してくると思うよ
14 : アリサ2017/04/23(日) 16:26:30.80 ID:???
わかりました! 恥ずかしいけど、やってみます!

歩くたびに下着見えちゃいそうで、なんか緊張しちゃいます。
なんかみんなの視線が私の下半身に集中してるような気が・・・気のせいですよね
15 : 名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 16:36:26.37 ID:???
それは本当に気のせいかな?
確かめるために、次はミニスカートの裾を摘んで捲くりあげてみよう
恥ずかしければ横側でいいし、大丈夫だと思えば前でもいいよ
どこを捲るにしても、下着の柄もわかるような高さまでね
16 : アリサ2017/04/23(日) 16:44:37.76 ID:???
そうですね、確かめてみますね
でも、自分で捲り上げるのはちょっと勇気が出ないです・・・
前かがみになってお尻を出すようにしてもいいですか?
それだったら不可抗力みたいな感じになりますし
17 : 名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 16:48:08.22 ID:???
うん、それでもいいよ
立ち止まって前かがみになってみようか
(注目されてる状況で止まってそんなことしたら人集まってきそうだけど)
18 : アリサ2017/04/23(日) 16:52:52.67 ID:???
はい。では、お店のものを見るフリして、ちょっと前かがみになってみますね

みんな見てるのかなぁ?
あっ! しまった! これじゃあ、、みんなが私のこと見てるかどうかわからないですね!
ううっ、私ってドジなんですよね・・・
19 : 名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 16:53:00.08 ID:???
と、ごめん!
始まったばかりだけど席外さなくちゃいけなくなった
一応夜からまた来れるはずだけど、約束はできないかな?
20 : アリサ2017/04/23(日) 16:56:15.22 ID:???
わかりました〜
ありがとうございました〜
21 : タリア2017/04/26(水) 14:57:32.12 ID:???
アラフォー人妻
164・98(I)・64・92

此処は・・・何処なの?
(辺りを見回して)
22 : エルシー2017/04/29(土) 16:17:10.85 ID:nO0p1hMn
おかしい・・・
ネットゲームをしていたはずなのに、気が付いたら、私自身がゲームの中に入ってた・・・
キャラに着せてた妙に露出度の高い服とか着ちゃってるし・・・
胸とか結構開いてて、横乳っていうの?見えちゃってるし、おへそも丸出しだし・・・
スカートも短くて、走ったりしたら下着見えちゃいそうだし・・・って下着つけてない!
たしかにゲームの装備の中に下着はなかったけど・・・キャラってはいてなかったのか・・・
ああ〜、なんか周りの人の視線がすごくこっち見てる気がする!
胸とか、お尻とか、ふとももとか、あそことか・・・めっちゃ見られてるよ、絶対!
これからどうしよう・・・
とりあえず、物陰にでも隠れるか、もっとちゃんとした服でも買いにいくか・・・
23 : 名無しさん@ピンキー2017/04/29(土) 20:15:44.46 ID:???
>>22
とりあえず物陰に隠れよう
近くのじゃなくて通りを横切った所にある物陰に走って行くんだ
24 : エルシー2017/04/29(土) 22:56:43.36 ID:nO0p1hMn
わかりました!
では、大通りの向こうの物陰までダッシュで隠れにいきます!

あれ、なんか走ってたらみんなこっち見てるんだけど・・・
はっ! スカートが・・・こんなに足あげて走ってたら・・・中が見え・・・
ううっ・・・気づいたときには遅かったよ・・・
どこまで見られちゃっただろう・・・
建物と建物の間の物陰まで逃げてきたけど、みんなこっち見てる・・・
隠れるはずが余計に目立っちゃったよ・・・
25 : エルシー2017/05/05(金) 18:28:10.23 ID:1NVMiu0D
続きからでも、最初からでもお相手してくれる人募集です
26 : 名無しさん@ピンキー2017/05/13(土) 02:35:08.66 ID:???
>>25
慣れない異世界だし、まずは当面の生活費を稼ごう
手っ取り早く、エルシーをじろじろ見てる男の人たちに声をかけて、
「チンポしゃぶる代わりにお金下さい」とでも提案してみたらどうかな。
27 : 名無しさん@ピンキー2017/06/28(水) 02:32:47.90 ID:???
ゴミ
28 : 朝比奈桃子 ◆8H52NPXgg. 2017/09/01(金) 09:16:52.67 ID:???
あやや、なんだか不思議な世界に来てしまったみたいです…

(普段通りの聖櫻学園の制服姿で桃子が目を覚ましたのは木造の小さな部屋の中)
(白いベッドと箪笥、机などが置かれていて、古い宿のような印象を受けた)
(窓を覆うカーテンを少しズラしてみると、すぐ側に道路があるようで人の往来が目に飛び込む)
(人々の服装もどこか古さを感じて、人間以外の種族も当たり前のように歩いていた)
(ゲームでしか見たことのない存在に最初は目を丸くして、すぐには信じられないけど、取り敢えず不思議な世界ということで納得する)

……あや、壁に何か貼ってあります
『声には従わなければならない』……ですか?
「声」って、なんのことでしょう?

(カーテンを閉じた後、視線をもう一度部屋の中に向けると、壁に貼られた紙に気付く)
(サイドテールの髪を揺らしながら首を傾げ、言葉の意味を考えてみる)
(少し悩んでも解明できない)
(諦めて、次は部屋の外に出ることにした)
(扉を開けて廊下を進むとロビーのような場所があって大きな男性がいた)
(声をかけてみると、親しげな調子で色々と教えてくれた)
(男性がこの宿のご主人であること、桃子がこの宿の一階にある一室を暫く借りていること)
(さらに部屋の箪笥にはこれまで桃子が着た服が入っていて好きに着てもいいこと)

ありがとうございました〜

(ご主人に笑顔でお礼を言って、手を振ってから部屋に戻る)
(扉を閉めてから少し息を吐き出す)
(親切なご主人に話を聞けたのは助かった一方で、何があったのかという疑問が深まった)
(これからどうしようと考えながら、さっきの紙に書かれていた「声」を待ってみる)


【置きレスでのお返事になりますが 、異世界での指示を募集です】
【ゆっくりペースでのお返事となるので、細かい指示よりも纏まった指示をしていただいた方がスムーズかと思います】
【ゲーム内で着た服は全てある設定としますので、衣装を指定したい方はゲーム内でのカード名を伝えてください】
【汚いこと、暴力、お尻に拘る内容の指示はNGです】

【置きレス進行不可でしたら取り下げますのでご指摘ください】
29 : 名無しさん@ピンキー2017/09/01(金) 13:52:22.28 ID:PAyfAPHn
.
30 : 名無しさん@ピンキー2017/09/01(金) 18:42:45.53 ID:???
>>28
「この世界についての自分の知識を確認」
「この部屋にある、自分の武器や装備や、手持ちの金銭を確認せよ」


