露出プレイで楽しむスレ 露出2日目 [無断転載禁止]©bbspink.com

1 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/09/05(火) 22:26:27.00 ID:???
自発、強制を問わずあらゆる露出行為を告白したり命令したりしながら
見る側も露出する側も楽しむスレです
 
前スレ
「露出プレイで楽しむスレ」
http://mercury.bbspink.com/test/read.cgi/erochara/1336271698/l50

※荒らし、煽りはNGです。
色々なキャラが降臨したりします。消えてほしくない場合はこまめに
返レスを行ったりして関係を長続きさせましょう。

因みに前スレは私工藤未来の欲望が暴走して512KBオーバーしてしまいました。
オシオキとして私を露出で虐めてください
59 : 40 ◆dXtxuvVWtSnP 2017/09/17(日) 22:08:24.92 ID:???
>>56
(何時もの露出には、どうしても露出狂の変態女に向けられる蔑みが混ざっているが、
目の前の中学生であろう純な男の子の眼差しに、それは混ざっていない)
(あの日、コンビニに置いてある様な、18禁ではないちょっとえっちな漫画を初めて買う様な
男の子にとっては、未来の姿は衝撃的過ぎて、その辺りがマヒしてしまったのだろう)

(ただ本能の優しい肉欲と、綺麗なものを見るぎらついた眼差しは、
お姉さんの身体に注がれており、変態露出狂の蜜の匂いを嗅ぎ取り)
(あの日の優しい匂いと同じような、違う様な発情した蜜香を放つ秘所は、
男の子の雄を釘付けにさせて、無意識にスマホは数枚のエロ露出狂画像を記録する)
……ひとりじめ。……おねえさんにめいれい……。
(ゆっくりとそう聞こえるように、未来の言葉の部分を繰り返し、
聞こえる誘導に率直に従いながら、バクバクと激しい心臓の鼓動を聞き)
60 : 40 ◆dXtxuvVWtSnP 2017/09/17(日) 22:09:51.02 ID:???
>>56
(あ……、メモリーカード、足りないかも……。コート抑えて……、これで良いの?)
(お姉さんのおマン〇のあるあたりに耳を傾け、リモコンのスイッチを入れると)
(……すごい、何か震えてる……?ええっ、玩具?お姉さんが……、ボクの?
(無意識で記録していた震えるえっちな未来の画像を見て、白黒していた眼が鮮明さを取り戻し、
(……、未来さん、じゃダメなんだろうな、多分……)
みく、ミク、未来……。
(呟くように繰り返すたび、何か分からない物がはっきりとしてくる。
ローターのスイッチをオフにして、自分の、先日のどさくさで持ち出してしまったウェットティッシュで
コードが出ている未来の牝穴をちょっと拭いて、言われたとおりにポケットからチケットを出し)
コート閉じて、未来。まずはメモリーカード買って良いかな?
水着は……、うん、ごめん、持ってきてないや……でも、遊園地行こう、ね、未来。
(手を取られて、ゆっくり歩きだす未来のスマホに送られる少年の名前は『山宮 浩二』
『あっちにちょっと大きい電気やさんがあるけど』『そこの階段なら誰も来ないと思う』
少年は少し前かがみで歩きにくそうである)

【2レスになりました。次からはもう少し短くします】
61 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/09/18(月) 00:21:48.48 ID:???
【埋め立てテスト】
62 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/09/18(月) 00:22:21.04 ID:???
>>59 >>60
(あぁ…すごい…この子…ローターで私が悶えてるの…見て興奮してる…)
(しかも、あんな目になって夢中になって撮影して…ぁぁ…私悪い事してるのに…)
(真っ当なデートじゃなくて変態露出狂女としてデートして…この子を壊してるかもしれないのに)
(でも…でも…ぃいの…身体中痺れて…頭の中まで麻痺しそう…)
んん…どう…?どうっ…?ロー、ター…面白いっ…?
コレ、いきなり…お姉さんにその気が無い時に、スイッチ入れたりするのよ…んん…
(しばらくローターで私の身悶えを鼻息を荒くしながらも観察していた彼でしたが)
(意外とあっさりスイッチは切ってくれました…ん…使い方とか考えてくれてるのかな…)
ぇ?ゃ…ちょ、ちょっと…ぁん…また…コンビニの時の続き…してくれるの…ん…そこ…
(一応女性の股間…おマン〇からイヤらしい液体が溢れるくらいの知識はあるのでしょう…)
(コンビニでもこの子の前で、私は大きく開脚してヌレヌレのアソコを見せっ放しでした…)
え…未来って……ん…うん…!
(でも、さっきまでかなり緊張していた男の子も…私の名前を教えた事…)
(私と今から…変態露出女を好きな様に出来る事、独占出来る事…それを理解したのか)
(その言葉が…まだ緊張が残って途切れ途切れになりながらも…力強くなっていました)
はぁ…ん…そう、嬉しいな…お姉さんのチケット、使ってくれるんだ、うふふ…
ぁ、メモリーカード…やっぱり心許なくなっちゃった?
さっきもすごい勢いだったもんね…私の裸…良かったかな…ん…
(男の子が意を決した様に…しかもかなり年が下の子が…私の事を『さん』付けではなく)
(はっきりと未来と呼び捨てにした時は驚きました…でも…)
(私と彼は今から男と女としてもデート、するんだから…許していいのよね…?)
ぁ、ちょっと…まって…片手だと…うまくコートが閉じれなく…って…
(少年が意を決した様に私の手をぎゅっと握って、ついに彼のエスコートが開始されますが)
(さっきまではコートの前身頃を両手でしっかりガードしていたので…)
(片方の手を掴まれ残った手だけで押さえるとなると…今にも大事な部分が…)
ぁん…オッパイ揺れてる…太ももでちゃうよっ…ぁんん…え?
(山宮浩二っていうんだ…この子…名前教えてくれた…ふふ、いいな、こういうの…)
こ、浩くん、浩くん?…あん…どこ行くの?
(あ…浩くんって読んだら少し固まった…可愛いなぁ…)
(そう…この子が求めて来る時…それ以外の時…玩具の姿とお姉さんの姿…)
(ちゃんと両方使わないと…この子…浩くんを今日いっぱい楽しませたい…)
(…エッチな事も良いけど…私に甘えてくれるかな…)
(コンビニでこの子を胸に抱きしめて頭を撫でて…頬にキスもしてあげて…)
(私も…露出狂としてもお姉ちゃんとしても頑張らないと…)
(どうやら、メモリーカード追加のために電気屋さん…大手家電量販店でしょうか?)
(そこに向かうみたいですけど…え?そこの階段に誰も来ない…?)
(ぁ!浩くん…自分でも一生懸命私に何かしてくれようとしてるんだ…)
ぁあっ…はぁ…浩くん…!待って…少し止まって…んっ…!
(ぁ…浩くん止まってくれたけど…ゎぁ…皆…結構こっち見てる…)
(胸とか…お尻とか‥まだ他の人には見えてない…わよね…?)
(私と浩くんの組み合わせ…やっぱり異様なのかな…でも…)
ねぇ…浩くん?今日は…私…期待しちゃう、からね…んっ…ふふっ…
(割と多くの人がこちらを見てる中…私は浩君の前でかがむと…)
(彼の前で軽く体をかがめて…彼の額にそっとキスをしてあげました…)
(あ‥浩くんは当たり前だけど…周りの人も…割と驚いちゃってる…)
(みんなからは…どう見えたかしら…カップルっぽく見えたのかな…?)
(そして浩くんはしばらくあっけにとられてる様子でしたが)
(私の腕を掴む力は何かがみなぎって来るようにさらに強くなってました)
ぁんん…もう、浩くん…ゃん…ちょっと、早ッ…やだ…揺れて…
(彼の言う電気屋さんにたどり着いた時にはコートの上の方は内側から揺れて)
(押し上げるオッパイのせいでかなり開いてしまって、胸の谷間からお臍までのラインが)
(周りから見えてしまう形になっていました…)
(浩くんもその姿に驚いてますが…すぐにスマホを取り出して撮影をしています)
ぁ、浩くん…?ここに用事…何かしたいことがあるんじゃないの…ふふ…
(浩くんもすぐに気づいたようで…しばらく迷ってる様子でしたが…)
(彼の口から出てきた私への要求というのは―――――)
63 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/09/18(月) 14:06:55.96 ID:???
>>52
【883さん…】
【この時間だと営業してるお風呂屋さんとかは無さそうだけど…】
【銭湯の男湯に私を連れ込んでお互いに洗いっこしてから】
【存分にアソコを舐めてもらうのも良いかも…】
【皆に私の肌の…水にぬれた私のお肌の感触…アピールして欲しいな…】
【或いは別の日に一緒に銭湯に行くのも…もちろん全裸命令なら従うわ…】

