レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。

ドラゴンクエスト官能小説Part18

1 : 名無しさん@ピンキー2011/10/18(火) 00:53:59.86 ID:xebqXXWa
前スレ
ドラゴンクエスト官能小説Part17
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1274971483/

小説保管サイト「FF・DQ千一夜物語」(過去ログもあります)
ttp://yotsuba.saiin.net/~1001ya/

ドラゴンクエスト官能小説保管庫
ttp://wiki.livedoor.jp/dqnovels/d/FrontPage

【お願い】
・男×男の小説は801板でお願いします。
・読む人を選ぶSS(注1)を投下する時には、事前に注意書すると叩かれません。職人の自己判断で。
・投下時にはトリップ推奨。
・ここは大人専用ということをくれぐれもお忘れなく。
・お子様は基本スルーしましょう荒れるもとです。
・僕の○○はこんなキャラじゃないもんとか言わない。
・作品が気に入らないならスルーしましょう。
2 : 名無しさん@ピンキー2011/10/18(火) 00:55:37.31 ID:xebqXXWa
前スレにやってこられた作者さんの要請により立てました
3 : 名無しさん@ピンキー2011/10/18(火) 03:57:32.82 ID:8p9D0o7L
どきどきどきどき
4 : 名無しさん@ピンキー2011/10/18(火) 03:58:09.62 ID:8p9D0o7L
間違えた 1乙
5 : 549 ◆srTlJKOSPw 2011/10/18(火) 19:03:18.25 ID:S29PfO7q

>>1
うわ!スレ立てすいませんです!

直に要請したわけじゃないのに、すごいっすねw
気長く待とうと思っていたのに、ちゃんとスレ見て管理してくれてんだなと感動(笑)

まだ20KB残ってるのに新スレ移行というのは、自分的にも迷ってはいたんですが、
500KBもあくまで目安だしギリギリまで投下して、新スレ案内も貼れなくなった場合
怖いなと思ってたので、今回は本当申し訳無かったです。
それでは、折角なんで投下させてもらいます。

興味の無い方スルーでどうぞ。

6 : V勇者×僧侶B@549 ◆srTlJKOSPw 2011/10/18(火) 19:06:17.46 ID:S29PfO7q

>>前スレ654続き

「気持ち、いい、の…ここ、が…、ぁ、あ…!」

下腹部から、更に下の、ぷっくりと勃ち上がった肉芽にその指先が伸びていく。
最早快楽に抗う術を失い、自分で自分の快楽の源に触れ、きゅ、と押さえつけると。

「あああっ…ひぁ、あ…!」

一際甘い嬌声が漏れ、指の動きがますます激しくなり、蜜壷がまたきゅうぅぅと俺を強く締め上げる。
うわ…やっべぇ…まじでやらしい…

「おいおい…なぁに勝手に自分でよくなってんだよ…そんなにいいか、ここが…」

俺がサラの指先を抑え付け、強く其処を揺する。

「ひぁああぁ!や、あ、アルス、あっ…!」
「は…すげぇ……。ここだけで、イっちまいそうだな…」

するとサラがいやいやと首を横に振って、俺に更なる欲望を訴えてくる。

「や、だ……そんな、の、や…!おねがいっ……っ、貴方ので、イきたい、の…!
お願いっ…もっと、動い、てぇ…!」
7 : V勇者×僧侶B@549 ◆srTlJKOSPw 2011/10/18(火) 19:07:46.31 ID:S29PfO7q

俺を望む、サラの言葉に、その姿に、俺はごくりと息を呑んで、
ぞくぞくとせり上がる欲望に、俺ももう抗う術は無かった。

「ひぁ、あああっ、あん、ああんっ!」
「は…そんなに、っ、俺のチンポでイキてぇか…。じゃぁ、望みどおり、幾らでもぶち込んでやるよ…。
ほら、イイんだろ?俺のチンポで、イっちまうんだろ…?たまらねぇんだろ?ここが…」
「あっ、ああ、気持ち、いい…っ!アルス、の…あ、すごい…気持ち、いいっ…!
アルスのおちんちんで、イッちゃう…の…!」
「どう、気持ちいいんだよ…?言ってくれなきゃ、わかんねぇな…」

最早、恥じらいも、戸惑いも、理性も全て失ったサラは、俺の卑猥で意地悪な
問いかけにも、素直に応じ、まるでうわ言のように苦しい息の下答える。

「ん、あ、大き…っ、擦れ、て……熱、くて……ナカに、いっぱい…っ……だめ、奥、当たってる…!」
「当ててんだよ……精液、欲しいんだろ…?中に出して欲しいんだろ…?
すっげぇ濃いの…出してやるよ…。いく、ぜ…!」

俺は互いに最高の快楽を味わうべく、突き上げるスピードを更に速めた。

8 : V勇者×僧侶B@549 ◆srTlJKOSPw 2011/10/18(火) 19:08:51.19 ID:S29PfO7q

ぐちゅっ ぬちゅぬちゅぬぷっくちゅっ、じゅっぷ・ぷちゅ…

はしたない水音立てて、抜き差しを幾度と無く繰り返し、
その度に壊れてしまったサラの唇からは甘いと言うよりも悲鳴のような嬌声が上がる。

「ひぁぅ…!あああ…感じ…る…!アル、ス…もう、イっちゃ…ぅ…きて、ぇ…!」
「ああ…俺も…イク……サラ…っ…――っ!」

短く息を詰めると、絶頂を迎え、ひくひくといやらしく痙攣し、俺を搾り取ろうとするサラの中に――

………だく…っ!

精を――吐き出した。
すげぇ……眩暈がする。
気持ちよくて、たまんねぇ…
何だ、これ…すげぇ、量……溢れちまう…

どく、どく、と脈打ちながら、サラの子宮へ向けて、白濁を注ぎ込み続ける。

「っ…、わかるか…?俺の…ドクドクいってんの…」
「っ、うん…っ…あ…あ…、ナ…カ…っ熱、い…の…もっと、いっぱい…出して…」
9 : V勇者×僧侶B@549 ◆srTlJKOSPw 2011/10/18(火) 19:10:04.31 ID:S29PfO7q

…言われなくても…、出してやるよ…。
お前がそれを欲しがるなら、何度でも与えてやる。
お前が、満足するまで、な…。

「んんっ…!」

ずる、と引き抜くと、どろりと白濁が秘裂から溢れ出す。
マジですげぇわ、この量……次から次へと溢れ出て……勿体ねぇな…
零れるそれを掌で掬い、もう一度サラの膣へと流し込む。
ああ、本当にやらしい身体になったよな、お前…。
そうさせたのは…俺か…。

「は……サラ……すげぇ…お前、今日感じすぎ……どう、したんだよ…?」
「っ、だ、って……あなたが…」
「…俺のせい…か?」

こくん、とようやく恥じらいを取り戻したサラが、顔を真っ赤にして頷く。
俺はくく、と喉元で笑い、イったばかりで硬度の足りない自身を手で扱いた。
サラはぼんやりと虚ろな瞳で、俺のその行為を眺めていたが、
はっと我に返ったように、ふい、と顔を逸らして目を伏せた。
10 : V勇者×僧侶B@549 ◆srTlJKOSPw 2011/10/18(火) 19:11:31.00 ID:S29PfO7q

今更、また恥ずかしがってまぁ…
だが、そんなところもたまらない。
快楽に慣れてきたかと思いきや、まだどこか慣れきれない少女の面影を残したこの女が――

「――好きだ…サラ…」
「あ…んっ…あ、アルス、――んぁ…っ!」

俺の精液がたっぷりと注がれた彼女の中に、俺は自身を再び挿入させる。
今夜は、熱が治まりそうにない。
愛しい女の、こんな乱れた姿を見せ付けられては。
俺はサラの快楽に喘ぐ唇を俺のそれでそっと塞ぎ、淫猥な口付けを時間をかけて交わし合う。
サラの赤い口紅を押し広げるように、何度も角度を変え、浅く深く重ねた
唇の端から、互いの唾液が糸を引いて零れ落ちる。

「ん…んぁ…ぁ…んんっ」

細い首筋に赤い跡が残るほど強く吸い、舐め上げるとサラは喉を仰け反らせ、か細い喘ぎ声をあげる。
俺はサラの柔らかな胸の谷間に鼻先を埋めながら言った。

「お前……胸も最近大きくなってきたよなぁ…」
「え…?ん、んぁ…や、ぁ…!」

11 : V勇者×僧侶B@549 ◆srTlJKOSPw 2011/10/18(火) 19:12:55.27 ID:S29PfO7q

両方のふくらみを手で中央に寄せて、ふたつの赤い先端をねっとりと舌の先で嬲ると、
サラの体はぴくりと震える。
ぴちゅッ…ぴちゃ…ちゅぅぅぅ…
俺はわざと音をたてて、舐めまわす。
多分、最初に抱いた頃に比べれば、随分と大きくなっていると思う。
けど、元々がそれ程大きい訳ではなかったし、今では程よく俺の掌に少し余る位の大きさで、
形もよくて張りのある、理想的な乳房。

「あ、ぁ…気持ち…い」

俺の髪を梳いていたサラの指が、俺の熱を求めて彷徨い始める。
そして、再び勃起した俺の肉茎が収まった下腹を愛しげに撫ぜながら、腰を焦れたように動かす。
遂には、深く結合した繋ぎ目にまで指先を這わせ、俺の根元をいやらしく撫ぜる。

「ああ……アルス…お願い…っ、動い、て…。もっと、ぁ、あぁ…!」
「まだ精液欲しいのか…?こんなに溢れてるのに…なぁ?」

結合部から溢れる白濁を掬い、サラの口元に持っていくと、サラはそれをちろ、
と紅い舌を出して子猫のように舐め上げる。
…相変わらずいちいち可愛いな…お前は…。
12 : V勇者×僧侶B@549 ◆srTlJKOSPw 2011/10/18(火) 19:16:08.62 ID:S29PfO7q

「おいしそうに…舐めてんじゃねーか…。こんな苦ぇもの好きか、お前…」
「っ、だ、って…、アルスの…だから……アルスの、全部…好き…」

―――…!!

ダメだ、くらくらする。
また、たまらねぇ…!!

「あっ、っ?んっ、ん…あ、あぁ…、あんっ!っ、ああん!」

俺は挿入したまま、サラの片足だけを担いで、律動を始めた。
斜めから、ねじ込むように突き入れると、悲鳴にも似た嬌声が上がる。
熱い肉塊の滑り込みを受けるたび、サラは、顎を反らせて戦慄く。

「ひぁぁ…すご、い、の…気持ち、いっ…!」

よじれた花びらが俺の動きに合わせて、くにゅり、くにゅりと形を変え、粘膜が捲れ
俺自身に絡みつくみたいに追い縋ってきて…。

「っ、たく…なぁ、サラ…お前、こんなに俺を虜にさせて…っ、どうするつもりだよ…?
狙ってやってんのか、それ…」
「あ、そ、んな…つもり、は…っ、あああ…!」

無自覚程恐ろしいものは無いなと俺は苦笑する。
天然で煽ってくるから、尚俺も歯止めがきかない。いきつくとこまでいっちまいそうで怖くなる。
13 : V勇者×僧侶B@549 ◆srTlJKOSPw 2011/10/18(火) 19:18:18.90 ID:S29PfO7q

「お前がそんな態度だから…っ、俺も、お前をますます手放せなくなんだろうが…!
もう知らねぇ、ぞ…?」

ぷっくりとその存在を主張するクリトリスをぐりぐりと嬲ると、サラはびくびくびくっと
身体を震わせ、一際大きな嬌声を上げる。
うわ、すげぇ…、中、きゅわぁっと締まって、ひくひくして…油断するとまた俺もイッちまいそうだ…!

「ひぁぁぁぁぁぁん!あ、あぅ…くぅぅぅん…!――っ、ぁ…」
「またイッたのか……」

がくがくと震えるサラの身体を、俺は尚も執拗に攻める。
肉茎でぐりぐりと襞という襞を押し広げると、サラは身を捩って快楽に耐える。
ぐちゃぐちゃの蜜壷からは、俺とサラの、二人分の液体がどろどろと溢れ続けている。

「あぁ、ぁ、あ、あ…、アルス…壊れ、ちゃう…、おかしく、なっちゃう…!」
「おかしくなれよ…このまま、狂っちまえ…」

俺は言いながら、一旦引き抜くと、――再び体位を変えて、今度は俺が寝転がり、サラを起き上がらせ、跨らせた。

「っ、アルス…?や…っ…」
「自分で入れてみろ、サラ。出来んだろ?もっと、欲しいんだろ…?なぁ…」

14 : V勇者×僧侶B@549 ◆srTlJKOSPw 2011/10/18(火) 19:19:31.45 ID:S29PfO7q

サラは最早拒むこと無く、素直に頷いて、隆々と天井に向かってそそり立つペニスに掌を添え、
白濁がまとわりついた秘裂に先端を当てると、ずずっと自ら腰を落としていく。
うわっ…またキツ…!

「はぁぁぁぁん…!」

恍惚として、ふるふると身を震わせながら、俺を根元まで飲み込んでいくサラは淫らで、綺麗で…
俺は目の前で快楽に喘ぐ美しい女に見惚れていた。

「ん、あ、あっ…、アルス…あ、ぁ…!」

軽く絶頂に達したらしいサラは、しばらくの間動けずにいたが、波が通り過ぎると、
自分からゆるゆると腰を動かし始めた。
自分の感じる場所に俺のが当たるように、貪欲に快楽を求め、腰を振る。

「あ、あ、あ、あ、あ…あぁん、気持ち、いい…っ、いく…っ、いく、の…あ、あ…!」
「お前ずっとイきっぱなしじゃねぇか…そんなに気持ちいいのか、サラ…?」

激しく腰を動かしながら、狂ったように断続的に喘ぎながら、苦しい息の下、叫ぶように快楽を訴える。

「あああぁ、気持ちいいっ…気持ちいいの、アルス…っ!!――あぁんっ」

腰の動きが止まり、再び絶頂に身悶え、俺の胸にぐったりとしなだれかかるサラ…
俺はどうにか射精を堪え、未だサラの中に突き上がったままだ。
15 : V勇者×僧侶B@549 ◆srTlJKOSPw 2011/10/18(火) 19:20:53.26 ID:S29PfO7q

今日は…まだ俺も簡単には終わりたくない。
もっと、サラを感じさせたい、もっと、もっと…。

「サラ…このまま、後ろ向けよ…見せてくれよ、俺のが入ってるとこ…」
「っあ、…そ、んな…」

流石に、サラはたじろいだ。
サラはその体位だけは滅法嫌がるんだ。何でって…まぁ恥ずかしいかららしんだが。
後ろから入れるのとあんまり変わらねぇと思うんだが、自分が主体でするのと、
俺が主体でするのとはまた違うんだろう、それだけは嫌だっていうから、
俺も敢えて避けてきたが、今日のサラなら。

「嫌なら、これでやめちまうぜ…?俺は別に構わねぇし…」
「あ、やぁ…!」

サラはふるふると首を振って、それを拒む。身体の疼きは、これだけいイってもまだ治まらないのらしい。
何が原因で、サラがこうなったのか全くわからないが、とにかく今日はサラの全てを奪い尽くしたい。
サラが満足するまで、何度でも。

「ん、くぅ…!」

サラは繋がったまま、そろりと後ろに向くと、妙な角度で擦れるのがたまらないらしく、びくん、
と身体を震わせていちいち過敏に反応する。
イきまくってんなぁ、本当…。
16 : V勇者×僧侶B@549 ◆srTlJKOSPw 2011/10/18(火) 19:22:38.35 ID:S29PfO7q

「あ、あ…っ、んっ、アル、ス…っ、あ…!」

これでいいの?と肩越しに、目で訴えてくるサラ――だが、俺はというと、そのあまりの
いやらしい光景に、思わずじっくりと魅入ってしまっていた。
これ…めちゃくちゃいやらしいな、おい…。

「ああ…いいぜ、サラ…お前の好きなように動け。もっと見せてくれよ…お前のやらしいとこ…」
「っあ…あ、あ、あ、あ、ア、んっく…!」

俺が一度腰を突き上げてやると、それからはもう歯止めが効かなくなったのだろう、
俺の腿に手をついて身体を支え、気持ちがいいように腰を揺らし始める。
俺のペニスが、サラの中にいやらしく出たり入ったりしてるのが、後ろからはっきり見れるっていう…
すげぇ、絶景だこれ…。
ぬちゅぬちゅと音立ててサラの蜜と俺の精が交じり合った淫液垂れ流しながら、
ずっぷりとサラにくわえ込まれて、その形のいい桃尻と、濡れた秘孔が目の前で揺れて…
いかん、ダメだ、目眩しそうだ…!

「全部…っ、見えてるぜ、サラ…お前の、何もかも、が…」
「ひぁぁ、あ、ああ、あぅん、あ、あ、あ…見な、いで…っ、あっ、あっ…!」

いやいやをしながらも、それでもサラは腰を振ることをやめない。
サラは快楽に溺れきっている。
俺の意地悪で卑猥な囁きも、サラの情欲を高める為のスパイスでしかない。

17 : V勇者×僧侶B@549 ◆srTlJKOSPw 2011/10/18(火) 19:23:53.78 ID:S29PfO7q

少しでも多く快楽を得る為に、サラの腰の動きはますます激しくなっていく。
俺もそれに合わせ、下から突き上げてやると、サラはがくがくがくっと戦慄いて、
肘をベッドについてでしか身体を支えられなくなり――

「ああぁぁぁっまた、イッちゃう…!イクっ、イクの…!アルス…――ひぅぅぅぅんっ!!」
「――く、――サラ…っ…!」

ドクドクと、また俺はサラの中に注ぎ、サラの粘膜はひくひくと引き攣れながら、
俺を一滴残さず搾り取ろうと轟く。
結合部の隙間から、俺の放ったばかりの白濁がじわじわとペニスを伝って流れ出るのに、また、
背にぞくぞくと快感がせり上がり、俺はまたぴく、と反応する自分自身に呆れるばかりで。
…萎えねぇなぁ、今日は全然…。
本当に、壊しちまうか…。

「…サラ、腰上げろ」
「っえ…?あぁんっ…アルス…っ!?」

サラの上体はそのままに、肘をつかせたまま、腰だけを持ち上げて四つん這いにさせる。

肩越しに虚ろな瞳で俺を見上げ、不安げな表情のサラの身体に覆い被さり、
口付けながら、ゆるゆるとまた腰を動かすと、またサラの唇から喘ぎが漏れた。
18 : V勇者×僧侶B@549 ◆srTlJKOSPw 2011/10/18(火) 19:24:48.84 ID:S29PfO7q

「――っ!!あ、ぁあ…あ、は…アル…スっ…あ、あ…!」
「っは……っ、すげ……また…絡みついて、くる…!気持ちいいか…サラ…」

サラの下腹に掌を添えながら聞くと、サラはたまらないといったように顔を左右に振りながら、
涙を流して答える。

「っ、あ、あ、気持ち、いいっ…気持ち、いいの…!アルス…もっと、強く…」

俺を求めるサラの願いに、俺は口元を歪めて薄く笑む。

「っ、あぁ、…っん…!」
「…、愛してる、サラ…」

俺の事だけ、考えてくれよ。
このまま快楽に溺れて、俺しか受け入れられなくなる位に。
俺の身体にしか、反応しなくなる位に。
気持ちよくて、愛しくてたまらなくなる反面、俺は妙な不安に駆られ始めていた。
こんな…またいつか、サラが今日みたいになっちまったら…その時、もし俺が側に居なかったら――
側にいるのが、俺以外の誰かだったら――
19 : V勇者×僧侶B@549 ◆srTlJKOSPw 2011/10/18(火) 19:26:15.58 ID:S29PfO7q

「っ、サラ……俺以外の、っ、男に…こんな姿見せんなよ…?俺以外の男となんて…
絶対、許さねぇから、な…!」
「あん、っ、あ…!?そ、んな事…ある、わけが…あぁん…っ…!」
「本当、だろうな…今日のお前なら…っ、誰でも、いいんじゃねぇか…?俺以外の、
男のものでも…っ、こうやって、悦ぶんじゃねぇのか…?」
「っは、あぁ、あんっ、あ、あ…やぁ、違っ、あ、あ!!」

強く、強くサラの奥を貫いてやりながら問うと、サラは喘ぎながらも悲しげに否定する。
そして――

「っ、あなたしか、いらない…っ、私には…っ、アルスだけ…!他の人と、なんて…
死んだほうが、マシなの…っ…!」
「――っ、サ…!」

苦しい息の下、さっきまではただ快楽に喘ぐばかりだったサラが、確かな意志を持って、
必死にそう答える。
俺は勿論――そのあまりのいじらしい台詞に、胸が締め付けられ――

「愛して、る…っ、アルス…。一生…離さない、で…お願い…っ…!」

――…!!

とうとう来た…!トドメが…!こいつはいつもいつも…!!!

20 : V勇者×僧侶B@549 ◆srTlJKOSPw 2011/10/18(火) 19:27:29.74 ID:S29PfO7q

「――ひぁんっ!!あんっ!アぁあ!深…い…、や、ぁぁ、また、イッちゃ…!」
「っ、お前は…いつも、いつも…!もっと言えよ…っ、俺しか欲しくねぇって…!
俺しか、っ、いらねぇって…言え、よ…!」
「あっ、あ、アルス、しかいらない、のっ…!アルスしか、欲しくないの…っ、
あ、あ、…――ひぁぁ、もう――っ!」

サラの腰を高く掲げ、上から突き下ろす様に幾度か抜き差しすると、サラはまたがくがくっと震え、
支える両の腕からふっと力が抜けて、肩から崩れ、ベッドから落ちそうになった。

「――っ!あぶねぇ…!」

俺は慌ててサラの上体を腕に抱え、ゆっくりとにサラの身体をうつ伏せさせる。
やりすぎたか……イッてばかりで、力がもう入らなくなってんだな…。

「っう…あ…!」

ずっと痙攣を繰り返しているサラの身体を、俺はそれでも――と、また律動を繰り返す。

「ひぅっ…!ああぁ…アぁぁぁぁ……もう、…やぁぁ!」
「まだ…だ…、まだ……足りねぇ…!お前だって、っ、そうだろ…?
ほら、また…、すげぇ締め付けてくるぜ…?」
「っっく、あ、あ、アァあ!また…、アぁぁん!」

21 : V勇者×僧侶B@549 ◆srTlJKOSPw 2011/10/18(火) 19:29:31.64 ID:S29PfO7q

――また、か…!

俺は歯を食いしばって、射精を堪える。……流石に限界近いな、俺も…

「僧侶のくせに、本当いやらしい女だな…お前はよ……言えよ…俺のチンポが気持ちいいって…。
もっと、おまんこの中ぐちゃぐちゃに掻き回してくださいってよ…」
「――っあ、や、ぁ…あ…」
「言えよ…サラ…」

サラの中で、しばらく動かずにサラの言葉を待つ。
散々イッておきながらも、それでもサラの中は俺の欲を搾り出そうといやらしく収縮を繰り返している。
涙に潤んだ虚ろな瞳で俺を見上げながら、サラの腰は焦れたように動き、
俺自身をゆるく擦り上げてくる。

「言えたら、ちゃんとイかせてやるから……俺も一緒に、イってやるから…言ってみろよ…」

滑らかな背を撫ぜながら、宥めるような口調でそう言うと、サラの壊れてしまったような
半開きの唇が動き、常のサラでは有り得ない卑猥な言葉を紡ぐ。

「あ、あっ…気持ち、いいの…!アルスの、おちんちんが…大きくて…擦れて、熱くて…イッちゃう…!
おまんこの、中…、もっと、掻き回してぇ…!アルス、の、いっぱい、出して…!」
「――は…!!」

22 : V勇者×僧侶B@549 ◆srTlJKOSPw 2011/10/18(火) 19:31:32.47 ID:S29PfO7q

ゾクゾクする…!!
もう、止まらねぇ…!
壊れたのは――俺の方だ…!!

「ひっ、あ、ぁああああ!!あっ、アぁぁっ、ア、ああんっ!!」
「ぐ、ぁ…サラっ…サラ…!!」

きゅううう、と締め付ける内壁が
気持ちよくて
たまらなくて
切なくて
熱くて
肉を打ちつける音が
ぐちゃぐちゃと絡まる淫猥な水音が
どろどろに蕩けた蜜壷の心地よさが
淫らな喘ぎ声が
俺を求める紅い瞳が
愛しくて
愛しくて
――もう、手離せない。

23 : V勇者×僧侶B@549 ◆srTlJKOSPw 2011/10/18(火) 19:33:39.66 ID:S29PfO7q

「だめぇっイっ、イっちゃ…ぅっ!!ああぁ!!アルス、アルスっ…ああ、アぁぁあぁあん…――!!」
「サラっ!――く……!」

――ドク…っ…ドク…っ…!

「っ…っ…!」

完全に放心状態のサラに、俺は三度目――白濁を注ぎ込んだ。
ああ…すっげぇ…気持ちよすぎだろ…これ…。
あまりの快感に、頭が真っ白で、しばらくの間呆然自失の状態で…。
三度目だってのに…すげぇ量だな…。

「…っ…、サラ…」

呼んでも、返事は無かった。
…壊しちまったんだろうか…俺はサラを…本当に…。
眩暈がするような快楽を通り過ぎ、全てを注ぎ終えた俺は、サラの胎内からぬる、と自身を取り出した。
にちゃ…と精液がサラとの間に名残惜しげに糸を引いて、やがて途切れた。
ひいやりとした感覚が、サラの中の熱がどれ程のものであったかを伝えてくる。
俺のものが引き抜かれた下の口からは白濁の涎が止め処なく溢れていた。
くたりと力を無くし、目を閉じたまま――微かな寝息が、俺の耳に届いてくる。

24 : V勇者×僧侶B@549 ◆srTlJKOSPw 2011/10/18(火) 19:34:43.03 ID:S29PfO7q

「サラ…」

疲れたんだろう。
当然と言えば当然だが、それにしても。
今日のサラは、いつもと全く違っていた。
こんなに大胆に……しかも、一度は俺に断っておきながら、彼女の方から俺を求めてくるなんて。
サラの身に、何かが起こったのだろう事は間違いないが、これ程に乱れ狂うサラは初めてで、
行為が終わって冷静になると、やはり次々と疑問が思い浮かぶ。

サラの後処理をして、ベッドに寝かせ、俺もあまりの気怠さにバスローブを簡単に羽織って
そのまま同じベッドの上に倒れ込もうとした時――

「…何だこれ…」

ベッドの横に落ちていた、妖艶な光り輝く桃色の剣――これってあれだよな、確かポルトガで貰った
誘惑の剣…使えば、メダパニの効果があるっていう――

「…、まさか…」

俺はその剣を拾って、その剣とサラ、交互に目を向けた。
もしかして…これが原因か?
自分に使って…こうなった、とか?

25 : V勇者×僧侶B@549 ◆srTlJKOSPw 2011/10/18(火) 19:36:03.24 ID:S29PfO7q

まさかな…そんな都合のいい事……――あるかも…。

何せ、今日のサラの乱れ方…ただ事じゃなかった。
いつものサラからは想像も出来ない程、乱れていて。
だとしたら、あれだな…。
こんな剣、俺以外の奴の前で使わせちゃやべぇよな…。
こんなやらしいサラを目の前にして、欲情しない男がいるわけがない。
そして、ある意味では、俺の前でだけたまにこれ使わせたら…いつでもこういうサラが拝めるわけで…。

さっきまで散々サラとやって、俺はまた邪な考えが次々と浮かぶのに、俺は思わず苦笑が漏れた。
…こんな煩悩に塗れた状態で、明日ルビス神に会うってのは気が引けんなぁ、
全部見透かされんじゃねぇか、なんて、そんな事を思いながら。
俺はサラの華奢な身体を抱き寄せ、襲ってくる睡魔に抗う事無く、そのまま目を閉じ、
ぐったりと深い眠りに就いたのだった。

26 : V勇者×僧侶B@549 ◆srTlJKOSPw 2011/10/18(火) 19:37:00.03 ID:S29PfO7q

*****

「ん……」

ここは何処?
薄暗い、闇の中にぼんやりと照明の灯りがかろうじて私に光を与えてくれる。
うつらうつらと、まるで夢の中を彷徨うような感覚の中で、徐々にだけれど覚醒していく頭の芯。
ぼんやりと霞んだ目を徐に開くと、眠っているアルスの顔が側にあった。
そして、彼の温もり。
私は、彼の胸の中に抱かれたまま、眠っていたのらしい。
気だるく、重い身体は動かすのも億劫で、身体の中に残る異物感と、其処からどろりとした液体が
溢れる不快感が生々しくて。
ああ…そうだ……私は…。

――彼を、自分から求めてしまったのだ。
淫らに彼を求め、いつになくはしたない喘ぎ声を上げ、この上無く卑猥な言葉で彼を煽り…
彼の事だけを考え、快楽に溺れ…そして…――


「――っ…!!どう、して…!?」

何で、こんな事になったのだろう。
どうして、私はあんなはしたない事を言ってしまったのだろう。
あんなにも、乱れて、いやらしく自分から腰を揺らし…どうして、どうして…!?
27 : V勇者×僧侶B@549 ◆srTlJKOSPw 2011/10/18(火) 19:38:42.58 ID:S29PfO7q

「…起きたのか、サラ」

耳元に落ちてくる物憂げな彼の声。
羞恥で、まともに彼が見られない。
きっと私の顔はこの上無く真っ赤になっているに違いない。
ああ、もう…どうしよう…!?私…、私…!

「…何今更恥ずかしがってんだ。散々自分から煽っておいてよ…。まぁ、正気に戻ったって事か…。
いつもいつもあんなお前じゃ、体力も心臓も保たねぇからな、流石に俺も」
「しょ、正気って…?アルス、私一体…」

目を擦りながら、気だるそうに身体を起こす彼――何かを知っているような口振りで言うのに、
私は彼に問うてみた。
…私にも、心当たりが無いわけではなかったけど…彼は、何を思ったのだろうか。

「お前、この剣自分に使ったか?落ちてたぞ、床に」
「あ…!」

やはり――『誘惑の剣』を私の目の前にちらつかせる彼に、私はやはりそうだったのだと悟る。
彼も、気付いたのだ、その剣の隠れた効力に。――つまり。

28 : V勇者×僧侶B@549 ◆srTlJKOSPw 2011/10/18(火) 19:40:14.07 ID:S29PfO7q

「これ、戦闘外で使うと催淫効果があるんじゃねぇか?魔物に使うには
『メダパニ(混乱)』みてぇだが…危なっかしいもんくれやがって…」
「べ、別に自分に使おうとしてたわけじゃ…ただ、今日使ってみようと思って眺めてただけなのに…!」
「ダメだな。俺以外の奴の前で使うな。昨日みたいなお前見て、欲情しねぇ奴はいねぇよ。
いいな、これ、俺が預かるぜ?」
「え…?アルスが…?も、もうそんな剣きっと使わないわ、私…!売るか、捨てるかした方が…」

私がそう提案するも、彼はそれもダメだ、と一喝…。どうして…?

「…俺の前でだけ使ってくれよ、これ。昨日みたいなお前、普段じゃ有り得ねぇだろ?
毎日とは言わねぇから、たまには…構わねぇだろ?」
「――っ、そんな…!!」

何て事を言うのだろう、この人は…!そんな剣見るだけでも嫌だと言うのに、彼の前でだけ使えって…!

「嫌!そんなの…何考えてるの!?私がどんなに辛かったか…!」
「…ノリノリだったじゃねぇか。気持ちよかったんだろ?お前も。だったらいいだろ。頼むよ、サラ…」
「ん、そ、ん、…んぅ…!」

甘ったるくそう強請りながら口付けてくるのに、私はそれ以上拒むことが出来なかった。
もう、この人は…私があなたに弱いのを知ってて、つけ込んでくるんだから…!

「なぁ…いいだろ、サラ…」
「っ…う…、…意地悪…っ…アルスの、ばかぁ…」

29 : V勇者×僧侶B@549 ◆srTlJKOSPw 2011/10/18(火) 19:43:59.09 ID:S29PfO7q

泣き出しそうに私が言うと、アルスは嬉しそうに、悪戯っぽい、少年のような笑みを浮かべて――

「…愛してる、サラ…」
「――っ、ん…!」

愛を囁かれ、また口付けられるのに、私はそれ以上拒むことなど出来なかった…。

「で、あれだ。…いい加減、もう許してくれてるよな?言ったろ?俺はお前に一目惚れしたんだ。
あの時はただ魔が差して流されちまっただけなんだ…、わかってんだろ、本当は」

唐突に言われ、私は意味が分からず首を傾げたけれど――ああ、そうだ、私と彼は…

「――あ…、…、知らないっ…それとこれとは話が別なの…!アルスなんて…」
「………強情だな、お前も大概…。あんまり意地張ってると――」
「え…――きゃぁっ!?あ、アルス…何…」

私はまた押し倒されて、首筋に吸いつかれた。
そして事もあろうに――

「ひぁっ!アル、ス…ど、して…!?」

胸の間に、遠慮なく顔を埋めてくる彼に、私はあくせくと彼から離れようとするのを制されて。
30 : V勇者×僧侶B@549 ◆srTlJKOSPw 2011/10/18(火) 19:46:01.50 ID:S29PfO7q

「…ぱふぱふより、もっとスゲェことしちまうぜ?お前が許してくれねぇ限り、ずっと、な」
「――っ、ずっと、って…アルス、旅は…!?」
「わからねぇなら、わかるまで身体に教え込んどかねぇとな…俺がどんなにお前が好きかって事を。
まぁお前が許してくれんなら、すぐにでも出発してやるが…。どうする?」

極めて意地の悪い選択肢を突きつけられて、彼の行為がどんどんエスカレートしていくのに、
私はとうとう…。

「〜〜〜〜わかったから…!もう許すからっ…………許してぇ…!!」

結局、…彼を許したものの、彼には決して許される事無く、そのまま流され、
起き抜けに散々好き勝手にされてしまったのだけれど。
それでもやっぱり旅を急がなければと、私は決して最高のコンディションとはいかない状態で…
寧ろ、いつもよりも疲れきった身体で(彼はどうしてあんなに元気なんだろう…)
旅を進める事になってしまった。宿屋を出るのに、チェックアウトしようと宿屋の店主に声を掛けたら…

「昨日はお楽しみでしたね」

唐突に冷やかされ、あまりの羞恥に真っ赤になって絶句した私を見て、くつくつとさも面白そうに笑う
意地の悪い勇者に、私はまた二日間、口をきかない事を決意したのだった…。

END.    ――そしてDQTに続けばいいと思うんだ!
31 : 549 ◆srTlJKOSPw 2011/10/18(火) 19:49:10.43 ID:S29PfO7q
以上で全ての妄想終了。読んでくださった方どうもです。
長くなってスマソでしたorz
32 : 名無しさん@ピンキー2011/10/18(火) 21:32:35.03 ID:cnPs8zQB
GJ!!いつもながら愛ある2人が素晴らしい!!
33 : 名無しさん@ピンキー2011/10/19(水) 10:53:56.73 ID:zH7M/ulE
前スレは埋めました
最後の書き込み

665 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2011/10/19(水) 07:04:56.51 ID:2QsaEeDw
そういえば,wikiの管理人さんって失踪してしまったん?
34 : 前スレ6262011/10/20(木) 01:20:07.90 ID:jLKTWEg3
感動した!!!!!!
良いものをありがとう。この二人でまた読みたい
35 : 名無しさん@ピンキー2011/10/20(木) 14:54:36.18 ID:ANQUMQJ4
GGGGGGJJJJJJ!!!!!!!
36 : 名無しさん@ピンキー2011/10/20(木) 18:15:48.52 ID:aLH8l3a9
いいいね
37 : 名無しさん@ピンキー2011/10/21(金) 02:57:52.23 ID:3PpRLZvz
ED後、ダークドレアム率いる魔物軍団にゼニス城が襲撃されて陵辱されるバーバラお願いします。
38 : 名無しさん@ピンキー2011/10/21(金) 12:35:16.77 ID:Eto9bDAS
陵辱ならミレーユ姉さんのほうが…

もしガンディーノに嫉妬深い王妃がいなかったら
王様は愛人との間に子供作りまくり、徳川のオットセイ将軍のようになっていただろうな。

薔薇を散らした特別なお風呂、で精力絶倫の王様に毎晩のように可愛がれ、
子宮の限界まで子供を孕まされるミレーユ…ハァハァ
39 : 名無しさん@ピンキー2011/10/21(金) 14:52:33.34 ID:C9IT2cu2
お前らまず前スレ埋めてこいよ
40 : 名無しさん@ピンキー2011/10/21(金) 14:58:30.54 ID:u2crzAfj
>>39
もう埋まってるよ
41 : 名無しさん@ピンキー2011/10/21(金) 16:33:02.04 ID:IPdjNRVB
王様に凌辱されたミレーユのトラウマを主人公が若い子種で癒やすSSが読みたい
42 : 名無しさん@ピンキー2011/10/22(土) 09:47:46.21 ID:kH4yhKLQ
43 : 名無しさん@ピンキー2011/10/22(土) 21:48:18.52 ID:q3R6wrHH
>>33さん
549です、前スレの埋め乙&申し訳無かったです。
やっぱり新スレ移行早すぎたかと反省しつつ、僧侶タソのカワユスAAで埋めてくれてハァハァ
しましたですw埋め協力出来ず迷惑掛けました、ありがとうです!
44 : 名無しさん@ピンキー2011/10/24(月) 01:21:37.13 ID:82VTRw4i
凌辱なら5王女が王子を監禁して、というのをだな
45 : 名無しさん@ピンキー2011/10/30(日) 18:46:02.58 ID:ZdyDyQ5D
46 : 名無しさん@ピンキー2011/10/31(月) 14:20:07.92 ID:ofoE/aze
書きたいけどまともにクリアしたことないからな
どんなストーリーだったか覚えちゃおらんよ
47 : 名無しさん@ピンキー2011/11/04(金) 01:37:03.50 ID:q3FAN8/E
じゃあ俺も新作投稿します
48 : 名無しさん@ピンキー2011/11/04(金) 01:40:07.13 ID:q3FAN8/E
紅の夕日は沈み空が紺に染まり星が一つ、二つとまたたき始める。だが、その星ぼしには手を伸ばしても届かない。

どうすればあそこに行けるのか……。あるいは死んでしまえばいくのだろうか……。

天使はエルギオスを救い、世界を守った。これで全てが元に戻ると思っていた。
天使界に帰ることは出来なくても天使たちとはまた会えると考えていた。しかし、今は
その希望も仲間たちも何もかも消え、ただ自分は取り残された。
天使の中で拭いきれない不信が首をもたげていた。自分たちは神の道具でしかなかった
のだという思いが空虚な心の中で形を成し始めている。
天使たちは女神セレシアを元に戻すために作られた。だが天使たちは世界樹を育み女神の
果実が実れば救われると謀られていたのだ。セレシアは天使たちを用がなくなると星に
変え、自分を人間にして放り出した。

結局、自分は神と人間のエゴに振り回されていただけの道化でしかなかったのだ。
星空はにじみ、天使は耐えられず目を閉じた。
49 : その後2011/11/04(金) 01:44:22.24 ID:q3FAN8/E
ダーマ神殿の酒場に少女が二人、浮かない表情で腰掛けある者の帰りを待っていた。
沈んだ顔の少女が酒場の入り口に現れ二人のいるテーブルへと向かう。
「…どう、天使は?」
パラディンの少女が帰ってきた賢者の少女に尋ねる。
「変わらないわ……。まだ、あの青い木の下で空を眺めているの。」
答はわかっていた。
「そうか……。」
パラディンは項垂れ、口を閉じた。

「何か、何かしなくちゃ…天使に何かしてあげなくちゃ!」
沈黙に耐えかね魔法戦士が口を開く。
「天使は……失ったものが多すぎるんだ。友達も家族も故郷も無くしてしまって
ボクたち以外の人間は守護天使のことを忘れてしまって―――。」
「だいたい、あの女神が酷すぎるのよ!天使たちの役目が終わったからって天使界を消して天使たちの存在を無かったことにするなんて!」
魔法戦士の言葉を遮り賢者が声を荒げる。
「世界を救った天使に『人間として生きろ』なんて……。」
賢者はもう声が出なかった。代わりに目から涙が溢れ、口からは嗚咽が漏れた。
「我々ではどうしようもないだろう。天使は……全てを失ってしまったのだから……。」
静かな声でうつむきながらパラディンは言う。
「私たちには何も出来ないっていうの!?」
声を震わせる賢者の頬に涙が伝う。
「事実だ……。天使にとって何十年、何百年共に生きた天使界の家族や仲間たちと、たかだか数ヶ月共に冒険しただけの私たちでは比較にもなりはしない。」
パラディンは続ける。
「今いちばん辛いのは天使だ……。私もどうすればいいのかわからない…。天使の気持ちの整理がつくまで待つ以外ないのかもしれない。」
そう言いながらパラディンは顔を起こす。彼女の目もまた潤んでいた。
「ごめん……。」
賢者はうつむき、また沈黙が漂う。この状況でも冷静でいられるパラディンがうらやましい、直情的な自分が情けなかった。
「………天使のところにいる。」
賢者はそういって立ち上がる。羞恥の感情から早くここを離れたかったし何かしなければならないという焦燥感に駆られていた。
「私も行こう。」
パラディンも彼女に続く。
50 : その後2011/11/04(金) 01:49:18.08 ID:q3FAN8/E
ダーマ神殿の長い階段を降りながら賢者とパラディンは焦っていた。
二人の足は競うように速くなる。夜の冷たい空気を受けながら青い木の下に着くと天使は変わらずそこにいた。
今の彼なら黙って消えてしまっても不思議ではない。息が荒いのは走ってきたからだけではなかった。

賢者は眠る天使の前に屈み天使に囁く。
「大丈夫?」
賢者の持つカンテラの淡い明りに照らされる天使の顔はやつれ、目の周りには涙の跡が見えた。
毎日、何百年も人間のために尽くした不幸な少年だ。自分の何倍も長く生きているのにませていない少年、
初めて会ったときは子供の様に常識知らずで幼くて優しい彼にまごついたものだ。
彼の正体が天使だと知った時、納得した。その天使が今はまるで病人のように青白い。

「寝ているだけだ。」
パラディンは彼の顔に耳を近づけ寝息を聞き安堵する。
「どうすればいいの?」
自分が今、天使のために何ができるのか、その問いの解を賢者は必死に探していた。

「私たちにできるのは……彼のそばにいてあげることだけだ。」
そう言ってパラディンは天使の隣に腰掛け彼に寄り添う。まるで恋人のように。
「………!」
賢者は思わず声をあげそうになるが何とか飲み込む。
パラディンが天使の肩に頭を乗せ満足そうに眼を閉じたその瞬間、少女の眉が八の字に歪んだ。

彼女の目から涙が引っ込み、叫びたい気持ちを抑えながら同じようにパラディンの反対側に座り天使に寄り添う。

そして、二人は互いに互いの天使への感情を理解した。
彼とパーティを組んで以来、ギリギリのところで隠していたものが一気に露呈し
賢者とパラディンの互いへの疑念が確信へと変わる。

静かで燃えるように熱い戦いが始まった。
51 : 名無しさん@ピンキー2011/11/04(金) 01:54:19.67 ID:q3FAN8/E
作品がかなり長いので今日はここまでにします。すいません
続きは3日後くらいに投稿します
52 : 名無しさん@ピンキー2011/11/04(金) 23:06:02.40 ID:6IBM1EAQ
なんかどっかで見たような気がするんだが
53 : 名無しさん@ピンキー2011/11/05(土) 00:29:47.42 ID:Ckj8Asfp
前スレでも誘い受けしたあげく、続きは投下されなかった気が
54 : 名無しさん@ピンキー2011/11/05(土) 02:17:18.99 ID:TFUrg7TH
前スレ299-301だね
まあ、sageは覚えたみたいだけど、誘い受けは変わらずってことか
55 : 名無しさん@ピンキー2011/11/05(土) 15:53:32.77 ID:mqtcahkR
前スレ>>347>>350辺りからの流れなら、今になって職人が書き終えたから投稿し始めた、と取れなくもないが
何気に前スレ300からちょっと伸びてるし

真偽は続きが書かれるかどうかで分かろう
56 : 名無しさん@ピンキー2011/11/05(土) 19:26:00.29 ID:o3Lidb1S
iPhoneのibookでなんと860ページの(輪姦体験・人妻が溺れたセックス)官能体験告白小説電子ブックサイト入口

http://avectoi3812.sakura.ne.jp/kab/sex/
57 : 名無しさん@ピンキー2011/11/06(日) 16:12:15.28 ID:XypmeC8m
作者です
前スレで思いついて冒頭だけ書いた作品がようやくできたので投稿を始めました

では続きを投稿します
途中までですがまた3日後に続きを投稿します
58 : 名無しさん@ピンキー2011/11/06(日) 16:15:41.82 ID:XypmeC8m
海から吹く冷たい風に頬を撫でられ、天使の意識が戻る。
周囲は薄暗く足元にあるカンテラの光が自分を照らしていた。
見回しても風の音と自分の上で木の葉がざわめく音が聞こえるだけで日が落ちて
夜になり相変わらず自分が青い木の下にいることに気付き落胆する。

「天使――――。」
誰かが自分を呼ぶ声が聞こえた。辺りは暗く、彼は自分がまだ夢の中にいるような錯覚を覚える。
布擦れの音と自分に寄り掛かる重みから自分の隣に誰かがいることに気付く。
暗がりに目を凝らすと自分の両隣に人の輪郭がある。

「天使……。」
再び自分を呼ぶ声が耳元から発せられ、パラディンだとわかる。
しかし、なぜ彼女が自分の隣にいるのかはわからなかった。

「大丈夫?」
パラディンは天使の手を握りながら聞く。

「………。」
だが、天使は彼女の顔を一瞥し、何も答えず夜空を眺め始めた。

「寝るのなら宿屋のベッドにしない?ここでは疲れるだろう。」
言葉を選びながらパラディンは彼を気遣う。

「ここでいいよ。」
天使は煩わしそうに答えた。
「辛いのはわかるが今のままでは体を壊してしまう。」
彼女は続ける。
「……別にいいよ。放っておいて。」
まるで他人事のように天使は返す。
59 : 名無しさん@ピンキー2011/11/06(日) 16:22:53.15 ID:XypmeC8m
「それはできない。」
パラディンは即座にはっきりと答える。
「パーティの誰かが怪我したら治るまでみんなでフォローしてきただろう。」

「一人にしてよ…。」
彼女の真っ直ぐな目に少し躊躇するが少し間をあけて答える。
パラディンの言葉の意味に天使は気が付かず、彼にはもう全てがどうでもよかった。

「……じゃあ、お願いだ。一緒にいさせてくれないか?」
また真っ直ぐな目で天使と目を合わせ、今度は少し強い口調でパラディンは言う。
なら勝手にすればいい、自分はこれから星空を見るだけで彼女にかまっている余裕はない。
天使は彼女には何も言わず星を眺め始めた。
だが相変わらず星は輝くだけで何も起こらない。セレシアの力を持つこの木の下で待てば何かが起こるかもしれないという淡い希望ももう彼の中で尽きようとしていた。

「何か食べたいものはない?」
パラディンが聞くが天使はまた何も答えなかった。
60 : 名無しさん@ピンキー2011/11/06(日) 16:26:43.08 ID:XypmeC8m
日が昇り魔法戦士が持ってきたパンを頬張りながら3人は話し合っていた。

「いつまで意地張っているの?」
天使から離れようとしない賢者とパラディンを少しからかうような口調で言った後、
二人から睨みつけられ魔法戦士は仰け反った。

「天使クンも幸せ者だね…。どう、元に戻りそう?」
二人に寄り添われ眠る天使は生気がなく人形のようにさえ見えた。

「昨日は、天使はどうしていたの?」
賢者は昨日天使に寄り添い、そのまま寝てしまった。
自分のこらえ性のなさを後悔しながら彼女は天使とパラディンの間で何かなかったか障りのないように尋ねる。

「ずっと空を眺めていただけだった……。」
目を擦りながらいうパラディンの目元にはクマが見えた。
彼女の表情から見てそれ以外には何もなかったのだろう。
賢者は一層の不安を感じつつもほんの少し安堵した。

「食事もとってくれない……。」
パラディンは言葉に詰まりながら言う。
「私たちが彼の仲間であることを気付かせるだけでいいのに……。」
パラディンは俯き声を押し殺すようにして涙を流し始める。
今まで彼女が見せたこともない弱い姿に事態の深刻さが表れていた。

今の天使はパラディンも魔法戦士も自分のことさえ上の空だ。
彼の失ったものは大きすぎる。自分がもし家族も友人もいなくなって
自分の存在を無かったことにされてしまったら、そう考えると背筋が寒くなる。
自分も耐えられず、彼と同じような状態になってしまうだろう。
だが、このままではいけない、彼をこのままにはしておけない。

でも、方法がわからない。

魔法戦士に背中を撫でられながら震えるパラディンをなだめながら
賢者もまた耐えられず涙を流した。
61 : 名無しさん@ピンキー2011/11/06(日) 18:25:06.92 ID:H2X2ZoAl
>>57-61
GJれすー
続きも楽しみにしてます
62 : 名無しさん@ピンキー2011/11/08(火) 18:51:33.88 ID:cJahRttx
ベルガラックのカジノにて

「うーん…コインもたくさんあるし迷っちゃうなぁ…」

初めてのカジノに興奮するゼシカ。

辺りを見回していると後ろからぶつかられる
ドンッ

ゼ「いたた…ぁあ!コインが!ちょっとあんた!」
女「なによ?あんたが突っ立ってるから悪いんでしょ!」

睨み合いになりお互いに胸を押し付ける形に

2人の胸がぶつかり合う。
だが勝敗はあきらか。
ゼ「そんな…私より大きい…」女「そんな程度のおっぱいでそんな格好しちゃって…恥ずかしくないの?」

?「なにー?もめごと?」
女の仲間と見られる女性たちが集まってくる
63 : 名無しさん@ピンキー2011/11/08(火) 20:57:06.01 ID:L3Rt50fH
終わり?
64 : 名無しさん@ピンキー2011/11/10(木) 00:04:45.09 ID:Zu+QIRWc
>>57-61
久しぶりですねー
3月の震災の後、音沙汰無いから
ひょっとして被災してSS書くどころじゃなくなってしまったのかと心配してました
続き楽しみにしております
65 : 名無しさん@ピンキー2011/11/10(木) 00:14:13.01 ID:Qez4trBv
>>60の続き投稿します
66 : 名無しさん@ピンキー2011/11/10(木) 00:16:57.25 ID:Qez4trBv
賢者はダーマ神殿の宿屋でシャワーを浴び、かなり遅い夕食をとって青い木の下に向かう。

変わらず夜空を眺め続ける天使を一瞥し、カンテラを置いて彼に寄り添った。
パラディンは隣で疲れ果て眠っていた。
ずっと天使のために起きて彼を励ましていた彼女も限界が来ている。

天使界が消えてしまう前までは彼はいつも自分たちを気遣ってくれた。
自分やパラディンの想いには気付いてはくれなかったが天使は天使らしく慈愛をもって接してくれた。

だが、今の彼は昼間ずっと眠っている。
夜になって起きても星空を眺めるだけで自分たちが隣にいないかのように振る舞う。

この閉塞した状況を打開するため意を決して、賢者は天使に尋ねる。
「どうして私たちがあなたの隣にいるのかわかる?」

「……さぁね。」
彼は賢者の目さえ見ようとしない。

「あなたにはもう何も残ってないの?」
天使と一緒にいるようになって何日かたつが彼の目に光はない。

「僕に何が残っているって言うんだい?」
自嘲的に発せられたその言葉に賢者は天使の手を握りしめる。
自分がここにいるのに気付いてくれない彼に苛立ちを覚えずにはいられなかった。
67 : 名無しさん@ピンキー2011/11/10(木) 00:20:22.16 ID:Qez4trBv
「人間のこと…嫌いになっちゃったの……?」
天使がこの状態になってからずっと懸念していたことを賢者は尋ねた。

「………。」
天使にもそれはわからなかった。何を憎めばいいのかわからない。
天使たちは最初から星にされてしまうことが定めだったのなら、
それが救いだったというのなら人間を憎むことはない。

だが、自分だけ地上に残されてしまったのは人間が原因だ。

「私たちのことも……嫌…い?」
涙声で賢者は聞く。

「……わからない。」
彼も今となってはそれさえ否定をすることはできない。

賢者の口から嗚咽が漏れ、彼女の心にも大きな痛みが走る。


(もうお終いなのかもしれない……。)
賢者も最悪の事態を覚悟せざるをえなかった。

そうしているうちに紺の空が段々と明るく赤に染まり始める。
天使の目に涙が流れ始め賢者は天使の悲しみを知った。
天使は朝が怖いのだ。星空が消える朝が、
彼と天使たちを結ぶ唯一の繋がりが消える朝が彼は怖いのだ。

「泣かないで……。」
賢者は、か細い声でいう。

白んでいく空、そして朝焼けが海から溢れて二人を照らし、海も淡い光を反射し瞬いた。

「綺麗…。」
天使の口から言葉が一つ漏れる。天使界でいつも見ていた雲の間からの日の出とは違う
その美しい光景が今の彼には悲しみ以外の何物でもないはずだったのに。

「そうね。」
しかし、この美しい日の出も彼がいたから今も見ることができるのだ。

「……ありがとう。世界を守ってくれて。」
68 : 名無しさん@ピンキー2011/11/10(木) 00:23:40.16 ID:Qez4trBv
「……ありがとう。世界を守ってくれて。」
彼に慰めの言葉はかけても感謝の意を伝えてはいなかったことに賢者は気づく。

「ごめんね。大切なことを忘れていたわ。」
その言葉に天使は困惑する。

「ボクが…世界を……守った?」
感謝の言葉を言われても喪失感にかき消される。
天使の顔が賢者のほうを向く。

「違う?世界樹を育むことだけが天使の役目じゃない。
人間を守ることも天使の……あなたの役目だった。」
賢者は彼の肩に乗せていた顔を起こす。

「天使は世界の守護天使になったのよ。皆が忘れても私は忘れない。」
天使の手を両手で優しく握り彼の涙で潤んだ瞳を見つめ言う。

「世界を守ったのはボクだけじゃない。賢者もパラディンも魔法戦士も・・・・。」
彼女と見つめあいながら天使は続ける。朝日が彼女の顔を照らして眩しい。

「皆が協力してくれたから世界は守られたんだ。」
その言葉に賢者は心が震え、たまらず天使の首に手を絡ませ少年の体をぎゅっと抱きしめた。

天使は心まで失ったわけではなかったのだ。

突然抱きしめられ面食らう天使の耳元で彼女は言う。
69 : 名無しさん@ピンキー2011/11/10(木) 00:28:02.52 ID:Qez4trBv
「天使……私たちはあなたの仲間なのよ。」

「……ナ…カマ?」

その言葉の意味と重さを今の天使に理解してもらうにはまだ足りない。だが…。

「私たちはルイーダの酒場で出会って、世界中を駆け回って、
怪物と戦って、女神の果実が引き起こした騒動を解決して…。」
賢者は天使との出会いを思い出しながら話す。

「何日も一緒に過ごして、ご飯を食べて、
戦って…ケンカして…仲直りして……家族みたいだよね。」
彼の孤独を癒すには自分が一人ではないことを気付かせる。それさえできれば望みはある。

「貴方は強くて、逞しくて、戦いのとき前でモンスターに立ち向かう貴方の背中を見るだけで安心して旅ができたわ……。
私もパラディンも魔法戦士も…みんな天使のことが大好きなのよ。」
賢者は言葉に詰まりながら続ける。

「悩んでいるならいって…悲しいなら私たちが何とかするから……もう泣かないで…。」
この気持ちを天使に届けたい一心で涙声で彼に伝える。
70 : 名無しさん@ピンキー2011/11/10(木) 00:33:10.99 ID:Qez4trBv
仲間…そう……自分にとって今、一番欲しいもの…。

天使の口から嗚咽が漏れ、顔が求めるような表情に変わる。

賢者の祈りは届いた。

「あ…あり…あ……。」
彼女に感謝の想いを伝えたいが口がうまく動かない。
これ以上続けるとみっともない泣き顔を晒してしまうだろう。

だが、もう我慢はできなかった。

「あり…がとう…。」
天使は何もかも無くしたと思っていた。
だが、失ったものが多すぎてその影に隠れていた自分を愛してくれる、
自分とともに戦い、世界を守ってくれた仲間たちがいることにようやく彼は気づいた。

彼は賢者の胸で子供のように、親に甘える稚児のように泣き始める。
朝焼けの眩しい草原に天使の泣き声が響き、
朝日に照らされた二人は身も心も暖かく、お互いの温もりに満たされていった。

「いいよ。天使はずっと我慢していたんでしょ。」 
天使の頭を優しく撫でながら賢者は母のように彼を抱く。
もう傍にいてあげるだけではない、彼を甘えさせてあげることができるのだ。
71 : 名無しさん@ピンキー2011/11/10(木) 00:35:26.16 ID:Qez4trBv
続きます

ではまた3日後
72 : 名無しさん@ピンキー2011/11/13(日) 23:23:02.28 ID:FbeZHO+h
声を上げて泣く天使が落ち着き、彼の息が整う頃には日は完全に昇り、
彼に抱きしめられて賢者の体のあちこちが痺れた。
だが、彼の温もりに彼女は恍惚の表情を浮かべて満ち足りていた。

「ありがとう。何だかすっきりしたよ・・・・。」 
賢者に微笑みながら天使はいう。
目は赤くやつれてはいたが彼の頬に赤みが差し、生気が戻っていた。

そして、彼のいつもの優しい目に少し自分に対する特別な感情が宿っていることに賢者は気づく。
以前彼に「好きだ」と言っても間髪を入れず「ボクも好きだよ」と返されてしまったが
……今ならいけるかもしれない。

賢者は彼の頬に手を当ててじっと見つめた。
「……どうしたの?」

「私は怖かったの。天使がホントに天使だったってわかったとき。」
唐突に彼女は言う。

「え…?」

「天使なんて昔の人が作った空想の種族だってずっと思い込んでいた。
でも、天の箱舟に乗って天使界に着いたとき、あなたの言っていたことが事実で……。」
天使を見つめながら賢者は続ける。

「それにエルギオスとラテーナさんのことを知ったときも怖かった。
天使と人間は結ばれないようになっているのかもしれないと思っていた。
でも……。」

彼の首にかけていた手を放し、息を吸い込んで勢いに任せて彼女は言う。

「好きよ……天使。」

その一言にあっけにとられている天使の頬に彼女の唇が触れる。
それは本当に一瞬のことで賢者は彼の顔からすぐに離れた。
73 : 名無しさん@ピンキー2011/11/13(日) 23:28:16.05 ID:FbeZHO+h
「ごめん…。嫌だった?」
もう少し離れて顔をそらしながら彼女は聞く。
しかし、彼は固まってしまったように動かない。

賢者の顔が赤いのは朝日に照らされたせいだけではなかった。

「貴方のこと…ずっと好きだったの、愛していたの…。」
瞬きを繰り返すだけの天使に弁解する様に彼女はしゃべりだす。
「でも、あなたは私の気持ちに応えてはくれなかった……。
解っているんでしょう?私の気持ち……。」

数刻の沈黙の後、天使は口を開く。
「天使と人間じゃ住む世界が違う。
時間の流れも違うから人間と天使は必要以上に関わってはいけない
っていう決まりがあったんだ。だから…人間と天使は…恋ができない…
天使は…人間に特別な感情を抱けない……はずったんだ。」

「でも、今は違う。」
固まって無表情だった天使の顔が明るく微笑む。

「賢者が好きだ……!」

その言葉と同時に今度は、賢者が両手を口に当て肩を震わせ泣き始めた。
「……ちょっと、何で泣くの?」

突然のことに狼狽しながら天使は賢者の両肩を抱き、
くしゃくしゃになった彼女の顔を覗き込むようにして聞く。
「ごめんなさい。何だかホッとして…天使が戻ってきてくれて…
私のことを好きだって言ってくれて…うれしいことが続いて安心しただけだから…。」

泣きながら微笑む賢者の肩を抱き、今度は天使が彼女の頭を撫でる。
そして、暫くしてぎゅっと天使と賢者は抱きしめあい、
二人は甘く、純粋で透きとおった気持ちに支配された。

目の前の異性が愛しい。
74 : 名無しさん@ピンキー2011/11/13(日) 23:33:21.39 ID:FbeZHO+h
優しいキスを何度か繰り返した後、
天使の肩に賢者は頭を乗せ二人は他愛のないやり取りを続けた。

「いつからボクのことを好きになったの?」

「好きだったのは出会った時からよ。だから貴方のために何ができるか必死になって考えたの……。」

「……ありがとう。何かお礼をしないといけないね。」

「じゃあ、今日は私に付き合って。」

「何をするの?」

「楽しいことをしましょう。おいしいものを食べて遊ぶのよ。お腹減っているでしょ?」

「……うん、お腹が減ったよ。」

「グビアナ城が最近、観光で盛り上がっているらしいから行ってみましょう。」

「オッケー。」
賢者に手を引かれ立ち上がると同時に自分の隣のもう一つの温もりに気付く。

「そうだ、パラディン起こさないと。彼女にまだ『ありがとう』を言ってない。」
自分のために傍にいてくれたのは彼女も同じだ。

「気持ちよさそうに寝ているのに起こしちゃ悪いよ。ね、行こうよ。」
確かに眠っている彼女を起こすのは悪い気がする。
賢者は焦っていた。

「……行こう。」
少し強引に天使の手を引き言う。
パラディンを置いていくことに少し負目を感じながら天使は歩き始めた。
久しぶりに立ち上がったせいか少しフラフラし、足取りはおぼつかない。

「でも、まずはお風呂に入ろうか。」
少し歩いたところで籠っていた汗のにおいに賢者は顔をしかめる。
そういえばもう何日も風呂に入っていない。自分でも感じる臭いに天使はひどく赤面した。
75 : 名無しさん@ピンキー2011/11/14(月) 01:47:20.32 ID:cKK0ZHn3
完成してから投下するか
もうやめるかを選んだ方がいい
区切りも何もない話をだらだら垂れ流されてもジャマ
76 : 名無しさん@ピンキー2011/11/14(月) 01:59:17.16 ID:Ul66F2n9
>>74
トリップつけてほしい
77 : 名無しさん@ピンキー2011/11/14(月) 02:05:15.89 ID:apbkUtUT
>>72-74
GJ

>>75
>347 名前: 名無しさん@ピンキー [sage] 投稿日: 2011/02/13(日) 15:13:11 ID:bODY0R0o
>301なんですけど自分の書いてるやつがあまりにも長くなっていて
>
>1/3ずつ隔週で投稿したいんですけどいいですか?

という話であって、完成は既にしているんではないか 1/3ではなく数レスずつになったみたいだけど

邪魔という論理は良く分からんな 他の職人さん方がタイミング被ることを遠慮するのかな
>>72-74氏が被って怒る位なら、わざわざ3日置きに投稿はしないような気もするが
なんか申し出るなら、「数レスずつではなく大きく纏めてで自分は構わないと思います」辺りではないかね
78 : 名無しさん@ピンキー2011/11/14(月) 02:28:52.94 ID:8hztzqX8
うーん。
数行読んで、文章があまりに下手なのでスルーしたんだが、
最後の文で、ひょっとしてメロスのオマージュなのかと考えて読み返したら、
やっぱりそうじゃなく、ただのションベン臭い話だった。
まあ導入部でエロくもなんともない場面だから筆がノらないのだろう。
だがせめて、その日の投下が終了したなら、続くでも何でもいいから宣言をしてくれな。
79 : 名無しさん@ピンキー2011/11/14(月) 02:40:06.47 ID:apbkUtUT
>>78は荒らしだと思うですよ 「下手」「ションベン臭い」と言ってる時点で
自分は板の平均レベルと比べて下手だとは思わなかったけど

荒らしだと思ったら触ってはいけないのかも知らんが、職人さんが萎えると困るので一応
80 : 名無しさん@ピンキー2011/11/14(月) 09:13:36.39 ID:Y/MxrAuZ
なんで数レスしか投下しないの?
これ終わるまで何年かかるの?
81 : 名無しさん@ピンキー2011/11/14(月) 10:13:22.23 ID:A/wqvsrj
W勇者エンドール後あたりの
姉妹どんぶりなんてどうだろう
勇者名は小説版「ユーリル」で

宿屋内にて
マーニャ「ねえねえ勇者ちゃんってドーテーなの?」
ユーリル「ええっ!マーニャさん何言ってるんですか…」
ミネア「まあユーリル様ったら、お顔が真っ赤ですわ。」
マーニャ「フッフッフ、ウブねぇ〜」
ミネア「これはいけませんわ、世界の平和のため、ユーリル様には魔王に対抗できるような立派な男になっていただかないと…」
ユーリル「り、立派な男ですか…」
マーニャ「話が早いわ、ミネア。世界平和のために私達姉妹が一肌脱ぐわよ。」
マーニャは言うが早いか、ベッドにユーリルを押し倒し、ユーリルの股間をしごき始めた。
ユーリル「ちょ、マーニャさんっ////!?」
マーニャ「あらん、ユーくんモノは結構大きいのね。さすがは勇者サマ…」(うっとり)
ミネア「うふふ、勃起されてきましたわ…」
ユーリル「み、ミネアさんっ!見ないで…////」
ミネアは甘い微笑をユーリルに向け、大胆に胸部を開き乳房を露出させた。
ぷるん、とした小麦色のおっぱいが露わになる。
マーニャもミネアの微笑の意味を察し、踊り子の服の胸当てを外す。
ぽよよん、としたおっぱいが二組、ユーリルの顔面を挟み込む。
ユーリル「むぅっ!マーニャさ…、ミネアさ…!!」
ミネア「勇者様、これが本当の『ぱふぱふ』でございますわ…」
マーニャ「ほれぱふぱふ、ぱふぱふ…」
ユーリル「…!!、…!!」
82 : 名無しさん@ピンキー2011/11/14(月) 12:31:17.66 ID:tZLxyw26
連載小説を書くつもりなら、他所でやって欲しい気もするけどね。
仕上がっているのならまとめて載せて欲しい。例え長くてもね。

以前そういう形で続き物みたいな感じで小説書いてた人がいたけど
ボコられてなかったっけ?
83 : 名無しさん@ピンキー2011/11/14(月) 16:10:25.64 ID:e0gZfAE4
やれやれ 昨今職人さんにGJを言う精神も失われたのか
誰かが損をしてる訳でも無し、もうちょっと殺伐とせずにマターリ行こうぜ

放っておいても不幸が生まれないところに、わざわざ不幸を生むこともあるまいよ

>>72-74
という訳で、10〜20レス辺りまとめて投下されても、あまり誰も気にしない空気かと思いますー
そうされても構わないのではないでしょうか
84 : 名無しさん@ピンキー2011/11/14(月) 23:20:16.90 ID:wdB4JDv/
作者です
なんだか投稿の仕方が悪かったみたいですいません

場面ごとに区切ってサブタイトルでもつけてまとめて投稿したいと思います

今週末くらいに投稿しようと考えています
85 : 名無しさん@ピンキー2011/11/15(火) 02:44:16.70 ID:xnjGuHy/
昔転職したての僧侶だか賢者が勇者やぶとうかに戦力外のお前が役立てるのなんて性奴隷としてだけだろ的なお決まりパターンで犯されまくるエロパロ読んだ覚えあるけど保管庫見ても見つからん
誰かわからね?
86 : 名無しさん@ピンキー2011/11/17(木) 21:07:36.27 ID:P4Xx7L2H
えええ
87 : 名無しさん@ピンキー2011/11/21(月) 23:09:38.82 ID:2qkkE3cy
>>84
まだ?
88 : 名無しさん@ピンキー2011/11/22(火) 18:21:54.37 ID:q/cbnZQ1
>>87
すいません…
自分で読み返してみて、指摘されたようにションベン臭い所や描写不足の所があると
感じたので加筆、修正しています

もう少し時間をください
89 : 名無しさん@ピンキー2011/11/22(火) 19:48:59.01 ID:SHQ048M8
勇者の子孫がまた次の世代の勇者になるんなら、
勇者の子種をたくさん残すほうがいいような気がするが

それやると勇者の子孫同士で伝説の武器と防具を巡って争いが起きるからいかんのかな
90 : 名無しさん@ピンキー2011/11/28(月) 22:12:22.18 ID:ZvyKdqvd
そっか
91 : 名無しさん@ピンキー2011/12/10(土) 19:27:06.53 ID:7+ROVQT+
勇者様の合法ハーレム計画なんてどうよ
92 : 名無しさん@ピンキー2011/12/12(月) 15:26:14.71 ID:7c/ngPj8
93 : タツノオトシゴ2011/12/12(月) 15:42:33.56 ID:L6Hsu8jN
自分の過去をひとつひとつ受け入れて、ちゃんと現実を見れば俺の言ってる事が解る

この世界で一番大切なはずのお前ら子供達

お前たちは大人に洗脳されてるんや… だから何も解らへんねん

お前の「自由」を奪った事…

それは死んでも許されへんのや…

By 世界に戦いを挑む者・翔くんより http://twitter.com/SHOTHEMC
94 : 名無しさん@ピンキー2011/12/24(土) 20:46:26.83 ID:puzDVXRV
ほしゅ。
95 : 名無しさん@ピンキー2012/01/05(木) 23:22:00.57 ID:WmGVVASK
爆乳母アローザと巨乳娘ゼシカのお話希望です
96 : 名無しさん@ピンキー2012/01/10(火) 01:02:01.34 ID:i2pbyubJ
10の小説とかどうなるんだろう
97 : 名無しさん@ピンキー2012/01/10(火) 05:54:18.62 ID:cZE/cNvH
NPCとPCとか、種族のデフォルトイメージ同士とか?
良くも悪くも3とか9のと似るんじゃないだろうか。
98 : 名無しさん@ピンキー2012/01/10(火) 07:17:06.35 ID:52a1lQ+S
ところで射精した時はHPが減るの?それともMPが減るの?
99 : 名無しさん@ピンキー2012/01/10(火) 17:34:52.55 ID:ddb3N6Ac
あげ
100 : 名無しさん@ピンキー2012/01/20(金) 14:01:15.95 ID:dD1QKpiv
>>98
MPじゃね?
計画的に使っていって、まほうのせいすいのストックを忘れずに。

マダンテが使えるのはいつの日か…
101 : 名無しさん@ピンキー2012/01/20(金) 21:01:40.32 ID:Gzwc+IeW
マダンテ的射精!?グレイト!見てみたいぜw
102 : 名無しさん@ピンキー2012/01/21(土) 22:31:32.12 ID:9/a/V5om
乱交パーティや輪姦ならミナデインとか?
103 : 名無しさん@ピンキー2012/01/22(日) 09:23:21.54 ID:BJCJEvYE
マダンテ的射精って、圧倒的な量の精液で子宮がパンパンになって腹ボテ状態になるのか?
なんという俺得
104 : 名無しさん@ピンキー2012/01/22(日) 13:16:29.14 ID:mcwJAfVi
ドラクエ女騎士みたいなスケベな格好して汚いおっさんの部屋に入り込んで犯されそうになった夢を見た

怖かったけど妙に興奮した
105 : 名無しさん@ピンキー2012/01/28(土) 11:28:12.03 ID:8AkiYnd4
竜王×ローラ姫とかないのか
106 : 名無しさん@ピンキー2012/01/28(土) 11:46:12.11 ID:y+JWtF6F
あるから保管庫行って来い
107 : 名無しさん@ピンキー2012/01/29(日) 13:23:41.98 ID:W2C3cXFR
天使と賢者、パラディンの小説書いてる人まだ戻ってこないの?
108 : 名無しさん@ピンキー2012/02/01(水) 18:06:51.89 ID:JrH/A3R8
ロト紋のルナフレアのアッサラームでの出来事希望
相手はアルスでもサーバインでもモブでもいい
109 : 名無しさん@ピンキー2012/02/02(木) 17:24:19.80 ID:soULL5ye
保管庫に追加された双子のやつって投下されたっけ?
110 : 名無しさん@ピンキー2012/02/03(金) 23:27:39.12 ID:Rj6FkfJN
投下まだかな
111 : 名無しさん@ピンキー2012/02/09(木) 15:52:38.84 ID:IQZ9fcOz
>>108
それいいな見たい
112 : 名無しさん@ピンキー2012/02/09(木) 19:30:48.49 ID:F2ns8Hqo
wikiの編集もそろそろしないと

6や9がせっかく充実してきたんだし
113 : 名無しさん@ピンキー2012/02/17(金) 12:19:10.97 ID:0TNZI/lX
5がいい
114 : 名無しさん@ピンキー2012/02/23(木) 23:51:28.21 ID:uw+D357o
>>88
まだ?
115 : 名無しさん@ピンキー2012/02/27(月) 07:59:37.07 ID:56kQz6Bh
過疎ってるな
116 : 名無しさん@ピンキー2012/02/27(月) 10:20:50.97 ID:ow8YNsw7
やっぱりミレーユ姉さんの美尻にズッコンバッコンしたい
一国の王が夢中になるほどの名器だったに違いない
117 : 名無しさん@ピンキー2012/02/27(月) 19:13:47.79 ID:ksN+RqU4
テリー乙
118 : 名無しさん@ピンキー2012/03/03(土) 14:48:43.13 ID:5JJubj9J
9のキャラ、デザインは良いけど色気が少ないよな
女の子もビーチク出せばいいのに
119 : 名無しさん@ピンキー2012/03/06(火) 01:50:58.57 ID:v6+LpJwx
誰か5双子ネタでやってくれないかなあ
120 : 名無しさん@ピンキー2012/03/06(火) 22:28:55.31 ID:tRjLEbdB
それよりも誰か7作ってよ
作品数が少ないし
121 : 名無しさん@ピンキー2012/03/07(水) 23:21:41.78 ID:GlmOlQwQ
それよりゼシカのをだな
122 : 名無しさん@ピンキー2012/03/09(金) 13:36:06.37 ID:cwOdr4ZE
アリーナでひとつ
123 : 名無しさん@ピンキー2012/03/09(金) 14:51:48.84 ID:W9tQLiLq
クリフトおおおおおおおお
すき
124 : 名無しさん@ピンキー2012/03/09(金) 19:06:01.08 ID:2ews6W3M
じゃあアリーナと勇者の絡みを指をくわえて眺めるクリフトで
125 : 名無しさん@ピンキー2012/03/09(金) 21:46:47.35 ID:xsS8q33F
なら俺はアリーナと勇者とライアンとブライとトルネコの絡みを見て泣きながらオナニーするクリフトで
126 : 名無しさん@ピンキー2012/03/09(金) 21:58:55.22 ID:Du/6ZjG3
>>125
なぜか照英顔のクリフトが思い浮かんだどうしてくれる
127 : 名無しさん@ピンキー2012/03/10(土) 04:49:39.03 ID:/swY3966
クリフトはどの女キャラと絡んでもおいしい
128 : 名無しさん@ピンキー2012/03/12(月) 18:08:10.16 ID:RbLRBXv5
ミネアとが好きだ
129 : 名無しさん@ピンキー2012/03/12(月) 19:08:39.14 ID:4qxZmOpc
マーニャに懺悔を聞いて欲しいと頼まれて引き受けたら
セクハラまがいのエロ話を延々聞かされた上に
逆レイプで食われるクリフトが見たい
130 : 名無しさん@ピンキー2012/03/14(水) 10:36:19.72 ID:ezsQ9WQT
>>128
ミネアは衛藤ヒロユキのせいで根暗なイメージしかないw
131 : 名無しさん@ピンキー2012/03/14(水) 10:41:40.45 ID:IEBlsi4Y
えろい
132 : 名無しさん@ピンキー2012/03/14(水) 18:45:09.63 ID:EBFaE98P
>>130
一見すると暗い又は大人しい女が乱れるのを見たいと思いませんか?
133 : 名無しさん@ピンキー2012/03/14(水) 21:31:32.36 ID:RvF5kELz
1主×姫 王道で好き
134 : 名無しさん@ピンキー2012/03/15(木) 12:29:50.72 ID:L6Ko/fun
3って需要ないんですかね。
女パーティーでロリ勇者とか。
135 : 名無しさん@ピンキー2012/03/15(木) 13:07:49.14 ID:XgXzBV93
年上女賢者×勇者
136 : 名無しさん@ピンキー2012/03/15(木) 21:33:25.60 ID:VaVpTrSE
クレクレばっかりしてないで自分で書こうぜ
137 : 名無しさん@ピンキー2012/03/17(土) 22:54:36.22 ID:6OFd4urU
ゲームプレイして萌えを補充
妻フローラ可愛げがあっていいな
138 : 名無しさん@ピンキー2012/03/21(水) 08:00:25.25 ID:6+Mllkii
あげ
139 : 名無しさん@ピンキー2012/03/25(日) 10:14:43.97 ID:5+cTjAZc
超絶過疎
140 : 名無しさん@ピンキー2012/03/26(月) 03:51:44.57 ID:DL7HhI6r
戦力外通告を受けたテリーは一人旅を続けて
狭間の世界へとたどり着いた

宝箱の下に階段を見つけ洞窟内を進んでいくテリーの前にモンスターが現れた


テリー「弱そうだな…一撃で葬ってやる」


雷鳴の剣を構えるも
ブチュチュンパの甘い息がテリーの意識を奪い始める

テリー「ぐっ…しまった…」

眠気に襲われ雷鳴の剣を落としてしまう

そこへブチュチュンパ達の容赦ない攻撃がテリーを襲っていく
141 : 名無しさん@ピンキー2012/03/26(月) 04:04:42.68 ID:DL7HhI6r
ブチュチュンパはテリーに飛び付き唇を奪う


ブチュ チュプ チュ…

テリー「ん…!!んー…」

ブチュチュンパはテリーが離れないように後頭部へと手を回し強烈に吸いつく


ブチュ… レロ…

ブチュチュンパの長い舌がテリーの口内を攻撃

チュ… チュ…

テリー「ん…ぅ…!!」

意識が徐々に薄れていき押し倒されてしまうテリー

そこへもう一匹のブチュチュンパがテリーの膨らみ始めた股間へとダイブ


テリー「ぅ…!! ………っ!!」

ブチュチュンパの強烈な吸いつきに直ぐに果ててしまう

ブチュ ブチュ レロ…


ブチュチュンパに言い様にされたまま時が進む









その後 主人公達に助けられたらテリーは
衣服が破れ 全身キスマークだらけのまま発見された
142 : 名無しさん@ピンキー2012/03/26(月) 04:08:11.82 ID:DL7HhI6r
昔実際にテリーに一人旅をさせたらブチュチュンパに眠らされてレイプされた話を元にして書いてみた(笑)
143 : 名無しさん@ピンキー2012/03/26(月) 04:16:45.72 ID:DL7HhI6r
実際にテリーを一人旅させたらブチュチュンパにレイプされた話を元にした
144 : 名無しさん@ピンキー2012/03/26(月) 04:19:59.09 ID:DL7HhI6r
いかん… 寝ぼけて書いてたから

書き込みおし忘れた思ってあとがき二回投稿してもうた(笑)
145 : 名無しさん@ピンキー2012/03/26(月) 12:13:50.42 ID:HD/WlPI8
ワロタwwwwww
146 : 名無しさん@ピンキー2012/03/26(月) 22:24:24.20 ID:DL7HhI6r
船を手に入れた直後に
おばけうみうしに眠らされてレイポゥされたミレーユの実話もあるが


海の敵が地味に強いんだ(笑)
147 : 名無しさん@ピンキー2012/03/29(木) 18:53:42.11 ID:4VKP3us9
またまた過疎
148 : 名無しさん@ピンキー2012/03/31(土) 11:34:29.11 ID:ze3FbEXJ
超絶過疎
149 : 名無しさん@ピンキー2012/04/01(日) 21:43:49.39 ID:kpnrL1Xu
ひどすぎ
150 : 名無しさん@ピンキー2012/04/02(月) 09:44:56.22 ID:6VjjFS3F
やばい過疎
151 : 名無しさん@ピンキー2012/04/08(日) 15:23:32.88 ID:c//NWOA3
過疎りすぎじゃね
152 : 名無しさん@ピンキー2012/04/12(木) 14:32:05.13 ID:3T0Kpb+G
これはひどい
153 : 名無しさん@ピンキー2012/04/19(木) 18:22:44.63 ID:jqybP51Q

154 : ノビス島にて2012/04/21(土) 04:36:09.71 ID:1md0dOTN
最近ノビス島にてマスターが行方不明になる事件が起きているらしい

ノビス島調査を命じられた僕は相棒のギガンテスを連れて今ノビス島を探索している

ギガンテスの巨大を生かし調査は順調に進み後は洞窟内を調べるだけだったが洞窟の入り口は狭く僕ひとりで調査する事になった


これでも一応武道家の修行をやっていたためノビス島程度のモンスターは簡単に追っ払う事が出来る


その慢心が悲劇を生む結果になろうとは…
155 : ノビス島にて2012/04/21(土) 04:48:12.00 ID:1md0dOTN
洞窟内はドラキーが飛び交っていた
次々に襲いかかってくるドラキーを僕は撃退する

上空を気にしながら僕は洞窟内を進むと突然地面からモンスターが飛び出してきた

上空ばかり見ていたため気付くのに二秒程遅れてしまった

気づいたときには真っ赤な唇が僕の視界を多い
ぶちゅ…っと言う音が聞こえモンスターが飛び出してきた穴に引きずり込まれてしまった


地面から現れたモンスターはリップス

僕は必死にもがくも
リップスはなかなか離れない

ん… ん…

近くにマスターが入れば聞こえたかもしれないが僕の必死な叫びはリップスの唇にかき消されてしまった


そのまま僕は気を失ってしまった
156 : ノビス島にて2012/04/21(土) 05:00:08.42 ID:1md0dOTN
気を失ってから目を覚ますのにかなり時間がかかってしまった


ここは… 地面の中…?

