【夏目友人帳】緑川ゆき作品でエロパロ【あかく】3

1 : 名無しさん@ピンキー2013/11/18(月) 19:21:13.76 ID:QIiMuWXl
LaLaで活躍中の緑川ゆき先生作品のエロパロスレです

・sage進行推奨です
・職人さんは投下前にカプ・シチュなどを書いてください
・数字ネタは別の場所でお願いします

前スレ
【夏目】緑川ゆき作品でエロパロ【あかく】
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1266773840/

前々スレ
夏目友人帳でエロパロ
http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1222148643/

外部保管庫
夏目友人帳でエロパロ保管庫
ttp://www12.atwiki.jp/natsume_e/pages/1.html

・480KB付近もしくは >>980になったら宣言したあと次スレをたてるんじゃ
160 : 名無しさん@ピンキー2016/10/13(木) 01:54:31.83 ID:vpXOpfIZ
..
161 : 名無しさん@ピンキー2016/10/13(木) 02:31:04.17 ID:vpXOpfIZ
..
162 : 名無しさん@ピンキー2016/10/13(木) 03:16:13.01 ID:vpXOpfIZ
..
163 : 名無しさん@ピンキー2016/10/13(木) 04:57:00.40 ID:vpXOpfIZ
..
164 : 名無しさん@ピンキー2016/10/13(木) 15:36:57.49 ID:vpXOpfIZ
..
165 : 名無しさん@ピンキー2016/10/13(木) 16:23:49.42 ID:vpXOpfIZ
..
166 : 名無しさん@ピンキー2016/10/14(金) 18:20:26.13 ID:d1takFJ6
..
167 : 名無しさん@ピンキー2016/10/14(金) 18:55:43.97 ID:d1takFJ6
..
168 : 名無しさん@ピンキー2016/10/21(金) 01:22:46.41 ID:/PF79ecW
★夏目を掘る!!
http://i.imgur.com/q8kpvpn.gif
169 : 名無しさん@ピンキー2016/10/23(日) 04:51:58.88 ID:9UVGMK4s

170 : 名無しさん@ピンキー2016/10/23(日) 08:30:12.58 ID:9UVGMK4s
カラー化
171 : 名無しさん@ピンキー2016/10/27(木) 01:09:50.83 ID:p2xPdRhY

172 : 名無しさん@ピンキー2016/10/27(木) 01:11:52.12 ID:p2xPdRhY
コントラスト調整
173 : 名無しさん@ピンキー2016/10/29(土) 23:14:06.09 ID:w/0oSlyi
                __,  
,ィー- _ , -―-、 ―- _....::''":::/ 
{\::::::::`丶 . '  ̄`ヽ. `丶:::::/ 
: : :ヽ::::::::; ′         V  
' : : ヽ::/    // /レハ    '. 
ヽ. :V   / 〃 /  { ! 、ハ,
 l \l /  / //-  ヘ\ !il|;
| .:.:.|/  〃 -=、   ィ'jヽ,川;
|l:.:.:.!l | |:l  fク    ゞ' ト、リ
_|ノ}:.:リ ! リ  '"  __ '" ハ}}
..:|イi:..|ハ '. ト、  ヾ .ノ  イ // 夏目に入れるんだ
..川:.:.:.:.Vハ `  ァ-‐ ´/ 〃   ボクの大きなティンコ!
::ハ:!/:/ヽ.:.:,   ′` ̄!/ト 、
‐く:::::}|{´   ヾ{    / |   `ン-―っ   :_.. -‐――-- ー-っ
.... / ヾ  ´ ̄ ̄` ''    / /   ニ ン ー-‐ ´  _.. -‐- 、 r‐ー‐'
 {                 l`;;{   /´     _.. ´    .. `ー'
 ヽ    \        レ'  /` ー- <
 ;ハ\    丶、 :.,. '´ /
 :::', 丶、     ´   ィ: 
 ::'.   `  ._  _. '´ |´´  
 :::,        ̄    l 
 ..::}        ,. | 
 :::/        {; l
 ソ          /
 ,′   {       /  ̄¨''  ‐ .,_
 {     ヽ _. -‐'――‐-、     ¨'' ‐ .,_
 ',      ヾく ____ ン}       ` 、
, '´ヽ        \::|::::::::ノ::ノ            ;
;  ':,`       ':,−=´¨_  −  .__    ,'
174 : 名無しさん@ピンキー2016/10/30(日) 06:49:43.51 ID:+zLkBDFG
ううむ
某所では流行ってたようだが、俺としての子狐は女の狐であって欲しい
175 : 名無しさん@ピンキー2016/10/30(日) 19:07:03.35 ID:UvMiLmuw
 夏目友人帳 肆・四期           .}三三{
  第1話 とらわれた夏目..        }三三{ギシッ!
                         / ハ.. ヽ
                        / /___ヽ.ヽ
                       / ̄‐、rヘヽヘ
                      /  /  ハ 丶.ヘ
                      イ/ィ/イ_/ ヽ_ヽトヘ|
                     /ィ小V.__`  ´_V!リハ
  / ̄ ̄ ̄ヽ             ハ从l  `, ゚⌒lハノ
 /  ●  ●ヽあやしい奴め   .. ハヘ ゚r─ァ /イィヘ
 |        |何の目的で      |.. |`、 ̄_イ| | うっわぁぁああ
 |        | この的場邸に    | ..|}  |_| .|   \\
 \      ノ  侵入した?    . | ヾニ´/ |    \\\
  \ーr`ー'ヽ_________      .. |     . |     ビシャ!
  ( ___________■■■叨_───.|      |──────┐
  }       │__■■■叨─── |     ..|──────┘
  |       │             .|     ..|