>>60
【浩くん…この後、どうやって移動する…?】
【電車やバスを使っても良いけど…こんな格好で電車に乗って痴漢にあったら大変かも…】
【私の身体が特定の男の人のモノだとアピールできれば痴漢さんも何もしないかな…】
【バスなら結構空いてるかも…空いたスペースで、ね…】
【下半身ツラくなったらどうする…?前みたいに抱きしめる?】
64 : 山宮浩二 ◆dXtxuvVWtSnP 2017/09/18(月) 18:54:24.03 ID:???
>>63
【取りあえず本格的なお返事は明日くらいになりますが。】
【未来さんの今の姿で遊園地まで電車はちょっと無理があると思いますし、
バスの後ろでか、タクシー呼んじゃうかですね】

【下半身は、そうですね……、まず最初はお姉さんとして良し良しで、抱きしめて、
少し甘えて落ち着いたら、ローターオンとかどうです?】
65 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/09/18(月) 20:39:00.51 ID:???
>>64
【わかったわ…でも、この格好で電車の乗るとね、電車の揺れでオッパイ揺れちゃうのよ…】
【今回のコート、あんまり厚くないから水をかぶったりすると肌に張り付くし】
【あんまり光が強いと身体のラインが透けちゃうかも…】
【うん、さっきから前かがみで苦しそうだから…いっぱい甘えてね…】
【ローター、私が油断してる所たっぷり狙ってね…でも途中で電池切れちゃうかも…】
【電池はリモコンじゃなくてローター本体の方が切れやすいわ…】
66 : 883 ◆kqg1q2mpm2 2017/09/18(月) 21:39:48.80 ID:???
>>63
【とりあえずは一旦別の日がいいかもですね】
【翌日に全裸状態で銭湯に連れて行くとかで】
【お風呂場で沢山の人に見られながら体を洗ったりおまんこを舐めたりして】
【その後はお風呂の中でたっぷりと中出しセックスでご褒美なりお仕置きをしてあげたりと】
67 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/09/18(月) 21:57:30.03 ID:???
>>66
【うん、別の日でも良いかもね…】
【今日の事を思い出して罪悪感に満ちた私をまた快楽責めにして欲しいの】
【その…今日よりも早い時間に呼び出すか…家の前で待っていてもらえると…】
【私は銭湯の代金だけでタオルも桶も用意する必要はないかしら?】
【私は髪の毛が長いので乾くまで時間がかかるけど…】
【銭湯の前とか後にもやはり…今日みたいに濃密なデートしてくれる?】
【他の男性客への牽制として…恋人の様なキス…もした方が…いいのかな…?】
68 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/09/19(火) 13:50:29.01 ID:???
【883君、私を弄ぶバリエーションがまだ次に取って置きたいなら】
【完全に気絶した私をゲームセンターからお姫様抱っこで運びながら】
【最初のコンビニ近くまで来た辺りで私の意識が回復】
【お互いにヤリ過ぎて疲れたと会話しながら、翌日もエッチなデートを約束】
【私の家の前まで運びながら、翌日の夜8時に会う事で同意】
【別れる前にあれだけ激しくセックスしたのにキスをしなかった事から1分間程キス】
【お互いに照れくささを感じながらも翌日のエッチなデートに期待して解散】
【と言う流れはどう?】
69 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/09/19(火) 18:33:44.43 ID:???
【勿論、アイディアがあるならもっといじめて辱めてね。大スカはNGだけど】
70 : 山宮浩二 ◆dXtxuvVWtSnP 2017/09/19(火) 22:14:48.72 ID:???
>>62
(お姉さんを未来と呼び捨てにしているのは、彼女を楽しませる少年の意気の表れだったが、
同時にそれは力強くも、微かにためらいを残している)
(本当にえっちな露出狂だった未来は今日は玩具だが、少年が感じたやさしく綺麗な
お姉さんでもある訳で――)
あっ……。
(名前をスマホで教えたあとの「浩くん」呼びに、一瞬固まり「で、デートなら自然、自然……」
と、つぶやきつつ、赤い顔をそむけて手を引く様は、あまりエスコートとして様になってはいない)
(待ってと言われて、ちょっと歩くの速すぎた?と、一瞬考えた後で立ち止まり、未来の方を見ると、
片手を取って歩き出したので当たり前だが、水色のコートは乱れてお姉さんの肌が見えそうで)
(……ま、周りに気付かれては……、いないよな、セーフっ……。
(確実に注目されてはいるものの、むしろ二人の組み合わせに注目が集まっており、
お姉さんのコートの下まで気にする人はまだいない様であり)
――!?
(ちょっと前かがみで近くに来た、未来の姿を見たら――)
(額に当たるお姉さんの唇、近くに感じる未来のえっちで優しい匂い――)
(かぁっと、赤い顔が更に赤く染まってしまい)

(……お姉さん、ああいうのずるい。)
(と、手を引く力を無意識に強めつつ、電気店に早足で歩き着く)
(歩く間に少し前かがみはなくなっていたが、振り向き見ると、未来のコートはかなり開いており)
(手に持っていたスマホで、未来を撮影しながら、未来のスマホに要求を飛ばし)
『まずは階段に行こう』『そこでコンビニの時みたいに脚開いて』
『未来のエッチな体触ってあげる』
71 : 山宮浩二 ◆dXtxuvVWtSnP 2017/09/19(火) 22:18:41.64 ID:???
>>65
【あ、いえ、電車は無理かなというつもりでした】
【では、バスの後ろの方にしましょうか】
【ローターの電池は了解です、電気店で買うなりしても良いかも知れないですね】
72 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/09/20(水) 12:52:38.65 ID:???
>>70
あんっ…ふぅっ…乳首、擦れちゃう…
(電器屋さんの近くの階段に連れ込まれた時にはコートの合わせから、乳首…乳輪部分が見えていました)
あん…お臍まで…肩…ずり落ちちゃう…っ
(元々ゆったりしたサイズだったので腰より上の部分…お臍も見えていて、白い肩がこぼれかけてました…)
はぁあん…ぁん…い、良いよ…撮って…いっぱい…
(浩くんは興奮しきった…いえ、これから考えればまだ興奮途中かな…顔で私の顔、身体を撮影しています)
あぁんっ…浩くん…の目…気持ち良いっ…ねぇ…私…そんなに美味しそうっ…?
(浩くんの目…ギラついてる…エッチな目なのに…あんなに喜んで…)
(私の事、綺麗だと思ってもくれてる…くすぐったくて、嬉しい…)
(もしコンビニで浩くんが身体を拭いてくれた時…そのまま本能のまま私を押し倒してたら…)
(あの後の痴態を知ったら幻滅されちゃうのかな…?)
(そんな妄想をしながら完全に人目が無くなったのを確認して…私は手から力を抜くと、コートの前は完全にはだけ、肘のあたりまでずり落ちました)
ぁんっ…浩くん…私のオッパイ…乳首…他の人にギリギリで見られたかも…っ…んっ…
ぁ…?
(スマホを見ると浩くんから…触りたいから階段でコンビニの時と同じポーズを取って欲しい…と言う要求が…)
もうっ…浩くん…まだ恥ずかしいっ…の…ふふっ…
(コンビニの時と同じ…階段に座りながら脚を開いて…コート…脱いじゃおうかな…)
(私はコートを脱ぐと…あんっ、浩くんったら…驚いてる…階段に座り…脚を広げます)
ど、どうかな?ぁんっ…結構…人の声…聞こえるね…
(あの時と違うのは腰にはベルト、アソコからローターのヒモが出てる事位です…)
ねぇ…ん…来て…浩くん…触りたかった…んっ…だよね…コンビニの続き…しよ?
73 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/09/20(水) 18:02:16.07 ID:???
ぁあん…っ…早く…触って…っ…ひっ…?!
ぁ…あぁっ…浩くん…っ!
やだ…目…そんな目っ…そんな顔…されると…しっ、痺れ…ぁっ…あっ…!
(広げた私の脚の間に入る様に…オマ○コを覗く様に近寄って来た浩くん…)
(私に触れるよりも先に…もう一度私に触って良いか確認する様に乳房の間から見上げて来た…その目…表情…)
(私…エッチに食べられちゃうんだ……浩くんみたいな年下の子にまで…)
(それは最初…デートの約束の時から自覚していたのに…)
(私の全裸を見てギラついた彼の目…私がそんな目にさせている…)
(目を合わせた途端…まだ彼が触れてもいないのに…脚の先から脳髄まで)
(突き抜ける様な心地良い痺れが私を襲ったのです…)
ぁっ、ああっ、い、あぁあぁあぁっ!
だ、駄目ぇっ…まだ…触っても…あ、あひぃ…ひゃらぁめぇえぇぇえっ!!
(いきなりの事で驚く浩くん…そんな彼に愛液をかけながら…私は絶頂を迎えたのです…)
(それと同時に膣内のローターがドポッ…と滑り出て…さりげなく差し出された浩くんの掌に落下しました…)