覚えているのはリップスに襲われたことだけ

真っ暗で視界が見えず何とか脱出しようと辺りを探るも何やら変な感触に触れた

手を離すとべっとりした液体が糸を引いていた


目を凝らしてみるとリップスだった


僕はすぐにリップスに攻撃を仕掛けるものの外してしまう

ネチョ ベチョ

リップスはなめまわしで僕の体をなめまわしてくる

僕は鳥肌がたってしまい体が動かせなくなる

ベロ ベチョ ヌチャ

リップスの唾液はかなり粘度が高く簡単に拘束されてしまう


完全に動けなくなってしまった僕にリップスが襲いかかる
157 : ノビス島にて2012/04/21(土) 05:13:48.50 ID:1md0dOTN
チュ… チュ…

リップスは何度も僕の顔にキスを落としながら僕の衣服を脱がしていく

チュ… レロッ

唇を重ねたままリップスは舌を入れてきた

んくっ… んん…!?

口内に流されるリップスの唾液はとても甘く僕の思考を鈍らせる


リップスは勝ち誇った様な表情を見せお腹の辺りに穴のようなモノを作り出し 僕の股間へと近づける


ズブッ ズブズブ


んー…!!

リップスは口内と股間を同時に責める

僕は既に興奮状態にあり自ら腰を動かしていた


ん… んぅ…!!

そして僕はリップスの中へとだしてしまう


出したのにも関わらず僕の自身はまだ起っている

それでもリップスは止まらず僕を犯し続けた

158 : ノビス島にて2012/04/21(土) 05:20:34.05 ID:1md0dOTN
聞いた話によると

この時期のリップスは発情期らしく人間を見つければ巣に持ち帰って交尾を行うとか


僕はリップスとの交尾が終わり解放されるも
また別のリップスに襲われてしまった


しかも今度のリップスは♂

しかし性別は関係ないのか♂のリップスは口で精液を吸い取る


僕は約1ヶ月近くノビス島にてリップスに襲われ続けた


リップスの唾液には栄養分も含まれているため餓死することはなかったが

ファーストキスと童貞を同時に失った


そして洞窟の外でまっていたギガンテスも野生に戻り

大切な相棒までも失ってしまった







159 : 名無しさん@ピンキー2012/04/21(土) 05:23:47.84 ID:1md0dOTN
ジョーカーにて地面から現れるリップスに脅いたし

ジョーカー2では強いモンスターを連れてるのにも関わらず主人公に迫ってくるリップスをネタにしました
160 : 名無しさん@ピンキー2012/04/21(土) 08:31:58.79 ID:0alZ6Bk0
ドラクエで一番エロさを感じる敵ってなんだろうな
161 : 名無しさん@ピンキー2012/04/21(土) 13:01:22.60 ID:hchtUghI
ある意味デュランとかダークドレアムかも
162 : 名無しさん@ピンキー2012/04/21(土) 13:19:48.97 ID:97E4ZxTj
マルチェロ団長も何だかエロい
163 : 名無しさん@ピンキー2012/04/22(日) 00:50:43.37 ID:chw2v9No
デュランも捨てがたいがホイミスライムがダントツでエロい
164 : 名無しさん@ピンキー2012/04/22(日) 06:32:41.45 ID:4V2APjfd
女版デュランとかいたらめっちゃエロそう
165 : 名無しさん@ピンキー2012/04/22(日) 11:16:49.30 ID:fG0uFRPK
ところで、魔物同士で交尾とかすんのか?
166 : 名無しさん@ピンキー2012/04/23(月) 03:03:47.44 ID:0kNSyxqZ
吹雪の魔女
ヘルヴィーナス
167 : 名無しさん@ピンキー2012/04/23(月) 23:16:31.16 ID:j8CIi1l2
>>159
せめて擬人化しようよ
168 : 名無しさん@ピンキー2012/04/24(火) 04:08:17.01 ID:o2vbviI3
>>167

痴女をイメージして
169 : 名無しさん@ピンキー2012/04/27(金) 05:31:50.79 ID:6yO3/UFO
男勇より女勇のがなんとなくエロい感じがして萌えるんだけど、
女勇の話ってあんまりないんだね
何故だろう
170 : 名無しさん@ピンキー2012/04/27(金) 14:24:02.29 ID:BJoF35cN
ないなら作ればいいのさ
171 : 名無しさん@ピンキー2012/04/29(日) 03:36:54.62 ID:0BXTHCDX
リップス職のアイラとか

どうだろ?
172 : 名無しさん@ピンキー2012/04/30(月) 08:46:04.98 ID:dLcznynB
人間化したリップスが主人公と……ってのは?
173 : 名無しさん@ピンキー2012/05/01(火) 01:25:15.93 ID:eqS9rwyX
ドラクエ9の天使の理
「上級天使には絶対に逆らえない」
で上級天使達にあらゆる事をさせられる鬼畜凌辱話が出来そうだけど、女主人公が可哀想な事になりそうだし、文才もないから形に出来ない。
174 : 名無しさん@ピンキー2012/05/01(火) 11:14:13.66 ID:17X3q9Rb
呪われしゼシカであんなことやこんなこと……ってのはもうあったっけか
175 : 名無しさん@ピンキー2012/05/02(水) 09:40:33.63 ID:geeUljEk
石像ビアンカであんなことやこんなこと……
176 : 名無しさん@ピンキー2012/05/02(水) 16:08:45.77 ID:BRjCjCtg
ビアンカxジャミは王道
177 : 名無しさん@ピンキー2012/05/02(水) 19:28:46.96 ID:WqEHnn1Z
その順なのか!?
178 : 名無しさん@ピンキー2012/05/02(水) 19:39:24.01 ID:dJgOyu2F
>>173
「もしイザヤール師に襲われたらどうしよう、逆らっちゃいけないんだよね!」
と胸を高鳴らせている女主人公早よくれ
179 : 名無しさん@ピンキー2012/05/03(木) 07:18:05.77 ID:DSeUlo2D
>>176
ビアンカ「あらあら? もうイッちゃったの? 文字通りの馬並みなモノを持ってるくせに情けないのねえ……
早漏のくせして私をあの人から寝取ろうなんて、よく言えたものね? 恥ずかしくないの?」


こうですかわかりません!
180 : 名無しさん@ピンキー2012/05/03(木) 09:36:18.84 ID:f3XXbupi
>>176
なんでパパスのときのようにゴンズと3Pしないんだよw
そうやって単独行動するから個々に撃破されるんだろww
181 : 名無しさん@ピンキー2012/05/03(木) 20:27:34.50 ID:1A0H1a4u
目の前でパパス輪姦とか、殺されるよりも苦痛だな……
182 : ◆yHhcvqAd4. 2012/05/04(金) 08:41:51.37 ID:z4G+0rQA
こんにちは。DQスレは初めてです。投下しに来ました。

※内容※
・DQ8 主人公とゼシカ

特に注意書き事項は無いです。9レスほどお借りします。
183 : WINE 1/9  ◆yHhcvqAd4. 2012/05/04(金) 08:43:58.21 ID:z4G+0rQA

 昼間の喧噪が嘘のように、夜の町は静かだった。ここ数ヶ月ですっかり凶暴化した魔物を警戒して、人々は
あまり夜の外出を好まなくなりつつあった。とはいえ、お年寄りや子供は宵の世界に顔を出さなくなったが、
日の暮れた後に生活の糧を得る者は、少なくなった稼ぎを嘆きながらも、時折訪れる旅人を歓迎する。
 月明かりの下に、規則的な足音を立てながら、橙色のバンダナを巻いた少年が歩いていく。その背には槍を
負い、肩に提げた袋からは、剣や斧といった得物が顔を覗かせている。旅人ゆえに町に馴染みないながら、看
板に視線を移しつつも足取りは明確で、まっすぐに目的地を目指すといった風に、青年は歩き続ける。
 それから数分、宿屋の前で少年は足を止めた。
「お帰りなさいませ」
 恭しく宿屋の主人が頭を下げる。
「外はいかがでしたか」
「静かなものでしたよ。あ、これ、武器屋の店主から」
 少年は袋の中から小さな筒状の包みを取り出し、宿屋の主人へ差し出す。ああ、ありがとうございます、と
主人はさも当然とその包みを受け取った。
「あそこの武器屋さん、地下の倉でぶどう酒を作ってるんですよ。お客様ももらったんじゃありませんか?」
「ええ、もらいました。後でこっそり頂きますよ」
 笑顔を作りながら少年は受付を通り過ぎて行った。


 さて、買い物を済ませて残りのゴールドはどれぐらいだったか、他に必需品が無いかどうか、と思案しつつ
ロビーを通り過ぎようとする少年の目に、ひらひらと手が揺れるのが見えた。
「おかえりなさい」
 小柄ながら厚みのある本を片手に、女性と呼ぶにはまだ少々若い、緋色の髪をした少女が手を振る。少年も
笑顔になり、手を振り返す。
「あら、一人なの?」
「うん、ヤンガスとククールは酒場で遊んでいくって」
「元気のいいことねぇ」
 ああまたか、と少女が顔をしかめた。
「トラブルを起こしてなきゃいいんだけど」
「腕っぷしは強いから大丈夫でしょ?」
「それは心配してないんだけど、店の備品壊しちゃって弁償とかさ……」
「……そっちの方が厄介ね」
 ため息をつく少女に、少年は苦笑した。
「まぁ、誘われても僕は先に帰ろうと思ってたけど」
 どうして、と尋ねる少女に、青年は袋から酒瓶を取り出して見せた。
「貰い物なんだけど、こっそり飲もうと思ってて。よかったら、ゼシカも一緒にどう?」
「いいわね。なら、私の部屋で飲みましょ」
 その少女、ゼシカは二つ返事で、栞を挟んで本を閉じた。
184 : WINE 2/9  ◆yHhcvqAd4. 2012/05/04(金) 08:46:08.56 ID:z4G+0rQA
* * *

 静かな部屋の中で、夜の時間も静かに過ぎていく。ちまりちまりとグラスを傾けつつ、瓶の中のぶどう酒も
そろそろ底をつきかけていた。
「美味しいね、これ」
「うん、ぶどう酒って渋みが強いって思ってたんだけど、まろやかで飲みやすいや」
 少年は、グラスの底で揺れる赤紫の液体に視線を落とした。皿に残ったチーズの最後のひとかけらが、ゼシ
カの下へ運ばれていく。
「それにしても、エイトと二人だとやっぱり気が楽ね」
「そうかい?」
「ククールをいなすのは随分骨が折れるし、ヤンガスはヤンガスで、あんまり話が噛み合わないし。どうも肉
食系はね」
「僕は草食系ってこと?」
「当然でしょ? 雰囲気もなんかカワイイ感じで、女の子遊びなんてしなさそうだもの」
 目を細めてゼシカが笑う。
「回数はそれなりに食べたつもりなんだけどな。今も、ちょっと、食欲が増してきてるっていうか」
 お酒で気分が軽くなった弾みだった。細めた目を見開いたゼシカに、少年はしまったと口を結んだ。
 言葉のやりとりが作っていた小川がせき止められて、決して大きくは無い寝室に、沈黙が広がっていく。
「あ、あのさ」
 先に口火を切ったのはゼシカだった。
「……た、食べたいの?」
 ほんのり朱が差していた頬が色合いを深めていく。
「……」
 少年は頷いた。正直になった方が賢明と判断したのだ。
 その様を見て、ゼシカの表情にも緊張が走る。
 椅子がきしむ。
 以前肌を重ねた時のことが少年の頭にフラッシュバックする。
「いいよ。相手、してあげる」
 ベッドサイドにゼシカは腰掛けた。少年の様子を窺おうと伏し目がちに下げた顔からちらちらと視線が覗く。
 湯気が立ちそうなぐらいに、ゼシカの頬は赤らんでいた。
「別に、私だって、その、キライってわけじゃないし」
「ゼシカ……」
「あっ、勘違いしないでね。だからと言って、スキってわけでも無いから。私は、エイトがしたいって言うか
ら、仕方なく……っ!」
 ゼシカの言葉のその先は、華奢な肩を抱く少年の唇で遮られてしまった。
185 : WINE 3/9  ◆yHhcvqAd4. 2012/05/04(金) 08:48:10.85 ID:z4G+0rQA
「んっ、んん……んむぅ……」
 舌が絡み合う。互いに吐息を浴びながら、少年は少女の瑞々しい唇を貪った。唾液の交換をする度に唇の間
から漏れ出てくる、口腔の中にこもったような声が、少年の若い牡の本能をゆさゆさと揺り動かしていく。
 何度かの接吻を経る内に、ゼシカの目つきが弛緩して、どこかぼんやりと少年を見つめるようになっていた。
 ゼシカの気分が盛り上がってくるとそうなるのを、少年はもう学習していた。普段は絶対に触らせてくれな
い、というよりも触ろうと考えることもさせない所へ、少年の手が伸びていく。
「あ……っ」
 豊かに実った果実に、少年の指がめりこむ。布地越にも十分伝わってくる、餅ともプディングともつかない
独特の感触が掌を伝わってきて、あっと言う間に少年はそこに夢中になった。
「ふふ……ねぇ、そこ、好き?」
 うん、と少年は躊躇無く答える。
「目のやり場に困るよ。特に、周りに人がいない時はさ」
「……エッチ」
 荒い息づかいのまま、ゼシカが微笑んだ。笑顔の中に見えた余裕のようなものが、少年の対抗心を煽った。
 手におさまりきらない乳房全体を撫で回し、揉む動きが、何かを探るような挙動に切り替わっていく。
「やんっ……!」
 少年の指先がそこを探り当てるまでには、わずかの時間しかかからなかった。
「硬くなってる」
「エイトが、触ってるからでしょ……!」
 壁を隔ててもなお、周囲の柔らかさと少々異なった感触。ゼシカのそこが充血して膨らんでいるのが、指先
から伝わってくる。カリカリと引っかく度に、熱いため息。緋色の髪もサラサラと揺れる。
 少しめくれば中身が見えてしまいそうなぐらいに剥き出しの襟首を引き下ろすと、ゼシカの胸元が剥き出し
になった。膨らみの頂点は、少年の思った通り、張り詰めている。
「ゼシカ、大きくなってない?」
 サイズを確かめるかのように、少年が乳房を持ち上げた。
「えっ、そう?」
「僕の気のせいかな……元々大きいから」
 そんなことを言いながら、桜色の頂点に舌が伸びていく。
「ん……そ、それ、刺激、強い……」
 ゼシカが細く上ずった声を漏らした。
 少年の舌が充血した蕾を撫でると、それに連れて、眉根を寄せ、体を震わせる。
「んっ……ん、ぁ、はぁ……はぁ……」
「気持ちいい?」
「う、ん、お酒のせいかな……ふわふわして、いい感じ……」
 ゼシカは案外素直に頷いた。少年の左手が、スカート越しに肉付きの良い太腿を撫でる。
「……ねぇ、エイト」
 ベルトを緩め、スカートを腰から抜いていく少年に、ゼシカが呼びかける。
「その……元気?」
「いきなり何を──」
 数秒して、ああ、と少年は合点した。
186 : WINE 4/9  ◆yHhcvqAd4. 2012/05/04(金) 08:50:13.94 ID:z4G+0rQA
「元気だよ、凄く」
 すっかり窮屈になっていたズボンの中身に、つい照れ笑いのようなものがこぼれた。
「ゼシカが色っぽいから」
「ふふっ……これで元気が無かったら、凹んじゃうわよ」
 ベッドサイドで横並びに座るゼシカが、距離をつめてきた。
「ね、私にも触らせてよ」
「……っ」
 耳元で甘く囁かれ、少年がぴくりと体を強張らせる。肩、胸、腹、下腹部へにじり寄っていくゼシカの手を、
少年はただ眺めていた。
「硬いね……」
 ファスナーが下ろされて、少年の熱塊が外気に晒される。ひやりとした肌の感覚に、少年は自分の一回り以
上小さなゼシカの手で握り締められたのを自覚した。上下に擦られる度に、甘い痺れが広がっていく。
「う……く」
 奥歯を噛み締めて我慢していたが、少年の口からは思わず声が漏れてしまう。
 それを見て、ゼシカは口元を緩めた。
「気持ちいいんだ。声出しちゃって、可愛い」
 瞳を潤ませ、妖しい笑みを浮かべたまま、ゼシカはベッドの脇に跪いた。
 脚を開くように言われ、少年がその通りにすると、股の間にゼシカが割って入った。
「あっ、あ、ゼシカ……」
 突如として襲い来る、温かく粘っこい感触に、少年が情けない声を漏らす。ゼシカを愛撫している時から高
まったまま冷めやらない興奮が、腰を突き動かしたい衝動に変わっていく。
 ゼシカの頭が上下する度に、唾液と肉茎が摩擦して、卑猥な音を立てる。視覚と触覚だけでなく、聴覚から
も刺激が襲い掛かり、少年は、制止するでもなく、ただ右手で緋色の髪を撫でるばかりだった。
「ま、待って。ちょっと、激しいよ……」
 速度を増していく口淫に絶頂感が駆り立てられ、少年は腰を引こうとした。
 が、その腰はゼシカに掴まれている。
「イッちゃいそう?」
「いや、ま、まだ……」
「じゃ、もうちょっとペース上げるね」
「えっ!? ちょ……」
 あっさり果てたくない少年のプライドが、かえって墓穴を掘った。
 まだと言った手前やすやすと絶頂したくない少年と、欲望との綱引きが始まる。
「んっ……ん、エイト、この辺、好きだよね」
 ぬるぬるの舌が、カリのくびれ目を何度も舐めまわす。裏筋の敏感な所へ強く吸い付かれて、少年は思わず
歯を食いしばり、シーツを強く握った。達してしまわないようにすると、逆にそこへの刺激に意識が持ってい
かれてしまう。上目遣いで熱心に奉仕するゼシカの表情も、少年にはたまらなかった。
187 : WINE 5/9  ◆yHhcvqAd4. 2012/05/04(金) 08:52:31.26 ID:z4G+0rQA
「ゼシカ……も、もう」
 我慢しなければ、という思いとは裏腹に、少年が白旗を揚げるまでにそう時間はかからなかった。
「もう、何?」
「ん、ぐ……出ちゃうよ」
 少年の宣言に、ゼシカは嬉しそうに目を細める。
「出したい?」
「うん……」
「どこに?」
 硬直した少年を扱き上げるゼシカの手が、猶予を与えまいと速さを増す。
「あっ、ゼ、ゼシカの、口……っ」
「お口に出した後、どうして欲しい?」
「……飲んで、全部っ……」
「ふふっ……いいよ、エイトの、全部飲んであげるね」
 ずるり、と淫らな水音と共に、爆発寸前のダイナマイトが口の中へ吸い込まれていった。
「あぁ、ゼシカ……っ、出る……!」
 せりあがる欲情が、意識の水門を打ち破り、怒涛となって噴き上げていく。
 精液がほとばしる度に、全身からヘナヘナと力が抜けていく。
「……ん」
 ひとしきりの射精が終わると、ゼシカが陰茎から唇を離した。
 ごくり。口内に放たれたモノを飲み込む音が、少年の耳にも届いた。
 まだ呼吸の整わない少年に、ゼシカが満足げに微笑みかける。
「いっぱい出たね」
 言葉を発したその唇から、白い筋が垂れてきていた。それが少年の目に留まる。
 膝立ちになったゼシカに顔を近づけ、少年はそこに舌を這わせるが、すぐに顔をしかめた。
「まずくない、これ」
 絶頂の余韻も一瞬にして吹き飛ぶ、『口の中に入れるものではない』臭いが鼻をつく。
「美味しくは無いけど、まぁ、いいものが見られるしね」
 ゼシカが人差し指を伸ばし、少年の鼻をつついた。
 少年の胸の内に照れ臭さがこみ上げる。
188 : WINE 6/9  ◆yHhcvqAd4. 2012/05/04(金) 08:54:45.48 ID:z4G+0rQA
「……今度は、ゼシカの番だよ」
 どさりと、少々手荒とは分かりつつも、ゼシカの体を持ち上げて、ベッドの上へ仰向けにさせた。
 普段の彼女の服はもう剥ぎ取られ、艶かしい肢体の大半は剥き出し。彼女の素肌を覆い隠すものは、黒いタ
イツと、頼りない面積のショーツばかり。タイツの黒さがゼシカの肌の白さを際立たせていて、人工物特有の
整った形状のショーツと比べると、ウエストラインのくびれに目が行ってしまう。白いシーツの上では赤毛も
目立つ。少年の鼓動が高鳴った。
「エイト? どうしたの、ボーッとして」
「あ……ごめん」
 見蕩れてた、と何も考えず少年が率直な感想を告げると、ゼシカは腕で体のラインを隠そうとした。
「そういうこと、突然言わないでよ……恥ずかしい」
 お酒の酔いも手伝って頬に差していた赤みが、首筋にまで広がっていく。
「ゼシカのも、するよ」
「うん……」
 股間を覆うショーツが抜かれていく。女の匂いが一層濃くなり、少年の奥が再び熱を持ち始めた。
 両脚を開こうと膝に手を置く。抵抗は無い。顔を近づける。
「んっ……」
 ヘアの奥にある陰唇を開くと、薄明かりの中でも、ランプの光を反射しているのが分かった。
 湿り気を帯びた裂け目に、たっぷり唾液を乗せた舌を這わせる。
 粘膜同士が触れ合って水音を立てる。時折ゼシカは腰をカクつかせ、少年の愛撫に敏感な反応を示した。
「はぁ……あァ……」
 艶やかな声が、丘の向こう側から聞こえてくる。声が大きくなりそうだと思ったのか、ゼシカが枕を顔に被
せるのが視界の端に見えた。
 裂け目の頂点では、皮の下で突起が張り詰めている。包皮越しにそこを舌で突くと、ぴくりとゼシカの体が
跳ねた。親指で皮を引っ張って少しずつ露出させて、溢れ出す愛液を掬い取ってはそこに塗りつけていく。
 洞穴に指を差し入れて往復させつつ陰核を舌で愛撫していると、額がぐぐっと圧迫された。
「どうしたの?」
「ス、ストップ……」
 顔を上げると、ゼシカの手が少年の額に押し当てられていた。
「もしかして、あんまり気持ちよくなかった、とか?」
 ゼシカは首を横に振った。
「……欲しくなっちゃった」
 何を、と告げないまでも口にすることが憚られるのか、ゼシカは消え入りそうな声でそう言った。
 秘部はもう十分過ぎるほどに水気を帯びていて、少年自身も、女性器に触れながら涎を垂らしている。
 腰の奥がジンジンと疼き始めた。
「分かった。じゃあ……」
 互いの顔を近づけ、少年の手がゼシカの髪留めに伸びた。
「いつも……入れる時外すよね、それ。下ろしてる方が好み?」
「いや、なんていうか……なんとなく?」
189 : WINE 7/9  ◆yHhcvqAd4. 2012/05/04(金) 08:56:49.11 ID:z4G+0rQA
 シーツの海に鮮やかな緋色が散る光景を少年は気に入っていたが、どう口にすればいいか知らなかった。
 あるいは、ピアスやネックレス以外何も身につけていない丸裸のゼシカを見たいだけなのかもしれない。
 仰向けの体をうつぶせにさせて、少年は尻を上げるように促す。
「後ろからって……ドキドキするね」
 ゼシカは枕に顔をうずめ、少年に体の入り口を差し出した。
 乳房同様に豊かなお尻を掴み、少年はスタート位置についた。
「んっんん……入ってくる……!」
 よくぬかるんだ裂け目に腰を押し込むと、抵抗を受けつつもどんどん奥へ入り込んでいく。
 目一杯まで下半身を押し込んだ所で、先端が壁に当たった。たまらなくなって、すぐに腰を引く。
 四方八方からぎゅうぎゅう締め付けられるが、よく内部が濡れているおかげで、痛みは無い。
「ああっ、はァ、あぁんっ……」
 押しては引いて、突き入れては、引き抜いて。どちらに動いても、複雑に絡みついてくる襞が、少年にこら
えようの無い快楽を叩きつけてくる。互いの性器が擦れて立てる淫靡な粘っこい音と、甘やかなゼシカの嬌声
が、少年に、ピストン運動の疲労を忘れさせた。
「ゼシカの中、狭くて熱い……」
 突くときも引くときも、膣内の段差がカリ首に引っかかる。その度に、少年も吐息を漏らす。
 背中を見下ろしながら、少年がお腹側に手を伸ばす。往復させる腰とシンクロして揺れる、ゼシカの豊満な
果実を掴んで、その先端を挟んでつまむ。
「や……乳首……あひ、やだ、そこぉ……!」
 硬く勃起したそこは、多少力を入れても押し返してくる。グリグリ捻るとゼシカは背を仰け反らせた。
 やがて、少年がこめかみから垂れる汗の存在に気がつく頃、締め付けて来る圧力が急激に強くなった。
「えっ、エイト、ま……待って、と……とまっ……」
 背中越しに、息継ぎの合間を縫うようにしてゼシカの言葉がこぼれる。
「はーっ、はーっ……」
「ゼシカ、どうしたの……?」
「ん……い、イッてる……から……はぁ……」
 背中に汗が浮かんでいる。少年に見下ろされながら、ゼシカは肩を大きく揺らして呼吸を繰り返している。
 荒くなった呼吸が落ち着いて来る頃を見計らって、少年が前後運動を再開した。
「あ……エイト……」
「ん、何?」
「膝に力が入らなくて……前からじゃ、ダメ?」
「うん、いいよ。じゃあ、一旦抜くね」
「んうっ……!」
 温かい胎内にいたものだから、部屋の空気が一層冷たく感じられる。
「まだ、気持ちいい……」
 仰向けの体勢に戻ったゼシカは、とろんとした目で少年を見詰めた。
「もうちょっと、待とうか?」
「ううん……もう、欲しい」
「なら……」
「うん……あ、あぁっ……!」
 入り口のガードは少し緩くなっていて、さっきよりもスムーズに最奥までたどり着くことができた。
190 : WINE 8/9  ◆yHhcvqAd4. 2012/05/04(金) 08:58:55.58 ID:z4G+0rQA
「あっ、あ、やっ、やっぱり……前からの、方がっ……」
 一度絶頂を迎えた内部は蕩けていたが、決して緩くはなっておらず、情熱的に少年に絡み付いて来る。
 下腹部がぶつかり合う内、ゼシカの腕も少年の首に巻きついてきた。
「前からの方が、好き?」
「うんっ……顔、見えるし……それに」
 少年の唇にしっとりした柔らかい物が当たった。
「こういうこともできちゃうから」
 ぼすっと枕に頭を埋めながら、ゼシカがはにかんだ。
「ゼシカ……」
「ふふ、なぁに……んむっ!」
 甘い声で答えるゼシカに覆いかぶさり、少年は半ば無理やりに唇を奪った。
 それが起爆剤になって、しばらく小康状態だった下半身も燃え上がる。
「んっ、んんんっ、んぁ、あふっ……」
 舌を絡めつけながら、息苦しさを耐えて少年は抽送に励む。
 部屋の中に、水音と荒い息の音が響く。
 射精欲求が急激にこみ上げてくるのも構わず、少年は目の前の少女の体を貪るのに夢中になっていた。
「ひぁ、あ、エイト、はっ……激しい、よ……!」
 しがみつくようにして、ゼシカの両脚が少年の腰に巻きつく。結合が一層深くなって、ゼシカは一際甲高い
声をあげた。胎内のうねりもますます活発になってきて、少年はゼシカの性感も高まっているのを思い知る。
「っう……ゼシカ……出そう……」
 膨らみきった射精感はもう後戻りのできないところまで膨らんでいる。少年の絶頂はすぐそこだった。
「わ……私も、もう……っ!」
「ん……出るっ!」
 大きな波が少年の意識をさらっていく。
 入り込める最も深いところで、少年は射精の快感に打ち震えた。
「あ……あっ、あ、い……イッちゃ、あはあああっ!」
 狭い尿道を欲情が押し広げ、鈴口から放たれていく。
 腰が勝手にガクガクと揺れる。
 その気持ちよさに身動きをとれずにいると、ゼシカの絶頂がもたらす蠢動が追い討ちをかけてくる。
 ポンプの律動が既に数回起こっていても、更に搾り取ろうと、ゼシカの内部がぐねぐね動く。
「ふ……あ……」
 少年の律動が止んだ頃、ゼシカの内部も平静を取り戻しつつあった。
 手を伸ばし、頬に触れると、ゼシカはうっとりと目を細める。
「気持ちよかったね……」
「うん……」
「もうちょっと、このまま……」
 そうして、呼吸が整うまで、少年はゼシカと触れ合っていた。
191 : WINE 9/9  ◆yHhcvqAd4. 2012/05/04(金) 09:01:17.29 ID:z4G+0rQA

***

 真っ白になっていた意識が次第に色づき、気だるさを押し殺しながら、少年は身支度を整える。
 視線を移してみると、のっそりと体を起こしたゼシカも、そのまま部屋着用のローブに着替え始めた。
 ちらりとカーテンの隙間から外を窺うと、雲間から三日月が顔を覗かせている。もう、夜も遅い。
「……」
「何してるの?」
「いや、ゼシカの匂いがするな、って」
 服を着終えてもなお鼻腔に残る、肌を重ねた相手の匂い。気品漂う花のような香りが少年をほんのり包む。
「……くさいかしら」
「ううん、いい匂いがする」
 少年の挙動を見て何か思うところがあったのか、ゼシカも腕やら肩やらに鼻を近づけ始めた。
「私の体にも、エイトの匂い、ついてる」
「ごめん、臭うかな……」
「全然。他の人に気づかれたら困るけど、エイトの匂い、好きだな。まぁ、好きなのは、匂いだけじゃ──」
 少年に向き直り、ゼシカはハッとして、掌を突き出した。
「べっ、別に今のは、単に匂いの好みの話をした、ってだけで、そういう意味合いは……」
「分かってるよ」
 少年もゼシカも、恋愛感情を口にしたことは今まで一度も無かった。何度肌を重ねても、同じ目的、同じ緊
張感を持って旅を続けるために、少年とゼシカの間にはそんな暗黙の了解があったのだ。
「じゃ、僕も戻るよ。ゼシカも、ゆっくり休んでおいてね」
 少年の口が、リレミトの詠唱を始めた。部屋の中に、わずかな風が巻き起こる。
「うん、お休み……」
 ゼシカの言葉を受けながら、少年の体は光に飲み込まれていった。


 ほんの一瞬のフラッシュの後、少年は宿の外に生えた木陰に立っていた。やや遠めに見える民家には、まだ
明かりが点々としている。このぐらいの時間帯だと、まだ二人は宿に戻っていないかもしれない。ひんやりと
した夜風が、逢瀬のほとぼりを冷ましてくれるようで、少年はしばらくそこで風を浴びていた。

 ふと風が止んだ時、名残惜しそうにしていたゼシカの表情が浮かび、切なさが少年の胸を締め付けた。
 心の揺らぎを振り払うように、少年は歩き出す。
 地面を踏みしめる度、枯れ枝がぱきりと乾いた音を立てていた。


 終わり
192 : ◆yHhcvqAd4. 2012/05/04(金) 09:04:56.12 ID:z4G+0rQA
以上になります。コメント、指摘など頂けると幸いです。
DQ8はきっと未成年(と思われる)の飲酒オッケーな世界だよね、きっと。
ネタが浮かんだらまたお邪魔します。では、朝っぱらから失礼しました。
193 : 名無しさん@ピンキー2012/05/04(金) 09:27:51.73 ID:LnwXJBN7
やっぱり馬姫よりもゼシカのほうがしっくりくるよね
194 : 名無しさん@ピンキー2012/05/04(金) 15:33:39.41 ID:ukyxezva

…言われなくても…、出してやるよ…。
お前がそれを欲しがるなら、何度でも与えてやる。
お前が、満足するまで、な…。

「んんっ…!」

ずる、と引き抜くと、どろりと白濁が秘裂から溢れ出す。
マジですげぇわ、この量……次から次へと溢れ出て……勿体ねぇな…
零れるそれを掌で掬い、もう一度麻理子の膣へと流し込む。
ああ、本当にやらしい身体になったよな、お前…。
そうさせたのは…俺か…。

「は……麻理子……すげぇ…お前、今日感じすぎ……どう、したんだよ…?」
「っ、だ、って……あなたが…」
「…俺のせい…か?」

こくん、とようやく恥じらいを取り戻した麻理子が、顔を真っ赤にして頷く。
俺はくく、と喉元で笑い、イったばかりで硬度の足りない自身を手で扱いた。
麻理子はぼんやりと虚ろな瞳で、俺のその行為を眺めていたが、
はっと我に返ったように、ふい、と顔を逸らして目を伏せた。
195 : 名無しさん@ピンキー2012/05/04(金) 18:43:18.75 ID:RVueI8i8
>>192
主ゼシいいね。あの距離感にはグッと来るものがある。
それはさておき、仲良さげでいい雰囲気。GJでした。
196 : 名無しさん@ピンキー2012/05/05(土) 00:16:49.59 ID:x2q6ebGh

少しでも多く快楽を得る為に、麻理子の腰の動きはますます激しくなっていく。
俺もそれに合わせ、下から突き上げてやると、麻理子はがくがくがくっと戦慄いて、
肘をベッドについてでしか身体を支えられなくなり――

「ああぁぁぁっまた、イッちゃう…!イクっ、イクの…!大平さん…――ひぅぅぅぅんっ!!」
「――く、――麻理子…っ…!」

ドクドクと、また俺は麻理子の中に注ぎ、麻理子の粘膜はひくひくと引き攣れながら、
俺を一滴残さず搾り取ろうと轟く。
結合部の隙間から、俺の放ったばかりの白濁がじわじわとペニスを伝って流れ出るのに、また、
背にぞくぞくと快感がせり上がり、俺はまたぴく、と反応する自分自身に呆れるばかりで。
…萎えねぇなぁ、今日は全然…。
本当に、壊しちまうか…。

「…麻理子、腰上げろ」
「っえ…?あぁんっ…大平さん…っ!?」

麻理子の上体はそのままに、肘をつかせたまま、腰だけを持ち上げて四つん這いにさせる。

肩越しに虚ろな瞳で俺を見上げ、不安げな表情の麻理子の身体に覆い被さり、
口付けながら、ゆるゆるとまた腰を動かすと、また麻理子の唇から喘ぎが漏れた。
197 : 名無しさん@ピンキー2012/05/05(土) 01:37:56.58 ID:Qau6npRw
エロくてGJだったけど、エロへの流れも内容も、ドラクエ全然関係ねーなw
それに、ファンタジー世界に、ここ笑うところなネタとしての肉食系草食系はいいと思うが、こういう半ばシリアスな方向で使われると俺笑っちまって駄目だ
せめて、1レス分くらいの、ラブコメ禁止お前らさっさと始めろと焦らすようなイチャイチャシーンに膨らませてほしかった
それとも、こんなおバカなセリフを口にできちゃう8主と、こんな一言にころっといっちゃうゼシカに萌えなきゃならなかったんだろうか
198 : 名無しさん@ピンキー2012/05/05(土) 11:56:07.67 ID:Z4DK56EM
細けぇことはいいんだよ
199 : 名無しさん@ピンキー2012/05/05(土) 15:01:14.03 ID:4Ua/LYxe
>>197
ならば君の萌えを形にして投下してくれ
全裸で待ってるからよろしく
200 : 名無しさん@ピンキー2012/05/05(土) 16:19:25.13 ID:Qau6npRw
俺に文句言う前にまずすることがあるだろ?ん?
201 : 1992012/05/05(土) 16:46:09.50 ID:4Ua/LYxe
あぁ、ごめん

>>194>>195は荒しとみなしてスルーしてたから、>>183へのレスかと思ってたw
すまなかったね
202 : 名無しさん@ピンキー2012/05/05(土) 16:47:17.40 ID:4Ua/LYxe
安価ミス
>>195 ×
>>196 ○
203 : 名無しさん@ピンキー2012/05/05(土) 20:49:41.16 ID:JLzzBaNP
この板の法則:SSよりも批評のほうにたくさんレスがつく
204 : 名無しさん@ピンキー2012/05/07(月) 18:56:29.95 ID:z2ZlHah8
トルネコ2の王子と王女って恋人と兄妹のどっちだったっけ?
ちょっと手許にソフトがなくて確認できないから誰か教えてくれ。
205 : 名無しさん@ピンキー2012/05/07(月) 22:55:41.14 ID:F4RRTlV3
兄妹だよ
206 : 名無しさん@ピンキー2012/05/08(火) 10:27:46.11 ID:52qe7V0v
>>204
兄妹にして恋人にすれば万事解決
207 : 名無しさん@ピンキー2012/05/08(火) 21:38:53.14 ID:KImVnYDl
ありがとう。
兄妹か。王子と王女なんだからそうだろうと思ってたんだが、
手元の資料だと「西の都から王子と一緒にきた」とか
「王子のことをいつも想っている」とかあったから、ちょっと判断に苦しんだ。
(西の都の)王女なのか? と。
208 : 名無しさん@ピンキー2012/05/22(火) 00:05:38.33 ID:XG5HMMl/
10がもうすぐ発売だけど今度もキャラメイクできるのかな?

そしたら3みたいにできるからいいんだけどな
209 : 名無しさん@ピンキー2012/05/23(水) 22:49:16.58 ID:1bbIbiY0
>>208
オンラインだし、9並みのキャラメイクはできるのではないかと?
すれ違い通信のみの某覚醒でも
それなりの数のキャラパターンがあるようですし・・・
210 : 名無しさん@ピンキー2012/05/23(水) 23:19:26.06 ID:cP0IXJdI
ちょっとは情報調べようや
211 : 名無しさん@ピンキー2012/05/24(木) 05:05:16.15 ID:bEXNkMKj
最近8やりなおしてマルチェロにフイタので鬼畜マルチェロ信者を地下室でいたぶるとか読んでみたい
212 : 名無しさん@ピンキー2012/05/25(金) 12:36:44.95 ID:Ydw8yD0c
wikiの管理人さんは完全に失踪してしまったん?(´・ω・`)
213 : 名無しさん@ピンキー2012/06/06(水) 18:22:59.38 ID:T7Rd9O+u
9も数が増えてきてもうすぐ10の文章も来るだろうに
wikiの編集しないのはまずいよね
214 : 名無しさん@ピンキー2012/06/10(日) 21:32:15.53 ID:tc/MDWhL
モンスターズ3dsをやった
魔戦士ヴェーラを仲間にしたら
即座にボストロールと配合をして興奮する自分はもう駄目だと思う
215 : 名無しさん@ピンキー2012/06/13(水) 00:09:01.08 ID:5C/naOVu
>>214
ヴェーラも主と認めますと言った後すぐに
ボストロールと孕ませSEXさせられるとは思わんだろうな
216 : 名無しさん@ピンキー2012/06/13(水) 03:43:18.14 ID:KmibjWdM
てす
217 : 勇者の旅立ち12012/06/13(水) 15:43:48.34 ID:KmibjWdM
みんな16歳ってなにしてた?
16なんて多感な時期はどうかんがえても異性の体か悪友との遊びしか考えないでしょ?
しかも今のご時世に世襲とかないでしょ?時代が古いんだよ。
なのに…なのに…なぜ自分はこんなことに…そう、あれは朝からすべてが起こったんだ。



「起きなさいワタシの可愛いぼうや」
朝、いつものように母親が起こしにくる。
「あーあはよう、っていうかぼうやはやめてよっていつもいってるじゃん。」
「まーまー、いいじゃない、起こすのも今日で終わりなんだから。」
と、寝呆けた頭でもよくわかるよくわからないことをのたまいながらなんか目がきらきらしてやがる。
「おいおいかーさんついにぼけたん?」
と突っ込むと、
「まだぼける年じゃないわよ。じゃなくて、今日16歳になる誕生日でしょ?」
言われて気付く。そーいえば16歳だ。
うちはとーさんがいなくてあまり誕生日とか記念日を祝ったりしないから忘れてた。
「なに?こーこーせいになったからもう起こさないって事?」
と、言ったら、
「違うの。ついに話す日が来たのよ。」
と、ここからしばらく驚きの話がつづく。
まぁ概要をまとめると、

とーさんは勇者で世界を救う旅に出た。
自分はその息子だから勇者らしい。
で、世界を救いに行け、と。

おいおいおい、なんで勇者の息子が勇者やねん。
とあるゲームとか母親が勇者の血筋で子供が勇者とか言う設定はあったけど、勇者いなくてもラスボスに勝てたし。



てな感じで王さまにあって世界救う気がないお金と装備をもらって偉そうなお言葉をもらって追い出された。
ちなみに
「母親よ、父オルテガは連絡なく数年たつためその身はなくなったとし特別手当てと、また息子を旅にいかせるそのすばらしさに生活保護費を与える。」
なんて言われてやがった。
働かなく金が入るから目をきらきらさせてやがったんだな。てか、勝手に息子送り出して金もらうなよ。
あとルイーダの酒場で仲間をつれてけとも言われた。
いろんな職業の戦えるフリーな皆さんを仲間にできる場所らしい。しかもこの広い世界でこの町にしかないらしい。
なんだ、この世界を救うためにはこの町からはじめなきゃいけないみたいな作りわ。
まーてな感じで、今ルイーダの酒場で仲間をゲットしに来てるんだけど、正直ばっくれたい。

つづく…かも
218 : 名無しさん@ピンキー2012/06/13(水) 17:07:35.57 ID:048Yv4OM
続かなくていい
219 : 名無しさん@ピンキー2012/06/14(木) 21:27:38.33 ID:w6w+BaHX
俗っぽい勇者だなw

それよりも3DS版モンスターズでサンチが専用グラじゃなかったんだが……
220 : 名無しさん@ピンキー2012/06/15(金) 08:20:07.14 ID:KvyVO/K+
>>219
それがかなり楽しみだったからショックだった
ツンツンしてるときも隠れて応援してたりして可愛いよな…
221 : 名無しさん@ピンキー2012/06/15(金) 23:02:22.54 ID:wKHtqqEQ
少年時代のテリーさんモテモテだな
バニーの姉さんにボウヤ扱い
おばさんには姉さん想いと可愛がられ
女の子に関心を持たれる

わたぼうに選ばれ
数多くのモンスターに懐かれる
起動するときのコドラを抱いている表情がかわええ

そんな彼が悪堕ちしていく過程が気になる
222 : 名無しさん@ピンキー2012/06/16(土) 18:10:48.44 ID:JUFZtd0d
3dsのかがみの扉くらいの実力があれば引換券扱いされることもなかろうに
場合によってはデュランよりも難関だろあれ
223 : 名無しさん@ピンキー2012/06/17(日) 23:06:31.19 ID:Sg4juiHm
テリーは6当時イラストが発表されてすぐに人気だった
224 : 名無しさん@ピンキー2012/06/21(木) 02:10:59.75 ID:jqPQHR/V
あそこは本編と同じく全回復してくれ、と思った>デュラン
225 : 名無しさん@ピンキー2012/06/21(木) 02:13:42.32 ID:jqPQHR/V
あとデュラン、強いられているんだ!連発してなかった?
226 : 名無しさん@ピンキー2012/06/23(土) 12:55:53.43 ID:3+QSmoCX
もっこりが気になって仕方が無かった…
227 : 名無しさん@ピンキー2012/06/23(土) 20:53:21.76 ID:d6oWwHvB
テリー始めたばかりだが
戦闘になる時アップになるからジャンバラヤンの尻が気になって仕方ない
228 : 名無しさん@ピンキー2012/06/30(土) 11:45:04.42 ID:XzF+HN5t
8のデスセイレス希望です
229 : 名無しさん@ピンキー2012/06/30(土) 14:23:20.59 ID:Yw8NU/RY
ヴェーラのジト目に興奮する毎日です
230 : 名無しさん@ピンキー2012/07/02(月) 07:19:51.56 ID:SxIYq9AF
他国マスターのバニーちゃんにエッチな本を渡されてドキドキが止まらないテリーの貞操が心配です
231 : 名無しさん@ピンキー2012/07/02(月) 14:13:54.70 ID:OR0AePXj
最近になってアリーナの可愛さに目覚めた
特にバトルロードのアリーナかわええ
232 : 名無しさん@ピンキー2012/07/02(月) 17:46:10.03 ID:sdoHlzxB
>>231
ザラキ
233 : 名無しさん@ピンキー2012/07/02(月) 21:11:48.85 ID:27hM2ULy
マーサ「私は絶対に魔界の門を開く気はありません」
ミルドラース「マーサよ、お前が開かぬというなら…」
ミルドラース「門を開くのが良いか、股を開かれるのが良いか選ぶがよい」
マーサ「はっ?」
ミルドラースは マーサを 押し倒した!
マーサ「うっ…!な、何を…!!」
ミルドラースは 腕ずく力ずくで マーサの股を開いた!
「ひぃぃぃッ!!いやああああああッッ!!」
地道に溜めてきた魔力が ミルドラースの 下半身に 集中する!
ミルドラースの 下半身の 棒は みるみる 膨らんでゆく!
トンヌラ「お母様!お助けに参り……!!!!!!!」
サンチョ「」
レックス「」
ピピン「」
一同は みな みて みないふりをしている!
マーサ「助けてッ!トンヌラぁッ…!!」
一同は みな みて みないふりをしている!
ミルドラース「ぐへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへ」
234 : 名無しさん@ピンキー2012/07/02(月) 22:17:50.48 ID:o31TVXNW
トンヌラ「あいつもう年だし、地道に魔力溜めないと勃起もできないんだよ」
235 : 名無しさん@ピンキー2012/07/03(火) 00:03:53.82 ID:OR0AePXj
アリーナもいいけど、ムーンブルク王女こそ至高
露出を控えたナイスバディは逆にエロいの法則
236 : 名無しさん@ピンキー2012/07/03(火) 00:32:28.72 ID:+7v8hmAr
>>232
クリフト乙
237 : 名無しさん@ピンキー2012/07/03(火) 07:47:39.92 ID:KVHJvd1d
ムーンブルク王女犬のドット絵アナルに興奮してます
238 : 名無しさん@ピンキー2012/07/03(火) 13:53:26.38 ID:CA4O4UU/
ミルドラース(爺・不細工)×マーサ(婆)とかまさに誰得だわw
239 : 名無しさん@ピンキー2012/07/03(火) 15:25:46.82 ID:CA4O4UU/
パパスはぷくーっと膨れ上がってマーサにのしかかった!
パパス「マーサよ、行くぞ」
マーサ「そ、そんな…!ちょっとッ…あなたぁッ…!!」
パパスはいきなりマーサの乳房を鷲掴みにした!
マーサ「あ、あなたぁッ!い、痛いッ…!!!」
マーサはただジッとたえている!
パパスはマーサの体を舐め回した!
マーサは鳥肌が立ってしまった!
パパスはこうげきにそなえて身構えた!
マーサは鳥肌が立っている!
パパスのこうげき!かいしんのいちげき!
マーサの膣壁に196のダメージ!!
マーサ「んんッ…!!くぅッ…!!!はあはあ……。」
マーサはただジッとたえている!
パパスはさみだれづきを放った!
パパス「マーサよ!もう出すぞッ!」
マーサ「あぁん…!は、はぁんッ…!!あなたぁッ…!!」
パパスから閃光がほとばしる!!
マーサ「あ、熱いッ…!熱いぃッ…!!!うぅッ…!!」
マーサは気絶してしまった!!
*「おぎゃあ、おぎゃあ…」

パパス「よし浮かんだぞ!トンヌラというのはどうだろうかっ!?」
マーサ「まあステキな名前!勇ましくて賢そうで…。」
パパス「トンヌラ!今日からおまえはトンヌラだ!」
マーサ「まあ、あなたったら……。うっ……。ごほんごほん……。」
パパス「おい!大丈夫か!?」
サンチョ「マーサ様…。出産予定日の前日にあんまり無茶なことをなさるからですよ。」
オジロン「まったく、その通りですぞ兄上。夫婦仲が宜しいのは大変結構なんですがねぇ…。」
240 : 名無しさん@ピンキー2012/07/03(火) 16:04:50.45 ID:dsXzhFXY
パパスの駄目漢っぷりに吹いたからGJ!
241 : 名無しさん@ピンキー2012/07/04(水) 07:50:40.57 ID:PEv80SbA
なにこれ
242 : 名無しさん@ピンキー2012/07/04(水) 13:56:25.73 ID:p0yhQkw1
いいかげんwikiの編集しないとまずいよな…
243 : 名無しさん@ピンキー2012/07/04(水) 23:51:55.53 ID:dShWISyz
そうだよねーせっかく9も増えてもうすぐ10が発売されるのに
244 : 名無しさん@ピンキー2012/07/05(木) 00:07:49.31 ID:+BarBJIS
●無いと過去スレ見られないんじゃない?
245 : 名無しさん@ピンキー2012/07/06(金) 16:40:33.68 ID:l90nSgua
まとめ?なら見れるんじゃね
246 : 名無しさん@ピンキー2012/07/06(金) 18:33:23.05 ID:IweZdjgI
サンクス
保管庫のはリンク切れだった
247 : 名無しさん@ピンキー2012/07/07(土) 17:01:13.82 ID:P+EM5O/v
たまご鑑定士のおば…

お姉さんがいないだと!?


吉崎先生の描く痴女っぽいたまご鑑定士は幻なのか…
248 : 名無しさん@ピンキー2012/07/08(日) 20:41:36.70 ID:rVylbhB7
ここはアレフガルドを統べる唯一の国、ラダトーム。今この国は滅亡の危機に瀕していた。

南ではドムドーラが滅ぼされ、はたまた北ではガライの墓に魔物が蔓延るようになってしまった。

いや、それはガライの墓だけではない。アレフガルド全体が魔物の君臨する地となっていた。

古い言い伝えの勇者ロトによって齎されたこの地の平和。それはもう過去のものとなっていた。

―退魔の力を持っていて、これまでこの地に永い平和を保っていた光の玉。

―天使のような優しい笑顔で人々から慕われていた、国王ラルス16世の愛娘、ローラ姫。

この二つは竜王の手に奪われてしまったものである。国中がひっくり返るような騒ぎになった。

そんな中、ラダトームの城を伝説の勇者ロトの血を引くという一人の若者が訪れた。

その名をロルドという。国王ラルス16世は彼の素性、特に母の名を聞いて驚愕した。

彼はなんと国王ラルス16世が王太子時代、マイラの百姓娘を手籠めにした時に孕ませた子であった。

その娘はそこらの百姓の娘らしからぬ、凛とした目をしていた。澄みきった目であった。

それが若かりし時のラルスを誘惑させた。その彼女こそが勇者の末裔の成れの果てだったのだ。

ラルスはその日の深夜、お忍びで滞在先の宿屋を抜け出し、無理矢理にその娘の貞操を奪った。

さっきまでお許しを懇願していた娘の、その頬を大粒の涙が伝っていくのを愉しんだ夜。

新たな勇者ロルドは、あの時の落とし胤であった。
249 : 名無しさん@ピンキー2012/07/08(日) 21:22:22.57 ID:rVylbhB7
父が目の前の国王ラルスであるとは知らぬまま、ロルドは広大な世界へと旅立っていった。

マイラの村に滞在していると、畑作業をしていた土地の老人が声をかけてきた。

「お前さん、昔この村におった****に似とるのう」

温泉でのぱふぱふの感触が忘れられず、その余韻に浸っていたのが一気に吹っ飛んだ。

それは母の名であった。母の事を知っているのか。

ならば、この老人ならあるいは父のことを知っているかもしれない。

「…それは母です、私の母の名前です。しかし私は父のことは何も知りません」

「あなたなら父のことも何か知っているのではないでしょうか…?」

*「え…、いや…、あの…」

老人は驚いた表情を隠さなかった。他人の空似とでも思っていたのか、自身の発言を後悔しているようにも見える。

間違いなくこの老人は何かを知っている、そう睨んで色々と聞き尋ねた。

*「…お前さんは、おそらく国王ラルス16世の御落胤じゃよ」

*「****はこの村の娘じゃったが、ラルス様に手籠めにされて身籠ったのじゃ」

それは驚愕の発言だった。母はとうとう最期まで父の事を語らずに世を去ってしまった。

―母方の先祖を不規則に遡ると、やがては伝説の勇者ロトに辿り着く。

この事は耳にタコができるほど何度も聞かされていたが、である。

この時ロルドは、ある決心をした。憎むべき父に、必ず復讐をしてやろうと心に誓った。

どうせ復讐するなら、父が母にした同じことをやってやろう、と。

―この先の洞窟で、ローラ姫らしき女性の姿を見たという話を聞いていた。
250 : 名無しさん@ピンキー2012/07/08(日) 21:25:15.64 ID:rVylbhB7
三日以内には終わらせます
251 : 名無しさん@ピンキー2012/07/08(日) 22:23:46.36 ID:wKq6nQNg
もう止めていいよ
252 : 名無しさん@ピンキー2012/07/09(月) 00:42:28.85 ID:gucZQ7q7
>>250
その発想はなかった
わっふるわっふる
253 : 名無しさん@ピンキー2012/07/09(月) 01:12:28.75 ID:gucZQ7q7
>>178何となく考えてみた。
イザヤールの弟子になった、ディーナは美しい娘であった。弟子を採らないと有名なイザヤールが初めて採った弟子ということもあり、天使たちの中でたちまち有名になった。
羨む声もある中、何故自分が選ばれなかったのかと妬む天使もいた…。そんなある日、ディーナは、一つ階級が上の男天使に呼び止められた。

図書室に行く途中だったのだが、相手階級が上の為「天使の理」が発動し、逆らえない。
「あの、なんですか?」
少し困りながらも男天使に言われるまま、個室へと連れ込まれ……。
254 : 2482012/07/09(月) 20:45:17.48 ID:dGpO/aNd
改めて読み返すとこれエロパロというか、もはや小説になっててスレ違いだと思うんですが
このままでも続けてよろしいでしょうか?
255 : とりあえず進めます2012/07/09(月) 21:16:18.52 ID:dGpO/aNd
―ドラゴンをやっつけた!