                 ……をみんな期待したのにな。残念!
176 : 名無しさん@ピンキー2016/11/05(土) 09:08:59.16 ID:BfoUpxa7

177 : 名無しさん@ピンキー2016/11/05(土) 14:08:45.51 ID:BfoUpxa7
ニャンコ先生(お食事中)
178 : 名無しさん@ピンキー2016/11/05(土) 14:39:57.43 ID:BfoUpxa7
にゃんこ先生(変化中)
179 : 名無しさん@ピンキー2016/11/05(土) 15:16:32.66 ID:BfoUpxa7
子狐
180 : 名無しさん@ピンキー2016/11/05(土) 16:03:40.16 ID:BfoUpxa7

181 : 名無しさん@ピンキー2016/11/05(土) 16:35:52.84 ID:BfoUpxa7
バックカラー調整
182 : 名無しさん@ピンキー2016/11/05(土) 17:12:22.72 ID:BfoUpxa7
タイマー投稿テスト
183 : 名無しさん@ピンキー2016/11/05(土) 17:45:41.50 ID:BfoUpxa7

184 : 名無しさん@ピンキー2016/11/17(木) 18:27:28.53 ID:rLRPrwx5
「夏目友人帳大原画展」
開催期間:2016年11月11日(金)〜11月23日(水・祝日)
場所:西武池袋本店別館2階=西武ギャラリー
入場時間:10:00〜21:00
入場料:一般800円/大学生・高校生600円/中学生以下無料
※11月13日(日)・20日(日)・23日(水・祝)は20:00閉場
※ご入場は各日閉場の30分前まで


夏目「うわぁ・・・俺は600円なのか」

燕 「うふふ・・・私は中学生体型ですからねっ」
185 : 名無しさん@ピンキー2016/11/27(日) 15:48:53.55 ID:5K6uQ87p
笹田「夏目君……(うずうず)」
多軌「遅いね……(うずうず)」
186 : 名無しさん@ピンキー2016/12/24(土) 13:06:36.18 ID:iRqJ19j2
     ./⌒>○
    /,,,,,,,,,,,,|
    (,,,,,,,,,,,,,,,) オマイら二人は、仲が良いんか?
    ( ゚д゚)     
  _(__つ/ ̄ ̄ ̄/_  
    \/     /
       ̄ ̄ ̄
187 : 名無しさん@ピンキー2017/02/25(土) 20:29:17.36 ID:CRZgt4ym
マンガ原作的には、笹田が居なくなってほぼ交流なし
TV内容的には独自展開も有るようなので、今後に期待かと
188 : 名無しさん@ピンキー2017/03/09(木) 20:18:02.58 ID:Kx86AHIG
そっか
189 : 名無しさん@ピンキー2017/04/05(水) 23:08:03.35 ID:4r3v1twE
笹田と多軌は仲が良くて、夏目がいない時は2人でえっちなことしてるよ
190 : 名無しさん@ピンキー2017/05/13(土) 13:25:27.02 ID:lY+sk8bE