【此所で始めて浩くんにローターの実物を見せちゃいました】
【遠慮無く触るか、もう一つ二つ何か悪戯するか好きにしてね…】
【私…浩くんに始めて会った日より敏感になってる…】
74 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/09/22(金) 06:39:45.15 ID:???
>>57から…
ん…ぅぅ…ん…ぁ…ぇ…?
(未来は身体にかかる揺れる感触…それに目を覚ます)
(ん…朝…暗い…っ…)………っ…あっ…?
(裸の身体…そして身体の側面に当たる温もり…)
(ぁ…あ…わ、私…ゲームセンターで…!)
(すぐさま蘇る自分の痴態の記憶…その恥かしさに身悶えするが)
あっ…!ひ…?
(肩と膝を抱き抱えられていて動きにくい…顔を上げた未来の視界に)
(未来を徹底的に貪り犯しまくった男の顔…男の方も未来が目を覚ましたのに気付いた)
や…やだぁっ…もう…無理…降ろして…ぇ?
(また犯される…でも流石に今日これ以上セックスは…怯える未来だったが、男の顔が今日みた中で一番穏やかな事に気付いた)
…え…?そ、そう…なの…ぁ…でも…此所は…
(未来は自分が今何処にいるか判らなかった…先程ゲームセンターで意識を失い)
(目を覚ました時には男…自分よりも年齢も身長も下の男にお姫様抱っこされ運ばれて…)
(男が言うには気絶した未来をゲームセンターから連れ出してくれたらしい)
ぁん…っ…やぁ…身体…力入らない…
(男の腕から降りようとする未来をその男がなだめる)
(最初の気絶より長く気を失ったため、男…少年なりに心配してくれたらしい)
(取りあえず…未来を出会ったコンビニの近く…その辺りに運んで介抱しようとしていた、と…)
…そう……ありがとう……
(ゲームセンターの汚れは少年が落としてくれたみたいだ)
…ごめん…ね…汚したの…私なのに…
ぇ…家まで…運んで…くれる…の?
…ぁ…でも…私…ひとり暮らしじゃない、から…家で御礼出来なくて…
ごめん……
…………ねぇ…だけど…今日だけで……終わりなのかな…?
……明日も…露出してたら…会える…かしら?
75 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/09/22(金) 23:12:50.95 ID:???
>>57からじゃなくて>>58からでした…ごめんなさい…私ったらドジで…】
【でも>>883くん…翌日一緒に銭湯行ったりしてこれからも関係が続くなら…】
【キミも名前…教えて欲しいな】
76 : 名無しさん@ピンキー2017/09/23(土) 22:25:57.57 ID:???
君の名は
77 : 山宮浩二 ◆dXtxuvVWtSnP 2017/09/24(日) 01:21:13.36 ID:???
>72-73
……うん、未来の身体、すっごくえっちで美味しそうだ……。
(すでに未来がコートを自主的にはだけさせたくらいでは、驚かないが、
興奮はする様で、男の本能でぎらついた眼差しには年頃の純が重なっており)
(周りの人眼は一応気にしているものの、眼は先日と同じく綺麗なお姉さんの
身体から離れず、高い身長、綺麗な顔、大きなおっぱい、あれだけの事をしても
綺麗な肌に直のベルト、先日剃られて玩具のコードが覗く秘所……)

あ、未来……。
(コートを脱ぎ捨て、少年の命令通りに、脚を開いて、周りに人がいない事を除けば、
先日のコンビニと同じ、卑猥な開脚体制の未来に近づいていく)
(そのまま、おマンコを覗き込み、指を伸ばす前にちょっと未来の顔を覗き――、
その年下の男の子の、ぎらついた、性欲に昂ぶる若い眼が、露出狂の情欲を射貫いたとは、
気付かぬものの、指が触れぬ内から、快楽に震えているえっちな未来を見つめて)

……――。
(男の子の手のひらや、顔に未来のいやらしい飛沫がかかり、牝の匂いを撒き散らし
(え?あれ。これって……、さ、触る前から……?
(浩二の乏しい性知識であっても、聞いた事くらいはあるが、ビデオとかは見た事がないため、
……、いや、それでも男の子の本能は、未来が現在絶頂したことを嗅ぎ取っていた)
見られちゃっただけで、イッちゃうんだ、未来……。
78 : 山宮浩二 ◆dXtxuvVWtSnP 2017/09/24(日) 01:22:57.47 ID:???
>>77 続き
コレ、入れなおしたほうが良いよね、未来。
(秘所から、蜜の流れに押し出されて、手の平に落ちて来たコードの先端のカプセル?を、
イタヅラ心でスイッチを入れ、震わせたまま、絶頂後の未来の女の穴に押し付けてみる)
(それだけではなく、男の子の好奇心のままに、蜜塗れの手の指を動かし、
お姉さんのえっちな反応を見るため、眼は未来の顔を見つめながら、
突起を指先で、弾き、後ろの穴の入り口を指で触れ。)

(ようやく、未来を玩具に出来るという事の実感が湧いてきたのか、
少年の身体は牡として、ズボンの中にピラミッドを作っており)
79 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/09/24(日) 09:21:13.60 ID:???
あん…ぁうっ…はぁん…いやぁ…私…ごめん…浩くん…っ…!
(浩くんに愛液を浴びせてしまった事…これからデートなのに…)
(その事を謝ろうとしたのですが、浩くんが呟いた一言…)
(私の身体に再び痺れが走りました…)
ぁんっ、はぁぁんっ…浩くん…ぅうんっ…そんな…ぁん…んん…
(浩くんは私に愛液をかけられた事も怒ってなくて、逆に…)
(触る前に…本当に見られただけで絶頂に達した私に感動し、欲情した様です)
はぁ…ぁん…やだぁ…オマ○コ…ヒクヒクしてるぅ…ゃんっ…!
浩くん…オマ○コと顔…比べないで…んん…息…くすぐったぃ…ん…ひゃぁぅっ…息…入って…ゾクってなっちゃう…
ぁんんん…イキたてマン○…観察っ…されてるぅ…ま、まだ、溢れちゃう…
(浩くんが興奮を隠さず、息も荒くアソコを覗き、それから舐める様に顔を見上げて…私の潤んだ目や赤くなった頬にさらに疼きを感じています)
え…戻す…?ぁんっ…きゃふっ…ん!やんっ…浩くん…スイッチ入れながら…なん、てっ…
ん…んんふっ…んくぅぅっ!ぐ、ぐりぐりっ、しないでぇん…
(少し嗜虐の感情の混もった声になった浩くんが)
(私の落としたローターをオマ○コにあてがってきました。しっかり作動させながら…)
あぁ…ぁあんっ…んんっ…は、入りゅっ…ん、んふぁあ…んぅっ、ん…ひゃうっ!?
(振動するローターを私の膣内にグニュグニュと押し込み…それだけでは終わらず私の中…)
(指一本の届く深さまで捩じ込み…その指先に興奮を込めながらスライドさせて来て…)
(ついにお触りが開始されました)
あふぅんっ!はぁっ…ぁあん…す、スゴいぃ…い、いひっ!ぁんっ…そんなぁ…お尻のあ、穴ぁっ…ぁん…!
いぃいっ…ひゃぅあっ…ソコ…クリ、トリ○っ…つ、摘んで…っ
ねぇ…指…浩くんのゆび…絞まってるの、判る…?
お姉さんっ…気持ち良いの…ぁんっ…もっと…もっと見て…触って…お姉さんの恥ずかしいトロケ顔見て…
ぁあんっ…こんなの…浩くん…私、達…すごくイケない遊びしてっ…
ねぇ…エッチな気分…なってる…?私…エッチな気分がっ…か、身体が…熱くてっ…浩くんも、ムラムラしちゃうっ…?
(私の視界にも浩くんのズボンが信じられない程膨らんでるのが見えてました)
80 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/09/24(日) 10:04:05.54 ID:???
あんっ、ぁん…はぁん…浩くんも、こんなヘンタイ全裸お姉さんに…ムラムラ…してくれるのね…
あん…気持ち良い…う…嬉しいなっ…ひっ…ゃんんっ!き、綺麗なんて言われちゃうと…
あん、乳首疼いちゃう…オマ○コっ…もっと…もっとキュンキュン…しちゃうの…
良い、良いの…恥ずかしいけど…ヘンタイ全裸マゾ女でも…綺麗…って言われるの…好きぃいっ!
ね、ねぇ…っ…顔…いが、い…オッパイっ…大きいの……ウエスト…くびれて…髪の毛…んん…あ、脚ぃ…長いの…好き…?
ヘンタイ全裸マゾ女のハイヒール…き、綺麗っ…?
(あんっ…浩くんは本気で…言ってくれてる!)
(こんなヘンタイパイパンマン○女が明るい場所でマン汁垂れ流ししてるのにっ!)
っ!あ、ぁあんっ…!嬉しい…幸せっ…なのぉ…!もっと…もっと見てっ!
エッチな目で…じっくり…しゃぶる様に見て…
見ながらっ…いっぱい…触ってぇ…恥ずかしい事…沢山言ってぇっ!
ぁあん…あん…ふっ…ぇっ……?
(浩くんも今にズボンを履いたまま射精しちゃうんじゃないか、と言う状態にまでなって)
(二人揃って…禁断の快感に昇りつめそうになったのですが…)
ぇっ…ローター…なんで…浩くん…?ぇ、…アレ…?
(浩くんの指で押し込まれたローター…それがいきなり止まってしまったのです…)
(どうして…このままイカせて良いのに…そう思って、浩くんを見下ろすと、浩くんも戸惑った顔をしてます)
え…?浩くん、ローター止めたんじゃないの…?
っ…ごめん……せっかく盛り上がってたのに…ローター…電池切れちゃった…かな…?ん…んくぅ…ん…
(膣内からローターを引き抜くと浩くんにスイッチを入れて貰います。)
(最初に少しヴヴッと動くだけで、すぐに止まってしまいました…本当に電池切れみたいです)
ぇ…あ…浩くん…電池買って来てくれる、の…?ん…ま、待って…浩くん…電池もカードも私がお金出す、から…
お、お財布私のベルトに…入ってるから…取ってくれる…ん…ふぁっ!
(私に抱き付く様にベルトに手を回す浩くん…私はその隙に彼を胸に顔を埋めさせる形で抱き締めました…)
(だって…浩くんのズボン…オチン○ン…コンビニのあの時よりももっと苦しそうだったから…)
……浩くん…キミ…スゴいね…優しいのにあんなにお姉さんを気持ちよくしちゃうなんて…
…年下なのに…格好良いよ…ね…
(今回はやっぱり…前のコンビニで抱き締めた時より、鎮まるのに時間はかかりました…)
81 : 山宮浩二 ◆dXtxuvVWtSnP 2017/09/24(日) 17:46:40.36 ID:???
>>79-80
(さすがに射精したことがないほどに子供ではないが、未来の身体に触れるので夢中で、
ズボンの膨らみに気付いても、自らの下半身には気を回さず。)
(震えるローターを指先で押しこむついでに、指を捻じ込み、熱く蕩ける秘肉を掻き回し、
恐らく恥ずかしい部分であろうお尻の穴を触れ、言われたとおりにクリトリスを摘まみ)