「あぁっ…!私を助けに来てくれる方がいらっしゃるなんて…!」

ロルドの姿を見て「ここから出られるのだ」と信じきって疑わないローラ姫だった。

「私をお城まで連れて帰ってくださいますのね?」

ロルドは頷き、ローラ姫をその両腕に抱きかかえた。

「まあロルド様、うれしゅうございます。ぽっ…」

「…では姫様、行きましょうか」とだけ言い、ロルドは歩き出した。

だが、彼の足はそのまま洞窟の出口の方へは向かわなかった。

幽閉室の真ん中に置いてある、姫が使っていたベッドの方へと歩いていく。

しかし姫はそんなことは気にも留めないで、安堵しきった表情で抱かれたままであった。

ここから解放されるという嬉しさに囚われて、他のことなど考える余裕は無いのであろう。

―復讐はこれからだ。ローラ姫を横目で見て、ロルドは密かにほくそ笑んだ。
256 : 名無しさん@ピンキー2012/07/09(月) 21:30:37.78 ID:Ytj8NlpX
かまってちゃんはどうぞお引取り下さい
未完成品を晒している時点で論外
257 : 名無しさん@ピンキー2012/07/09(月) 23:25:21.59 ID:/YZgfy7+
最近こんなのばっか・・・
258 : 名無しさん@ピンキー2012/07/09(月) 23:41:42.14 ID:+HXdY+Dx
一行ずつ空行があるのが気になる…
別に空けなくても読めるよ?
259 : 名無しさん@ピンキー2012/07/10(火) 11:57:13.03 ID:sbl6r3k6
空けないと読みにくいって言い出すやつも多いがな
260 : 名無しさん@ピンキー2012/07/10(火) 20:18:03.07 ID:7t2qnSUx
vipならともかくこの板でそんな事言ったらただのバカだろ
vipに帰れで終了だ
261 : 名無しさん@ピンキー2012/07/10(火) 20:27:43.56 ID:+A1LCghT
お前らこんだけ批判いったら放棄するかもよ?
確かに文才なさそうだけど
262 : 名無しさん@ピンキー2012/07/10(火) 20:34:08.13 ID:+A1LCghT
ていうかもうおおよその展開分かったぜ
「(息子だから)国を譲りたい」ってラルス16世が言いだして
「いいえ、私の手で探したいのです(キリッ)」ってやりたいんだろ
(言っちゃ悪いが)表現下手そうだからエロ描写とか他人にやってもらえば?
原作、脚本別人方式でどう?
263 : 名無しさん@ピンキー2012/07/11(水) 00:44:49.79 ID:dvGgS/P+
こうやって書く奴がいなくなるのか
264 : 名無しさん@ピンキー2012/07/11(水) 02:10:02.22 ID:aZosXrXA
書きたい奴は書きまくるだろ
いつかの双子バカみたいに
265 : 名無しさん@ピンキー2012/07/11(水) 12:21:39.48 ID:nV+Npqgj
未完ものといい微妙な小ネタといい・・・

こりゃWiki編集する気も無くすわな
266 : 名無しさん@ピンキー2012/07/11(水) 18:28:43.77 ID:sdPQrNkl
>>255
俺も初めての時はズタボロだったな
>>258も言うように、一行ずつ空行があるのが気になるからさ、
改行はあまり意識せず、ちゃんと書き溜めしてから投下しろよ
発想はまあ良かったから、いつか完成版を『まとめて』投下してくれよな!
267 : 名無しさん@ピンキー2012/07/11(水) 19:48:18.92 ID:faVl77lD
あんまり叩くもんじゃないよ、未完だと後味悪い

少し投稿の仕方が悪かっただけで文句言うから来なくなった人もいるんだし
9の人ェ…
268 : 名無しさん@ピンキー2012/07/13(金) 00:17:20.52 ID:w4HIQYIe
めすいぬとその辺の親父が読みたいです
269 : 名無しさん@ピンキー2012/07/13(金) 08:13:00.15 ID:m2DbJEAh
ムーンブルク王女がわんこのまま犯されるのか・・・
270 : 名無しさん@ピンキー2012/07/13(金) 21:08:52.90 ID:dLzDxys3
その辺の親父…
せめてその辺の雄犬にしようぜ
271 : 名無しさん@ピンキー2012/07/14(土) 20:36:06.05 ID:u5B9fDYh
その辺の雄犬…
つまり、生まれた時から野良生活が身についてる本物の犬かい?
それとも、世話してくれる人が居なくて、野良に落ちぶれた愛玩犬かい?
どっちが良いの?
272 : 名無しさん@ピンキー2012/07/15(日) 15:39:57.32 ID:c6GUIzxr
ケモナーは勘弁してくらさい(^q^)
273 : 名無しさん@ピンキー2012/07/15(日) 21:24:19.92 ID:cZCODVnz
生まれた時から野良生活が身についてる本物の犬でおなしゃす
274 : 名無しさん@ピンキー2012/07/16(月) 00:31:45.68 ID:Z/R3N9Mw
ロザリーでいいなら書けそうだが
既にスレがオワコンぽい流れだな
275 : 名無しさん@ピンキー2012/07/16(月) 07:33:40.07 ID:uHUwohr9
ここで良質なSSが投下されれば流れも戻る




ということで、はよ
276 : 名無しさん@ピンキー2012/07/16(月) 09:34:56.31 ID:Z/R3N9Mw
 湿気を帯びた風にか細い悲鳴が混じり合う。
 人気のない荒野に三人の男と、一人のエルフの少女がいた。
 屈強な男たちが二人して金髪の美しい少女の腕を支え――半ば無理矢理に立たせていた。
 そして、太った男が向かい合い、薄ら笑いを浮かべながら苦痛と凌辱の鞭を振るった。
 なめし革で作られた黒い蛇は、少女が纏っていた美しい絹のローブを雑巾と見分けがつかない布きれに変えていた。
 更には白い手足に無数の赤い筋を刻みつけ、すでにむき出しになっている乳房を左へ右へと跳ね上げ、男たちの目を楽しませた。
 空気を切る音が響くたび、羽交い絞めにされた少女の体が、大きく振れた。

「……あっ……あぁッ……やぁッ!」
「おぉっ! ルビーだっ!」

 少女の目尻から零れる涙を見て、男たちが色めきたった。
277 : 名無しさん@ピンキー2012/07/16(月) 09:37:33.09 ID:Z/R3N9Mw
 見れば血のような赤い滴が、ボロボロの少女の足元に散乱している。
 ルビーの涙。純度の高い魔力を持つエルフの王族に現れる忌まわしき体質。
 その希少さゆえに人間世界ではどんな宝石よりも高く取引される。
 古くからこの至高の涙は自らを求めた多くの人間を不幸にし、また多くのエルフをも不幸にした。

「……くっ……うぁ……」

 苦痛の吐息が絶え間なく漏れていた。
 長い幽閉生活で体力を失っていた少女にとって、この拷問は肉体的にも、精神的にも過酷にすぎるものだった。
 度重なる打擲で体は熱病にかかったように熱され、全身の表皮は無残に裂けて赤く爛れている。
 しかも、愛しい男にではなく、ならずものたちに惜しげもなく肌を晒している。
 それだけでも、年頃の少女にとっては耐え難い恥辱であった。
278 : 名無しさん@ピンキー2012/07/16(月) 09:39:02.24 ID:Z/R3N9Mw
 これは罰なのだろうか。
 薄れゆく意識の中でロザリーはそう思った。
 親の仇である男を愛してしまったからか。それとも、愛した男の死を勇者たちに願ったがゆえなのか。
 ピサロ。魔物たちの期待を一身に浴びる魔界の貴公子。
 残酷さと優しさが奇妙に調和した横顔が脳裏を過ぎり、ロザリーは胸が締め付けられる心地だった。
 彼は自分をこんな目に遭わせた人間たちを、決して許さないだろう。
 微かな優越感と、それとは比較にならぬ絶望感が生まれた。
 勇者たちはかつての魔界の帝王、エスタークをも打ち倒した。
 ピサロがいかに強くとも、倒されたエスタークとさほど力量差はないだろう。
 彼らとまともに戦って勝てるかは怪しい。
 彼らと戦わせないためには、自分がこの窮地を脱するのが最善だった。
 だが、どうやらそれも叶わない。
 今は辛うじて生きているが、それは凌辱者たちの気まぐれによるものだった。
 彼らの強欲は死による安息すらも許そうとしなかった。
279 : 名無しさん@ピンキー2012/07/16(月) 09:40:07.49 ID:Z/R3N9Mw
 ロザリーの意識が尽きるすんでのところで、決まって白い光が傷ついた体に降り注いだ。
 男たちは回復の魔法を、ロザリーが考え得る限り最も残酷な方法で使った。
 逃げる体力を与えない程度に回復しては、意識が途切れる寸前まで追い詰める。その繰り返しだった。
 
「おいおい、まだ死んでもらっちゃ困るぜ? 最低でもこの倍は出してもらわなきゃな」

 左腕を固定している男が、目の光を失いかけているロザリーの耳元で囁いた。
 ロザリーは数時間もの間、死よりも辛い生を強制されていた。
 彼らの態度は、それこそ涙をゴマの油のように搾り取らんというばかりだった。
 今ここで、彼女は彼らの欲望を満たす道具にすぎなかった。金銭的にも、そして――

「ああ、いいことを思いついた」

 鞭を振るう手を止め、太った男は口元をこれ以上ないというほどゆがませた。

「女を泣かせるのにこれ以上都合のいいこたぁねえよなぁ」
「え……」

 ロザリーは、男がなんのことを言っているか呑み込めなかった。
 だが、すぐに思い至った。自分が最も恐れていた事態になりつつあることに。
280 : 名無しさん@ピンキー2012/07/16(月) 09:44:33.93 ID:Z/R3N9Mw
「い、いや……それだけは……」

 長い凌辱を通じて初めて、ロザリーがひどく狼狽し、男たちの拘束を振り解こうと身を捩った。
 なんていうこともない抵抗を見て、男たちはその結果にひどく満足した様子だった。
 この調子なら、彼女はより多くの涙を流してくれるだろう。
 そして、欲情した自分たちに一時の慰めをもたらすのにも役立つはずだ。
 そんな感情が、三人の男それぞれに見え隠れしていた。
 この男たちは疑いなく、どんな魔物よりも魔物らしかった。
 太った男は鞭を腰に戻すと怯えるロザリーに大股で歩み寄り――

「……いっ! きゃああああぁぁぁぁッッ!!」

 白いショーツをずらして秘所をむき出しにした。
281 : 名無しさん@ピンキー2012/07/16(月) 09:45:49.05 ID:Z/R3N9Mw
以上です。駄文スマソ
この程度でよかったら続き書きます
282 : 名無しさん@ピンキー2012/07/16(月) 11:06:34.98 ID:5frN3zos
かまってちゃんはどうぞお引取り下さい
未完成品を晒している時点で論外
283 : 名無しさん@ピンキー2012/07/16(月) 11:10:22.69 ID:alcmLvm3
まあいいんじゃない

オレは続き見たい
284 : 名無しさん@ピンキー2012/07/16(月) 13:11:36.22 ID:6lvs9R8z
未完成っていっても、それなりに長さがあってエロも含まれてるなら一回の投下に足る内容だと思う
285 : 名無しさん@ピンキー2012/07/16(月) 13:51:36.99 ID:HN+Vca8H
全然駄文じゃないよ、すげー好み
わっふるわっふる
286 : 名無しさん@ピンキー2012/07/16(月) 14:50:58.05 ID:Om1670Gq
乙&GJ!
ロザリー待ってます
287 : 名無しさん@ピンキー2012/07/16(月) 16:38:47.26 ID:KsEjictl
雄犬×犬姫はお流れか……
288 : 名無しさん@ピンキー2012/07/17(火) 20:36:16.17 ID:/B6rZ0zZ
さあ、誰か6のレック(主人公)とジュディのを書くんだ
289 : 名無しさん@ピンキー2012/07/17(火) 21:34:08.43 ID:S7OAh0pK
愛犬に犯されるフローラとか・・・
290 : 名無しさん@ピンキー2012/07/17(火) 22:04:29.01 ID:uNgp86Fs
あれ小型犬じゃないのか?
291 : 名無しさん@ピンキー2012/07/17(火) 23:21:19.07 ID:FYK3Gm+j
>>281
待ってるぞ
292 : 名無しさん@ピンキー2012/07/19(木) 15:56:36.39 ID:g3miHzbX
安芸
293 : 名無しさん@ピンキー2012/07/19(木) 20:18:19.32 ID:ctKJhEIC
最近発売されたテリー3DSだが、自分はまだ買ってないんだが女型モンスターとか出るのか?
294 : 名無しさん@ピンキー2012/07/19(木) 20:20:09.77 ID:1szEpind
>>293
魔戦士ヴェーラとか妖女イシュタルとかローズダンスとかじごくのマドンナとか
295 : 名無しさん@ピンキー2012/07/19(木) 20:51:13.52 ID:ctKJhEIC
し、知らない名ばっかりだ…とにかくサンクス。
ちょっと調べたらどいつもそこそこ高レベルのモンスターなのかね、こりゃ時間かかりそうだ。
296 : 名無しさん@ピンキー2012/07/23(月) 08:13:20.51 ID:7gzbpmM4
遅ればせながらドラクエ10は人間から別の種族に変化して冒険するそうで
そうなると別の種族になった・あるいは互いに異なる種族となった恋人同士の話とかも
(人間に戻るかその種族として生きるかはともかく)
需要があるのだろうか否か…
話を作ろうとしたらその種族はどうなるか・落とし所はどうするかでそれこそ書き手の数だけありそうだけど
297 : ノッケの森にて〜ドラフィ−ユの悲劇〜2012/07/23(月) 18:27:00.89 ID:ezxtWWiQ
「スライムのしっぽはどこにあるモジャ?」
「し、知らないわよっ!私はそんなの、知らないわっ!」
突然スーランの町を襲ってきた、ももんじゃの軍団。
執拗にスライムのしっぽとかいうのを尋ねてくる。

「しつこいわねっ!知らないものを教えろったって、しょうがないじゃないの」
「モジャ!もう我慢の限界モジャよ!こうなりゃ体に聞くしかないモジャ!」
そう言うと、そのももんじゃはいきなり私のお尻を触ってきた。
「嫌っ!!変態っ!!このドラフィーユのお尻を触るなんて百年早いわよ!!」
「もじゃ?お尻だったモジャか?いや、スライムのお尻なんて興味ないモジャよ」


「おかしいモジャね……。これは、しっぽ……じゃないモジャね。無いみたいモジャ」
「えーい!ムシャクシャするモジャ!もういいモジャ!あきらめるモジャよ!」
良かった、これでもう私は用済み、解放されるかもしれないと思ったその時であった。
「お?この穴は何モジャ?もしかしてモジャ!?いひひひひwwwwモジャ!」
そう不気味に笑うと、そのももんじゃは何の前触れも無しに自身を挿入した。
その穴を見つけてから挿入するまで、本当にあっと言う間だった。

「たとえスライムでも穴の方だったら別問題だモジャぁwwww」
「きゃあぁっ……!!な、何をす……るスラぁっ…………!」
「ぷにゅぷにゅでとっても気持ちいいモジャ〜〜!」
ももんじゃは気持ちよさそうな表情を浮かべて腰を大きく振った。


「ん………っ…………!………ゃ…………ん……っ……!!」
「あ、あっ、もう出そうモジャ〜!う〜んっ、中に出すモジャよぉ!!」
「スライムの雌は前戯なしですぽっと入るわ、気持ちいいわで最高モジャ〜!」
ももんじゃの精子がドラフィーユの体に取り込まれていく。
「モジャ!色が!うっすらと変わって来たモジャwwww」
透明なスライム程はっきりとではないが、かすかに濁った黄色に染まっているのが分かった。
「もじゃ!良い事教えるモジャ!配合、つまり魔物の異種間交配は確実に妊娠するモジャ!」
「………ぁ……っ……!そん………な……っ……………ゃ……ぁ……ぁ…………!!」

―全ては終わったのだわ。子供はスライムになるか、ももんじゃになるか。
それはまだ分からないのね。しかし望まぬ妊娠は決定的なのよね。
でも本当かしら?とにかく今は、誰でもいいわ、慰めてもらいたいわね。
こんな体験の後だから、男の子に優しくされたら好きになっちゃうかもね。
穴があったら入りたいわ。おや、こんなところにいい箱があったわ【完】
298 : 名無しさん@ピンキー2012/07/23(月) 18:31:15.34 ID:ezxtWWiQ
こりゃ駄目だ、ちょっと適当に書きすぎたw
あと改行もっと空けたほうが良かったな
単発ネタ失礼
299 : 名無しさん@ピンキー2012/07/23(月) 22:45:38.57 ID:XpzI90k9
いんや、これでいい
300 : 名無しさん@ピンキー2012/07/24(火) 15:30:14.48 ID:KmSWrkws
>>297
濁った黄色に変化っておしっこじゃないか、と思ったら
そういやドラフィーユって黄色だったなww紛らわしいww
体が白く濁ったんじゃなくて、黄色い体がうっすら濁ったのね
301 : 名無しさん@ピンキー2012/07/25(水) 17:41:15.72 ID:VM7UhIxa
オーガ♀はボインかわいい
ウェディ♀はギャルかわいい
302 : 名無しさん@ピンキー2012/07/25(水) 20:16:42.73 ID:E0oLjbnq
誰か、オルテガと母親の旅立ち前夜をおなしゃす!
303 : 名無しさん@ピンキー2012/07/27(金) 19:33:52.24 ID:4H1D2Hek
このスレって催促多い割に批評がわりと辛口だなあ
まあそれでもメジャーなゲームだし過疎にはならないとは思うが
304 : 名無しさん@ピンキー2012/07/27(金) 19:45:44.63 ID:OSXA5R0O
過疎ってるだろ
305 : 名無しさん@ピンキー2012/07/27(金) 23:27:02.47 ID:nTYzO59Q
催促は保守を兼ねてる時もあるからな
・・・あ、つまり過疎ってことか
306 : 名無しさん@ピンキー2012/07/28(土) 12:11:43.39 ID:yMotSBU4
ま、あと1週間もすればおのず賑わってくるだろ・・・
オーガ姐さん色っぽ過ぎ。
(でもエロパロ的に人気出そうなのはウェディか?いろんな意味で・・・w)
307 : 名無しさん@ピンキー2012/07/28(土) 14:43:58.13 ID:+aQgmmTm
俺は人間の女とウェディがいいな
308 : 名無しさん@ピンキー2012/07/30(月) 20:22:10.73 ID:sb0YzXMC
いつの間にか保管庫が増えてる!有志さん、ありがとう!
309 : 名無しさん@ピンキー2012/08/01(水) 14:26:45.06 ID:wl5W2J6u
ほんとだ
ありがとう
310 : 名無しさん@ピンキー2012/08/03(金) 02:25:44.90 ID:S3QbsK+A
性欲旺盛なオーガ娘になった女主人公でここは一つ
311 : 名無しさん@ピンキー2012/08/04(土) 10:06:06.75 ID:FBUQ4yI3
ドラクエX発売されて賑わってるかと思ったらそうでもないな
312 : 名無しさん@ピンキー2012/08/04(土) 10:31:19.46 ID:PE8Txf0g
フウラがいい子過ぎて…

宿屋も個別利用だし妄想の余地がうーむ
313 : 名無しさん@ピンキー2012/08/04(土) 13:54:30.13 ID:66aRJGGd
肉体が死んで他の種族の肉体に入る→近親相姦でありながら近親相姦とみなされないというネタなら思いついた
314 : 名無しさん@ピンキー2012/08/04(土) 20:47:06.96 ID:Yqh9aJhG
異種姦か…

気が付いたら魔物になって
再び彼女に会いたい一心で かつての仲間、冒険者を次々と葬り
事情が分からず抵抗する彼女を縛り上げ
組み敷いて
そのぶっといチンポで思いを遂げるんですね
315 : 名無しさん@ピンキー2012/08/05(日) 17:16:44.30 ID:JzykzE6H
とりあえずリンク貼っとくか

ドラゴンクエスト官能小説保管庫 - livedoor Wiki(ウィキ)
http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%A8%EF%BC%B3%EF%BC%B3&source=web&cd=3&ved=0CF0QFjAC&url=http%3A%2F%2Fwiki.livedoor.jp%2Fdqnovels%2F&ei=eiseULOwKMvirAemsYCoBQ&usg=AFQjCNEdm1_li5Bn-ZE-bkkgF647oW_cOw
316 : 名無しさん@ピンキー2012/08/05(日) 23:11:16.04 ID:BJDizK9n
編集まだかなー
317 : 名無しさん@ピンキー2012/08/06(月) 19:49:23.60 ID:PVZpJviZ
>>315
こうしてみると、やたら長いな
318 : 名無しさん@ピンキー2012/08/07(火) 00:23:29.98 ID:lnCm7dKr
マイユさん可愛いすぎ・・・
319 : 名無しさん@ピンキー2012/08/07(火) 00:59:07.03 ID:3pLiE3FZ
どんな感じ?
月千円も払う価値ある?

あったらささっとプレイして書きたいな
320 : 名無しさん@ピンキー2012/08/07(火) 01:50:48.23 ID:jDc0TkfA
ささっとプレイはできないな
22時間で元気玉1個、元気玉入手にレベル15まで上げなければならないこと、15まで上げるのがほぼ苦行で正直なところおすすめできない
321 : 名無しさん@ピンキー2012/08/07(火) 11:42:31.85 ID:UTZPtJgH
好き嫌いはかなり個人差があるな
2みたいに、ハマる人はめっちゃハマるけど嫌いな人は大嫌いっていう感じ
322 : 名無しさん@ピンキー2012/08/07(火) 11:43:10.25 ID:UTZPtJgH
どっちかっていうと7みたいって言ったほうが正しいのかも
323 : 名無しさん@ピンキー2012/08/07(火) 12:59:07.64 ID:lnCm7dKr
ネガキャン多いけど、実際やってみると面白いよ
ストーリーも壮大でwktkするし
324 : 名無しさん@ピンキー2012/08/07(火) 18:50:07.36 ID:99zIVeQC
だ、誰かヒューザ×ウェディ女主人公を…
325 : 名無しさん@ピンキー2012/08/07(火) 20:35:17.38 ID:bg+PMeXj
面白いよドラクエ10
早くエロ装備出ないかなー
326 : 名無しさん@ピンキー2012/08/07(火) 23:50:13.87 ID:aZMLiEVK
元気玉使って絶倫化した主人公でここは一つ
327 : 名無しさん@ピンキー2012/08/08(水) 07:09:11.88 ID:PX2jhG4n
オーガのおっぱいが揺れないのが残念
OPではちゃんとぷるぷるしてるのに
328 : 名無しさん@ピンキー2012/08/08(水) 09:08:07.22 ID:2ZGnuJPh
オーガの下着姿いいよ
329 : 名無しさん@ピンキー2012/08/09(木) 14:37:28.61 ID:OHQhm0aD
今のところ一番エロい装備って何よ
330 : 名無しさん@ピンキー2012/08/09(木) 18:23:09.34 ID:Uq7M7RZN
そうびなし
331 : 名無しさん@ピンキー2012/08/09(木) 18:43:07.84 ID:34k4+gEs
そりゃそうだ


age
332 : 名無しさん@ピンキー2012/08/10(金) 02:59:54.39 ID:aNK1aOIv
亀過ぎるがモジャわろたw
333 : 名無しさん@ピンキー2012/08/10(金) 17:20:53.01 ID:nazDLjXy
まさかのスラもりでエロパロだもんな
ある意味衝撃的だったw
334 : 名無しさん@ピンキー2012/08/11(土) 12:20:16.26 ID:cDP8WRC3
で、新作の流れはまだー?
335 : 名無しさん@ピンキー2012/08/11(土) 18:11:24.32 ID:B/9gVzNR
ドワーフかプクリポの純愛モノを頼む
336 : 名無しさん@ピンキー2012/08/11(土) 22:00:40.57 ID:2zntCKLR
OK
337 : 名無しさん@ピンキー2012/08/13(月) 11:06:35.95 ID:7vC5aTZA
なにコレ、レベル上げが怠いんですけど
338 : 名無しさん@ピンキー2012/08/15(水) 10:27:44.62 ID:keuDC1gc
ラッカランでプクリポに恋してる荒くれがいたけど・・・

仮に結ばれたとして、どうするんだろうな・・・アレ
339 : 名無しさん@ピンキー2012/08/15(水) 23:48:13.86 ID:OzWgCv0h
エルフの肌の色だけどうにかしてくれないかな
白めの肌色じゃないと妄想がしにくい
340 : 名無しさん@ピンキー2012/08/16(木) 07:32:36.77 ID:BfjDUgeT
マイユさんの同人誌くるでぇ・・・
341 : 名無しさん@ピンキー2012/08/19(日) 08:36:11.66 ID:QXdhFm5N
最近気がついた






ドワーフ♀が一番かわいい
342 : 名無しさん@ピンキー2012/08/19(日) 19:21:40.73 ID:DBc4BeDu
全然盛り上がらないな…
343 : 名無しさん@ピンキー2012/08/20(月) 22:02:50.78 ID:KKjDaQAZ
せやな
344 : 名無しさん@ピンキー2012/08/23(木) 03:28:16.63 ID:Ot/w8W/j
今はまだ創作よりもゲーム本編で妄想を蓄える期間かと思う。
ウェディ♂で始めたんだけど、これ♀で始めても
ヒューザに殺されて始まるの?
345 : 名無しさん@ピンキー2012/08/23(木) 15:32:02.25 ID:MMy1wyzO
>>344
そうだよ
OP見たとき「うわ実剣かよあぶねー」って思ってたらベタな展開で吹いた
346 : 名無しさん@ピンキー2012/08/24(金) 02:33:36.00 ID:n0cef5ro
ウェディはアーレクとかいがら拾うところまでしか
まだ進めてないが、主人公♀→ヒューザ→体の元の持ち主を
妄想してる。なんかそんなせつないエロが読みたい。
347 : 名無しさん@ピンキー2012/08/25(土) 12:08:56.42 ID:2bXzmE6X
ポイックリンちゃんぺろぺろ
348 : 名無しさん@ピンキー2012/08/28(火) 22:46:40.57 ID:q2ciS1AM
>315

ここってスレからじゃなくて千一夜(というまとめサイト)の転載が多いね。
だから何ってわけじゃないが…。
349 : 名無しさん@ピンキー2012/08/29(水) 08:34:21.14 ID:Co/rQels
マイユハードはよ
350 : 名無しさん@ピンキー2012/08/30(木) 07:05:14.73 ID:gLaJxvMg
↓ 詳細希望
http://beebee2see.appspot.com.nyud.net/d/agpiZWViZWUyc2VlchULEgxJbWFnZUFuZFRleHQYnbn_Bgw.jpg
351 : 名無しさん@ピンキー2012/08/30(木) 20:30:38.36 ID:GHOXVJZR
過疎
352 : 名無しさん@ピンキー2012/08/31(金) 07:38:36.27 ID:/OgXRNlS
発売日組はもう課金期間に入ってるからな
すでにやめた奴も多いんじゃなかろうか
353 : 名無しさん@ピンキー2012/09/04(火) 21:38:15.07 ID:HU4FZmtq
サーバーを20増やしても夜はすごく混んでるんだが
むしろDQ10にハマりすぎて、他の事をやる時間が無いんじゃないか
ってか自分がそうなんだがw
ネタを思いついても書いてる余裕なんてないw
354 : 名無しさん@ピンキー2012/09/05(水) 13:29:33.44 ID:DNi6q62f
ハマり過ぎは同意w
355 : 名無しさん@ピンキー2012/09/06(木) 00:35:52.44 ID:OUda01+Y
データがどっかに行っちゃったけどV主人公とフローラで初夜を書いたな。
なぜか知らないけどビアンカじゃ妄想が全然わかなかった
356 : 名無しさん@ピンキー2012/09/08(土) 17:49:58.86 ID:Efdn8bw6
普通にプレイするときはビアンカ選ぶけど、妄想で抜くときはフローラだなぁ
357 : 名無しさん@ピンキー2012/09/08(土) 20:38:38.67 ID:S7rmKm2L
ああなんかそれすごくよく分かる
358 : 名無しさん@ピンキー2012/09/09(日) 23:21:10.20 ID:7Z6AKGYb
テリワンでゲルニック将軍とカカロン配合で邪眼皇帝アウルート出来るんだけどネタにならないかな
359 : 名無しさん@ピンキー2012/09/10(月) 04:38:41.49 ID:Jwi5OMeB
カカロンちゃんは原作で鎖につながれるシーンがあるからそっちもネタになる
360 : 名無しさん@ピンキー2012/09/11(火) 17:36:07.49 ID:xuAGNqdU
誰かXのネタはよ
361 : 名無しさん@ピンキー2012/09/18(火) 23:51:25.41 ID:a9jINzc+
ジーガンフがマイユをあれこれする話が読みたい
362 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 2012/09/19(水) 17:38:26.27 ID:ghRI1Jj2
マイユ本は冬コミで出そう
363 : 名無しさん@ピンキー2012/09/20(木) 20:13:36.29 ID:dlsOzHv2
うーむ、誰も書かんばい?
364 : 名無しさん@ピンキー2012/09/21(金) 07:13:55.80 ID:gcMQU9Mo
みんなXに夢中です
10月には大型アップロードあるし
365 : 名無しさん@ピンキー2012/10/02(火) 22:56:27.69 ID:oIA6SoT/
レベ上げしながら2ちゃんはできるけど
創作は無理ポ
366 : 名無しさん@ピンキー2012/10/06(土) 21:32:08.62 ID:is80a+L5
またスラもりの単発でもいいから誰かはよ書いてくらはい
367 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】 2012/10/08(月) 05:42:49.23 ID:scCXw/8L
ここはXのハーレムセックスで一つ
368 : 名無しさん@ピンキー2012/10/13(土) 16:20:05.78 ID:5B6svE4k
>>366
スラもりはエロパロ書きようがないだろw
369 : 名無しさん@ピンキー2012/10/14(日) 15:53:57.94 ID:iwAGYsA+
えwまえあったやつ面白かっただろw
370 : 名無しさん@ピンキー2012/10/15(月) 20:45:01.91 ID:cw0M1Z76
久々にageとくか
371 : 名無しさん@ピンキー2012/10/16(火) 22:40:05.83 ID:GMnpFqGG
誰か2の書いて下さい
372 : 名無しさん@ピンキー2012/10/17(水) 00:29:32.93 ID:1Mk776ls
DQN女天使ちゃんお願いしやす
373 : 名無しさん@ピンキー2012/10/24(水) 19:15:35.67 ID:rCIQ9+1A
4コママンガ劇場にエロいネタなかったっけ
374 : 名無しさん@ピンキー2012/10/28(日) 14:01:25.99 ID:g6iQ2MlS
まだXのネタが投下されてないのか・・・
375 : 名無しさん@ピンキー2012/10/28(日) 23:05:20.48 ID:5gelGQ3Z
>>373
新山たかし辺りか
376 : 名無しさん@ピンキー2012/10/29(月) 06:32:37.64 ID:67ZeJl/8
>>375 そうそう確かその辺
377 : 名無しさん@ピンキー2012/10/29(月) 20:15:50.21 ID:a/38tD0L
新山たかしはそのまんまのノリでエロ同人を出していた気がするが
378 : 名無しさん@ピンキー2012/10/29(月) 20:26:15.00 ID:vP2pnXXV
4コマ初期の作家はみんなそんな感じだね
エニックスから「ネタ切れたの?じゃお前に用ないから」と首チョンパされて…
379 : 名無しさん@ピンキー2012/10/29(月) 22:40:57.92 ID:67ZeJl/8
>>377 没リヌスなんとかだよな それ
380 : 名無しさん@ピンキー2012/10/30(火) 22:44:27.84 ID:xXyfIp65
7リメイクで活気づくといいね
381 : 名無しさん@ピンキー2012/10/30(火) 23:47:42.80 ID:Ro5+P05v
新山たかしのエロネタか・・・

3の女戦士が勇者に膝枕をするが、下半身の防具が当たって痛いと言われる

女戦士が装備を外して、ついでにノーパンになる

勇者「筋肉が固くて痛いわ」

女戦士が危ない水着ネタを着たら、逆に露出度が下がったとか
そんなもんもあったような気がするけど、あんまり覚えてないなあ・・・

牧野博幸のオヤジネタならいっぱい覚えてるんだけど
382 : 名無しさん@ピンキー2012/10/31(水) 10:11:05.72 ID:JdVa6YiG
ぱふぱふネタもけっこうあったような
383 : 名無しさん@ピンキー2012/10/31(水) 18:29:33.20 ID:98mYPjYh
マリベル+⊂
384 : 名無しさん@ピンキー2012/11/01(木) 08:05:32.10 ID:N1hsTqIX
牧野さんいいよなw
385 : webrmt2012/11/02(金) 12:21:18.34 ID:zjwpTQ9e
ドラゴンクエスト10 RMTなら「ウェブRMT」へようこそ!業界一番安いだ!
http://www.webrmt.jp/
386 : 名無しさん@ピンキー2012/11/02(金) 12:45:02.90 ID:5OJ6UgAA
>>385
死ね
387 : 名無しさん@ピンキー2012/11/02(金) 21:25:49.85 ID:lHt+9bVC
>>384 同意!あの人のサマルトリア王女好きだ
388 : 名無しさん@ピンキー2012/11/03(土) 12:05:06.75 ID:p95s1v0d
サンチョ「この間、馬車の中で休んでいたらどこからか刺激臭が漂ってきたんですよ。
      何事かと思って見回したら、馬車の中でフローラが腐った死体相手に
      股を開いてニヤニヤしながらこっちを見てるんですよ。
      ブルーチーズの様な刺激臭の正体は彼女の陰部から漂っていたのです。
      腐った死体以上に強烈な臭いでした。
      私は「早くその汚いものを仕舞いなさい」と声を掛けました。」
389 : 名無しさん@ピンキー2012/11/03(土) 20:52:28.56 ID:IaKI1Fm2
サンチョに呼び捨てにされるほど堕ちてしまったフローラお嬢様…
390 : 名無しさん@ピンキー2012/11/05(月) 13:51:47.70 ID:9UcVlUIo
3のハーレム小説を…
391 : 名無しさん@ピンキー2012/11/05(月) 18:32:55.33 ID:YLg1H7bZ
チンコだけ大きい(包茎)ショタ勇者10歳か……


旅の途中で立ち寄った温泉が有名な町。宿にも個別に露天風呂を完備。

僧侶、魔法使い、戦士(みんな♀でショタコン)は勇者と一緒に入りたがるが、勇者は恥ずかしがる。

三人は「何もしないから!」「タオルを巻いて入るから!」と言って勇者を説得。
勇者もそれならと承諾して、三人が入って少し間を開けてからタオルを巻いて浴場へ。

すると三人はタオルを巻いてなかった。

勇者「そんなっ、約束がちがうよっ!!」

すぐに、僧侶と魔法使いに手足を押さえ付けられ、戦士にチンコの皮を無理やり剥かれてお掃除フェラをされる(三人から、チンカス〜などの言葉攻めされながら)

勇者「なにも、しないって……ひっく、いったのにぃぃぃぃっ」


ここで勇者覚醒


超勇者「バイキルトスカラピオリム、30べぇだぁぁぁっ!!」(金髪)



戦士「まさか」

僧侶「力強さと、硬さと、早さが」

魔法使い「30倍になったと言うの!?」



で、ここから好守逆転してイラマしたりアナルオカシたりするのを誰か書いてくださいお願いしますm(__)m
392 : 名無しさん@ピンキー2012/11/05(月) 19:27:06.04 ID:tzTkiAdP
早さも30倍……?
393 : 名無しさん@ピンキー2012/11/05(月) 21:22:01.78 ID:o1N8GRIF
とりあえず魔法使いは勇者と双子のロリ設定でお願いします
394 : 名無しさん@ピンキー2012/11/12(月) 21:11:47.12 ID:dHkR42v7
「界王拳〜倍」の「ばい」を「べえ」とか言い出したのは改から
395 : 名無しさん@ピンキー2012/11/14(水) 17:45:10.30 ID:qbkCyu8B
?
GTじゃなかったっけ
改では元に戻ってただろ
396 : 名無しさん@ピンキー2012/11/16(金) 03:33:45.18 ID:zuzRGMi7
GTだな
じゅーべーかめはめ波とか言ってた
397 : 名無しさん@ピンキー2012/11/16(金) 19:38:56.48 ID:JVIkSCZv
GTはメイン視点はパンで悟空はおじいちゃんという立場だったからな
若返ったとはいえどこかじじいっぽさを出したかったんだろう
398 : 名無しさん@ピンキー2012/11/16(金) 22:30:46.63 ID:3jOGCMe6
ゲームではメテオらへんで無駄に訛らせていたな
それはともかく移植7が楽しみで心配だ
399 : 名無しさん@ピンキー2012/11/17(土) 09:36:14.46 ID:NlJ6Wllv
グラフィック変わるんだよな ネリスが見たい
400 : 名無しさん@ピンキー2012/11/18(日) 01:28:11.14 ID:HeJS/6ka
どっかのスレで出てた
幼女ビアンカ裸エプロン展開が見た……
401 : 名無しさん@ピンキー2012/11/19(月) 15:54:50.01 ID:5JUldrTQ
アリーナ×DQ4主
402 : 名無しさん@ピンキー2012/11/20(火) 12:38:47.24 ID:A+TiJ39R
おまえらが石版クソクソいうから変なキャラが追加されちまったじゃないか
403 : 名無しさん@ピンキー2012/11/21(水) 00:05:11.37 ID:XC2CMswU
5主人公の嫁をマリア・ベラ・ポワンから選ぶネタで書いてみるかと思ったけど
勇者の血筋の設定が厄介すぎるわ

マリアはまだいいんだけど、妖精を嫁にすると勇者が産まれなくなってしまう
エルヘブンの民の血筋+妖精で勇者誕生にするしかなさそう
404 : 名無しさん@ピンキー2012/11/21(水) 02:19:11.43 ID:2rhMr2Cc
アリーナ×クリフト←ミネア
この妄想が止まらない
405 : 名無しさん@ピンキー2012/11/21(水) 23:30:13.17 ID:xqafA4+u
>>403
妖精と天空人を先祖が同じということにすればいい
406 : 名無しさん@ピンキー2012/11/23(金) 00:05:34.20 ID:euKAAJYA
主ミレ&テリバに板挟みされ、イライラする残念な独身男3人の図を妄想
407 : 名無しさん@ピンキー2012/11/30(金) 01:11:18.07 ID:OYiQYku7
>>404
男勇者×シンシア・アリーナ×クリフト・ピサロ×ロザリー・・・
どうやってもモンバーバラ姉妹の不憫さが拭えない・・・。
あ、オーリンとかやめろよ。
408 : 名無しさん@ピンキー2012/11/30(金) 02:00:15.42 ID:LWaXSclr
>>407
2番目・・
409 : 名無しさん@ピンキー2012/12/05(水) 15:13:20.93 ID:/B0BupzB
ヤンガス×トロデ
410 : ひと2012/12/11(火) 16:37:42.55 ID:X5WUzDqC
ドラクエ9のエルラテお願いします
411 : 名無しさん@ピンキー2012/12/18(火) 06:09:30.07 ID:3e7ZU9MK
にせたいこうに敗れた主人公とヘンリーの二人


牢屋に閉じ込められ手足を縛られているヘンリーの元ににせたいこうが姿を見せる


にせたいこう「ご機嫌はいかがかのうヘンリー王子?」

ヘンリー「いいように見えるか?」

不機嫌そうに答えるヘンリーへとにせたいこうは徐々に近づいてくる


ヘンリー「なにかようがあるのかよ…?」

にせたいこう「くくく…よくぞ聞いてくれたのぅ…お主には妾の性奴隷として努めてもらおうと思ってのぅ」


ヘンリー「てめぇ…何を…っ!!」


ヘンリーが反論するよりも早くにせたいこうは大きな口でヘンリーの唇を奪う

ヘンリー「ん…んん!?」

呆気にとられていたヘンリーの口内ににせたいこうは舌をいれてくる

にせたいこうの舌を噛もうとするも弾力があり効果がない

長いキスの間にヘンリーは呼吸がし辛くなり徐々に意識が遠のいていく



にせたいこうが唇を解放するとドロッとした唾液が互いの口から糸を引いていた

ヘンリー「はぁ…はぁ…」

にせたいこう「ホーッホッホ ビンビンじゃのう… お主の子孫は妾が産んでやるからのぅ…」

にせたいこうは既に出来上がっているヘンリーの自身を自らの秘部へと入れていく


ヘンリー「うぁ…ぁ…」

にせたいこう「遠慮はいらぬぞ妾の中にだすがよい」

ヘンリー「…っ うあっ!!」


にせたいこう「そうじゃ… もっと…だすがよい…」




その後 ヘンリーはにせたいこうの性奴隷となってしまい

永遠と交尾を続けられていた
412 : 名無しさん@ピンキー2012/12/21(金) 01:41:37.76 ID:MNKH7Voc
これはひどい
413 : 名無しさん@ピンキー2012/12/21(金) 23:42:32.29 ID:WwOrMxkP
男がやられるネタならせめて王子で頼む
414 : 名無しさん@ピンキー2012/12/23(日) 14:51:37.34 ID:mk9FIi15
うへえ……
415 : 名無しさん@ピンキー2012/12/24(月) 22:54:19.01 ID:iwSB9eyv
主観視点?の台詞ネタSSです。
ドラクエ5 主人公×ポワン・ベラ。


ポワン 「まあ!! これは、まさしく《はるかぜのフルート》!!
これで、やっと世界に春を告げることができますわ」

ポワンは はるかぜのフルートを そっと くちびるにあてた

はるかぜのフルート「デロデロデロデロ、デンドン」

ベラ「あれ・・・はるかぜのフルートって、こんな音色でしたっけ?」

ポワン「お、おかしいですね・・・。壊れているということはないようですが・・・
雪の女王のせいで、音色が変わってしまったのでしょうか、困りましたね・・・」

ベラ「あっ、氷が溶けていく!!やっぱり、はるかぜのフルートで間違いなかったんだわ!!」

ポワン「ほっ・・・。どうにか、無事に春の訪れを告げることができたようですね。
・・・音色は、あとでドワーフの職人に頼んで、元通りに直してもらうとしましょう」

ポワン「トンヌラ・・・といいましたね。よくやってくれました。
・・・本当のことを言うと、ほんの少しだけ、心配だったのです。

しかし、あなたは見事に《はるかぜのフルート》を取り戻してきてくれました。
ベラが、あなたに助けを求めたことは、やはり、正しいことだったのですね」

ベラ「かっこよかったわよ、トンヌラ」

ポワン「何とお礼を言えばいいのやら・・・。 そうだわ、約束しましょう。
あなたが大人になり、もし、何かに困ったとき、再び、この国を訪ねなさい。
きっと、力になりましょう。 ・・・いいですか? よく覚えておくのですよ」

ポワン「それと、これは私からの、ささやかなお礼です」

ちゅっ

ベラ「ポ、ポポポ、ポワンさまっ!! いったい何をなさいますっ」

ポワン「ベラ、何を慌てているのですか?
私は、かわいい勇者さまに、お礼の口付けをしてあげただけですよ。
・・・あなたは、してあげないのですか? ベラ?」

ベラ「しっ、ししし、しませんっ!!そんなハレンチなこと・・・!!」

ポワン「・・・おや? トンヌラよ、急に前屈みになったりして、どうかしたのですか?
あなたは、この妖精の世界だけではなく、あなたの世界をも救ったのですよ。
さっ、胸を張りなさい。前屈みになどならず、胸を張るのです、トンヌラ。・・・あっ」

ベラ「・・・これは・・・っ・・・」

ポワン「ト、トンヌラ・・・これは、その・・・あの、ええと・・・
ど、どうして、あなたの股間が・・・膨らんでいるのでしょう・・・
その・・・おちんちん・・・が・・・」

ベラ「モッコリしてる・・・」
416 : 名無しさん@ピンキー2012/12/24(月) 22:56:35.35 ID:iwSB9eyv
ポワン「い、いったい、どうして・・・こんな・・・」

ポワン「えっ!? 私と口付けをしたから、私にコーフンしてこうなった?
・・・そ、そうですか・・・それは・・・ど、どうしましょう、ベラ・・・」

ベラ「ど、どうしましょう、って・・・どうしましょう、ポワンさま・・・」

ポワン「えっ、あなたにも分からないのですか? ・・・ど、どうしましょう・・・
もし、何かの病気だったとしたら・・・それとも、雪の女王の呪いでは・・・!!」

ベラ「に、人間の生理現象については詳しくありませんが、
恐らくは、これは《風邪》とかいうものだと思います。(知らないけど)
雪の女王の城は、とても寒かったですから。そのせいかも知れません」

ポワン「おちんちんが、風邪を・・・? そんなことがあるものなのですか?」

ベラ「た、たぶん・・・」

ポワン「と、とりあえず、調べてみることにしましょう。
さ、トンヌラ。いい子ですから、下着を脱いで、おちんちんを見せてごらんなさい。
・・・恥ずかしがる必要はありませんわ。これは大切なことなのですから。・・・ね」

ベラ(ポワンさま、何か普段と様子が違うような・・・)

ポワン「ほら、お脱ぎなさい。恥ずかしがらずに、裸になるのです」


ぬぎ・・・ぬぎ・・・ぷるんっ


ベラ「トンヌラのおちんちん、スゴいことになっちゃってるわね・・・
おちんちんの先っぽが、お腹につきそうなくらい、こんなにパンパンになるなんて・・・」

ベラ「・・・ごめんなさい、トンヌラ・・・。私達のせいで・・・」

ポワン「そ、そうですわね・・・っ・・・すごい・・・ですね・・・っ・・・」

ベラ「熱はあるかな? わっ、スゴいっ 冷ましたほうがいいのかな、それとも・・・
ほら、ポワンさまも、触って確かめてみてください。・・・ね? スゴいですよね?」

ポワン「あっ ベラ、いきなり触ったら・・・ えっ わ、私も触るのですか?」

そー・・・っ、ピトっ

ポワン「あっ、あっ、すごい・・・ 硬い・・・ですわね・・・ それに、熱い・・・
こうして、さすってさしあげたら・・・少しは楽になりますか? ・・・ごくっ・・・」
417 : 名無しさん@ピンキー2012/12/24(月) 22:58:29.74 ID:iwSB9eyv
ベラ「トンヌラ、どう? さすったほうがいい? いいの?」
あっ ポワンさま、おちんちんの先っぽから、何かでてきましたよ」

ポワン「これは・・・お小水とは違うようですが・・・」

ベラ「ぬるぬるしてますね・・・スライムみたいな何かでしょうか・・・
と、兎に角、ポワン様、おちんちんをさすりさすりしましょう」

ポワン「そうですわね。
人間の母親は、子供のお腹が痛いときなどに、手で子供のお腹を撫でると言いますからね。
ここは、私達の手でトンヌラのおちんちんを撫で撫でしましょう。・・・よしよし・・・」

ポワン「いい子、いい子、よしよし、大丈夫ですよ。すぐに治りますからね・・・」

ベラ「トンヌラ、きもちいい? きもちいいの? おちんちん、きもちいい?」

ポワン「ゆっくり撫でてあげたほうがいいのですか? それとも、こうしたほうがいいのですか?」

ベラ「トンヌラのおちんちん、熱くなってる・・・さっきよりも、ずっとずっと熱い・・・」

ポワン「すごい・・・っ、おちんちん、どんどん硬くなっていく・・・ああ・・・っ・・・
手で撫でるたびに、びくん、びくん、って、おちんちんが震えていますわ、トンヌラ・・・」

ベラ「トンヌラ・・・おちんちん、苦しいの? 大丈夫よ、死んだりしないわ。
こうしてホイミを掛けつつ、撫でてあげれば・・・」

びきっ びきびきびきびきっ

ベラ「あっ!? あっ、あっあっ、な、なに!?」

ポワン「お、おちんちんが・・・更に、大きく・・・膨らんでしまいましたね・・・」

ベラ「もしかして、わたしの・・・ホイミのせい?」

ポワン「・・・ごめんなさい、トンヌラ。ベラの不始末は、私が責任をもちます。
何も心配は要りませんよ。このおちんちんは、私が治してさしあげますからね。

・・・ベラ。トンヌラを、私の膝の上に座らせてあげなさい」

ポワン「うふふ。抱っこしながらのほうが、トンヌラも安心できますわよね」
418 : 名無しさん@ピンキー2012/12/24(月) 22:59:25.85 ID:iwSB9eyv
ベラ「よいしょ、よいしょ、よい・・・しょっと」

ポワン「いいですか、トンヌラ。
身体を、私の胸のほうに倒して・・・そうですわ。椅子の背もたれに寄り掛かるように・・・
足は大きく広げて、おちんちんを前に突き出しすようになさい。・・・さ、抱っこしますよ」

ベラ「ポワンさまに抱っこされるのなんて、トンヌラがちょっと羨ましいわね」

ベラ「そうだ、ポワンさま。トンヌラのおちんちんをさするのに、
手の形を、そのままじゃなくて・・・こうして・・・筒状にして・・・」

ポワン「こう・・・ですか?」

ベラ「そうです、そうです。そのまま、おちんちんを握って、シュッシュッって、
上下に、シゴきあげる感じで撫でてあげてみてください」

ポワン「おちんちんを握って・・・シゴく・・・。」

シュッ、シュッ、シュッ、シュッ

ポワン「トンヌラよ。これでいいのですか? 痛くはありませんか? えっ、きもちいい?」

シュッ、シュッ、シュッ、シュッ

ポワン「これがきもちいいのですか? おちんちんを手でシゴくのが、きもちいいのですか?」

ベラ「ポワンさまっ、おちんちんのぬるぬるが増えてきましたっ」

シュッ、シュッ、シュッ、シュッ

ポワン「確かに、この方法なら、おちんちんの根本から先端まで、きちんと撫でられますわね。
あとは・・・何か、塗り薬のようなものでもあればいいのですが・・・」

ベラ「すみません、ポワンさま。薬草と聖水しか・・・」

ポワン「仕方がありませんわね。その二つを混ぜて、擂り潰したものを塗りましょう 」

ベラ「はい!!すぐに準備をしてきます!!」

ポワン「おちんちん、苦しいのですね・・・かわいそうに・・・
すぐに、ベラが薬を持ってきてくれますからね・・・」
419 : 名無しさん@ピンキー2012/12/24(月) 23:00:42.59 ID:iwSB9eyv
ポワン「・・・どうしました? 私の胸に何か? ・・・えっ? 触ってみたい?
そ、そうですわね・・・。少しだけでしたら、構いませんよ。・・・ふふっ。・・・どうぞ。

そうですか・・・。お母様が早くに亡くなって・・・女性の胸に甘えてみたいのですね・・・。
そういうことであれば、私のことを母親だと思って、好きなだけ甘えていいのですよ」


ポワン「ゆっくり、ゆっくり、女性の胸は優しく触るのです。そうですよ。優しく・・・ね。
おちんちんも、シゴいてあげますからね。ポワンお母さんのおっぱい、触っていましょうね」

ポワン「そう、そう、・・・ゆっくり、乱暴にしてはいけませんよ。優しく、優しく・・・。
・・・っ・・・っ・・・ふぅぅ・・・っ、はぁ・・・っ、はぁ・・・っ、く・・・ぅぅ・・・
んっ、んっ、・・・ふ・・・っ、んんっ・・・あっ ト、トンヌラ・・・そこは・・・あうう
や・・・っ、や・・・っ、んっ・・・そんな・・・っ・・・どうして・・・どうして・・・っ
こんな・・・っ、きもち・・・いい・・・なんてっ・・・そんなはず・・・はぁぁ・・・っ」

ポワン「ト、トンヌラっ、トンヌラっ、ママの、ポワンママのおっぱい、もっと・・・」

ポワン「っ・・・くぅぅぅ・・・っ!!」

ベラ「ポワンさまっ!!準備できましたっ!!ほらっ!!塗り薬ですっ!!
・・・はぁーっ、はぁーっ、はぁーっ、塗りやすいように、はぁーっ、ぜいぜい・・・
粘り気のあるやつにしてもらいましたよっ ・・・あれ、ポワンさま?」

ポワン「・・・ふぅっ、ふぅぅ・・・っ ベ、ベラ、塗り薬はできたのですか」

ベラ「はいっ。これを塗れば、怪我や病気なら、すぐに治ると神父さまが・・・
でも、説明するのに苦労したんですよ、ホント。まさか、おちんちんとは言えないし・・・」

ベラ「ポワンさま? ・・・ポワンさま、どうかなさいました?」

ポワン「い、いえ、大したことではありませんわ。
それよりも、早くお薬を・・・」
420 : 名無しさん@ピンキー2012/12/24(月) 23:01:32.44 ID:iwSB9eyv
ベラ「トンヌラ、塗るからね。ちょっとヒヤッとするけど、ガマンしてね」

ごぽっ ぬるんぬるん にゅるるん

ベラ「わっ、スライムみたい。どう? どう? 効いてる?」

ポワン「ベラ、瓶から垂らしただけでは塗ったとは言えませんよ。
・・・きちんと、おちんちん全体に、手ですり込んであげましょう」

にゅるにゅる にゅるにゅる ぐちゅ・・・ぐちゅ・・・

ベラ「よく分からないけど効いてるみたい」

ポワン「にゅるにゅるして、おちんちんがシゴき難いですわね」

にゅるにゅる にゅるにゅる にゅっちゅにゅっちゅ にっちゅにっちゅ

ポワン「・・・あら? おちんちんの皮が・・・何だか・・・?」

ベラ「おちんちんの・・・カワ?」

ポワン「ええ、先端の皮です。・・・ほら、見てごらんなさい」

にゅるん、にゅるん にっちゃ、にっちゃ

ベラ「塗り薬のにゅるにゅるせいで、カワがふやけて・・・あと少しでムけそうですね・・・
あっ!!犬のおちんちんは、大きくなるとムけることもあると訊いたことがありますよ」

ポワン「・・・剥いてみましょうか、おちんちん。
トンヌラよ。痛くはしないつもりですが、痛かったら許してくださいね」

ベラ「なっ」
421 : 名無しさん@ピンキー2012/12/24(月) 23:02:16.71 ID:iwSB9eyv
ポワン「おちんちん、むきむき・・・おちんちん、むきむき・・・
ニンゲンのコドモのおちんちん・・・おちんちん・・・おちんちん・・・
おちんちん、きもちいい。おちんちん、きもちいい。おちんちん、おちんちん・・・」

ベラ「ちょ、ちょっ・・・ポワンさま・・・?」

にゅるん、にゅるん、にゅるん むき・・・むき・・・

ベラ「ポワンさまっ!!」

ポワン「はっ わ、私としたことが・・・取り乱してしまいましたね・・・
どうしたことでしょうか、このおちんちんに触れていると、何だか・・・
お腹の辺りが・・・せつなくて・・・ん・・・っ・・・」

ベラ「ポワンさま?」

ポワン「ほ、ほら 見てごらんなさい、ベラ。おちんちん、きちんと剥けましたよ」

ベラ「うわっ 真っ白なベトベトがいっぱい付いてますね。このベトベト、何かしら?
おちんちんの白いカス・・・おちんちんカス・・・チンカス・・・ってところかしら・・・」

ポワン「もしかして、これが原因なのでは? これのせいで、トンヌラのおちんちんが・・・
・・・そうだとすれは、これを取り除けば、おちんちんは静まるはずです。
しかし、これだけ大量にこびりついているのですから、私の手だけでは・・・」

ベラ「わ、私はイヤですよ!!そんなの触るの!!ばっちいですよ!!」

ポワン「・・・分かりました。ベラはそこで見ていなさい。これは、私が取り除きましょう」

ベラ「で、でも、どうやって・・・さっき、ポワンさまの手だけでは無理だって・・・」

ポワン「そうですわね。これだけ、チンカスがべっとりと付着しているのですから、
取り除くためには、手で擦る以外に、何か別の方法が必要になりますね・・・」

ポワン(・・・手で擦る以外の、方法・・・)
422 : 名無しさん@ピンキー2012/12/24(月) 23:03:53.78 ID:iwSB9eyv
ベラ「すぐにお水とタオルを持ってきます!!」

ポワン(・・・手、以外・・・お口・・・お口で・・・おちんちんを・・・!!)


ちゅっ、ちゅっ、あむ・・・っ


ベラ「えっ」

ポワン「ちゅっ、ちゅっ、ちゅぷっ、ちゅぷっ、ちゅぷっ、ちゅぷっ、・・・んっ・・・
ベラ、どうですか? おちんちん、きれいになりましたか? ちゅぱっ、ちゅぱっ」

ベラ「ポ・・・ワン・・・さま・・・? 何を・・・」

ポワン「何を? トンヌラのおちんちんを、お口できれいにしているのですよ。
ほら、ここの窪みのところに、こんなにチンカスが・・・べっとり・・・んんっ」

ベラ「何をなさいますか、ポワンさま!! おやめくださいっ!!」

ポワン「トンヌラよ、きもちいいですか? おちんちん、きもちいい?
・・・そうですか。・・・それなら、もっともっと、お口でしてあげましょうね」

ベラ「ポワンさま!!ポワンさま!!やめてください!!ポワンさまっ!!」

ポワン「落ち着きなさい、ベラ。おちんちんを静めるためには、こうするしかないのです。
・・・んっ・・・ちゅぱっ、ちゅぱっ、ちゅぱっ、ちゅぱっ、じゅるるっ、ちゅぱっ、
じゅる、じゅる、むりゅんっ、じゅるるるっ、ちゅぱっ、ちゅぱっ、ちゅぱっ、ちゅぱっ」

ベラ「・・・ど、どうしてこんなことに・・・
・・・考えてみれば、さっきからポワンさま、様子がおかしかった・・・
あの《はるかぜのフルート》を吹いてから・・・」

ベラ「ま、まさか、あの《はるかぜのフルート》・・・ニセモノ・・・」

ポワン「トンヌラのおちんちん、おいしい・・・っ コドモのおちんちん、おいしい・・・っ」

ベラ「や、やだっ・・・スゴい・・・
ポワンさま、トンヌラのおちんちんにむしゃぶりついてる・・・っ・・・
妖精は、あんなことしちゃいけないのに・・・あんなこと・・・あぅぅ・・・っ」

ポワン「あっ おちんちん、びくん、ってしましたよ。おちんちん、びくん、って。
何か出そう? 何か出そうなのですか? おちんちんから、何か出そうなのですねっ」

ポワン「いいのですよ、トンヌラ。我慢しないで出してしまいなさい。
《何か》が出てしまえば、きっと、おちんちんも静まりますからね」

ポワン「ほら、ベラにも見せてあげなさい。
おちんちんをお口でじゅるじゅるされて、だらしなく弛緩した、トンヌラのお顔を・・・」

ベラ「トンヌラ・・・すごく、きもちよさそうな顔してる・・・
ポワンさまにおちんちんじゅるじゅるされて、完全にポワンさまに甘えちゃってる・・・
雪の女王やザイルと闘ったときは、あんなにかっこよかったのに・・・トンヌラ・・・

・・・私だって・・・私だって・・・トンヌラにしてあげたいのに・・・」
423 : 名無しさん@ピンキー2012/12/24(月) 23:06:33.81 ID:iwSB9eyv
ポワン「ほらっ、ほらっ、出してしまいなさいっ おちんちんから、出すのですっ!!
ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、
ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、
んふうっ、じゅるるっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、
ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ」

ベラ「トンヌラのおちんちん・・・いいなぁ・・・いいなぁ・・・羨ましいなぁ・・・
私だって、おしゃぶりしてあげたいのに・・・私だって、にゅるにゅるしてあげたいよう」

ポワン「もうそろそろですね。ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、私の・・・私のお口に・・・
ちゅぱっ、じゅる、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、
ぷはぁ・・・っ、最後の追い込みを掛けますからね・・・たっぷり、出すのですよ・・・っ
ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、ぢゅぽっ、
ぢゅぽっぢゅぽっぢゅぽっぢゅぽっぢゅぽっぢゅぽっぢゅぽっぢゅぽっぢゅぽっぢゅぽっ
ぢゅぽっぢゅぽっぢゅぽっぢゅぽっぢゅぽっぢゅぽっぢゅぽっぢゅぽっ・・・っっ!!!!」

ベラ「あっ!! あっあっ、あっ、あっ、あっ、トンヌラの腰がはね上がって・・・!!」

ドピュッ、ドピュッッ、ドピュッ、ドピュッ、ドピュッ、

ポワン「んぶうっっ!!・・・んっ、んぶうっ!!んんっ、んんっ、んんっ、
・・・ぶぷ、んふ、んふ、・・・じゅるるっ、ずずっ、んふーっ、んふーっ、んふーっ、
・・・んっ・・・ごく・・・っ、ごく・・・っ、ごく・・・っ、・・・ふう・・・っ」

ベラ「・・・ごく・・・っ・・・」

ポワン「いっぱい出しましたね・・・。きもちよかったですか、トンヌラ」

>はい
 いいえ

ポワン「・・・おや? あなたのおちんちん、まだ、こんなに大きいままではありませんか。
・・・そうですわね。こうなれば、あなたの世界に戻るのは、しばらくの間、延期して、
このおちんちんが元通りになるまで、ここに、私達のところで暮らすといいでしょう」

ポワン「・・・ベラ、あなたもそれでいいですわね?」

ベラ「は、はいっ!! ・・・ト、トンヌラ、トンヌラっ、ずっといっしょにいるぅっ!!」

ポワン「さ、今度はベラのお口でしてあげましょうね。・・・その次は・・・」
424 : 名無しさん@ピンキー2012/12/24(月) 23:07:27.19 ID:iwSB9eyv
雪の女王「ザイル。お前に預けておいた《例のもの》、確かに、ポワンに渡ったようじゃな」

ザイル「だーかーら、あいつらには確かにニセモノのフルートを渡したって言っただろ!!」

雪の女王「・・・よかろう。わらわが褒美をくれてやろうではないか。・・・何を望む?」

ザイル「おまんこっ!!おまんこさせろっ!!女王さまとおまんこさせてくださいっ!!」

ザイル「じょ、女王さまっ!! はやくっ、はやくっ、チンポが爆発しちゃうよおっ!!」

ザイル「はぁっはぁっはぁっ い、挿れるよっ、雪の女王のおまんこにチンポ挿れるよっ」

雪の女王「・・・だらしのないやつめ。ほんの少し、性欲を昂らせただけでこの始末とは。
人間などと言うものは、つくづく愚かな生きものじゃ。・・・そらっ、果てるがよいっ!!」

ザイル「イッ、イクッ!!射精しますぅぅっ!!女王さまっ!!女王さまぁぁっ!!」

ドピュッ、ドピュッ、ドピュッ、ピュルル・・・

雪の女王「それにしても、
この《はるかぜのフルート》、名前は同じ《はるかぜのフルート》でも、
その効果は全く違うというのが面白いものよ。ククク・・・ッ・・・。
真の《はるかぜのフルート》は世界に春の訪れを告げるためのもの。・・・しかし・・・
この《はるかぜのフルート》は、吹いたものに《春》を訪れさせる。
《発情期》という《春》をのう・・・。

人間、妖精、魔物、種族に違いはあれど、性欲に違いはないのじゃ。
むしろ、普段は済ました顔で暮らしている妖精どものほうが、より効果は高いであろうな。

ポワンなど、何百年ぶんの《春》が、一気に訪れたのだから・・・。ほほほほほ・・・」



その後、トンヌラは奴隷にされることもなく、妖精の国で幸せに暮らしましたとさ。

おわり

●《はるかぜのフルート》呪いのアイテム。吹いたものに《春(発情期)》を訪れさせる。
425 : 名無しさん@ピンキー2013/01/02(水) 11:04:20.35 ID:XFpFvz4H
こつ
426 : 名無しさん@ピンキー2013/01/05(土) 15:06:32.27 ID:Y6k0s2Gd
おつ
427 : 名無しさん@ピンキー2013/01/09(水) 00:08:43.40 ID:BIpO+J0g
ゲマとフローラorビアンカが見たい
428 : 名無しさん@ピンキー2013/01/19(土) 19:59:29.62 ID:kq3EMSZT
自分で書くというのはどうだ
429 : 名無しさん@ピンキー2013/01/27(日) 17:23:54.79 ID:2fOrHH7K
みんなー、いたストやスラもりでも別にいいんだぜ?
430 : 名無しさん@ピンキー2013/01/30(水) 05:21:47.00 ID:GdEplcr1
リメイク7のキーファイラストが畜生顔で噴く
えげつないことしてそう
431 : 名無しさん@ピンキー2013/02/05(火) 00:25:53.12 ID:GWra5xbT
キーファがヒロインを悉く凌辱していくのか…
432 : 名無しさん@ピンキー2013/02/05(火) 23:25:53.62 ID:fw2Di7EG
昔アリーナ萌えスレにあったレスが面白かったのをふと思い出したんで探してきた

468 : 名前が無い@ただの名無しのようだ[sage] :投稿日:2009/07/23 20:58:54 ID:WoU0cTER0
>>466
ブライが死んでる時に宿屋に泊まると、起こしてくれる人がいないもんだからクリフトが寝坊する事があるんだよな
そんな時はアリーナが起こしに来るんだけど、クリフトの股間が大きく腫れてるのを見て驚くわけよ
ただの朝勃ちなのに物を知らないアリーナは、これは大変とクリフトのパンツを脱がして、すりつぶした薬草を塗りたくる
刺激で目を覚ましたクリフトには、どうしてこんなに腫れるまで放っておいたのかと説教をするんだ
起き抜けで予想外の事態に遭遇したクリフトは、当然のことながら混乱しつつも、じきに射精するわな
そうするとアリーナは、出てきた白い汁を見て今度は「怪我じゃなくて毒だったの?」とさらに変な誤解をするんだよ
毒消し草は持ってないし近辺の道具屋では置いてないってことで、口で吸い出す事を思いつくのはもう仕方の無い事だ
こうして2回射精するところまでは分かるんだが、どう考えてもさすがにここから結合までは至らない
アリーナは人助けのつもりだし、クリフトはもうスッキリしてるしで良いんだけど、我々としてはもう一押し欲しいところだよな
その辺をマーニャが上手に教え導くんだろうな


誰かこのネタで書いてみないか?
433 : 名無しさん@ピンキー2013/02/09(土) 23:38:42.28 ID:QGG9rpD9
マリベル可愛い
434 : 名無しさん@ピンキー2013/02/10(日) 19:51:37.89 ID:NjK1z4FK
>>432
クリフトのあんあん声を聞いてアリーナが何だかよくわからんが体がムラムラするというシチュで頼む
435 : 名無しさん@ピンキー2013/02/19(火) 17:03:33.50 ID:VzhPyB+u
エイミちゃんのクリをクリーニするクリーニ先生というネタでオナシャス!
436 : 保守兼age2013/02/26(火) 17:31:48.70 ID:kdjmvyps
マリベル「あんたたち、二人でこそこそと何やってんのよ!」

キーファ「そいつは言えねーな、なあアルス」

アルス「そうそう。マリベル、本当にごめん」

〜〜

マリベル「こんな人気のない遺跡で何やってるかと思ったら」

マリベル「あーもう気色悪いったらないわ、うえっ」

キーファ「ほっといて続けようぜアルス」ビンビン

アルス「うん」ジュポジュポ

キーファ「ああイクッ!熱い!出るぅ!」

石像「ピカッ」

マリベル「あら、何かよく分かんないけど石像から光線が」

キーファ「熱いというワードに反応したんだな、よーし」

アルス&キーファ&マリベル「遺跡内探索開始だーっ!」

こうしてアルスたちの冒険は幕を開いたのであった……。

437 : 名無しさん@ピンキー2013/02/27(水) 10:03:38.03 ID:aI37WdmL
保守兼ageにしては気の利いたことをやりおるわい

だがしかし内容はひでぇw
438 : 名無しさん@ピンキー2013/03/02(土) 18:07:31.61 ID:dfFNyhJl
(苦笑)
439 : 名無しさん@ピンキー2013/03/11(月) 20:55:45.89 ID:nveDqVgP
ねえ誰か
7で書いてよ
440 : 名無しさん@ピンキー2013/03/12(火) 00:04:10.91 ID:LJ/XxLVa
>439
ちょっと思いついたのでつらつらと


「なあマリベルいいだろ、犯らせろよ」
「だ、だめよキーファ、セブンが起きちゃう・・・!」
「へへ、たとえ目が覚めたってなにやってんだか分かりゃしねーよ。戦闘は俺ほどじゃねーにしろ強いが、こっちの方はてんでお子ちゃまだからな」
「くぁー・・・」
(セブンのバカぁ! あんたのために大切にとっといた処女、バカ王子に盗られちゃうじゃない!!)
いかに網元の娘とはいえ、王家の人間に逆らえるものではない。
これまで旅の途次幾度も言い寄られてはなんとか誤魔化してきたが、こうして実力行使に出られてしまっては膂力にも勝る相手に屈するしかなかった。
「おぅお、ペタンコかと思ったら結構ふくらんでんな。そそるぜ」
「も、もうやめてよ・・・お城には綺麗な侍女がたくさんいるじゃない・・・お手伝いの娘だって・・・」
「まあな。お陰で喰いまくったけどさ、あいつら玉の輿狙いがミエミエですげぇ萎えるんだよ。そこへ行くとお前は幼馴染みで媚びないし、気が強いクセに実はセブン一筋だしよ」
「べっ、べつにあたしセブンのことなんかっ!」
「隠さなくていいさ。それより、ガキのセブンが色気づくまでかなりかかるだろうし、それまで俺でオンナの練習をしとけよ。コイツの寝姿見ながらオナニーなんて虚しすぎるぜ」
(ああ・・・やっぱりあのとき、盗み見されてたのね・・・)
心の奥の恋も、哀しい自慰もすべて看破されていたことを知って、マリベルの乙女心は粉々に砕け散る。
瞳は活発な光を失い、代わりにキーファの嗤い顔が映り込んだ。
「観念したようだな。これでも俺、ずっとガマンしてたんだぜ。なんたってお前は俺の一番のダチに惚れてたんだからな。でもさ、いくら誘いをかけても分かってもらえないお前がいじらしくてさ。そのうち、お前と犯りたくてたまらなくなっちまったんだ」
「キーファ・・・」
「城の女たちとのセックスなんて嬉しくも何ともねーよ。あいつら、自分の身体を利用していい暮らしがしたいだけだ。でもお前は違う。お前と、セブンだけは・・・」
城の跡継ぎに生まれて、否応なく運命を決められた少年のあがきがそこにはあった。
そしてそれは、網元家の一員として体面を保つことを強制され反発したマリベルにはよく理解できるものだった。
(セブンは・・・この旅でどんどん強く、たくましくなっていってる。そしてこの先も・・・。なんとなくだけど分かる。セブンには、もっとすごい運命が待ってる・・・それが終わるまでは、絶対にわたしなんか・・・)
「いいわ、キーファ。初めてなんだから、優しくしてよ?」
「お、おう。急に物わかりが良くなったな」
「あんたがあんまりがっつくから、可哀相になってしかたなくよ。そこんとこ間違えないでよね!」
「まったく気ィつえーったら・・・」
「ん・・!」
小さな膨らみの突端を口に含まれ、舌で転がされてマリベルは未知の感覚に思わず喘ぎをもらす。
右、そして左の乳首をじっくりねぶられ、同時に股間の肉弁を指で絶妙になぞられた少女は、いつしか快感を覚え始めていた。
441 : 名無しさん@ピンキー2013/03/12(火) 00:05:08.52 ID:LJ/XxLVa
(な、なんか、スゴく溢れちゃってるぅ・・・)
「キスもお初かな」
「んむ・・・」
激しい呼吸のために開いていた唇にキーファは自分のそれを重ね合わせ、舌を強引に絡めていく。
ディープな口づけと、執拗で丹念な恥部への淫戯はマリベルの羞恥と痴悦をどっと燃え上がらせ、白い肌を桜色に染めた。
「指だけでこんなに濡れて・・・マリベル、ココまでしてなんだけど、ホントにいいんだな?」
「い、いいからさっさとしなさいよ、このエロ王子!」
愛らしい少女の精一杯の虚勢に目を細め、キーファは仰向けになっている相手の腰をぐっと引き寄せる。
そして自分の熱く屹立しているものをぐっと押し込んでいった。
「くぅゥッ!!」
「濡れてればそんなに痛くない・・・ハズだ。もうちょっとガマンしろ」
(キーファのすごく熱い・・・大きすぎるよぉッ!!)
まっ赤に灼けた鉄棒を出し入れされる拷問のような辛さにマリベルは危うく大きな悲鳴を上げかけたものの、どうにかこらえる。
それでも涙を流して我慢するうち、痛みが和らいできた。
(これなら、なんとかガマン・・・)
できるかと思ったそのとき、彼女は急激な尿意を覚える。
必死でこらえたもののそれはますます切なくなるほど高まり、失禁するのではないかという怖れに襲われた。
「お願いキーファ、もう・・・ガマンできない・・・っ!」
「ま、まて、もう少し」
若いオスは汗と体臭をまき散らしつつマリベルの嘆願をとどめ、さらに激しく腰をグラインドさせる。
と同時にマリベルの尿意≠烽ウらに急上昇した。
(ち、ちがう、これはオシッコじゃなくて・・・?!)
「もう・・・いくぞ!」
「ああーっ!っ!!」
宿屋の闇に包まれているはずなのに、マリベルの目は激しい光芒に見舞われ、そのすべてが一つになってついに爆発する。
キーファが獣の咆哮とともに子宮に精を放つのを感じながら、彼女もまた全身を弓なりにのけ反らせつつ陶酔と恍惚の絶頂に至ったのだった。
「・・・初めてがセブンじゃなくてゴメンな」
「ばーか。いまさらなに言ってんだか」
ふたりのケダモノのような交わりにも気づかず眠ったままのセブンを横目で見ながらマリベルは相手の頭を軽くこづく。
割り切ってしまえば悪くない初体験だったし、心の中の大切な花はまだ枯れずにそこにあった。
「ま、次はあたしがセブンの初めてをもらえばいいだけだし」
「さらっと怖いことを言いやがったな。ところで俺、もう回復してきたんだけど・・・」
「あんたねえ・・・ま、もう一回くらいなら」
「おっしゃぁ、さっきはちょいと余裕なかったから、今度はじっくりと・・・」
「まったく、このエロ王子は」
みぞおちに軽く拳を入れられて苦笑いしながら、キーファは少女に覆い被さりつつキスをする。
マリベルは早くも瞳を蕩けさせ、やがて来るであろうセブンとの淫交に思いを馳せつつ、柔肌を燃え上がらせていったのだった。



お目汚し失礼しました
442 : 名無しさん@ピンキー2013/03/12(火) 06:24:14.79 ID:7jInkWMQ
GJ!
こういうテンプレみたいなSSをさらっと書ける人が羨ましい
443 : 名無しさん@ピンキー2013/03/12(火) 12:05:59.81 ID:Hjc788bn
リメイク版はモンペが軽なみ火病るから下ネタ短足モロモロカットされたんだけども

アルマンの血云々とかパンツの焚き木でフリテン云々とかメルビンとか
原作(PS版)での下ネタ専用のセリフ集なんて無いもんかね?

きっと無いだろうから、知ってる限りで良いんで教えてはくれないだろうか…?
444 : 名無しさん@ピンキー2013/03/13(水) 02:54:03.16 ID:ezMX3Ca7
王様「勇者よ、今日来てもらったのは頼みがあるからじゃ。回りくどい事はせずに率直に言おう。勇者よ… や ら な い か 」
445 : 名無しさん@ピンキー2013/03/13(水) 13:58:44.24 ID:BzzoIEbP
あれほどアイラはボクっ娘にしろと言ったのにスクエニときたら
446 : 名無しさん@ピンキー2013/03/13(水) 21:38:29.48 ID:oHc4J3ux
>>440
7主人公って穏やかで草食系だよな
僧侶や羊飼いがやはり似合うと思う
個人的にはグレーテを応援したい
447 : 名無しさん@ピンキー2013/03/13(水) 22:29:43.47 ID:1SUOx0KF
>>443
スットン共和国で検索すると、幸せになれるかもしれない
PS版のセリフ殆ど載っているはず
448 : 名無しさん@ピンキー2013/03/15(金) 13:23:46.47 ID:vcU5Wj1H
>>447
そうそう、FF・DQ板の質問スレで

>丁度「スットン共和国」の話が出てたんでチラッと覗かせて貰ったら、
>「戦闘中」の会話だけで軽くマリベルに萌え殺されそうになったんですが
>PS版の頃の時代から、今は無き戦闘会話で仲間キャラに魅せられていた方っていますか?

こんな質問をしたんだけど、丁度アクセス規制だったんだよorz

スットンってそんなのもひっくるめて載ってたのかサンクス。いちどちゃんと見てみる
449 : 名無しさん@ピンキー2013/03/23(土) 03:31:45.12 ID:ABTk8nPm
リップス職に転職したアイラは執拗にキスを求めてくる…


てきな
450 : 名無しさん@ピンキー2013/03/31(日) 01:22:05.91 ID:LeLED4M8
メダルおじさんの扉の最下層に辿り着いたテリー一行

しかし進むべき道は三カ所に別れているため
ルーラの杖を使い倒れた方向に進むことにした


451 : 名無しさん@ピンキー2013/03/31(日) 01:28:28.60 ID:LeLED4M8
左の扉を開けるとピンク色の靄がかかっていて甘ったるい香りがテリーを刺激した


部屋の奥には一つのベッドと 扉のボスリップスがいた


先制攻撃を掛けようとテリーは命令するも仲間は無反応

テリーが後ろを振り返ると仲間モンスターは眠りについていた


「可愛いボウヤねお姉さん大好物よ」


テリーはすぐに前を振り向くとリップスがテリーの眼前までせまっていてテリーの両頬に手を添えていた
452 : 名無しさん@ピンキー2013/03/31(日) 01:42:00.46 ID:LeLED4M8
テリーは必死になってリップスを引き離そうとするも体がぬめっているため引き離すことができない


ちゅ… ちゅ〜


テリーの唇がリップスに奪われそのままテリーの口を恐ろしいほどの吸引力で吸っていく

ちゅ… ズズ…ズ…


テリーの頭がリップスの口内に入る

リップスは口内のテリーを長い舌でベロベロと舐めまわしてテリーの体液を味わっていく


暫くしてリップスはテリーを引き離すとテリーはそのまま地面に通れ込んでしまった


「さぁ…楽しみましょ…」


リップスはテリーを持ち上げるとそのままベッドの方へと連れて行った




453 : 名無しさん@ピンキー2013/03/31(日) 03:33:41.35 ID:LeLED4M8
通れ込んでしまった→倒れ込んでしまった
454 : 名無しさん@ピンキー2013/04/02(火) 01:05:56.53 ID:uklhXOAL
なぜ、リップスでやった
マネマネが美少女にモシャスすればよかったのに
455 : 名無しさん@ピンキー2013/04/03(水) 05:23:49.10 ID:svbUdBrS
リップスがモシャスで美少女に


常に体中ローション状態
456 : 名無しさん@ピンキー2013/04/04(木) 21:08:14.44 ID:OzFlo0c8
投下乙

個人的希望ですまん王道カプも読みたい
457 : 名無しさん@ピンキー2013/04/07(日) 00:54:44.65 ID:5SVYC26q
ダンスニードルAはさそうおどりをおどった!

ガボ「きゃははー!マリベルのおどりおっかしー!!」

アルス「……」

マリベル「な、なによその目は!私だって踊りたくて踊ったわけじゃないわよ!」

ダンスニードルAはさそうおどりをおどった!

マリベル「や、やめなさーい!」

ガボは笑い転げている!

アルスはシラーーーッとしている。

マリベル「わ、私にこんなことしておいて!許さないわよ!」

ダンスニードルBのこうげき!!

マリベル「ぎゃ!! ふ、服がビリビリに…やだ私まるハダカ…」

アルス「……!!」////

アルスはようすをみている。

ガボ「ぎゃーっはっはっはっははは」ピクピク

ガボは笑い転げている

マリベル「あ、あんた達ぃ…あとで覚えてなさいよ…」

ダンスニードルAはさそうおどりをおどった!

マリベル「い…!!?」
458 : 名無しさん@ピンキー2013/04/08(月) 10:01:50.88 ID:8seHoRoh
続きはよ
459 : 名無しさん@ピンキー2013/04/08(月) 23:14:57.99 ID:maKPK0kK
マリベルははだかおどりをおどった!

マリベル「きゃあああああああっ!!!いやああああああっ!!」

ガボはわらいころげている!

マリベル「こ、これ以上笑ったら許さないわよガボ!!」

アルスはようすをみている。

マリベル「あ、アンタも後で覚えてなさいよ!!」

ダンスニードルAはわらいころげている!

マリベル「て、敵まで…屈辱よお!」

ダンスニードルBはシラーっとしている。

マリベル「」

ちゃんかちゃんかちゃん…♪

アルス「あ…い、イオラ!」ボムッ!!

ダンスニードルたちをたおした!

マリベル「ふう…たすかったわ…と言うと思った?よくもこんな姿になった私を晒し者にしてくれたわね!!」

アルスはラリホーをとなえた!ガボはねむってしまった!

マリベル「!?」

アルスはさそうおどりをおどった!