>【ゲーム内で着た服は全てある設定としますので、衣装を指定したい方はゲーム内でのカード名を伝えてください】

【何か版権のゲームに基づいてる?】
31 : 朝比奈桃子 ◆8H52NPXgg. 2017/09/01(金) 19:52:09.76 ID:???
>>30
……あやや、本当に声が聞こえてきました
(どこからか頭の中に聞こえてくる声)
(驚きながらも指示された内容に応じようと自然と体が動く)

この世界の知識、ですか?
私の知ってる世界とは違うみたいですけど…言葉は通じるみたいでした
他には…えっと、歩いてる人をもう一度見てみましょ〜
(カーテンをそっと開けて外の様子をまた確認)
教科書で見た、中世の人みたいな服装を皆さん着ています
小さくて耳のとがった…ゴブリン? さんとか
他にも大きくて肌が緑色の方とか、色んな種族が入り混じって歩いてます
あっ! 翼が生えて飛んでる方もいますよー!
ゲームの中みたいで、不思議な世界ですね〜
(知識は何もないに等しくて、見える範囲での情報を伝えるのが限度)
(新しいもの見慣れないものを見る好奇心から、指示とは別に夢中になりかけてしまう)
(二つ目の指示があったことで観察を途中で切り上げて)

武器は部屋の中にはありませんね〜
ご主人に聞いた通り、私の私服とか水着とかは箪笥の中に入ってました
どうやって持ってきたんでしょう……?
(続いての声にも対応するため、部屋の机や箪笥の中を確かめていく)
(武器などは大きな物も小さな物も見つからなかった)
(箪笥の中身は見覚えのある服ばかりで、この世界でやっと目にした元の世界の物にホッと一息)
(同時に謎が深まった気もして、首を一度傾げてしまった)
お金も、無い……みたいです
お宿の代金、本当に大丈夫なのでしょうか……
(スカートのポケットを確認して財布を取り出してみる)
(入っていたのは学生証だけで、小銭も紙幣も見つからなかった)
(そもそもお金も学生証もこの世界では通用しない気もして、落胆と諦めが同時に押し寄せた)
(宿のご主人にお金の催促はされなかったので宿代は大丈夫そうと思う一方、少し不安にもなる)
(もちろん不安なのは宿代だけでなく食事もどうするか、という問題があった)

【あ、その部分は私(桃子)の出典元であるGF(仮)についての話です】
【GF(仮)の中で着ていた衣装は全てあるという設定なだけで】
【今いるこのファンタジー世界については完全にオリジナルで、ベースにしているものはありません】
【どういう生き物がいてどういう物があるのかは指示を出す側が決めていただいて大丈夫です】
32 : 名無しさん@ピンキー2017/09/23(土) 09:18:32.76 ID:???
【胴体防具 何も無しで外を歩いて貰おうか】
【防具屋で脱いだ鎧を売って教会にその金を寄付しろ】
33 : 朝比奈桃子 ◆8H52NPXgg. 2017/09/23(土) 19:04:41.35 ID:???
>>32
あやや…また声が聞こえてきました
(声が聞こえてくることにまだ慣れなくて少しビクッとする)
胴体防具……ですか?
でも、そういう物は着てません…けど、
(声に従わないとと思う一方、指示の内容にどうすべきか困ってしまう)
(首を小さく掲げて思案していると、ふと思い付いたことが一つ)
もしかして……
(部屋を出ると宿のご主人の所に向かう)
(そして思い付いたことを恐る恐る尋ねてみると…)

ふぅ〜……ビックリでした…
(数分ほどやり取りをしてから部屋に戻ってくると、ドアを閉めて大きく息を吐き出す)
(背中をドアに押し付けながら天井を見上げて、まだ信じられないという表情)
制服が装備扱いなんて、予想できませんよー
(ご主人の話では、異世界の素材で作られた服はそれだけで装備となるとか)
(物理攻撃は防げなくても魔法攻撃には耐えられるらしい)
(知らない内に防具を纏っていたことに驚きと戸惑いが一緒に湧く)
何はともあれ、これで指示には従えますね
よいしょ……っと
(ぼーっとしたままではいけないと思って体をドアから離す)
(ブレザーのボタンを外して脱ぎ、綺麗に畳んでからベッドの上に置く)
(緑色のネクタイも解いてからブレザーの上に重ねた)
えっと、ブラウスも装備扱いって言われましたから……あや
これって、もしかして……?
(長袖の白いブラウスもボタンを外していって脱ぎかける……その途中で嫌な予感がした)
(それでも、声に従う体は手を止めることを許さなくて、ブラウスを脱いでしまう)
(華奢な体つきの上半身と、小振りな胸を包むピンク色のブラジャーが部屋の中で露わになる)
……この格好で、外を歩くんですか…?
(今は誰の目もないのに、胸を隠すように手で体を抱いてしまう)
(戸惑っているとまた体が動いて、脱いだブラウスを畳んでブレザーとネクタイと重ねて整えた)
(外を歩いた上にこれを防具屋で売らないといけないことも思い出して、恥ずかしさが更に込み上げてくる)
(まだ部屋の中なのに頬がもう赤くなっていた)

うぅ……気は進みませんけど、外に行きましょ〜
(自分に言い聞かせるように声を上げて、折り畳んだ服を抱えて部屋を出た)
(防具屋の位置はご主人に聞かないといけないので、まずはロビーの方に向かう)

あやや……やっぱり変な目で見られてしまいました…
(無事に場所は聞き出せたものの、ご主人には奇異な物を見る目で見られてしまった)
(服を胸の前で抱えていたのでブラは見られなかったはずだが)
(優しくしてくれてるご主人の前で上半身を晒して、ジロジロ見られてしまったのはショックだった)
(それでも親切に教えてくれるのは変わらなくて、感謝を忘れないようにする)

(ご主人が教えてくれた防具屋の位置は、宿から出てすぐの大通りを少し進んだ先)
(避けて通れない大通りへと、ゆっくり足を踏み出した)
ひぅ……っ!?
(一歩踏み出した所で足が止まる)
(丁度目の前を通りかかった人に驚いてしまったから)
(人……じゃなくて、正確にはオークと呼ぶべきかも知れない)
あやや……急に声を出してしまって、ごめんなさい
(オークの体は2m以上あって、筋骨隆々な体つきはかなりの威圧感があった)
(その巨体が前を横切ったことに悲鳴を上げたのだが、オークの方も声に反応して足を止めていた)
(怒られるかもしれないと思って慌てて頭を下げる…のだが、返事がない)
(どうしたのかなと思って顔を上げると、オークはこちらの身体をジッと見ていた)
(オークだけじゃなくて、通りを歩いていた他の種族の男性も視線を向けてくるのがわかる)
34 : 朝比奈桃子 ◆8H52NPXgg. 2017/09/23(土) 19:05:06.74 ID:???
……あや?
(直感で身の危険を感じて、一歩後ずさる)
(どうやって逃げようかと思っているとオークが口を開いて)
「どこの店だ? 後で行ってやるよ」
え、えっと…?
「なんだ言えないのか? まあお前の匂いは覚えたから自分で探すよ」
(何も答えられず慌てている内に、ニヤリと笑いながらオークは去っていった)
(言葉の意味がわからず困っていると、通りの他の男性が近づいてこようとする気配を感じた)
(まだ距離はある今の内にと思って、小走りに防具屋の方に向かって逃げていく)