んっ、未来……、綺麗で……、エッチな顔でも……、もっと触って、エッチな気分にして、
ムラムラしてっ……、おっぱいも、背が高いのも、長い脚もすっごく綺麗でっ……。
(男の子の本心であるため、躊躇なく口に出せる言葉は同時に綺麗なお姉さんを
恥ずかしがらせる意図もちょっと含んでおり)
えっちで、ヘンタイ全裸女で、お○ンこぐしょぐしょのべとべとな、未来を見て、
触って……お尻の穴もっ、く、クリトリス?も……。

(禁断の快感が盛り上がり、お姉さんの顔も先ほどより激しく蕩けて――)
(……あ、あれ?スイッチ切れたって訳じゃないよ、な……?)
(浩二がラストスパートを切ろうとする前に、振動を止めた未来の膣内の玩具に、
二人ともに戸惑った様でお互いの顔を見合わせる)
82 : 山宮浩二 ◆dXtxuvVWtSnP 2017/09/24(日) 17:47:44.23 ID:???
>>81 続き
……、ああ、うん、これは電池きれてるみたい……?
(未来の身体から、引き出された大人の玩具は、明らかに電池が切れた挙動を示し、
……メモリーカードだけじゃなくて、電池も買おう。と、浩二に思わせた)
(強がろうとも思ったが、後で必要になるかもしれないし、素直にお金については
お姉さんの提案に従う事にしてベルトのポーチに手を伸ばすと)

うわっぷ、お、お姉さん?
(ちょっと素が出てしまったが、隙を突かれたのだから、仕方ない)
(……落ちつかせようとしてくれてるのは分かるけど、今の未来の身体は、
優しいのと同時にエッチい匂いがしていて……)
(格好良いと言われてちょっと救われたけど……)

……い、行ってくるから、未来は待ってて。
(コンビニの時より長い時間がかかり、とにもかくにもちょっと落ち着いたので、
早足で電気店に向かい、電池、メモリーカード。それから飲み物のボトルとウェットティッシュ)
(……さっきの手を拭いたりで使ったし、ちょっと多めに買っておく)
(それらを持って急いで階段の所に戻り、裸なままのお姉さんに合流)
(ペットボトルを渡して財布を返すと、ローターの電池を入れ替えて)
……それじゃあ、遊園地に行くバスに乗ろうよ、未来。
(バス停も駅のそばだから、人目はかなりあるのでそこで未来を弄る事は
……、ちょっとだけ、ね)
(玩具のリモコンに触れて取りあえず飲み物でのどを潤した)
83 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/09/24(日) 22:28:47.92 ID:???
>>82
(浩くんが上気した顔で…それでもズボンの盛り上がりは何とか収まった様子で)
(私からそっと離れました…それでも私からは視線を外しません)
はぁ…んっ…はぁ、はぁ…、はぁあっ…
(浩くんの高ぶりは鎮められたけど…私自身は…まだ身体が快楽を欲してジンジンと…)
ぁ、うん…浩くん、お願い、ね…ん…
(あ…そう言えば…コートを没収してもらうの忘れてました…)
(幸いコートには特に汚れやしわがついては居ませんでしたが、今一人になった私は)
(まだそのコートを身に着ける気分にはなりませんでした…)
あん…熱い…身体疼いて止まらない…汗もお汁も…んん…
(でもそれを鎮めるためにオナニーする事…それは自分で禁じていました…)
(だって…浩くんが一生懸命私を気持ちよくしてくれてたのに…浩くんだって我慢してるのに)
(私だけ勝手に気持ち良くなる事…裏切るようなことはしたくなかったのです…)
か、身体…少しでも乾かして冷まさなきゃ…んふぅ…
(座っていた階段から立ち上がり、髪の毛を書き上げるポーズになり身体に冷たい空気を)
(当てて身体を冷まし、乾かそうとしますが…それでも身体から発する疼き…昂り…)
(その熱が強くてなかなか静まりません…)
あんん…だめ…だめ…脚…お汁で汚れてる…コートから足出ちゃうのに…
(ローターの停止によりお互い少し興がそがれ、正気に戻った私と浩くん)
(浩くんが戻ってきたら、駅前からバス…遊園地行き専用のバスで本数は多くありません)
(バス停に向けて出発しないといけないのに…ぁん…)
(階段の手すりに手をかけて立ち上がり、何とか疼きを鎮めたくて身体をくねらせてる所に)
(買い物を済ませた浩くんが戻ってきました…)
あ…飲み物買ってきてくれたの…ありがと、浩くん…少し喉乾いてたから…
え…ぁ…ローター入れてくれるの…?んん…っ…そ、そう…それくらい…コードの端が
おマン〇から、出る位…はふっ…ん…
(私の股間の前にしゃがみ込み電池を入れて元通りに動くようになったローターをねじ込む浩くん)
(一応今度はローターを作動させながら挿入はして来ませんでしたが)
うん…ちょっと待ってて…お姉さんちょっと汗ばんでて…コート着るまで時間かかるかも…
あんん…だめね、お姉さん…エッチな事ばっかり考えちゃうから…ムラムラしちゃって…
ぁん…コート…張り付きそう…透けない、かな…
ぁ…やんっ…コートにボトル入れたら…開きそう…
(コートの外ポケットにペットボトルを入れるとその重みでコートが開きかけます…)
あ、じゃ浩くん…行こう…遊園地……遊園地…でもっと…楽しも…ね!
(浩くんと二人で連れだって電気店の階段から離れますが…)
(あん…やだ…みんなこっち…見てる…私…今…ちゃんとコート着てるけど…)
(でも顔とか…肌とか…汗ばんでて…不自然になっちゃってるから…)
んんっ…やだ…コート…ジュースで…開きそう…
(か、顔…絶対に赤くなってるよ…表情…絶対…おかしくなってる…)
んん‥ひゃっ…乳首…まだ立ってて…んん…こ、擦れてる…ん…こ、浩くん…
(浩くんも…私みたいに注目こそ集めてはいなかったけど…ただ顔は蒸気して…)
(ローターのリモコン…それを入れたポケットに手を入れて…)
(やん…浩くんが一番私をじっくり見てる…んん…あんなうっとりした目で…)
ひゃんんっ…こ、浩くん…あん…う、うん…早く行こう…
(浩くんは今度は腕を掴まずに…私の腰に手を回してきました…)
(でも…その顔はどことなく誇らしげで…浩くん…私を自慢…してくれてる…)
(周りの人達の反応…最初駅前で浩くんが照れ交じりに私の手を引いてた時とは)
(だいぶ違った反応になっていました…浩くん…エスコートしようと一生懸命なってる…)
(それは嬉しいけど…今、身体が感じやすくなってるので‥コートの生地越しとは言え)
(腰に触られると…どうしても気持ち良くなってしまいます‥‥)
はぁ…ぁん…うん…まだ…バスの時間は大丈夫…まだ来てないよ浩くん…っ…!
(遊園地行き専用バス…その出発場所にたどり着きますが…どうやら時間に余裕はまだあったみたいです)
(その事に安堵して浩くんを見下ろすと…浩くんは無表情にローターを作動させてきました)
84 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/09/24(日) 22:30:34.98 ID:???
【埋め立てテスト】
85 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/09/24(日) 22:31:28.99 ID:???
んん……ぅう…っ…ぁん…ぁん…
(バスを待つ人はそこまで…まだ時間に余裕があるせいかそんなに多くは無いけど…)
(それでも…その出発所…停留所周りには他の用事がある人もたくさんいて…)
(夏場なのにコートを羽織り、汗で肌を輝かせ、顔を赤らめた私…それによりそう浩くん)
(どんな二人連れなのか勘繰るような視線をジロジロとぶつけてきました…)
(その内…若い男性…私の身長のせいで死角にいる形になってる浩くんに気づかないのか…)
(私に声をかけてきました…その目は明らかに好色の目で…)
(私…今そんなにいやらしく見えるのかな…発情してるって…わかるのかな…でも…)
んっ…ぁん…ごめんなさい…私…今から、彼氏と…お出かけする所なんです…!
(そう言いながら私は腰に手を回してる浩くんの存在を示しました…)