マリベル「!!!?!?!?」
460 : 名無しさん@ピンキー2013/04/13(土) 01:19:53.21 ID:q9+GNbdf
>>456
王道カプ作品できたけどいる?9だけど
461 : 名無しさん@ピンキー2013/04/13(土) 07:32:06.25 ID:5GprDuYl
>>460
おおおおおおおおおお
待ってました
462 : 名無しさん@ピンキー2013/04/13(土) 09:53:12.09 ID:nF33vzwD
>>460
9の人?
463 : 名無しさん@ピンキー2013/04/13(土) 22:57:30.22 ID:ebbSqZJz
>>461
投下していいかね?
以前中途半端に書いてた9の天使が世界樹の下で落ち込んでる話なんだけど
何回か書き直してようやくできたんだけど
464 : 名無しさん@ピンキー2013/04/13(土) 23:15:04.42 ID:5GprDuYl
>>463
どうぞどうぞ
465 : 名無しさん@ピンキー2013/04/13(土) 23:46:17.15 ID:VGEi5gIc
>>463
    ∧_∧
    ( ・∀・)ワクワク
  oノ∧つ⊂)
  ( ( ・∀・)ドキドキ
  ∪( ∪ ∪
    と__)__)
466 : 名無しさん@ピンキー2013/04/14(日) 00:40:31.89 ID:01+XzA7i
投下していいみたいなのでやりますね

ただ、かなり長いです
467 : 残された天使2013/04/14(日) 00:46:20.66 ID:01+XzA7i
紅の夕日は沈み空が紺に染まり星が一つ、二つとまたたき始める。
だが、その星ぼしには手を伸ばしても届かない。

どうすればあそこに行けるのか……。あるいは死んでしまえばいくのだろうか……。

天使はエルギオスを救い、世界を守った。これで全てが元に戻ると思っていた。
天使界に帰ることは出来なくても天使たちとはまた会えると考えていた。しかし、今は
その希望も仲間たちも何もかも消え、ただ自分は取り残された。
天使の中で拭いきれない不信が首をもたげていた。自分たちは神の道具でしかなかった
のだという思いが空虚な心の中で形を成し始めている。
天使たちは女神セレシアを元に戻すために作られた。だが天使たちは世界樹を育み女神の
果実が実れば救われると謀られていたのだ。全てが終わった後セレシアは天使たちを星に
変え、自分を人間にして放り出した。

結局、自分は神と人間のエゴに振り回されていただけの道化でしかなかったのだ。
星空はにじみ、天使は耐えられず目を閉じた。
468 : 残された天使2013/04/14(日) 00:49:15.02 ID:01+XzA7i
ダーマ神殿の酒場に少女が二人、浮かない表情である者の帰りを待っていた。

長身のパラディンの少女は落ち着かない様子で腕を組み、
魔法戦士の少女はじっとテーブルの上の冷めたコーヒーを見つめていた。

沈んだ顔の少女が酒場の入り口に現れ二人のいるテーブルへと向かう。
帰ってきた賢者の少女は椅子に腰かけ、テーブルの温い茶を一口飲んで小さなため息をついた。

「どうだ、天使は?」
パラディンが帰ってきた賢者に尋ねる。

「変わらないわ。まだあの青い木の下で空を眺めているの。」
彼女の表情から答えはわかっていた。

「そうか……。」
パラディンは項垂れて口を閉じた。

「何か、何かしなくちゃ!天使に何かしてあげなくちゃ!」
沈黙に耐えかね魔法戦士がしゃべりだす。

「天使は……失ったものが多すぎるんだ。友達も家族も故郷も無くしてしまって
ボクたち以外の人間は守護天使のことを忘れてしまって―――。」

「だいたい、あの女神が酷すぎるのよ!天使たちの役目が終わったからって
天使界を消して天使たちの存在を無かったことにするなんて!」
魔法戦士の言葉を遮り賢者が声を荒げる。

地上に戻った彼らが知ったのは人々の中から守護天使の概念が消えてしまったという事実だった。
精神的に限界が来ていた天使はこれが追い打ちとなり今は青い木の下で塞ぎ込んでしまっていた。
469 : 残された天使2013/04/14(日) 00:52:33.07 ID:01+XzA7i
「世界を救った天使に『人間として生きろ』なんて……。」
賢者はもう声が出なかった。代わりに目から涙が溢れ、口からは嗚咽が漏れた。

旅の途中から天使が無理に明るく振る舞っていたのは知っていた。
彼が精神的に追い込められていることを知っていながら何もできなかった
自分の不甲斐なさを痛感ぜずにはいられなかった。

「我々ではどうしようもないだろう。天使は……全てを失ってしまったのだから……。」
静かな声でパラディンは言う。

「私たちには何も出来ないっていうの!?」
声を震わせる賢者の頬に涙が伝う。

「事実だ……。天使にとって何十年、何百年共に生きた天使界の家族や仲間たちと、
たかだか数ヶ月共に冒険しただけの私たちでは比較にもなりはしない。」
パラディンは続ける。

「今いちばん辛いのは天使だ……。私もどうすればいいのかわからない……。
天使の気持ちの整理がつくまで待つ以外ないのかもしれない。」
そう言いながらパラディンは顔を起こす。彼女の目もまた潤んでいた。

「ごめん……。」
賢者はうつむき、また沈黙が漂う。
この状況でも冷静でいられるパラディンがうらやましい、直情的な自分が情けなかった。

「……天使のところにいる。」
賢者はそういって立ち上がる。彼女は羞恥の感情から早くここを離れたかった。
何かしなければならないという焦燥感にも駆られていた。

「私も行く!」
パラディンも立ち上がり彼女に続く。
470 : 残された天使2013/04/14(日) 00:56:35.66 ID:01+XzA7i
ダーマ神殿の長い階段を降りながら二人の足は競うように速くなる。
夜の冷たい空気を受けながら青い木の下に着くと天使は変わらず背を木の幹にもたれ掛け、力なく顔を項垂れていた。

今の彼なら黙って消えてしまっても不思議ではない、息が荒いのは走ってきたからだけではなかった。

「大丈夫?」
賢者は眠る天使の前に屈み天使に囁く。

賢者の持つカンテラの淡い明りに照らされる天使の顔はやつれ、目の周りには涙の跡が見えた。
毎日、何百年も人間のために尽くした不幸な少年だ。自分の何倍も長く生きているのにませていない。
初めて会ったときは子供の様に常識知らずで幼く、優しい彼にまごついて彼の正体が天使だと知ったときは納得した。

その天使が今はまるで病人のように青白い。

「寝ているだけだ。」
パラディンは彼の顔に耳を近づけ寝息を聞く。

「どうすればいいの?パラディン、天使のために何ができるの?」
自分が今天使のために何ができるのか、答えを賢者は必死に探していた。

「私たちにできることは……彼のそばにいてあげることだけだ。」
パラディンは天使の隣に腰掛け彼に寄り添う。
まるで恋人のように。

「……!」
賢者は思わず声をあげそうになるが何とか飲み込む。
だがパラディンが天使の肩に頭を乗せ満足そうに眼を閉じたその瞬間、少女の眉が八の字に歪んだ。

彼女の目から涙が引っ込み、叫びたい気持ちを抑えながら
同じようにパラディンの反対側に座り天使に寄り添う。

二人は互いに互いの天使への感情を理解した。

彼とパーティを組んで以来、ギリギリのところで隠していたものが
一気に露呈し賢者とパラディンの互いへの疑念が確信へと変わる。

静かに戦いが始まった。
471 : 孤独な二人2013/04/14(日) 01:02:15.46 ID:01+XzA7i
海から吹く冷たい風に頬を撫でられ天使の意識が戻る。
周囲は薄暗く足元にあるカンテラの光が自分を照らしていた。

見回しても風の音と自分の上で木の葉がざわめく音が聞こえるだけであった。
日が落ちて夜になり相変わらず自分が青い木の下にいることに気付き落胆する。


――――何も変わっていなかったのだ。


「天使――――。」
誰かが自分を呼ぶ声が聞こえた。
辺りは暗かったがカンテラの灯りと自分に寄り掛かる重みから自分の隣に誰かがいるようだ。

「天使……。」
再び自分を呼ぶ声が耳元から発せられパラディンだとわかった。
なぜ彼女が自分の隣にいるのかはわからない。

「大丈夫?」
パラディンは天使の手を握りながら聞く。

「………。」
天使は彼女の顔を一瞥し何も答えず夜空を眺め始めた。

「寝るのなら宿屋のベッドにしないか?ここでは疲れるだろ。」
言葉を選びながらパラディンは彼を気遣う。

「ここでいいよ。」
天使は煩わしそうに答えた。

「辛いのはわかるが今のままでは体に悪い。」
彼女は続ける。

「……別にいいよ。放っておいて…ボクはここにいたいんだ。」
話すことさえ今の彼には煩わしかった。

「それはできない。」
パラディンは即座にはっきりと答える。

「パーティの誰かが怪我したら治るまでみんなでフォローしてきただろ?天使が決めたことだ。」
彼女は言う。
472 : 孤独な二人2013/04/14(日) 01:06:00.19 ID:01+XzA7i
……確かにそれは自分が決めた気がする。

「ボクは怪我していない、一人にしてよ…。」
彼女の言葉の意味に天使は気が付かなかった。
彼にはもう全てがどうでもよかったからだ。

「……じゃあ、お願いだ。一緒にいさせてくれないか?」
今度は少し強い口調でパラディンは言う。
彼女は食い下がらなかった。

なら勝手にすればいい、自分はこれから星空を見るだけで彼女にかまっている余裕はない。

天使は彼女には何も言わず、また星を眺め始めた。

相変わらず星は輝くだけで何も起こらない。

それでも彼はセレシアの力を持つこの木の下で待てば
何かが起こるかもしれないという淡い希望を捨てられずにいた。

「何か食べたいものはない?」
パラディンが聞くが天使は何も答えなかった。
473 : 2013/04/14(日) 01:10:24.85 ID:01+XzA7i
日が昇り魔法戦士が持ってきたパンを頬張りながら3人は話し合っていた。

魔法戦士は少しだけこの状況を楽しんでいた。
昨日は我先にと天使のところに走る二人を追いかけた後、
青い木の下で二人が天使に寄り添っているのを見たときは笑ってしまった。

旅路の途中、何度も天使を巡って静かな火花を散らした二人が
ついに馬脚を現してぶつかり合っているのだ。

こういう男女の色恋沙汰は蚊帳の外で観察すると本当に面白い。

「いつまで意地張っているの?」
天使から離れようとしない賢者とパラディンを少しからかうような口調で言った後、
二人から睨みつけられ魔法戦士は仰け反った。

「天使クンも幸せ者だね。どう、元に戻りそう?」
今度は空気を読みながら魔法戦士は尋ねる。

二人に寄り添われ眠る天使は生気がなく人形のようにさえ見えた。
一晩中二人と一緒にいれば天使も少しは回復するとみていたが現状は予想以上に厳しいようだ。

「あの…昨日は、天使はどうしていたの?」
魔法戦士の質問の後に賢者もパラディンに聞く。
賢者は昨日天使に寄り添い、そのまま寝てしまった。

自分のこらえ性のなさを後悔しながら彼女は
天使とパラディンの間で何かなかったか障りのないように聞く。

「天使は…ずっと空を眺めていただけだった……。」
目を擦りながら答えるパラディンの目元にはクマが見えた。
彼女の表情から見てそれ以外には本当に何もなかったのだろう。

賢者は一層の不安を感じつつもほんの少し安堵した。
474 : 2013/04/14(日) 01:13:46.68 ID:01+XzA7i
「食事もとってくれなかった……『何もいらない、放っておいて欲しい』
何を聞いてもそれしか天使は言わなかった。」
彼女の声が段々と小さく細くなる。

パラディンは俯き、声を押し殺すようにして涙を流し始めた。
今まで彼女が見せたこともない弱い姿に事態の深刻さが表れていた。

「私たちが天使の仲間だと気付かせるだけでいいのに…。」
パラディンは最後に絞り出すように言った後、両手を顔に当てて黙ってしまう。

不安に押し寄せられ肩を震わせながら泣く彼女は、何時になく弱々しく見えた。

「パラディン……。」
魔法戦士の顔から先ほどまでのからかう様な表情が消え、
魔法戦士はパラディンを抱きしめ優しく彼女の肩を叩いた。

「天使はまだ気持ちの整理がついていないだけだよ。しばらくしたら前みたいに旅ができるようになるわ。」
魔法戦士はそう言って慰めるもののその言葉に自信はなかった。

今の天使はパラディンも賢者も自分のことさえ上の空だ。

彼の失ったものは大きすぎる。自分がもし家族も友人もいなくなって
自分の存在を無かったことにされてしまったら、そう考えると背筋が寒くなる。

自分たちも彼と同じような状態になってしまうだろう。
このままではいけない、彼をこのままにはしておけない。


……でも、方法がわからない。


魔法戦士に背中を撫でられながらパラディンは震えていた。
声を上げて泣きだすことを必死に抑えすすり泣いている。
状況を変えられない自分の無力さに失望しているようだった。

そんな彼女をなだめながら賢者も涙を流した。
475 : 夜明け2013/04/14(日) 01:18:25.98 ID:01+XzA7i
賢者はダーマ神殿の宿屋でシャワーを浴び、かなり遅い夕食をとって青い木の下に向かう。
彼女の足取りは重く疲れていた。

青い木の下で変わらず夜空を眺め続ける天使を一瞥し、カンテラを置いて彼に寄り添った。

パラディンは隣で疲れ果て眠っている。
ずっと天使のために起きて彼を励ましていた彼女も限界が来ていた。

天使界が消えてしまう前までは彼はいつも自分たちを気遣ってくれた。
自分やパラディンの想いには気付いてはくれなかったが彼は天使らしく慈愛をもって接してくれた。

今の彼は昼間ずっと眠っている。
夜になって起きても星空を眺めるだけで自分たちが隣にいないかのように振る舞う。


天使は旅の途中よく泣いた。

守れなかった新婚の女性の墓前で、故郷とかつての恋人を想い続けた彫刻家の告白を聞いて、
死んだ主の役を演じ続けた人形を哀れんで、
悪を演じた師匠の死を悲しんで何度も声を上げて涙を流した。

辛い旅路の末に報われることもなくすべてを奪われ、
一人残された彼の絶望と孤独を癒す方法が存在するのだろうか。

この閉塞した状況を打開するため意を決し賢者は天使に尋ねる。
「どうして私たちがあなたの隣にいるのかわかる?」

天使は何の反応も示さない。

「わかる?」
もう一度彼に聞く。

「……さぁね。」
彼は賢者の顔さえ見ようとしない。

「あなたにはもう何も残ってないの?」
天使と一緒にいるようになって何日かたつが彼の目に光はない。
476 : 夜明け2013/04/14(日) 01:22:31.53 ID:01+XzA7i
「僕に何が残っているって言うんだい?」
自嘲的に発せられたその言葉に賢者は天使の手を握りしめる。

自分がここにいるのに気付いてくれない彼に苛立ちを覚えずにはいられなかった。

彼の手は力なく垂れ、自分の手を握り返さない。

「この木の下でずっと泣いているだけで何かが変わると思っているの?」
無気力で何にも関心を示さない天使に賢者は苛立ち始めていた。

「泣いてないで何かできることを探そうよ!貴方は天使なのよ。」
この賢者の叱責するような言葉が天使の逆鱗に触れる。

「だから?ボクはもう何もしたくないからここにいるだけさ。」
ここで待っていれば女神が自分を哀れんで奇跡を起こすかもしれない。

そんないじけた考えでここにじっとしているのは死んでも認めたくない。

加えて自分のことを天使と呼ばれることに今までにないほどの嫌悪を感じずにはいられなかった。

「お願いよ、天使。何かして欲しいなら教えてよ。何でもしてあげるから!」
彼女は天使の肩を掴み、前後に揺する。

自分たちと旅をしていたころとは全く違う彼の言動と目つきに賢者は動揺を隠せなかった。
彼が人に対して悪態をつくなんて以前は考えられなかったからだ。

「誰とも一緒にいたくない。一人でいたい。ボクの願いはそれだけだ!
一人にしてくれ、あっちに行ってくれよ……人間のくせに!」
賢者の手を払いのけながら彼は言い返す。

天使であることを否定された今でも自分が人間だとは思いたくなかった。

「ッ……!」
まるで刃物を付きたてられたかのような痛みが賢者に走った。

時が止まったかのような重苦しい沈黙の後、彼女は口を開く。
477 : 夜明け2013/04/14(日) 01:37:36.14 ID:01+XzA7i
「人間のこと…嫌いになっちゃったの……?」
天使がこの状態になってからずっと懸念していたことを尋ねた。

「………。」
天使にもそれはわからなかった。何を憎めばいいのかわからない。

天使たちは最初から星にされてしまうことが運命だったのなら、
それが救いだったというのなら人間を憎むことはない。


だが、自分だけ地上に残されてしまったのは人間が原因だ。


「私たちのことも……嫌…い?」
涙声で賢者は聞く。

「……わからない。」
彼も今となってはそれさえ否定をすることはできなかった。

賢者の口から嗚咽が漏れ、彼女の心にも大きな痛みが走る。

『比較にもなりはしない……。』
パラディンの言葉が賢者の中で反芻していた。

(もうお終いなのかもしれない……。)
賢者も最悪の事態を覚悟せざるをえなかった。

吸い込まれそうな黒い空と風さえも止んだ草原に賢者のすすり泣く声が響いた。

天使は変わってしまったのだ。
彼の中で自分の存在がどれほど矮小なものだったのかを痛感せずにはいられなかった。

大粒の涙が止めどなく流れて彼女のほほを照らした。


そうして賢者が泣き疲れたころに紺の空が段々と明るく朱に染まり始める。

ふと、賢者は自分の泣く声に誰かの嗚咽が重なっていることに気付いた。
目を開けてみると天使の目に涙が溢れ、彼は瞬きもせず空を眺めていた。
478 : 夜明け2013/04/14(日) 01:42:21.37 ID:01+XzA7i
賢者は天使の悲しみを知る。

天使は朝が怖いのだ。
星空が消える朝が、彼と天使たちを結ぶ唯一の繋がりが消える朝が彼は怖いのだ。

「貴方は……一人じゃないのよ……。」
賢者は、か細い声で俯きながらいう。

白んでいく空、そして朝焼けが海から溢れて三人を照らし、海も淡い光を反射し瞬いた。

「綺麗…。」
天使の口から言葉が一つ漏れる。

天使界でいつも見ていた雲の間からの日の出とは違う
その美しい光景が今の彼には悲しみ以外の何物でもないはずだったのに。


しかし、この美しい日の出も彼がいたから今も見ることができるのだ。


「……ありがとう。世界を守ってくれて。」
彼に慰めの言葉はかけても感謝の意を伝えてはいなかったことに賢者は気づく。

「ごめんね。大切なことを忘れていたわ。」
その言葉に天使は困惑する。

「ボクが…世界を……守った?」
急に感謝の言葉を言われ彼は困惑した。天使の顔が賢者のほうを向く。

「違う?世界樹を育むことだけが天使の役目じゃない。
人間を守ることも天使の、あなたの役目だった。」
賢者は俯いていた顔を起こす。

「天使は世界の守護天使になったのよ。皆が忘れても私は忘れない。」
天使の手を両手で優しく包み彼の涙で潤んだ瞳を見つめ言う。


「私はあなた達天使のやってきたこと忘れていない。
天使の存在が消えたわけではないわ…。」


「ボクが少しずつ天使ではなくなっていったように君たちも天使の存在を段々と忘れていくよ。
わかるんだ……。最初から存在しなかったのと変わらない…。」
自分が世界を救ったとは思えなかった。
もしそうならここまで惨めで陰気な気持ちになるはずはない。


羽と光輪を失い人々の意識から守護天使が消えてしまった今、
自分の存在を証明するのは彼女たちの記憶のみだ。

「………。」
やはりダメなのか。
479 : 夜明け2013/04/14(日) 01:53:34.45 ID:01+XzA7i
「それに……。」
天使の言葉には続きがあった。

「世界を守ったのはボクじゃない。賢者もパラディンも魔法戦士も……。」
彼女と見つめあいながら天使は続ける。

朝日が彼女の顔を照らして眩しい。


「皆が協力してくれたから世界は守られたんだ。」

「だから僕からもお礼を言わせて……
僕と一緒に世界を守るために戦ってくれてありがとう。」


その言葉に賢者は心が震え、たまらず天使の首に手を絡ませ少年の体をぎゅっと抱きしめた。
天使は心まで失ったわけではなかったのだ。


自分の愛していた天使がまだ生きていた。


「でも、貴方がいなかったら私たち人間は滅んでいた。
世界が終っていたかもしれないのよ。」
突然抱きしめられ面食らう天使の耳元で彼女は言う。


「違う……結局この世界を守ったのは君たち人間だよ。」
天使は否定する。


「……そうかもしれないわ。でも、私たち4人の誰か一人でもいなかったら世界は終わっていた。
こんな綺麗な日の出も見ることはできなかった。それだけは違わない。」
賢者は天使の否定を否定する。


「…………。」
天使は賢者から視線を離して彼女に握られた右手を見つめた。

彼女に見つめられて抱きしめられて体が熱くなる。


「天使……私たちはあなたの仲間なのよ。」

「……ナ…カマ?」

その言葉の意味と重さを今の天使に理解してもらうにはまだ足りない。

「私たちってルイーダの酒場で出会って、世界中を駆け回って、
怪物と戦って、女神の果実が引き起こした騒動を解決して…。」
賢者は天使との出会いを思い出しながら話す。

「何日も一緒に過ごして、ご飯を食べて、戦って…ケンカして…仲直りして……家族みたいだよね。」
彼の孤独を癒すには自分が一人ではないことを気付かせる。
480 : 夜明け2013/04/14(日) 01:56:55.34 ID:01+XzA7i
それさえできれば望みはある。

「貴方は強くて、逞しくて、戦いのとき前でモンスターに立ち向かう貴方の背中を見るだけで
安心して旅ができたわ。私もパラディンも魔法戦士も、みんな天使のことが大好きなのよ。」
賢者は言葉に詰まりながら続ける。


「悩んでいるならいって…悲しいなら私たちが何とかするから……私が傍にいるから、
もう一人で抱え込まないで…。」
この気持ちを天使に届けたい一心で伝える。



ナ…カマ?…………………ナカマ……なかま……………、仲間……。



そう……自分にとって今、一番欲しいもの…。

人間界に落ちてしまい帰るあてを探してセントシュタインの宿を訪れて
彼女たちに出会った時、どれほど自分が安心しただろう。


もう一人ではなかった。自分の話を半信半疑ながらも聞いて旅をしてくれた仲間たち。
信頼しあい最後には世界のために自分と一緒に命を懸けてくれた。


天使の口から嗚咽が漏れ、顔が求めるような表情に変わる。
賢者の祈りは届いた。

「あ…あり…あ……。」
彼女に感謝の想いを伝えたいが口がうまく動かない。


これ以上続けるとみっともない泣き顔を晒してしまうだろう。
だが、もう我慢はできなかった。
481 : 夜明け2013/04/14(日) 01:59:23.62 ID:01+XzA7i
「あり…がとう…。」
天使は何もかも無くしたと思っていた。


失ったものが多すぎてその影に隠れていた
仲間たちがいることにようやく彼は気づいた。

彼は賢者の胸で子供のように、親に甘える稚児のように泣き始める。

朝焼けの眩しい草原に天使の泣き声が響き、
朝日に照らされた二人は身も心も暖かく、お互いの温もりに満たされていった。


「いいよ。天使はずっと我慢していたんでしょ。」 
天使の頭を優しく撫でながら賢者は母のように彼を抱く。
彼女も天使と同じように幸福が溢れていた。


もう傍にいてあげるだけではない、彼を甘えさせてあげることができるのだから。
482 : 初めの一歩2013/04/14(日) 02:02:43.45 ID:01+XzA7i
声を上げて泣く天使が落ち着き彼の息が整う頃には日は完全に昇り、
彼に抱きしめられて賢者の体のあちこちが痺れた。

だが彼の温もりに彼女は満ち足りていた。

「ありがとう。何だかすっきりしたよ。」 
賢者に微笑みながら天使はいう。
目は赤くやつれてはいたが彼の頬に赤みが差し、生気が戻っていた。


彼のいつもの優しい目に少し自分に対する特別な感情が宿っていることに賢者は気づく。
以前彼に「好きだ」と言っても間髪を入れず「ボクも好きだよ」と返されてしまったが……


今ならいけるかもしれない。

賢者は彼の頬に手を当ててじっと見つめた。
「どうしたの?」

「私は怖かったの。天使がホントに天使だったってわかったとき。」
唐突に彼女は言う。

「天使なんて昔の人が作った空想の種族だってずっと思い込んでいた。
でも、天の箱舟に乗って天使界に着いたとき、あなたの言っていたことが事実で……。」
天使を見つめながら賢者は続ける。


「それにエルギオスとラテーナさんのことを知ったときも怖かった。
天使と人間は結ばれないようになっているのかもしれないと思っていた。でも……。」
彼の首にかけていた手を放し、息を吸い込んで勢いに任せて彼女は言う。
483 : 初めの一歩2013/04/14(日) 02:05:14.84 ID:01+XzA7i
「好きよ……天使。」
その一言にあっけにとられている天使の頬に彼女の唇が触れる。
それは本当に一瞬のことで賢者は彼の顔からすぐに離れた。

「ごめん…。嫌だった?」
もう少し離れて顔をそらしながら彼女は聞くが彼は固まってしまったように動かない。


賢者の顔が赤いのは朝日に照らされたせいだけではなかった。

「貴方のこと…ずっと好きだったの、愛していたの…。」
瞬きを繰り返すだけの天使に弁解する様に彼女はしゃべりだす。

「でも、あなたは私の気持ちに応えてはくれなかった……。
解っているんでしょう?私の気持ち……。」


数刻の沈黙の後、天使は口を開く。
「天使と人間じゃ住む世界が違う。時間の流れも違うから人間と天使は必要以上に関わってはいけない
っていう決まりがあったんだ。だから…人間と天使は…恋ができない…天使は…
人間に特別な感情を抱けない……はずったんだ。」

「でも、今は違う。」
固まって無表情だった天使の顔が明るく微笑む。


彼の顔が賢者に近づき今度はゆっくりと強く天使の両手が賢者の頬を挟む。
天使は目を閉じ、賢者は目を見開いて、今度は二人の唇が触れ合う。


「ありがとう、大好きだよ。」
同時に今度は、賢者が両手を口に当て肩を震わせ泣き始めた。
484 : 初めの一歩2013/04/14(日) 02:09:09.85 ID:01+XzA7i
「……ちょっと、何で泣くの?」
突然のことに狼狽しながら天使は賢者の両肩を抱き、
くしゃくしゃになった彼女の顔を覗き込むようにして聞く。


「ごめんなさい。何だかホッとして…天使が戻ってきてくれて…私にキスしくれて…
うれしいことが続いて安心しただけだから…。」
泣きながら微笑む賢者の肩を抱き、今度は天使が彼女の頭を撫でる。


天使は虚無の中から自分を取り戻し、賢者は彼からのキスで
今まで積もっていたパラディンへの嫉妬や劣等感、
天使に想いを告げられない閉塞感が拭い去られていた。


暫くしてぎゅっと天使と賢者は抱きしめあう。


天使の肩に賢者は頭を乗せ二人は他愛のないやり取りを続けた。
「いつからボクのことを好きになったの?」

「好きだったのは出会った時からよ。
だから貴方のために何ができるか必死になって考えたの……。」

「……ありがとう。何かお礼をしないといけないね。」

「じゃあ、今日は私に付き合って。」

「何をするの?」

「楽しいことをしましょう。おいしいものを食べて遊ぶのよ。お腹減っているでしょ?」

「……うん、お腹が減ったよ。」

「グビアナ城が最近、観光で盛り上がっているらしいから行ってみましょう。」

「オッケー。」
賢者に手を引かれ立ち上がると同時に自分の隣のもう一つの温もりに気付く。


「そうだ、パラディン起こさないと。彼女にまだ『ありがとう』を言ってない。」
自分のために傍にいてくれたのは彼女も同じだ。

自分にずっと声をかけてくれた彼女をぞんざいに扱ったことを謝ってお礼を言わなければならない。
485 : 初めの一歩2013/04/14(日) 02:13:31.41 ID:01+XzA7i
「気持ちよさそうに寝ているのに起こしちゃ悪いよ。ね、行こうよ。」
確かに眠っている彼女を起こすのは悪い気がする。

賢者は焦っていた。

「……行こう。」
少し強引に天使の手を引き言う。

パラディンを置いていくことに負目を感じながら天使は歩き始めた。
久しぶりに立ち上がったせいか少しフラフラし足取りはおぼつかない。


「でも、まずはお風呂に入ろうか。」
少し歩いたところで籠っていた汗のにおいに賢者は顔をしかめる。


そういえばもう何日も風呂に入っていない。
自分でも感じる臭いに天使はひどく赤面した。

「そっ……そうだね。」
ばつの悪そうに天使は賢者から少し距離をとる。

そんな彼を見つめながら賢者は意味ありげに含み笑いをする。
次の瞬間、賢者は彼を捕まえるようにバッと抱きつく。


「これでいいよ。」
そういいながら賢者は天使の首に手を回し彼にぶら下がる。

天使の赤かった顔がますます赤くなるが、すぐに両腕が賢者の背中に回り
彼はルーラの呪文を唱えた。

二人は空に飛び立ち新たな一歩を踏み出したのだ。



そして、彼らが去った後の青い木の下で今度は少女の咽び泣く声が響いていた。
486 : 名無しさん@ピンキー2013/04/14(日) 02:14:59.95 ID:01+XzA7i
あまりに長いので今日はここまでにします
487 : 名無しさん@ピンキー2013/04/14(日) 21:55:24.16 ID:huI0Uu22
>>486
力作乙
失ったものが多すぎる〜の部分わかるなあ
寂寥感がよく伝わってきました
みんなやさしくていい人達
488 : 名無しさん@ピンキー2013/04/15(月) 01:51:08.87 ID:oiakWivU
こうしてみると9主人公不幸すぎるな
489 : 名無しさん@ピンキー2013/04/15(月) 03:45:46.65 ID:QwQnyhws
何回か書き直してるからかクオリティは上がってるな
続きうpはよ
490 : 名無しさん@ピンキー2013/04/16(火) 17:49:09.77 ID:MUlxEd2j
パラディンかわいそ
491 : 名無しさん@ピンキー2013/04/18(木) 09:39:18.55 ID:3SChRG/5
トリップくらいつけろよ
492 : 名無しさん@ピンキー2013/04/22(月) 03:21:29.49 ID:qrtKTSfD

久しぶりの大作来てるな


お前らここ過疎ってんだから職人は大事にしろよ
493 : 名無しさん@ピンキー2013/04/23(火) 05:57:16.00 ID:zlDVovTM
8のバカネタ 獣姦・スカ注意

「ひひいいいいいいん!?!?!」

他の皆が休憩を取り、エイトとミーティアが二人(一人と一頭)きりの時だった。イタズラ小僧が、ミーティアの肛門に棒を突っ込んだのだ。

「ば、ばかやめろ!」

「わーいわーい」

逃げ去っていくイタズラ小僧。馬の肛門にはまだ棒が突っ込まれており、ミーティアはどたどたと暴れている。

「…だ、大丈夫…」

その時エイトは一瞬、してはならない想像をしてしまった。これが、元の姿だったら…?

−−きゃああっ!な、なに!?お、お尻に棒が!お尻に棒が!いやあ!エイト、ぬ…抜いてください!!!

こんな事を言って羞恥に悶えるのだろうか。腹から熱いものがこみ上げる。この一頭の馬の尻に刺さった棒を掴む。

「ひ…ひひん…ひ!?」

「ごめん」

押し込んだ。ひねった。乱暴に回した。一気に抜いた。まっ茶色になった棒からは異臭が放たれる。そして…馬の尻から、さらに茶色の、棒状の激しい臭いの物体がどっぷと、地面に落ちた。

「ひ、ひひいい、ひいいいい」

−−ああ、なんてことを…エイトの目の前で…恥ずかしい…

「ごめんなさい…ごめんなさい」

ただ謝り続ける。周囲の人々がうまのふんだうまのふんだと群がり、1Gを片手に群がり、それぞれの分をひとかけらずつ取り去っていく。それが呪われし姫気味に苦痛を与えると考えもせず。

−−買わないで!持っていかないで! それはわたくしの恥ずかしい…お願いです、皆で見ないでください!
494 : 名無しさん@ピンキー2013/04/23(火) 06:02:56.58 ID:zlDVovTM
尻を、洗った。穢れた尻を洗われる女性の気持ちはいかばかりか。

「ひ、ひいん、ひいん」

−−ああ…御父様…こんな姿になってエイトにまでいじめられて…死にたい

そう思った瞬間、なぜかもわからぬまま馬の股間をさすった。さらに驚いた馬のいななきが周囲を驚かす。トロデ王が慌てて駆けつけたので、エイトは平静を装いつつそのまま何事もなかったかのように旅路へと戻った。

内心びくついていた。ばれたらどうなるか…
495 : 名無しさん@ピンキー2013/04/23(火) 06:08:23.17 ID:zlDVovTM
ふしぎな泉に来た。この場所に行けば呪いが解けるという泉に。ここに来る事は自殺行為だ。なんどか理由をつけてこないようにしていたのだが、ある日ついにトロデ王ばかりかゼシカやククールにまでせがまれ、くることになってしまったのだ。

−−御父様、エイトを死刑にしてください

ありえる話だ。裏切られたと思っているだろうし、人前で脱糞させられてどれほどの屈辱を味わったことか。すくなくともこの場の全員の信頼を失うことにはなるだろう。

ミーティアが、水を飲んだ。

光が巻き起こり、美しく高貴な人間の姿へと変わる。いや、戻る。そして彼女は言った。

「エイトと二人きりでお話がしたいのです」
496 : 名無しさん@ピンキー2013/04/23(火) 06:22:55.84 ID:zlDVovTM
ミーティアの希望で他の全員がしばらくの時間その場を離れることになった。みんなはあの老魔術師の家にいった。

今度こそ本当の二人きり。怒り、悲しみをぶつけられるのかと心に覚悟を決めた。水の力が消え馬の姿に変わる寸前、彼女が口を開いた。

「…もう一度、飲みます」

ミーティアが馬になった。姫の体が光った時、助かったと思った。そんな自分が恨めしい。馬の姿に変わったミーティアががぶりと、驚く勢いで水を飲んだ。まるで噛み付く狼のようにも見えた。なにを言われるのか…いや、泣き顔を見るほうが辛い。

−−なんであんな酷い事を!

こんな言葉を言われるのだろうと悔やんだ。馬の体が光り、再び人間の姿が現れるのを見ながら、罪の意識に苛まれる。しかし、次に視界に入ってきた物に、腰を抜かす。まっ白いドレスの…尻だ

「あれをもう一度お願いします」

「ええっ!?」

ミーティアが、尻を突き出し左右にゆっくりと振っている!?

「エイトにあんなことされて…気持よかったのです」//

「ど、どうしました? あの時は初めて馬で良かったと思いました。あんな場所でも気兼ねなくよがれたのですもの♪」

よ、悦んでたの!? 信じられない、あの清楚なミーティアが。想像をはるかに越えた言葉に、頭がどうにかなりそうだ。

「ご、ごめん」

あんなことをしてごめん、という意味で謝ったが、ミーティアはそう思わなかった。なんと今度は前後にくいくいと尻を振り上げるのだ。やがてその尻が光をまとい、再び馬の尻に戻る。

「ひひん」

「う」

しかしまだ尻の振りをやめない。こうなったらやるしかないのか…せめてもの楽しみを与えなければ。

「じゃ、じゃあこのひのきのぼうで」

「ひひん!(ああ、うれしい!)」


入れた。尻に。
497 : 名無しさん@ピンキー2013/04/26(金) 16:24:34.70 ID:w7Kl1EWn
ちょwハードすぎるww
498 : 名無しさん@ピンキー2013/04/26(金) 16:58:12.33 ID:EVX0L2gJ
9の続きまだーー
499 : 名無しさん@ピンキー2013/04/27(土) 00:25:31.49 ID:r5+yoCub
>>486
乙、パラディンちゃんにも愛の手を
あと続き
500 : 名無しさん@ピンキー2013/04/28(日) 23:46:39.25 ID:UCr3VYcJ
久々に来てみたら9の人復活してた
続きはまだかな?わっふるわっふる
501 : 名無しさん@ピンキー2013/05/01(水) 03:56:22.91 ID:sd/Fa5wx
俺すきだな馬姫獣姦w
502 : 名無しさん@ピンキー2013/05/05(日) 10:33:39.55 ID:uI3e3nyL
503 : 名無しさん@ピンキー2013/05/05(日) 15:46:06.21 ID:OhTJutQq
504 : 名無しさん@ピンキー2013/05/07(火) 23:58:31.82 ID:UCgWcWA1
>>499
パラディンちゃんはこの後、賢者から天使をNTRから安心汁

というか続きはまだか?作者出てこーい
505 : 名無しさん@ピンキー2013/05/09(木) 21:00:32.19 ID:JuAZljdb
終わりは見えてるのかな。エタらないように祈りを捧げておこう。
あと、言うほど長さは気にならないな。5000字強くらい?
506 : 名無しさん@ピンキー2013/05/09(木) 21:09:08.52 ID:JuAZljdb
途中送信しちまったい。
一レスに200〜300字位だから、もっと増やせば長さは気にせずに投下できるんじゃないかな。
あ、5000字強ってのは477〜485までのレスでって意味ね(目算)。
507 : 名無しさん@ピンキー2013/05/11(土) 10:15:00.43 ID:Jf55fQ11
このままでもいいんじゃないの?
俺はこういう終わり方でもいいと思う
508 : 名無しさん@ピンキー2013/05/11(土) 18:51:12.62 ID:/EcqGFl0
続きしんどいならそれでもいいが、続くって明言しちゃってるからねぇ
どちらにしても過疎だ
509 : 名無しさん@ピンキー2013/05/13(月) 12:36:50.43 ID:qAxjrgqX
510 : 名無しさん@ピンキー2013/05/15(水) 00:07:19.15 ID:I+z/Zn9q
ミネア「姉さんいい加減にして!カジノですってしまうんでしょう!?」

マーニャ「今度は勝つわよ!」

ミネア「今日という今日は…待って姉さん!」ガシッ

マーニャ「ちょ…どこつかんでんのよ!」アセアセ

ミネア「ふ、ふんどしを引きちぎられたくなければ、カジノに行かないって約束して!」

マーニャ「ふ、ふんどしじゃないわよ!これは腰布!」

ミネア「どっちにしろこれがなくなったら姉さん丸裸よ!」

マーニャ「まるはだ…ぎゃああああブラ忘れてたーーーっ!!」ダダダ

(慌てたマーニャ、いきなり家の中に戻り、ミネアは急に逆方向へ引っ張られた)

ミネア「え、きゃあっ!」ブチン

マーニャ「あ…きゃあっ!!」

ミネア「あ…姉さん丸裸」

マーニャ「う、うるさいいいっ!!」
511 : 名無しさん@ピンキー2013/05/18(土) 14:51:30.89 ID:3fOtdSo8
nn
512 : 名無しさん@ピンキー2013/05/19(日) 15:02:14.46 ID:myWFivSV
9も馬姫もどっちも欲しいwwwwwwww
513 : 名無しさん@ピンキー2013/05/20(月) 19:01:34.19 ID:1M4brWtX
続きの構想があるのなら読みたい
514 : 名無しさん@ピンキー2013/05/21(火) 17:15:30.46 ID:o1eHtPs1
 ブライの剛直に激しく突き上げられ、女勇者は悲鳴のような嬌声を喉元から捻りだす。
「うおおおおおぉぉおお! 特大級のイオナズンを食らえぃ!」
 白い閃光が腹奥で弾け、膨大な熱量に女勇者は白目を剥く。「あひぅ、うぎゅううぅぅん!?」
「もう一度食ら……しまった、マジックパワーが尽きてしもうたかっ!」
 ブライは女勇者の柔らかみを鷲掴みにして「マホトラじゃあ」と、奇声を上げ先端に吸いついた。
 マジックパワーを補給したブライは再度、呪文の詠唱を試みる。打ちつける腰の速力を上げ、「メラゾーマじゃあ!」といきり叫んだ。
 あまりの快感から女勇者は息絶えた。
 ブライはクリフトを呼び、ザオラルで蘇生を試みる。しかし勇者は生き返らなかった。
「ザオリクしかありませんね」クリフトはベルトを外し、下半身を露わにする。反り立つはぐれメタルの剣は、いまにも爆発しそうなほどだった。
 死んだ勇者の膣内に剣を埋没させたクリフトは、深く息を吸ったあと、猛烈な勢いで腰を振りはじめた。
「ザキ! ザキ! ザラキ!」息絶えている勇者に死の呪文を繰り返すクリフトは、死んだ勇者の身体に、なんども会心の一撃を繰りだした。
「うっ、イク……!」
 勇者の子宮内を、己の聖水で満たしたクリフトはザオリクを唱え、勇者は見事復活を遂げた。
「い、いつの間にクリフトが……」
「ワシら二人を同時に戦えぬのようでは、デスピサロを倒すことなど不可能じゃ」
 重い現実を告げるブライの言葉に、勇者は「望むところよ」と瞳に闘志を宿らせてみせる。「よし、ならばライアンを呼ぼうぞ」
 勇者は逃げ出した。
 しかし回りこまれた。
「知らなかったのか?パーティーからは逃げられん」
 勇者のレベルアップを促す淫行は、明け方まで続いた。

――完――
515 : 名無しさん@ピンキー2013/05/23(木) 05:54:48.42 ID:jVS2WtFG
ブライはイオナズンもメラゾーマも使えない
516 : 名無しさん@ピンキー2013/05/23(木) 13:12:58.52 ID:rWrvfCYM
自称イオナズン、自称メラゾーマだろ
言わせんな恥ずかしい
517 : 名無しさん@ピンキー2013/05/23(木) 15:11:56.09 ID:CLpt+vcN
勇者アリーナクリフトライアンの肉弾パーティしか使ったことねぇから素で知らんかったわ。
518 : 名無しさん@ピンキー2013/05/25(土) 01:10:04.79 ID:3mN9XRO8
wikiの大量更新ktkr
519 : 名無しさん@ピンキー2013/05/29(水) 08:24:16.72 ID:0AYmx+a3
521 : 名無しさん@ピンキー2013/06/01(土) 18:52:13.72 ID:+4OkCIJB
きたーー
522 : 名無しさん@ピンキー2013/06/08(土) 22:22:28.58 ID:uEiSOfdR
523 : 名無しさん@ピンキー2013/06/16(日) 20:58:34.81 ID:wfrD9CZl
しゅ
524 : ナイン2013/06/17(月) 20:34:15.32 ID:peBYBLjx
天使と賢者の小説はどうなったのだろうすいません自己紹介し忘れた!こんちはれんですよろしくです!長文ですいません!
525 : 名無しさん@ピンキー2013/06/17(月) 20:50:41.55 ID:uAhBnXhn
パンツマンはマホトラを唱えてきた。
スレッドが上がった。
526 : 名無しさん@ピンキー2013/06/20(木) 09:47:10.02 ID:nUdmTed4
527 : 名無しさん@ピンキー2013/06/21(金) 22:55:11.59 ID:Y4RBAP/5
>>524
すいません
今、細部のチェックをしているところです
冒頭なら投下できます
528 : 名無しさん@ピンキー2013/06/22(土) 18:26:35.16 ID:GrcZLo+B
期待して待ってます
全裸で
529 : ◆0wT8qFn8cStZ 2013/06/24(月) 23:17:55.02 ID:DOp7zXjg
注:同性の行為をにおわせる一文あり

「レックス。私、お父さんが怖いの」
それはアベルが無意識にタバサを蔑んでいたためである
母のマーサを、そして妻のビアンカをさらったのは魔物だったために、邪悪な魔物の恐ろしさをよくわかっていた
それでもアベルは魔物を、そして魔物を操る自分の力を忌み嫌いながらも自分の目的のためにその力を行使してきたのである
が、タバサはそうではない
考えがわかるがゆえに、様々な魔物と仲良くなり、そしてアベル以上のペースで仲間を増やすのだ
そのためにアベルはタバサを自分よりも魔物に近い存在と考えてしまっているのだ
タバサはアベルの視線の意味を理解できないまま、恐れていた

そして双子の兄のレックスが天空の勇者であることが、タバサに対する視線をより悪化させていた
アベルはビアンカには天空の血が流れていることをダンカンの話から、そしてレックスの存在から逆説的に推察していた
愛する妻の血をより濃く受け継ぐレックスを、忌み嫌う自分の能力を持つタバサよりも愛していた

「よくわかんないけど……タバサ、さびしいの?」
「ん……」
タバサはそうなのかもしれない、と思いながらも少し違うような気がしてあいまいにうなずいた
と、レックスがタバサを抱きしめた
「レックス……」
「タバサを元気づけてあげる」
「うん、お願い」
タバサは、自分にとって唯一安らぎを得られるレックスに身を委ねようとした
と、レックスはタバサに口づけた。さらに舌を差し込む
タバサの目が驚きに見開かれ、引き離そうとするが、レックスは強引にキスを続ける
口を放した途端、タバサの平手がレックスの頬に放たれた
「痛いなあ、何するの?」
「レックス、いくら何でもこんなことするなんて信じられない!」
が、レックスは答えずにタバサを強引に押し倒す
片手でタバサを押しとどめながら、自分のベルトを外すと、タバサの手を後ろ手に縛りあげると、タバサの服をまくり上げる
「何するの!こんな全部見えちゃって……」
「全部じゃないよ、ほら」
タバサの下着を指さすレックス
レックスはタバサの胸の突起をはじいたりして遊びはじめた
「まだ何も感じない?初めてだから」
タバサの底にはまださほど神経が張り巡らされておらず、ただ触られている、という感覚しかないが、不快だった
「駄目よ、兄妹でこんな……」
「大丈夫だよ。だっていつもお父さんが僕にしてくれることと同じだもの」
「え……」
タバサはレックスの言ったことを理解するのが一瞬遅れた。否、理解したくなかった、と言うべきか
その隙に下着を下ろされ、最後まで唯一秘められていた場所が露わにされてしまった
「ダメ!ダメよ、そんな……」
タバサの秘所をこねくり回すレックスだが、大声で好意を止めさせようとするタバサを煩わしく思ったのか、自分の下着もおろすと全く濡れていないそこへ強引に突き入れた
「がっ……」
タバサの口から悲鳴が漏れる
「痛い、痛い痛い!」
タバサの悲鳴をものともせず、タバサの体を砕かんばかりに強く抱きしめて強引に抜き挿しを繰り返すレックス
と、そのうちタバサの悲鳴が弱まってくる
アベルの狂気にあてられ、自信も狂気に染まったレックスに逆らっても何にもならない、そう考えたからだ
「レックス……いいよ」
「タバサ……」
レックスの狂気を感じる微笑に、タバサは喜んで答えた
レックスの白濁が放出される

「ねえ、レックス……」
タバサはレックスに語りかける
「何?」
「ううん、なんでもない」
タバサは胸の中で続きを言った
(私、お父さんに愛なんかされなくてもいい。レックスが私を愛してくれるなら……)
530 : 名無しさん@ピンキー2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:5ySU1XP4
やっぱり5はいいよね
同人誌でも一番多いし
531 : 名無しさん@ピンキー2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:5ySU1XP4
>>527
冒頭だけでいいから投下してよ
気になる
532 : 名無しさん@ピンキー2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:Pq0YGUFR
焦らしプレイですか、そうですか。
じゃあ俺は爆弾岩とシコシコ殺ってきますかね……
534 : 名無しさん@ピンキー2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:jdmqAWBK
535 : 名無しさん@ピンキー2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:AFUCGziH
あっ……
536 : 名無しさん@ピンキー2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:Rod16r3p
ご要望が多いようなので>>485の続きを少し投下します
当方、売れていない割に忙しい漫画家なので遅れてすいません
537 : 名無しさん@ピンキー2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:+dEtTrg3
>>536
お、リアルタイム遭遇。待ってたぜ
どんなのかいてるの?(答えられる範囲で)
538 : 名無しさん@ピンキー2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:Rod16r3p
>>537
漫画家さんのアシを何年かやってようやくマイナー雑誌で短編を描いているような人間です
絵は普通ですが構図や背景が下手なのでまだまだたくさん描かないといけないです
539 : 風呂2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:Rod16r3p
「あー、気持ちいい…。」
風呂場でシャワーを浴びながら天使は自分の身体だけではなく心まで洗われていくのを感じていた。

「天使…。」
風呂場の入り口から賢者が顔を出す。

「あの……背中流してあげようか?」

「ああ、お願いします。」
天使に即答され賢者は少し面食らう。
彼女はバスタオルを体に巻いてはいたが天使は赤面もせず、自分の髪を洗い始めた。

彼の背中を流しながら賢者は自分の身体を眺め考えた。

彼が自分に欲情しないのは自分を女だと認識してもらってないからではないのだろうか……。
彼女の身体は、年頃の少女にしてはスレンダーでどちらかというと
華奢で腕も脚も細く子供に近い。

しかし、パラディンには及ばないものの胸は一応並み以上ある。

彼はドミールに向かう途中にあった温泉に皆で入った時も躊躇なく
パラディンに背中を流してもらっていた。

天使には性欲はないのだろうか?
いや、「天使」という種族があり天使にも家族がいたことを鑑みるとそれはないだろう。

悶々と煮え切らない想いを抱えながら賢者は優しく天使の背中を流してあげた。
540 : 初夜2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:Rod16r3p
風呂に入って着替えた後、二人はグビアナの市場で朝食を食べ、
市場を見て回り買い物をし、情熱的な踊り子のダンスに興奮する観客に交じって声を上げ、酒を煽り、大いに食べた。

日が落ちて宿をとり先に天使が宿の風呂場に向かい彼が帰ってきた後
賢者も風呂に行きシャワーを浴びていた。

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい、賢者は今日の出来事を思い返していた。
こんなにも清々しい、体が軽くなったのはいつ以来だろうか。

楽しい時間の余韻に浸りたかったが彼女はまだ満足しきれていなかった。
二人きりの時間はもうあまり残されていない。

明日になれば天使はパラディンと魔法戦士のところに戻ろうというだろう。

今日はまたとないチャンスだ。両思いになってデートをして今夜は二人きり。
彼女から恋人になる最後のチャンスかもしれない。

だが、先ほどから頭の片隅で嫌な声が自分を執拗に責めている。

「卑怯者、独り善がり、抜け駆けをしている。」

パラディンを出し抜いてしまったことは事実だ。
これ以上天使との関係を深めれば言い訳ができないだろう。

でも天使を立ち直らせて彼が独りではないことを気付かせたのは私だ。
今日ぐらいは自分のエゴで行動しても罰は当たらない。


彼女は執拗に自分を責める声を押し殺すようにそう念じ、嫌な声を心の奥に押し込めてしまった。
541 : 名無しさん@ピンキー2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:+dEtTrg3
>>538
お、前向きに頑張ってな
542 : 初夜2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:Zw8h3ood
「運が良かっただけ。」


嫌な声が最後にそう叱責したが彼女は聞く耳を持たなかった。


シャワーを浴び終え寝室の近づくにつれて心音が自分で感じる程に跳ね上がっていく。

外からはまだ人々が楽しく上げる声が聞こえてくる。
できれば静かな夜に二人きりでしたかったが物事は往々にしてうまく運ばない。


賢者は部屋の前で2、3回深く息を吸って呼吸を整え、
ドアノブに手をかけた。


この部屋に入ると何かが起こるだろう。
体は念入りに洗った。髪も乾かして櫛を通した。
ブラは外して絹のローブの下はショーツだけ。


後は……彼が自分を受け入れてくれるかだ。

期待と不安を胸に彼女は扉を開く。

「ただいまぁ。」
賢者の声が少し上擦る。

カンテラに照らされた薄暗い部屋のベッドに天使はいた。


彼は窓から星空を眺め、その表情は寂しげで
今にも消えてしまいそうな儚さをはらんでいた。
543 : 初夜2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:Rod16r3p
「天使……。」
思わず彼女の口から声が漏れる。


「あ、お帰り。」
天使の顔がこちらを向き、にっこりと笑う。

月明かりに照らされた彼の笑顔は艶っぽく
ときめいてしまった。


もう天使が自分を置いてどこにもいかない。
彼の笑顔から言葉に出さなくても十分賢者には伝わる。


彼女はホッとして最初の目的を思い出しながら天使に近づいた。


「やっぱり天使界は恋しい?」
いそいそとベッドの上の彼の隣に腰掛けながら賢者は聞く。


「……前ほどは寂しくはないよ。」
彼女に微笑みながらも少し寂しそうに天使は答えた。


「賢者が救ってくれたから、もう大丈夫……ただ………。」

「ただ…何?」

「……これから何をすればいいのかわからないんだ。」

自分が天使という存在でなくなった時から漠然と感じていた不安だった。
544 : 初夜2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:Zw8h3ood
「解るわ…でも……。」
そう言いながら賢者は彼の隣に寄る。


「貴方はもう自由ってことじゃないかな?これからゆっくり探せばいいのよ。」

「そうだよね。もう僕は………んッ。」

少し強引な、しかしすぐに天使は彼女の求めに応じる。


「三度目だね。」

「ふふっ、これから数えきれないくらいしてあげる。」
続けて頬に触れるだけの優しいキスをしながら賢者は言う。


「次は僕からね。」
天使は賢者の背に手をまわして彼女の体を自分にぴったりと寄せる。
よかった、と賢者は安堵していた。

彼が自分を受け入れてくれてくれたのだ。


「……目閉じてよ。」

天使のその言葉にハッとして彼女は目を閉じる。
恋人とふれ合い幸せをじっくり感じる余裕はないようだ。
545 : 初夜2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:Zw8h3ood
もう一度、今度は前よりも長く唇が重なり合う。

「……ハ…ッ。」

「ん―――。」

賢者と天使の声を押し殺す音が響き、相手の唇の柔らかさが優しく脳を刺激する。


しばしの間、頭の角度を何度も変えて唇を味わう。
途中、鼻がぶつかり互いの歯が擦れる。不器用ながらも初々しい愛の形。


程よく満たされたところで天使は少し口を開いて舌を賢者の唇に触れさせた。
天使の舌の感触に賢者は一瞬、躊躇するが彼と同じように舌を出し天使の舌に触れる。


二人の舌先が触れては離れるのを何度か繰り返した後、

唇は擦れ舌が深く絡み合うたびに水っぽい音が漏れる。
口だけではなく賢者は体を天使にもたれかけ、彼の手を握り締めた。


愛する人とふれ合い、求めあう。

彼女はこの幸せに酔いしれて目を閉じると
相手の肌の温もりと柔らかさ、匂いを強く感じられた。
546 : 名無しさん@ピンキー2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:0STnzWsb
ここで切るなよ
生殺しすぎる
547 : 名無しさん@ピンキー2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:5A9ZXHdQ
>>546
すっかり過疎ったこのスレに投下してもらえるだけありがたいだろ

黙ってパンツ脱いで正座してろ
548 : 名無しさん@ピンキー2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:XTK5dFUM
549 : 名無しさん@ピンキー2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:RrSAETua
熱帯夜だから全裸待機するのも楽になったぜ
550 : 名無しさん@ピンキー2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:BZbnQmSI
天使と賢者、本番まであと少しか
これ何年待ってるんだろう俺
551 : 名無しさん@ピンキー2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:rdx/B2SB
あまりにクレクレうるさいと自演だって訴えられるぞ
552 : 名無しさん@ピンキー2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:spgdGCwo
553 : 名無しさん@ピンキー2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:bAI3MzD1
554 : 名無しさん@ピンキー2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN ID:jCJqHHvV
555 : 暇潰しにゾーマ×女勇者 ◆N.fdITh9ks 2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN ID:EAx+GsJa
一歩。二歩。
地に伏した女勇者の元に、魔王ゾーマが歩み寄る。
幾多の剣撃を受けたゾーマは、しかし満足そうに笑んでいた。
それはきっと、眼前の美少女がゾーマと戦う際に見せた、憎しみや蟠りのない純粋な覇気に心が動いたからであり。

「は…早く殺しなさい、ゾーマ…」
「殺しなどせん。価値ある者を殺すなど、無益でこそあれど有益になることは有り得んからな」

ゾーマは女勇者に手をかざすと、呪文を唱える。
女勇者も聞き慣れた呪文――ベホマ。

「な……なんで……?」
「私に再度挑むか?しかし貴様は恩知らずではないはずだ。ならば私が癒えるまで待とうとするだろう?」
「違う……なんで私を……」
「気に入ったからだ」

魔王ゾーマ。
人々はともかく、その名を聞いた魔物さえも怯える、闇の世界を統べし者。
その名を聞いてなお挑む勇気、ゾーマの眼前まで到る強さ、父を殺されてなお揺るがぬ意思。
その全てが、ゾーマにとっては好ましいものであった。

「一つ、私から提案がある」
「…なに……?」
「勇者よ、我が妻となれ」
「!?」

女勇者の身体が、自然と空中に持ち上がる。

「私はそれで満足しよう。魔物たちは全て私が責任を持って撤退させるし、必要とあらば処分もする。それでお前の役割は終わるはずだ」
「……私は、ゾーマに負けました。ただ虜囚の辱しめを受けるだけならば自害もやむ無しでしたが、私が貴方を愛することで人々が救われるのなら――」
「良かろう、我が妻よ。これより我々は夫婦――互いに支えあおうぞ」

女勇者の唇がゾーマに奪われる。
その瞬間、彼女は言いようもない感覚に恍惚としていた。
思考が焼かれ、ゾーマへの想いのみに身が悶える。
闇が心臓のみならず、身体中を余さず汚して行く感覚。
未だ青年してすらいないにも関わらず、成熟しきった身が熱情に疼く。

(愚かな勇者めが……貴様の才覚は認めるが、野放しには出来ぬゆえな……)

ゾーマの眼差しが、女勇者の虚ろな眼差しを居抜く。

「貴様は魔物を産む母体となるが良い」
「は……い……ゾ………マ……さま…」

完全に自我を失った女勇者を見ながら、ゾーマは笑む。
これで切り札は揃ったと。
自らの希望だった女勇者が産んだ魔物に滅ぼされる……皮肉の利いた悲劇に、ゾーマは笑いを止めることはなかった。
556 : 名無しさん@ピンキー2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN ID:f1KEM5DW
※獣姦・スカ注意

6本足の馬

サンチョ「あれはほんの好奇心だったんです。6本足の馬の目撃情報を聴き、休暇を利用し調査に赴きました。
そこで見たのはビアンカちゃんと馬のモンスターが手を取り合って森の奥へと消えていく姿でした。
ただならぬ気配を感じ後をつけると、ぽっかり開けた空き地の馬小屋の前には、6本足の馬・・・ではなく、
 
坊っちゃまの父仇であるジャミの肛門に首を突っ込んだビアンカちゃんを見つけたのです!(冒険の書が消えた時の効果音)
 
ジャミの肛門に首を突っ込んだ状態で、ビアンカちゃんは何度もビクビクと身体を痙攣させ絶頂を迎えていました。
ええ、10分くらいそうしていたと思います。すると突然「ヒヒーン!」という甲高い鳴き声が響き渡り、
ビアンカちゃんの頭を押し出すように、おびただしい量の下痢便が排せつされました!
・・草原の上で上半身を下痢便にまみれながら仰向けに倒れたビアンカちゃんは、なお全身を痙攣させ絶頂を繰り返しておりました。
およそ30分くらいでしょうか、絶頂を繰り返しているその様子をジャミはニヤニヤしながら見下ろしていました。

私はあそこでみた悪夢のような光景を、今も坊っちゃんに報告できずにいます。出来る筈がなかろうもん」

ビアンカ「愛する人(ウマ)の直腸に顔を埋めながら、腸内に溜まったウンカスを舐めるのが好きなの。
でもまさか、彼が最中に排便をすることまでは予測できなかった・・
直腸の奥から激臭と共に下痢便が流れ込んできたあの瞬間の興奮と言ったら、まるで禁断の果実を口に含むような・・・
私はあの瞬間、ジャミの排泄物になったのっ。
全身を包み込むような多幸感に包まれながら絶頂をし続けたわ。
愛する人(ウマ)の排泄物になれた悦びに打ち震えながら・・・・」
557 : 名無しさん@ピンキー2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN ID:8RQzVsi0
558 : 名無しさん@ピンキー2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:CyhPIaHS
いやあバッドエンド()ってほんと作るの簡単だねー
559 : 名無しさん@ピンキー2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:F8SDETGn
561 : 名無しさん@ピンキー2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:fOlYvy4Z
最近、俺が嵌ってる格闘場が有るんだけど。
即プレイってヤツ。さりとて、お金もないしなあ。
激安ってのでも探していくと、ロマリアとかイシスに突き当たった。
特にイシスは激戦区で、値段が安いのにかわいいモンスターがうんと居る。
スゴロク場も激戦で、平日の午前中だとガラッガラ・・・割引してるところも特に南アッサラームだと多い。

オルテガの出る店が狙い目で、
プレイ時間によってはキングヒドラ戦が無料とか、ゾーマ戦?が無料とか、色々選べておつだよ。

お金が有ると、サマンオサやメルキドに遠征するが、高くてブスだとゲンナリ。
562 : 名無しさん@ピンキー2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:k+Nd6BDW
かわいい
563 : 名無しさん@ピンキー2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:w4PN5fYx
過疎
564 : 名無しさん@ピンキー2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:8skKJZBU
保守
現行までのSS・小ネタの大部分をwikiに置いてきた
565 : 名無しさん@ピンキー2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:1xcAjkdB
>>564乙!ありがとう
566 : 名無しさん@ピンキー2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:NegBjPKf
>>564
見てきた
いっぱい更新されていたな
何にしろ、乙
567 : 名無しさん@ピンキー2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN ID:UNAlqVvo
>>556はビアンカアンチがアンチスレで作成しあちこちに拡散させているマルチネタです
568 : 名無しさん@ピンキー2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN ID:iLt0tTND
>>567
適当なこと書くなよ

>>556はアンチスレで作成されたものではなく、ジャミ×ビアンカのファンスレにも貼られたもの
実際あちこちに拡散されてもいないし、馬嫁を嫌っているビアンカ派が無差別にアンチ認定してるだけ
569 : 名無しさん@ピンキー2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN ID:tFlJKKma
>>568
そのスレ明らかにアンチスレじゃん
キャラ叩きまくってるし、本スレ散々荒らしてきたアンチが書いてきた内容そのまんま移したレスばっか
大体ファンスレと言い張っても、このスレの作品にまとめる倉庫に無断転載作品がまとめられる時点でないわ
570 : 名無しさん@ピンキー2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN ID:UNAlqVvo
>>568
いい加減キャラアンチするのに無関係なスレ巻き込む癖やめて頂きたい
キャラアンチまる出しなのに苦しい言い訳もやめろ
確認してきたけどキャラ単体アンチスレとも梯子して同じネタ貼ってキャラ叩きしてますね
これでファンです(キリッ)は無理がある
571 : 名無しさん@ピンキー2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:mMm2zu1P
ヒロインNTR萌えが創作したコンテンツが、ヒロインアンチや煽り荒らしに使われ易いのは事実
余所で作成された(した)ものなのに、コピペ(引用)と断った上で貼っていない以上、コピペ荒らしとみなして間違いない

もっとも、そのヒロインのファンでありなおかつヒロインNTRスキーという人々が確実に存在するのもまた事実
そのキャラが陵辱されている作品で抜けたり濡れたりする人も、立派なキャラファンには違いない
真のキャラファンとは、そのキャラが登場するコンテンツならもうとにかく何でもアリという、自己を捨ててそのキャラを愛でる者なり
572 : 名無しさん@ピンキー2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:uL4yPMnv
>>571
スレ検索して見てきたけど、元のスレがヒロインの事死ねと言っている会話SS貼られてたり
ヒロインファンの事はヒロイン信者wwwと馬鹿にした感じで、100歩譲って見てもヒロインファンの集まりの場では見れなかった
アンチが嫌がらせ目的で書いて、嫌がらせのためにまとめさせようとここにコピペしたと考えるのが妥当
573 : 名無しさん@ピンキー2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:uL4yPMnv
ヒロインファンの集まりの場では見れなかった→ヒロインファンの集まりの場には見えなかった
574 : 名無しさん@ピンキー2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:cZVhXvCM
だな
575 : 名無しさん@ピンキー2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:mMm2zu1P
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/ff/1373513778/37
既に他スレに投稿されていた作品であることが確認できるという理由で、>>556はここの保管庫の保管対象からは外れると思う
書いた本人と転載者とが同じ人かの確認はもはやできないし、本人であったとしても、二重投稿である旨を書いていない点で書き手としてのマナー違反だから
なお、ここはキャラアンチが書いたものであっても来るSS拒まずというのは、>>1の通り
気に入らないSSは黙ってIDあぼーんでもすべし
576 : 名無しさん@ピンキー2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:nUH1qEuA
アンチの投稿でもおkにしたらアンチの投稿で荒らされそうなのがなー…
あからさまなアンチ作品投稿者が目立つようになったらスレが荒れて完全に終了しそうだし
現にアンチスレのSS持ってくるのがいる時点でアンチにこのスレが目つけられたって事だし
個人の性癖に合わない作品とアンチのキャラ貶し目的作品って別物だろ…
577 : 名無しさん@ピンキー2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:nUH1qEuA
つーか中ちらっと確認したら、>>568ではビアンカ派と呼んでるけど、
元スレではビアンカ信者だの馬嫁信者だの思いっきりビアンカ派に敵対してるのな
ここを第二の論争会場にするのはやめてくれ
578 : 名無しさん@ピンキー2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:tdniyXY2
ID:nUH1qEuA
ちょっと待て
マルチだからwikiに入れるなという議論ならここで聞くけどな
アンチだ信者だなどとそっち系の論争を今ここに持ち込んでるのは他ならぬあんただぞ
この板で過剰反応するのはやめてもらえないか
それこそFFDQ板へ帰って好きなだけやってくれ
アンチにしろ荒らしにしろ一番喜ぶのはあんたみたいに大騒ぎする奴を見ることだぜ
579 : 名無しさん@ピンキー2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:JXsoePHN
アンチ作品もOKは個人的にやめてほしい…なんかここを荒される未来しか見えん
580 : 名無しさん@ピンキー2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:7tesuGjq
こんなスレまでキャラアンチ活動の場として使おうとするなんてすげえ執念
581 : 名無しさん@ピンキー2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:AHfp/fXp
SS投下されたのかと思ったら違った悲しみ
582 : 名無しさん@ピンキー2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:gCLyE7w8
Xの兄貴と子作りするエルフさんのはなしまだー?
583 : 名無しさん@ピンキー2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:3ruqFUD5
カシムとネリスの仲に嫉妬するザジに魔物が侵入、ネリスを・・・ってのなら書いた記憶がある。
584 : 名無しさん@ピンキー2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN ID:UDfi8KKZ
ミレーユ便
585 : 名無しさん@ピンキー2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:8bZLqI3P
楽しみ
586 : 名無しさん@ピンキー2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:k5t61z8C
587 : 名無しさん@ピンキー2013/09/01(日) 20:09:49.91 ID:vpR932D1
レベルが上がるごとにセックスに関する知識が増えたり、体が変化するのってのはどうですか。
588 : 名無しさん@ピンキー2013/09/01(日) 22:59:48.00 ID:1XmI5rcd
そうりょは レベル10に あがった!
たいりょく(性的な意味で) +1 かしこさ(性的な意味で) +3
かんど +2 むねのおおきさ +1
フェラチオを おぼえた!
589 : 名無しさん@ピンキー2013/09/02(月) 16:26:00.38 ID:iachAvTN
エロいとか感じたモンスターとかいますか。
590 : 名無しさん@ピンキー2013/09/02(月) 16:56:33.17 ID:iachAvTN
確か、ドラクエの二次創作で性転換するってのがありましたよね。
591 : 名無しさん@ピンキー2013/09/03(火) 10:30:12.35 ID:zKfH9M0+
>>589
エロさを感じるくらいエロい、と思ったのは、8のウイッチレディくらいかなぁ…
592 : 名無しさん@ピンキー2013/09/03(火) 15:27:36.80 ID:NSzio0It
スライムとかどう考えてもエロいだろ
593 : 名無しさん@ピンキー2013/09/03(火) 17:03:12.38 ID:rTIrWp7b
ちょ、おま

それモンスター娘
594 : 名無しさん@ピンキー2013/09/04(水) 22:18:50.15 ID:8/YenA8Z
配合も本当ならエロSSのネタの宝庫になるはずなのに
人型でかわいいorエロいモンスターがほとんどモンスターズにいないからな…
かろうじてヴェーラさん異種姦くらいか
595 : 名無しさん@ピンキー2013/09/06(金) 02:14:53.29 ID:lpErWl6p
スラ忍「屋上」
596 : 名無しさん@ピンキー2013/09/10(火) 18:34:51.65 ID:t71h0sod
597 : 名無しさん@ピンキー2013/09/22(日) 21:07:01.82 ID:PEZ3TkYH
保守
598 : 名無しさん@ピンキー2013/09/25(水) 00:58:48.36 ID:jGXZWJeN
マーニャがカジノに負けて売春している話がみたい
599 : 名無しさん@ピンキー2013/09/25(水) 01:22:50.74 ID:P5svUoJ/
言い出しっぺのなんとやら
600 : 名無しさん@ピンキー2013/09/26(木) 19:23:05.25 ID:CNjOZvLs
むちむちプリンプリン(HP)>>600
601 : 名無しさん@ピンキー2013/10/13(日) 18:34:31.30 ID:I03OFTcX
>>485の続きを投下します、やっとできました
602 : 風呂2013/10/13(日) 18:36:35.95 ID:I03OFTcX
「あー、気持ちいい…。」
風呂場でシャワーを浴びながら天使は自分の身体だけではなく心まで洗われていくのを感じていた。

「天使…。」
風呂場の入り口から賢者が顔を出す。
「あの……背中流してあげようか?」
「ああ、お願いします。」
天使に即答され賢者は少し面食らう。
彼女はバスタオルを体に巻いてはいたが天使は赤面もせず、自分の髪を洗い始めた。

彼の背中を流しながら賢者は自分の身体を眺め考えた。彼が自分に欲情しないのは自分を女だと認識してもらってないからではないのだろうか……。
彼女の身体は、年頃の少女にしてはスレンダーでどちらかというと華奢で腕も脚も細く子供に近い。しかし、パラディンには及ばないものの胸は一応並み以上ある。
彼はドミールに向かう途中にあった温泉に皆で入った時も躊躇なくパラディンに背中を流してもらっていた。
天使には性欲はないのだろうか?いや、「天使」という種族があり天使にも家族がいたことを鑑みるとそれはないだろう。

悶々と煮え切らない想いを抱えながら賢者は優しく天使の背中を流してあげた。
603 : 初夜2013/10/13(日) 18:39:35.61 ID:I03OFTcX
風呂に入って着替えた後、二人はグビアナの市場で朝食を食べ、市場を見て回り買い物をし、
情熱的な踊り子のダンスに興奮する観客に交じって声を上げ、酒を煽り、大いに食べた。


日が落ちて宿をとり先に天使が宿の風呂場に向かい彼が帰ってきた後、
賢者も風呂に行きシャワーを浴びていた。

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい、賢者は今日の出来事を思い返していた。
こんなにも清々しい、体が軽くなったのはいつ以来だろうか。

幸福の余韻に浸りたかったが彼女はまだ満足しきれていなかった。
二人きりの時間はもうあまり残されていない。

明日になれば天使はパラディンと魔法戦士のところに戻ろうというだろう。

今日はまたとないチャンスだ。両思いになってデートをして今夜は二人きり。
彼女から恋人になる最後のチャンスかもしれない。


だが、先ほどから頭の片隅で嫌な声が自分を執拗に責めている。


「卑怯者、独り善がり、抜け駆けをしている。」

パラディンを出し抜いてしまったことは事実だ。
これ以上天使との関係を深めれば言い訳ができないだろう。

でも天使を立ち直らせて彼が独りではないことを気付かせたのは私だ。


今日ぐらいは自分のエゴで行動しても罰は当たらない。

彼女は執拗に自分を責める声を押し殺すようにそう念じ、嫌な声を心の奥に押し込めてしまった。
604 : 初夜2013/10/13(日) 18:41:56.88 ID:I03OFTcX
「運が良かっただけ。」

嫌な声が最後にそう叱責したが彼女は聞く耳を持たなかった。


シャワーを浴び終え寝室の近づくにつれて心音が自分で感じる程に跳ね上がっていく。

外からはまだ人々が楽しく上げる声が聞こえてくる。
できれば静かな夜に二人きりでしたかったが物事は往々にしてうまく運ばない。


賢者は部屋の前で2、3回深く息を吸って呼吸を整え、ドアノブに手をかけた。

この部屋に入ると何かが起こるだろう。

体は念入りに洗った。髪も乾かして櫛を通した。ブ
ラは外して絹のローブの下はショーツだけ。


後は……彼が自分を受け入れてくれるかだ。
期待と不安を胸に彼女は扉を開く。


「ただいまぁ。」
賢者の声が少し上擦る。

カンテラに照らされた薄暗い部屋のベッドに天使はいた。
彼は窓から星空を眺め、その表情は寂しげで今にも消えてしまいそうな儚さをはらんでいた。


「天使……。」
思わず彼女の口から声が漏れる。
605 : 初夜2013/10/13(日) 18:44:00.37 ID:I03OFTcX
「あ、お帰り。」
天使の顔がこちらを向き、にっこりと笑う。