こ、ここ……ですね……
……ふぅ。失礼します〜
(防具屋に辿り着くまでの間、身体を見る視線はずっと纏わり付いてきた)
(胸と違って背中の側は何も隠せてなくて、ブラ紐だけの肌を舐めるように見られてしまった)
(途中からはほとんど走るようになってしまって、荒くなっていた呼吸を整えてから、防具屋に入る)

あやや、結構な額になってしまいました…
これを教会に寄付……ですか
(買取が終わると受け取った大量のお金を持って複雑な気持ちになる)
(防具…という扱いとは言え制服を売ってしまったこと)
(そしてそのお金を神聖なはずの教会に寄付すること)
(どちらもいけないことな気がしてしまう)
(ちなみに防具屋の店番は初老の男性で格好には言及されなかった)
(手際よく鑑定をして買取を済ませた上に、ブラジャーが防具にはカウントされないことも教えてくれた)
(その時、ブラジャーに触れて指で突いたりしたのは、鑑定の為とはいえ少し気になったが…)

(防具屋を出ると次の目的地の教会は通りを横切るだけで辿り着く)
(ただし今度は服で胸を隠したりはできない)
(背中だけでなく前も下着が丸見えの状態で歩かないといけなかった)
えぇいっ!
(横切るだけということもあって、思い切って駆け出すことにした)
(全力で走ったので、スカートが捲れる可能性もあったが一瞬ならと考える)
(人の合間を縫うようにしてあっという間に教会の玄関に着いて、すぐ中に入った)
(もしかしたらスカートの中にブラジャーと同じピンク色の布地を見た人がいるかも知れないけど、深く考えない)

あやや……綺麗な教会ですね〜
あっ、こんにちは〜
(教会の中は荘厳と言うべき雰囲気で、中には人が殆どいなくて静かだった)
(思わず見惚れていると奥から司祭様らしき人が出てきた)
(最初は格好に驚いた顔を見せた司祭だが、すぐに柔和な笑みを浮かべて迎えてくれる)
(持っていたお金を寄付したいと申し出るとまた驚いた顔を見せて、それからお礼を言われた)
寄付なんて初めてしましたよ〜
(服を売ったお金とは当然言えず、内心後ろめたさもあったが、司祭の穏やかな姿に落ち着いた気分になれる)
(お金を渡した後、司祭からこの後子供たちが集まってミサがあると聞かされた)
(よかったら参加しないか……とも)

うーん、どうしましょう……?
子どもでもこの格好を見られるのは恥ずかしい…ですけど、
帰るのは暗くなってからの方がいいような……

【指示ありがとうございます!】
【防具とか鎧は持ってなかったのでこんな感じで解釈してみました】
【大丈夫でしょうか…?】
【それと次の指示はこの教会での続きでも、このまま帰ったということで宿にいる状況でも構いません】
35 : 名無しさん@ピンキー2017/09/23(土) 19:25:03.80 ID:???
【ミサの後そのまま帰る→下着のまま】
【ミサの後子供達と遊ぶ→下着がシースルーのスリップに変化。ただし優秀な神聖防具】
【ただしシースルースリップは他の防具を胴体に着けると効果が失われるぞ】
【シースルースリップの正式名称『正天使の羽衣』神聖・暗黒呪文無効化で飛行能力付加】
36 : 名無しさん@ピンキー2017/09/23(土) 22:23:20.32 ID:???
ミサ
37 : 朝比奈桃子 ◆8H52NPXgg. 2017/09/23(土) 22:56:03.34 ID:???
>>35
また声が……あや?
今回はよく聞き取れませんでしたけど、残っても大丈夫…なのでしょうか
(また声が聞こえてきて耳をすませようとしたのだが、反応が遅れてよく聞き取れなかった)
(帰っても残っても大丈夫そうなのは間違いなかったので、残ることにする)
あやや……下着が変わりましたよ?
これは、スリップ…ですか
(もうすぐ子どもたちが来る時間)
(教会の中で待っていると、ブラの形状がいつの間にか変わっていた)
(薄暗い教会内ではよく見えないが、ピンク色なのは変わらない)
……っ?
(変わったのはブラだけじゃない…)
(そう気づいたのは、教会の扉が開いて風が入り込んできた時)
(スカートが軽く揺れたのと一緒に、下半身が心もとない気がした)
(扉を開けた子どもたちが5人ほど教会に入ってきたので、心もとなさの正体を確かめることはできない)

こんにちは〜ですよ
(子どもたちは男の子4人と女の子1人の組み合わせ)
(女の子は年長みたいでさっさと席に着いてミサに備えている)
(男の子たちの方はと言うと元気よく、珍しい姿の新顔にも挨拶してきた)
(身長もあまり変わらず、元気良い姿にこちらも元気を貰って微笑みながら挨拶を返す)
あや? どうしましたか〜?
(男の子たちにジッと見られている気がして、顎に人差し指を当てながら首を傾げる)
(下着同然の姿に興味を抱いた…とも違う気がした)
(もっと直接的な、肌を見透されているような感覚が襲う)
(スリップを着ているはずなのに、着ていないような…不思議な気持ち)
(年下の男の子たちの前で、いけないことを考えてしまって、乳首がツンと尖ってしまう)
(その瞬間までもハッキリと見られてしまったような気がした)
「おねーさん、その防具なんですけど…」
(不思議な感覚に熱に浮かされるようにぼーっとしかけた時だった)
(男の子の中の1人、眼鏡をかけた子がかけてきた言葉にハッと我に返った)
え……ぼ、防具…? 防具はもう手離しましたよ〜?
「え、2つも付けてるじゃないですか」
(2つも防具を付けてる)
(防具屋で防具を売ったはずなのにどうして? と混乱してしまう)
「その2つが干渉し合って力発揮できてませんよ。
外した方がいいです。ほら、こうやって…」
(混乱するのを他所に、眼鏡の男の子は話を進めて来る)
(そして近付いてくるとスカートに手を伸ばして、ホックを外しファスナーを下ろす)
(慣れない異世界の着物を脱がすのに、男の子は決して手慣れていたわけじゃない)
(それなのに抵抗を少しもできなかった)
(防具 何も無しで…という前の指示が頭に残っていて、防具なら外さないといけない気になっていた)
(ストン、とスカートが足元に落ちて……)

きゃ、ぁ………ああああっ!?