【ごめんなさい、今週一週間は試験の勉強をしたいので少しペースが落ちる…と言うよりも】
【ほとんど書けないかもしれません】
【遊園地で着る水着だけど…私としては乳輪が見えちゃってるV字水着にしたい…と思ってるけど】
【浩くんは着てほしい水着のリクエスト、あるかな】
86 : 山宮浩二 ◆dXtxuvVWtSnP 2017/09/26(火) 22:34:12.63 ID:???
>85
【取りあえず、試験前という事なら、試験頑張って!と応援しておきます】
【こちらものんびりとレスを用意しております】

【水着はV字の水着で良いですよー♪】
【未来さんのエロい魅力をたっぷり見せつけてやりましょう】
87 : 山宮浩二 ◆dXtxuvVWtSnP 2017/10/01(日) 22:03:31.91 ID:???
>83-85
(かなり背の高いお姉さんの容姿はタダでさえ、人の目を引くうえ、
現在顔が赤くて、汗ばんだ感じで……。つまりは、えっちに発情していて、
コートの下を知っていなくても雄を引き寄せる牝の匂いを振りまいており)
(そんな未来をちょっと誇らしげに、頑張ってエスコートしようとしている浩二は
……同時に、未来の露出癖を意識してか、刺激している)
(敏感な腰にコート越しに手を回して道を歩けば、道行く人々の視線が刺さり)

(えへっ、こんな美人のエロいお姉さんとデートしてるなんて……。)
(あのコンビニに行く前の自分は絶対に信じないだろうなと、ちょっと思いながら、
たどりついたバス停と未来をちょっと交互に眺め、時間を確認する)
(よぅし、専門のバス停で時間もまだありそうだし……。)
(極力心の中のイタヅラ心を悟られぬように、無表情に未来に向き合うと)
(ポケット内のリモコンのスイッチをオンにして、発情した未来の膣内の玩具を震わせる、
ある程度人目がある中で明らかに熱のこもった吐息を吐き出す未来の姿は、
少年の支配欲を満たしており)

―――っ、み、未来?
(男から見て死角にいるとはいえ、未来の方を見ていた浩二は、声をかけて来た若い男性に気付き、
自分と同じような好色の視線をぶつけているだろう男性に、一瞬動揺するが)
……どうも、背が低くて、すみませんが、未来の彼氏です。
(あからさまに見せつけるように、腰を触りながら睨みつけると、若い男性の眼には、
奇異に思う表情と同時に、未来の言葉の前の自分の様な動揺が見られて)
お兄さんが心配してくれたなら、ありがとうございますけど、見ての通り、先約ですので……。
(機嫌の悪そうな声で、そういうと、「そ、それならまぁ……?」と、納得がいかなさそうに、
しかし強引にするには、目立ちすぎているので若い男性は引き下がってくれた)

はぁっ……。
(と、安堵して息を吐き出し、はっきり彼氏と言ってくれたお姉さんを見ると、
お互いに顔を見合わせて、……あ、バスがちょうど来た?)
ほらっ、行くよ、未来、遊園地で、もっと楽しもうっ。
(エスコートしながら、バスの後ろの方の座席に、未来を連れ込み)
(……あ。スイッチ切るの忘れてた……?

【すみません、むしろこっちが甘えて遅くなりました】
88 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/10/02(月) 06:40:43.50 ID:???
>>87
あんっ…ぅくぅっ…ごめんなさい…
(あからさまにガッカリした様子のナンパ男性が少し気の毒でした)
(でも私が彼氏と称した浩くん…それに応じる様に私の腰をさらに強く抱き締めて…)
(あん…浩くんっ…小柄なのに…力は結構強いんだ…これなら…)
(思わず頭の中に浮かんだイケない妄想…)
(辛抱の効かなくなった浩くんにコートを脱がされ、全裸にされて…)
(小さな身体で私の身体にむしゃぶりつきながら力づくで私を押し倒して…)
……っ…ぇっ…?ぁ…こ、浩くん…!
(そんなイケない妄想に浸ってる最中に当の浩くんと目を合わせてしまい…)
(私の顔はさらに赤くなり…身体はもう一段階淫らなスイッチが入ってしまいました…)
やっ…ゃだ…私っ…ぁん…っ…はぅう…んん…
(やん…浩くんももっと私を見てる…皆も…そんなに見られてると私…)
(浩くんは何かを悟った様に笑みの中に誇らしさと悪戯っぽさを強くし…)
(周りも私達のカップル発言を聞いた事からより好奇の視線を強くしました…)