月明かりに照らされた彼の笑顔は艶っぽく、ときめいてしまった。

もう天使は自分を置いてどこにもいかない。
彼の笑顔から言葉に出さなくても十分賢者には伝わる。


彼女はホッとして最初の目的を思い出しながら天使に近づいた。

「やっぱり天使界は恋しい?」
いそいそとベッドの上の彼の隣に腰掛けながら賢者は聞く。

「……前ほどは寂しくはないよ。」
彼女に微笑みながらも少し寂しそうに天使は答えた。

「賢者が救ってくれたから、もう大丈夫……ただ………。」

「ただ…何?」

「……これから何をすればいいのかわからないんだ。」
自分が天使という存在でなくなった時から漠然と感じていた不安だった。


「解るわ…でも……。」
そう言いながら賢者は彼の隣に寄る。

「貴方はもう自由ってことじゃないかな?これからゆっくり探せばいいのよ。」
606 : 初夜2013/10/13(日) 18:46:14.13 ID:I03OFTcX
「そうだよね。もう僕は………んッ。」

少し強引な、しかしすぐに天使は彼女の求めに応じる。

「三度目だね。」

「ふふっ、これから数えきれないくらいしてあげる。」
続けて頬に触れるだけの優しいキスをしながら賢者は言う。


「次は僕からね。」
天使は賢者の背に手をまわして彼女の体を自分にぴったりと寄せる。
よかった、と賢者は安堵していた。彼が自分を受け入れてくれているのだ。


「……目閉じてよ。」
天使のその言葉にハッとして彼女は目を閉じる。
恋人とふれ合い幸せをじっくり感じる余裕はないようだ。


もう一度、今度は前よりも長く唇が重なり合う。

「……ハ…ッ。」
「ん―――。」
賢者と天使の声を押し殺す音が響き、相手の唇の柔らかさが優しく脳を刺激する。

しばしの間、頭の角度を何度も変えて唇を味わう。
途中、鼻がぶつかり互いの歯が擦れる。不器用ながらも初々しい愛の形。

程よく満たされたところで天使は少し口を開いて舌を賢者の唇に触れさせた。
天使の舌の感触に賢者は一瞬、躊躇するが彼と同じように舌を出し天使の舌に触れる。

二人の舌先が触れては離れるのを何度か繰り返した後、
唇は擦れ舌が深く絡み合うたびに水っぽい音が漏れる。
607 : 初夜2013/10/13(日) 18:48:29.86 ID:I03OFTcX
口だけではなく賢者は体を天使にもたれかけ、
彼の手を握り締めて愛する人とふれ合い、求めあう。

彼女はこの幸せに酔いしれて目を閉じると相手の肌の温もりと柔らかさ、匂いを強く感じられた。


予想していたよりもずっと天使は積極的だ。あわよくばこのまま………。

「ちょっ、賢者……。」
天使は驚いて彼女と口を離す。

久しぶりに天使は据わった目で賢者を見つめる。
キスの途中から彼女の手は天使の股間に伸び、服の上から触っていた。


「若さに任せた行動はよくない、って君は賢者だから知っているよね?」
彼は普段怒るとこの顔になるのだ。

「……え!?」
予想外の反応に賢者は困惑する。

ここまでは彼女の思惑通りだった。


「そういうことはもう言わないで……賢者だって神様じゃないの…。」
彼女はこのまま勢いで全て押し切りたかった。


キスだけで終わるのは嫌だ。

「ダメだよ。」
天使の服に伸びた賢者の手を掴んで制止する。
608 : 初夜2013/10/13(日) 18:50:47.68 ID:I03OFTcX
「そういう『天使』みたいなことは言わないで。私たち年頃のカップルなのよ。
若さに任せた行動だってとっていいの!」
そういいながら賢者は天使の手首を掴んで自分の胸に押し付ける。

賢者の大胆な行動と初めて触る女の子の柔らかな感触に天使は目を見開く。
彼女は無理に大人ぶっていて滑稽だった。


賢者は天使の上に覆いかぶさり、
ちょうど天使の腹に賢者が跨るような格好になった。

彼女はさらに天使の正面に顔を寄せる。

「僕は君とキス以上のことはしないよ。」

「今日は私につきあうって約束したでしょ?」

「だからってやっていいことと――――。」
そのあとの言葉は天使の口からは出なかった。

潤んだ目と察してくれと言わんばかりの表情に天使は何も言えなくなった。

「お願い……。」
賢者は迫るように彼にいう。

彼女はただ涙をためた瞳でうったえる。


泣き落としはズルい、
という言葉が喉元まで出かかったが何とか天使は飲み込んだ。

「わかった……いいよ。でもこれは、今夜のことは
魔法戦士とパラディンには黙っておいて。」
人間の女の子が面倒くさい一面を持っているのは知っていた。


実際にこういう場面になると男が折れるほかないようだ。
609 : 初夜2013/10/13(日) 18:52:51.61 ID:I03OFTcX
――――天使だったときはわからなかった。
今はこれを理解できることが彼にとって幸福であり不幸でもあった。


「こんなこと二人にいえると思う?恥ずかしくて死んじゃうわ。」
そう思っていないのは彼女の表情から容易にわかった。

「勝った」と言わんばかりの笑みが顔から溢れている。

「………。」
少し癇に障ったので彼女の胸を絹のローブの上から少し乱暴に、練るように揉む。


「あん……ッ!」
天使の予想外の反撃に彼女の表情が引き攣るが表情は艶っぽく、
口から漏れた嬌声は耳に心地よく響く。

「…やッ、ちょっと…あ…………だめ…。」
絹のローブの心地よい手触りと柔らかで張りのある肉房の感触が伝わる。

賢者のローブの胸元をはだけさせると彼女の白い柔肌が露わになり、
念入りに洗われた彼女の胸からは透き通るような女の子の香りがする。


「やんッ!」
賢者の白い肌に貪るように吸い付き、天使の舌が彼女の肌を滑るたびに赤い跡ができていく。

「…ああ…はぁ……ん……。」
天使がちゅっと強く肌を吸う度に賢者の全身が震え、嬌声が口から漏れて彼の嗜虐心を刺激した。
天使は少し乱暴に自分にのしかかる賢者の体勢を変える。

今度は賢者が天使の下敷きになる。
610 : 初夜2013/10/13(日) 18:55:10.73 ID:I03OFTcX
先ほどまでは彼女の思い通りに押し切られたことへの反発から賢者を弄っていた。
だが、今はもっと強烈な禍々しいものに天使は突き動かされている。

「…あ……そこは…。」
下着の上から優しく賢者の秘所を撫でると時折彼女は痙攣するように震えた。

「あッ…!」
賢者は目をぎゅっと瞑り天使の手に指を絡め小刻みに震え、
まるで子供が人見知りするように怯えている。

今まで見たことのないしおらしく女性らしい彼女の様子に天使の中である疑問が浮かぶ。

「あの賢者って…その……処女なの?」
本格的に始める前に一応確認しておきたかった。

「えッ!」

「あ……いや、何だか怖がっているみたいだから……。」

「……そういうことは女の子には聞かないで……。」
賢者は少しムッとして答える。


天使は無言でじっと親が子を諭すような表情で賢者を見つめた。

「そうよ…はじめてよ。」
視線をそらしながら意地っ張りの賢者が観念したように言う。

「やっぱり!なんだか慣れてない感じがいつもと違ってかわいかったからね。」
顔を綻ばせ嬉しそうに天使はいう。

「いつもと違って、ってどういう意味よ?」

「……なんでもない。」


「ところで、あなたはどうなの?」
賢者も訊く。
611 : 初夜2013/10/13(日) 18:58:21.24 ID:I03OFTcX
「こんなこと想像もしたことがなかった。」
そう言いながら天使は彼女の身体を撫でまわし始め、
賢者も応じるように四肢を絡めた。

口づけを交わしながら二人はお互いの身体を愛撫する。


「ん……ぁ、ハッ……ん………。」
彼の身体は男にしては細く、華奢で大人には成りきれていなかったが
締まっていて新鮮な果実を思わせる。

賢者は自分と同じで少し嬉しかった。


二人の息が少し乱れ、息が湿り始めたとき潮時と考えたのか賢者は天使の下半身に手を伸ばす。

「……見せて。」
下着の上からもわかる。

先ほどからそれは身体を絡めるたびに自分に食い込んでいた。
少し強引に彼の下着を引き下げる。


彼女は積極的だが手つきは明らかに慣れてはいない。


(すごい、男の子ってこんなに大きくなるんだ。)


「え?……あっ!」
まじまじと彼女に見つめられ天使は戸惑う。


「そんな……ところ、ダメ…。」
今になってようやく彼女が何をしようとしているのか勘づき、
天使は制止しようとするが賢者の両手は彼を捉えて離さない。
 

「ハァ………ハア……、ン……ぐぅ。」
天使を暫く見つめて彼女はそのまま口を開き一気に根元まで咥える。
612 : 初夜2013/10/13(日) 19:01:54.69 ID:I03OFTcX
「ん……あっ……賢者………。」
水っぽくこもった音と賢者のくぐもった嬌声が夜の部屋に響く。

賢者の舌がねっとりと自分に絡みつき優しく全体を包み込む。


「う……ぁ……そんな…。」
天使は、彼女にされるがまま身悶えていた。

「痛ッ……!」
突如、天使は腰を引き賢者の口から離れた。

「ふぁッ、ゴメン!」
本で読んで性に関する知識はある程度持っていたが実際やってみると難しい。
天使に歯が当たってしまった。


「いいよ、大丈夫。………続けて、気持ちいい。」

「うん……。」
彼は天使であったため自慰さえ経験がなく、初めての行為に目を白黒させていた。

再び、賢者は天使を咥えて劣情のままに彼を貪る。


「う………あ!……ぁ。賢者……もう、口離して!」
彼女は無視してそのまま天使を離さない。


「お願い…離して……。」

だが、次の瞬間―――――。


「ゲホッ!ゲホ――――ゴホッ!」
賢者は咽ながら天使から口を離し、
彼女の口から白濁した熱い液体がこぼれた。
613 : 初夜2013/10/13(日) 19:04:14.87 ID:I03OFTcX
「うあ………ぁ。」
天使は下半身から力が抜けベッドの上でへたりこむ。


初めて感じる背徳的な悦びが全身に流れ、
甘い余韻を残しながら引き潮のように去って行った。

同時に少女を穢した罪悪感が湧き上がる。


賢者は焦点の合わない目で初めての経験にただ茫然と恋人を見つめていた

二人の荒い息が部屋に響き、天使の目には
涙を浮かべて弱さを隠せずにいる彼女がたまらなく愛しく、儚く映った。


「……賢者。」
上目づかいで自分をうっとりと見つめる彼女に天使は
今までに感じたことがないほど欲情し、彼はもうそれを隠せなかった。


「賢者に入れたいんだけど……いい?」
賢者に伸し掛かりながらそういうと彼女は小さく頷き、天使を受け入れる。

今の彼は何かに憑りつかれたようで恐怖すら感じた。
614 : 初夜2013/10/13(日) 19:06:41.71 ID:I03OFTcX
「賢者を全部見せて……。」
彼は賢者のローブを強引に剥いでいく。

彼女と自分を隔てるものは一枚の布ですら邪魔だった。


「……やぁ。」
賢者の絹のローブはベッドの外で丸くなり、白い肌と下着が露わになる。

「すごく綺麗だよ……。」
不慣れな手つきで下着に手を付ける天使のために彼女は腰を浮かす。

賢者の下着が脱がされ彼女の秘所が薄暗い中で露わになる。


「何度もそこを見ないで……。」

「あっ…ゴメン。」
天使も賢者と同じように荒い呼吸でそれをじっくりと眺める。


「本当にいいんだね?」

「いいよ。天使になら何をされても我慢できる…。」
天使の質問に彼とこれから行うことを期待するように賢者は呟いた。

「いくよ…。」
天使の確認に賢者は頷き、彼はゆっくりと腰を落とし始める


「……違う。もっと下。」
肉と肉が擦れ合いズズズと賢者の中に天使が沈んでいく。

「うん、そこ…。」
彼女は目をつぶる。

「そのまま……あ…ぁ……あ!」
自分の身体に天使が穿る。

賢者の目からは涙が溢れ、両手で口を押え、悦声を上げるのを必死に耐えていた。
615 : 初夜2013/10/13(日) 19:09:12.44 ID:I03OFTcX
思っていたよりも鈍い痛み、今まで何にも触れたことのない
敏感な部分をいじられるような経験したことのない、想像とは違う痛みに彼女は耐えていた。


「入って……る。」
天使の中に性欲とは別の、今までに感じたことのない欲望が生まれる。
戸惑いと快感の混じった彼女の甘い声が、歪んだ顔がもっと欲しかった。


この少女を永遠に自分が好きなようにしたい。
そう考えながら賢者の胸の先端を口に含んで舐め回すと少女の中がまたきつく締まった。


「あんッ!」
今の私はおかしい…おかしいくらい頭の中が天使でいっぱいになっていく……。


ゆっくりと腰を上に上げ、再び腰を落とす。
むき出しの性器が擦れあい欲望に身を捧げる。

「……ッ、痛い……。」
天使の肩に指が食い込む。

耐えられないほどの痛みではない。痛みとは違う刺激が頭に流れ込み、
彼女は男女の営みに未知の側面があったことを知る。

悦びだけではない、愛と似て少し違う。
澱んでいるようで純粋な、忌避するべきだが惹かれずにはいられない。
616 : 初夜2013/10/13(日) 19:11:46.42 ID:I03OFTcX
「大丈夫……、どうして欲しい?」

「ギュってして……抱っこして…。」
今は天使と触れ合って熱い情動に身を任せたかった。

体を起こし、天使は賢者を膝の上に乗せる。
彼女は両脚を彼の腰に回し、抱き合うことで先ほどよりも深く繋がりあう。


「ッ…うん、楽になった……。」
腰が安定し、賢者は天使の頭をぎゅっと抱きしめる。

天使も彼女の柔肌を貪るように口と舌で味わった。

賢者の体は女性特有の甘い香りと味を放ち、天使を誘うように収縮し、
この快楽にこのまま溺れてしまいたかった。


「賢者の中、緩くなってきたね……。」

「あぁ……あん!あぁん!……はぁ、はぁ。」
股間の痛みは少し鈍くなり、わずかだが彼女にも余裕ができる。


「賢者の中…グチャグチャして…すごい、気持ちいいぃ……!
でも、少しキツイね。動かしていれば…緩く…なるのかな。」
賢者も天使の腰の動きに合わせて動き始める。

沼にはまっていくように二人は深渕に沈んでいく。


「…うッ!!!あぁ……!!!」
先ほど経験した激しい肉欲がもう一度押し寄せ、
天使は焼けるような絶頂の快楽で口から湧き出る
叫びを押し殺すように天使は賢者と唇を重ね舌がねっとりと絡み唾液が混ざる。


熱を帯びた息を互いの顔にかけながら二人は耽美な口づけの行為に没頭する。
617 : 初夜2013/10/13(日) 19:14:55.10 ID:I03OFTcX
「ふあぁああ、ぁああ―――!!!」
賢者の体が弓のようにしなり、全身に震えが走る。


太ももの痙攣の後に悦びに満ちた甘く、長く続いた感情の高ぶりから解放され彼女はついに果てた。


(体の中が…あったかい。)


天使は体の奥からこみ上げ、突き上げるような快楽に溺れ賢者と肉欲を貪り尽くした。


昇天を感じさせるような絶頂は余韻を残しながら引き、快感と心地よい疲労感が熱い身体に残る。

再び息の荒い二人は見つめあう。


「………んッ…。」

「ッ……。」
天使は賢者の頭に手を回し自分の顔に近づける。

二人の唇がまた触れ合うが先ほどの激しさはなく互いの愛を確認するだけで終わる。


吐息を漏らしながら抱きしめあううちに情動に
突き動かされていた体に自我が戻り、不器用で愛に満ちた行為は終わる。


身体を重ねることで互いの熱い体温と早い鼓動が伝わり、
二人とも今までに感じたこともなく甘く清々しい満足の中で眠っているようであった。
618 : 再びの朝2013/10/13(日) 19:17:03.48 ID:I03OFTcX
朝特有の気怠さと腰の筋肉痛、
そして股間の鈍い痛みが彼女にこれが現実であることを確認させる。

まだ、意識はハッキリしなかったが彼の手を握り、指を絡めて天使の存在を確かめる。
ベッドの中は暖かく、昔両親と一緒に寝て以来の心地よい安心感に賢者は浸っていた。


(どうして昨日あんなに自分は積極的だったのだろう…。)


昨日の忘れられない夜をこの無垢な少年と共にしたと思うと不思議だ。
何よりも愛する人と一緒に夜を過ごしたことに少し戸惑っている。

自分がこういう経験をするのはずっと先だと考えていたからだ。


「……おはよう。」
彼はもう起きていたようだ。

賢者の手を握り返しながら天使は呟く。


おもむろに手で彼の頬に触れる。
まだ重たい瞼を開けて賢者は天使の顔に口を寄せた。


「朝から元気だね。」
二人の口が離れた後、天使がからかうような口調で言う。

「うるさい、ばか。」
いつもの賢者らしい反応が返ってきた。
619 : 再びの朝2013/10/13(日) 19:19:30.23 ID:I03OFTcX
――――――夢ではない。


天使は賢者とは違い心が透き通り、穏やかだった。

彼は彼女の髪先を指でいじりながら幸せを噛みしめていた。


天使界が消えてからずっと自分に取り憑いていたものが霧消し、
からっぽになっていた心に色々なものが満ちている。

だが、同時に顔から火が出るような羞恥が湧き上がってきた。
賢者の顔や彼女の白い肌に残る赤い跡を見るたびに昨日の
自分の吐いた卑猥な言葉や行為が冷えた頭に反芻し、体が熱くなる。


(そんなに私のことを視ないで…。)


羞恥から逃げるようにシャワーを浴びようと体を起こす。
だが天使は彼女の腕を掴み強引に抱きしめてベッドの中に押し戻した。


「……あっ!」
ちょうど天使の胸の位置に賢者の頭がきて、彼は両手の中に彼女を包み込む。
彼の顔を見ると昨日と同じ、子供が親に甘えるような表情で自分を見つめている。


「ずっと一緒にいてくれる?」
少し切なそうな顔で賢者を抱きしめ彼女に囁く。

「うん。」
賢者は即答する。

賢者の先ほどまでの羞恥が消え、幸福ではち切れんかのようだった。
私は天使が必要で天使も自分を必要としてくれているのだ。


今こそ彼と約束しよう……。
620 : 再びの朝2013/10/13(日) 19:21:38.68 ID:I03OFTcX
「天使はこれから何をしたい?」
唐突に賢者は尋ねる。

「……え?」

「もう星のオーラは集めなくてもいいでしょう?何かしないと。」
天使はその言葉を聞き、昨晩からの悩みを思い出した。

これから何をして生きていけばいいのか延々と考えていたがまだ答えは出ていない。


「わからない。何をすればいいと思う?」
天使は素直に答えた。

「じゃあ私のやりたいことに付き合って。」
少し間をおいて天使の目を見ながら賢者は話し出す。


「これから世界を冒険してあなたが元の天使に戻る方法や神の世界に行く方法を探そうと思うの。」
これが彼のためにできることだ、半分は自分の望みでもあるのだが……。


「いいの?ボクのために…。」

「いいのよ。」
微笑みながら賢者は答える。

「それにこのままだと何だか癪なの。あの女神にいってやりたいことが山ほどあるのよ。」
自分の恋人にあれだけ苦労を背負い込ませたあの女神をこのままにはしておきたくはなかった。
621 : 再びの朝2013/10/13(日) 19:24:30.09 ID:I03OFTcX
「じゃあボクたちもそれに付き合わせてもらっていいかな?」


突然自分たち以外の声が聞こえ、二人の顔が同時に声のした方向を向く。



「おめでとう!」
少し開いたドアの隙間から魔法戦士が顔を出す。

声にならない叫びが二人の心の中に響いた。


「………いつからそこにいたの?」

「ボクは二人が起きる前からいたよ。ずるいよ、二人だけでさ。」
天使が落ち込んで以来、我慢してきた分を取り戻すかのように魔法戦士は、はしゃぎ悪乗りする。


「昨日は、楽しかったみたいだね〜。」
魔法戦士のことだ、この瞬間のために大分前からドアの向こうで待っていたのだろう。


二人は赤面し、顔を逸らした。

魔法戦士に続いてパラディンも部屋に入る。


魔法戦士は明るい笑顔を見せていたがパラディンはいつもの凛とした顔が少しぎこちない。
笑顔だが目は全く笑ってはいなかった。


そんな中、魔法戦士は二人と手を取り天使の復活を喜びながら言う。


「ごめんね。心配かけちゃって。」
真っ赤な顔をしながら天使は魔法戦士の手を握る。

「あっち行ってなさいよ。このマセガキ!」
天使とは逆に賢者は魔法戦士の手を振りほどいて睨み付けていた。


「そうそう。やっぱり天使と賢者はこうじゃないとね。」
からかいと喜びの混ざった調子で魔法戦士はいう。
622 : 再びの朝2013/10/13(日) 19:27:18.37 ID:I03OFTcX
「でも、どうせだったらボクも一緒にしたかったな―――。
ボクもパラディンもまだ経験ないんだよ。みんなでやったほうが楽しかったと思うし。」


「なんですって――――――!!!!!!」
般若の顔で賢者は魔法戦士を睨み付ける。

からかわれたことに加えせっかくの天使と二人きりの時間を奪われたことで
すでに不機嫌だった彼女は魔法戦士の一言で一気に臨界点を超えてしまった。


「いいかげんにしなさい。」
そういいながら優しくパラディンは魔法戦士の頭をポンポンと叩いてなだめる。


出会ったころからの4人の関係がそこにあった。



「ゴメン、ゴメン冗談だよ。そういえばさ二人を探していた時に聞いたんだけど、
星吹雪の夜にツォの浜の沖に何か光るものが落ちたらしいよ。行ってみない?
ボクの勘だと何か天使界に関係していると思うんだ。」

怒髪天を突く勢いの賢者を見て、流石に悪ふざけが過ぎたと感じたのか魔法戦士は提案する。


「そうだね。でもその前に朝ごはんを食べよう。久しぶりにみんなと一緒にご飯を食べたいんだ。」
天使は嬉しそうに言う。



その瞬間、再び彼らの時間が動き出した。
これは終わりではなく始まりの話。
623 : 名無しさん@ピンキー2013/10/13(日) 20:54:13.87 ID:YNKfYR/9
GJ!
エロさもさることながら、羞恥心の見え方がたまらない。
624 : 忍法帖【Lv=10,xxxPT】(1+0:8) 2013/10/13(日) 22:55:26.99 ID:isxWHHEA
支援
625 : 名無しさん@ピンキー2013/10/14(月) 11:54:54.03 ID:uecY30i8
魔法戦士が超絶ウザキャラになってる
626 : 名無しさん@ピンキー2013/10/14(月) 21:11:05.64 ID:ZugvBmZg
>>602
長編乙可愛いな
627 : 名無しさん@ピンキー2013/10/14(月) 22:55:58.05 ID:uecY30i8
この話ここで完結?
628 : 名無しさん@ピンキー2013/10/15(火) 23:45:25.52 ID:bQW4wrIV
続きそうな感じだよね
629 : 名無しさん@ピンキー2013/10/20(日) 22:01:12.45 ID:x5G1QHZt
やっと続き来たのか
賢者可愛いね
630 : 名無しさん@ピンキー2013/10/22(火) 21:50:23.56 ID:ZUc8KksZ
支援
631 : 名無しさん@ピンキー2013/10/26(土) 16:09:09.12 ID:EyMw1TXr
こんな感じの汁気たっぷりの5主人公とビアンカの初夜を誰か書いて
632 : 名無しさん@ピンキー2013/10/29(火) 21:21:46.73 ID:HCouscin
言い出しっぺの法則
633 : 名無しさん@ピンキー2013/11/02(土) 22:15:52.04 ID:bsZUWLMc
5主とビアンカの慣れ始めなんて山ほどあるだろ?
634 : 名無しさん@ピンキー2013/11/09(土) 22:02:35.29 ID:/JSqOINF
保守
635 : 名無しさん@ピンキー2013/11/10(日) 22:24:38.22 ID:feaRQnNY
ミネア×クリフトが好き
636 : 名無しさん@ピンキー2013/11/12(火) 23:08:25.11 ID:SWLe6a6e
9の話ばっかり書いてる人です

>>622の続きは以前投下した天使とパラディンのエラフィタ村での一夜です
あれを少し変えたものって需要ありますか?
637 : 名無しさん@ピンキー2013/11/13(水) 00:26:15.35 ID:Z3cMiHuC
あります。
需要がどうこうとか気にせず、えろいSSが書けたらとにかく投下!でいいと思います!
638 : 名無しさん@ピンキー2013/11/13(水) 00:45:38.68 ID:t51zPkAZ
需要ありますかって聞くと、途端になくなっちゃうってばっちゃが
639 : 名無しさん@ピンキー2013/11/15(金) 22:18:04.50 ID:uo6qlaQm
>>636
嬉しいね頼むよ
640 : 名無しさん@ピンキー2013/11/16(土) 20:24:48.74 ID:iIlWag5f
>>636
もちろんあり
寒いけど全裸で待機するぜ
641 : 名無しさん@ピンキー2013/12/01(日) 21:54:23.60 ID:PgmDZ+Hd
よし、この流れなら言える。誰か
ミルドラース(もしくはゲマ)×マーサの18禁(非恋愛系)書いてくれ。
需要も供給もないかな?
642 : 名無しさん@ピンキー2013/12/03(火) 01:20:59.72 ID:Bbj9aRTO
静かだな
やはりスマホ版の確認かな
643 : 名無しさん@ピンキー2013/12/05(木) 23:03:48.30 ID:RDEZy1au
>>636
エロいのがあるならさっさと投下してくれ
644 : 名無しさん@ピンキー2013/12/08(日) 00:04:11.44 ID:U3BB+f9q
マリベルとアイラとフォズ、どれか需要ある?
ないのを書く
645 : 名無しさん@ピンキー2013/12/08(日) 00:33:15.32 ID:GepiRpuJ
正直誰が相手なのか組み合わせにもよるんで・・・
7主なのか王子なのかガボやジジイなのか
それともいわゆるモブなのか
646 : 名無しさん@ピンキー2013/12/08(日) 10:55:27.93 ID:gwqyCa4p
7って同人誌でも需要さっぱりだからな
カップリングがはっきりしないのが最大の原因だけど
647 : 名無しさん@ピンキー2013/12/08(日) 16:41:03.48 ID:P7ggSc/e
>>644
そもそもマリベルの需要なんてあって無いようなもんじゃないですか!やだー
648 : 名無しさん@ピンキー2013/12/13(金) 08:28:49.75 ID:cjwDUnw0
>>644
ダーマで力を奪われて抵抗できずに凌辱されてしまう展開希望
649 : 名無しさん@ピンキー2013/12/13(金) 14:58:00.42 ID:lv3/9By5
マリベル「ダーマされちゃったわ・・」
650 : 名無しさん@ピンキー2013/12/21(土) 01:30:14.96 ID:X6lneLWc
保守
651 : 名無しさん@ピンキー2013/12/23(月) 01:00:59.66 ID:iODuWart
アルス×マリベルでどうか是非!!
652 : 名無しさん@ピンキー2013/12/30(月) 18:40:06.75 ID:lrkEQfHo
すまん来年になりそう
653 : 名無しさん@ピンキー2014/01/04(土) 19:51:37.89 ID:WF4mgRf1
超即興のバカネタ

マーニャ「どうよ、耐久力を高めるためにいつもの服を鋼鉄で作ったわ!」

ミネア「それはどうかと…」

マーニャ「…冷たい」

ミネア「アホな姉…」

マーニャ「なんですって! ならこの鎧の強さを教えてあげようじゃない! モンスターカモン!」

モンスター「がおー」

マーニャ「いくわよ!」

モンスター「がお!」バキイッ

マーニャ「う!?」ピキピキパリン

マーニャ「なんて攻撃力…鎧が砕け…ってぎゃあああああああああああああああああああああ」

ミネア「…はあ」

モンスター「がお?」
654 : 名無しさん@ピンキー2014/01/05(日) 01:59:15.92 ID:O00BSVPH
コンコン……
深夜、ドアをノックする音。
扉を開けてみるとそこには頭の薄くなった、でっぷりと太った中年の男が立っていた。
見知った顔である。このサラボナに住んでる人だ。
「フローラちゃん、いつもの頼むよ」
その脂ぎった顔に中年男独特のいやらしい笑みを浮かべながら、汗ばんだ手で私の手を掴むと硬貨を握らせてきた。
30G。
世間一般でははしたお金かもしれない。
でも今の私には心の隙間を埋めてくれる唯一の行為への足がかり。
「わかりましたわ。それじゃあこっちにいらして」
私は顔の筋肉を総動員し、努めて営業スマイルを維持しながらその男を家の中に招き入れた。

「ぶひぃ、ふひぃ、ちゅぱちゅぱ。フローラちゃんのおっぱいはいつ舐めても美味しいねぇ。ぶひぃぃぃ」
「そ、そうですか?ありがとう…ですわ」
中年男の舐め回しに私は顔に媚びるような卑屈な愛想笑いを浮かべながらそう答えた。
私は緑色の普段着の胸元をずり下ろされ乳房を露出させられており、男はその露になった乳首に赤ん坊のように吸い付いている。
でも私は一切抵抗しない。
抵抗なんてする必要がない。
これは私の望んだ事なのだから。

リュカさんがデボラ姉さんと結婚して10年以上が過ぎた。
リュカさんと姉さんからはあの結婚式の日以来まったく音沙汰がない。
その間に私と結婚したアンディとの間には子宝に恵まれなかった。
後継きを埋めないまま年を重ねていく私を、お父様は見放した。そして、アンディの事も追い出した。
若い頃は一人で生きていこうと心に決めていたのだが、30歳間近になった私の心は大きく揺らいでいた。
私は本当に一生このままなのではないか。
誰も愛せず、誰にも愛されずこの鳥かごのようなサラボナの屋敷でひっそり歳をとって死んでいくのか。
そう思うと無性に怖くなった。
堪らなく怖くなった。
誰でもいいから人の温もりを与えてもらいたかった。
私は人肌恋しさに後押しされ、サラボナに住む男の人達と次々と関係を持った。
小さな街だ。噂はすぐに街中に広まり、いつしか私は金を払えば簡単にやらせてくれる女というのが街中の共通認識となった。
街中の男たちはすぐさま全員穴兄弟となった。
でも私はそれでも良かった。
お金が欲しかったわけではないけれど、それを免罪符に殿方達が次々に私を求めてくれる。
男たちが私のことを大切にしてくれる。必要としてくれる。
それが何よりも嬉しかった。
男達に身を委ね、性交の快楽に身悶えしている時だけは寂しさも辛さも忘れることができた。

「なあフローラちゃん、そろそろいいだろ、な?な?」
おっぱいに顔をうずくめながら上目遣いに甘えてくる中年男は妙に可愛らしく母性本能をくすぐられ、愛おしく思えてしまう。
「ええ、私はいつでも大丈夫ですわ」
私はそう言ってニッコリと微笑んだ。

こうして私は今日もまた一夜の妻になる。
明日も明後日も、私が歳をとって女としての魅力を失うまで、私は春を売り続けるのであろう。
それが女の幸せを手放してしまった私の末路。
姉さんは、あの方に、どのように抱かれているのでしょう。
そんな考えが時折頭を掠めては、一瞬で消えていく。

……馬鹿な女。
本当に、骨の髄まで馬鹿な女。
655 : 名無しさん@ピンキー2014/01/07(火) 07:24:15.64 ID:1VZPLsZt
正直NTRやビッチは好きじゃない
いくらでも書けそうだから
656 : 名無しさん@ピンキー2014/01/07(火) 14:41:41.39 ID:6PV+EjQh
俺も寝取られ嫌い
主人公×ビアンカのいちゃいちゃ新婚セックス話がみたい
657 : 名無しさん@ピンキー2014/01/07(火) 19:22:35.68 ID:N4/WnvED
4とか6とか主人公の相手が決まってないと書きやすいよね
658 : アラグネ2014/01/08(水) 03:52:00.40 ID:OGCXDxEa
ドラクエxのフウラちゃんとかソーミャのSSはないのか!?おい!?
659 : 名無しさん@ピンキー2014/01/09(木) 12:52:50.85 ID:GrfJ5m/f
4はクリフト×アリーナ一択
6なら主×夢ターニアとミレ×テリの近親一択
7だったら主×マリベル一択
5は知らん


そんな事よりレムオルかモシャスを有効活用したエロいのをはよ
660 : 名無しさん@ピンキー2014/01/09(木) 16:21:34.04 ID:dtwLDWnh
>>659
4と7同意
6は特に組み合わせに拘りない
5は主人公×ビアンカが一押しだけど
他の嫁派も否定はしない

だが俺が今一番読みたいのは10のSSなんだ
ありそうで全くない
661 : 名無しさん@ピンキー2014/01/09(木) 18:51:26.76 ID:VCbvxTk+
クレクレしてないで自分では書かないのか?
投下しにくいわここ
662 : 名無しさん@ピンキー2014/01/10(金) 10:17:00.01 ID:uTI6HGmB
4に関してはクリフト→アリーナだな×ではなくて
あくまでクリフトの一方通行でしかないのがいい、報われない恋的に
5はフローラ派だな、フローラだけ主人公に振られても相手が居る
其のまま一途でもいいしビアンカやデボラとのハーレム展開にもできる
7はリメイクでグレーテ姫とのフラグが消滅したから対抗馬が居ない
アイラはいまいち存在感が無い、親友の妹はブラコンからレズに移行してしまうし
リメイクは良作だったがこれと戦闘中の会話を無くしたのは許せない
マリベル魅力の4割はそこにあるのに
663 : 名無しさん@ピンキー2014/01/10(金) 12:44:38.63 ID:dOV5o7+H
ハーレムにも興味ないな
昔は主人公×ビアンカ好きだったけどある二次サイトとの出会いで主人公×デボラにはまった
やたら邪険にされるアンディ×フローラは純愛っぽくて実はかなり好き
ジャミ寝取られくそくらえ
664 : 名無しさん@ピンキー2014/01/10(金) 15:24:24.91 ID:ZtZvvCwZ
よしそれじゃ7主×アイラの純愛書いてくるわ
665 : 名無しさん@ピンキー2014/01/10(金) 16:11:50.51 ID:siWrnmJy
主人公×ビアンカは結婚も不倫もできるのが良い
昔あった嫁石化中に山奥の村で不倫する話はエロせつなくて良かった

ビアンカと結婚した主人公がフローラやデボラと不倫する話ってあんまなくね?
666 : 名無しさん@ピンキー2014/01/10(金) 17:17:30.68 ID:uTI6HGmB
アンディと結婚したフローラを寝とった話ならあったな
667 : 名無しさん@ピンキー2014/01/10(金) 23:03:19.95 ID:KJ0OBvdt
>>665
不倫物より普通に主人公×ビアンカの純愛のが需要あると思う
668 : 名無しさん@ピンキー2014/01/10(金) 23:07:07.07 ID:L910q7t+
ここはどの嫁と結婚しても問題ない王子と王女で
669 : 名無しさん@ピンキー2014/01/10(金) 23:30:05.01 ID:Osa1GNKg
たまにはアンディ×フローラの激しい夜の話があってもいいと思う
670 : 名無しさん@ピンキー2014/01/11(土) 00:39:55.58 ID:H3ZJeK32
主人公と結婚したフローラをアンディが寝とる話とかないの?
671 : 名無しさん@ピンキー2014/01/11(土) 01:07:52.34 ID:6VqbGg+1
5厨ってどこでもうざいな
まあ嫁論争でしか語られない欠陥ゲームの信者らしいうざさだが
672 : 名無しさん@ピンキー2014/01/11(土) 02:42:36.79 ID:xrwwNxum
別に論争していたわけでもないのに
673 : 名無しさん@ピンキー2014/01/11(土) 09:28:54.24 ID:QYIFcMaP
アンルシアちゃんのエッチいのはよ
674 : 名無しさん@ピンキー2014/01/11(土) 15:05:17.90 ID:E0qCDCH9
>>671
まるで95年を予言したような宗教団体のこととか今じゃ言っても誰もわからないしな
675 : 名無しさん@ピンキー2014/01/13(月) 12:33:14.64 ID:1bhwbinz
>>654
GJ
676 : 名無しさん@ピンキー2014/01/24(金) 18:12:28.29 ID:m81E73YS
川村美亜の小説を保存してた人はいませんか?
677 : 酔っ払い2014/02/04(火) 00:52:41.92 ID:NmhhvuLk
5「これ…着てみないか」

ビアンカ「こ、これって…まさかエッチな下着?」

5「…すまん、ちょっと調子に乗ったらしい。悪かった」

ビアンカ「な、何を言ってるのよ! あ、あああ、あなたが見たいなら…うう、ちょっとくらい恥ずかしくても…OKするわよ」

5「ちょっとくらい恥ずかしくても? じゃあ露出とかありッてことになるんじゃ」

ビアンカ「へ?」

5「たのむ!お願いだ! やってくれ!」

ビアンカ「わ、解ったわ…」ポンポンポンのスッポンポン

5「…おおおおおおおおおおおおおおおおマジだ」

ビアンカ「うう、でも5のためなら…」/////////

5「よーし、やろうぜ!」

ずっこんばっこん
678 : 名無しさん@ピンキー2014/02/05(水) 00:26:34.41 ID:e5dEkOxQ
ありきたりすぎる
もっと羞恥心を煽るように
679 : 名無しさん@ピンキー2014/02/14(金) 08:20:55.21 ID:OTD4imuK
唐突な思いつきで考えたドラクエ3の
男勇者×女武道家
の純愛イチャラブです。
見ている方はどうか感想をお願いしますm(_ _)m
次から書き込んでいきます
680 : 名無しさん@ピンキー2014/02/14(金) 17:08:48.69 ID:OTD4imuK
「戦士さん!マッドハンドお願いします!」
「応!」
「武道家ちゃん、バイキルトよ!」
「ありがとう!」

 地下世界・アレフガルドにやってきて一週間。
 俺こと勇者と仲間たちは順調に大魔王ゾーマを倒すための準備をしていた。
 すでに、大魔王の城に行くためのアイテムや、奴が隠した防具は手に入れた。
 今はマイラにいた刀鍛冶にオリハルコンを渡し、大魔王を打倒できる剣を作って貰っている
 ……のだが、ここで問題が発生した……。

「チェストォッ!」
 武道家の一撃が、逃げ出そうとしたはぐれメタルを一撃で粉砕する。
 流石はパーティー1の駿足。豹か何かのような俊敏な動きだった。
 辺りを見回し、魔物の姿が無いのを確認し、ほぅっ、と息を吐いて戦いの熱を逃がす。
 ……さてと。
「あー……武道家。お疲れ様」
「……………」
「今日はさ、もう俺も賢者さんもMP切れたし、街に戻ろうと思うんだけど……」
「……好きにすれば?」
「あ……う、うん……そう、だな…」
 何故か、最近武道家はこんな調子だ。
 前々から良く俺をライバル視して突っかかってきたが、ここ数日、避けられているのだ。
 まあ、原因は分かっているのだけど……。
681 : 名無しさん@ピンキー2014/02/14(金) 18:48:24.81 ID:OTD4imuK
「……お前ら、何があった?」

 あの後、武道家は「気分が悪い」といってさっさと宿屋の自分の部屋に戻っていった。賢者さんも彼女と一緒に戻った。
 そして、俺と戦士さんは静かに夕食を食べながら、今後の方針を話し合っていた。
 その時、ふと戦士さんが尋ねてきた。
 無論、俺と武道家のことだ。
 戦士さんは、物静かだがいつも先頭にたって俺達を守ってくれる。俺と武道家が喧嘩するとよく仲裁に入ってくれた。
 まさに兄貴と呼べる人物だ。
 そんな彼だからこそ、俺達のことが気になっているのだろう。
「……大体、凱旋の日、ゾーマの存在を知った日、その翌日くらいからだったな。今の状態になったのは」
「……すみません」
「謝る必要は無い。俺はただ聞いてるだけだ」
 ……その通りだ。どうやら俺も大分やられているらしい。仕方ない、他に相談できそうな人はいない。
 俺も腹を括ろう。
「……あの日の夜のことです。母や祖父に事情を説明した後、挨拶まわりをして宿屋に部屋を取ったんです」
 もう戻れないかもしれない。それでも地下世界に行く。
 でも彼らの顔を見たら、決心がゆらぎそうになるから宿を取った。
 そしたら夜に武道家が来て、一緒に飲まないかと誘ってきた。
「……そういえば、あいつは今年で成人か」
「ええ、俺の1個下ですよ。あいつ」
 五月蠅いからという理由で、ルイーダの店に行かず、宿屋の食堂で飲むことにした俺達。
 最初は何でもない話ばかりだった。
 が、次第に彼女は酒が回りだしたのか、俺の悪口を言い出した。
 やれ可愛い街娘を見るとすぐに鼻を伸ばすだのなんだの。
 普段なら気にしないが、こちらも大分酔っていたらしく言い返した。
 次第に言い合いは非道くなり、そして互いにこう言ってしまった。
「ふん!だったらベッドの上で決着をつけようじゃない!この童貞勇者!」
「上等だ!泣かしてやるこの小娘!」
 それが、悲劇の始まりだった。
682 : ◆0wT8qFn8cStZ 2014/02/14(金) 20:36:11.50 ID:0kHEl53A
他のところにも投下したけど、ここにも
本編終了から4〜5年ぐらいたった感じで

「ねえ、レックス」
レックスが自分の部屋に戻った時ベッドからタバサの声がした
ベッドの方を見たとたん、レックスは真っ赤になる
タバサは片方の腕を支えにこちらを向き、もう片方の肩ごとシーツから出した腕で、小さなハート型のチョコレートを持っていた
レックスの目に映ったのは黒い下着と、それとコントラストをなすタバサの白い素肌
その笑顔は妖しかった
「タバサ……」
「私、レックスを待ってたの」
タバサの手招きにレックスは呆然としながらも、自然と足がタバサの方へ向かうのを感じていた
「魔法じゃないわ」
これは魔法なのか、そう自然に心に浮かぶ直前、レックスはそれをちょうど打ち消された
タバサはチョコレートをくわえると、布団を持ち上げた
黒いレースの縁取りがされたブラジャーが丸見えになり、その下には白くてスマートなお腹が、そしてその下には再び黒い……
レックスは食虫植物を連想したが、それでも足は止まらない
ベッド脇についたところでレックスは体を起こしたタバサに抱き着かれ、倒れ込んだ
タバサはくわえたチョコレートをレックスの口につきつける
レックスは歯でチョコレートを取ると、口の中で転がす
チョコレートはとてつもなく甘かった
タバサは目を閉じて唇を突き出した
チョコレートを舐めて取れ、ということなのだろうが、レックスは自分の顔が耳まで熱くなるのを感じるばかりで、何もできなかった
目を開けるタバサ
「私のチョコレート、全部受け取ってくれないのね。レックスのヘタレ。ヘタレックス」
自分の唇についたチョコレートを舐め取りながら言う
「ま、わかってたけど」
683 : ◆0wT8qFn8cStZ 2014/02/14(金) 20:38:37.82 ID:0kHEl53A
このままでは自分の何かが危うい、そう感じたレックスだが、何もできなかった
タバサはレックスに口づけると、舌を突き入れた
何度も何度も歯列をなぞられれる。その上にレックスは抱き着くタバサの胸の感触を感じながら、その芳香をも嗅ぐ
さらに、タバサの手がレックスのズボンに触れた
股の間を優しく往復され、レックスは身悶える
タバサの手が、ズボンの中に入りこむ
「んぅっ」
タバサの手が直接、レックスに触れる
固く屹立したそれを直接愛撫され、さらに固くなる
タバサの唇がレックスの唇から離れ、銀色の糸も切れた
タバサはレックスのズボンをパンツごと下ろすと、シーツを跳ね上げ、レックスのそれに吐息をかける
タバサはレックスの顔を上目づかいで見上げると、ためらいもなく舌で舐めた
初めての感覚にレックスの頭が跳ねた
玉を繊細な指使いで撫でながら竿を余すところなく付け根にかけて舐めていく
タバサがレックスの表情を堪能しきったところでそれをくわえこむと、首を前後に動かす
「な、何か出る……」
レックスのそれが一瞬大きくなり、タバサの口内に精を吐き出す
タバサの口からずるりと抜くと、先端に付着した精液もタバサが舐め取る
「レックス、レックスが寝るまで布団あっためておくからね。そのあとは……どうしてほしい?」
いずれにせよ今日のレックスはタバサの匂いに包まれて眠ることになるのだろう

1か月後にレックスが逆襲する話が書ければ
684 : 名無しさん@ピンキー2014/02/15(土) 15:16:27.80 ID:XYDB65vN
ドラクエ世界にバレンタインの概念があるのか?
685 : 名無しさん@ピンキー2014/02/15(土) 21:01:13.75 ID:nhVH3i4P
>>0681の続き

「……それで、失敗しました……俺、そもそも性知識は最低限度のもんしかありませんし、その、俺もあいつも……初めてだったし」
 本当に酷かった。お互い前後不覚で、何の知識もないのにぶっつけ本番で行い……彼女の初めてを奪ったのだ……。
 情けない話だがあの夜の事は覚えていない。ただ彼女の上で暴れ、泣かせたことしか覚えていない。
 多分初めてだったと思う。女の子を、それも大切な仲間を……泣かせたのは……。
 大失敗の翌朝、ベッドに彼女の姿はなく、ようやく会えたのがアリアハンの城門前だった。
 そして現在に至る。
 彼女に露骨に避けられ、謝ることすらできずにいる。いや、単に恨み言を言われるのが怖くて彼女から逃げていたのだ。
 唯一の救いは、戦闘中は戦闘に集中して、互いにあの事を忘れられることだ。
「……俺、最低ですよ。酔った勢いで仲間の純潔を奪って、挙げ句の果てに罵倒されるのが怖くて謝れないなんて……勇者失格だ……」
 これでは畜生にも劣るただの獣だ。勇者以前に人としても最底辺に違いない。
 あれから酒を見るだけで吐き気がする。しかし、彼女はもっと辛いに決まっている。
「……確かに最低だよお前は」
686 : 名無しさん@ピンキー2014/02/15(土) 21:40:27.91 ID:nhVH3i4P
 今まで黙っていた戦士さんが、そう呟いた。
 ああ、やっぱり俺は……と自己嫌悪に入ろうとした俺に向けて、
「だが、最低なのは人間としてじゃ無い。男としてだ」
 戦士さんはそう言った。
「確かにお前は武道家に非道いことをした。しかし、だ。酒に、性欲に溺れるのは人の性(さが)だ」
「……」
「そしてお前は勇者。つまりは大魔王を討つ人類の希望にして、代表だ。人間の代表である以上、三大欲求からは逃れられない。しかし、女からは逃げるな。特に抱いた女ならな」
「……」
「……ここだけの話、実は俺、賢者を抱いたことがある。というか初めてを奪った」
「へ?え、えぇ!?」
「更に言うと旅が終わったら添い遂げる気だ」
「えええええええ!!??」
 は!?え、嘘!?ええ!?戦士さんと賢者さんが!?
「良いか勇者」
 絶賛メダパニ状態の俺に、戦士さんは言った。
「男は責任を持たなくちゃならない。例え相手が遊女であれ、女を抱くなら、その女の人生を、抱かれる覚悟ごと包み込まなくちゃならない」
 ぐい、と酒を仰ぐと戦士さんはニヤリと笑った。
「特に惚れた女なら尚更だ。好きなんだろ?武道家のこと」
「………………!!」
 顔が熱くなった。それは、羞恥からだと思う。
 ……好き?……誰が?……俺が?……誰を?……武道家を?
 ……俺は……武道家が好き……なのか?
 そんな俺を見て、なんだ気付いてなかったのかと戦士さんは笑った。そして不意に真剣な眼差しでこちらを見つめてきた。
「勇者。覚悟も知識もないのに、女を泣かせたのは確かにダメだ。だけどな、何時までも泣かせっぱなしはもっとダメだ。嘆くより、後悔するより、やり直して、また始めたほうが何倍もマシじゃないか?」
「……」
「お前がすべきことは、懺悔じゃない……もう、分かってるだろ?」
「……ありがとう、戦士さん」
 そう言って、俺は立ち上がった。
 目の前の霧が晴れた気分だ。マヌーサにでもかかってたのか、俺は。
 だが、大丈夫だ。今俺の胸あるのは後悔と自責の泥じゃない。
 まだ、よく分からないけど、確かにあるこの熱い炎のような気持ちだけだ。
687 : 名無しさん@ピンキー2014/02/16(日) 20:25:22.91 ID:lun5c6O4
「武道家、俺だ。勇者だ。話があるから部屋に入れてくれ」
 コンコン、と武道家の部屋のドアを叩く。
 まずは謝ろう。それからのことは後回しだ。彼女に罵倒されようが一発殴られようが甘んじて受けよう。
 そう思ったのだが、武道家は出てこない。
 やはり怒って出てきてくれないのか、と思った。
 しかし、何やら中でドッタンバッタンと慌ただしい音を聞き、だんだん不安になってきた。
 何だ?武道家は何をやっている?大丈夫なのか?……まさか、誰かに襲われている……?
 その考えに至り、不安になった俺はドアノブを何度も捻ったが、鍵がかかっていた。
 部屋の中から痛そうな音が連続で聞こえてきた。
 ……仕方ない。
「武道家!入るぞ!」
 バキィッ!と俺は力任せにドアノブを破壊して部屋に入った。
 思った以上に力が入っていたらしく、扉がバキッ!という音とともに外れてしまった。いや、今はそんなことより
「武道家!」
 先ほどの不吉な想像から、つい大声で彼女の名を呼んだ。
「いきなり部屋に入ってこないでよ!この変態!」
「ぶっ!!」
 ぶとうか の まくらなげ!
 かいしんのいちげき!
 ゆうしゃ は きぜつしそうだ!
「〜〜〜〜いっってぇぇ!」
「いきなり扉壊して部屋に入ってくる馬鹿には当然の罰でしょ!」
 ……いかん、つい頭に血が上ってとんでもないことをしてしまった。落ち着け俺、クールになれ。
 ちなみに、武道家はベッドの上で足を組んで座っている。これから寝るところだったのだろうか?
「……で、何よ。さっさと用件言って消えてくんない?今あんたの顔、見たくないんだけど」
 ぷい、と顔を背ける武道家。当然だ、俺は彼女を傷つけたのだから。……だが、だからこそ、けじめをつけるために、俺はここにいるのだ 。
「…………武道家、あの夜のことなんだが…………」
「…………」
「すまなかった」
「…………え?」
 俺は、ジパングに伝わる全身全霊で謝意を表す体位、ドォゲザなるものを行った。
「あの夜、俺は酒に溺れて君の純潔を奪った。これは強姦にも似たとんでもない大罪だと自覚している。君を苦しめてしまったことを、ここに謝罪する」
 深々と頭を、ベッドに腰をかけている少女に下げた。
「無論、謝れば許してもらえるなど思っていない。そのつもりもない。君の望みを言ってくれ。君の望んだ通りのことをしよう。それが、今俺が君にできる償いだから」
 頭を地に付けて、彼女に許しをこう。今俺が彼女にしなければならないのは、こんな事だけだった。まったく、我ながら情けない。こんな男が勇者だなんて……。
「…………じゃあ、質問に答えなさい」
「……なんだ?」
「その………………感想は………?」
「…………………………………………………………………………………………………は??」
688 : 名無しさん@ピンキー2014/02/17(月) 00:22:37.76 ID:RoC+r4JR
「だ、だから、ほら!あんたは私の……その…………初めて……………を奪ったでしょ!な、何かないのかしら?私とヤった感想はどうだったかって聞いてんのよ!」
 そういって、自身の二つ結びの髪をいじる武道家。目線はこちらを見ておらず、顔に朱がさしている気がする。
 ……ま、まさか自分を抱いた感想を求めてくるとは思わなかった!あんな強姦紛いのことをした感想とは!ふつうあんな記憶、思い出したくないものじゃないのか!?
 ……いや、ある意味これは罰としては効果的か。罪の意識に苛まれている者に、自分の罪を再認識させ、苦しめるというものだろう。なるほど、一理ある。……のだが……。
「…………すまない。実は、覚えていない」
「……は?」
「酒が入っていたから……その、行為に及んだことは覚えているのだが、記憶が曖昧なんだ。だから、何をしたかは分かるが、どんなだったかは…………」
「……………………………馬鹿」
「ぐっ」
「アホ、マヌケ、考えなし、甲斐性なし、このド変態童貞勇者!」
「すみませんでした!」
「あんた本当に救いようがないわね!ていうか覚えてない?覚えてないですって!?」
「はい!ていうか何で最初『泣かせてやる』なんて言ったかも覚えてません!」
「最っ低!ふざけないでよ!私が誰のせいでここ最近ずっと、……………してたと思ってんのよ!」
 そばにある物を次々に投げつけてくる武道家。流石に痛い。
 と、ふと俺はある違和感に気がついた。
 ……あれ?何だかいつもの武道家の装いと違うような?
 武道家といえば、あの緑の武道着がトレードマークだ。武道着の下にさらに長袖長ズボンを履くのが彼女のスタイルだったはずだ。
 しかし、今は緑の武道着を着ているが長袖長ズボンは着ていない。
 だからこう、彼女の二の腕とか、程よく引き締まった太ももが見えた。
 い、いや落ち着け俺!だからなんだ!よく見ろ。彼女の髪が濡れている。多分風呂上がりだから、いつもと違って長袖とかを着ていないだけだろう。
 しかし、一つ気付くと次々に違和感に気がついた。
 まず、顔が上気し、わずかだが何時もより呼吸のペースが速い。まるで全力疾走でもしたあとのようだ。
 組んでいる足もさっきからもじもじと落ち着かない。
「武道家、大丈夫か?」
「あっ!」
 つい、武道家の様子がおかしかったので、心配になり彼女の腕を掴んだ。
 途端、
「ひゃああああっ!!」
「!?」
 彼女が悲鳴をあげて痙攣をおこして後ろに倒れてしまった。
「武道家!?しっかりしろ!」
 倒れた彼女を起こそうとベッドに上がる。
 抱き起こすと、武道家は何もしてないのに息が上がっていた。顔も真っ赤になっている。目もどこか虚ろになっていた。
 まさか病気か!?どこか悪いのか!?
「しっかりしろ武道家!」
「ゆ…………勇者……………」
「ああ!俺はここだぞ!武道家、どこか悪いのか!?病気なのか!?」
 くそ!賢者さんを呼ぶか?しかし彼女をこのままにするのも嫌だ。どうする!?どうすれば!?
「…………大丈夫よ。ただ、驚いただけだから」
 そういって、彼女は立ち上がろうとした、が今度はこちらに倒れてきた。何とか受け止める。
 それとともに、彼女の香りや柔らかさを感じ、顔が熱くなるのを感じた。
 このままではまずい。また前回の二の舞になる。
 俺は必死に気を逸らそうと視線をさまよわせた。すると、先ほど彼女が座っていたところに何故かシミができていた。これは……一体?
「武道家、ベッドにシミがついているんだが、お前、何をしてたんだ?」
「ううう、うるさい!聞くな馬鹿!」
 と、武道家は耳元でそう言った。う、うるさいなぁ……。
「ていうか大丈夫なのか?本当に」
「大丈夫よ…………で、でももう少しこうしてて、良い?」
 また倒れられても困るので、抱きしめるようにして支えた。
「………………♡」
 ……?気のせいだろうか。武道家が少し嬉しそうにしているのは。
689 : 名無しさん@ピンキー2014/02/27(木) 18:50:43.26 ID:m6wbgK3i
保守
690 : 名無しさん@ピンキー2014/03/09(日) 09:40:45.21 ID:WsI5HPds
あげ
691 : 小ネタ2014/03/10(月) 08:44:31.03 ID:aY4n2jhT
パン、パンと肉を打ち付ける音が闇に響き、甘い声が魔王城に奏でられる。
勇者の仲間である賢者が、自分たちが見下し続けた先代勇者の肉棒に貫かれ、上り詰める。
その様を、大魔王は不敵に眺めていた。

かつて女ながらに勇者と呼ばれた少女は、その生まれつきに卓越した剣の才や美貌、魔法の力を他者に妬まれ、一人魔王バラモスを倒すための旅に出された。
勇者オルテガの子という触れ込みではあったが、本当はオルテガが旅先で捨てられた子を拾っただけの赤の他人だとバレていたのも、その理由だろう。
バラモスを倒した勇者はミリアと名乗ってはいたが、誰もその名では呼ばない。
バラモスを単独で倒すだけの力を恐れられ、人々はなお彼女を遠ざけた。
そこに新たな大魔王・ゾーマの登場。
彼女はゾーマとの戦いを避けられるはずもなく、一人挑み、そして敗れた。

『美しき勇者ミリアよ』

生かさず殺さず、と言った具合に傷付いたミリアを、ゾーマは癒した。

『貴様は我に敗れた』
『……そうですわね』
『敗者は勝者に従うべし』
『…………私を、魔物にでもすると?』
『否。我が妻となり、混沌の世を統べる助力をせよ。孤独に戦う意地、卓越した力、全て気に入ったわ!』
『……敗者に拒否する資格などありませんわ。解りました。不肖の身ではありますが、大魔王ゾーマ。これより私は貴方の妻となり、添い遂げましょう』
『くく、なお気に入ったわ!これよりは、我を好きに呼ぶがよい、ミリア』
『……感謝いたしますわ、旦那様』

ミリアとて、死力を尽くしはした。
そしてミリアは人間に失望していた。
堕ちた勇者は魔王に魂を染められ、そして――

仲間たちが焼き尽くされたことさえ忘れ、女賢者はミリアに貫かれ、喘ぎ、悶え、懇願する。
しばらく前までの強気を失った姿は、最早ただの牝に過ぎない。

「さ、これで終わりですわ」
「へ……」
「貴女はここで死にます。お分かり?」
「そ……な…」

女賢者の顔に浮かぶ怯えに、ミリアとゾーマは喜色を隠さない。

「死にたくなければ堕ちなさい。私と旦那様の軍門に下り、闇に堕ちるのです」
「………下れば、死なないで…」
「殺さぬ。最も、子を数えられぬほど産ませるがな」

大魔王の慈悲深き声に、賢者の心は砕ける。

「産みます、幾らでも産みますから…」

無力に響く声。
直後から、再び闇に甘い声が奏でられるのだった。
692 : >>691の続き2014/03/10(月) 12:35:33.58 ID:aY4n2jhT
「お姉様、あぁ、ミリアお姉様…♪」

大きく股を開きながら、かつて賢者と呼ばれた女が頬を染める。
膨らんだ腹に宿すは、魔物の卵。
スライムを産み、アルミラージの卵を孕み、フロッガーの精を注がれ、やがてはクラーケンの触手すらも受け入れた陰部から、今までにないほどの巨大な卵を放り出そうとしている。

「あぁ、ミリアお姉様、ご主人様、アリエは魔物の卵を産むだけで達する変態ですの………♪」
「クック……だが、この卵を産んだ後には、更なる子を孕んでもらうぞ?」
「ひゃい、孕みましゅ、なんの子供でも孕み、産まれましゅうっ♪」

鶏が卵を産むように、賢者――アリエが、卵を産む。
小尿と愛液を吹き出し、意識すら失うような絶頂の最中で、アリエは二つ目、三つ目と卵を排泄する。
慈愛に満ちた眼差しの大魔王が、その隆々といきり立った逸物をアリエの開きっぱなしの膣穴に宛がうと、直ぐ様魔力を注ぎ込んでやる。
魔物の卵を産むなど、人間の身体では到底不可能。
ましてやそれ以前に卵を孕ませるための性交ですら、アリエの胎内はボロボロになってしまっている。
それを癒すための魔力の温もりに、アリエは意識を沿わせ。

「眠ったか。仕方あるまい、スカイドラゴンの子を孕ませるのは明日にするか」
「慈悲深いですわね、旦那様」
「我に従うものを無下に殺すなど、統治者としては選べんのでな」

ミリアが膝を着き、アリエと愛液と魔力にまみれた逸物を頬張る。
清めるだけでは満足できず、子種を呑ませよとばかりに奉仕が過激になっていき。

「そこまでだミリア。勇者どもが来たようだな」
「……残念、ですわ………」
「今宵は閨でたっぷりと愛でてやろう。さぁ、アリエも起きよ」
「むにゃ……ご主人様……?」
「バラモス。行くぞ」
「はっ!」


『ゾーマがあらわれた!
 ミリアがあらわれた!
 アリエがあらわれた!
 バラモスがあらわれた!』

『ゆうしゃたちは ぜんめつしてしまった!』

『選ばせてあげますわ、このまま死ぬか。旦那様に支え、永久に生き続けるか』

『よく言えましたわ。御褒美に、女としての最高の幸福を与えてあげます』
693 : 名無しさん@ピンキー2014/03/12(水) 00:35:29.32 ID:1CHAZvQi
エログロナンセンス
694 : ◆0wT8qFn8cStZ 2014/03/14(金) 04:00:00.24 ID:TVLv8HxY
部屋にノックの音が響き、タバサは扉を開けると、レックスが立っていた
「ホワイトデーって今日、だったよね?」
と、レックスは袋詰めされた飴を差し出した
「ありがと、レックス。しばらくここにいない?」
と、レックスにテーブルにつくように促すと、それに従った

飴の包装をはぎ、口の中に入れる
口の中で舌にあて、薄くなったのを見計らい、レックスに近づく
不思議そうな顔をするレックスの前に立つと一気に抱きしめ、口づけた
飴をレックスの口の中に流し込むと口を離す
バリ、とレックスから音がした
「飴、かんじゃったのね」
「ぅぇ……?」
「飴をかんで砕いちゃう人ってキスが下手らしいよ」
レックスの足を開かせ、椅子の上で膝立ちになるとレックスを見下ろす形で口づける
腕を背中に回してタバサを支えるレックス
目を閉じてレックスに舌を侵入させる

「タバサ……」
レックスは寝台を見やった
きっとこの1ヶ月で覚悟ができたのだろう、そう思いながらタバサは椅子から降りると、レックスの手を握り寝台へといざなった
ベッドに横たわるとタバサに背中を向けて服のベルトを解くレックス
タバサもレックスを抱くところを想像しながら、背中を向けて脱いでいく
ベッドの中に、もういらなくなった着ていたものを押し込むと、レックスの方を向いた
と、レックスはいきなりタバサに口づけた
タバサの口の中に飴玉が3個押し込まれる
「キスが上手なら、それぐらい舐められるよね?」
やられた、タバサは「どうされたいのかな?」というレックスの軽口に歯噛みしたい気分だったが、飴のせいでそれもできなかった
吐き出せばなんとかできないこともないだろうが、後の処理が間違いなく大変なことになるだろう。すなわち舐め切るまでタバサは何もできないのだ
レックスはタバサの乳房をわしづかみにすると、交互に舐めはじめたのにもタバサは目を閉じて頭を揺らし、鼻から吐息をわずかに漏らすだけだった
せめて、声が出せれば。タバサはそう思っていた
口に出せるのは喘ぎ声だけでいい。もっとレックスの前で乱れて、恥ずかしく、気持ちよくなりたい
タバサは股の間に手をやったレックスの頭を抱いた
指が、太ももをはい回る
タバサの目を涙が伝った。それは快感を声に出せない苦しみからくるものだったのか
と、レックスが涙を舌で拭った
レックスはタバサに口づける。タバサが口の中の飴玉を押し込むと、レックスは一つずつ噛み砕いてから、タバサの口の中へと戻した
「タバサ、いいよね?」
タバサはレックスを抱きしめると、うなずいた
タバサの下半身に引き裂かれるような痛みが走る
口の中のレックスの唾液が混ざった甘露を味わいながら、タバサはそれがまるで自分のことでないかのような錯覚を抱いた
きっとそう。この痛みは私のものではない。でも、レックスのそれが入ってきたのは私の中
血が流れている。私じゃない。レックスが私の気持ちいいところを突いてくる
そのようにタバサは感じながら、最後にレックスが精を出したのは自分の中だ、と感じていた

どちらからともなく口づけあう
眠くなったのか、タバサを軽く抱いたレックスの目は閉じていった
「このままじゃ、風邪引いちゃうでしょ」
つぶやくと、タバサはレックスもろとも自分にもシーツをかける
たまには昼寝もいいか、と自分もレックスを抱きながら目を閉じた
695 : 名無しさん@ピンキー2014/03/17(月) 23:05:17.34 ID:/p29B03P
いいと思ったセリフや文句をそのまま貼りつけてないか?
このアダルト双子な調子で書きたいなら、音読して要らないと感じた文句はどんどん捨てて、もっと引き締めたほうが
696 : 名無しさん@ピンキー2014/03/18(火) 01:17:41.23 ID:7ihrLyM1
7より

「むほー!そりゃ無いぜ! 俺はフルチンになれって言うのかよ!!」
「ふ、フルチンですって…アルス、命令よ! 二度とこのパンツ男に話し掛けないで!!」
「ぱ、パンツ男だと…? むほー、許せないぜ…」
パンツ男がそう呟いたのを、誰も聞こえていなかった。

吹き溜まりの町の夜…ネリスの家でマリベルは眠れず、外を出歩いている。
冷たい土の感触が心まで冷やす気がした。
「ああ…フィッシュベルに帰りたい」
そんな呟きが夜風に溶け、ふっと消える。そんな時、遠くで小さな光がともっているのをマリベルは見つけた。
「なにかしら、あの光」
不意に歩調が早くなった。暗い集落の中にあったひとつの光に、希望が詰まっているような気さえする。
少女の駆け足は、すぐに光を放つそれへと追いついた。
「…えっ」
愕然とした。昼間にであった、あの囚人服を着た変態パンツ男だった。
この男が、昼間から燃やしている火が絶えずに残っているだけだった。
「はあ、なによ」
「なによじゃねえぞお嬢ちゃん」
パンツ男の声が、低く唸るように少女の耳を震わせる。昼間に聞いた声とは全く別の声だった。
「結局、あのあと、必死にスイフーに頼み込んで、いらない本を燃やしたよ。でもよ、また燃え尽きちまいそうなんだ」
「そ、それがどうしたのよ。悪いけど、もうあんたみたいのと話したくないの」
マリベルは冷たく突っ放し、踵を返そうとしたが、パンツ男の両手がしっかりと、腰周りを掴んだ。信じられない力だった。
「う…!? な、なにをするのよ!」
「こうなったら、二つに一つ。俺のパンツをくべるか、お前のパンツをくべるかだ」
「ふ、ふざけないで!」
抵抗する暇も無かった。パンツ男は、マリベルのスカートに手を突っ込み、あっさりとその下に身につけられていた布を剥ぎ取ってしまったのだった。
697 : 名無しさん@ピンキー2014/03/18(火) 01:31:57.53 ID:7ihrLyM1
火に、くべられた。いともたやすく、少女の下着は灰となった。
「なんだ、もう終わりか。役にたたねえなあ、いみが無かったな」
パンツ男はほくそえんでそう言った。
昼間、自分をわけのわからない仇名で罵った生意気な少女が、羞恥に頬を染め、灰となったパンツをじっと見つめる様を眺める事が出来、彼の心は満たされた。
「あ、ああ、ああああ…」
股間を必死に押さえ、燃えゆくパンツを見据えるマリベル。
脱がされてしまったのだ。剥ぎ取られてしまったのだ。奪われてしまったのだ。燃やされてしまったのだ。
屈辱だった。少し前まで、自らの手から出した炎で魔物を焼いていた事さえあった。
それなのに、今はその力を奪われ、帰る道を塞がれ、ついにはパンツまで失ってしまった。
それだけでない。今後、他の何れを奪われる可能性も存在するのだ。
スカート越しに股間を押さえ、その慣れない感触を味わいつつ、少女はひとつの恐ろしい想像に辿り着く。

−−生の下半身、見られた?

「あ、あああああああっ!!!!」
青ざめていくのがわかった。もしかしたら。ひょっとしたら。このパンツ男は、自分のスカートからパンツを引きずり出したのだ。辺りは暗いが、すぐ近くで炎が灯り光を生んでいる。見られていない可能性のほうが低い…。
「いや…いや…いやああああああ」
見られた。そうとしか思えない。パンツ男が昼間に言った言葉が、不意に浮かぶ。
--フルチンになれって言うのかよ!
自分は…フルマン。
「そんな…私が…私が…っ」
「お、おい、どうした?」
パンツ男が呼びかけるのも聴かず、少女は走っていた。泣きべそをかいて、走った。
走って、仲間の寝ている家へと、帰っていったのだった。



数日後、力を取り戻し、アントリアを倒し、魔法使い職が板についたマリベル。パンツ男にメラミを浴びせ、その服の一変も残らず焼いて見せた。汚い物を見たくないので、自分では途中から見るのをやめた。これがマリベルの特技「しっぺがえし」である…?


バカエロ小説・終わり〜
698 : 名無しさん@ピンキー2014/03/21(金) 18:02:32.44 ID:l0UTC1GI
ワロタw
699 : 名無しさん@ピンキー2014/03/22(土) 00:57:52.01 ID:v15PLF5i
アホすぎw
700 : 名無しさん@ピンキー2014/03/25(火) 13:40:59.66 ID:zfdh8XoO
わろうた
701 : 名無しさん@ピンキー2014/03/27(木) 10:27:20.18 ID:qdJSD5jX
だれか真面目にスラもり官能小説を書いてみてくれないかな?
いっぺんでいいから見てみたいんだ
702 : 名無しさん@ピンキー2014/04/01(火) 12:06:26.86 ID:yddja5+d
あれでどう書けと
703 : 名無しさん@ピンキー2014/04/05(土) 03:48:11.85 ID:Mx/27YYG
モモちゃん見ながらシコッてるドンモジャールしか想像できん
704 : 名無しさん@ピンキー2014/04/06(日) 16:48:29.17 ID:njuGRG6G
ちょっとスラもりで書いてみるわ
気長に待ってて
705 : 名無しさん@ピンキー2014/04/10(木) 06:13:58.02 ID:1bjKrXEa
キャラバンハートでギスヴァーグに四幻魔が捕まった際に
カカロンとクシャラミがアンタに屈しないとか強がるも
同じ女性の幻魔かつ自分たちを統べる王マガルギの肉体を支配してだけはあり

カカロンとクシャラミはチ○ポには勝てなかったよ・・・・状態でギスヴァーグに屈してしまう

みたいなネタを妄想して頓挫した事ある
706 : 「スーランしっぽ祭り・〜スラみ編〜」2014/04/10(木) 10:43:50.73 ID:B/OvdD8M
スーランの町の上空に、打ち上げ花火の爆音がこだまする。

スラバッカ島の守り神とされる聖地「スライムのしっぽ」に感謝し、
それと同時に、新たな英雄スラリンの誕生を祝うという、
二つの目的を兼ねた「しっぽ祭り」は、今まさにその最高潮を迎えていた。

でも、私はその時なにをしていたかというと……、
もう家のベッドの中で横になっていた。

花火は初めの数発を見ただけで帰ってきちゃったの。
これにはとっても深い事情があるんだからっ!
まず、スラゾーと大食い対決をやったでしょ。
で、その後もなんか色々と買い食いして、
海の家では無料のコーラをたくさんもらって……。
ゲップ。さすがに食べ過ぎちゃったみたい。

というわけで、眠くて仕方がないのである。
これだけお腹に入れれば当たり前だが。
しかしこの爆音の中である。ちっとも眠れやしない。
707 : 「スーランしっぽ祭り・〜スラみ編〜」2014/04/10(木) 10:52:54.26 ID:B/OvdD8M
そんな中――ガチャ!
玄関のドアが開く音がした。
あれ?もうだれか帰ってきたのかな?
「うわあ〜目が回る〜!ヒック!」
「ミ、ミイホンくん!しっかりするッス!」
ミイホンとドラおさんの声だ。
私は起きて玄関へと向かった。

「どっ、どうしたのミイホン!?」
ミイホンは顔が相当赤くなっていた。
「いや〜。隣のバーのみんながね……。
めでたいから、今日はお前たちも飲めって勧めてきて……。
僕は断ったッスけど、ミイホンくんはもうガボガボ飲んで……」
ミイホンがこうなった理由を説明し始めるドラお。

私は、頭の中であれこれと考えた。

(ふ〜ん、なるほどね……。
それで酔っ払っちゃったんだ、ミイホン……。
いいなあ……あたしもお酒、ちょっと飲んでみたかったなあ……。
さすがにあたしにはくれないと思うけど。
でも、あたしも行っていればひょっとしたら……。
……あれ?そういえばお兄ちゃんは?)