(ショーツが男の子たちに見られた…ならまたマシだった)
(実際には、下着以上に大切で恥ずかしい所を、しっかり見られてしまった)
(スカートが落ちた時、最初に気付いたのはショーツが無いということ)
(ブラだけでなくショーツも纏めて下着全体がスリップに変わってしまっていた)
(そして視線を落としてスリップを見た時、薄っすらと肌が透けていることに気がついた)
(そして、一斉に男の子たちの視線を下半身に浴びたことで、全て理解して)
(教会中に響くような悲鳴が喉から溢れ出ていく)

(ミサの準備に別室に移動していた司祭が慌てて飛んできて、パッと見ただけで事情を察してくれる)
(男の子たちに席に着くよう指示して、こちらは女の子の隣の席に座るよう促してくれた)
(女の子は無口ながらも男の子たちから守るように座ってくれていた)
(そしてミサが始まる…けど、その間中ずっと男の子たちが見てくるのがわかる)
(スカートが防具とわかった以上、身につけることはできず)
(シースルーのスリップだけを身に纏った、殆ど裸同然の姿で顔を真っ赤にしながら椅子に座っていた)
38 : 朝比奈桃子 ◆8H52NPXgg. 2017/09/23(土) 22:56:34.85 ID:???
うぅ……ありがとうございましたぁ…
(ミサが終わると、司祭と年下の女の子に心から感謝を込めて頭を下げる)
(男の子たちは司祭が早く帰るよう指示したことでもういない)
(女の子も無言で頷いてからさっさと帰宅して、司祭も片付けに移った)

どうやって帰りましょうか……
(スカートを脇に抱えながら教会の椅子に座ったまま呟く)
(さっき以上に外を出歩きにくい姿になってしまった)
(防具のことを指摘してくれた男の子は、司祭を通じてこの防具の説明もしてくれた)
(何でも知る人ぞ知る優秀な神聖防具で空も飛べる、とか)
この格好で飛ぶのは……無理、ですよ…
39 : 朝比奈桃子 ◆8H52NPXgg. 2017/09/23(土) 22:57:32.02 ID:???
うぅ……ありがとうございましたぁ…
(ミサが終わると、司祭と年下の女の子に心から感謝を込めて頭を下げる)
(男の子たちは司祭が早く帰るよう指示したことでもういない)
(女の子も無言で頷いてからさっさと帰宅して、司祭も片付けに移った)

どうやって帰りましょうか……
(スカートを脇に抱えながら教会の椅子に座ったまま呟く)
(さっき以上に外を出歩きにくい姿になってしまった)
(防具のことを指摘してくれた男の子は、司祭を通じてこの防具の説明もしてくれた)
(何でも知る人ぞ知る優秀な神聖防具で空も飛べる、とか)
この格好で飛ぶのは……無理、ですよ…
40 : 朝比奈桃子 ◆8H52NPXgg. 2017/09/23(土) 22:58:05.91 ID:???
【あや、連投ごめんなさい〜】
41 : 名無しさん@ピンキー2017/09/23(土) 23:15:02.26 ID:???
【教会近くで散歩してたお爺さんが転倒してる】
【見捨てるわけにもいかず、飛行能力でお爺さんを抱えて運ぶ】
【その姿を町の人達に見られる】
【本人は恥ずかしいけど『月光に照らされて綺麗だった』と好評価】
【町の人からの人気が善行とエロ美しさから上昇】
【因みにその衣装で善行を繰り返すとファンクラブが生まれるとか】
42 : 名無しさん@ピンキー2017/09/23(土) 23:22:09.32 ID:???
>>40
【教会の人に頼んで、いらないボロ切れでももらって、最低限の場所は体を隠せるものをもらえ】
【わざと人通りの多い道を通って、軽蔑や欲情や視姦の視線を受けてるのを意識しながら宿に戻れ】
43 : 名無しさん@ピンキー2017/09/24(日) 08:12:55.58 ID:???
【しばらくは正天使の羽衣を装備したまま教会の子供の遊び相手と宿屋のメイドとして働こう】
【正天使の羽衣は母性の象徴防具…オッパイが少しずつ成長して行くぞ】
【天使の加護でお触りなどのセクハラからは守って貰える…けど子供や動物の無垢な行動には無効だ】
44 : 朝比奈桃子 ◆8H52NPXgg. 2017/09/24(日) 09:23:57.57 ID:???
>>41
うぅ…また声が聞こえてきましたぁ…
(外に出たくないと思っているのに声が聞こえてきてしまう)
……え? お爺さんが、ですか?
(外で倒れてるお爺さんがいると聞いて、驚いて玄関に向かう)
(すぐに外に飛び出すには躊躇いがあったが、辺りが暗くなっていることに少しホッとして)
(思い切って通りに足を踏み出してみた)
あやや……本当にいました…
だ、大丈夫ですか…!?
(倒れてるお爺さんの姿はすぐに発見できて、慌てて近寄って声をかける)
(通りにはまだ人が何人もいて、陽は落ちてもも月の光で明るい)
(スリップだけを着た格好は当然のように周りの視線を集めてしまって、シースルーなことも気づかれた様子)
(顔がかぁーっと熱くなるのを感じたが、お爺さんを助けるのを優先してしゃがみ込む)
(横向きに倒れてるお爺さんの顔を覗き込み、瞼が閉じているのを見て不安になる)
(軽く頬を叩いてみると、薄っすらと目が開いて、まだ生きていることに安堵)
よ…よかったですよ〜
……あや?
(ホッとしていると、ふとお爺さんの視線が一点に注がれていることに気づく)
(目を白黒させながらジッと見つめるその視線の先を追ってみる)
(しゃがみ込んだ足と足の間…短いスリップの裾が捲れたその奥……)
ひゃ、ぅ……っ!?
見ちゃダメですっ、そこは見ないでくださぃ……っ
(慌てて両手で隠すが、すでに見られてしまった後で、恥ずかしさで耳まで赤くなる)
(お爺さんは満足したのか視線をスッと逸らしてくれたけど…)