【昼辺りに続き書きます】
89 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/10/02(月) 12:48:33.68 ID:???
はぁっ…ぁあんっ…熱…ぃ…んん…
(少し身動ぎをする私ですが…その途端…)
ゃっ…?やぁっ…んっ…(硬くなっていた乳首がコートの裏地に擦られ…淫らな膣口から愛液が滴りそうになってしまい…)
(そもそも浩くん…さっきローターのスイッチを押してそのままで、確実に私を責めたてて…)
あっ…ぁふぅ…ん…ま、待ってぇ…浩くんっ…
(丁度到着したバスのドアが開き、私は浩くんにリードされる様に引っ張られたのですが…)
ぁあん…んん…コート…捲れちゃ…脚…見えちゃうっ…ゃんっ…
(コートがはだけそうになり、さらに開きかけた合わせ部分から脚が…)(股下数センチも無い様な部分から丸出しになり…)
きゃっ…?やんんっ…駄目ぇ…
(慌てて脚を隠す様にしますが、近くにいた方達にしっかりその脚を見られたみたいで…)
(幸い一番最初にバスに乗ったので後ろの人達には見られずに済みましたが…)
(コートから乳房がこぼれ…下腹部まで見える姿になってしまいました…)
はぁっ…やだぁ…私ってば…ん…浩くん…ま、待って…ぅうんっ…
(浩くんにもスイッチが入ったのか、目を爛々とさせながら、眩しそうに、嬉しそうに私を見上げて来ます…)
はぁあぁん…あん…うん…そこで…良いよ…ん…あふぅっ…!
(浩くんに一番後ろの席に連れてかれると、そのまま押し倒される様に窓際の椅子に座らされます)
あんん…もぅ…浩くんっ…たらぁ…
(私がコートの合わせを直すより前に浩くんの手はコートの中に伸びてきました…)
(しっかり私を…強い力で抱き締めながら…)
90 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/10/02(月) 20:13:26.79 ID:???
ひっ…ぁあぁんっ…い、いきなりっ…浩、くん…少しっ……ぁんっ…ゃあん…
(後ろから乗り込んで来た他の乗客の人達にはかろうじて肌を見られてはいませんが…)
(バスに乗る前から注目されていた私と浩くん…)
(カップルのスキンシップに見えるのか、それ以上に異質に見えるのか…)
(バスの最後尾の席に座ってイチャついてる様に見える私達にチラチラと視線を向けて来ます…)
(特に男性…私達の様子を見て彼女と思われる女性に絡み付く男性達…)
(単純に私に好色の視線を向ける男性も…)
(満席とは行きませんが、結構な人数がバスに乗り込みました…)
はあぁ…っ…私…
(私…スゴい事してる…前を閉じれない薄手のコートだけで…大学生の私が中学生の浩くんとデートなんて…)
やぅぅっ…ん…こ、浩くん…ん…あまり…刺激しないで…しびれちゃぅよ…
(勃起した乳首がコートに刺激され、ローターは動きっ放しで…)
(浩くんは私の腰に相変わらず手を回しながらも、コートから差し込んだ手で私の肌を堪能して…)
はんぅ…っ…だめ、駄目…気持ち…良い…ん…んくっ…?
胸…揺れちゃう…ん…見て…浩くん…バスが動くと私の…揺れちゃって…んん…
(バスが動き始めます…乗車券は浩くんが私の分も取ってくれたみたいです)
(バスの振動に合わせてコートの下からコートを押し上げながら私のいやらしいおっぱいが揺れて…)
(それを目を輝かせて見つめる浩くん…)
(ひょっとしたらさっきコートがはだけた時、私の恥ずかしい格好…浩くん以外にも知られちゃったかな…)
(だって…浩くん以外にも私に視線を送ってる人が沢山…あぁ…そういえばこのバス使う人は行き先たぶん同じ…)
(駄目…そんなの…もう…堪らないの…)
ん…ね…浩くん…っ…!
(私は脚を動かしてコートの裾から脚を二本とも大きく露出させました…)
(汗と愛液のついた脚を…)
ねぇ…浩くんも…あのコンビニの時みたいに…脚触って、くれる…?ふふっ…
91 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/10/05(木) 13:48:04.39 ID:???
【883君も…私を好きな様に全裸で呼び出して…皆の前で私の身体をいっぱい弄ってね…】
【早く乳首とオマ○コ…舐めて欲しいな…】
92 : 山宮浩二 ◆dXtxuvVWtSnP 2017/10/11(水) 21:27:43.87 ID:???
【体調崩しておりましたorz】
【取りあえず、空けちゃいまして申し訳ないとの謝罪になります】
【レスはまだできておりませんが、明日明後日くらいに……】
93 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/10/11(水) 22:36:08.20 ID:???
【浩くん大丈夫?】
【気にしなくていいわ…でもいっぱい私の裸、堪能してね】
【園内に入ったらすぐに着替えた方が良いかな?】
94 : 山宮浩二 ◆dXtxuvVWtSnP 2017/10/15(日) 17:07:37.08 ID:???
>>88-90
……未来?
(彼氏として、それなりに男性の力で、見せつける様に抱きしめると、
目が合い、未来の中の妄想のスイッチが更に入った事に、気付き)
(未来にいたずらな子供と彼女を自慢する男性が入り混じったような笑みをかけ、
誇らしげに好奇の視線を浴びながら)

ほら、バス来たみたいだよ、行こうよ……ね。
(皆の視線に、未来の身体が淫らな露出狂として反応している事に気づき、
先頭でバスに乗り込み、スイッチを切るのを忘れていた玩具は動かしたまま)
(一番奥の座席にリードしていく間、未来の纏うコートがはだけ乱れるに任せて、
コートから脚が出たが、致命的ではないだろう程度の露出であり)
(恥じらいながら、同時に淫靡な雰囲気のお姉さんを眩しくも喜びの眼で眺め、
許可を得ると、イチャつく感じで、未来の身体を窓際に押し付け、コートの内に手を滑らせる)
(バス内でも不思議な二人の注目は高く、彼女持ちの男性はそれとなくあるいは彼女に絡みながら、
独り身の男性は、もう少し露骨な視線を送ってくる)
(ある種の高揚感のスイッチが入った少年はその中、バスの振動で未来の胸がえっちに揺れるのを、
眺め楽しみ、差し込んだ手のひらにお姉さんの肌触りを楽しみ)

……こ、こう?それとも、もっと奥まで触って欲しい……?
(露出狂のお姉さんが自ら開けた脚の間に、手を差し込み、穏やかにきれいな脚を堪能する、
汗と未来の淫蜜で、ぬめる脚の手触りはとても良くて、未来の上気した貌を見て)
(熱が上がったバス内の空気を吸い、答えを待つより、手を差し込み、後ろに回した手で
未来を力強く抱き寄せ、周りには見えぬが、淫女の秘部が露わになるようコートを捲り)
(コードが差された入り口部分やクリトリスに触れ、未来の淫らな反応を楽しみ)
(性的興奮より、自慢の心が大きいのか、あるいはバス到着までの短い時間を
牡の本能が理解しているのか、先ほどよりズボンに少年自身は隆起してはいない)

(代わりに抱きしめたまま、未来の眼と中学生の牡の眼が見つめ合うように合わされ
未来の淫部を弄ったまま、身体を乗り出し、唇を合わせて――)
95 : 山宮浩二 ◆dXtxuvVWtSnP 2017/10/15(日) 17:12:11.97 ID:???
>>93
【改めて予定オーバーで体調も大分復帰しましたが、お待たせして本当申し訳ありませんでした】
【そして、園内入ったらすぐ着替えで良いと思います。えっちな水着良いです】
【園内では、いよいよ妄想通りに押し倒してしまおうと思いますが如何ですか?】
96 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/10/17(火) 12:50:42.82 ID:???
>>94
(最早再確認などせずに、浩二の手は未来の生足を撫で回し始めた)
ぁんんんっ…んふぅっ…ゃんっ…
(二人とも興奮しているとは言え、ここはバスの車内…他の客が…)
(先ほどからこの不思議な組み合わせ…そして淫靡な空気すら漂わせる2人にチラチラと視線を送る客が…)
(未来はコートを押さえる手を片方外し、出来るだけ声を押さえようと口にその手を添える)
んんふぅ…くんっ…ふ…
(だが未来を抱き締め、コートの中の素肌…白く長い脚を撫で回す少年は)
(そんな未来の表情、反応…身体から溢れる色香…そしてそんな未来を人前で独占し玩具にしている事…)
(さらに興奮したのか抱き付く力も、撫で回す手の動きも益々激しくなる)
んっ…こ、浩くんっ…あんまり激しく…ん…
(声は押さえられても、溢れる愛液が、元々他人よりそれが多く出やすい未来…)
(そのニオイが車内ニオイ充満しないかと不安に駆られる…が)
やっ…?んひぁ…ソコは…くふぅ…
(浩二の手は溢れる愛液を未来の脚だけでなく、触れられる素肌に塗りたくり、)
(直接淫唇や…はみ出るローターのヒモを引っ張りさらに未来の官能を高めようとし)
んっ…んむぅ…ちゅ…っ…ぁん…さ、さっきの…仕返し…されちゃったぁ…ん…っ!
(少年は未来を逃がすまいと抱き締めたまま半身を立ち上がらせ…)
(未来は何となく少年の狙っている箇所が想像出来たが、逃げようとせず…)
(周囲の客の驚愕の視線を受けながら口付けを受け入れた…)
97 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/10/17(火) 23:05:44.89 ID:???
>>96の続き
んむっ…はひゅっ…んんっ…浩く…んっ…き、きしゅっ…んん…
(や、やだ…頭の中まで痺れるっ…ぁん…私変態なのに…浩くんに…女の人として…)
(女の子として扱って貰ってる…ん…うれ、しい…)
(浩くん…一生懸命吸い付いて…キス…やっぱり初めてなのかな…でも…)
(浩くんの獣欲…それでいながらもピュアな気持ちのいっぱいのキスに刺激されて…)
ぁん…ぁはぁっ…はぁ…浩、くん…ぃゃん…皆が…すっごく見てる…ん…もぅ…
お姉さん逃げたりしないのに……私…キス…先越されちゃった…ん…
(どれほどの時間キスをしていたのか…そんなに長くは無いとは思うが…)
(キスに完全に意識を奪われた未来にとってはバスが自分たちのせいで静かになったのか)
(そんな気分になってしまう)
(だって周りのカップルの人達…他の乗客は明らかに年下の浩くんが積極的に私にキスをして)
(それに驚きながらも満更でも無い状態の私…とろけかかった顔の私に)
(喰い込むような視線を向け続けていたから…)
ん…ぁん…はぁあ…浩くん…すごいね…私不意打ちされちゃった…ぁん…っ…!
(唇を離して身体をもとの位置に戻した浩くんに視線を向けると…)
(彼の目は年下の幼さの中にしっかりと野獣のような光まではらんでいて…)
やはぁ…ん…きゃっ…!お、お尻…っ…ん…やんっ…胸がっ…んん…
(浩くんの獣の視線に身体が痺れる私に、彼は抱きつきの内容もさらに激しくして…)
(コートのお尻に当たってた部分はまくり上げられ生のお尻が直接シートの布地に…)
(ぁん…今ヌレヌレなのに…シートに染みが出来ちゃう…)
(私の腰に巻き付けしっかりホールドしてた小さいのに力強い手は脇腹から上に伸びて…)
(コート越しに私のオッパイを揉みしだき始めて…)
ぁんッ…はっ…んっ…ゃ、ゃわらかぃ…でしょ…?
んぅ…浩くんが気持ち良くしすぎて…んん…見て…乳首…コート押し上げてる…
(抱きつく浩くんに…喘ぎ声を周囲に聞こえない様に…出来るだけ彼の耳元で…)
(囁きかけてるけど…でも…刺激が強いとどうしても喘ぎが我慢できなくなりそうで…)
あん…汗かいちゃう…汗で…コート…ピッチリしちゃうぅ…
(薄手のコートは汗を…エッチなお汁を吸いきれず…肌に貼りついて…)
(身に着けてるのが煩わしくなりそうで…)
(ぁあ…だめぇ…脱ぎたくなっちゃう…んん…浩くんが無理やり脱がしてくれたら…)
(私…それだけでイっちゃう…ぁん…)
(でも…ここはバスの中で…人目もいっぱいで…でも…でも…)
っ…んねぇ…んん…はぅ…こ、浩くん…
(ダメ…ダメ…ここでいきなりそんな事…襲ってなんて…そんな事言って良いはずない‥)
(浩くんに押し倒されたい…襲われたい…犯されたい…そんな禁断の欲望…)
(それを思わず口に出しそうで…でもこんな所で言うわけにはいかなくて…)
ぇ…あ…バス…ぁ…遊園地…見えてきた…
(私が葛藤の間に、バスが遊園地の広い駐車場に入ろうとしていました)