191 : 名無しさん@ピンキー2017/05/13(土) 13:26:48.75 ID:lY+sk8bE

192 : 名無しさん@ピンキー2017/05/13(土) 13:27:50.76 ID:lY+sk8bE

193 : 名無しさん@ピンキー2017/05/13(土) 13:28:35.75 ID:lY+sk8bE

194 : 名無しさん@ピンキー2017/05/13(土) 13:29:35.07 ID:lY+sk8bE

195 : 名無しさん@ピンキー2017/05/13(土) 13:30:19.24 ID:lY+sk8bE

196 : 名無しさん@ピンキー2017/05/13(土) 13:31:05.49 ID:lY+sk8bE

197 : 名無しさん@ピンキー2017/05/13(土) 13:32:00.89 ID:lY+sk8bE

198 : 名無しさん@ピンキー2017/05/13(土) 13:32:59.49 ID:lY+sk8bE

199 : 名無しさん@ピンキー2017/05/13(土) 13:33:50.04 ID:lY+sk8bE

200 : 名無しさん@ピンキー2017/05/13(土) 13:34:51.19 ID:lY+sk8bE

201 : 名無しさん@ピンキー2017/05/13(土) 13:35:40.24 ID:lY+sk8bE

202 : 名無しさん@ピンキー2017/05/13(土) 13:36:23.15 ID:lY+sk8bE

203 : 名無しさん@ピンキー2017/05/13(土) 13:38:11.06 ID:lY+sk8bE

204 : 名無しさん@ピンキー2017/05/19(金) 21:05:43.56 ID:oUV6i4hx

205 : キブネとレイコ@2017/05/24(水) 14:59:14.96 ID:drcI29pv
【キブネにオリジナル能力有、百合注意】

これは、センキとヒャッコの戦いの後にあった、今やキブネしか知らない物語。

「レイコ様…」
「ふふ、勝ったわよキブネ。」
「レイコ様…何とお礼を申し上げれば…」
「ん?別にいいわよお礼なんて。これは私がしたいと思ってやっただけのことだしね。」
キブネの心に感謝の気持ちが溢れる。
「じゃ私、そろそろ帰らなきゃ。あなたは自由よ。さあ…」
レイコはキブネが閉じ込められている木の牢に手をかける。
「痛っ!」
「!!レイコ様…お手に傷が…」
「ああ…これ?全然大したことないわ。すぐに治るわよこんなの。」
「いけませんレイコ様。人はささいな怪我でも病にかかると聞きます。ここは私の力で…」
「だからいいわよ別にそんなの…えっ?」
キブネはレイコの傷ついた指に口を絡める。
「ちゅ…じゅる…ちゅぱ…っ…」
「え?…ちょっと!…何して…」
レイコは驚いて指を放そうとするが、キブネの舌から伝わる暖かさに動きが止まる。
(え…何これ?…すごく…あたたかい…)
しばしの時間が流れる。

「……くちゅ…ふぅ…レイコ様……終わりました。」
「……うそ…傷がなくなってる…」
「私、傷を治す力があるのです。レイコ様…すごい妖力の持ち主なのですね。
あの…とても濃厚で美味すぎて……その…食べて…みたく…」
キブネは恥ずかしそうに顔を赤らめる。
「あら、この私を食べたいの?」
「い、いえ!そんな恩人に無礼な事…」
「…いいわよキブネ。あなたはまだ一応私の花嫁だし。まだ夜明けまで少し時間あるから。
夫婦の営みって奴…やりましょうか。」
そう言うとレイコは牢の中へ入る
「レイコ様…」
レイコは凛とした表情でキブネと見つめ合い、自然に互いの唇を交じわせる。
206 : キブネとレイコA2017/05/24(水) 15:24:01.21 ID:drcI29pv
とある山奥の洞窟の牢の中で、美しい人の娘と妖が裸体で交じり合っている…