「よし。ちゃんと送り届けたッスからね!
じゃあ、僕はこれで帰るッス!」
「ねえ、お兄ちゃんはどうしたの?」
「スラリンくんッスか?さっきグランじいさんに呼ばれてたけど……」
なんせスラリンくんは今夜の主役ッスからね!」
708 : 「スーランしっぽ祭り・〜スラみ編〜」2014/04/10(木) 11:00:04.63 ID:B/OvdD8M
そういえば、ドラおさんの言う通りだ。
大人たちがこんなに早く帰してくれるわけがない。
お兄ちゃんは町の英雄で、今夜の主役なんだから。
ということは、今晩はパパもママも帰ってこれないかも知れない。
だって英雄の両親だもんね。

「じゃあ僕は今度こそ失礼するッス!」
「は〜いっ!おやすみっ!」
ドアをバタンと思い切り閉めた。

そして目をミイホンのほうに向けると……。
「うわ〜っとっと〜……。」
ふらついて壁に触手をつくミイホン。
「ちょっとミイホン!危ないよっ!」
もう!しょうがないなあ……!よいしょっ。
お兄ちゃんのベッドに寝かしておこうっと。
「ほらミイホン!あたしにつかまって!」
「おう……ありがとよスラみ……」
709 : 「スーランしっぽ祭り・〜スラみ編〜」2014/04/10(木) 11:18:53.40 ID:B/OvdD8M
そして私は、ミイホンを支えながら廊下を進んだ。
その時、事件は起こってしまったのだ――

ミイホンが一本の触手を滑らせ、
私の頭のリボンをキュッと引っ張った。
「きゃあっ!」
シュルシュルと音を立てながら、
結ばれたリボンがほどけてゆく……。

あられもない姿が花火の光の下に曝された。
生まれたままの姿にされた、私。
「ありゃっ、スラみ……!」
「や、見ないでぇっ……!」
恥ずかしくてたまらなかった。
家族以外にこんな恰好を見せたことはなかったから。
スラみは、頬を……いや、身体を、真っ赤に紅潮させていた。
その時のスラみの身体は、もはやスライムべスの色ではなかった。

それをモノに例えるなら、まるで熟れたトマトのような真っ赤な色味……。
710 : 「スーランしっぽ祭り・〜スラみ編〜」2014/04/10(木) 11:27:21.96 ID:B/OvdD8M
ここまでで前編おしまいです
今はここまでしか書けてません
残りは中編、後編に分けていつか投下します
711 : 名無しさん@ピンキー2014/04/11(金) 08:16:41.77 ID:FE9VsdAE
バカだw(褒め言葉)
もう本当あんたスゴイよ
712 : 名無しさん@ピンキー2014/04/11(金) 18:02:06.96 ID:ePDbQjj5
まさに誰得でクソワロタ
713 : 名無しさん@ピンキー2014/04/11(金) 23:22:46.82 ID:NqN97XHD
GJ
異様に上手くて吹いたw
スラみの容姿を知らない人ならいけるだろ!これ!
714 : 名無しさん@ピンキー2014/04/13(日) 09:03:46.72 ID:tiHwbEHo
ワロタ
もうこれで完結でいいんじゃないかな……
715 : 7102014/04/27(日) 10:15:16.78 ID:WZ14yCQD
やっぱだめだ……
ミイホンがスカーフを脱いで触手の一本を大きくさせるところまでは思いついたが
その後がまったく想像できねえ……詰んだ

スライムに穴なんてねえよな……
716 : 名無しさん@ピンキー2014/04/28(月) 01:10:38.20 ID:3qb03B3+
>>715
ワロタwww
そうめげるな、おまいはよくやったよ…

しかしあえて言うなら、だ
穴がないなら、局所的にくぼませればいいじゃない
717 : 名無しさん@ピンキー2014/04/28(月) 08:23:32.39 ID:d2jULhWs
>>715
それを言うならリボンもスカーフも
脱いでどうなるってんだよわろた
718 : 名無しさん@ピンキー2014/04/30(水) 08:54:30.03 ID:lLefaomu
トロデがトロデーンのいばら大臣におしおきフェラする話ください
719 : 名無しさん@ピンキー2014/05/04(日) 08:20:19.72 ID:2D2QwSjR
口中ボロボロだz
720 : 名無しさん@ピンキー2014/05/05(月) 23:00:07.01 ID:+X1c8064
>>622の続きの話を投下します
721 : 名無しさん@ピンキー2014/05/05(月) 23:02:42.10 ID:+X1c8064
エラフィタの御神木の幹の元、何時間も続いた熱気溢れる宴会は徐々に静まり辺りは虫の鳴き声と風の音が響いていた。
月明かりが御神木の花に映える。


今夜はセントシュタイン王主催の宿王グランプリも終わりリッカの宿のグランプリ受賞を祝って
宿の従業員と天使のパーティで花見兼飲み会に来ていた。


宴会はリッカの挨拶に始まり一発芸、酒の席での無礼講、一気飲みバトルロワイヤルを経て
天使以外は皆酔いつぶれ寝息を立てている。

最後に生き残っていたルイーダも天使によって潰されてしまった。
彼は仮にも元天使、こう見えてこの中ではいちばん長く生きている。酒の強さは伊達ではなかったのだ。


天使は恋人の賢者を膝に乗せてルイーダやリッカたちを酔いつぶし今は一人星空を眺める。

美しい御神木と月それに星々……星にされてしまった天使たちは自分を見ているのだろうか?
そう思うと天使に寂しさがこみ上げる。

仲間たちがいて恋人がいても故郷と天使たちは恋しい。
天使はぎゅっと恋人を抱きしめた。

「……んっ。」
賢者は小さな声をあげるが目は覚まさない。
天使は賢者を地面に降ろし立ち上がって空を見上げる。


もう一度、天使界が消えてしまう前に、せめて皆にお別れをいいたかった。
だが、沈んだ気持ちが突如消える。天使は自分の腕に何者かが抱きつくのを感じた。

「ふふっ、捕まえた。天使クン。」
いたずらっ子のような、はしゃぐ様な声が天使の顔前から聞こえる。
目を凝らすと月明かりに少女の輪郭が見えた。
722 : 名無しさん@ピンキー2014/05/05(月) 23:05:22.77 ID:+X1c8064
「パラディン。どうしたの、まだ飲み足りない?」
彼女は天使の腕に抱きつき天使の胸に顔を寄せる。まるで恋人に甘えるように。

「どうしたもこうしたもない。」
そういうと彼女は天使の首に両手を絡めてぶら下がる。
彼女の顔は笑みを浮かべ天使の顔前にある。


恋人以外にはない距離だ。

「………顔近いよ。」
そう天使が言うとパラディンはさらに顔を近づけ彼女の息が彼の顔にかかった。
彼女の表情は今まで見たことがないほど無邪気で魔法戦士のような顔をしている。

「こんな静かで月の出た夜に程よく酒の回った男女が二人きり……なのにそんなに身構えないで、
もっと近く寄って…。」
そういって彼女は天使の左手を掴み、握り締める。

二人の指と指が絡み合い彼女は微笑みながらにぎにぎと指を動かす。

「こういうことって男女の仲にあるものどうしがするんじゃないの?」
天使は少し困惑しながらもこの状況を楽しんでいた。

天使も男、女性と触れ合うことで先ほどまでの陰鬱な気持ちが薄まり少し気が晴れた。
彼女は長身茶髪の少女、賢者とは違った女性の魅力がある。

天使と共に前衛を務める高潔な騎士である彼女がこんな一面を持っていたのは意外だった。

だが彼女は酔っているのだろう、いつもと様子が違う。

「罪作りな男……。」
その言葉の意味は天使にはわからなかった。
天使の表情から言葉の意味を理解していないとみたパラディンは急に天使の両手を掴みながら回り始めた。
723 : 名無しさん@ピンキー2014/05/05(月) 23:08:46.82 ID:+X1c8064
「私を……パーティに誘ってくれた……すごく……嬉しかったのに
……あなたは……最近……賢者と……一緒。」
彼女に振り回されながら天使は聞いた。

まるで今まで彼女の中にたまっていたものが溢れるようなそんな言葉を。

「一緒に……旅をして……私……あなたのことが……。」
彼女の言葉は一度そこで途切れた。

「あなたと……賢者が……仲良く……していると……なんだか……いらいらして。」
彼女の声が寂しく求めるような調子に変わる。

彼女が天使を振り回すスピードが次第に増し、彼は耐えられず地面へと倒れこんだ。
パラディンも天使の手を掴んだままであるので天使の上に彼女が覆いかぶさるような形になる。

「でも、今日はあなたと二人きり……。」
彼女は天使の手を強く握り、もう片手で天使を強く抱きしめ天使を見つめる。
はっきり伝えるなら今だ、彼女は覚悟を決める。

「好き……天使、愛してる……。」

パラディンはおもむろに天使の顔に口を近づけ目を閉じ、全身が熱く火照っていくのを感じる。
天使に自分の想いに気付いて欲しかった。

想いに応えて欲しかった。いつも賢者が近くにいて伝えられなかった自分の想いの全てを知って欲しかった。
724 : 名無しさん@ピンキー2014/05/05(月) 23:11:12.68 ID:+X1c8064
「………………!!!」
だがパラディンの唇が感じたのは天使の手のひらの感触だった。
天使は彼女の口に手を押し当て制止する。

天使はパラディンの顔から血の気が引くのを感じた。
彼女の困惑した瞳には天使の顔が映る。

「パラディン……ごめん…。」
天使は目を逸らしながらいう。パラディンが何故こんな行動に出たのか彼はわからなかった。

自分と賢者が恋人同士なのは彼女も知っているはずだ。

「すごく……嬉しいよ。ボクのことをそんなに思ってくれていたなんて知らなかった。」
言葉を選びながら彼は言う。

「でも、ごめんね。好きな人は……他にいるんだ。
だけど君は大切な仲間だから…今夜のことは、このことは忘れて……また明日からも―――。」
天使はそういいながら彼女から離れようと体を起こすが彼女は両手を彼の胸に当て押さえつけ逃がさない。

パラディンは少し怒ったような表情で言う。

「まだわからない?」
彼女の言葉の意味は彼にはわからなかった。
困惑している天使を尻目にパラディンは彼の頬に唇を寄せる。

ちゅっとパラディンはわざと音を立てて彼の頬に口付けする。


「ちょっと!?パラディン!」
天使は自分の顔が一気に熱くなるのを感じ、状況が飲み込めず混乱する。

パラディンはそんな天使の頬に何度もキスをし、次第に彼の口に近づく。
彼女は長い指を器用に使い天使の両手を片手で押さえつけた。
725 : 名無しさん@ピンキー2014/05/05(月) 23:13:16.82 ID:+X1c8064
「ン――――!」
パラディンと天使の唇が触れる。
彼女の舌はすぐに天使の口腔に侵入を始め、口をこじ開け歯の裏をなぞる。

天使は彼女を離そうとするが彼の両手はがっしりと押さえられ動かない。

天使にとって彼女の腕力が自分以上だとは想定外だった。
二つの口が斜めに重なり、強引で甘くはないキスが続く。


「天使クン、君キス下手だね……。」
息が苦しくなるほどの長いキスは終わり二人の口が糸を引きながら離れた。
無論下手なのは彼がパラディンから逃げていたからに他ならない。

息を整える天使は暫く呆然と宙を見ていたがパラディンが自分の上着のボタンを外し始め、ハッとしながら彼女を制する。

「パラディン!君は今酔っているんだ!こんな、こんなこ―――。」
今度は天使の口にパラディンが手を当てて制止する。

「大きな声をあげないで、賢者が起きてしまう。」
天使の耳元でパラディンは囁く。

天使もパラディンもこの状況を賢者に見られるのだけはなんとしても避けたい。

「戯れ事はやめてくれ…。これ以上は……。」
今はまず彼女から離れなければいけない。
これ以上は――――いや既にこれは賢者への裏切り。

はっきりと自分の気持ちを伝えるのがベストだと彼は勘定した。

「ボクはこういうことは賢者としかしたくない!」
その言葉に恐怖するかのようにパラディンはビクッと震える。
726 : 名無しさん@ピンキー2014/05/05(月) 23:15:58.39 ID:+X1c8064
「私じゃ……ダメなの?」
まるで理不尽に突き放されたかのように彼女は狼狽した。

「どうして……どうしてなんだ!」
ここまですれば自分の気持ちに応えてくれるとパラディンは確信していた。しかし……。

「……わかった。じゃあ、あと一回だけキスさせてほしい……それで今日のことは全部忘れる…。」
『まだ』彼は理解してくれないのだ。なら気付いてくれるまで触れ合えばいい。

雲一つない星空の下、二人は暫く沈黙する。

「本当に…?」
彼は囁くように聞く。あとキス1回で済むのなら安い。

「……。」
俯き、天使の顔を見ずに彼女は頷く。

「わかった…。」
天使は自分とパラディン以外に聞こえないように彼女の耳元でいう。

パラディンは想いを伝えた後と同じように目を細めながら天使の顔に唇を寄せる。
天使も彼女に合わせ目を閉じる。

天使の唇が触れ柔らかい感触がゾクゾクと全身を巡る。
堪らずパラディンは天使の頭を抱きしめ何度も角度を変え貪る。

二人の舌が絡み合い彼女は天使の口内を愛おしく愛撫する。

天使と出会った時から欲しかった……彼との求め合う濃厚な口づけ。
これが天使との最後のキス、このキスで全てを忘れる……のは…嫌だ………。
727 : 名無しさん@ピンキー2014/05/05(月) 23:20:10.27 ID:+X1c8064
「ふはっ……。」
痺れるような快感が唇から全身に流れた。

天使の息は荒く、彼にのしかかるパラディンにも少年の乱れた呼吸が触れた体から伝わる。

今度のキスはとろけるように甘く、彼の顔は上気している。
天使の胸に耳を当てパラディンは大人しくなる。

彼の胸の鼓動が聴こえ、パラディンは自分の想いをもう一度伝える。

「ずっと貴方が好きだった。」
同時に彼女は天使をぎゅっと抱きしめ、言葉は天使の心の深淵に響き、彼の体と心を硬直させる。

「セントシュタインで出会ったときからずっと私はアプローチしていたのに……。」
と出会ったときの記憶が蘇る。

ルイーダの酒場で彼女を旅の仲間に誘い、二つ返事で承諾してくれた。

「あなたは気づいてくれなかった…。」
そう、自分はあの時人間の感情をうまく理解ができなかった。

「貴方と賢者が男女の仲になって……自分は諦めたつもりだった。
でも、我慢できなくなった。貴方と賢者が毎日……しているのを……隣の部屋で聞かされて……。」
彼女の声に嗚咽が混じり、目からは涙が溢れた。

同時に天使の顔から血の気が引く。

泣かせてしまった罪悪感と自分と賢者の情事をパラディンに聞かれていた羞恥が天使の中に溢れた。

「貴方のことを今でも……自分が想っているのがわかった。」
この一言でようやく天使は彼女の『まだわからない?』の意味を知る。
728 : 名無しさん@ピンキー2014/05/05(月) 23:22:03.81 ID:+X1c8064
「私も賢者も貴方のことを想っているのに……先に想いを告げたほうだけが貴方と結ばれるなんて我慢できない……。」
パラディンの言葉はそこで途切れた。


彼女は天使の胸で小刻みに震え、彼の上着は少女の涙で少しずつ湿っていく。
初めて見るパラディンの泣く姿と彼女の想いの全てを知り天使は得体の知れない罪悪感に襲われた。

自分を想う人が二人いてその片方にしか気付けなかった自分を―――許せなかった。
いや、確かに自分は感づいてはいたのだ。

だが、二人の女性を愛することはできない。

だから、パラディンの想いには気付かなかったふりをした。

彼女は人間の常識に疎い自分の世話をよく焼いてくれた。
自分の隣の席はいつも彼女と賢者だった。

二人とも自分のことをほぼ同時に好いて……世界を守るための戦いに身を投じた仲間。

賢者に告白されて彼女の想いを受け入れた後もしばらく、パラディンは諦めなかった。
賢者は幾度となく自分に触れようとするパラディンを制止して
睨み付けることが幾度となくあり、パーティ内がギクシャクしていた。

パラディンは凛とした表情で動じていないように見えた。
その裏で彼女は泣いていたのだ。

天使は自分がどうすればいいかわからなかった。今更、賢者と別れることは彼女への裏切り。

しかし、今ここで彼女の想いを受け入れなければ許されない罪を犯す気がした。
729 : 名無しさん@ピンキー2014/05/05(月) 23:41:02.45 ID:+X1c8064
「……パラディン。ごめんね、気付いてあげられなくて。」
パラディンに掴まれ痺れる両腕をゆっくりと動かし天使は彼女を抱きしめ、優しく少女の頭を撫でたしなめる。

パラディンは天使の胸に押し付けていた顔を起こし天使と見つめあう。

パラディンがずっと求めていた天使が賢者にだけ見せる優しい顔……。
欲しかったものが目の前に現れた………。


瞬きもせずに自分を見つめる彼女の涙を優しくふき取り、今度は天使からパラディンの顔に唇を寄せる。


先ほどより優しく、だが……ずっと甘く。

桃源郷の空気に酔うがごとく彼女の眼はとろんと虚ろになり心地よい時間が二人の間に流れ始めた。
互いの肌の温もりが先ほどの愛憎の吐露による傷を癒していく。


天使はパラディンに仲間以上の感情が芽生えるのを感じ、
パラディンも天使に自分を女と認識してもらったことを理解する。
パラディンは天使の手を握り、指を絡めてにぎにぎと動かす。

彼女は彼の優しい抱擁と口づけに安堵し、落ち着きを取り戻した。


しばらくして彼女は天使の胸に押し付けていた顔を上げ、彼を見つめた。
パラディンは少し怒ったような、拗ねたような顔をしている。彼は不思議そうに首をかしげた。
730 : 名無しさん@ピンキー2014/05/05(月) 23:43:13.28 ID:+X1c8064
「それにしても私のアプローチに気付かないなんてどれだけ鈍感なんだ、あなたは!」
「竜のしっぽの温泉で胸を押し付けても気付かないなんて!」
「!!?」
まだ天使だったときドミールに向かう途中に確かにそんなことがあった。


「仕方ないじゃないか、天使は性欲が弱いんだよ!
長生きの種族でそんなに子供を作る必要がないから。」
「あら?そのわりに賢者と最近は毎日……。」
「今は人間だからだよ。」
パラディンの言葉を遮る。


「変だな。天使ではなくなっただけでこんなになるなんて。」
パラディンはそういいながら天使の股間に手を伸ばし握る。


――――――こうなったら天使に直接いってやる。


一度深く息を吸い込んで、彼の目を見ながら一気にはき出す。


「素直に…私のことを受け入れて。」
羞恥の表情を見せながら彼女はいう。


パラディンは天使の耳に口を寄せ囁く。
「愛して。」


パラディンは天使の左手を掴み自分の頬に押し当てた。
天使は彼女の求めに応じ優しく頬を撫でる。
731 : 名無しさん@ピンキー2014/05/05(月) 23:46:25.82 ID:+X1c8064
「強引だね。」
言葉とは裏腹に天使の顔は微笑んでいた。


「あら、毎日宿の部屋をギシギシいわせて私をこんなにしたのは貴方、責任はきちんととって……。」
感情や雰囲気に流されてしまうのはいけないことである。


しかし、今は彼女が……。

「君が欲しい……。」
天使は自分に正直に答えた。パラディンの想いは実を結び彼女の心を照らす。


「ありがとう……好きよ、天使。」
パラディンは天使の上にのしかかったまま結ばれた髪を解いた。
しなやかで少し癖のある髪の毛が巻き上げられ女性の甘い香りが漂う。


「もっと素直になって……。」
そういって彼女はズボンを脱ぎ下半身は下着だけになる。

妖しく優美な肢体が服の下からあらわになり、天使の全身に渇きが走った。
以前風呂を覗いたときや一緒に温泉に入ったときに見たが適度に締まり、
出るところは出ているその体は男の性を滾らせる。

男にとって下半身だけ下着姿の彼女は官能的すぎた。


普段は鎧の下に隠れていた彼女の四肢と凹凸に富んだ身体は魅力的で官能的で
……白い肌も……甘い香りのする髪も……引き締まった腕と脚も……かなり大きめの胸も……触れて、自分だけのものにしたい。

天使は彼女の背中に手を回し一気に引き寄せる。そして彼女をぎゅっと抱きしめ彼女の首筋にキスを繰り返した。


「んッ……、あぁ…天使……。」
最初は優しく、続いて跡が残るように強く。
732 : 名無しさん@ピンキー2014/05/05(月) 23:48:38.41 ID:+X1c8064
「ぷ…はぁ、はぁ……はっ。」
二人の息が混ざり合い、体を火照らせる。
天使はパラディンの背中を、腕を愛撫し彼女に服の上から何度もキスをする。最初は重ねていただけの両手が何度も絡み合う。
指が絡むたびにパラディンは望んでいたものを手に入れた悦びに感慨深く浸る。

天使はパラディンと出会ったころからのことを回顧しつつ彼女をより一層愛しく想う。
今までの好意に感謝するように……炎のように激しく、熱く。

彼女ともっと深い関係になりたい
……水のように混ざり合い……体の心も……共有して……二人で一つのものに……。


天使は体をひねりパラディンの上にのしかかり彼女の股に自分の股間を押し付ける。
「あ…天使………。」


天使は彼女の上着に手を付け首から胸元までのボタンを外す。
上着がめくられ彼女の白い肌と黄色の下着が露出する。


「………………。」
普段、鎧を着ていて人前で肌を見せることはない。まして父親以外の異性の前で肌を曝すのは初めての経験だ。
パラディンは両腕で自分の上半身を抱きしめるように隠し、顔には羞恥心が溢れていた。


彼女の恥じらう姿は愛らしく、天使の保護欲をかき立てた。
出来る限りの理性で自分を抑えながらパラディンの鎖骨にキスをする。

「んッ!」
パラディンの可愛い声が天使を誘い、天使は二度鎖骨にキスをし、舌を這わせパラディンの胸へと移動する。


抵抗する彼女をやや乱暴に……両手首を掴んでパラディンの身体から引き離す。
下着の上から彼女の胸に舌を触れ、胸を甘噛みする。

女性の甘い汗の香りが天使の鼻に満ち布に覆われた柔らかな感触に思い切り吸い付きたい衝動に駆られる。
733 : 名無しさん@ピンキー2014/05/05(月) 23:53:57.94 ID:+X1c8064
「もっと優しく……。」
優しくしてといったのに天使は攻めを止めず、彼女の下着に手を付けそっとボタンを外し剥ぎ取る。

彼女の形のいい胸が月の光に照らされる。パラディンは目をつぶり顔を横にそらして天使に身を任せていた。
彼女は彼の細く締まった体を愛撫することよりも天使に自分の身体のどこが気になるのか興味を抱く。


「パラディン…怖い?嫌?」
自分をただただ受け入れる彼女に天使は聞く。

正直、自分の行為を制止しないパラディンは物足りない。


「えっ!!……いや、そういうわけではなくて……その……。」
「言って、何が不安なの?」
「こんなことは初めてだから………優しくして欲しい。」
パラディンは目を逸らしながらいう。

彼と視線を合わせては言えなかった。
天使はパラディンの胸元に口を寄せ汗をふき取る。


「いいよ……。」
彼には優しくするつもりなど微塵にもない。

弱点を曝け出すような彼女の言動に少年は心の中でほくそ笑んでいた。


「あっ……ぁん、そんな…もっと優しく、あぁん!」
天使の手の中で彼女の胸は揉みしだかれていていた。
指が食い込むほど強く握られ、両胸を擦りつけられる。

天使は先端を指先で摘みクリクリと弄り回して彼女の甘い声と表情の変化を楽しむ。
引き締まった四肢に比べて胸は非常に柔らかい。
734 : 名無しさん@ピンキー2014/05/05(月) 23:58:46.56 ID:+X1c8064
「……私の…胸がすきなのか?」
執拗に攻める彼は胸に口を寄せ彼女の胸の先端を口に含み、舌の上でコロコロと転がして味わう。
感度のいい大きく柔らかな彼女の胸はたまらない。


「嫌なら止めるけど?」
「はぁ…そんな……止めないでくれ。」
彼女は天使の頭を抱きしめ彼の顔に自分の胸を押し付ける。
天使に自分の胸をもっといじって欲しかった。

彼女の胸に挟まれた天使もまたパラディンと同じように相手の温もりと柔らかさを楽しむ。
息は荒く頭はクモの巣が張ったように上手く働かない。


パラディンの股間を下着の上からスジに沿って撫で始める。
彼女の顔は既に赤く指を動かす度に甘い声を上げる。

「いや、だめぇ。」
そういって彼女は天使の手首を握り彼の指の動きに弱々しく抵抗する。


上気したパラディンの額には汗も見え、天使が彼女の耳を甘噛みすると痙攣するように少女は震える。

見たこともない上気したパラディンの表情に天使は耐え切れず彼女の下着の中に一気に手を侵入させる。

「いやぁ……。」
言葉とは裏腹に甘い声がパラディンの口から漏れる。
しっとりと湿ったその場所に天使の指が触れ、慎重に指先を沈めていく。


「……指、冷たい。」
「我慢して……すぐに暖かくなるから。」
初めは優しくゆっくりと動かし彼女の様子を見る。
抱きしめるパラディンからは彼女が声を上げないよう耐えているのが伝わる。


こうやって守りに入られると本当にやりやすい。こちらは攻めればよいのだから。
天使は指を奥に向かって深く侵入させた。
735 : 名無しさん@ピンキー2014/05/06(火) 00:00:51.63 ID:/b1/Tb65
「だ……めぇ……天使ィ。」
パラディンの目に涙が浮かび、泣き声で彼女は訴える。
経験したことのない股間を弄り回される感触は彼女にとって恐怖でもあった。


「ここを慣らしておかないと楽しめないよ。」
無論楽しむのは自分のためでもある。

ご満悦で自分を攻める天使にパラディンは色魔の顔を見た。


「あ、あぁ…何だか…変な……あ…。」
パラディンの限界が近づき快楽が加速度的に増す。
心なしかさっきよりも彼女の股間は湿っている。


「イきそうなの?」
楽しそうに天使は聞く。


「イクっていうのか?これ。あぁん!」
天使は指を動かす速度を上げ、彼女の胸に顔を埋め舌を這わせる。


「あん!……はぁんっ!あー……!」
パラディンは渦巻く快楽の波に埋もれ絶頂寸前に至る。


「天使ッ………。」
自分の胸を貪る天使の頭を彼女はきつく抱きしめ天使の名前を何度か言う。


もう少しなのだ。
736 : 名無しさん@ピンキー2014/05/06(火) 00:03:38.39 ID:/b1/Tb65
「えッ……!?」
しかし、天使の指はパラディンから糸を引きながら離れた。
彼は彼女が絶頂に至る寸前で指を止めたのだ。


「ン………ハァ……ハァ…、どうして……?」
荒い息をしながらパラディンは抗議する。

目に涙を浮かべ、顔は上気し、お預けをくらった彼女の切なげな顔は天使にとって至上の光景だった。


「さぁね?」
天使は意地悪な笑顔でパラディンを見つめた。
情事のときは主導権を握り、相手を自分の手の中で意のままにする。


人間に堕ちた天使の悪癖だった。

毎晩、彼は隣の部屋で今のように賢者を攻めて主導権を握って
やりたい放題しているのはパラディンもよく知っていた。


こうして彼の黒い一面を見ると……何故かパラディンは気持ちが昂っていく。


………自分が賢者のように好き放題に出来るような女だと思われたら堪らない。


天使の股間にパラディンの手が伸びる。


「こんなにビンビンに張り詰めちゃって苦しそう……。」
ズボンの上からそそり立った天使が鷲掴みにされる。
彼と対等でいるには彼と同じように相手を攻めればいい。
737 : 名無しさん@ピンキー2014/05/06(火) 00:06:22.74 ID:/b1/Tb65
「え!……ちょっと!?」
彼女の表情は先ほどの天使とよく似ていた。


驚く天使を尻目にパラディンは彼のズボンをずらし下半身を露にさせる。
彼は熱く脈打っていた。


「私ばっかり気持ちよくなったら不公平だから天使にもしてあげよう。」
そういいながら彼女は天使を擦り始める。
さすり始めるとさらに大きく膨れ上がり脈も激しくなった。


熱く、赤黒い天使をパラディンは両手で掴んで離さない。


「こんなに大きくなるまで我慢して……。一度抜けば楽になるんじゃないか?」
パラディンは顔前で擦り、天使の顔を見る。

彼にとって反撃された経験など皆無だったのだろう。
天使の表情からはかつてないほど混乱しているのがわかる。


「ちょっと!?パラディンやめ……。」
彼の顔を見るとさらに天使の悪癖に似た黒い感情がパラディンの中に生まれる。

彼女は天使を胸に挟み両胸で擦った。
彼が自分に手加減をしなかったようにパラディンも手加減はしなかった。


「……だめっ、離―――。」
彼女との前戯で既に限界に近かった天使は一気に絶頂に達する。


「きゃぁ!?」
熱く白濁した液体が飛び散り服のはだけた少女の顔にかかる。
738 : 名無しさん@ピンキー2014/05/06(火) 00:09:48.58 ID:/b1/Tb65
「う……ぁ…。」
彼は呆然として荒い呼吸で彼女を見つめていた。

暫しの沈黙の後、白濁した液体を指でいじりながらパラディンは悪戯な表情で言う。


「ふふっ、可愛いな天使。」
彼女はまるで弟を小ばかにするような表情でいう。
何とも言えない敗北感が天使に伸し掛かった。


荒い息と焦点の合わない目で自分を見つめる天使。
パラディンは力なく垂れている彼の両手を握り、天使の上に伸し掛かる。

彼は彼女に上に乗られないように抵抗するがパラディンは強引に彼の上にかぶさった。


長い前戯ももう終わった。後は本番だけ……。


「私の初めては……天使にあげるとずっと決めていた。」
火照り、うっとりとした表情で彼女は天使を見つめる。
パラディンはいそいそと下着を脱ぎながら彼の上に跨った。


月明かりに微かに彼女の顔が見えた。
息遣いは荒く、顔は赤みがさしていたが上気し蕩けるように緩んで笑みを浮かべている。


「入…れるぞ。」
パラディンは秘所に指で押し広げていう。もう我慢できなかった。


「指より……天使のが欲しい……。」
そういいながらパラディンは自ら天使に身体を埋めていく。


「あぁ……パラディン。」
初めてのときは自分が上になりたかった……が今ここで中断すると興ざめだ。
渋々と天使は彼女の腰に手を添えて支える。
739 : 名無しさん@ピンキー2014/05/06(火) 00:12:07.15 ID:/b1/Tb65
「きゃッ!」
天使の先端がパラディンの入り口に触れ、彼女は艶っぽい声を出す。
彼はパラディンに侵入を始め、彼女の体にズズズっと肉と肉が触れ合う感触が響く。

彼女のそこは既に緩々で天使の侵入をあっさりと許した。


「んッ……あぁ、熱い…。」
ズンっと少し深く彼が侵入しパラディンは耐え切れず喜声をあげる。
天使と自分が繋がり、彼は自分の中で熱く時々痙攣するのがよくわかった。


「ハァ……ハァ………ハァ。」
彼女の荒い息を上げる口を口で塞ぎ、天使は一気に奥まで侵入した。
彼女の中は暖かく、締め付けられる度に動いて絶頂に至りたくなる。


「!!!……ッ。」
パラディンの声は天使の口で封じられ声の代わりに舌と舌が絡み求め合う。
(天使のが……全部…私の中に。)


「ふはぁ……。」
口が離れ二人は手を取り合い、指を絡ませあう。
二人は一つになり快感は脳を酔わせ思考を鈍らせる。


「パラディン……気持ちいい?」
自我さえも曖昧で目の前の異性への愛と欲情に支配されて激しく、純粋な男女の世界があった。


「気持ち…いいよ。天使、キスして。」
パラディンは彼との馴れ始めをじっくりと味わいつつも悦びで満ちた心は渇き、天使を求める。

天使はすぐに応じ彼女と唇を合わせ、同時に腰を動かす。
740 : 名無しさん@ピンキー2014/05/06(火) 00:18:29.38 ID:/b1/Tb65
「あ、あぁん!」
パラディンの艶っぽい声が辺りに響く。
天使はパラディンを求め彼女はビクッと震え体を仰け反らせる。

彼が腰を動かすスピードが増し、凄まじい勢いで快楽も増していく。
パラディンは先ほどお預けをくらったときに感じた快楽が自分の中に満ちていくのを感じた。


……いや、あのときのよりも何倍も気持ちがいい。

もうすぐなのだ。彼女は天使に合わせて腰を激しく動かす。
互いが狂おしいほど愛しい。


「んー!!!ッ……あああああぁんんん!」
パラディンは絶頂に至り激しく痙攣する。経験したことのない甘い感覚に体が悦びの声をあげゾクゾクと絶頂の波が体を巡る。
体の筋肉が激しく収縮し天使に握られた腕の痺れる感覚が遅れて伝わっていく。


「ッ、あぁ……!」
天使も彼女よりやや遅れて至る。彼もいつもの調子を乱されたが初めてではない分、パラディンとの行為を楽しむ余裕はあった。

頭の中は罪悪感よりも体中に染みついた彼女の汗の匂いに酔っている。

彼女の目からは涙が溢れ、口からは熱い吐息が漏れるが表情は歪みながらも満ち足りていた。


「……ハァ、ハァ……ありがとう。天使、大好きだ……。」
パラディンは涙を流しながら天使の頬にキスをする。
下半身に鈍い痛みがあり全身の筋肉が熱く疲れてはいたが、
初体験が自分の愛する人であった喜びに震えていた。
741 : 名無しさん@ピンキー2014/05/06(火) 00:21:33.78 ID:/b1/Tb65
天使も彼女とより深く、愛し合う関係に発展したことを快く思う。
パラディンの頭に手を回し、自分の顔に引き寄せる。


「え!……んッ、ちゅッ……。」
パラディンは少し驚き、彼に口づけされながら目を見開くがすぐに目を閉じ彼の背中に手を回す。
腕は力なく疲れていてこれが精いっぱいだった。


濃厚ながらもゆっくりと舌が絡む口づけはどんな菓子よりも甘い。


事は終わり息が整うまでパラディンは天使の上に乗り彼の胸に耳をあて心音を聞いていた。

心に愛が満ち、先ほど欲望を貪りあっていたとは思えないほど二人の心は清らかで透き通っている。
パラディンはまるで猫のような仕草をしながら天使にのしかかり、彼も応じるように彼女の頭を優しく撫でていた。


稚児のように甘えながらパラディンは安堵していた。
彼とついに心まで分かち合う仲になれたのだ。


天使にパーティに誘われてからずっと心の片隅にあったよくわからない感情に気づいたのは
人の不幸を泣いて悲しむ彼を抱きしめた瞬間だった。


天使であり自分と同じ他者への博愛の心を持つ彼を天使界に戻すことが
パラディンである自分の使命だと勝手に思い込んでいた……。

自分と天使は種族も違う。それでも人間の不幸を悲しむ彼を抱きしめてなだめたとき、胸が高鳴った。


この気持ちを恋だと理解するのに時間はかからなかった。
742 : 名無しさん@ピンキー2014/05/06(火) 00:23:47.87 ID:/b1/Tb65
天使が他の女性と話すだけで……気分が悪くなった。
言い出すことができず、ずいぶん遠回りをしたがようやく私は、彼と友達ではなく…仲間でもなく………



恋人なのだ。


もう一歩……踏み出そう。


「……決めたわ、あなたの前では気取ったしゃべり方はしない。」
唐突にパラディンはしゃべり出し、声の調子が年相応の少女の口調に変わる。


「そうそう、パラディンの他人行儀なしゃべり方ってずっと引っ掛かっていたんだ。」
自分と彼女の間に合った最後のものがなくなる。


「好きな人の前では本当の自分を見て欲しいから…天使の前では普通に話すね。」

「じゃあ一つ聞きたいんだけど……。」
パラディンが本当の自分を見せてくれるのなら一つ確認しなければならないことがあった。


「パラディンって今日……初めてだったんだよね……?」

「ん?……そうだけど。」

「それしてはキスが上手だったよね。もしかしてキスはしたことあるの?」

「ああ……ん―――と。」
彼女は口ごもる。


「怒らないから教えてよ。」

「実は……練習したの……魔法戦士で。」

「え!?」
予想外の答えが返ってきた。
743 : 名無しさん@ピンキー2014/05/06(火) 00:26:02.16 ID:/b1/Tb65
「実はあの子、キスするのが大好きなの。みんなが寝静まった後、私たちとのキスを楽しんでいたの、
舌を入れるような濃厚なのをね。」
クスクスと笑いながらパラディンはいう。


「私もあなたもあの子にキスされていたの。」

「でも、普通そんなキスされたら目が覚めるよ。」

「魔法戦士はラリホーを私たちに何重にもかけてしていたの、抜かりないわね。あの子らしいわ。」
実に魔法戦士らしいやり方だ。


「でも私はエルフのお守りをしていたからラリホーがあまり効いていなかったの……。
みんなにキスしていたのがばれたときのあの子の泣き出しそうな顔は本当に面白かった。」
楽しい思い出を語るようにパラディンはいう。

天使は自分の唇があの無邪気な少女に何度も蹂躙されていたことを知り唖然とする。


「だからキスのことを秘密にしておく代わりに練習させてもらったの。」
彼女にとっては楽しい思い出だったようだ。


「魔法戦士ってどういう性癖なの?」

「あの子は男でも女でも自分が好きになった人だったら性別は関係ないみたい。
私とのキスの練習の時もまんざらでもないみたいだったし。」

「悪食だな。」
苦笑いをしながら呆れたように天使はいう。
744 : 名無しさん@ピンキー2014/05/06(火) 00:29:02.80 ID:/b1/Tb65
「……でも。」
パラディンの声が急に艶めかしく変わる。


「賢者はどう思うかしら?あなたとキスしているのが自分だけじゃないって知ったら……。」
パラディンはこれから起こることを期待するように微笑む。

彼女はまだ熱い身体を天使にもたれ掛けた。
彼女とは逆に天使は先ほどまで火照っていた頭から血が引くのを感じる。


パラディンは明日から恋人として接してくるだろう……。

もう……言い訳ができないのだ。
745 : 名無しさん@ピンキー2014/05/06(火) 00:31:32.90 ID:/b1/Tb65
朝日に顔を照らされ賢者は目を開いた。

意識が覚醒するにつれ感じる恋人のぬくもりに彼女の心は幸福感で満ちていく。
少しだるさも感じたが二日酔いの苦痛など物の数ではない。

賢者は天使の腕の中でいつものようにゆっくりと流れる時間を楽しんでいた。


「賢者……起きた?」
天使はもう起きていたようだ。

(昨日は皆で花見と宴会に来て……彼にたくさん飲まされて……そして……。)
賢者は自分の現状を思い出す。


「おはよう。」
賢者は恋人と暫し見つめあう。彼は何か寂しげな表情をしている。
賢者が首を傾げると天使は急に彼女を抱きしめた。


「どうしたの?」
彼は賢者の胸に顔をうずめて大人しくなる。


「甘えたいの?」
そういうと彼は二度小さく頷く。


「よしよし……いい子ね。」
賢者は天使の頭を優しく撫でる。
彼が自分に甘えるのは故郷を思い出して寂しいときだ。甘えさせてあげよう。

そうしているうちに日は昇る。皆が起きてくれば天使に抱かれた自分を見られてしまう。
羞恥の感情が彼女の中で生じるが、刹那に『見せてしまえばいい』と結論が出される。

賢者は再び目を閉じ、心地よい惰眠を貪ることにした。

だが、天使の隣に眠るのは自分だけではないのを賢者はまだ知らない。




「私だけって言ったくせに――――――――!!!」
という賢者の咆哮とドルマドンが炸裂するのはこの3時間ほど後のことである。
746 : 名無しさん@ピンキー2014/05/06(火) 22:25:47.67 ID:/b1/Tb65
修羅場かwいいね
747 : 名無しさん@ピンキー2014/05/07(水) 18:36:36.70 ID:zfMv4HNF
作者に質問なんだが最終的にどうなる

賢者?パラディン?
748 : 名無しさん@ピンキー2014/05/09(金) 23:44:49.97 ID:/xivja4b
>「あの子は男でも女でも自分が好きになった人だったら性別は関係ないみたい。
>私とのキスの練習の時もまんざらでもないみたいだったし。」


(  ゚д゚)・・・・・・


( ゚д゚ ) 
749 : 名無しさん@ピンキー2014/05/10(土) 08:52:52.77 ID:87WuOyDB
修道院じゃめずらしくもないぜ
750 : 名無しさん@ピンキー2014/05/10(土) 10:31:48.47 ID:MBNFtyoy
この話9か?
リッカがヒロインじゃないのか
751 : 魔族に敗れた勇者の結末2014/05/10(土) 15:48:01.86 ID:Nxm6+E9w
「クックックッ……無様なものよ、これが噂に名高き勇者とは……」

魔王・バラモスの低い声に、勇者は絶望の色に染まった顔を顕にする。
仲間たちは何れもバラモスにやられ、チリ一つ残さずに消されてしまった。

「あ、あぁぁ………」
「だが、今貴様を殺しても意味はないのだったな。ルビスとやらの加護の力のせいで、貴様や貴様の無能な仲間は黄泉返り、今一度我に抗うのだろう」
「こ、殺さないの…………?」

勇者の声は震えに震えきっていた。
勇者は見目麗しく性経験も豊富、男好きのする肢体と恵まれていたが、性経験の大半は敗れた魔物からの凌辱ばかり。
大王イカ、グリズリー、ボストロール、ミミック……数多の凌辱が、彼女をより美しくしていたのは皮肉な話である。

「殺す必要がない。殺し、黄泉返られるほうが遥かに厄介なのに違いない」
「じゃあ、私、助かるの………」
「何を甘いことを」

バラモスの爪が、鎧の下に着ていた下着を切り裂く。
既に砕けていた鎧が地に散乱し、爆乳とよんで差し支えない乳房が、肉付きの良い臀部が、バラモスの視線に晒される。

「貴様は数多の魔物を葬った。その罪を購わせてやろう」
「きゃあっ!?!」

バラモスの股間の肉棒が、俄に魔力を帯びる。

「やまたのおろち、ボストロールなど非にも成らぬ魔物を――我が子を孕ませてくれるわ!」
「んほおおおおおっ!?」

勢い良く子宮を突き刺され、勇者は瞳の艶を失う。
一瞬で今まで知らなかった絶頂を幾度も刻まれ、息をすることすら叶わない。

「ふかいっ!?ふかいのぉっ!!」
「それ、精を味わうが良い」
「くるの!?あついのくるのぉ!?」

子宮の入り口に無理矢理肉棒を捩じ込まれ、耳元でバラモスの囁きを聞かされる。
人間には解せぬ囁きに気を取られかけたが、次の瞬間に子宮を満たした灼熱に勇者は言葉を放つことすら出来ず意識を失ったのだった。

(先程の囁き……子を確実に孕むための呪であることに気付くまで、こやつは何度我が子を孕むであろうな……)

魔族の成長は早い。
数時間もすれば、バラモスの魔力を継いだ子の眠る卵を幾つも産み落とすだろう。
醜く膨らんだ勇者の腹を撫でながら、バラモスは隠し続けた欲望を勇者の未開通の尻穴で発散すべく、腰を掴んだのだった。
752 : 名無しさん@ピンキー2014/05/11(日) 11:19:22.51 ID:8e6jlcto
>>745
結局、天使君は誰を選ぶの?

>>748
性別関係なしに相手を好きになるキャラはいてもいいと思うの

>>751
そこで終わりかよw
753 : 名無しさん@ピンキー2014/05/11(日) 22:30:47.98 ID:cPipR7Kn
投下うれしい。ありがとう
754 : 名無しさん@ピンキー2014/05/14(水) 00:36:35.67 ID:cxrQEOde
投下乙
魔法戦士は「天使が好き」なのか「天使とキスするのが好き」なのか、どっち?
755 : >>751の続き2014/05/14(水) 15:07:25.59 ID:ChNmLFtH
勇者死す。
その報が世界を駆け巡るのに、たいした時間はかからなかった。
人々は絶望し、そして世界の崩壊が近いと予言する者すらいた。
しかし希望の種が全て失われたわけではなく。
一部の冒険者たちは勇者亡き世の平穏を求め、魔王バラモスに挑まんと旅に出た。
―――そして。

「そんな!魔法が使えない!?」
「私も!なんで!?」
美女たちの悲鳴が響く。
賢者たる美女が習得した魔法が、何ひとつ使えない。
美女の悲鳴に振り向いた武道家がバラモスの爪で切り裂かれ、地に伏し。
武道家の死を目の当たりにした戦士が動揺し、その隙にバラモスの唱えた魔法が彼を焼き付くす。
まさに虐殺と呼ぶべき圧倒的な蹂躙の手が自らに迫る瞬間、賢者と、彼女の親友の僧侶は絶望に顔を歪め、失禁してしまっていた。

「……情けない。その有り様で我が首を狙おうと思っておったか?」

魔王バラモスの低い声と同時に、その爪が僧侶と賢者の装備を切り裂いてしまう。
ビキニ姿だと戦士や武道家がやる気を出したために着ていたそれが、一瞬でただの布切れにまでされ。

「今貴様らを殺すのは容易い。が、貴様らは死ねば再び黄泉返り、我に歯向かうであろう?」
「いやぁ!死にたくない!死にたくないよぉ!」
「私だって死にたくないわ!」
「……無様な…」

バラモスが溜め息をつきながら、賢者と僧侶を眺める。

「貴様らは死なせん。我が牝奴とし、我が血脈を継がせる玩具にしてくれる」
「………え…?」
「歓喜せよ。貴様らはかの勇者を牝にした肉棒で愛でられる栄誉を受けるのだ」

バラモスは僧侶を掴みあげると、その未成熟な秘部を舐める。
僧侶は恐怖にかられてか、言葉を紡げずにいるばかり。
そんな凌辱を見ながら、賢者は力を失ったように座り込んでしまうのだった。
756 : 名無しさん@ピンキー2014/05/17(土) 01:05:34.69 ID:Z3fFzEDz
相手はバラモスよりもゾーマのほうがよかったな

>>745
これ、誰選んでも鮮血エンドしか想像できないw
757 : 名無しさん@ピンキー2014/05/17(土) 14:32:39.57 ID:Z3fFzEDz
ハーレムエンドでいいじゃん
758 : 名無しさん@ピンキー2014/05/21(水) 23:30:01.65 ID:5k4TF9zS
いつの間にかいろいろ来てた、記念age
759 : 名無しさん@ピンキー2014/05/28(水) 11:07:40.86 ID:YKjpRTpo
DQ10のセラフィでオナシャス
760 : 名無しさん@ピンキー2014/06/07(土) 23:02:03.91 ID:DgZ2DAQe
10よりも5の幸せな夫婦が読みたいな
761 : 名無しさん@ピンキー2014/06/07(土) 23:22:16.83 ID:kxWNIpu8
自分で書けよカス
762 : 名無しさん@ピンキー2014/06/08(日) 04:21:06.12 ID:hQa26vKH
希望も言えないこんな世の中じゃ
763 : 名無しさん@ピンキー2014/06/08(日) 13:54:29.19 ID:JgHba4PS
男武闘家×女遊び人のエロパロが見たい
764 : 名無しさん@ピンキー2014/06/08(日) 21:40:43.00 ID:G+jpw0yk
>>762
ぽいずん
765 : 名無しさん@ピンキー2014/06/08(日) 22:41:53.96 ID:ZWoPuM1Z
>>764
キアリー
766 : 「二人達」 1/4 ─男武闘家×女遊び人─2014/06/09(月) 14:03:13.73 ID:3lokkCbw
「ダメ!」
夜のアッサラームで商人に怒る勇者。
商人がパフパフへ旅立とうとするので必死にとめている。
「何でだよー。新手の商法じゃないか。俺の商売への学びをとめる気か」
「きっと詐欺なんだ!」
被害に逢うぞと、凛々しくむくれて勇者は言う。
「詐欺結構。欺瞞を知らず、学ばずに、正当な商道を歩めましょうか」
「あの道具屋で欺瞞は十分知ったじゃないか。あの時は無駄遣いしなかったのに」
「あんなおじさんに余分なゴールドを使う俺に見えますか?」
そう、商人男はアッサラーム道具屋の商法からは鮮やかに退店している。
つまり……彼は今、ただパフパフ娘と遊びたいように見えた。
そしてろくに遊べずに無駄なゴールドを払い、
「いやーゴメン、ゴメン。俺の小遣いしか減らなかったから勘弁してよ」
なんて勇者に釈明する未来の彼さえ見えるようだ。
「商人なのに…商売の町で詐欺に逢って無駄使いするとか、みっともないと思わないのかーー!」
「お前と言う勇者はパフパフにときめかんのか! それでも男か!」
「俺はベリーダンス派だーー!」
「言うよね!」

こんな…男勇者と男商人の…ゴールドとエロに塗れた会話の応酬を、仏像のような表情で見詰めている男武闘家。
彼の隣にはいつ何時も楽しそうな女遊び人が居る。武闘家は遊び人を引き掴んでアッサラームから出て行く。
武闘家は ─先を行く、イシスで待つ─ この別れの挨拶と、足取りが実に素早い。
待て待て、ちょっと待て─ と焦る勇者と商人だったが、彼らは武闘家に追い付く足を持たなかった。
「あーー! 忘れかけた時にあの二人は二人だけで行動して!」
「くそっ、エロそうでエロいあの二人組みが!」
素直にエロい二人なのだろう。
勇者と商人が恥ずかしい内容で喧嘩している間に、パーティは二手に別れてしまった。
真面目そうな格闘男がバニーガールを引っ張って行くと言う……アッサラームであろうと鮮やかに目立つ男女が成立してしまった。
それを見る勇者はしょんぼり。遊び人をまさか武闘家が奪って行くとは思わなかった。
「しょげるな、この町を見ろ」
商人はそう言って、勇者をまさに勇気付ける。
「この町には、この町の女性が居る。そしてお好みのベリーダンスもあるじゃないか」
「そうか……そうだよね!」
深い絆も二人だけの爽やかさも、エロスが切っ掛けで生れて行く嫌な男達。
767 : 「二人達」 2/4 ─男武闘家×女遊び人─2014/06/09(月) 14:04:16.55 ID:3lokkCbw
そして商人はパフパフに騙され、勇者が観覧しに行ったベリーダンスの劇場へ足を運ぶ。
もう劇場は観客を呼べない深夜。勇者は仕事終わりの座長や踊り子達と語らっていた様子。
座長と語るバハラタやイシスの事。そして勇者はめでたく、踊り子達とも意気投合出来たのだ。
彼女らと一緒に、騙されてしょんぼりしている商人に嫌がらせする。

踊り子の服を着た勇者が商人の前で踊る。照明がなぜか彼にだけ当たる。
「アホー! ちっちゃくて逞しい男の半裸踊りなんか見たいか! やけくそすぎるだろっ!」
勇者はそれでも踊り続けた。商人を萎えさせる。
「踊り子達は可愛いけれど真面目で、俺は生殺しでした」
そんな言葉を商人だけに聞こえるよう呟く半分壊れかけた勇者。
もうヒドイ目に逢い、ヒドイ物を見せられ、完全に壊れそうな商人。
踊り子達は可笑しそうに彼らを迎えて、輪になって踊った。





そんな夜を知らない男女は朝を迎え、砂漠を行きイシスを目指していた。
纏う日除けのマントを適当に摘んで体を自由に扇ぎ、バサバサと涼む遊び人。
チラチラと乳房の上部だの、お尻の下部だのが武闘家に見えている。
注意する。すると彼女はへこたれた顔で言う。
「暑いんだもん」
呆れた顔で武闘家は、彼女の横だの後ろだのは諦めて、前に立つ事にした。
すると現れるスクルトの嵐。大蟹族の魔物、地獄のハサミ。
768 : 「二人達」 3/4 ─男武闘家×女遊び人─2014/06/09(月) 14:05:33.13 ID:3lokkCbw
武闘家は空気を裂いて拳を繰り出す。
敵の甲羅へ強打。しかしダメージ1ポイント。
1…1…1…。
彼の攻撃はいつまで続くのか。端正な立ち姿で武闘家は拳を止めなかった。
遊び人は彼に付き合う。
彼女はホイミを使う遊び人なので武闘家のダメージを癒そうと控えていたが、彼は魔物からの攻撃を全て避けていた。
続くのは、武闘家だけの攻撃。
1…1…1…130!
地獄のハサミは武闘家の改心の一撃の前に敗れた。
武闘家の勝利にニコニコ微笑む遊び人に向かい、彼は感謝を示す。
ホイミを控え、付き合ってくれた感謝。武闘家のダメージは0だったのに。
「一緒に挑戦したかったの!」
遊び人はそう言って満面の笑みを見せる。
それに少し笑みを返して後、武闘家はまた仏像の如き顔に戻る。
「どしたの?」
あのモンスター。武闘家がダメージを受けない事に危機感を抱いていなかった。
つまり武闘家の強さを解っていなかった。
最後の最後に知った。逃げ場の無い一撃で。
ああした魔物、ああした戦いにまた何度も出会うだろうと思うと、石像や銅像の顔になる男。
「それが嫌なの?」
嫌だとか、感情はない。あぁそうなんだろうな…と理解するとこんな顔になる男だ。
「感情はあると思うよ。嫌そうだよ。見て見て、うっふ〜ん」
と武闘家の前でくねくねする遊び人。
「強さに気付けないなんて、そんな闘い嫌なんでしょ。あっは〜ん」
このエロい切れ者は、また武闘家の前で何を語るのか。
「こんな良い女を前にして何もしない貴方、良い女と気付けない貴方は、さっきの地獄のハサミと何か違うの?」
遊び人とはこうした女だ。
「もう一人の貴方に、嫌そうに見られちゃうよ。やーい、やーい」
そうかも知れないな。そうして武闘家は暑い砂漠で遊び人の唇と乳房に口付けた。


遊び人がくねくね誘惑したのが、オアシス近くだったのは狙いだったのだろうか。
(狙いじゃないです)
偶然だったとしたら、彼女はエロスの神に選ばれた女と言えよう。
これから二人で激しく汗をかいても、すぐに体を洗える。
769 : 「二人達」 4/4 ─男武闘家×女遊び人─2014/06/09(月) 14:06:30.35 ID:3lokkCbw
「入んない…半分しか入んないよ」
武闘家は大きく硬く、子ウサギの如き私はいくら濡れても全て迎えられないと。
─必要以上に相手を恐れる事も無かれ─
武闘家はそんな事を言う。
彼は将来悟りの書を手に取り、賢者となる男。彼は彼女と同じ場所で語れる。
今はエロスについてしか語れない状況だけれども。

「そんな風に動かれたら、あたし…あたし…」
濡れて、熟れて、解れて、何度もヒク付いて、遊び人のそれは武闘家を根元までしっかり向えられるようになっていた。
「全部…入っちゃった……」
この彼女の声を合図にしたように彼は縦横無人に動き、遊び人は縦横無人に喘ぐ。
遊び人の改心の一撃はもう何度も何度も放たれ、武闘家にその震えを見られている。
これから武闘家の改心の一撃が放たれるのを待つような、男女の緊張感。
彼の一撃の後、何かが死ぬのだろうか。それとも。
「出して、奥に…」
武闘家との子供がこの身に出来たなら、この遊び人は産んで
「その子と一緒に、いっぱいいっぱい遊ぶの」
熱い声と呼吸の間で、彼女ははっきりとそう言った。
遊ぶ準備が整った彼女の奥へ、彼は初めて粘るように入り込んで行った。


武闘家とは暑い中いっぱい遊んだんだから
「その雫ちゃんといっぱい遊ぶのは当然ね」
雫ちゃんとは、ご縁があれば遊び人の胎から人としてこの世に登場するアレである。
彼女は将来ダーマ神殿に入った途端、そこに居る全ての神官に導かれて
「さぁ、良く学んで来た。どうぞこちらへ」
と体一つで賢者になる女。
彼女の知能、意識、精神性は高く、このパーティで一番賢い。
この先、賢者としての武闘家なら、彼女から学ぶ事の方が多いかも知れない。
オアシスに体を浸して洗う贅沢の後、男女は満足気に目を閉じた。





と言う夢を見たんだよ。
そんな事をイシスで合流した勇者と商人が聞いたところで
「どうして夢だと信じられるかっ!」
「ありもしない蜃気楼をそんなに克明に語れるものか!」
格闘男に向かい、勇気と商いの男はそうギャンギャン言う。
夢でも蜃気楼でも、見たなら詳細とて語れよう。しかも男女で同じ内容を見たとの事。
「それ…夢じゃなかったんだってぇ……」
「夢だとしても一緒に見たなら現実と同じだってぇ……なんかもうそれ以上だってぇ」
勇者と商人は泣きそう。いや泣いている。
アッサラームでの我等が見たのは、とんだ悪夢だったのにと泣く。
悪夢だろうと愛の夢だろうと…一緒に見て、二人の仲が深まったのは事実。
一方は二人で魘され、一方は二人で快感の波に身を震わせた。
それだけの違いではないか。
武闘家は真面目にそう言ったが、勇者の拳と商人の蹴撃を受けてしまう。
接近戦でつい不覚を取った、武闘家のイシスだった。
770 : 「二人達」 ─男武闘家×女遊び人─2014/06/09(月) 14:07:18.58 ID:3lokkCbw
>>763 頂きました。男武闘家×女遊び人
771 : 名無しさん@ピンキー2014/06/09(月) 15:39:43.83 ID:6ug+WLVP
仕事早い

gj
772 : 名無しさん@ピンキー2014/06/09(月) 22:07:20.54 ID:7cO7Qlri
はええw
773 : 名無しさん@ピンキー2014/06/11(水) 00:09:38.10 ID:poMmb80K
この板にまだこんな職人がいたのか
774 : 名無しさん@ピンキー2014/06/11(水) 03:52:19.87 ID:BncHVwED
女遊び人と男武闘家のカプはありそうでないですね。
キスだけでいかされそうですが面白い良作でした。
775 : 7702014/06/12(木) 21:05:58.11 ID:mzAkzP6N
ありがとうございます。
久しぶりの板への書き込みで、即投下だったので
読み辛いところも多々あったかと思います。

遊び人の遊び応えのある、男遊び人×女遊び人とか
またギャップある二人組みとして、男武闘家×女僧侶とか
3シリーズ良いものですね
776 : 名無しさん@ピンキー2014/06/13(金) 20:49:33.35 ID:sCh0h4D2
ローラ姫がドラゴンとラブラブな話とか書いた人はいたかな?考えてもみたが、在り来たり過ぎて被りそうだ
777 : 名無しさん@ピンキー2014/06/13(金) 21:56:44.81 ID:1UGRVSds
モンスターなら裏切り小僧か使い魔とマーニャとか?マーニャとミスター・ハンとかが面白そうですね、只、女遊び人が男武闘家にまずはパイずりしてあげる話がいいですね。
778 : 名無しさん@ピンキー2014/06/13(金) 22:36:47.53 ID:hBNpwAaq
>女遊び人が男武闘家にまずはパイずり

男武闘家×女遊び人の、もうやっちゃってる最中は良いんだけど、
それに到るまでの前戯やらパイずりやらは、男武闘家が恥ずかしそうで想像するだけで腰が砕けそう
779 : 名無しさん@ピンキー2014/06/15(日) 16:15:54.76 ID:gMi6q4AD
780 : 名無しさん@ピンキー2014/06/15(日) 19:58:20.45 ID:JhDNJE/c
カジノで全財産スッたマーニャがモンスターに犯されるネタで書いてたけど
よくよく考えてみたら4にボストロールいねえのな
781 : 名無しさん@ピンキー2014/06/15(日) 21:30:00.38 ID:+o8oBOrp
おにこんぼう辺りでいいやん
782 : 名無しさん@ピンキー2014/06/15(日) 22:47:57.32 ID:kwu0RdyG
性格自由なルイーダキャラでエロネタ書こうとすると自由すぎてドラクエじゃないんじゃないかと悩んで没る
ミレーユやフォズやアイラでエロネタ書こうとすると途中でどうもこれキャラ違うんじゃないかと疑い出して没る
ムーンやアリーナやマーニャや5嫁でエロネタ書こうとすると既に先駆者がいてパクリと思われるんじゃないかと疑心暗鬼になって没る
783 : 名無しさん@ピンキー2014/06/17(火) 00:07:36.96 ID:I+nBRIrT
逆に考えるんだ、3や9はドラクエの世界観を使ってオリキャラを書ける貴重な手段だと
784 : 名無しさん@ピンキー2014/06/19(木) 00:52:36.39 ID:/WhsLchX
最近の3や9のssは本編の補完とがサイドストーリー的な感じでいい
785 : 名無しさん@ピンキー2014/06/19(木) 06:42:20.99 ID:UNPRaU4b
5主人公とフローラが結婚し、その間に生まれた勇者がビアンカやデボラとセックスし、子供とは思えぬ性豪っぷりと肉棒に虜になるとか
786 : 名無しさん@ピンキー2014/06/19(木) 09:40:49.92 ID:2cTCXqHz
熟女の魅力あふれる金髪美女のビアンカさんはともかく
加齢臭撒き散らしてるデボラ叔母ちゃんとなんか…^^;
787 : 名無しさん@ピンキー2014/06/19(木) 11:09:26.70 ID:Hn37xN8I
ビアンカは主人公とも良いけど、彼女の「常識的・良識的雰囲気」「人間としての華やかさ」は、パパスや勇者も良い。
「過ぎた攻撃性」デボラも主人公と良いけど、結婚せず主人公と勇者の父子を味わうのも良い。
「良い意味で何かが抜けてそうで当たりのソフトな」フローラも主人公と良い。
でも主人公と結婚しなくてもお相手が居る彼女は特別な存在になっちゃったので、勇者とはどう転ぼうと不倫状態かー。

三人は年の差が気にならない良い女達でしょう、と書こうとした先に>>786が!
788 : 名無しさん@ピンキー2014/06/19(木) 12:12:48.17 ID:Hn37xN8I
あ、そうか。主人公とフローラの結婚が決ればデボラは勇者の親戚か
789 : 名無しさん@ピンキー2014/06/22(日) 13:00:49.72 ID:60fFZvgm
投下します。DQ5王女ネタで。
タイトル「反抗期のタバサ」
790 : 名無しさん@ピンキー2014/06/22(日) 13:02:02.19 ID:60fFZvgm
 それはわたしが馬車で道具を整理していたときのことでした。
 緑の匂いがするやくそう、ルビーみたいに赤いエルフの飲み薬。
 そんな道具類の下に、すべすべとした生地の白い布が混じっていたのです。
「うわあ、すごいです」
 わたしはそれを両手で持ち上げて、思わずつぶやきます。
 だって、とても綺麗なレオタードなんです。
 ふわふわのフリルがふんだんにあしらわれています。ピンクと金色の緻密な刺繍が
かわいらしいです。背中あたりからは天空人の着るようなヒラヒラの二本の布が生え
ています。
 そこでわたしは思い出しました。
 昔、ピピンが見せてくれた防具カタログに載っていた『天使のレオタード』です。
 とても強力な防具のはずです。お父さんはいつの間にこんなものを手に入れたのでしょうか?
「おーいタバサ、道具整理終わったかー?」
 と、後ろからお父さんの声がしました。
 わたしはレオタードを抱えたまま振り返って、お父さんに言いました。
「お父さん、これわたしが着ていいですか?」
 おとうさんはびっくりした様子でしたが、すぐに慌てた様子で言いました。
「だ、だだだダメだ! それはお母さん用だから、ほら置きなさいっ!」
「ええっ。わたしも着れますってば、ほら!」
 わたしは布地に腕だけを通してみました。すると生地はキラキラと宝石のような光を
発しながら縮まっていき、わたしの腕にぴったりの大きさになりました。このぐらい
強力な装備になると、着る人のサイズに自動的に合う魔法がかかっているのです。
「だったらいいですよね? これ、わたしの今の服よりずっと強力ですから」
 ですがお父さんは首を横に振り続けました。
「ダメだ、ダメったらダメなんだ、絶対だめだっっっっ!」
 汗を流してすごく慌てた様子です。こんな慌てた表情は見たことがありません。
 ちょっと前までのわたしなら、そこで諦めていたかもしれません。
 でもわたしは、先月に誕生日を迎えました。
 つまり、おとなです。
 そしておとなは簡単にあきらめたりはしないものなのです。
 たとえ呪いで石像にされてしまったとしても、目的を果たすものなのです!
791 : 名無しさん@ピンキー2014/06/22(日) 13:03:09.30 ID:60fFZvgm
「お父さん!」
 ずいっ! とわたしはお父さんに顔を寄せました。
「なっとくできません。お父さん、ろんり的にせつめいしてください。
 どうしてわたしが天使のレオタードを着ちゃダメなんですか」
 するとお父さんはぽりぽりとほおをかきながら、
「いやだってお母さんとの夜用のアレが染みつ……わ、わわわ今のはなしだっ!」
「夜用の?」
「だあああしまった! ええいこうなったら問答無用っ!」
 ぐわしっ。
 なんと! お父さんはレオタードを無理矢理奪い取ってしまいました。
 わたしは大きく口を開けました。こんなに強引なお父さんは見たことがありません。
 でも、わたしは諦めたりはしません。
「あーっ! お父さんおうぼうです! おんななかせです!」
「どこでそんな言葉を覚えたあっ!?
 とにかくタバサは子供なんだからこの服はダメだ! お父さん命令だ!」
 そしてお父さんは、ドタドタと早足で馬車の外に出て行ってしまいました。
 なんてひどい。お父さんは大好きですけど、今の態度はとても許せないです。
 レディーへの態度ではないと思います!
 わたしはぐっと杖を握りしめて、ある決意を固めたのでした。

 * * *
 
 そして夜の宿屋でのことです。
 みんなが寝静まったころを見計らって、わたしはぱちりと目を覚ましました。
 ぐーすかいびきを立ててるわたしの弟(弟ったら弟です)を起こさないようにこっそりと部屋を出ます。
 目的の『ぶつ』はもちろん、馬車の中にあるお父さんの袋です。
「グル?」
「ボロンゴ、しー」
「……グ」
 納屋の前で番をしていたボロンゴは、わたしと気付くとまた目を閉じました。
 スライム一匹通さないボロンゴですけど、わたしだけは見逃してくれるのです。
 ボロンゴはとっても親切で偉いですね(お父さんと違って)。
「こっそり、こそーり」
 納屋を通りぬけ、馬車へ入ります。中は暗かったので、呪文でホロに光をつけます。
 そうすると奥の方にお父さんの袋が見つかりました。
「あれですね」
 がさごそと中をあさると、あっさりと見つかりました。
 モフモフした空飛ぶ靴の下に、純白の天使のレオタードが!
792 : 名無しさん@ピンキー2014/06/22(日) 13:04:15.57 ID:60fFZvgm
「やった!」
 作戦せいこう、ガッツポーズです。
 ではさっそく着てしまいましょう。いわゆる一つの《きせいじじつか》です。
 一度着てうまく戦闘してしまえば、お父さんもその防御効果を認めてくれることでしょう。
 わたしは服とパンツをそろそろと脱いで、レオタードを身にまといました。
 肩口から胸、太ももまでが、ピッチリした布地で覆われました。
「えへへへへー」
 くるりと回ると、ひらひらとした布が幻想的な光を残して馬車内を舞いました。
 きれいな光です。まるで天使です。
 今のわたしは天空城のルーシアさんにも負けない天使だと思います。
 ちょっと胸と足の露出が多いですけど……でもいまやわたしは、お母さんにだって
負けない立派なレディーなんですから、これぐらいの露出はへっちゃらなのです。
 どうですかお父さん。
 わたしタバサ・グランバニアは、ちょっとセクシーなレオタードの似合うレディーなのです。
 えへへ。むず。えへへへへ。むずむず。
 ……あれ。
「あれ……あ、ひゃう……?」
 何かがおかしいです。わたしは太ももをぺたりと床につけて寄せました。
 なぜなら太ももの付け根、お股の部分が、なんだかすごくむずむずしてきたからです。
 むずむず。じんじん。立っているのもきつくなる……かゆさです。
「あう……なにこれ、か、かゆいよお……っ」
 カラダが変になってしまったのでしょうか? とにかくかゆくてたまりません!
 わたしは手を下げて太股にやろうとして……その瞬間。ぎゅうっと手首に痛みを感じました。
「やっ、なにこれえ!?」
 振り向くと天使のレオタードのヒラヒラが、わたしの手首に絡まっていました。
 なんで? 助け呼ぼうとして――わたしはすぐにそれを止めました。
 騒ぎになったらお父さんが来ちゃいます。叱られちゃいます。
 そんなのレディーのプライドがゆるさないのです。
「やだあっ……」
 とにかくほどこうと試みますが、うまくいきません。
 ヒラヒラはまるで生き物のように動いて、わたしの指から逃れてしまいます。
 その間もお股のかゆさはどんどん大きくなって……じんじん、じんじんと責め立ててきます。
「はううう……そ、そうだ……床で……」
 わたしはパタンと床に伏せて、お股を木にこすりつけようとしました。
 ――その瞬間でした。
793 : 名無しさん@ピンキー2014/06/22(日) 13:05:02.35 ID:60fFZvgm
 びくびくびくうっ!
「ひああああああっ!?」
 電撃の魔法を受けたように、わたしはビインと体を反り返らせました。
 すごい、すごい刺激が……かゆさが収まるどころか、ますます強いです。
 そしてそれ以上に……頭の奥にまで突き抜ける……なんか……すごい、何かが来ました。
 な、なんだったんでしょうか今のは。
 こわいです、こわいですけど……でも、イヤな感じではありませんでした。
「はう、あうう……も、もう一回だけ……」
 今度はそうっと、お股を床に添えます。すると……じゅううん!
「ひあううううう……」
 口がだらしなく開くのがわかりました。さっきよりはゆっくりとした感覚。
 それでも……なんだかすごいです、まるで意識が全部飛ばされちゃうような……。
 これはたぶん……気持ちいいんだと、思います。
 だって、幸せな何かが身体に広がっているのがわかりますから。
「あ、あう、あうう……」
 すべすべのレオタードごしにお股を木にこすりつけます。
 スリスリ、すりすり。するとまた気持ちいいのが広がっていきます。
 すごい、すごいです。なんでしょうこれ。こんなに気持ちいいの、生まれて初めてです。
「ひああああん……はあ、はあ、はあっ」
 ずりずりずりずり。わたしは一所懸命にこすりつけました。かゆさはぜんぜん収まりません。
 それどころか、擦り付けるたびに強くなっていっているような気がします。
 すりすり! もっと強く。ずりずり! もっと直接。
 手を一杯に動かそうとしますが、動きません。
 なんで、なんでわたしは動けないのでしょう。
 これはレオタードの効果なのでしょうか?
 それともわたしの体が突然おかしくなったのでしょうか?
 どっちでもいい気がしました。今はとにかく、もっと触りたいです。
 もっともっと、お股をすりすり、ごしごしとさわっていたいです。
「これ、これいい……これすごいよお……」
 腰をめいっぱいに床にこすりつけます。チカチカと目の前が点滅した気がします。
 床とレオタードが擦れる音が、夜の馬車に響きます。ずるずる、じゅるじゅる。ぬるぬる。
 あれ……?
794 : 名無しさん@ピンキー2014/06/22(日) 13:05:53.50 ID:60fFZvgm
「……や、あれ、もれ……?」
 摩擦がやけにスムーズになったと思ったら、ぬるぬるした何かが股のあたりを濡らしていました。
 わたしのお股と太ももは、ナメクジみたいにぬるぬるになっちゃっているようです。
 なんでしょうこれは。レオタードから? それともまさか、わたしから?
 でも、それもどうでもいいことです。
「ひあああう……ぬるぬる、ぬるぬるもきもちいいよお……」
 声が出ました。ぬるん。ぬるぬる。じゅぷるじゅぷる。
「にゅるう……にゅるにゅるもっとお……」
 それはとてもとても気持ちのいい、ぬるぬるでした。
「あああ……あうう……」
 ずっとこうしていたい……でも……もっと強くしたい……。
 レオタード越しに床に押し付けたら、むずむずがじんじんに変わりました。
 もしも直接触れたなら……わたしはどうなってしまうのでしょうか?
 手は動かせません。でも、でも他の何かがないでしょうか……。
「はあ、はあ……あれ……」
 そのとき。わたしは頭の蕎麦にちょうどいいものが転がっていることに気づきました。
 ふわふわの毛並みをした『空飛ぶ靴』です。これに股を押し付ければ、もっと強い刺激になります。
 わたしは夢中で体をずりずりと這い回らせて、それを床下に押し付けました。
 そしてお股をその靴の上に置こうとした……直後のことです。
 ぎゅううううっ!
「ひゃああっ!?」
 股下に置こうとした『空飛ぶ靴』は、まるで吸盤のようにわたしの股にすいついてきたのです!
 右足用の靴はわたしの前側、左足用の靴はお尻がわに吸い付いています。
 しかも、それだけではありませんでした。
「はあああああああんっ!」
 ぺろぺろぺろぺろぺろっ!
 ニュルニュルぺろぺろぺろぺろん!
「や、やめ、な、なめちゃだめえええええっ!」
 ふわふわだったはずの毛並みはとても固くなっていました。
 『空飛ぶ靴』は吸い付くばかりか、その毛を一斉にうごめかせていました。
 ちろちろチロチロっ! にゅるにゅるぺろぺろ!
 お股の部位に、まるで大量のミミズがのたうちまわったような感覚。
 それはさっきの床へのこすりつけよりも何倍も強い、快楽でした。
795 : 名無しさん@ピンキー2014/06/22(日) 13:06:37.84 ID:60fFZvgm
「あ、しゅご、すご、にゅるにゅる、しゅごいっ! しゅごすぎっ!」
 息が絶え絶えです。すごいです。わたしの想像をはるかにこえて、この靴、すごいです!
 しかも舐めるだけじゃありません。先端部から生える二本の触覚がシュルンと長くなると、
その先端を這いつくばるわたしの胸のあたりまで伸ばしてきます。
「ひっ……!?」
 魔物の口のような、紫色の先端でした。
 肉厚の唇のように丸い穴を持っていて、そこにヨダレを滴らせていました。
 わたしが不安と、怖さと、期待を持って見守っていると……ちゅぽん!
「やあああっ!?」
 わたしの両胸の先端が、いきなり、その口に吸われてしまいました。
 ちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱ、ぐちゅるぐちゅるぐちゅるぐちゅる!
 いきなりの責め立て。お股と同じぐらいの刺激が、上半身にもやってきてしまいました。
「ひいいいいいんっ! だめだめだめすっちゃだめええええっ!」
 頭が真っ白になりそうでした。わたしはたぶん泣いてました。
 それでも靴はとまりませんし、かゆみは強くなっていきます。
 気持ちよさもすごくなっていきます。
 ぐちゅ! ぐちゅ!
「だめ、だめ! お尻なめちゃだめっ!」
 レオタードの後方部をぐぐんっと触覚で持ち上げられて、中のきたない穴をぺろぺろぺろぺろんっ!
「ヒャあああっ! おまた、たて、たてなめたら、しゅごしゅぎだよおおおっ!」
 前の方も同じように持ち上げられ、直接さわられてしまいます。
 ずぽんぐちょんぐっちょんぐっちょん!
「むねええええっ! へん、へんになっちゃうっ! とんじゃうよおおおおおっ!」
 じゅぷるじゅぷるにゅるんにゅるん! ぐちょぐちょぐちょぐちょ!
 もうふやけそうになるほどにしゃぶられています。
 太ももが。股が。胸が。おしりが。
 すごい、すごい、すごいのれんぞくです。
 なんでこんな、もう、わたしたぶん、だめになってます。
 もう何もきこえなくなりそうです。わたしはもう――どこかに、飛んじゃいそうです。
796 : 名無しさん@ピンキー2014/06/22(日) 13:07:35.76 ID:60fFZvgm
 そして、そのときはすぐにきました。
「ああああああああああああっ!」
 じゅるじゅるじゅるううううううううううううううっ!
 吸盤がわたしのお股を吸い上げた、その瞬間。
 わたしの頭で火花が散って。
「ひあああああ、もうとんじゃいますうううううっ!」
 しゅわああああああ!
 そのとき、きもちよさが、はじけました。
 はじけたきもちよさがからだじゅうにひろがって、もっときもちよくなりました。
「はあああああああああ……」
 すごい。こんなすごいの……すごすぎです……。