えっと、それじゃ……私が、送りますよ〜
(両手で足の間を隠したままお爺さんの話を聞いてみると、足が動かなくて暫く歩けないという話)
(自宅はここから宿とは反対の方角にあるらしい)
(スリップの効果で飛べるのを活かして、指示の通りに送ることを提案した)
(もちろん、この格好で飛ぶことに抵抗はあったけど、困ってる人を見捨てられなかった)
よいしょ……っ
しっかり掴まってて……ひぅっ
(お爺さんの体は思ってたより軽くて抱っこするようにして持ち上げる)
(落としたくなんてないから掴まってるように言いかけたが)
(薄いスリップを着ただけの上半身に抱きつかれて、思わず悲鳴のような声が出てしまった)
あ、あんまりしっかりじゃなくて、大丈夫ですよ…
(訂正をするけどお爺さんは抱きついたままで、しかも顔は胸の方を見ている)
(透けているスリップ越しに小さいとはいえ膨らんだ胸を凝視されるのを感じてしまう)
(少し硬くなった胸の中心がスリップを持ち上げて、ツンと尖った突起も含めて見られてしまった)
(お爺さんの吐息が胸の辺りをくすぐって、少しずつ熱くなる)
飛びますよ……えいっ!
(なんだか変な気持ちになりそうなのを振り払う為に、飛ぶことをイメージする)
(すると、ふわりと身体が宙に浮かんで、羽が生えているかのように空に浮かび上がった)
あやや……っ!?
本当に、飛べちゃいました……
(初めての飛行に、驚きが先に来て少し慌ててしまう)
(お爺さんを落とさないようにしながら、上に上がった後は前に進み始める)
……うぅ、やっぱり恥ずかしいですけど
急ぎましょ〜……っ
(ただでさえ格好で人目を集めていたのに、飛んだことで更に注目を浴びてしまう)
(月明かりがスポットライトのように降り注ぎ、余計に目立たせていた)
(真上からの光なので、大切な所は影になっていたが、スリップが透けているのははっきりわかる)
(身体のラインがしっかりと透けて見られてしまっていた)

(お爺さんの家に着くまで、何人もの人や人以外の種族に見上げられて目撃された)
(何を話しているかまでは聞こえなかったが、噂になったのは間違いなくてこの先が不安にもなる)
(家の周囲は幸い人が殆どいなかったので、ゆっくり降りて、家の前にお爺さんを座らせる)
(お爺さんはお礼を言いながら家に招待しようとしてくれたが、家の人に会いたくなくて断らせてもらった)
45 : 朝比奈桃子 ◆8H52NPXgg. 2017/09/24(日) 09:24:40.26 ID:???
あやや、ここからどうやって帰りましょう
また……飛んじゃいますか…
(次の指示の声も聞こえて来て、一旦教会に戻らないといけない)
(この格好で飛ぶのは勿論イヤだったが、歩くのもそれ以上にイヤなことで)
(意を決して再び空に舞い上がると、今度は速度を上げて教会を目指した)
(二度目ということでほんの少しだけ慣れていたけど、それでも視線を浴びると恥ずかしくなる)
(もう少しで教会…という時だった)
……あっ
(重要なことを思い出して、しまったという表情になる)
(さっきの着地は人がいない場所で、お爺さんを抱えていたから深く考えずに降りた)
(でも今視界の先にある教会の周りは人が何人もいて、着地を見られてしまう)
(地面に降りる時には当然、足から下りなくてはいけなくて…)
だ、誰も見ないでください……っ
(心からの願いを口にしながら着地しようとする)
(勿論、空を飛んでるだけで注目を集めていたのだから、降りる時に見られないわけがなくて)

……〜〜〜ッッ

(下に降りながら、色んな人や種族が見上げる視線を浴びる)
(そこに向かってスリップをはためかせながら、足から下りていく)
(細い脚も、緩やかな曲線を描く太ももも、白いお尻も、そしてぴったり閉じた大切な所も)
(若い人間の男性や、大きなオーク、初老のエルフ、小柄なドワーフ、怖い目付きの獣人に見られてしまった)
(赤くないところが無いとわかるほど顔が真っ赤になって、地面に足を着ける)
(その瞬間、スリップの裾が軽く舞い上がって、間近でも丸出しの下半身を晒してしまう)

っ……!!!
(一秒でも早くその場を去りたくて、教会に逃げ込んだ)
(大きな音を立てて入って来た姿を見て、司祭にまた驚かせてしまったが)
(すぐに優しく笑みを見せて奥に下がってくれて、その優しさだけが救いだった)
うぅ……散々でした……
(椅子に座り机に顔をうつ伏せにして、泣きたくなる)
(それでもまだ指示があることを思い出して、まだ休むわけにはいかなかった)

【まず>>41さんの指示から】
【順番にやっていくのでお待ちください〜】
46 : 朝比奈桃子 ◆8H52NPXgg. 2017/09/24(日) 19:15:10.78 ID:???
>>42
ふぅ……少し落ち着きました
次は…教会の人、司祭様にボロ切れを貰いましょう
…お世話になってばかりですね
(まだ顔の赤みは引いていなかったが、椅子から立ち上がって、奥に行った司祭に会いに行く)
(ボロ切れで構わないと言ったのに、普通の服を渡されそうになった)
(それでも丁重に断って、ボロ切れを受け取る)
(司祭に礼を言ってから教会の中に戻ると、それを身に付けることにした)
最低限の場所…やっぱり、ここは隠したいですよ…
うぅ…飛ぶ前に隠したかったですけど
(スリップの裾を持ち上げて、腰の周りにボロ切れを巻き付けた)
(完全には隠せなくて頼りないのは変わらないけど、何も付けないよりはマシだった)
それから、ここ…ですね
……あやや、長さが足りませんよ
(胸も隠したくてボロ切れを巻き付けようとする)
(でも下半身を隠すのに布を多く使ってしまって完全には隠せなかった)
(スリップの上から胸の中心付近だけを軽く隠す感じでボロ切れを巻いて結ぶ)
かえって怪しくなってしまった気もしますけど…
これでお宿まで帰りましょ〜
(鏡は無かったので目で見える範囲しか確認してできなかったが)
(シースルーのスリップにボロ切れを着けた格好は、いかがわしさを増してしまった気もした)
(恥ずかしさを誤魔化して前向きになるため自分を勇気付けて、教会の玄関に向かう)

あやや……人がいっぱいですよ…
(通りに出ると夜なのに大勢の人が集まっていた)
(教会に入る時のハプニングを目撃した人は当然のように待ち構えていて)
(噂を聞いて集まって来た人も何人もいた)
うぅ…この中を歩いて帰るんですか…?
(大勢の人がいる上、全員の視線がこちらに向けられている)
(ボロ切れで隠していても、それで落胆するような人はいなかった)
(薄く小さな布などお構いなく体を見回して、剥がれ落ちるのを待っているかのよう)
歩きづらい、です…
(周りから見られているからというのもあるが、巻き付けた布のせいで歩きにくい)
(早く帰りたいのに、こんな状況から逃げ出したいのに、ゆっくり進むしかできなかった)
(歩調が緩やかな分じっくり見られてしまうのは勿論のこと、視線以外のものも届いてくる)
(この格好、そして体に対しての剥き出しの欲望や軽蔑の言葉の数々…)