【もう少し続きます】
>>96では三人称、>>97では一人称とブレブレですみません】
【少しずつしか書けない状態が続いてます】
98 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/10/18(水) 12:50:05.22 ID:???
>>97から
ぁんっ…はぁ…はぁん…つ、着いたよ…浩くん…ん…
(コート越しに私の身体を貪る様に弄る浩くん)
(私の顔を見上げながら、弄るのを中断しますが、その見上げる顔…視線…)
ゃっ…んふっ…!
(肉食獣の様な雰囲気…小柄な浩くんから放たれる獣欲に身体が痺れました)
はぁ…ん…んっ…んん…っ…浩くん…
(痺れに任せるまま絶頂を迎えそうになりますが、何とか堪えます)
(バスが停車しますが、浩くんはまだ私を離してはくれません)
(元々一番後ろの席なので降りるのは最後が適切だけど…)
ぁん…やだ…すっごく見てる…バレちゃってる…っ…
(割と多くの乗客の人達が席を立ちながらこちらに視線を向けて…)
(好奇…侮蔑…好色…浩くんに身体を押さえられる私に視線を送って来ます)
ぁ…浩くん…もう皆…降りたよ……ぇっ?きゃっ…きゃぁっ…!
(浩くんは私から身体を離すと同時に…コートの襟元を掴むと…)
(強引にそれを肘のあたりまではだけて…)
ぁっ…ぁあ…ん…んくぅぅ?!
(スマホを構えてその様を撮影したのです…)
【続きます】
99 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/10/18(水) 23:07:25.19 ID:77md07GT
>>98から
あんっ…すごい…浩くんすごいっ…こんな、積極的に…
(コートを開けられた私はすぐには立ち上がれません…開けた身体をそのまま浩くんに向け)
(浩くんがスマホを降ろしたのを見てコートを直し立ち上がろうとしますが…)
やぁっ…こ、浩くんっ…ま、待って…このままじゃ…ぁあっ…?
(私がコートを直そうとするよりも先に、私に迫ってきた浩くんは私を強引に)
(身体を開けたまま立ち上がらせようとして…このままじゃ運転手さんにオッパイを…)
ぁんっ…落ち、着いてっ…浩っくん…!
え…?ぁっ…くふうぅぅっ?!や、いやぁんっ…!
(何とか肘まで下げられたコートを直しながら立ち上がると今度は私の目の前で)
(ローターのリモコンのスイッチをそのまま最強にスライドさせたのです)
んんんぅう…んふうぅっ…だ、だめ…こんないきなり…んっ…
(早く私をもっと玩具にする事…独占する事…それが我慢しきれないのか、浩くんの)
(息が熱くて…私を見る視線があまりにも刺激的で…)
ん…ふぅうぅ…あ、脚…エッチなお汁…垂れちゃってるぅ…ん…
お願いだから浩くんっ…もう少しだから…ぁんん…
(本当にコートを閉じれて隠せているか…見えていないか…もうそんな事が)
(正常に判断できなくなるくらい身体がはじけそうな状態で何とかバスを降りたのです…)
ぁうんんっ…ん…っ…こ、浩くん…んっ…!
(全身に汗をかき、薄手のコートが肌に貼りついて淫靡な雰囲気を放ってしまう私…)
(太ももにはエッチなお汁のたどる跡が出来てしまっています…)
(ぁん‥バス、先に降りた人達…まだ見てる‥私…絶対エッチな女ってバレてる‥)
(バスの中で高揚した身体…ローターの刺激…視線…姿勢を正しく保ちたくても…)
ぁん…だめ…ぁんんっ…狂っちゃいそう…っ…
(本当に来ちゃった…全裸にコートでこんな所まで…ぁん…しかもデートで…夢…みたい)
ひゃぅうっ…!?っ…浩、くん…ん…ぅんっ…行こう…遊園地…ん…ふふっ…
(崩れそうになる身体…開けそうなコート…抱きつく浩くんに支えられ、弄ばれながら)
(入場ゲートを潜ります…ぁあ、受付の人も怪訝な顔で…私を見てる…)
(小柄な男の子に腰にがっちり手を回され、抱きつかれながら顔を赤らめる背の高い女…)
(そして、二人から漂う怪しげな雰囲気…何を思われてるんでしょうか…)
ぁ、あの…大人…と中学生…フリーパス…一枚ずつ…ハイ…プール…使用で…
あ、売店…水着は…ぁ、はい…あるんですね…ぁ…んんっ…!?
(そう言えば…ベルトに巻き付けたポーチからお金出さなきゃ…)
(でもこんな場所でどうやって…そう思っていましたが…浩くんがコートに差し込んだ手で)
(ベルトのポーチからお財布を出してくれたみたいです…)
(二人とも熱に浮かされる様にゲートを通過すると…そのまま売店で浩くんの水着を)
(手早く見繕います…でも…浩くん…さっきのテントを見てると…身体のわりに大きいから…)
(トランクスタイプの方が良いかな…)
うん…じゃ、じゃぁ…浩くん…ん…私も着替えて来るから…プールで最初…ね…っ…
ロ、ロッカーの、鍵とフリーパス券…忘れないでね…んん…
(おさまらないローターにふらつきながら…浩くんは私の熱い視線を見せたまま…)
(お互いにプールの更衣室へ…ん…浩くん…水着…私の水着…驚いてくれる…かな…)
・・・・・・・・・・
お、お待たせ…ん…浩くん…
(更衣室からプールへ出ると…パァンッ…と全身を軽く撫でられ…はたかれたような感触…)
(そんな洗礼を受けたような気分になりました)
(ぁ、あ、あああ…!すごい…やっぱり…浩くんだけじゃなくて…皆見てる…)
(おかしいって…頭おかしいって思われてる…でも…仕方ない…のっ…!)
(私、私っ…浩くんにこの水着見てほしいから…!)
(私の付けている水着は…赤い紐…正面から見ても後ろから見てもVの字のデザイン…)
(その紐の幅は1センチもあるかどうかわからなくて…私のピンク色の乳輪が)
(完全にはみ出て周囲から見えてしまうほどで…もし陰毛が剃られてなければ)
(その陰毛も剥き出しになってしまう様な…乳首と股間部分にまともな布地さえも)
(あるとは言えない…完全な変態水着だったのですから…)
100 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/10/18(水) 23:11:19.75 ID:???
【遊園地入園…着替えからプール、急ぎ足になっちゃったけど…】
【浩くんがしたい時に押し倒してね…】
【浩くんにも水着になってもらったけど…手以外の肌でも…】
【私の素肌の感触楽しんでほしいから…ぁ…日焼け止め…塗って貰っていいかな…?】
【浩くんの手で…私の身体中に塗りたくって欲しいの…】
101 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/10/23(月) 22:18:27.18 ID:???
>>99に少し追加するわ…】
(はぁ…やっぱり…高級クラブとかでないとこんな水着…おかしいよ…ね…)
(コートを羽織ってるだけの時とは違い、手で押さえる必要はありませんでしたが…)
(私が女子更衣室で人に見られない様に手早くコートを脱いで全裸になり)
(このヒモ部分しか無い様なデザインの水着を身に纏い、プールに出ると…)
(一瞬周りの…プールに出てた方達は何が起きたのかわからなかったのでしょう…)
(少し静まり返った後…「すっげぇ…!」「あんなエロい水着こんな場所で着るのかよ?」)
(そんな声が上がった後にプール内は騒がしくなりました…)
ぁんん‥だめ…すごすぎる…っ…でも…隠しちゃだめ…
(だって今の私は浩くんの自慢のデート相手…彼女なのですから…)
(その浩くんは…いた…更衣室から出てきた私に見える場所で待機しててくれたみたい…)
(その浩くんも…私が変態露出狂とわかってる浩くんも…流石に驚いてます…)
はぁ…ん…落ち着いて…落ち着かなきゃ…ん…
(背筋を伸ばした格好で…手には日焼け止めのクリームのチューブを持ちながら)
(もう片方の手を腰に当てながら…浩くんの方へ…)
(ぁあ…すっごく見られてる…浩くん以外にも…こんな格好じゃ露出狂以外なんでもない…)
(乳輪部分は水着の紐では隠しきれず、丸見え状態で…それ以上に横からよく目を凝らしてみれば)
(勃起した乳首がその部分にかかる薄い生地を押し上げてるのも見えちゃう…)
(それに…オマン〇…それにかろうじて被さるレベルの頼りない股間部分の布地…)
(歩くだけで喰い込みそうで…お尻は…私の身体の角度次第では)
(アナルの皺が見えちゃう位で…ぁあ…ついに…撮影する人が出てきました…)
(一人が撮影し…私が拒絶したり逃げたりしないとわかると、さらに多くの人が撮影してきます)
ぁあっ…ん…こ、浩くん…お待たせ…ま、待っててくれたのね…
(そして私が明らかに年下とわかる浩くんに声をかけたのを見るとさらに周りが騒がしくなりました)
(そんな喧噪…視線…撮影…それらに身体をつつかれながら…私は浩くんに微笑みかけ…)
(手に持っていたチューブを差し出しました…)
ぁん…浩くん…早速で悪いけど…私に…日焼け止め…塗ってくれるかな…?ふふっ…
102 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/11/02(木) 12:39:24.83 ID:???
【浩くん、どうしたのかな…?】
【早く皆が見てる前で私に日焼け止め塗って…】
【浩くんが犯したい時に犯してくれて良いのよ…】
103 : 山宮浩二 ◆dXtxuvVWtSnP 2017/11/02(木) 18:37:53.29 ID:???
>102
【気候に加え、月末リアルの事情が多忙になり、気力が湧かず、
ここまで連絡も書かずに本当に申し訳ないです……。】
【どうにか連休中にはと思っておりましたが、
お待ちいただいていたので、取り急ぎ連絡だけに】
104 : 山宮浩二 ◆dXtxuvVWtSnP 2017/11/05(日) 22:47:25.20 ID:???
【ええと、非常に申し訳ない事に書ける気配がなくなりました。】
【未来お姉さんの不備ではなくここまでいろいろ相手いただき本当に申し訳ありませんが、
此処で破棄させて頂ければと思います。】