 意識があったのは、そこまででした。
 
 * * *
 
 翌日のお昼のこと。
「ええーい、イオナズンッ!」
 ずごばごーんと敵は吹っ飛びました。
 わたしたちの勝利です。
「ほらお父さん、だいじょうぶでしたよね?」
 振り返って、お母さんのマネみたいに勝利のウインクをしてみせます。
 お父さんは腕組みをしてぐむむむと黙りこんでしまいました。
「た、タバサ……本当になんともないのか?」
「なんのことですか? これ、とても戦いやすくてすごくいい感じです!」
 わたしは両腕を上げてくるりんっと回って見せました。
 フリルとヒラヒラ布が舞って、ぱちぱちとピエールから拍手が上がりました。
 その様子を見ては、お父さんもあまり強くは言えない様子でした。
 ぶつぶつとつぶやいています。
「むむむ……メダパニ呪文が切れてたのかなあ……勝手に着たって言うから
 心配したけど、なんともなさそうだし……何も起きないし……」
「お父さん、なにかおっしゃいましたか?」
「な、ななななんでもない! し、仕方ない」
 お父さんは何かを振り払うようにターバン付きの頭をぶんぶんと横に振りました。
「しょうがない。それはタバサにプレゼントするが、何かあったらすぐお父さんに言うんだぞ」
「はいっ」
「あとお母さんと一緒の時は、絶対に着ちゃダメだぞ!」
「はいっ!」
 そうしてしぶしぶ、お父さんはわたしに天使のレオタードをプレゼントしてくれました。
 わたしは内心でぴょんぴょんっと飛び跳ねていました。
 じゅじゅんっと股が濡れていくのを感じます。
 ふふ、えへへ、えへへへへ。
「これで――」
 ――あのきもちいいのが、今日もできちゃいますっ♪

(完)
797 : 名無しさん@ピンキー2014/06/22(日) 13:37:20.38 ID:60fFZvgm
以上です。
大人しい性格の中でときおり見せる自己主張が好きなので、
書いてみました。では。
798 : 名無しさん@ピンキー2014/06/24(火) 09:43:31.28 ID:diPUEOpf
書いた人はバカ(褒め言葉)だけど、これはさすがにバカ過ぎだw
頭の蕎麦って
799 : 名無しさん@ピンキー2014/07/01(火) 17:43:45.82 ID:YKAybVMP
保守
800 : ◆0wT8qFn8cStZ 2014/07/02(水) 02:40:38.55 ID:sWZSd4NN
>>797
乙 タバサの性への目覚めがエロい

デボラ×金髪王女ネタ投下
801 : ◆0wT8qFn8cStZ 2014/07/02(水) 02:41:51.78 ID:sWZSd4NN
サラボナの街を訪れたアベルたちは偶然居合わせたルドマンの従者に案内され、ルドマンの屋敷に入った
「おおアベルさん、話は聞いております。ビアンカさんがさらわれ、あなたも8年間石にされていた、と」
「レックス、タバサ。この方がルドマンさんだ。」
と、タバサは自分の方を見る視線に気が付いた
黒く、艶のあるウェーブのかかった髪。派手な服装
「デボラ、お前は9年前も……」
「いいじゃない。いつ出てきても私の勝手でしょ。あんたたちがあいつの子供?」
「うん、双子なんだよ!」
レックスは元気に答えたが、タバサはそのデボラの顔に言い知れない不安を覚えた

その夜、ルドマンの屋敷の一室を貸し与えられたタバサ
ドアからノックの音がした
さすが大富豪の家と言うべきか、ノックの直後にドアの向こうのレックスが透けて見えた
そのような魔法もあるのか、感心しながらもデボラでなかったことに安堵し、扉を開いた
と、レックスは後ろ手にドアを閉めるとタバサにキスをした
802 : ◆0wT8qFn8cStZ 2014/07/02(水) 02:42:53.82 ID:sWZSd4NN
次の日、
「いやあ、アベルさん。やはりあなた方は素晴らしく強い」
大勢の人と共にきらびやかなショーを見ながらの豪華な食事
ブオーンを再び封印したアベルたちは祝勝会ということでカジノ船にいた
「ねえ、あんた」
タバサが女性の声に呼ばれ、ギクリとして振り向いた
やはりデボラがいた
「ちょっとこっちへおいでなさい。それとも……」
「あんたがお兄ちゃんと仲がいいってことを、皆の前で言われたい?」
明らかに確信を持っていないと言われない言葉
「タバサ、どうしたの?」
近くにいたレックスが尋ねたが、
「う、うん……なんでもないの。お船って揺れるから……ちょっと気持ち悪くなっちゃって」
タバサはデボラについていき、ある船室に入れられた
デボラはかがんでタバサの頬に両手を添えると言った
「あんた、あの勇者様とベッドの上で仲よくしてるんでしょう?口止め料を払いなさい、悪いようにはしないから」
「は、はい。少ないですけど、私もお小遣いなら……」
腰に提げた袋から取り出した何十枚もの金貨。当たり前だが、子供の小遣いというには余りにも多かった
が、
「あのね、私たちの父さんは大富豪なのよ」
差し出された金貨を押し返し、袋に入れさせるデボラ
「お金ならいらないの。お金よりもね……」
デボラはタバサの両腕を押さえつけると、タバサの唇に口づけた
「あんたの母さんはさ、きれいな人だったのよ」
タバサはデボラにされたことが信じられないといった風情で、目を丸くしてデボラを見つめる
「あたしよりも……いえ、フローラと同じくらいきれいだったわ。
正直なところあいつがあたしたちを選ぶとき、あたしだけじゃなくてフローラが負けたことも納得できた
あんたもあんたの母さんと同じ。ただ一つ違うところと言えば、あたしが初めて会った時、あんたの母さんは大人だったけど、あんたはまだ子供。あたしはね」
デボラは唇をなめ、生唾を飲み込むと続けた
「あんたの父さんもいいと思ったけど、あんたの母さんもいいと思ったの。そしてあんたはあんたの母さんそっくり
大丈夫、あんたがあんたの母さんよりきれいになるようにしてあげるからあんたは世界一の美人になる。
あたしはあんたの綺麗な体を楽しむ。お互いにとって損はないはずよ」
デボラは服を脱ぎ去り、下着も外してあっという間に全裸になる
タバサは大人の、それも女性が自分を狙うという異常な状況に恐れているのか、
それともデボラの均整のとれたプロポーションを目の当たりにして感動しているのか、その二つの感情がないまぜになって足は震えるばかりだ
803 : ◆0wT8qFn8cStZ 2014/07/02(水) 02:43:31.58 ID:sWZSd4NN
「ほら――あんたも脱ぎなさい」
タバサは耳元でささやきかけられる
「あぅっ」
耳を軽くかまれたタバサ
間髪入れずに首筋をなめられる
「そう、感じれば感じるほど、きれいになるの。いっぱい感じなさい」
タバサのベルトを外し、スカートから潜りこませたデボラの手が、タバサのわき腹をなでた
タバサの下着の中に指をもぐりこませ、感触を確認すると目を細めて言う
「もう濡れてきちゃったの。おもらししちゃったみたいにぐしょぐしょにしたい?」
したくはない。だが、首を振ればデボラは間違いなく脱がすだろう
自分で脱がされるのを選びたくはない、デボラはそんなタバサの葛藤を知りながらあえて聞く
「おもらししちゃいたい?どうなの?」
肩をつかまれておびえ、デボラの嗜虐心をあおりながら後退するタバサ
背中に冷たく固い壁の感触を感じると、逃れられないことを悟って強く目をつむってから首を小さく横に振った
「まずは触ってるところからよね」
スカートの中に手を突っ込むと、下着のゴムを広げながら足元まで下ろす
まず左足を上げさせられ、次に右足が下着の穴から抜かれる
「ほら、バンザイしなさい。汚れちゃうわよ?」
スカートの両裾をつかんで、腰までめくり上げられ、ある意味裸よりも無様な姿となってしまった
それを認めたくないためにタバサは小さく首を振るが、
「2回もしなくてもわかってるわよ。おもらししたくないんでしょう?」
タバサは羞恥から身をすくめる
デボラはタバサの正面に回ると、片手だけでスカートを持ち、もう片手をタバサの服に潜り込ませ、胸の先端に触れる
「ぁ……や……」
「そう、耐えちゃうの」
しばらくしても効果がないことがわかると、一気に服をまくり上げて寝台に放った
804 : ◆0wT8qFn8cStZ 2014/07/02(水) 02:45:17.73 ID:sWZSd4NN
コンドームを取り出すと、指を入れて伸ばし、
「うぐぅっ!?」
そして指をタバサの尻穴にあてがうと一気につらぬいた
「こっちは初めてでしょ?」
指をぐねぐねと動かしてやると、タバサは気持ち悪そうに身をよじる
括約筋によって押し出されようとするのを逆に進んでいくデボラの指
「や、デボラさん、お腹、痛い……」
デボラは気にも留めず、タバサの秘所に顔を近づけると、一気に指を抜き出した
しばらくして、タバサのそこがうるみだす
「気持ちよかったでしょ?でも、少し痛いのは続いてて、お腹の中が熱い」
コンドームを「違う?」という一言と共にベッド脇のゴミ箱へ無造作に投げ捨てると、次は背中から胸を押し付ける

「お母さん……」
タバサは押し付けられたデボラの胸に母性を感じてつぶやく
「ねえ、あんた、あたしの「娘」にならない?」
「嫌です」
「そう。ところであんたのお兄ちゃん、あんたの父さんに似てるわね……」
「だ、駄目です!レックスとは大きくなったらカケオチしてでも結婚しようって約束してるんですから!」
レックスだけでなく、タバサもその意味は知らない。ただ、障害を乗り越えるぐらいにしか思っていないのだ
「へえ、あんた、あたしに魅力で負けると思ってるんだ?」
「う……」
「また来なさい、きれいにしてあげるから」
「…………何回したって、返事は同じですよ」
805 : ◆0wT8qFn8cStZ 2014/07/02(水) 02:49:20.56 ID:sWZSd4NN
投下し終えてからデボラがタバサの前でレックスを誘惑してみせて、二度としないことを条件に性知識ゼロのタバサを調教するのもエロかったかな、と思った
806 : 名無しさん@ピンキー2014/07/03(木) 20:58:17.10 ID:lqHyo+MQ
女が幼女を狙うのは何て言うんだろう
807 : 名無しさん@ピンキー2014/07/04(金) 17:35:24.43 ID:0qxrscJy
ところで、パイずりでいかせるのはあり?女遊び人が男武闘家にパイずりしたりキス責めしていかせるとかはどうなんあですか?
808 : 名無しさん@ピンキー2014/07/04(金) 20:56:54.36 ID:lkBlJ8PF
ちったあドラクエに関係したシチュを考えろ
809 : 名無しさん@ピンキー2014/07/04(金) 21:10:52.81 ID:CEZXi58Y
>>807 ありです。女遊び人と男武闘家良い
810 : 名無しさん@ピンキー2014/07/09(水) 22:13:44.64 ID:67jXfIyF
3DSから10を始める予定だから楽しみ。
噂のズーボーが気になって仕方ない
811 : 名無しさん@ピンキー2014/07/10(木) 10:12:06.72 ID:k5rO5uKw
課金ゲーって聞いたから3DSでもやるきでねぇな
812 : 名無しさん@ピンキー2014/07/11(金) 17:38:35.35 ID:0ZpjQGPB
オフラインでリメイクされたらやるよ
813 : 名無しさん@ピンキー2014/07/11(金) 22:33:42.74 ID:FA+wD6sM
ズーボーはホモじゃないぞ
814 : 名無しさん@ピンキー2014/07/13(日) 02:33:55.48 ID:4GhGQR1w
新参です。
悪魔神官とナナの話を纏めで読んだんですがとても面白かったです。ドラマCDを聞いて好きになったカップリングがますます好きになりました。
完結はしていないんでしょうか?是非とも続きが読みたいです。
815 : 名無しさん@ピンキー2014/07/13(日) 10:17:53.86 ID:t/n943a6
サンチョ「ふちゃんは度々王国の馬舎に訪れることがありました。不審に思った私が後を着けると、そこにはなんと・・・
ジャミの尻に激しく顔をグイグイ押し付けながら臭いを嗅いでいるフローラちゃんの姿があったのです(冒険の書が消えた時の効果音)。
夢中になって肛門の臭いを小刻みに嗅ぐ呼吸音は遠くから見ている私にも聞こえましたとも、ええ。
すると突然、ブブゥッ!という激しい音が聞こえました。はい、放屁をしたんですね、ジャミが。
肛門に鼻を押し当てていたフローラちゃんは直接吸ってしまわれたのでしょうか、口を開けながら白目を剥いてました。
しかしお気の毒だと思ったのも束の間、彼女は全身を大きくビクンと痙攣させ、絶頂を迎えたのです。
・・・どうしようもない淫売です」 
816 : 名無しさん@ピンキー2014/07/13(日) 13:13:08.70 ID:CjL/4/82
フローラ物はジャミ×かルドマン×か光の教団での輪姦ネタがいいね
817 : 名無しさん@ピンキー2014/07/13(日) 17:19:13.58 ID:kVQ86XzM
ルドマン×フローラはお嬢様が汚される&近親相姦という二重の背徳が味わえていい
デボラはキャラが派手だから逆にそういうのより主人公ものとかのが
実は純情みたいなギャップが活きるしエロく感じて萌える
818 : 名無しさん@ピンキー2014/07/13(日) 19:30:29.05 ID:fwc5OZjt
金髪さんの輪姦や馬嫁ものの薄い本はNTRブームに乗ってやたら出てるからな
そっちはさすがにもうお腹いっぱい
もう書くなよ絶対書くなよ
819 : 名無しさん@ピンキー2014/07/13(日) 20:05:57.17 ID:iVY6SuzX
フローラの馬物好き
一番フローラに似合うのは馬だと思う
820 : 名無しさん@ピンキー2014/07/14(月) 00:10:08.59 ID:fKxWJtp0
主人公がフローラと結婚してフローラがジャミに浚われた後
フローラはジャミとセックス三昧になり
その感主人公はビアンカとデボラを3Pでヒィヒィ言わせる話が読みたい
821 : 名無しさん@ピンキー2014/07/14(月) 06:08:33.76 ID:VeQlbyEZ
こういうところでも嫁論争持ち出す馬鹿は消えていい
投下しない口だけ野郎がエラそうに
822 : 名無しさん@ピンキー2014/07/14(月) 12:00:11.96 ID:WuO8WqQ0
嫁まとめて馬に食われて傷心の主人公が実娘とのSEXに溺れていく話とか
823 : 名無しさん@ピンキー2014/07/14(月) 13:13:33.35 ID:Hm5vqbW/
フローラと結婚した後にフローラの娘と関係を持って親子で愛欲の日々を送りつつ
フローラが石化している最中にデボラとビアンカの元に通い妊娠させ
そして生まれた娘たちがある程度成長したら引き取ってロリハーレムを作る
ロリ娘との肉欲近親相姦ライフ
824 : 名無しさん@ピンキー2014/07/14(月) 18:37:41.10 ID:XMt6KYdg
ヘンリーとマリアの子供が娘だったらさらに楽しめただろうな
825 : 名無しさん@ピンキー2014/07/14(月) 21:01:06.83 ID:a3jwFIMN
男の娘だったらもっと
826 : 名無しさん@ピンキー2014/07/14(月) 21:08:44.16 ID:6EvWFsQN
王子3人も調教しようぜ!
そして気が付いたら王子に王女が全員寝取られEND
827 : 名無しさん@ピンキー2014/07/14(月) 22:22:39.92 ID:5uwVbRvf
アンディとフローラの間に娘が生まれてくれればさらに楽しみが増えるな
作中のロリは全部俺のもの計画
828 : 名無しさん@ピンキー2014/07/15(火) 02:18:27.99 ID:nflNN0we
息子でも構わないよ俺は
829 : 名無しさん@ピンキー2014/07/15(火) 11:06:46.49 ID:nflNN0we
自分の子供、ヘンリーとマリアの息子、アンディとフローラの子供
ショタロリ全部手込めにする主人公か
830 : 名無しさん@ピンキー2014/07/15(火) 11:42:13.78 ID:mFMPbSkd
ベラはロリ枠に入りますか?
831 : 名無しさん@ピンキー2014/07/19(土) 17:47:28.34 ID:A7a3vnw4
子供の頃に妖精の国を救った主人公を、ポワン様が筆下ろし
青年期になって再度訪れた時にも、子供たちが寝静まった後で主人公とポワン様が愛し合うことに
それを見てしまったベラを、主人公とポワン様が二人がかりで躾るとか

DQ3の女勇者が旅立ちの際に、かつて父が魔物を倒したときに手にいれた強力な装備を母に与えられて旅立つも、その装備が魔法のビキニだった
元々気弱だった女勇者は魔法のビキニを装備したまま、スライムたちに集られてスライムを産んだり、アルミラージやグリズリーに無理矢理犯されたり、しびれくらげやクラーケンの触手で滅茶苦茶にされたり、やまたのおろちに犯されたりしていく話とか
832 : 名無しさん@ピンキー2014/07/19(土) 22:44:35.82 ID:2laFoey6
女遊び人が男武闘家をパイズリでいかせる話が思い浮かばない(涙)。ここの人達の創作が凄い。
833 : 名無しさん@ピンキー2014/07/21(月) 20:19:18.35 ID:KLPeW0Gb
コアなシチュばっかリクエストしてると普通のラブコメSS書きが尻込みしちゃうぞ
834 : 名無しさん@ピンキー2014/08/04(月) 23:41:09.37 ID:oAilfTIa
確かになんか投下しにくい
835 : 名無しさん@ピンキー2014/08/06(水) 20:17:05.47 ID:5f5sFPUS
この空気だと俺の書いたアイラの純愛ラブラブエッチものが投下しにくい
836 : 名無しさん@ピンキー2014/08/17(日) 17:53:48.51 ID:DDAI1W4M
837 : 名無しさん@ピンキー2014/08/20(水) 20:37:34.70 ID:npUCUN2m
何気にW主(男)とルーシアの純愛ラブラブエッチものが読みたい
異父兄妹とかいとこ同士とか近親ちっくならなお可
838 : 名無しさん@ピンキー2014/08/28(木) 00:19:55.65 ID:Le+paNY9
クリフト×ミネアの同志いませんか?
839 : 名無しさん@ピンキー2014/08/28(木) 01:34:00.55 ID:Vp0A6GHv
はい、同志です。
840 : 名無しさん@ピンキー2014/08/28(木) 19:58:06.55 ID:KNPXJ5xz
ミネア×クリフト もいけます!
841 : 名無しさん@ピンキー2014/08/30(土) 03:31:37.32 ID:eezgO5CT
>>840
仲間がいた。僧侶系の2人いいよね
クリフトは家庭的で穏やかな気質のミネアに癒されると思う
ミネアも姉に振り回されてきたのでやさしく真面目なクリフトに
甘えていいと思うんだ
842 : 名無しさん@ピンキー2014/09/10(水) 14:04:21.08 ID:VugarEeN
ハッサン×ダーリンはまだですか・・・?
843 : 名無しさん@ピンキー2014/09/11(木) 16:59:46.08 ID:mp6LZkfz
ビアンカ×ジャミでいいのありませんか?
844 : 名無しさん@ピンキー2014/09/11(木) 20:13:03.79 ID:G3GB2o9G
薄い本買え
845 : 名無しさん@ピンキー2014/09/17(水) 23:03:36.54 ID:WWkjLLyj
モンバーバラ姉妹の百合を是非……と思ったけどスレチか

思ったのだが9のSSが少なすぎる
下級天使は上級天使に逆らえないって設定はもっと活きて良い
846 : 名無しさん@ピンキー2014/09/18(木) 00:29:28.66 ID:CcVk/jsq
>>845
是非頼みます
847 : 名無しさん@ピンキー2014/09/20(土) 02:35:08.66 ID:7qhxtFgU
こきつかってくださいませ発言のあるロクサーヌはドM
いいキャラしてるよな―
848 : 名無しさん@ピンキー2014/09/26(金) 01:46:54.48 ID:Qy3JeED2
849 : 名無しさん@ピンキー2014/09/27(土) 16:12:04.56 ID:oYbcO7bO
配合ネタってニッチなのかな?
じごくのマドンナとかローズダンスとかが出てきたときに書く人が居るかと思ったんだが
850 : 名無しさん@ピンキー2014/10/08(水) 17:17:56.79 ID:BVCpAwCc
ここに投下するのってエロないとダメ?
FFDQ板にSSスレあるがあっちはあからさまに人少なくて投下するのに迷う
851 : 名無しさん@ピンキー2014/10/09(木) 06:07:55.90 ID:BsbbG/nJ
そらまぁエロパロ板やからね
匂わせるくらいでもいいからやってもらわないことには
852 : 名無しさん@ピンキー2014/10/13(月) 20:18:15.22 ID:HQCXeLDC
853 : 名無しさん@ピンキー2014/11/13(木) 09:08:03.58 ID:dUKKD9xV
オガ娘とエル男のおねショタが見たい
854 : 名無しさん@ピンキー2014/11/14(金) 05:46:48.67 ID:JpdbikEE
ガケっぷち村復興資金集めに奔走するヨシキリがリーネに囲われるおねショタも良い
855 : 名無しさん@ピンキー2014/11/14(金) 13:44:47.68 ID:HT8zNfnL
誰か、川村美亜の小説を保存してないか?
ネットで探しても一部しかのこってないんだよな・・・
856 : 名無しさん@ピンキー2014/11/14(金) 23:46:57.76 ID:RqSQXae+
>>855
その人って誰?同人作品?
857 : 名無しさん@ピンキー2014/12/06(土) 22:13:32.62 ID:Bs7f6bJd
>>841
このスレ的には、普段真面目でストレスたまりまくってる二人が
休みの日に激しいセックスで発散してるといいと思う
858 : 名無しさん@ピンキー2014/12/19(金) 23:22:25.12 ID:I/cORM/u
過疎っておりますなぁ
859 : 名無しさん@ピンキー2015/02/26(木) 21:28:01.53 ID:JRHJESyV
DQヒーローズ進めてるけど、
もういっそのことV主人公は重婚すればいいと思った。
860 : 名無しさん@ピンキー2015/03/04(水) 02:35:34.99 ID:qLEzl7r4
メーアちゃんすごくかわいい
861 : 名無しさん@ピンキー2015/04/05(日) 23:58:29.86 ID:+i12Ecw3
・大まかなストーリーはなぞる
・一部キャラにTSが入る
・モンバーバラ姉妹の扱いが悪い

という様な新約ドラクエWを思いついたが投下してもよろしいものか…。
862 : 名無しさん@ピンキー2015/04/07(火) 19:38:33.57 ID:a9Eplmpb
ここまで過疎ってさえいなければ、どうぞ渋にでもお帰りくださいと言いたくなる内容だが
863 : 名無しさん@ピンキー2015/04/08(水) 10:08:52.18 ID:5NBPsPzZ
エロ面白いなら是非どうぞ
864 : 名無しさん@ピンキー2015/05/09(土) 22:57:28.96 ID:e8tC2nUn
使い古されたカップリングですが、
DQ7の主人公(アルス)×マリベルの、
純愛?モノって重要ありますかね?
865 : 名無しさん@ピンキー2015/05/11(月) 21:35:40.37 ID:HSqPXpAq
重要かどうかは人それぞれでしょうが需要ならあると思いますよ
7キャラものがそんなに使い古されてるとも思えませんし
というかクリアリだろうと主ビアだろうとテリバだろうともうどんどんどうぞ
866 : 名無しさん@ピンキー2015/05/12(火) 22:19:43.88 ID:ayuCyzxL
>>865
ありがとうございます。
ご指摘のとおり、重要→需要のいきなりの誤字とかorz

細部の手直しが終わったら、
投下させてもらおうかと思います。
867 : 名無しさん@ピンキー2015/05/23(土) 20:38:14.05 ID:Z4aqPfhb
遅くなりました。
ドラクエ7の主人公×マリベルネタです。

クリア後世界観の和姦系ネタになるかと思います。

結構な長文で、
紳士諸兄が冒頭から(*´Д`)ハァハァ
できるような類ではありませんが、
興味のある方は目を通して抱ければ、と。
では、投下しますです。
868 : 船と港と男と女2015/05/23(土) 20:40:51.73 ID:Z4aqPfhb
青空に舞うカモメが、海面と、湾内に張り出した停泊所の間を
せわしなく飛び交っている。
エスタード島の南に位置するフィッシュベルの村は、
わずかな雲が漂うばかりの、晴れ渡った天気を迎えていた。

カモメ達が獲物の魚を得て、ときおり着地する停泊所の石畳。
その同じ石畳の上を、一人の女性が早足で歩いている。
いや、歩いているというより、同じ場所を、
グルグルと行ったり来たりを繰り返している、と言った方がいいだろう。
彼女のそばを、幾人もの水夫が、次々と通り過ぎていく。
彼らの顔には、やり遂げた仕事の充実感と、
それなりに深い疲労感が、併せて浮かんでいる。

「もうっ! おっそいわね!」
すれ違う水夫の姿を横目で見ながら、一つ癇癪の声を挙げると、
歩き回っていた女性―――マリベルは、ぷくっと頬を膨らませ、
今度は定められた方向に、一直線に歩き出した。
彼女が進める足の先には、先ほど港に帰ってきたばかりの、
一隻の大きな漁船がある。
869 : 船と港と男と女2015/05/23(土) 20:42:18.09 ID:Z4aqPfhb
港に横付けされた船には、丸太を組み合わせた通路が渡されている。
その通路から降りたすぐそばで、
一際目立つ、がっしりとした身体つきの男が、
他の水夫に次々に指示を送っていた。
「おぅ、そっちの木箱の奴らは、グランエスタードの市場に送ってやるようにな。
 この木箱はフィッシュベルの分だ。間違えるなよ!」
彼の名はボルカノ。
この漁船の指揮を取る者で、フィッシュベルはおろか、
グランエスタードや、近隣の港にまで名が通った、一流の漁師である。
髪の毛には、既に幾筋か白い物も混じり始めているが、
その盛り上がった筋肉と、テキパキとした威勢の良い声からは、
漁の一線を退く姿は、全く想像できない。
「ほらそこぉ、仕分けは留守番役に任せておけって。
 漁に出てた奴らは、引き継ぎ済ませたらさっさと家に帰れよ!
 嫁さんや子供に、早く元気な顔を見せてやれ。
 …………おっと、こりゃマリベルお嬢さん」
「お帰りなさい、お養父様」
声をかけたボルカノに、愛想笑いを浮かべるマリベル。
内心のイラつきを抑えつつ、このような芸当ができるのは、
村一の網元のお嬢様として育てられた自負によるものである。
とはいえ、彼女の場合、その勝ち気に過ぎる性格から、
自制に失敗する事も少なくは無いのだが。
870 : 船と港と男と女2015/05/23(土) 20:45:07.59 ID:Z4aqPfhb
マリベルの声に、ボルカノは見事に伸びたあごヒゲを触りながら、
照れくさそうに笑う。
「その、『お養父様』ってのは未だに慣れないですなぁ。
 いや、世間じゃあそれで通りますし、
 マリベルお嬢さんからすれば、当然なんでしょうがね」
「それなら、ボルカノおじ様―――これでいいかしら?」
「そうそう、そっちの方が、昔から呼ばれ慣れてまさぁ。
 で、わざわざこんなところまで何か御用で?」
「え、っと……あの人……アルスは?」
「あぁ、息子の奴なら―――」
やっぱり目的はそっちか、という顔をしつつ、
ボルカノは右手の親指を立て、自分の背後へ逆手に指差す。
「船倉の方で片づけしてるんじゃねぇかなぁ。
 まだ船から降りる姿は見ていないんでね」
「ふぅ…………そう。ありがとう、ボルカノおじ様。じゃあ失礼しますわ」
マリベルは、一つため息を吐くと、ボルカノへのあいさつもそこそこに、
船の後方にある、船倉への階段へと歩みを進めた。
ただ、ボルカノから離れていくほど、マリベルの足踏みが強くなっていくところに、
彼女の内心のざわめきが見て取れる。
マリベルを見送りながら、フィッシュベル随一の漁師は、
こちらもまた、ため息をついた。
「全くあのバカ息子は…………仕事熱心なところは買ってやるんだが、
 それにしたって程度ってもんがあるだろうに。
 さて、と…………おぅ、俺も帰るからな! 留守番してた奴らは、
 さっきの魚の仕分けと、船体の整備をしといてくれよ!」
合点です!―――と、複数の部下の声を聞き、それに頷くと
ボルカノも、妻・マーレの待つ家へ足を向けた。
871 : 船と港と男と女2015/05/23(土) 20:47:16.43 ID:Z4aqPfhb
「うん、残った食料の片づけは向うの部屋の籠へ入れておくんだ。
 それから船内の掃除道具は、ここの隅にあるから―――」
船倉の中では、ボルカノの息子であるアルスが、
彼よりも一回りほど若い、二人の少年たちへ、指示を出していた。
水夫見習いの少年たちは、まだ慣れない手つきで、
物の場所を確認したり、思い出したりしながら、
先輩にあたるアルスの言葉に従っていた。
甲板から階段を下りたマリベルは、そんな三人の姿を見て、
低い声で自らの来訪を知らせる。
「あ〜る〜す〜……」
「あ、マリベル」
「『あ、マリベル』じゃないでしょ!!? あんた、何やってんのよ!
 私がどれだけ港で待ってたのか、わかってる!?」
呑気な声に、とうとう感情の爆弾を爆発させたマリベルが、
仁王立ちの姿勢から、長い瞳を釣り上げらせる。
彼女の全身から醸し出すオーラは、それまで和気あいあいとしていた船の一室を、
瞬時に凍りつかせてしまった。
「あ、あのぅ……アルスさん、あとは僕たちでちゃんとやっておきますから」
「……そ、そうですよ、残った片づけは任せておいてください」
彼女のただならぬ剣幕に押された少年たちは、気をまわしてアルスへ申し出る。
872 : 船と港と男と女2015/05/23(土) 20:49:28.91 ID:Z4aqPfhb
「え、でもまだ教えなきゃいけない事が……」
「だ〜か〜ら〜、『でも』も、『まだ』も、ないっ! いい加減にしなさいっての!」
アルスは、いまだ後輩の世話に未練を残していたが、
彼の片頬に、マリベルの指が伸び、ギュッと捻りあげた。
「いっ!? だだだだ! いひゃい、いひゃい!」
「と、ゆーわけで―――」
隣で涙目になるアルスを尻目に、マリベルは少年たちへ、ニッコリと微笑みかけた。
「―――あとは、あなた達、しっかりとやってくれるわよ、ねぇ?」
笑みこそ浮かべているが、彼女の言葉は、お願いのオブラートに包まれた、
有無を言わさぬ命令以外の何物でもない。
役者の違いを悟った少年たちは、異口同音に屈服の声を返すしかなかった。
「「は、はいぃぃっ!」」
「そ。じゃあ、よろしく頼むわね。
 ……そーゆーわけで! アルスはさっさと荷物をまとめて船を出るっ!!」

船倉から甲板へ上がるわずかな間ですら、
アルスを蹴っ飛ばさんが勢いのマリベルを見て、
残された少年たちは、ぎこちなく顔を見合わせた。
「…………怖かったなぁ」
「うん…………俺、嫁さんをもらうなら、もっとずっと優しい人がいいな」
「いやー、マリベルさんほどはさすがにいなくても……フィッシュベルのコって、
 結構、気が強い人……多いぜ?」
「じゃあ、グランエスタードみたいな都会で探すか?」
「あぁ、それがいいかもなぁ……」
恋人もいない少年たちは、目の前で繰り広げられた痴話劇場と、
それに影響された、まだ見ぬ出会いに想いを馳せながら、
まだ山積している、船倉の片づけを続けるのだった。
873 : 船と港と男と女2015/05/23(土) 20:51:10.45 ID:Z4aqPfhb
「……っ、ふぅ」
湯船につかったアルスは、快ちよさげな息を吐く。

ここは、村の片隅にある一軒家。
かつてはとある家族が住んでいた家だが、
彼らが他の町に移った後は、夫婦となったアルスとマリベルが帰るべき場所となっていた。

「ホントに、マリベルはせっかちなんだからなぁ」
家に入るなり、マリベルの『汗臭い!』の一言で、浴室に放り込まれたのだが、
何とも準備がいい事に、湯船の湯は良い加減に沸いていた。
恐らくは、前もってある程度沸かしておき、
二人が帰ってから、すぐさま、二度目の火を入れたのだろう。
それを考えると、帰宅を急いだのも、
こういった段取りが、ちゃんとしてあっての事、とも思えてくる。

……とはいえ、この家に帰るまでの間、手をつないだまま、
先を切ってズンズンと歩いていたマリベルと、
半ば引きずられるようだった自分の姿を脳裏で反芻すると、
成人を迎えた男して、気恥ずかしさが先に立つのも事実だった。
引きずり、そして引きずられて帰宅する二人の姿を見て、
周囲の人が、苦笑を見せるやら、生温かい目で見守るやらといった様子に、
マリベル自身はどれだけ気づいていたのか―――。
そう振り返るアルスもまた、苦笑いを浮かべるしかない。
874 : 船と港と男と女2015/05/23(土) 20:54:35.02 ID:Z4aqPfhb
「アルス、湯加減はどう?」
マリベルの声に、アルスはふと我にかえる。
「あぁ、ありがとう。いい感じだよ」
そう返事をして、湯船の主は、ふと不審げな顔をする。
今のマリベルの声が、あまりに近いところから聞こえたからだ。
家の裏手に位置する、風呂釜の火を起こす場所で発したような、
周囲に響かせるような声ではない。
「……?  ―――!!」
反射的に、湯船で振り返ったアルスの目に飛び込んだのは、
タオル一枚を持ったまま、浴室の入り口に立つ、
一糸まとわぬ姿のマリベルだった。
既に、身体が結ばれている以上、その裸体は何度も目にしているのだが、
普段は見ぬ場所でのその姿は、アルスに驚きを与えるのに十分なモノだった。
「……何よ」
「あ、いや、別に……」
マリベルが、少しの気恥ずかしさを隠すように、口をとがらせると、
アルスもポカンとした口を閉じて、意味もない返事を返す。
「……背中、洗ったげるから」
「え?」
「背中、洗ってあげるって言ってるの。嫌なの?」
「い、嫌じゃないよ」
そそくさと、湯船から上がったアルスが、あぐらをかいて座るなり、
マリベルは彼の背中を、タオルと石鹸でゴシゴシとこすり始めた。
その間、しばし無言の二人―――。
875 : 船と港と男と女2015/05/23(土) 20:57:31.46 ID:Z4aqPfhb
目の前の背中をこすりながら、マリベルは自問する。

いつだったのだろう。
小柄な少年が、マリベルの背を完全に追い越してしまったのは。
いつからだっただろう。
マリベルが、この身近な少年を、男として意識してしまったのは。

繰り広げた冒険の中、成長した少年のシルエットは、
さらに父親の漁のもとで鍛えられた日々で、茶色に日焼けしている。
かつての線が細い、少年時代の面影は全くと言っていいほどない。
ただ一つ、変わらないとすれば、やや童顔で柔らかな表情のみだろうか。
876 : 船と港と男と女2015/05/23(土) 21:01:36.99 ID:Z4aqPfhb
「全く……船から出てくるのが遅いのよ。待ってる身にもなりなさい、っての」
マリベルが、洗い落とすアルスの背中に、男としての色気を感じながら、
それでも初めに口から出てくるのは、彼女らしい憎まれ口だった。
「ごめん……」
「それとも何かしら? こぉんな奥さんよりも、
 初めて世話する後輩の方が可愛いのかしら?」
一度、湯おけで背中の泡を流すと、マリベルは自らの裸体をアピールするように、
後ろからアルスを抱きすくめてきた。
アルスは、自分の背中に柔らかい肌と、
密着して押しつぶされた二つの乳房を感じながら、ゆっくり首を振って応える。
「違うってば…………マリベル、まだ怒ってる?」
「当たり前でしょ」
「……どれくらい怒ってる?」
「そぅねぇ…………アルスが初めて私を抱いてくれた時、
 全然優しくなくて、すっごぉく痛かったのに
 やめてくれなかった時ぐらいかな」
「なっ、だってあの時は!」
あまりにあけっぴろげに、過去の痴態の様子を持ちこまれて、
アルスも流石に動揺の声を挙げる。
確かにあの頃は、女性の身体もあまりよくわからなくて、
ひたすらに自らの昂ぶりを相手にぶつけるだけだったのだが……。
877 : 船と港と男と女2015/05/23(土) 21:41:46.12 ID:rA9qcaIC
マリベルは、そんな様子が余程おかしかったのか、
クックッと小さな含み笑いを漏らす。
その笑いを収めると、自分のあごを、アルスの肩口に乗せて言葉を続ける。
「……でも、今日はもっと怒っちゃうかもね。このまま―――」
一度口を閉ざすと、マリベルはアルスの肩越しに視線を落とす。
「―――そう、そんな感じなのに、このまま何もしないんだったら、ね」
マリベルの視線の先には、ムクムクと成長を続ける、アルスのペニスがあった。
まだ、完全にいきり立ってはいないが、明らかに怒張している様子は一目でわかる。
マリベルは、そんな様子が余程おかしかったのか、
クックッと小さな含み笑いを漏らす。
その笑いを収めると、自分のあごを、アルスの肩口に乗せて言葉を続ける。
「……でも、今日はもっと怒っちゃうかもね。このまま―――」
一度口を閉ざすと、マリベルはアルスの肩越しに視線を落とす。
「―――そう、そんな感じなのに、このまま何もしないんだったら、ね」
マリベルの視線の先には、ムクムクと成長を続ける、アルスのペニスがあった。
まだ、完全にいきり立ってはいないが、明らかに怒張している様子は一目でわかる。
成年男子のそれは、仕事等で適度に疲れている時ほど、むしろ反応しやすい―――。
そんな、男の生理現象を知ってか知らずか、彼女は面白がる口調になる。
「まぁまぁ、日が昇ってるうちから、そんなにさせちゃって」
「……仕方ないだろ、マリベルが身体をくっつけちゃってるし」
「言い訳はみっともない」
ピシャリとアルスの言葉を遮ってから、マリベルはもう一度質問する。
「で、どうするの? 怒った私をそのままにしておくつもり?」 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)
878 : 船と港と男と女2015/05/23(土) 21:43:42.88 ID:rA9qcaIC
その言葉には直接は答えず、アルスは上半身をひねって、
マリベルの口に、軽く唇を重ねる。
それから一度口を離すと、今度は身体全体で振り返った。
そして、マリベルの顔を引き寄せて、
一度目よりずっと深く、ずっと長い時間交わされるキス。
互いの舌をからめ合い、たっぷりと、相手の唾液を味わってから、
アルスは改めて言葉を発した。
「しておかない」
「ん……よろしい」
わざと重々しく頷いてから、マリベルは愛する男へ身体を預けた。
879 : 船と港と男と女2015/05/23(土) 21:52:27.50 ID:rA9qcaIC
抱き合ったまま、三度目のキスを終えてから、
アルスはマリベルの身体を反転させる。
そうする事で、マリベルはあぐらをかいたアルスに、腰かける形になった。
そうしておいてから、アルスは、マリベルの背後から、片方の手を彼女の乳房に、
もう片方を、内股に滑らせる。
「ふぅ……んん…………んっ!」
乳首の上で、円を描くように蠢いていたかと思うと、
時おり、キュッと乳首をつまみ、刺激を送る。
そのたびに、マリベルはピクン、ピクンと身体を揺らす。
「ね、ねぇ……胸、だけ?」
マリベルは、じれったそうに問う。
アルスのもう片方の手―――股間に近い場所に伸ばされた手は、
内股をさすってはいるものの、肝心な場所には触れようとしない。
適度な愛撫に感覚を尖らせながらも、快楽の次のステップには登れず、
マリベルは不満げに腰をくねらせる。
そうしながら、今度はマリベルの方から、アルスのペニスを触り始めた。
「う……」
「もう……アンタだって、こんな風になってるくせに」
赤みが増した顔で微笑みながら、いとおしげに、固くなった物を上下にしごく。
880 : 船と港と男と女2015/05/23(土) 21:58:31.04 ID:rA9qcaIC
その動きが幾往復してから、お返しと言わんばかりに、
アルスは彼女の中心へ、指をうずめていった
「! はあぁぁ……」
一瞬、マリベルは身体を硬直させ、こぼれる吐息とともに、身体の力を緩めていく。
アルスの中指が軽く中をかき回したかと思うと、
今度は、人差し指と中指で入り口をゆっくりと開き、広げる。
「も、もっと深くでいいのに、それじゃあ…………あ!? あぁっ!」
プクリと顔を出したクリトリスに、アルスの指が触れると、
マリベルは一段と高い嬌声を挙げた。
アルスが、指の腹で、クリトリスを軽く押しつぶして刺激するたび、
割れ目からは粘着質の液体が溢れ、潤してゆく。
それを確認してから、先ほどまでは胸を触っていた手を、こちらも股間に伸ばし、
左右の手でクリトリスと、花弁の中を同時に触り、マリベルの反応を愉しむ。
「そこはっ! ダメ……いひっ、いいのぉ!」
強い快感に、反射的に腰が逃げようとするが、それもわずかな間のこと。
マリベルは、自分の手をアルスの手に絡め、自らがより感じるところへいざなう。
881 : 船と港と男と女2015/05/23(土) 22:01:08.90 ID:rA9qcaIC
ハッ、ハッ、ハッ……。
愛撫の間も、時おり唇を合わせ、お互いの呼吸が乱れていくのを感じ取っていく二人。
ややあって、マリベルは絡めていた手を離し、少し身体を離そうとした。
「アルス、よ、横になって……お願い、私、上がいい……」
そう懇願されると、拒む理由も無い。
アルスは仰向けとなり、身体を横たえた。
アルスに背を向け、馬乗りの形になったマリベルは、彼の足の方を向いたまま、
ずりずりと腰を前にずらす。
そして、もう十分に固くなったアルスのペニスを握りしめると、
自分の割れ目の近くに導く。
「これ、もう欲しい……の……ンっ」
アルスのペニスは、生温かい部分に触れたところで一瞬止まり、
それからその感覚に全体が包まれた。
―――ああ、あぁぁぁぁ………………。
すぶぶ……と、マリベルがアルスのモノを呑み込み、
腰を十分に落とし切ると、マリベルは喉の奥から、歓喜の声を絞り出した。
同時に背中を弓なりに反らし、彼女は最初の挿入を身体全体で味わう。
882 : 船と港と男と女2015/05/23(土) 22:12:35.04 ID:rA9qcaIC
「マリベル、鳥肌がすごい……」
「だ、だって……仕方ないじゃない……っ」
蒸した状態の浴室の中で、
それでもマリベルのお尻に鳥肌が浮かび上がったところを見ると、
相当な快感が巡っているらしい。
そう受け取ったアルスは、マリベルのお尻や腰のあたりを、
両の手のひらで優しく撫でまわす。
その仕草に感覚がほぐされたのか、鳥肌が消えていくのを待ってから、
マリベルはゆっくりと、楕円を描くように腰を揺らし始めた。
「あん……あ……あん……」
マリベルの泣き声に似たあえぎ声が、浴室でエコーする。
声と調子を合せるように、ゆらり、ゆらりと周回する腰の動きがひどく艶めかしい。
883 : 船と港と男と女2015/05/23(土) 22:15:13.23 ID:rA9qcaIC
「アルスは…………イイ?」
「あぁ……気持ちいいよ……」
「う、嬉しい……なぁっ。私も、いい、これ、好きなの……」
切れ切れに、コミュニケーションを取ろうとするマリベルだったが、
次第に、そんな余裕も無くなっていった。
「ゃん、おっ…きい、すご、ぃぃいいぃ―――」
嬌声の間隔が短くなっていくとともに、マリベルの腰の動きも激しくなる。
先ほどまでの円に近かった動きは、上下の運動に集約され、
ダイレクトに欲情を味わおうとしていた。
アルスも、彼女の腰のくびれに手を置き、
下からペニスを動かす事で、シンクロした快感を送り込もうとする。
「あぁっ、やだ、それいいっ、もっと、いいの、もっとぉ!」
「こ、こう?」
「それぇっ、んぅんんっ!」
床に手をつき、マリベルはペニスを一本の支柱とする形として、
腰を持ち上げたかと思うと、次の瞬間にはグッと押し下げる。
花弁の入り口はその度にめくれ、
角度によってはクリトリスも同時に刺激する。
マリベルの脳内では、危険水域が近い事を知らせるシグナルが
音量を上げながら鳴り響いていた。
884 : 船と港と男と女2015/05/23(土) 22:28:22.14 ID:1JFqVfCB
「ひ、ひぃぃぃっ、あああぁぁぁぁぁ!!」
マリベルは、ひたすらに男根を味わっていたが、
一瞬、悲鳴に似た叫び声をあげると、上半身を前に崩し倒した。
そのため、股間は繋がったまま、アルスの両足の間に身体を投げ出すような格好になる。
「だめ、私、ダメぇぇぇ…………」
訴えかけるような、脱力した声を漏らすマリベル。
ペニスを加えたまま、腰はビクン、ビクンと痙攣を続け、柔肌は小刻みに震えている。
頂きに達してなお、自分の意志とは離れたところで、
エクスタシーに浸ろうとしている証拠だった。
その痙攣が軽く収まってから、アルスはペニスを引き抜き、
互いの身体を離してやる。
マリベルはうつぶせから、お尻だけ軽く持ち上げた格好のまま。
形を崩した、土下座に近い状態のまま、昂ぶりを収めきれないでいた。
「ふ、ふぅ、ふぅぅぅ、はぁ………………あっ?」
深呼吸を幾度か繰り返していた彼女は、急に、鋭く驚いた声を出す。
休まったと思った自分のアソコに、また新しい刺激が加えたからだった。
その刺激の元―――アルスの指は、
マリベルの中をかき混ぜながら、時折指を曲げて、中の蠢く壁をこすってゆく。
先ほどの交わりで、薄く泡立った愛液が、だらしなく、陰唇の間から滴る。
「やめて……ねぇ、ダメ、そこはまだっ、まだキツイのっ!」
「そう? でも、だいぶ気持ちよさそうだけど」
「イイけどっ、強過ぎるぅ、おかしくなるぅっ!」
マリベルは、強烈に押し返してくる快楽の波に翻弄されながら、
身体をよじらせて、アルスの指の動きから逃げ出そうとする。
しかし、腰に力が入らない状態では、中途半端にもがく事しかできない。
885 : 船と港と男と女2015/05/23(土) 22:30:41.10 ID:1JFqVfCB
そんな動きなんかも、ヤラシイんだけど―――。
そう呟いたアルスは、片頬に笑みを浮かべると、攻守が逆転した事を自覚した。
指を抜くとすぐさま、まだそそり立つペニスを割れ目にあてがい、
バックからそのまま、一息に貫いた。
「!! んんあああああ!!」
流石に刺激が急激だったのか、マリベルは声を裏返す。
そして、頭の中でスパークしたものを振り払うかのように、左右にかぶりを振った。
アルスも、強く打ちこんでからすぐには動かず、
いたわりの意思を込めて、彼女の首筋を右手で撫でてやる。
「う、う……うぅん」
マリベルのうめきが聞こえると共に、アルスは彼女の首にあてた右手を、
そのまま後ろから、彼女の頬、そして口の方まで伸ばす。
マリベルはその指のうちの二本―――人差し指と中指を、
おしゃぶりするように、軽く口に含んだ。
そうする事で、自分の気持ちを落ちつけようとしているようだった。
アルスの指を、舌で舐め、甘噛みをしていくうちに
マリベルの中の、痛みに似た刺激は、次第に緩やかになっていく。
四肢には再び、じんわりと快い痺れが満ち始めた。
「もう、動くよ?」
「う、うん」
マリベルの了解を待ってから、アルスは手を引き戻し、
彼女のウエストを抱えて、腰の動きを再開させる。
「は、あ……あぅ……んぁ……」
半開きとなった口から、意味の無い、くぐもった声が漏れる。
それは、彼女がまた、悦楽に囚われ始めた証拠だった。
886 : 船と港と男と女2015/05/23(土) 22:36:00.86 ID:1JFqVfCB
ふと、マリベルは、自分の目の前にある、壁掛け鏡に目が釘付けとなった。
浴室に掛けられた鏡。
普段は、アルスが薄髭を剃ったり、マリベルが洗った髪を整える時に使う鏡。
しかし今は、上気した肌、だらしなく開いた唇、
四つん這いのまま、なすがままに貫かれている肢体。
…………そして、アルスに同調して、自分も腰を前後に動かしている様子が、
遠慮なく映しだされている。
(やだ……私……)
確かに、アルスと身体を重ねる事は、彼女の好むところだったが、
こうも、まざまざと自分が乱れる姿を見せつけられる事は、今まで無かった。
そしてその自覚が、さらに淫らな欲求を加速させる。
(もっと、もっと……もっと……!)
四つん這いの姿勢は保ったまま、震える右手を、股間の結合している部分へと伸ばす。
何かを探すように漂った人差し指は、もうすっかり露出しているクリトリスを探し当てた。
(ひっ……)
軽く触れただけ……ただそれだけで、身体は一度跳ねるが、
もう指の動きは止められない。
887 : 船と港と男と女2015/05/23(土) 22:40:18.39 ID:1JFqVfCB
人差し指は、リズミカルにクリトリスを前後に弾く。何度も、何度も。
男からの挿入と、同時に自ら女芯を弄ぶ贅沢―――。
マリベルの意思は、ひたすら貪欲に、欲情の波を引き寄せようとしていた。
「あはあぁぁっ、私っ、知らない、こんな、凄い……すごっ、いいの!」
そんな行為に、アルスは動きを緩めて、マリベルを焦らす。
「マリベル、自分でいじっちゃって……」
「だ、だって……だってぇぇ!」
そう言いつつ、クリトリスを触る行為をやめようとはしない。
再び動きを再開させたアルスは、強弱をつけ、
マリベルの反応を愉しみながら中をえぐる。
「う、んくっ、いひぃ、イイッ、けどっ、そんなっ、つきっ、突き込まないでぇっ!!」
マリベルの懇願―――口では泣きごとを言っているが、
その実は、高まる快楽を欲している―――それには耳を貸さず、動き続けるアルス。
繰り返される巧みな動きに、とうとうマリベルの方が先に屈した。
「ふあっ、ダメ、もう、ふあああぁぁぁぁ…………」
二度、身体を大きく揺らすと、腕を投げ出して、先ほどより高い頂きに達した事を表す。
888 : 船と港と男と女2015/05/23(土) 22:43:04.13 ID:1JFqVfCB
それを機に、アルスは一度身体を離した。
そうして、もはや身体のコントロールが効かないマリベルをひっくり返し、
正常位の体勢から最後の責めを試みる。
くちゃくちゃと音を立てる結合部から刺激を送られる度、
マリベルはただ、断続的に声を絞り出す事しかできない。
「あ、あ、あ、あ!」
アルスは、眼下の、快感の虜となったマリベルの全身を改めて見て、
自分の感覚の大半が熱したモノとなって、腰に集まっていくのを感じた。
「うっ、出したい、中に出すからっ!」
「うん、うんっ」
アルスは、一度、腰を僅かに引くと、最後の一突きと同時に、欲情の全てを吐き出す。
ぶぷ、プ―――。
膨張しきったペニスの先から、三回、四回の震えの度に、
白濁した精がマリベルの中に送り込まれる。
「は、ふぅ、ああぁぁ、ぁぁあ―――」
その全ては収まらず、股、お尻の方まで、マリベル自身の愛液と共に垂れ下がっていった。
その温かさをを感じながら、
マリベルは、両の手で、アルスの両の手の指を引き寄せる。
そして二人は、ゆっくりと互いの指を絡め合せると、
股間を繋ぎ合せたまま、身体を寄せ合うのだった。
889 : 船と港と男と女2015/05/23(土) 23:07:24.12 ID:J09mUz26
湯船の中で、二人の姿がちゃぷちゃぷとゆらめいている。
アルスとマリベルは、滲み出た汗を、向かい合って流しながら、
事後の、心地よいけだるさに身を委ねていた。
湯は、先ほどよりぬるくなっているが、
火照りきった身体には、むしろそれぐらいの方がこころよい。
「もう機嫌は治してくれた?」
「そうねぇ……」
マリベルは、おもむろに両手を握りしめると、
手のひらの間から、水鉄砲の要領で、アルスの顔へ湯をかけた。
「うわっぷ!」
「ウフ、フ。今日はこれで許してあげるわ」
マリベルは少女のころから変わらぬ、イタズラめいた笑顔を浮かべる。
それから、アルスの方へ身を寄せ、その胸の中に顔を埋めた。
「……でもね、アナタにもおぼえておいて欲しいの、
 私の、ううん、私たちの気持ち」
マリベルが、『アルス』でもなく、『あんた』でもなく、『アナタ』と呼ぶ時、
内容がひどく真面目な話になる事を、アルスは知っていた。
そのため、自分も聞き手としての心構えを築く。
そういった、アルスの心の変化を待って、
マリベルは上目づかいにアルスを見上げてきた。
890 : 船と港と男と女2015/05/23(土) 23:08:37.31 ID:J09mUz26
「私たち―――海に出る夫を、息子を、待っている港の女の気持ちって、わかる?」
「わかってるつもり………………いや、やっぱりわからないかな。
 実際、自分が待っているわけじゃないからね」
「アナタが、一度や二度、殺されたって死ぬような人じゃないのは知ってる。
 なんせ、あのインチキ魔王の化けの皮を剥いじゃった人だもの。
 でもね、それでも港の女は、男を待つ間、
 自分が知らないところでの『もしものこと』を考えちゃうの。
 だから、帰ってきて顔を見れた時は本当にホッとする―――。
 その事は、とても大切な事なのよ。
 漁師にとって、漁が大事なのは当たり前。
 けど、女にとって男が大事なのも当たり前。
 だから、片方が大事だからって、もう片方を疎かにしちゃダメ。
 特にアナタの場合―――」
そこまで一息に言って、マリベルは自らを誇るように、艶やかに微笑む。
「―――こんな、イイ女と一緒に暮らせてるんだからね。
 放っておくのは、とってもバチあたりな事だと思わない?」
「わかった、わかったよ」
アルスは微笑み返しながら、内心で、敵わないなぁ……と思う。
自らをイイ女だと言い切り、それを嫌味無く表現できるのは、
アルスの知る範囲ではマリベル以外には、ほとんどいなかった。
そして、アルスはそんな彼女に魅せられているのだから―――。
891 : 船と港と男と女2015/05/23(土) 23:10:56.70 ID:J09mUz26
「あーっ!」
「何よ、急に?」
浴室から出て、互いに下着をつけたところで、アルスは頓狂な声を挙げた。
マリベルも驚いた声を返すが、アルスは、それには目もくれずに、
居間に向かい、持ち帰った荷物の麻袋をまさぐりだす。
怪訝に思ったマリベルも居間に入ると、
ちょうどアルスが目当ての物を取りだしたところだった
「そうだ、これこれ…………あのさ、今さらだけど……お土産。
 帰りにコスタールの港に寄ったんで、そこで買ったものなんだけど、さ」
アルスから差し出されたのは、リボンでラッピングされた乳白色の紙袋。
目の前の物を見たマリベルは、顔を輝かせるもそれは一瞬の事。
再び不機嫌そうに口をとがらせる。
「ちょーっと、見せてくれるのが遅いんじゃない?」
「それは……すぐ風呂に入れって言われたから……」
「ま、いぢめるのはこれぐらいにしといてあげるか。
 …………中、開けていいわよね?」
シュッと滑らかにリボンを外し、中から取り出されたのは、
黒色を基調としたカチューシャだった。
へぇ…………と、マリベルは感嘆の声を挙げる。
そして、すぐに頭につけると、化粧台の鏡の前に立ってみた。
カチューシャのブラックラインは、彼女の豊かなオレンジ色の髪と綺麗に対比している。
また、左耳の上に位置する、そこだけ白銀色の花を模した金属の飾りも
アクセントとして意外なまでに映えていた。
「ふ〜ん、安っぽいけど……センスは悪くないじゃない。頂いておくわ」
その言葉からは、さほど喜んでいるようには見えなかったが、
次の一言が、マリベルの内心の高揚をよくあらわしていた。
892 : 船と港と男と女2015/05/23(土) 23:13:51.70 ID:J09mUz26
「そうだ、ちょっと足を延ばして、グランエスタードでお昼食べましょ」
「はぁ?」
唐突な提案に、アルスは目を白黒させる。
「うん、そうね、こないだオルカから、
 『あそこの酒場で美味しいメニューが増えた』って聞いたし、ちょうどいいわ」
「今から? 家で食べないの?」
「さっき、やる事やって、疲れたから、ご飯作るのめんどくさい」
「いや、どー考えたって、城下町まで歩く方がめんどくさいよーな……」
「もう! ルーラ使えばいいでしょ、ルーラ!」
お互い運動不足になるから、近場でルーラ使うのは無し、と、
言いだしたのはどちらからだったか…………アルスの記憶が確かなら、
確か、マリベルの方から言いだしたのだが、マリベルはそれを無視した行動を決定する。
……つまりは、大勢の人のところで、さっきのカチューシャをつけた姿を見せたいんだな。
そう察したアルスは、わざとらしくため息を吐く。
「引き止めようとしても、もう無駄な抵抗になるのかな?」
「そういう事。さ、そうと決まったら、アルスも着替える着替える。10分も待たせたら、置いてくわよ」
「はいはい」
そんなやり取りからきっかり10分後、玄関の扉から、天高く日がさす下へ、
並んで歩きだす、二人のシルエットがあったのだった。


そして、城下町でアイラと再会し、
センスの良い彼女から褒められ上機嫌になったマリベルと、
「単純だなぁ……」と呟くアルス、
その独り言が耳に入り、苦笑するアイラの三者三様の姿が見られるのは、
このほんの少し後の事である。


〜〜〜Fin〜〜〜
893 : 名無しさん@ピンキー2015/05/23(土) 23:16:45.20 ID:J09mUz26
以上になります。
エロパロどころか、SS書くこと自体、久方ぶりで、
まとまりきらぬ文量になってしまいました。
要約する力が至らない事を痛感します……。

エロ要素&ドラクエっぽいネタが薄い点にもご容赦いただければ……。
神様を、『○ソじじい』と言い切る、マリベルの毒舌っぷりを、
何とかかんとか再現しようと試みましたが、
自分ではこれが精一杯でした。

こんな作品でも、スレの存続に、僅かでも協力できたのなら幸いです。
蛇足ですが、>>877の最後の行に、予期せぬエラー?が出てますが、
本文とは関係ないので、無視してください。
894 : 名無しさん@ピンキー2015/05/23(土) 23:50:11.82 ID:VBOac0QZ
>>893
執筆そして規制に負けずに投稿、お疲れさまー
マリベルという強烈なキャラでエロSS書こうとすると、和姦にしろ強姦にしろ、どうしても大仕掛けを持ち込みたくなる
ともすれば、マリベルファンすら置いてきぼりの、一部の人しか楽しめない、キワモノゲテモノになっちゃう
なのに、ふつうの日常風景を描き切るなんて、よほどアルスもマリベルも大好きでないと無理
アルスが後輩たちの面倒見ていて、そのアルスを引きずっていくマリベルを見ながらの後輩のシーンを読んだら、
10日以上も待ったけど、充分モトは取れたって思えたよ本当
なんだかんだでアルス大好きな新妻マリベル、可愛いすぎる

ただねー
もちょっとさー何とかならなかったかなー
細部の手直しって言ってたけど、手直して、これかー
実は、「お養父様」でドキッとしたけど、「危険水域」で、ああ単なる間違いだったのねと安心した次第なのよ
こんなテンプレなHシーンなら、敢えて書かなかった方が……いや、書きたかったんだろーけどさあ
ドラクエらしさなんて無理難題言わないけど、どんな瞬間にもキャラクターらしさを出そうよ
エラソーな上から目線でなんて語らず、キャラクターと一緒に、生きた言葉で綴ろうよう
それからさー、お説教させてカタルシスさせるつもりなら、せっかく毒舌……うん、さすがにもう聞きたくないよな

次回作にも期待します
895 : 名無しさん@ピンキー2015/05/24(日) 07:39:51.75 ID:iTK1oayB
すごい上から目線を見た
896 : 名無しさん@ピンキー2015/06/06(土) 16:49:09.79 ID:Y6CktylJ
評論家に「じゃあお前が書け」って言うのが間違ってるとはわかってはいても、「じゃあお前はどんなレベルのものを書けるの」って聞きたくなる長文お疲れ様
897 : 名無しさん@ピンキー2015/06/16(火) 08:11:14.36 ID:zwkpxrQE
上から目線どころか罵倒に近くないか、これ。
相手も時間を潰して書いたのに誠意も何もないな、ひでぇ。
898 : 名無しさん@ピンキー2015/06/16(火) 11:52:31.84 ID:TDCrizsI
なら自分で書けばいいじゃない。
899 : 名無しさん@ピンキー2015/06/16(火) 21:30:48.89 ID:OBq54gL7
なんでお前らは職人より批評家のが好きなんだよ
まずは職人に乙くらいしてやれよ
900 : 名無しさん@ピンキー2015/06/17(水) 01:13:41.16 ID:jyvFkXgW
HP>>900の乙
901 : 名無しさん@ピンキー2015/06/18(木) 07:00:15.13 ID:dDGe9YrF
イシスの女王の寝所に潜り込んだ勇者が、星降る腕輪と引き換えに女王との合体を求められる
女王として辣腕を奮う美女がその実は処女であり、ヴァージンもファーストキスも勇者に捧げ、ただの牝に成り下がる一時。
勇者も女王も互いの身体に溺れ、毎夜の如く交合に浸る
やがて勇者がバラモスを倒しアレフガルドに向かうとき、女王は勇者の子を孕んでいることを打ち明ける。
二人の最後の交合はこの上なく激しく情熱的であり、やがて魔王によって勇者が帰る術を失った後、女王は誰にも身体を許さずに勇者の子を慈しんで育てたという
902 : 名無しさん@ピンキー2015/06/18(木) 15:41:29.11 ID:sdnSgzct
ほ?
903 : 名無しさん@ピンキー2015/06/21(日) 15:36:08.67 ID:FnOCuc2r
大魔王ゾーマを倒したはいいが、帰れなくなってパーティーの誰かが言ったんだ。

「地上に帰ったらあの娘と結婚する約束だったのに……」

俺は彼に土下座して詫びた。

だが、あの娘が俺の子供を妊娠してたのはさすがに言えなかった。
904 : 名無しさん@ピンキー2015/06/21(日) 16:56:11.17 ID:VljV5dsx
二次創作で勇者ロト扱いの女勇者って殆ど見たことない
勇者ロトになれそうな女勇者すらあんまり見たことない
905 : 名無しさん@ピンキー2015/06/22(月) 20:54:24.00 ID:0KbiL/m5
バリーが懐かしい
906 : 名無しさん@ピンキー2015/06/23(火) 04:55:58.59 ID:NL3svxoQ
キターーー(゜∀゜)ーーーー!!!!!
アナと雪の女王
〜snow 阿部 Queen〜
ヒント げーむ

http://www.v-nihonbashi.com/s/home?utm_source=s23&;utm_medium=s23&utm_campaign=s23
907 : 名無しさん@ピンキー2015/06/23(火) 13:20:11.77 ID:UX6U3nHt
http://qq4q.biz/lYCP
“芸能人・流出動画”あの噂は本当だった!?ドラクエパロディ
908 : 名無しさん@ピンキー2015/06/24(水) 11:54:38.36 ID:Ptp11TnE
取り敢えず、乙ッ!!!!
909 : 大王イカ×女勇者2015/06/24(水) 22:45:44.31 ID:yohA0j2C
3の大王イカ×女勇者です。
ポルトガのカルロスは人から馬になる呪いではなく、馬から人になる呪いをかけられています。
910 : 「勇者の正装」1/5 ─大王イカ×女勇者─2015/06/24(水) 22:53:05.65 ID:yohA0j2C
女勇者バリーには、結婚を約束した人がいる。
しかしその婚約者は“人”なので、“人でない何か”にはエロく悪さをされて来たし、
自分からも“エロく許したり、エロく物申した”事は、何度かあったバリーである。
アッサラーム居た猫サタンにあんな事をされ。
イシスに居た使い魔猫にこんな事を許し。
ポルトガの戦馬カルロスに気に入られてそんな事が。
カルロスはバラモスの魔法により夜は人に変身するものの、人になっても雰囲気は馬のままで喋れないし
バリーが撫でると喜ぶ馬だったので、人間男性の時もちょっとカルロスを撫でたらあれよあれよと。
そんな女勇者は今、男武闘家と女魔法使いと共に三人旅をしていた。
女魔法使いが魔力で舵を取り操る、船の旅。

旅の三人は皆強くセクシーであり、女勇者と男武闘家と来たら過酷な旅すら伸び伸びとした雰囲気に変える豊かで悠然とした人達である。
そんなスケベ穏やかな船旅に、ニュルニュルの大王イカが現れた。
「イカ来た! 得意の色仕掛けで倒しな!」
「得意?」
女魔法使いにそう言われると、それが自分の得意技の様な気がして来る女勇者。
911 : 「勇者の正装」2/5 ─大王イカ×女勇者─2015/06/25(木) 01:11:30.02 ID:/XJgsAHH
男武闘家は動かない。自分は黙って居た方がスケベ事件が起こりそうな気がしているからだ。
女の中に男が一人の旅で、彼は幸せそうだ。彼は多分このパーティで一番スケベだ。
「通してー」
と、色仕掛けでも何でもない。女勇者はただ普通に、大王イカにそうお願いした。
するとイカの足に捕らえられて「わぁー」の女勇者。
大王イカはバリーを攫ったが戦う気はない。だから攫われたバリーも戦わない。
そうして戦わないまま、女勇者は海上に浮かぶイカにガンガン服を脱がされて行く。
「わっ、どうして」
不思議がる女勇者はイカの足に乗せられ、イカの違う足で体を調査される。
「あっ…」
と声す乳房。ツンと立つ突起が美味しそうにふるえて
見ている男武闘家は自分の厚い唇で咥えたあの触感と味わいを、濃厚に思い出し
白いイカの上に居る黒い肌の女勇者は今、黒い乳房に白く息衝くプルプルの突起を甘く緊張させ、絶頂を向かえる。
912 : 「勇者の正装」3/5 ─大王イカ×女勇者─2015/06/25(木) 01:17:34.68 ID:/XJgsAHH
黒い肌に…まるで触られたいかの様に目立つ白桃色の乳輪と頂点のプックリした突起。
乳房の中央に人間男性の白い分泌を垂らされたような、黒い肌に馴染む淡い白桃の乳首を愛でられただけで、イケる女勇者だった。
イカの足は、パンツ一丁でふるえてしまった女勇者の、そのパンツの中へ挑んで来た。
「ダメだよ、そこ大事なところ」
と女勇者の腰は逃げようとしたが中身を確かめられてしまう。
ニュルニュルとジワジワと、イカの足は入念に女に触れ何かを探す。
女勇者はイカの足に指で触れつつ、今度は腰でイッている。
「あっ、ぁ…裂けちゃう。そこはダメだってば」
女勇者はまたイカの足に触れて、今度はイカをピリッと痺れさせた。
イカは勇者の電撃に驚き足を引っ込める。すると海にポチャッと落ちてしまう女勇者。
イカはもう電撃を恐れず、慌てて海から勇者をすくい上げた。
ヒューと息をする女勇者に、イカは何かを渡そうとしている。
913 : 「勇者の正装」4/5 ─大王イカ×女勇者─2015/06/25(木) 01:21:18.18 ID:/XJgsAHH
「それはあなたの大事な物でしょ」
もっと大切にしてね、と女勇者は言う。
イカは、今この時こそが大事なのだと、性交しようではないかと、女勇者に目で語る。
「あなたイカだね。あたし人だもの」
女勇者は少し寂しそうに、しかし限りなく温かく、イカにその声を聞かせた。
イカはポロポロと大粒の涙を流すと、ずっと愛でて来たその足で女勇者を船へ返し、海の底へ戻って行った。
女勇者も少し泣いちゃう。
彼女はしかし、しっかりとモンスターを育てられる母性さえも持ち得ている16歳。
彼女はこの時、自分のその力を悟っていなかった。まだほんの少しだけ若かった女勇者。

海で過ごして来た日々の長い女魔法使いだったが、大王イカの涙を初めて見て驚く。
船上に帰って来たパンツ一丁の女勇者を迎えに行く男武闘家。心持ち駆け足で。
「あっ、ごめんね」
こんな格好で失礼と、乳房を手で隠しながら上品な男武闘家の視線に謝る女勇者。
上品だが、彼はスケベだと言う事も女勇者は忘れていない。逃げようとするバリー。
914 : 「勇者の正装」5/5-1 ─大王イカ×女勇者─2015/06/25(木) 01:37:21.84 ID:T1PzbUOc
「逃げなくても良い。俺の手の方が大きいぞ」
俺の手でおっぱい隠せば良いんだと、そんな提案しかして来ない武闘家。
「いやん」
と逃げる女勇者。パンツ一丁のまま船上を縦横無尽に飛んで跳ねて、素早い武闘家から逃げる逃げる。
「さすがオルテガの娘…」
女魔法使いが呟いた。それはバリーが素早いからか、堂々のパンツ一丁だからか。

この男女の追いかけっこを、女魔法使い以外に見ていた人間達が居る。
最初は「汚い船」だと。「我がエジンベアに近付くつもりか、田舎者は帰れ帰れ」と侮蔑の言葉と眼差しを投げて居たが、
汚い船接近の報を受けたエジンベア大臣がその鷹の目で船を眺めた途端、海を見張っていた兵士達の声が止む。
「更に近付いて来た。もう望遠鏡でも見えるだろう。船上を良く確かめるが良い」
915 : 「勇者の正装」5/5-2 ─大王イカ×女勇者─2015/06/25(木) 01:52:17.95 ID:T1PzbUOc
そう言うと大臣は忙しそうにその船を迎える準備を始める。
船を発見し大臣に報告した兵士達は不思議そうに望遠鏡を覗く。
大臣の鷹の目には劣るが、近付いて来た船上ならば見える。そして黒檀の肌を見つけた。
乳房を隠して飛び跳ねる艶女は差別と侮蔑を超えて。エジンベアの視線に迎えられる。



エジンベア上陸を控え、船上の三人は事前に会議をしていた。
「人をバカにして来るお国柄らしい」
女魔法使いは言う。彼女の聞くところによると流行り物など装うとかえってバカにされるそうだ。
「着こなせてるかどうか、見てるのかな」
それとも流行は古くなる始まり…なんて視線なのかも。と、女勇者はエジンベアを遠方から色々感じてみる。
「じゃああたしが着慣れてて、ずっと変わらない服装で行ってみるよ」
と、母譲りのテドンの血を引く女勇者はそう言った。
916 : 「勇者の正装」5/5-3 ─大王イカ×女勇者─2015/06/25(木) 01:56:35.37 ID:T1PzbUOc
女勇者は父オルテガ譲りの銀髪を高く結ってうなじを見せ、星降る腕輪を身につける。
他には皮の腰巻を短く切り揃え、紐で巻くパンツだけを装着した。
白桃色の乳首までもプリンと見せたまま、乳房には一切の飾りをせず、
手首と足首を少し飾って髪結いの簪一本・腕輪一本・皮パンツ一丁でエジンベアへ向かう。
「かっこいい」
船上の女魔法使いは、女勇者にそう言って笑顔を見せた。女勇者もニコニコ。
そうして歩んで行く女勇者の背を見ながら、男武闘家もニコニコしている。
その男の笑顔には勿論スケベがある。しかしそれ以上の想いも伝わって来る。
そんな彼の顔に女魔法使いはドキッとしてしまい、こんな悪戯スケベ男に呆けた自分が悔しいと暴れたくなるのだった。


黒檀の女、乳房を隠さずエジンベアへ入城。
あの溌剌とした裸のテドン女が、どんな衣服でその女振りを新しく見せてくれるのかと期待していたエジンベア大臣だったが、まさかその肌を見せたままの礼服でやって来るとは。
917 : 「勇者の正装」5/5-4 ─大王イカ×女勇者─2015/06/25(木) 02:01:15.93 ID:T1PzbUOc
これがテドン女の正装であると、これも人間の正装なのだと、
姿勢の良い女勇者が伝えて来る誇り高さと迫力に圧倒されて、彼女を「田舎者」と罵る者はこのエジンベアでさえ一人も居ない。大国の侮蔑が終っていた。
彼女のパンツ一丁は、もうエジンベア入城の時点で父オルテガのそれ(パンツ一丁)を超えている。
後の、女勇者ロト見参。
しかしエジンベア入城は彼女の伝説の一ページでしかない。
凛々しく温厚なこのバリーと言う女はしかし、愛嬌とコケティッシュも豊富であり。
またどんなこの世のエロとスケベに巻き込まれ……または…彼女自身がこの世をエロく巻き込んで行くものか。
とりあえず大王イカの次は……夜になれば王座を盗んで座る高貴な盗賊、エジンベア大臣とのスケベ対決が始まりそうであった。
918 : 大王イカ×女勇者2015/06/25(木) 02:05:07.07 ID:T1PzbUOc
>>905 お久しぶりのバリーでした
919 : >>911訂正「勇者の正装」2/52015/06/25(木) 02:55:53.88 ID:T1PzbUOc
男武闘家は動かない。自分は黙って居た方がスケベ事件が起こりそうな気がしているからだ。
女の中に男が一人の旅で、彼は幸せそうだ。彼は多分このパーティで一番スケベだ。
「通してー」
と、色仕掛けでも何でもない。女勇者はただ普通に、大王イカにそうお願いした。
するとイカの足に捕らえられて「わぁー」の女勇者。
大王イカはバリーを攫ったが戦う気はない。だから攫われたバリーも戦わない。
そうして戦わないまま、女勇者は海上に浮かぶイカにガンガン服を脱がされて行く。
「わっ、どうして」
不思議がる女勇者はイカの足に乗せられ、イカの違う足で体を調査される。
「あっ…」
と声を出す女勇者に、イカは喜ぶ。
衣を剥ぎ取られた素肌の乳房が、大王イカの足で濡れて行く。
ヌルヌルと光沢を増す乳房。ツンと立つ突起が美味しそうにふるえて
見ている男武闘家は自分の厚い唇で咥えたあの触感と味わいを、濃厚に思い出し
白いイカの上に居る黒い肌の女勇者は今、黒い乳房に白く息衝くプルプルの突起を甘く緊張させ、絶頂を向かえる。
920 : 名無しさん@ピンキー2015/06/25(木) 23:38:52.33 ID:R3yitOqt
>>918
バリーちゃんだ!バリーちゃんだよね?バリーちゃんだ!
何年ぶりかのバリーちゃん!うわぉ、あなたに愛を!