「あんな格好で歩くとか変態だな」「痴女だろ誰か相手してやれよ」
「見せるならもっと良いスタイル持ってこいよ」「あー、ハメてやりてぇ」
「家に持ち帰って突き上げてやりてぇよ」「どんな声で喘ぐんだろ」

(耳を塞ぎたくなる言葉が右から左から、人間や色んな種族から浴びせかけられ)
(中にはズボンを下ろして大きな物を見せつけてくる人もいて、目を逸らすのに必死だった)
(しかも宿に近づくにつれて、そういう人は増えてくる)
(中には並んで歩いてきて、露出した下半身を視界の端にチラチラ見せつけてくる人までいた)
(スリップが神聖防具である証なのか、直に触られることはなかったけど)
(視線に犯されてしまったような気分で、しかも何度か男性のソレを見てしまった)
(恥ずかしくって、それと同時にこっちまでいやらしい気分になりそうで、何とか堪えるのに必死)
あぅ……着きまし、た……っ
(それでも、ようやく宿が見えてくる)
(最後のひと踏ん張りと自分を勇気付けて足に力を込めた時、だった)
(歩いているうちに少しずつほどけかけていたボロ切れが、落ちていった)
(下半身が涼しくなるのと同時に、足が駆け出して宿の中に逃げ込む)
(ボロ切れは宿の前に落ちて、逃げ込む後ろ姿を追う視線には白いお尻を見せてしまった)

はぁっ、はぁ……
なんとかたどり着きました〜……
(ロビーの前で膝に手をついて、顔を真っ赤にしたまま、荒く息をこぼす)
(驚いた顔でこちらを見てくるご主人にも、すぐに挨拶できなかった)
(ようやく宿に戻ってこれた…それでも、声に指示された内容はまだ終わってなくて…)
47 : 名無しさん@ピンキー2017/09/30(土) 07:05:31.53 ID:???
『正天使の羽衣』の力によりある程度胸が大きくなると乳首から母乳ではないけどエリクサーを上回る回復力で、
難病も一瞬で治してしまう、不思議な液体が出る様になるぞ
尚、病気や怪我で本当に苦しんでる人を見ると強制的に授乳ポーズを取ってスキル発動する
授乳後もおっぱいは縮んだり乳首が伸びたりしないから安心して欲しい
48 : 名無しさん@ピンキー2017/10/01(日) 01:07:46.00 ID:???
無茶振りされて、詰まった?
49 : 名無しさん@ピンキー2017/10/03(火) 00:42:48.53 ID:???
それそれからから
50 : 名無しさん@ピンキー2017/10/03(火) 23:03:52.08 ID:???
桃子ちゃんゆっくりで良いからね
51 : 田宮美雪 ◆dawyFxRe1M 2017/10/08(日) 08:41:04.69 ID:???
【出演作品 露出オトメ乳Comic おっぱい講師は子供の視線の虜(作者SMAC先生)】
【身長 163 3サイズ 94 60 90】
【進学塾講師でやや幼い顔と着衣でも判る巨乳の持ち主で黒いストレートロング】
【優しい性格で塾生には“美雪ちゃん”と呼ばれ慕われている】
【露出癖の持ち主で、昼間に明るい場所で全裸徘徊するのが大好き】
【因みに子供に裸を見られるのも好き】
【希望するプレイ 自発、無理矢理どちらでも全裸徘徊、視姦、言葉責め】
【NG 本番(挿入) 暴力 大スカ】
【概要 ある古びた集合団地の敷地内の繁みで子供達に全裸を見せていた際に絶頂を迎え、一端気を失った彼女が目を覚ましたら―】

ん…ぁ…私…ぇっ?ここは…っ!
(目を覚ました美雪は自分の裸身にあたる空気の感触、明るい空…それらを認識し)
(自分が子供達に全裸を見せていた際に快感のあまり絶頂し、気を使っていた事を自覚する)
んぁっ…やだ…私…ご、ごめんねボク達…お姉さんったら…
(美雪は困った様な笑みを浮かべながら仰向けのまま、まだ近くにいるであろう子供達に心配をかけたと思い謝るのだが…)
え…何…どうかしたの…っ…え…?
(子供達からの返事が無いのを不思議に思い、上体を起こして周りを見るのだが)
(子供達…美雪の裸身を鼻息荒く観察していた子供達が居らず…)
な…なんなの?…何処…ここは…何で…?
(周りの景色は自分が居た団地の敷地の繁みとは違っていて…)
…ふ、服は…な、無い…やだ…どうして…?
(一瞬裸を見せてた子供達が悪戯でもしたのかと考えたが)
(少し気を失っただけの間に子供達がそんな事をする余裕があったとは思えない)
こ、こんな場所っ…知らない…近所にも無い…どうして…
(美雪は全裸で広い見渡す限りの草原に全裸のまま投げ出されていた)