「ちゅる…ぐちゅぐちゅ…ちゅうぅ……ああ…すごく…美味しいですレイコ様っ…」
「…ちゅう…ちゅぱ……はあっ…キブネ……んんんっ!」
キブネとレイコは互いの秘部を舐め合う。
(ああ…気持ちいい…キブネの舌が…奥まで…はあぁ…また力が…でも…いい…)
キブネの舌がレイコの妖力を奪い取る。
その対価として得られる快感に、レイコは心を蝕まれる。
吸われるごとに喉に増す乾き。
それがレイコの唇をキブネの甘い蜜に食らいつかせる。
キブネの愛液を吸えば、身体の力が抜けてますます妖力を奪われる。
それでもレイコはキブネに食らいつく。
今まで感じたことのない快楽に、もはやレイコは抗えない。
キブネもまた、吸っても吸っても湧き出るレイコのエキスに心奪われる。
快楽を存分に愉しむ二人だったが、終わりの時は確実に訪れる。
(んんっ…ああ…何か…くる…これ…何?…何なの??…)
レイコに今まで感じたことのない何かが迫ってくる。
「ちゅぱ…ああ…レイコ様…昇天されるのですね…私も…イきそうです…はああ…」
(何?…イくって…やだ…もう…止められない…)
レイコは無意識にキブネの身体に腕を絡ませ抱き着く。
「…ああ…レイコ様…」
キブネも優しくレイコを抱きしめる。
「ああああああああっっっっ!!!!!!!!!!」
キブネとレイコはほぼ同時に果てた。
207 : キブネとレイコB2017/05/24(水) 15:25:13.73 ID:drcI29pv
「はあっ…はあ……私、キブネに身を委ねちゃったわね。」
「ちゅ…ちゅぱ…あの時のレイコ様。凄く可愛かったです。ふふ…」
絶頂の余韻に浸るレイコの乳首を愛撫しながらキブネは優しい笑みを浮かべる。
「もうっ!私すごく恥ずかしかったのよ。こういうの初めてだったし。」
「ええ、最初はひどく不慣れでしたね。」
「全く…これじゃあどっちが花嫁だかわからないわ。キブネ…あなた…
顔に似合わずなかなかやってくれるじゃない。この私を虜にするなんて。
悔しいわ…でも…良かったわ。ありがとね。ふふ。」
レイコはいつもと変わらない笑みを浮かべる。
「あの…レイコ様…その…もしよければ…」
キブネが何かを言いかけた瞬間
「あ!もう日が昇り始めてる。まずいわね。」
レイコはそう言うと起き上がり身支度を始める。
「……行ってしまわれるのですね…」
「…ええ。今は帰らないと…」
キブネは少し寂しそうな表情を浮かべる。

「レイコ様ほどの方なら、きっと良き相手に巡り合えますね。」
「う〜ん…そんな奴いるのかねえ。」
「ええ…きっと巡り合えますよ…悔しいですけど…」
「ん?今何か言った?」
「いえ…」

レイコはキブネのもとを去っていった。
それが、最初で最後だった。

長い年月が流れた。
レイコを想い続けるうちに、キブネはとある妖と結ばれた。
もちろん、レイコとの出来事を話してはいない。
人と交わったのは、あれが最初で最後。
特別な、思い出。

「あなたが…キブネ?」
キブネの前にレイコと同じ匂いのする人の子が現れた。
その子はとてもレイコに似ていた。
だが、心はどこか違っているように見えた。
「…やっと会えましたね…愛しいレイコ。」
「え?違います。俺は孫の…」
「ふふ…」

レイコはすばらしい人物に出会えたのだとキブネは確信した。
それが少しだけ悔しく、少しだけ誇らしいとキブネは思ったのだ。完
208 : 名無しさん@ピンキー2017/05/26(金) 03:53:07.09 ID:D4A088ch
大人気gif動画、こんな時間で340ビュー
http://i.imgur.com/3Yy4oPQ.gif
209 : 名無しさん@ピンキー2017/09/10(日) 12:45:57.80 ID:pn2Xv3ES
レイコ可愛いよレイコ