こういうシチュエーションになっちゃえば、当然こうされちゃうよね!
この単語で説明全部しゅーりょー!
えー分かってんでしょ、だってこれ、エロSSなんだから!
…ってな感じで、お約束を最大活用した、おバカエロすぐるこの文体を、今日また読めるなんてね
伝説の総受けビッチ勇者とご一行様の、サスガな弩級ぶりも健在で、これ1作で1スレ分くらい堪能したぜ
バリーちゃんを今回犯す非人間が感じ取る、バリーちゃんの味や感触は、直接人間の感覚に想像変換するのは難しい
それを、バリーちゃんを犯しまくってきた人間の目そして存在を通すコトで、人間の感覚として想像し易くなってるんですなー
もう少し、もう少し奥までッと思ったけど、でも、長くヤりすぎるとフツーになるんだろーなー
うむ、これでいいんだ、今日はいいコトありそう

バリーちゃんのあられもない姿をまた拝めるなら、さらに幸せでごぜえやす
921 : 9182015/06/26(金) 17:49:21.35 ID:WWPcVbtu
>920
覚えていて下さって。急に書いてしまいました。
投下規制に遭うし、訂正ありでやってしまいしたが、ありがとうございました。

書いた後から追記ですが、テドンの人を黒人さんとして書いています。
922 : 名無しさん@ピンキー2015/06/26(金) 17:55:23.83 ID:WWPcVbtu
>921にも脱字が。失礼しました。
923 : 名無しさん@ピンキー2015/06/27(土) 22:25:42.01 ID:saE2kbUG
スレの残り容量で文字数制限されんのきっついですよねー
現在、1レス930bytesまで?
連投規制食らうのマチガイナシ!
っても、埋まんなきゃ次スレは立てられねえ!
どーすりゃいいもんやら
924 : 名無しさん@ピンキー2015/07/02(木) 22:52:49.37 ID:xMOK4Lqm
その規制は先月で無くなった
925 : ビアフロ2015/08/04(火) 12:54:17.85 ID:6nBWu7Q6
※スカ要素有

エロい場面だけ書き逃げします






「ビ、ビアンカさん…一体何を…」

怯えるフローラの目に写ったのは、
不適な笑みを浮かべるビアンカの姿だった。
いつの間にか手足を拘束されていて身動きが取れない。

「フローラさん、あなたはとてもきれいだけど…
お腹の中はどうかしら?
確かめてあげるから…」

フローラのスカートを静かにめくり、
白く滑らかな尻が露になる。
潤滑油をたっぷり乗せた細い指が、フローラの肛門にゆっくり侵入していく。

「…はぁっ、そこは…っ…」

体験した事の無い異物感に震えながら、それでもビアンカの指を受け入れていく。

「んぁっ、…く…うぅっ…」
926 : 名無しさん@ピンキー2015/08/06(木) 22:07:54.29 ID:rOyG7hE2
じゃ俺も便乗書き逃げww

W勇者♂×マーニャ


 勇者は、ほぼ無意識のうちにマーニャの腰を両手で固定していた。
 そして自分のモノを真ん中の穴に狙いを定め、ヌメヌメッと挿し込んだ。
 「ッ!…あ」
 騎乗位で仰け反る褐色の裸体―
 勇者はそこから、マーニャがいかに優れた踊り子であるかを知り、
 それと同時に自身の内側に、抗い難い肉欲衝動が沸き起こってくるのを感じていた。
 「んはっ、あッ!…あッ!!」

 乱雑に靡く長い髪、ビクビク脈打ちつつも、勇者の肉棒への締め付けも
忘れない性の貪欲さ―
 そしてその顔も声も、男を喰うに相応しい色艶を湛えて。
 「マー…ニャ!さん俺、もうッ!……」
 「アッ!!ゆう…しゃ!ああッ!アタシイッちゃ…ダ、メッ!あんッ!うん!」

 パンパンと響く音の間隔が短く早くなり、二人の結合した姿も
次第にその距離が0に、お互いが抱き合う様な格好に近づき、
 「ッああぁぁあああッ!!」

 股間を弛緩させて、獣じみた咆哮に近い声を上げ、マーニャは絶頂を迎えていた。

 「…あっ!はっ!…あはっ……や、やるじゃない勇者…アタシ今、全身が…せ、性感帯な感じよ…」
927 : 名無しさん@ピンキー2015/08/08(土) 11:57:42.42 ID:G9nF5uGO
じゃあ、自分も書き逃げ便乗www

1勇者×ローラ姫

「あんっ!ゆう、しゃっ……さまあっ!!」
一国の姫といえども服を脱がせてしまえば、そこいらの女と変わらない。
自分の肉棒を咥えて腰をくねらせる王女を見下ろしながら勇者は舌なめずりをした。
「姫、はしたないですよ、そんなに腰を動かして」
こちらが腰を打ち付ける動きに合わせて揺れる腰。
その動きに合わせて、誘うように揺れる乳房。
もっと、とねだるように自分の性器に絡みついてくる熱い粘膜。
「そ、そんなことっ……おっしゃら、ないでぇ……」
などと言いながらも、ローラは潤んで揺らいだ瞳でこちらを見つめてくる。
荒い息遣いに、その場に似つかわしくない可愛らしい嬌声が混じり、勇者を高ぶらせた。
928 : 名無しさん@ピンキー2015/08/31(月) 22:11:20.62 ID:8UHXvW1i
公式で結婚までやられるとかえって書きにくい
929 : 名無しさん@ピンキー2015/09/04(金) 02:13:52.39 ID:lSX3Optt
ウィッチ・レディとかすごく素敵じゃね
930 : 名無しさん@ピンキー2015/09/05(土) 04:20:26.39 ID:OympwzBA
ライアンとマーニャの組み合わせが好きだ
931 : 名無しさん@ピンキー2015/09/06(日) 21:23:00.75 ID:lOiYZqVZ
ゲルダ姐さんの引き締まったぷりぷりおっぱいでふわふわおっぱいを責められるゼシカ
「アタシは女もイケるクチでね・・・パーティー組めるようになった記念に一発どうだい?」
「そんな・・・女同士でなんて・・・」
932 : 名無しさん@ピンキー2015/09/07(月) 04:23:49.15 ID:yYRvRkXs
 冒険に憧れた少年はイカダで船旅に。殺人イカリ程度なら怖くないがそこに現れたデスセイレスと
マリンフェアリー。デスセイレスに気を取られている間にマリンフェアリーが背後から拘束。今度は
そっちに気を取られていると目の前にはデスセイレス。
 殺されると思ったが次の瞬間、視界はおっぱいの谷間。デスセイレスのぱふぱふをされていた。
 戸惑っているうちに手から剣を海に投げ捨てられ、マリンフェアリーの触手が布の服を剥いで行き
ついには一糸纏わぬ姿でデスセイレスの身体を受け止める。
 人魚だけにその身体は冷たく、妙に生臭い。しかし、服の上から顔に乗せられているだけとは言え
初めてのぱふぱふの感触に夢心地になってしまいむしろその臭いが背徳感を煽り、胸が一度離れると
少年は思わず残念そうな顔をしてしまう。
 しかし、次の瞬間にはデスセイレスは自らのレオタードを半分降ろし、目の前で並の人間では中々
いないほどの豊満な胸を揺らす。
 そして、マリンフェアリーが少年の両足を衣服の中に滑り込ませる。
 足からデスセイレスの服の中に少年の身体が沈み、背中まで包まれ頃には目の前にはあの二つの
おっぱい。
 服とデスセイレスの身体に包まれながら生ぱいが少年の顔を包み込む。手で圧力の並を銜え、上下
に揺らしてその柔らかさをまだ物知らぬ少年にたっぷり教え込む。
 そして、腹部にある少年の硬いもは腰を左右に振って腹で擦る。デスセイレスの表面はぬめってい
るためそれが潤滑剤として働き、痛み無く圧迫された感触が刺激となって伝わる。
 どぴゅ、びゅ、びゅ……。
 冷たい身体に熱い液体が噴き出すのを感じてデスセイレスは舌を舐めずる。
 もはや魔物の虜になっている少年を愛おしそうな目で眺めるとキスをして息を送りながら海の中へ
と引きずり込む。その中には複数のデスセイレスの姿があり、近くの横穴の中へ少年を誘った。

 数日後、誰もいないイカダが近くの海岸で発見された。
933 : 名無しさん@ピンキー2015/10/18(日) 03:08:28.79 ID:uUd7iaRx
女遊び人が男武闘家をパイズリしていかしてほしいです。
934 : 名無しさん@ピンキー2016/03/01(火) 13:34:41.84 ID:Oyxwqdn2
旅びとの宿屋にようこそ

「ひと晩12ゴールドですがお泊まりになりますか?」
「はい」
「それではごゆっくりおやすみください」

「勇者さま。一部屋しか空いていませんでしたが、むしろローラはうれしゅうございます。ぽっ…。勇者さまもそうですか?」
「はい」
「勇者さまはドラゴンとの戦いでお疲れでしょう。先にお風呂に入られてください。私はそのあとで」
「はい」

「勇者さま、いいお湯でしたか?」
「はい」
「それではわたくしが入ります。勇者さま、ベッドに入っても起きていてください。私、もう覚悟を決めております」
「はい」

「勇者さま、いいお湯でした。………そばに行ってもよろしいですか?」
「はい」
935 : 名無しさん@ピンキー2016/03/01(火) 13:37:15.20 ID:Oyxwqdn2
ローラがあらわれた!
ローラはふくをぬいだ!
ゆうしゃのテンションがあがった!
ゆうしゃはふくをぬいだ!
ローラはおどろきとまどっている!
ゆうしゃはローラをだきしめた!
ローラはどうしていいのかわからない!
ゆうしゃはローラにキスをした!
ローラはよいしれている!
ゆうしゃのこうげき!
ローラに2ポイントのダメージ!!
ローラはようすをうかがっている!
ゆうしゃのこうげき!
ローラに3ポイントのダメージ!!
ローラはまごまごしている!
ゆうしゃのこうげき!
ローラに3ポイントのダメージ!!
ローラのこうげき!
ゆうしゃはきゅうしょに4ポイントのダメージをうけた!!
936 : 名無しさん@ピンキー2016/03/01(火) 13:40:20.29 ID:Oyxwqdn2
ゆうしゃのこうげき!
ローラに4ポイントのダメージ!!
ローラはあえいでいる!
ゆうしゃのこうげき!
ローラに4ポイントのダメージ!!
ローラはあえいでいる!
ゆうしゃはちからをためている!
ローラはぼーっと みている!
ゆうしゃはきあいをためている!
ローラはぼーっと みている!
ゆうしゃのこうげき!
ローラに11ポイントのダメージ!!
ローラはおどろきとまどっている!
ゆうしゃのこうげき!
ローラに7ポイントのダメージ!!
ローラはあえいでいる!
ゆうしゃのこうげき!
ローラに7ポイントのダメージ!!
ローラはあえいでいる!
ゆうしゃのこうげき!
かいしんのいちげき!
ローラに19ポイントのダメージ!!
ゆうしゃはしろいものをはきだした!
ローラをたおした!
1250ポイントのけいけんとをかくとく!
0ゴールドをてにいれた!

「ああ、勇者さま。うれしゅうございます。ぽっ…。」

「おはようございます。ゆうべはお楽しみでしたね」

おしまい 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)
937 : 名無しさん@ピンキー2016/03/01(火) 13:55:23.92 ID:Oyxwqdn2
訂正
×けいけんと ○けいけんち
938 : 名無しさん@ピンキー2016/03/01(火) 19:34:48.92 ID:W2iVMC6O
こういうネタ大好きだけど「官能」かどうかは人を選ぶと思うw
939 : 名無しさん@ピンキー2016/03/21(月) 21:32:30.98 ID:WfgnomEw
しっかし投稿しにくくなったなこの板
940 : 名無しさん@ピンキー2016/04/27(水) 21:38:29.14 ID:K5o5XQq8
みんな渋ででも書いてんのかね
941 : 名無しさん@ピンキー2016/06/02(木) 20:51:46.53 ID:zm27H4u3
誰もいない今のうち
942 : 名無しさん@ピンキー2016/06/04(土) 11:45:15.47 ID:ek+dJIlP
ヒーローズのクレティア女王がとてもいい
943 : 名無しさん@ピンキー2016/07/01(金) 12:27:26.41 ID:YfgM/ReA
>>940
渋のドラクエ淫語SS好き
944 : 名無しさん@ピンキー2016/08/03(水) 19:33:32.22 ID:zI+ISIZl
ただでさえ人いないのに投稿しにくい
なんでこんな板になったのかね
945 : 名無しさん@ピンキー2016/09/02(金) 21:01:49.17 ID:taXNNXZH
浪人買えってことかいな
946 : 名無しさん@ピンキー2016/10/04(火) 07:27:57.16 ID:WR3eXORj
竜神王の試練に挑むも完膚無きまでに敗北したエイトたち一行。単純に個々の力不足を指摘され、竜神王の紹介で各々修行へと旅立つ事に。

ゼシカ「ここが竜神王様の言っていた魔導の総本山…にゅ、乳仙の里…」

名前は口頭で伝えられていたので掲げられていた看板を見てゼシカはあきれてしまう

ゼシカ「乳仙の里…個々の力不足…

少し考えた結果、ゼシカはため息を漏らす

ゼシカ「はぁ…ただのセクハラじゃないのよ…
まあとてつもない魔力を感じのは確かだし、まさかただのセクハラ目的で竜神王様も送り出す事はさすがに…

愚痴をこぼしながらもゼシカは里へと入っていく
947 : 名無しさん@ピンキー2016/10/04(火) 07:36:34.97 ID:WR3eXORj
里に入って歩き始めたゼシカの顔色はすでに青ざめていた。
育ちの良さも伺えた歩く姿勢の良さも猫背気味。
大きく開いた胸元も腕で隠しつつ、勝ち気な表情すら消え失せていた。

ゼシカ「こんなデタラメな魔力…人間とは思えないわ…

魔導の総本山だけあって世界屈指の魔法使いを自負していたゼシカも己の世界の狭さを実感する。だが魔力に対する驚きは自身の本心をごまかす強がりでもあった

キョロキョロと周りを見渡すゼシカは背後から忍びよる小さな魔の手に気が付きもしなかった

?「隙ありっ!」
ゼシカ「ひあっっ!
948 : 名無しさん@ピンキー2016/10/04(火) 07:48:43.86 ID:WR3eXORj
突然の襲撃に無防備なゼシカはあわてふためく

ゼシカ「いっや…っどこ触って…

小さなそのてはゼシカ自慢のバストを揉みしだいている

ゼシカ「この…いい加減にしなさいよ!

手を振りほどいたゼシカは魔力を展開し刺客に目を向ける。と、そこはポルクやマルクと同年代らしき少女が立っていた。

ゼシカ「え…?女の子?

?「ごめんなさい。人間の女の人を見るのは珍しくて…私、メイって言います。お姉さんはどうして乳仙の里へ…?

ゼシカは戦闘体制を解除し、自身の目的と素性を明かした。

メイ「そういうことでしたか!なら私が仙女様のもとへ案内しますね!着いてきてください!

ひらりと身を翻した女の子はゼシカの横に立ち一緒に歩き始めた。

ゼシカ「ありがとう。よろしくね。

仙女…この里の長で歴代の仙族でも初の女性頭首とのこと、おそらく只者ではないだろう。
949 : 名無しさん@ピンキー2016/10/04(火) 12:04:33.11 ID:WR3eXORj
メイ「…で…それで…
ゼシカ「へぇ…

メイは嬉しそうに乳仙の里に纏わる話を続けるがゼシカは話が耳に入らない。
里に来てから見てきた光景を受け入れられなかったがゼシカは認めざるをえない

ゼシカ(間違いない。この里にいる人達、例外なく胸が大きい。それも普通じゃないわ)

ゼシカの横をあるく少女、メイ。幼い容姿とは裏腹にその胸元はゼシカと同等かそれ以上の膨らみ。

ゼシカ(もしかしてこの里の人全員私より大きいんじゃ…?にしてもなんと言うか…私でも肩こりひどいのにこんな小さな体で平気なのかしら)

そうこうしているうちに仙女の家に到着した。
里中の魔力の発信源ともいうべき強大な魔力。思わず息を飲むゼシカを待っていたのは目を疑う光景であった
950 : 名無しさん@ピンキー2016/10/04(火) 12:46:22.35 ID:WR3eXORj
仙女「いやーようこそ!君がゼシカだね?竜神王のやつから話は聞いてるよ!僕がこの里の長の仙女だ。人間なんて久しぶりだなぁ…

出会い頭から饒舌にまくし立てる仙女の話などもはやゼシカの耳には入らない。仙女のある部位に視線は釘付けになり完全に固まってしまっている

仙女「ってもう話聞いてるー?
ゼシカ「あっ…
正面から突然胸を揉まれハッっとするゼシカ

仙女「うはーやっぱり人間の胸はサイッコーだねーこの重量級!弾力!
ゼシカ「ちょっ…ちょっと!

仙女の腕を払い乱れた衣服を整え、
自分の胸にのしかかった仙女の巨大な胸を見て
気付く

ゼシカ「こんなにも大きいのに…軽い…?

常軌を逸したサイズの仙女の胸は軽いというよりほとんど重さを感じなかった。どういう事か考えていると…

仙女「あーだよね!やっぱり驚くよねー僕たち仙族の胸は君たち人間と構造が全然違うんだよ。人間はほとんど脂肪なんだろ?だけど僕たちはこれ魔力の塊みたいなもんなんだよ
951 : 名無しさん@ピンキー2016/10/04(火) 14:12:03.13 ID:WR3eXORj
そう言って胸元をさらけ出した仙女の胸にゼシカはまたしても驚愕した。
美しい形もさる事ながら垂れていないどころかふわふわと中に浮いている
試しにゼシカは触れてみるがそこに何もないのではないかと錯覚するほどの柔らかさ。無重力感。自分の物とは何もかも違う感覚に言葉を失う

仙女「どうだい?大きいだけでなーんにもよくないだろう?だから僕たちは人間の胸が好きなんだ。おっぱいだなんて言い方をよく思い付くよ…

胸の話も気になるがゼシカの目的は力をつける事だ。話を切り出すと仙女は人を育てるのは苦手らしく専門家に話を通してあるという
952 : 名無しさん@ピンキー2016/10/04(火) 23:36:02.65 ID:3Soqi1dI
規制かい、せんにょーる?
953 : 名無しさん@ピンキー2016/10/31(月) 17:31:19.95 ID:5RjhWOaw
エイト「それじゃあ、行こう。みんな」

そう言ってラプソーン討伐へ向かった翌日、人気の無いトロデ城の庭園で正座させられているパーティの姿があった。

レディス「何を考えているのですアナタたちは!あれ程苦労して集めたオーブの1つを紛失し、何も出来ずに死にかけるなど…私が死に物狂いで離脱しなければ全滅でしたよ!」

一同「」

全員うつ向き、長々と説教を受けているとヤンガスから依頼を受け情報を集めていたゲルダが到着した。

ヤンガス「ゲルダ!な、何か分かったでガスか?
ゲルダ「ああ、どうやらオーブは何者かが盗んだ、もしくは拾われたあとサザンビークにたどり着いたみたいだな。

ククール「サザンビークか…誰が持っているか目星はついているのか?

ゲルダ「まぁこれを見なって

第1回ミスサザンビークコンテスト開催!
優勝者には500万ゴールドと不思議なオーブをプレゼント!参加希望の方はサザンビーク城チャゴス王子まで。※当日はこちらの用意した水着着用となります
954 : 名無しさん@ピンキー2016/10/31(月) 17:48:38.23 ID:5RjhWOaw
ヤンガス「これは…
ククール「ま、まぁとりあえずサザンビーク城に行ってみないか?もし本物だったとして、なんとか譲って貰えるかもしれないぜ?

一同はサザンビークへと足を運び、面識もあるためすんなりとチャゴスの元へとたどり着いた。

チャゴス「事情は分かった。で、どうするのだ?貴様らは

ゼシカ「あのねぇ…世界の危機なのよ?そのオーブが無いと…ああもう!ちからづくにでも奪って…

ククール「まあ待てゼシカ。王子様よ、このミスコン、サザンビークの人以外でも参加できるのかい?

チャゴス「む?基本的には認めないが…まぁ僕が主催者だからな。僕次第だ

ゼシカ「ちょっとククールまさか…

ククール「ゼシカとゲルダ、二人で出てみたらどうだ?

ゼ、ゲ「はぁ!?」
ゼシカ「ぶざけないでよね…誰がこんな…大体もの凄い大勢の前で晒し者にされるなんでごめんだわ…!

ゲルダ「私もちょっとなぁ…
ヤンガス「ゲルダの水着、見たいでガス

ククール「いやいつも水着みたいなかっ…
ゲルダ「し、仕方ないな!アンタがそこまで言うんなら…で出てやっても…
ゼシカ「ちょっとゲルダさん落ち着いて!私は嫌よ!

エイト「水着ならゼシカいつも着てるじゃないか」
ゼシカ「だから…(そ、それはエイトが買ってきてくれたから仕方なく…)

チャゴス「盛り上がっているところ悪いが決めるのは僕だからな?大体僕は貴様らのせいで…(いや…待てよ?ふむ…ミスコンは明日だからな…まだ間に合うか)

チャゴス「よし、2人の参加を認めよう。

ゼシカ「ちょ、ちょっと待ちなさい!なに勝手に決めてんのよ!

チャゴス「いや?オーブが要らんなら別にかまわんが?
ゼシカ「ぐぬ…

ククール「まぁまぁ、ここは平和的に行こうぜ?大体ゼシカが出れば優勝確実だ。何も心配する事ないさ

エイト「僕もそう思うよ(ニッコリ)

ゼシカ「うう…エイトまで…もう、分かったわよ…
955 : 名無しさん@ピンキー2016/10/31(月) 20:00:30.28 ID:/6X0IS+w
その後解散し各自明日に備える事に…

ゲルダ「さあ寝るか…ん?こんな時間に来客か…えーと…どちらさま?
ざわざわ…
ヤンガス「結構な人数が集まってるでガスなあ
ククール「ま、野郎ばっかだけどな…
エイト「そろそろコンテスト出場者の人たちが…お、来た来た!
司会者と思われる男がローブを見にまとい姿を隠した10名の参加者を連れてくると歓声が沸き上がる

司会者「さあやって参りました第1回ミスサザンビークコンテスト!実況兼司会はわたくしか務めさせていただきます!それではまず1番の方からいきましょう!私が名前を呼びますので、そのままローブを脱ぎ美しい姿をお見せになってください!」

司会者「それではナンバー1…職業はヒツミ…特技は気持ちよくすること…レディー…パッフィーさん!
女性が姿を表すと会場は大きな歓声に包まれる。
(すげー美人だな…)(おっぱいも大きいぞ…)(あの子…いやなんでもない…)

ククール「あれだな…うん
ヤンガス「ぱふぱふ屋の…サザンビーク出身だったんでガスな

司会者「さあ続きまして…

ヤンガス「しかしアレでガスな。こうもぱふぱふ屋の人だったりカジノのバニーさんだったり
もうちょっと…

ククール「清純派?清楚系も欲しいよなあ…

エイト「そのアレな職業の人たちと顔見知りな僕らみたいな汚れた人間にはちょっと贅沢なんじゃないかな…あ、トロデ王。
トロデ「いやすまんな、事情が…
ククール「おせーぞ。まったく…ゲルダも早く座…れ…?え…
ヤンガス「ゲ、ゲルダ!なんでここに!え!?
ゲルダ「いやそれが…

オオオオォーッ!
地鳴りのような歓声が鳴り響く

エイト「あ、ゼシカだよ!

司会者「なんとゼシカさんはリーザス村の領主の娘さんとの情報が!お嬢様でありながらこのワガママボディはまさに神からの贈り物!今大会最大サイズのバストは96センチ!でかぁい!説明不要っ!

ゼシカ(なんでそんな事までしってんのよ…にしてもゲルダさん全然喋らないけど…緊張してるのかな…)
オオオオォーッ…

ククール「さすがだな。こうやって見比べると本当にでかいなゼシカは…
ヤンガス「まぁ世界一らしいでガスからね…
エイト「そ、それよりなんでゲルダさんがいるんだよ!
司会者「さああと一人となります!女一匹盗賊一筋…狙った獲物は逃さない!ゲルダさんだぁっ!
コールを受け、顔が見えたとたんエイトたちは仰天する
全員「んなぁっ!?」
ゼシカ「は!?え…え!?

そしてローブを完全に脱ぎきったところで会場は一瞬静まりかえりざわめきだす

司会者(あれ、この人別人だ。誰だ?)

(すげえ…)(なにあれ…)(本物…?)
(でもすっげー綺麗な子だな)
(なんなどこか気品があるというか…)

ククール「おいおい…マジかよ…
ゼシカ「ミーティ…姫…
ミーティア「はいっ♪ゼシカさん♪」
956 : 名無しさん@ピンキー2016/10/31(月) 21:31:53.34 ID:SbxmOM4X
れでぃす?
957 : 名無しさん@ピンキー2016/11/03(木) 12:04:15.65 ID:N6ebfLAH
ドラクエ3の男武闘家にパイずり、ぱふぱふする女遊び人が見たいです。
958 : 名無しさん@ピンキー2016/11/11(金) 02:02:05.60 ID:1cSNuqjp
いいね
959 : 名無しさん@ピンキー2016/11/18(金) 22:19:40.46 ID:Cqypk4wW
よい
リメイクXの花嫁候補で選ばれなかった二人同士で強制レズとか誰かかいてくれ
960 : 名無しさん@ピンキー2016/11/20(日) 23:42:52.32 ID:QZBEMPdU
DQ4のアリーナ姫凌辱ss書こうかな
961 : 名無しさん@ピンキー2016/11/21(月) 20:54:39.17 ID:k9kvwIwX
まああてにすなひどすぎる借金
962 : 名無しさん@ピンキー2016/12/09(金) 19:32:39.58 ID:8oN+8a0I
ゼシカって絶対にMだよね
963 : 名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 17:39:06.13 ID:CWGUeloJ
ひとつ執筆しようと思ったけど勝手に投稿して良いんですかね?
964 : 名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 18:02:24.86 ID:EIEnntfG
どうぞどうぞ
でも、できれば、書き上がってから聞いて下さいね
965 : 名無しさん@ピンキー2017/02/16(木) 16:34:12.01 ID:bo12hnSh
以前掲載された内容を
再掲して頂けませんか?

内容は
ルーフィンとオリガ
モーダメ王と娘
がテーマの分です。
966 : 名無しさん@ピンキー2017/02/16(木) 21:36:02.88 ID:DMkYVmqL
規制がなければねえ
967 : 英雄の悲劇2017/02/28(火) 16:10:59.97 ID:prKtFpbQ
ここはスーランの町。
しっぽ団がスラバッカ島から去った後、以前の平穏な日々が戻った。
……ただ一匹の周囲を除いて……。

「スラリンさ〜ん!」
「ゆうしゃク〜ン!」
「スラリ〜ン!」
ある一匹のオスのスライムに、大勢の若いメスのスライムが群がっていた。
しっぽ団にさらわれた住民100匹を全て救出した町の勇者、スラリンだ。

「ああん、お待ちになって〜」
「スラリンさまのような優秀なオスのスライムは、多くのメスのスライムとまじわって子孫をたくさん残す義務があるんですよ♪」
スラリンは一日中追い回され、体中もうヘトヘトのカラカラ水源になっていた。

「ハアハア……もうじき追いつきますわよ〜」
ああ、もう駄目だ。捕まる。
そう諦めかけていたその時――

「スラリンさま〜!」
上のほうから声がした。誰だか知らないが、メスのドラゴスライムだ。
「ご無事で何よりですわ!アタイがお助けいたしますわ!」

* * *

――三丁目のガケの上。
彼女のおかげで、何とか大勢のスライムたちの魔の手から逃れることができた。
いやー、しかし空を飛ぶことができるというのはなんと便利なことだろう。
さて、彼女にお礼を言わないと……。

「……スラリンさまはアタイいっぴきのもの……ほかの誰にも渡しはしませんわ……」
ん?今何だって?

「スラリンさま……ぎゅーっ!!」
なんと ドラゴスライムは 両翼で思いきり抱きしめてきた!!
うわっ……!!な、何を……!!
振りほどこうとしたが、彼女はがっちりと掴んで離さない。

「お暴れにならないでスラリンさま。落ちてしまいますわよ」
そう言うと彼女はゆっくりと唇を近づけてきた。

* * *

「アタイは、町の勇者になられるずっと前から――ノッケの森で救出されたあの時から――スラリンさまのことをお慕いしていましたの。ただ勇者だからってだけで群がるほかのメスなんかよりも、ずっとずっとスラリンさまのことを……」
ノッケの森……?
「ドラキーたちの罠にかかったあの時はどうなるかと思いましたが、互いに一目ぼれしたアタイとスラリンさまは愛の力であの難局を打ち破ったのでしたわね……ぽっ……」

ああーーっ!!しまった!!
すっかり忘れていたが、こいつはストーカーのドラフィーユだ!!
傍を通れば後ろをついてくるし、勝手に恋人を名乗るわしまいにはフィアンセまで名乗り始めるわで、気味が悪くてこの頃は近寄らないようにしていたのだが……。

「スラリンさまったら照れちゃって、この頃ちっともお顔を見せてくださらないんですもの……」
違う!!そうじゃない!!

「……ふふふ……さぁスラリンさま……早くアタイと配合いたしましょう……」
ちょっ……な、何をするやめ……ぬわーーーーっっ!!!!

――スラリンの絶叫とドラフィーユの嬌声が町中にこだました。
程なくして町のスライムの数は101匹から102匹になったらしい。

めでたしめでたし
968 : 名無しさん@ピンキー2017/02/28(火) 16:14:45.16 ID:prKtFpbQ
『スライムもりもりドラゴンクエスト 衝撃のしっぽ団』いわゆるスラもり1ネタです
969 : 名無しさん@ピンキー2017/02/28(火) 21:45:13.12 ID:iWOeeW6p
>>968
970 : 暇つぶし2017/03/01(水) 07:42:18.57 ID:GJGQ1TY3
魔王・ミルドラースを討ち果たした後。
グランバニア国王・リュカは山奥の村に来ていた。

「そう、魔物が減ったのはそういうことだったのね」
「僕も、父さんと母さんの遺志を継ぐことが出来て安心しているよ。やっと落ち着ける」
「苦労してばかりだったものね」

クスクスと微笑む美女・ビアンカは、悩まし気に息をつく。

『ビアンカさん、姉さんも。リュカ様を慕っているんですよね?』

少し前、リュカの愛妻に言われた言葉が彼女の脳裏を奔る。

『リュカ様は既に一国の王です。妾の一人二人もいなくては、とオジロン様が仰っていたのですが』
『失礼を承知でお願いします。ビアンカさん、姉さん、リュカ様の元に来られませんか』

妾。一番にはなれないが、リュカの寵愛を一片とはいえ受けられる。
ビアンカは咄嗟に頷いていた。
確かに妾などと言い出すのも無理はない。
リュカらの旅は、彼らに様々な辛苦を与えたものだった。

「……ねぇ、リュカ」
「ビアンカ」
「こんな年増だけど。こんな年増だけど、愛してくれる………?」
「勿論さ」

化粧っ気のない頬が朱に染まる。
家族以外に見せたことのなかった裸体が、エプロンの下から露わになる。
豊満な乳房は重みに垂れ、か細かった腹には少しの肉がつき、男を知らぬ秘部は陵辱を希うかの如く濡れている。
愛妻の瑞々しい色気とは違う、熟れた妖艶さがそこにあった。

「リュカ、あぁ、リュカ!ずっと待っていたの!リュカに穢されたいって!リュカに処女を捧げる日のこと、ずっと!」
「ビアンカ…僕も、ビアンカをずっと想っていた。我儘かも知れないけど、傲慢かも知れないけど!フローラと同じぐらい、君を!初恋の人を!」

リュカに抱き寄せられたビアンカは、彼に身を捧げた。
全てを奪い尽くす口付け。
孕ませるための性交。
オナニーすら満足にしたことのないビアンカは、快楽に蕩け、絶頂に堕ち、不浄の孔への陵辱に身を委ねた。
数十年と想い続けた幼馴染の妾として、彼の獣欲を受け入れた歓喜の涙だけが、頬を伝っていた。
971 : 名無しさん@ピンキー2017/03/01(水) 08:19:15.44 ID:K5HoKSiu
世界を平和にした後に改めて世界を見回る旅に出た息子が、立ち寄ったテルパドールでアイシスに筆下ろしと童貞卒業のセックスをさせてもらい、息子にデレデレになったアイシスが息子の性欲処理女王に堕ちる話
972 : 名無しさん@ピンキー2017/03/01(水) 08:59:07.56 ID:FdIo4JAD
>>970おつですが
デボラ様登場も期待してしまいます。
973 : 暇つぶし2017/03/01(水) 15:34:17.30 ID:K5HoKSiu
「妾、ねぇ」

じっとりとした眼差しをリュカに向け、美貌を緩ませる女性。
ようやく東奔西走の旅を終えた妹の婿からの提案は、彼女も受け入れるべきものだと理解ししている。
初心な少女ではないが、一目惚れした男の誘いなのだから。なお、父は喜んでいた。

「私を妾扱いなんていい度胸じゃない?ならそれ相応の度量を見せて貰わないといけないわよね?」
「あぁ、そうだね」

デボラは下着姿を晒すと、愛しい男の胸に飛び込む。
ビアンカとはまた違う雌臭が全身から漂い、リュカの脳を刺激する。
ちゅ、と触れ合うだけのキスを何度かされて、返しに愛妻や幼馴染を凌ぐ巨乳の先端を嬲ると、キスが徐々に深くなっていく。
触れ合う時間が伸び、唾液が混ざり合い、舌と舌が絡み合って。
互いの頭に手を回し、ただただキスを繰り返して。
キスの回数が両手両足の指の数を超えたあたりで、唇が別れる。

「こんな年増を妾にするなんて……馬鹿なのね…?」
「デボラも、ビアンカも…年増なんかじゃないよ。綺麗なままだ…」
「その綺麗な女を穢していいわよ…?キスだけで発情しちゃった女を、あんただけのモノに、あんたの性欲処理のための玩具にしちゃうの…いいわね…?」

美しく調えられた股ぐらを男に見せつけて、デボラはベッドに横たわる。
クンクンと匂いを嗅がれることに羞恥しながら、しかし咎めはしない。

「ね。キスしながら犯しなさい。アンアン喘ぎ声を上げながらなんて嫌だもの」
「……デボラの喘ぎ声、聞きたいな」
「これから何度も何度も、毎晩でも毎朝でも聞かせてあげるわよ。その代わり、最初の一回はキスしながらよ、分かった?」
「あぁ、わかったよ」

デボラの上からリュカが覆いかぶさり、膣口と肉棒が、唇と唇がキスを交わし、それからデボラは穿たれる。
目を見開き、喜悦に涙を流し、二度と離さぬとばかりに愛しい男にしがみつく姿は、大凡強気な彼女からは想像も出来ないものだ。
だが、リュカは彼女のそれを受け入れ、慈愛に満ちた性行を続けたのだった。
974 : 暇つぶし2017/03/01(水) 20:14:53.48 ID:wTZli7tS
砂漠の王国・テルパドールにて。
女王アイシスは、彼女よりも遥か年若い少年に組み付され、喜悦の喘ぎを奏でていた。
伝説の勇者と呼ばれる少年と妹、その両親、仲間のモンスターたちが魔王を倒した後、少年は世界を巡る旅をしている。
その最中、砂漠の王国で一夜の宿をとった彼を王宮に誘った女王は、彼に女を教えた。
長年焦がれた勇者に抱かれる幸福。
勇者である少年は、熟れて尚美しいアイシスを抱くことに喜びを見出したようだった。
それ以来、毎夜の如くテルパドールに訪れては、抱かれるために身を清めている女王と愛し合っていた。
975 : 名無しさん@ピンキー2017/03/01(水) 22:42:20.90 ID:t+junDB5
>>973
媚びず卑下せず狼狽えず、な感じでデボラらしさが出てて良い。
「キスしながら」ってトコも好き。
976 : 暇つぶし2017/03/03(金) 11:59:52.94 ID:5Xd5QwS7
リュカがビアンカ、デボラを妾にしたと義父に報告に行ったときのことである。

『やぁ、愉快愉快!』

義父は歓喜し、義母も口こそ開かなかったが喜んでくれていた。
デボラの胎内にリュカの子が宿っていることはまだ隠しておいたが。
ともあれ義父と義母への報告を終えたリュカは、愛しき人の待つ屋敷に向かった。

「ただいま、デボラ」
「やっと帰ってきたわね。待ちかねたのよ」

新たな命を宿したデボラの腹は、こんもりと膨らんでいた。
普段は強気なデボラも、腹を撫でる時は穏やかで、優しげな眼差しを見せたりする。
最もデボラは子を孕んで以来、元々淫乱だった気質に輪をかけて淫らさを増したのだが。
リュカが屋敷に入ると、デボラは玄関に鍵をかける。
そしてエプロンの下に隠された媚態を晒す。
そこには、大凡可能な限り拡張された不浄の孔があった。

「リュカ、早く犯して……もう私のお尻、あんた専用になっちゃったのよ?」
「デボラも淫らになったね」
「旦那様の妾になったからよ。私だけじゃない、フローラやビアンカも私も、みんな淫乱になったの。あんたのおかげでね」

リュカが二本指でデボラの腸壁を撫でると、デボラは甘い声で呻く。
デボラとビアンカ、そしてフローラを孕ませたリュカのため、彼女らは自分たちのアナルを性欲処理の穴として使うよう願った。
果たして、それはリュカに優しく開発され、同時に彼女らの淫花を一層艶やかに咲かせる調教であった。

「もうトロトロじゃないか。僕の可愛い奥さんは、本当に淫らだなぁ……?」
「そうさせたのはあなたよ、旦那様。あなただけの、淫らで欲深い雌にしたのは、あなたなんだから…」

責任を取って、お尻も孕ませなさい。
デボラに乞われたリュカは、未だ雄々しさを失わぬ肉杭を、不浄の孔への楔とする。
それだけで、デボラの表情は蕩けてしまう。
凛とした眼差しも、母としての穏やかな顔も、時折見せる少女のような無邪気な笑みもかなぐり捨て、一匹の雌犬になるのだ。
デボラはこれを嫌がるだろうとリュカは思っていたのだが、存外デボラは悦んでいた、
フローラ曰く、愛しい人に、その人のためだけのモノになれと言われて嫌がる女はいないということだった。
977 : 暇つぶし2017/03/04(土) 06:02:33.68 ID:sg0P3aH6
グランバニア王国には、多くの侍女がいる。
慈愛王とあだ名されるリュカが愛妻の他、妾を二人も抱えていることから、彼女らの世話などをする役もある。
だが、それとは別に、リュカを慕い仲間になった魔物の世話をするものも必要なのだ。
その役割の中に、魔物の妻となろうと願うものもいて。

「あぁ、ライオウ様……」
「はしたなき者よ。子は成らぬのに、我が子種を願うか」
「は、はひぃ、ライオウ様とのエッチが幸せなのです、はしたない侍女に、情けをくださいまし…」

よく言えた、とライオウは自分付きの侍女を抱き寄せ、髪を撫でる。
既に幾度も抱いている侍女だが、その度にライオウはきちんと愛があるのかを問うている。
侍女は既に濡らしたヴァギナを開き、期待と恥辱に満ちた眼差しでライオウを見つめた。

「我が愛しきものよ、ゆくぞ」
「んあぁぁぁっ♪ライオウ様ァっ♪」

遠慮もなく、女の股ぐらに突き立てられる巨根。
完全にライオウ専用の穴に躾けられた侍女の膣穴は、何の障害もなく彼の肉杭を受け入れ、子宮口までを貫かせる。

「ライオウ様、ライオウ様ぁぁっ♪」
「はしたなく喘ぐでない。主様方に迷惑がかかるだろう」
「んむぅぅぅっ♪」

唇と唇が重なる。侍女は喜悦の呻きと共にそれを受け入れ、トロンと蕩けた眼差しをライオウに向けた。
ライオウは唇を奪ったまま、ゆっくりと腰を引き、そして勢い良く突き刺す。

「……全て、受け入れよ」

侍女の耳元で、ライオウが囁く。
子宮に擦り付けられた肉棒が、一度、ビクリと震えたのを察した侍女は、ライオウにぎゅうとしがみついた。
俗に言うだいしゅきホールドの体勢で、唇を重ねたまま、侍女はライオウの射精を受け入れたのだ。
頭がスパークする。
腹が焼けるような絶頂と、間違いなく孕ませるつもりの射精に心が蕩ける。
やがて力を失い、ライオウへの抱擁を解いた侍女の股ぐらからは凶器が引き抜かれ、その後から白濁としたモノが溢れ出る。

「清めよ」

ライオウに命じられた侍女は、ライオウの肉棒を口に含み、愛でるように舐め清める。
尿道に残った残滓で口内を満たしながら、侍女は甘えるような眼差しをライオウに向けた。

「勃起させてみせよ。ならば更なる陵辱を与えてやろう」

慈しむように撫でられた侍女は、ライオウに心を囚われる。
彼女の口内で硬さを取り戻した肉杭が、間もなく侍女の穴を再び陵辱するのに、時間はかからなかった。
978 : 暇つぶし2017/03/05(日) 07:05:21.09 ID:XEaySlFH
フローラ王妃はとても貞淑な女性である、というのがグランバニア国民共通の見解である。
美しく、穏やかで、優しく、そして常に夫を支えている王妃。
時には魔物がその美貌に心を奪われたが故に拐われたなどと噂が立つ始末。
だが、その実態はと言えば。

「旦那様、旦那様ぁぁぁっ♪」

朽ちた城のバルコニーで、フローラの媚声が高らかに響き渡る。
二度とリュカ以外の手にかからぬよう、紋章を刻まれた腹部が、フローラの性感をひどく昂ぶらせる。
豊満な胸も尻も隠すものはなく、最愛の夫に不浄の孔を穿かれては歓喜していた。

「旦那様ぁ、キス、キスしてくださいましぃっ♪」
「キスだけで良いのかな?」
「いやぁ♪お胸も、お尻も、全部虐めてくださいぃっ♪」
「はしたない王妃様だね」
「んおぉぉぉぉぉっ♪」

ゴリュ、と音が聞こえそうなぐらいに深くまで穿かれたフローラは、大凡彼女から発せられたとは思えない喘ぎと、それに伴う絶頂を隠そうとリュカの唇と唇を重ねる。
陥没していた乳頭を嬲られながら、直腸の最奥に子種を注がれたフローラは、唇を離すことを強く拒む。
たが、それも永遠ではない。
唇が離れ、乳首を嬲る指が離れ、直腸を焼き尽くした肉杭が引き抜かれる。
倒れそうになるフローラをリュカが支えるが、それでも彼女は息を荒げたままで。

「フローラ、大丈夫かい?」
「いいえ、まだ足りませんわ……?」

熱を持った眼差しが、リュカに捧げられる。

「お妾の二人が孕んだのです。私も孕ませてくださいまし?」
「フローラ」
「旦那様」
「そんなことを言われると、歯止めが効かなくなりそうなんだけど」
「我慢はダメです。私を淫らな女にしたのは旦那様ですもの、責任を取って、孕ませてくださいましね?」
979 : 暇つぶし2017/03/06(月) 15:20:54.35 ID:kqpUIx+d
グランバニアに住まう魔物の中でも、最も巨大なのがシーザーこと、グレイトドラゴン。
その威容と裏腹に人懐こく、リュカやその家族、仲間モンスターたち、グランバニアの人々には可愛がられている。
その世話係になった侍女の一人は、既にシーザーの愛妻と化していたりするのだ。


「こんばんは、シーザー様ぁ♪」

下着というのも烏滸がましい布のみを身に纏い、侍女はシーザーの小屋に入り、後ろ手に鍵をかける。
シーザーは喉を鳴らし、侍女の頬を舐める。

「シーザー様、あなたの妻を、あなたの奴隷を、はしたない私を可愛がってくださいまし……?」

侍女がシーザーの棍棒のような性器に口付けると、シーザーは彼女を押し倒し、マーキングするかの如く性器を侍女に擦り付ける。
生臭さと、雄臭さが侍女の秘部を濡らし、シーザー専用の孔が疼く。

「シーザー様…あぁ、素敵です…。私を愛でて下さるのでしょう…?」

グル、と喉の鳴る音がして、侍女はシーザーの舌に口内を陵辱される。
そのまま、濡れた孔が、シーザーの肉杭を受け入れて。

「ーーーーーーーーー!!!」

腹がシーザーの性器の形に膨らみ、吐き出された子種が子宮の、膣穴のあらゆる箇所を満たし、灼き尽くす。
射精は終わらない。
孕ませるための射精は、数十度続く。
肉棒が震える度に侍女は絶頂し、身を震わせ、そして悦楽に浸るのだ。
偉大なる竜に愛でられる幸せが、この世の快楽の全てを超える絶頂の嵐を毎夜味わえるのが、世界でも自分一人だけだと知っているから。

やがてシーザーの肉棒が引き抜かれると、侍女の孔からはとめどなく精液が溢れ出る。

「シー……ザー…様…♪」

くたびれきった侍女を幾度か舐めながら、シーザーは彼女を守るように抱き、眠りに着く。
庇護すべきものと認識された侍女も、シーザーの胸元でやがて寝息を立て始めたのだった。
980 : 暇つぶし2017/03/09(木) 18:17:43.28 ID:rJDqaUPB
『よくぞ来た勇者よ』
『強欲な王に踊らされし、哀れな娘よ』

かの魔王は、穏やかな声で語った。

『アリアハン王はそなたと、そなたの父を疎んだ。故に、強力な武器も渡さず、未熟者ばかりを酒場に揃えた』
『にも関わらず、そなたは大蛇を討ち、魔獣の王を討ち、バラモスまでも屠った』
『その強さ、美しさを失うことを我は望まぬのだ』

魔王に屈し、膝を着く私の頬を撫でる、愛おしげな眼差し。
これは偽りだ、屈するなと思う私と、初めて向けられる温もりに心を赦してしまいそうな私がいた。
王者の剣は折られ、神秘のビキニは布切れ程度の役割も果たせなくなり、勇者の盾も二つに砕けている。
魔王が私を討とうとするならば、容易なはぶなのに。

『何故、私を助けようとするのですか?』
『そなたと我は、共に卓越した力を持ち、それが故に孤独である。或いはその孤独を癒やす片翼を求めているのやも知れぬな』
『私は……既に魔王に敗れた身。貴方の随意に…』
『よくぞ言った、我が片翼よ。美しく気高き勇者よ!』

あの時、私はマント以外何も身に纏ってはいなかった。
そんな私の元に歩いてきた大魔王は、地面にへたり込む私の頬を二度撫で、唇を奪った。
そしてそのまま、無駄に育った乳房を、男を知らなかった女の部分を、排泄の為の穴さえも、私は魔王に捧げ、嬲られ、愛しあった。

それから、どれ程経っただろうか。
魔王の血を受けた私は、魔王の、ゾーマ様の妻として、幸福な日々を送っている。
人ならぬ身に堕ちることはなく、勇者であった頃の姿のまま、ゾーマ様の寵愛を受けているのだ。

「お疲れ様です、ゾーマ様。傷を癒やしましょう」
「傷などは良い。そなたの媚肉を味わいたのだ」
「御随意に。この身は全て旦那様に捧げたものですから」
「よくぞ。それでこそ我が妻よ」
981 : 名無しさん@ピンキー2017/03/11(土) 20:40:21.18 ID:B/Y85g71
乙〜
980越えても、1日1レスなくても落ちなくなったのか
さあ、1000が先か、容量落ちが先か
982 : 名無しさん@ピンキー2017/05/19(金) 23:30:21.93 ID:opTASGjQ
http://blog-imgs-46.fc2.com/e/m/u/emuoyakusokunoti/20110517123353b1e.jpg

レナーテに似てない?
983 : 名無しさん@ピンキー2017/07/09(日) 22:50:57.70 ID:oJRDz/xM
誰もいなくてさみしい
984 : 名無しさん@ピンキー2017/07/10(月) 01:47:23.96 ID:H9ywiQnf
いるにはいるぞ!
SSも感想も、なんも書いてないけれど
985 : 名無しさん@ピンキー2017/07/10(月) 20:37:13.92 ID:3jUl+YWN
それにしてもこのレス数で落ちないんだね
986 : 商人×女魔法使い 1/72017/07/15(土) 15:13:14.33 ID:EkZ50mK1
「ひいいっ……ああっ、そ、そんなっ……」
ズルリと亀頭を蜜壷にあてがわれた魔法使いのドロシーは悲痛な叫びをほとばしらせた。
「……ああっ、や、やめてっ……ゆるしてくださいっ……そ、そんなこと、いやですっ……」

ここは商人の町、夜の劇場。
大勢の男女が見ている前で、町の設立者である商人に惨めな格好で犯されると知って、ドロシーは声を慄わせて泣き叫
び、双臀を左右に振りたくって悪魔の矛先から逃れようともがいた。

「おお、いよいよ繋がるのか・・・・・・」
「へへ、生本番を見れるなんて・・・・・・なんて、いいところなんだ、ここは・・・・・・」
「そ、それにしても、あの男の・・・・・・す、すげえな」
酔いの回りきった客席は、旅先ということもあって、誰も止めようとさえせず、この淫靡なショーを最後まで楽しもう
としていた。
商人はドロシーの股間にそそりたった肉棒をあてがうと、蜜に潤う花弁に何度もこすりつける様子を観客へ見せつけた。


(ああッ、いやあッ・・・・・・い、いやあッ、そ、そんなこと、やめてぇッ)

懸命に腰を揺すりたてようとするドロシーのその姿は、まるで商人に催促しているようにも見えた。

「ハハハハ、ドロシーも早く早くとせがんでおりますな」
客席もドッと笑った。

(いやあッ・・・・・・い、いやあッ)

いよいよ観衆の面前で犯される・・・・・・ドロシーの羞恥心は極限にまで膨れ上がっていた。そして次の瞬間、衝撃がドロ
シーを襲った。

(ああッ、たすけて、誰かッ・・・・・・)
「ふふ、皆さまご覧にらなれましたか。この女魔法使いドロシー、あっさりとわたしのモノを咥えこみました。
この女、何しろ生でするのが大好きの牝でございます。なに、ここに来たのも呪文を唱えるより、淫語をくちばしるこ
とが得意だったゆえ。さあ皆さま、もっと近くでこの女のイキ顔をよくご覧あれ」
根まで埋め込んだ怒張を揺すりたてながら、商人は場を盛り上げる。



「おおおっ、ね、根元までがっちりと咥えているぞ・・・・・・」

「まあっ、ひ、人前だというのに、あんなにぬるぬるに・・・・・・」

客達も信じられないといった面持ちで舞台を見守っていた。

(そ、そんなッ・・・・・・ああッ、い、いやッ、やめてぇッ)

すでに度重なる辱めで柔らかくほぐれきっていたドロシーの蜜壷は、その逞しい先端をいとも簡単に受け入れた。

「おううッ・・・・・・ううッ、ううむッ・・・・・・」

「そうかそうか、ドロシーもそんなに嬉しいか」
987 : 商人×女魔法使い 2/72017/07/15(土) 15:17:43.89 ID:EkZ50mK1
ドロシーは目の前が真っ暗になるのを感じた。男に膣奥まで貫かれ、それを大勢の前で見せ物にされる・・・・・・そんなこと
があっていいはずがない。しかも、今ドロシーを貫いて犯しているのは、紛れもない元の冒険仲間だった。

商人は根元までしっかり押し込むと、今度は凄まじい勢いで腰を突き上げはじめた。

「うむうッ、おぐッ・・・・・・おッ、おああッ・・・・・・」

柔襞の奥深くまで押し入り、子宮口を持ち上げんばかりの突き上げに、ドロシーは白眼を剥いて呻き声を放った。

「おおっ、こ、こりゃすげえな」

「は、はじまったぞ」

「キャーッ・・・・・・あ、あの女の人本当に、人前でセックスして・・・・・・」

目の前で展開されている非日常的な光景に、客達は異様な熱気に包まれていた。旅先、宴会の酒、淫らなショー、全て
が入り混じり、爛れた空気が劇場を包んでいた。
「ひいいいいいっ……」
ドロシーは泣き濡れた貌を大勢の観衆にさらして悲鳴をほとばしらせた。


「ほう。すっかり練れてきたな。相当勇者さまに仕込まれてきたとみえる」
「う、うう……ひどいっ」
上下に揺さぶられ、縄目を受けた豊乳が勢いよく波打つ。そこへ商人の胸板がぐいぐい押しつけられ、敏感な乳首をつ
ぶされてドロシーは切なくあえいだ。
粘膜に走る痛みはすぐに薄れた。たくましい反復運動を受けるにつれ、かえって荒れた粘膜が灼けるように熱い刺激と
なった。

グチュッ、グチュッ・・・・・・商人の怒張が抜き差しされるたびに、ドロシーとの結合部から淫らな音がかすかに聞こえた。

今やドロシーは全身を揺すりたて、完全に商人と溶け合い、息を合わせて身悶えていた。上半身は垂れそうなほど豊満
な乳房が悩ましく揺すられ、下半身はしっかりと男のものを咥えこみ、逃すまいとうねっている。

ドロシーは身も心も、貪りつくそうとしているケダモノに屈服しつつあった。

(ああッ、た、たまらないッ、こんなッ・・・・・・い、いいッ、いいわあッ・・・・・・こ、こんなことってッ、あああッ)

「す、すげえ・・・・・・なんて迫力だ」

「ああ、アッサラームのストリップなんて、メじゃねえな・・・・・・」

抜群のプロポーションをもつ肉感的な女が、小太りの中年男に組み敷かれて汗まみれで交わる姿など、そうそう目にで
きるものではない。

もしかしたら似たような出し物はあったとしても、目の前で見る臨場感溢れる迫力と、何よりもドロシーのような美女
が演技ではない本物の凌辱にさらされているショーなど他にはないだろう。

(ああッ、こんな男に犯されて・・・・・・こ、こんなに感じちゃうなんてッ・・・・・・いッ、いいッ・・・・・・)

ドロシーの身悶えがさらに生々しさを増した。

そしてそんなドロシーの姿に、客のうち何人かは股間を押さえ、貧乏揺すりをしていたかと思うと、「うッ」と短く呻
いて、一人、また一人と広間の外へ出ていった。平静を装ってはいるが、前屈みでさりげなく抑えている股間は隆々と
盛り上がっており、廊下へ出たとたん、みな小走りになった。
988 : 商人×女魔法使い 3/72017/07/15(土) 15:19:32.37 ID:EkZ50mK1
「へへっ、我慢できなくなっちまったんだな」

「まあ、いやだ・・・・・・」

ドロシーのあまりの艶めかしさに、見ているだけで漏らした者、衣擦れで感極まってしまった者、次第に会場は騒然と
なってきた。

商人はドロシーの首に手をまわすと観衆の面前でのキスを求めた。この町に送られてきてからまだ誰にも唇を許してい
ないドロシーだが、中心部を深々と破られながら迫られて、さすがにもう逃げきれなくなる。
(勇者さまが悪いんだわ。こんな男に、私を売るなんて……)
商人の言葉をすべて信じたわけではないが、自分が陵辱ショーに出されることを勇者は了承していたのかもしれないと
思えてきた。捨て鉢めいた気分となってドロシーは、差しこまれる男のざらついた舌を受け入れた。

「たまらなく甘い口してますね、ドロシー。さあ、このねっとりしたキスを皆さんにお見せするのですよ?」
舌を差し入れたままで商人は言い、それからたっぷり唾液を流しこみながらキスを強要した。
ドロシーは甘えっぽく鼻を鳴らし、自分も相手の舌に舌をねっとりからませる。
「ああっ……本当に私……あと半月も、ここにいなければならないの?」
「いや、今のあなたの生意気な態度だと、それ以上になるかもしれませんよ。勇者さまもあきれていたし、二、三カ月
に延びることもありえますよ」
「そんな……い、いやああっ」
キュウと哀しげに眉を寄せ、ドロシーは濡れた瞳を弱々しく注いだ。

その表情の悩ましさに商人の肉柱は勢いづいて、激しく女魔法使いの裸身を揺さぶり、収縮する蜜部の粘膜をえぐる。
一体感がいやまし、二人は唇を重ねたまま濃厚な吐息をふりまく。
「だからもう観念してわたしの奴隷として、これからも二人でショーを盛りたてようじゃないですか」
「ああン……あああん」
「ふふ、あなたのマ×コはもうすっかり馴染んでるじゃないですか、ドロシー。もっと素直になってはどうです?」
ぴたりとつながったまま、張りのある双臀をピタピタ叩いて叱咤すると、ドロシーは後ろ手縛りを受け、汗にまみれた
裸身を辛そうにクネクネさせ、絶望感がもたらす被虐の痺れにすすり泣いた。
989 : 商人×女魔法使い 4/72017/07/15(土) 15:21:44.91 ID:EkZ50mK1
(……ああっ、人に見られて……こんな獣じみた格好で……ああっ、な、なぜなのっ……羞ずかしいっ……)

どうしたものか、羞恥を意識すれば意識するほどに快美な感覚はより高まっていった。ドロシーは自分の肉体の浅まし
さを憎みながら、商人の強靭な責めに翻弄され、きざしきった淫らな啼き声がどうしようもなく噴きこぼれてしまう。

「あっ、ああっ……あひっ、だ、だめっ、だめよっ……あひいっ、あああっ……」

商人の抽送のピッチがあがり、ドロシーの灼けた粘膜はさらに熱く溶けだした。
嗚咽が高まり、白い喉を突きだして陶然となり、ドロシーはその瞬間が近づいていることを全身で示した。

「おおおッ・・・・・・おおッ、んおおおッ」

ドロシーの全身が小刻みに震えだした。

「おおっ、これはっ・・・・・・みなさん、決定的瞬間をどうぞお見逃しなくっ・・・・・・そろそろドロシーがイキそうです
よっ」

ドロシーの絶頂が近いことを悟った商人が、客席に向かって注目を呼びかけた。

(ダ、ダメッ、もうッ・・・・・・あああッ、も、もうッ・・・・・・)

反らせていた背筋が、さらに伸び上がってキュウッと反り返った。ビクッ、ビクビクッと、全身が電流を流されたよう
に跳ね上がったかと思うと、一際生々しい呻き声を発して、ドロシーは絶頂に達していた。

「おおうッ・・・・・・おおうんッ・・・・・・あ、あッ、いくうッ」

ビクンッ、ビクンッと身体中が痙攣を繰り返す。貫かれる淫裂がグイグイと商人の怒張を締めつけた。


「ありゃりゃっ・・・・・・ほ、本当に・・・・・・イ、イッちまったのかい?」

「まあっ・・・・・・な、なんてことかしらっ」
嘲笑されてみじめさを噛みしめながらも、男の腰上で蜂腰を淫靡に振ってドロシーは昇りつめた。

商人はきつい収縮に対抗して、尚も鋭く抉り込み続けた。絶頂に達したドロシーはそのままさらなる高みに昇りつめる
ような錯覚に陥った。


(いッ、いくッ・・・・・・いくうッ、あああッ)

生々しい呻き声を発してのけぞり続けるドロシーに、客席は再び静まり返った。
990 : 商人×女魔法使い 5/72017/07/15(土) 15:26:01.84 ID:EkZ50mK1
ドロシーは果たして自分が何度絶頂に達したのかさえ分からなかった。商人に貫かれて数分後、激しい痙攣に襲われた
と思うと、そのままわけが分からなくなっていき、あとは息も満足にできぬまま官能の大波に翻弄されるだけであった。


「す、すげえな・・・・・・」

「一体、いつまで続くのかしら・・・・・・」

旅の商人や兵士のほか、慰安旅行にきた主婦たちも、酒と淫靡な空気にすっかり上気した顔で、中には腰をモジモジさ
せている者もいた。


やがて商人の息づかいも激しさを増した。

「おおっ、そろそろ・・・・・・そろそろわたしもイキそうです。これからこのドロシーの中にわたしのタネを注ぎ込んでい
きますので、皆さんお見逃しなくっ」

商人の実況が絶妙のタイミングで入ってくる。

ドロシーの中で、商人の怒張がさらに熱く、そしてググッと膨らんできた。

今にもドッと迸りそうな気配を感じ取り、ドロシーはさらにのけぞった。

男に人前で犯されて昇りつめただけでなく、その精までも身体に注ぎ込まれる・・・・・・熱病に冒されたような脳裏に、ふ
と恐ろしい事実がよぎり、ドロシーは総毛立った。


(いいッ・・・・・・ああッ、ダ、ダメよ、そんなッ・・・・・・そんなことッ、あああッ)

それでも深々と淫裂を抉り込んでくる力強い肉棒に、全てが押し流されていくのをどうすることもできなかった。

(いッ、いいッ・・・・・・ああッ、ま、またッ・・・・・・またよッ)

絶え間なく押し寄せる津波にも似た幾度目かの絶頂が、ドロシーの背筋を貫いて脳天を襲った。

商人もまた、ラストスパートに入ったような鋭い動きを見せはじめた。

「いッ、いくッ・・・・・・いくうッ・・・・・・」
991 : 名無しさん@ピンキー2017/07/15(土) 23:52:33.80 ID:SAyTnvRc
規制か……
992 : 商人×女魔法使い 6/72017/07/16(日) 17:28:36.19 ID:dw8NLEl2
もう自分でも何を口走っているのかわからなくなったドロシーは、商人に犯されながらヒィヒィと喉を絞っていた。
「それ、孕めッ・・・・・・孕むんだ、ドロシー・・・・・・」
商人は咆哮を噴き上げると同時に、一際深く抉り込み、ビクビクと痙攣を繰り返すと、ドロシーの膣の奥深くに、おび
ただしい精を怒濤の勢いで注ぎ込んでいった。

「ひいーッ、いくうッ・・・・・・ひッ、ひいーッ・・・・・・」

体腔の奥深くに、灼けるように熱い溶岩が、信じられないほど大量の打ち込まれるのを感じたドロシーは、総身を揉み
絞って仰け反り、男と一つに溶け合ったかのようにピクン、ピクンと痙攣を繰り返すばかりになった。

「・・・・・・み、見ろよ、あの女の貌・・・・・・」

驚愕のあまり静まり返った広間に、誰かのボソリとしたつぶやきがこだました。


舞台では、ドロシーは、淫裂に陵辱者の肉棒を咥えこんだまま、陶然とした表情で余韻に浸っていた。

「ほらほら、ドロシー・・・・・・最後まで見ていただいたお客様に挨拶くらいなさい・・・・・・」

商人がゆっくりと肉棒を引き抜くと、

「あッ、ああん・・・・・・いや・・・・・・」

と、甘えて拗ねるような声を発し、双臀をうねらせるドロシーであった。

ポッカリと口を開いた蜜壷からは、今放たれたばかりの男の精がドロリと垂れ流れおちた―――。
993 : 商人×女魔法使い 7/72017/07/16(日) 17:31:25.13 ID:dw8NLEl2
ドロシーが商人の町へ送られてへ転がり込んで一月、商人は多忙の中、毎日時間を作ってドロシーを責めたてた。

商人の指示のもと、数人がかりで穴という穴を犯し抜かれ、夜の劇場では公衆の面前での陵辱される日が続いた。

そして、ことあるごとに商人は冒険者時代のことを口にし、ドロシーの罪悪感・背徳感をいっそう煽るのだった。

「ド、ドロシーは、快楽のために使命を捨てた・・・・・・ド、ドスケベ淫乱女ですッ・・・・・・」

「お、おマ×コに、すごいのをブチ込んでいただいて・・・・・・ド、ドロシーは幸せですッ」

「も、もっとッ・・・・・・ああッ、ドロシーのいやらしい穴に、精液を、子種を注ぎ込んでくださいッ」

「み、みなさん、見てッ・・・・・・ド、ドロシーの身体は、こんなにいやらしいのよッ・・・・・・ああッ、い、いいわあッ」

プライドを失い、理性をなくしたかのように激しく乱れるドロシーの姿は、忠実な性奴隷という言葉がふさわしかった。


商人によるドロシーの調教は続いた。ある日の夜、ドロシーはいつもの大劇場の舞台上で四つ這いにされて肛門での芸を披露させられていた
「い、いやあッ、あううッ・・・・・・あッ、あおおお・・・・・・」

ドロシーはもうどうすることもできないところまで燃え上がっていた。
あれほどおぞましく恥ずかしいと思っていた肛門を犯されて、惜しげもない喘ぎを見せているドロシーの姿には、もう
知的で清楚な魔法使いとしての面影はなかった。

ドロシーはついによがり声を上げはじめた。

「おおうッ・・・・・・いッ、いいッ・・・・・・あううッ、いいわッ・・・・・・」

白い裸身を朱に染め、犬のポーズでよがり、うねるドロシーの姿はこの上なく悩ましかった。
「いいッ・・・・・・た、たまらないわッ、ひッ、ひいッ・・・・・・い、いい・・・・・・」
「そんなに気持ちいいのか、ドロシー。どこがどう気持ちいいのか、言ってみなさい」

観衆が息をのむ中、商人がドロシーを誘導する。
公開陵辱ショーの後は、追加で金を払ったものだけがドロシーを好きにできる時間がある。
商人に命じられているドロシーは一人でも多くの客をとろうと、精一杯の媚を見せつけるようになっていた。

「あううッ、お、お尻が・・・・・・ああッ、お、お尻の穴が・・・・・・き、気持ちいいわッ・・・・・・た、たまんないッ」

舞台の袖からは、そんな媚態を見せつけられた観客たちのうめき声があちこちで漏れていた――。
994 : 名無しさん@ピンキー2017/07/16(日) 17:40:15.59 ID:klFFXXha
2011年に立てられたスレが7年越しに終わりを告げようとしているのも何か感慨深いものがありますねぇ
995 : 名無しさん@ピンキー2017/07/16(日) 20:41:50.63 ID:RzpZ79DC
5
996 : 名無しさん@ピンキー2017/07/19(水) 12:59:42.42 ID:2gtra21v
崇めよ、尊師
997 : 名無しさん@ピンキー2017/07/19(水) 13:00:22.81 ID:2gtra21v
讃えよ、尊師
998 : 名無しさん@ピンキー2017/07/19(水) 13:01:40.60 ID:2gtra21v
神聖六文字
999 : 名無しさん@ピンキー2017/07/19(水) 15:40:49.99 ID:pHK5b7B3
次スレ
ドラゴンクエスト官能小説Part19
http://mercury.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1500446404/
1000 : 名無しさん@ピンキー2017/07/19(水) 22:48:46.22 ID:p56WMyrg
LVが>>1000になった!
1001 : 1001Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
life time: 2101日 21時間 54分 47秒
1002 : 1002Over 1000 Thread
2ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 2ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 2ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
http://premium.2ch.net/

▼ 浪人ログインはこちら ▼
https://login.2ch.net/login.php
レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。