【全裸で異世界転移してしまった爆乳講師…皆さんの指示を待ちます】
52 : 名無しさん@ピンキー2017/10/09(月) 09:52:05.22 ID:ILHFoJ/O
52
53 : 名無しさん@ピンキー2017/10/11(水) 06:01:55.58 ID:???
>>51
その草原を今向いてる方向に真っ直ぐ歩け
そうすれば道がある
そこを右に行けば街があるから街に向かって歩いてゆけ
絶対に手で隠すな
54 : 田宮美雪 ◆dawyFxRe1M 2017/10/11(水) 13:54:24.53 ID:???
>>53
えっ…?な、何…?声…何処からっ…
や、やだぁっ…?身体が…勝手に…
(草原の中でへたりこんでいた美雪は唐突に脳内に聞こえた声に困惑し、周囲を見ようとするも)
(身体は勝手に立ち上がり、座りこんでいた時に見ていた方向に脚が動き出した)
なんで…まっ…待って…!
やだ、やだぁっ…ここが何処かも判らないのに…あんっ…止まれない…
(94センチの乳房を手で隠そうとせず、盛大に揺らしながら足速に草原を走る)
…っ…なんなの?此所は日本なの?
はぁっ…あん…こんな草原じゃ…すぐに人に見つかっちゃいそう…!
(乳房に対して小さめな乳首は硬く勃起し、艶やかな黒髪は風になびき…)
(明るい場所での全裸露出を好む美雪の身体は混乱しながらも興奮に濡れていた)
あんっ…お汁が垂れちゃう…んん…
(股間から零れる愛液が飛び散り光る滴になって輝く)
はぁっ…んっ…ぁあん…道…本当にあった…え…右…街?…ぁ…ぁあ…っ…
(美雪の裸身はためらいながらも、声の指示する街のある方向に進み始めた…)
55 : 名無しさん@ピンキー2017/10/12(木) 12:38:55.35 ID:???
道を行き出会った人にアソコをくぱぁと開きながら「私は露出狂の田宮美雪です」と挨拶しろ
この世界には綺麗な女性限定で「露出狂」が職業として存在するぞ
56 : 田宮美雪 ◆dawyFxRe1M 2017/10/12(木) 23:32:36.61 ID:???
>>55
はぁっ…んはっ…っ…やぁ…ん…
(プルン…プルンと…恥ずかしいほどに乳房を揺らしながら脳内に聞こえた声の)
(指示した方向にひたすら歩き続ける美雪)
なんなの…この道…全然舗装されてなくて‥足の裏汚れちゃう…
草ばっかしか生えてないけど…牧場……?
(元々全裸徘徊時に靴を履かない主義の美雪。何度も思う事だが近所でも全く知らない場所)
(近所に…子供達に裸を見せてた場所の近くにもこんな場所なんて無かった)
あ、脚…ぁあ…止まらない…止めれないっ…こんな何も隠れる場所が無いのに…
(全く記憶にない道…勝手に動いてしまう身体…脳内に響く声…)
そ、そういえば…さっきの声…人に見られたら露出狂の美雪と言えって…
む、むり…絶対に出来っこない…
(何度も昼間の露出を行ってきた美雪だが、子供に見つかった事があるだけで、警察に捕まる)
(様な事態には至った事が無い。乱暴な男に見つかって犯された事も無い…)
(本当に街になんて行ったら…警察に捕まって…)
いや、いやっ…そんなの絶対ダメ…未だって誰かに見つかってるかもしれないのに…!
ひっ…?あ、あっちから…人が来る…?何人か…来てる…
だめ、ダメ…止まって…止まって…いやッ…?足が勝手に‥!
(遠方に…この一直線の舗装されてない道…その向こうに数人の人影が見える)
(このまま歩いてなんて行けばその人たちとすれ違う事に…いやそれだけで済むわけが無い)
(出会った相手に指で秘部を指で広げながら露出狂の田宮美雪です何て紹介をして…)
(もし相手が凶暴な男だったら何をされてしまうかわからない…)
(先ほど聞こえた声…さっき何かその挨拶命令の後に何かを言っていたが思い出せない…)
ぁ…ああっ…!む、向こうにも気づかれた…ひっ…ビックリしてこっち走ってきてる…?!
いや、いやぁっ…逃げたいのに…戻れない…手で…隠せない…!
ぁ、ぁあぁんん…!っ…えっ…?何…なんであんな格好…?
(遠くの方に見えた人影…その人影が近寄ってくることで美雪の心はパニックになりかけるが)
(近寄ってきたことで明らかになった彼らの服装…その異様さにも意識を奪われる…)
(なんで…ここ日本でしょ…?何であんなゲームの中みたいな服装…?)
やっ…気づかれちゃった…ひ、ひぃっ…来ないで…やだ?男の子ばっかり…?
(外見の年齢は美雪が担当している進学塾の生徒と同じ位だろうか…』
(向こうも美雪の存在に気付いたのか…驚いた表情で美雪に向かってくる)
ぁ、ああ…や…やだぁっ…!
(引き返す事も隠れる事も隠す事も出来ない美雪…走ってこちらに向かってくる子供達に)
(自分の方も歩み寄っていってしまう形になってしまう)
『すっげ〜!裸の女の人だ!』『うわ…綺麗な人だなぁ…』
『おっぱいでっけ…何歳位かな…』『お姉さんどうしたの?』
『モンスターに襲われたの?大丈夫?』
57 : 田宮美雪 ◆dawyFxRe1M 2017/10/12(木) 23:33:33.95 ID:???
>>56続き
あ…あわわっ…ひっ…み…見ないで…ひ…これは、その…
(モンスター?何でモンスターに襲われたなんて言うの…)
(男の子たちに囲まれうろたえる美雪。だがモンスターって何…?)
(そして…この子達の服装…それだけでなく髪の色…顔立ち…日本人とは異なっていて…)
(まるで…塾のやる気のない子が時折遊んでいるゲームのキャラみたいで…)
(ぁ…そんな…そんなこと考えてる前に…い、いや…身体が…勝手に…や、やめてぇ…!)
(うろたえていた美雪だが…いつの間にか身体が脳に聞こえた声に従う動作を取り始め)
んん…はぁ…は、初めまして…
(子供達に向かって腰を突き出し秘部を指で広げ…だめ…その先の台詞は言っては…!)
わ、私は…露出狂の…田宮美雪…よ…っ…!
(だめ、だめ…ぁ、ああっ…言っちゃった…ぁ、ああっ…んんっ…)
(美雪の眼尻に涙が浮かぶ…それと同時に…秘部の奥から熱い液体がトロッと溢れて来る)
んん…ぁっ…ふぅあああぁ…くっ…
(屈辱ポーズのまま震えている美雪…顔は真っ赤で涙ぐみ…全身に汗が浮かぶ…)
(……だが目の前の子供達の反応は美雪が全く予想だにしえないものであった)
『うわ、すっげええ!露出狂のお仕事やる人いたんだ!』
『うん、俺も初めて見た!でもあれってかなり美人じゃないと出来ないって話だろ』
『俺らの町にはなんでか露出狂が来てくれたこと無いんだよな?』
(な…お、お仕事…?何を言ってるの…この子達…?)
(子供の言葉に美雪がますます疑問を深めてゆく…露出狂のお仕事やる人…)
(露出狂のお仕事なんてあるみたいな言い方…露出なんて変態性癖なのに…)
ひっ?や、やだ…お尻…誰…んん…やっ…やめっ…!
(子供の一人が美雪のお尻を嬉しそうに撫で初め…まるで尊敬する様に美雪を見上げる)
(そして―――)
『お姉さん、俺らの町の方に向かってたけど…俺らの町に来てくれるの?』
『俺らが連れてってやるよお姉さん!』
『みんな喜ぶぞ!俺らの町に露出狂来るなんてマジ初めてだろ?!』
『お姉さん文句なしに美人だし…そうだ、ボクらの町のギルドに登録しなよ!』
(子供たちのなぜか嬉しそうな反応…美雪には訳が分からない言葉の数々…)
(美雪の頭は混乱する…いったい何がどうなって…今私はどこにいるの?)
(なんでよくわからない子供達に囲まれてるの…?)
(なんでさっきからゲームみたいな言葉ばっかり喋ってるの?)
ぁ、ぁあ…私…ぁ…
(訳が分からず首を振り頭を抱える美雪であった…)