【本当に申し訳ありませんでした】
105 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/11/06(月) 06:14:52.25 ID:???
【そう…浩くん今までお姉さんの変態性癖に付き合ってくれてありがとうね】
【取りあえず私は…この格好で遊園地内を歩いて…誰かに襲って貰う事にしようかな…】
106 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/11/12(日) 19:08:08.66 ID:mRAAPPZ+
【皆さんに質問です】
【私はこの後どう行動する…浩くんがいなくなってしまった理由を設けて】
【例えばプールに学校でも有名な不良学生がいた、補導員に声をかけられた】
【お父さんの会社の人に見つかりそうになった、とかで私は一人取り残されて】
【一人で過激水着で遊園地内をうろついて男の人に襲われそうになったり】
【ロッカーのカギを落としたと嘘をついて過激水着で家まで歩いて帰ると言う展開】
【或いは誰かが浩くんの役柄を引き継いでくれるとか…】
【浩くんの性格が豹変してサディスティックに私を虐めると言うのでも】
【しっかり露出させてくれるのなら構いません】
107 : 工藤未来 ◆/Hw.fSdegY 2017/11/18(土) 20:00:33.83 ID:???
【暴走しちゃいます】
んぅっ…はぁ…ぁん…お、オナニー…もっと…ぁんっ…はぁん…
(今日はもう何度目になるでしょうか…?私は部屋でオナニーをしていました)
(数日前の夜のコンビニ、そして繁華街のゲームセンターでの露出…)
(あれだけ犯されたと言うのに…いっぱい膣内に射精されちゃったのに…)
(あの驚愕の目が、獲物を見る目に変わっていく様…それを思い出し…)
(そしてそんな目をした男の人に押し倒されるなんて…犯されるなんて…思い出すだけで…)
ぁはぁあっ…も、もっと…ぁんっ…た、足りない…足りないのぉ…
(私はいけない中毒症状に陥っていました)
(露出を…全裸で歩き回りたい…そして追いかけられ捕まえられたい…犯されたい…)
(でも、前の露出と同じなんてダメ…もっと気持ち良くなりたい…)
(視線も…犯されるのもいっぱい…欲しい…欲しいっ…!)
もう、だめぇ…もう、外に…外に出たい…ん…服なんて…要らない…要らないの…!
(ほぼ全裸に近い状態まで服を開けていた私でしたが、その残った服を脱ぎ去ると)
(部屋のゴミ箱に投げ捨てました…もう、私の露出欲求は…服を着て安全が約束された)
(穏やかな露出では満足なんて出来なくなっていたのです…)
まだ…七時…人がいっぱいいるけど…い、いいの…私…
(遙は部屋にいるみたいです…バレない様に…外出しなくちゃ…)
(私は、お財布の入ったバッグと、そして…自転車の鍵…それを持って玄関に向かいました)
はぁ…ぁん…自転車…高校の時以来乗って無かったけど…空気入れといてよかった…
(高校で使っていた自転車…大学に行くようになってからは使ってません…)
(でも、パンクしている様子もなく、錆びてる様子も無くて…)
(数日前…私は露出で使う事を考えて自転車にタイヤの空気を入れ)
(チェーンの状態の様子も軽く確認しておきました)
はぁ…んっ…ハイヒール…履けないのは残念だけど…自転車だから…仕方ないの…
(最近の露出では身体をいやらしく見せるために、ハイヒールを履くことが多かったのですが)
(今日は自転車…パンプスで妥協しました…)
ん…はっ…私…両手放し出来ないから…オッパイ隠せない…あん…揺れちゃうっ…
あん…やだ…もうサドルがヌルヌルしちゃってるぅ…んっ…
(サドルに腰かけただけで、ソコにイヤらしい液体がベットリついて…お股部分が)
(ぬるぬる滑って…あん…机でオナニーしてる時みたい…)
い、行ってきます…ぁんっ…はんっ…
(私は家の門をそっと開け、近所の人の目が無い事を確認すると)
(まだ時間が夜の七時…それにもかかわらず全裸自転車での露出を開始したのです)
お、お財布…の、中…空になるまで…今日は露出、やめないから…!
【お財布の中には一万円ほど入ってます…】
【指示が無ければ、繁華街のアダルトショップまで行って全裸でバイブ購入】
【他のお客さんの前でそのバイブでイキたいと思います】
108 : 名無しさん@ピンキー2017/11/26(日) 08:02:16.12 ID:???
露出