【次レスで行動支持お願いします】
58 : 名無しさん@ピンキー2017/10/15(日) 17:19:50.32 ID:???
>>57
【子供達と一緒に全裸のまま街まで行け】
【道中、街中でも一切隠さない事】
【ギルドにはっきり”露出狂”と申請して登録する事】
【他の職業と違い、露出狂は申請登録時の格好がデフォ衣装になる】
【尚、ギルドから露出狂の証である首輪が貰える】
【露出狂は神官とかシャーマンに近い存在として扱われてる設定】
【この世界では変態と露出狂は別の存在】
【露出狂は全裸徘徊してて卑猥な目で見られても襲う事は許されない】
【露出狂として格が上がればそのエロボディに様々な能力が宿る】
【全裸生活を続けてるだけでも格が上がっていく】
59 : 田宮美雪 ◆dawyFxRe1M 2017/10/16(月) 23:21:50.81 ID:???
>>58
(え…何…また何か声…命令してる‥‥!?そんな…街にはきっと人がもっと沢山…)
(そんなところでも堂々と全裸で歩けって言うの…?)
(子供達の誘導に従って爆乳を揺らし、道に淫らな液体の後を残しながら歩く美雪)
(道沿いにはただ草原や…遠くには見た事のない森林…鉱山が見えて…)
(美雪の住んでいた住宅地の様子とは全く違っていて…)
(そう、道沿いには建造物らしきものが何もなくて)
(子供達の話によると街や村はそれなりに離れていて、それを繋ぐためにこうして)
(方向を示す様に道を表す草の生えていない…アスファルトの無い道が引かれてるらしい)
はぁ…ぁん…何が起きてるの…これは夢なの…?
(まるで子供のころ遊んだゲームのRPG…それを思わせる配置…)
(子供達の服装もゲームの本に描かれてた村人や待ち人の様な格好…)
(おかしいと思っている事…ここはどこなの?何かのイタズラなの?)
(美雪のいた世界の常識と照らし合わせた疑問を子供達に投げかけたいのに)
(なぜかそれを言う事が出来ない)
ぁあ…なんで…なんで…?あっ…ひっ?!
(前方から農具を担ぎ牛を連れた男性…これも美雪のいた場所では見ない光景…が現れる)
(だめぇ…裸で子供達といる所なんて大人に見られるなんて…!)
(手で隠してしゃがみ込みたい…Uターンして逃げたい…)
(そう思っているのに身体はそのように動かない)
(手足が重いとかだるくて動けないわけではない) 
(ただただ身体が軽やかに勝手に動いて美雪の思い通りにできないのだ)
(そうこうしてる内に牛を連れた男性は美雪達に気づき目を丸くしてそのまま歩いて来る)
『よぉ、お前ら…何だその裸の…めっちゃオッパイデカい姉ちゃんは?』
(この状況でも手で隠せない美雪。それどころか手が子供達に会った時と同じく)
(股間に伸ばされてゆき…)
わ、私…露出狂…なんです…この子達に街まで案内してもらってて…
は、はい…!この子達も街で登録させてもらいたいと思ってます…
『露出狂かよ!それはすげえなあ…昔一回露出狂見たことあるけどアンタほどの
 ベッピンさんじゃなかったぜ…オッパイも見事な実り具合だなぁ…!
 なぁ、アンタ名前なんて言うんだ?』
ぁ、はい…私…田宮美雪…です…
『へぇ…美雪ちゃんって言うのか…仕事終わったら会いに行ってもいいか?』
は、はい…どうぞ、喜んで…
(ぁあ、ダメよ私…!なんでこんな返事しちゃってるの…他にするべき反応…』
(なんでそれが出来なくなってるの…?)
(自分でも理由がわからず出会う人間に手で裸身を隠そうともせずに)
(露出狂ですとはっきり教えてしまう…美雪の混乱は強まってゆく…)
『しっかし本当に見事な身体だなぁ…肌も白くてきれいだし…ぉ?』
(牛を連れた男の視線が美雪の股間に向けられた)
ぁ…んん…はん…
(ダメ…だめぇえっ…アソコこんな状況なのにヌレヌレになってる…)
(男の視線を遮る様に股間の前に手を添える事も出来ない美雪)
(だが露出狂…人に見せる…昼間の全裸露出を本能的に好む美雪の身体は)
(今子供を含む男達の視線に取り囲まれた事でさらに膣奥から)
(淫らな液体を滴らせる…それは周りからわかるほど…)
(美雪の太ももを愛液の筋がツッーーッと伝って行く…が)
あひゃぁっ!?んんっ…何っ?ぁ…ぁっ…ああっ…んんん!
(美雪の背後にいた子供の一人が美雪の太ももに触り、勝手にそこを濡らす)
(愛液を指で掬い取った…それに驚いて飛び跳ねる様に振り返る美雪…)
だ、だめ…!そんな…そんな物…舐めちゃ…ぁ、ぁあ‥ひああぁっ?
(その子供は指先にまぶされ光る愛液を感動した様に見つめた後躊躇いなく)
(その指を舐めしゃぶりはじめ…それを見た美雪は長い髪を振り乱し)
(小さな絶頂を迎えさらに愛液を膣から噴き出すのであった)

【眠くて書いたので駄文すみません】
【続きます】
60 : 田宮美雪 ◆dawyFxRe1M 2017/10/19(木) 13:57:22.02 ID:???
>>59の続きです…
いゃぁん…っ…はぁっ、はぁあっ…
(子供達と牛をつれた男の前で美雪はガクガクと脚を震えさせながら)
(突き抜ける快感に翻弄され、ポタポタと大量の愛液をまき散らした)
『うわぁ…スゴいぃ…』
『本当に露出狂の仕事の人って触らなくてもイクんだ…』
『姉ちゃん…いや、美雪ちゃん…へへ、本当にこんなレベルの高い露出狂が赴任してくれるのかい…』
ぁっ…ぁあっ…そんなぁ…私…
(何で?何でこんな場所でイッちゃったのに、どうして…?)
(驚愕の視線は確かに浴びている…それなのに…その中に…)
(美雪のいた世界では当たり前の露出狂に対する軽蔑や嘲りが感じられない)
(ただその絶頂を迎えたばかりの美雪の眩しい裸身には感動の視線が浴びせられる)
……っ…
(どうして…何で…その一言が出せない)
(ひょっとして自分の露出趣味を知った誰かの質の悪い悪戯か…そんな疑いもある…)
(…でも…身体が勝手に動く事への説明がつかない)
はぁっ…ん…ぇっ?きゃっ!?
(息を整える美雪のお尻を押され、腕を掴まれ…)
(子供達が嬉しそうに美雪の手を引っ張り、背中を押し、街に誘導しようとしていた)
【駄文でごめんなさい…もう少し続きます】