オス奴隷。監禁調教妄想

1 : 名無し調教中。2013/01/21(月) 17:36:11.87 ID:Ci+Ib8hZ
地下牢に当然全裸で監禁されている。

鍵付きの金属製首輪・足枷・手錠又は手枷で拘束中。

ポールギャグも勿論されている。

少し離れた所には、設備完備の拷問調教室がある。

女王様が、こちらに近づいて来られる足音が響いている。

さて、これから・・・・。
2 : 名無し調教中。2013/01/21(月) 18:40:32.90 ID:YUeMjhkN
お、なんか面白い新スレ立ったな。

応援するぞ。
3 : 名無し調教中。2013/01/21(月) 21:57:57.46 ID:4fsBvvx8
終了!
4 : 名無し調教中。2013/01/21(月) 22:30:12.23 ID:9WzWgH4r
軋んだ音と共に重い扉が開かれた。
女王様がヒールブーツを鳴らして部屋の中央に吊るされた奴隷に近寄る。

女王様は悲しげな視線を投げかけながら奴隷につぶやいた。

「ごきげんよう。17番奴隷。
 今日の私は、どうも元気が無くてね。。。
 どうか、お前の素敵な悲鳴で私を慰めてくれ。」

そういうと、レザー手袋をした手で奴隷の胸から腹まで手を滑らせた。
そのまま、ゆっくりと壁まで歩み、壁にかけられたバラ鞭を取った。

鞭は、柄と先端が鎖で繋がり先端は棘のついた金属の輪がついている。
重たい鞭をものともせず、高く振り上げ
奴隷の背中めがけて勢いよく振り下ろした。
5 : 名無し調教中。2013/01/21(月) 22:39:39.92 ID:9WzWgH4r
鈍い音と共に鮮血が飛び散り
奴隷の背中にいくつもの裂傷が刻まれる。
ボールギャク越しでもはっきりとわかる悲鳴が上がる。

女王様は、何度も何度も鞭を振り下ろした。
彼女にとって、そのたびにあがる悲鳴は心地よいメロディであった。

いつしか、激しい運動により女王様はしっとりと汗ばんでおり、部屋の壁にかけられた
松明に照らされ輝いていた。

女王様は、手を休め、汗をぬぐいながら言った。
「、、、ふぅ。運動して体温が上がって、少し気分が良くなったな。」
奴隷の背中は、真っ赤に染まり皮膚はめくれ肉があらわになっていた。
筋肉はただれミンチという言葉が適切だろうか。
6 : 名無し調教中。2013/01/21(月) 22:42:04.71 ID:9WzWgH4r
奴隷の前方には、重厚な木製の丸テーブルと椅子がおいてある。
テーブルの上には、ワインが準備されていた。

女王様は、イスに座るとワインを飲みながら
奴隷の体をダーツの的にして、静かな夜を楽しみ始めた
7 : 名無し調教中。2013/01/22(火) 01:49:06.05 ID:O8GStAsi
イイ!!(・∀・)

続きキボンヌ!!
9 : 名無し調教中。2013/01/22(火) 22:59:56.07 ID:3En7j3LR
>>7
そうおっしゃっていただいて、嬉しい(*´ω`*)
どなたか、続きおねがーします。
10 : 名無し調教中。2013/01/23(水) 15:38:02.78 ID:yUlx9ULf
どれぐらいの、時が経過したであろうか。
女王様が、お飲みになっているワインのボトルも残りわずかになっていた。

17番奴隷は、全身に女王様から頂いた矢を付けている。
ダーツが苦手な17番の、けがらわしいその箇所は、すっかり萎えてしまっている。

女王様は、地下牢全体に大きく響くようにヒールを床に打ち付けてお立ちになると
有に10種類を越えるであろう鞭から、どれを使うか、思案しながら、
ゆっくりと、壁際に進んで行かれた。
11 : 名無し調教中。2013/01/23(水) 23:52:15.73 ID:mqqgVhqY
女王様が手に取ったのは、50cmほどのステンレス製鞭であった。

女王様は、侮蔑の瞳を浮かべながら、萎えたものを
さも、汚らわしいもののように鞭で、やおら持ち上げた。
奴隷の萎えた箇所に、鞭のヒヤリとした感触が伝わる。
「なんだ?この汚らわしいものは?」
女王様の顔には、嫌悪とも取れる表情が浮かんでいる。
12 : 名無し調教中。2013/01/23(水) 23:56:30.80 ID:mqqgVhqY
女王様は、鞭を奴隷の体へと持ち上げる。奴隷のものは自身の体と鞭に
きつく挟まれるようになる。
女王様は、奴隷の胸に刺さった矢に手をあて、力強くめり込ませながら
「まったく、お前は私を失望させることしかできないとは、、
 本当に、クズだな!
 いつか、この汚らわしい役立たずを鋏で切り取ってやる!」
と奴隷の顔にその麗しいかんばせが触れるほど近づけ、低く呟いた。

その表情は、嫌悪から怒りに変わっており
奴隷の背筋に恐れが駆け抜けた。
奴隷は、「「きっと、女王様は、自分のものがいきり立っても、お怒りになっただろう」」
と思いながらも、間近な女王様より立ち上る艶やかな香りに
甘いものを感じていた。
13 : 名無し調教中。2013/01/25(金) 04:25:59.31 ID:wT6jx1X0
さらにイイ!!(・∀・)

もっともっと!!
14 : 名無し調教中。2013/01/25(金) 21:42:18.74 ID:x4VpZdoV
sage
15 : 名無し調教中。2013/01/26(土) 01:17:31.62 ID:VWXwTlS7
女王様から、醸し出されるその高貴な香りを感じた奴隷のその汚らしい部分は、
半分程勢いを回復させ始めていた。

それをご覧になった女王様は、奴隷の乳首に付けた、夥しい数のダーツの矢を
目掛け渾身の力で鞭をお与えになられた。

奴隷からは、今日の調教で最も満足のいく悲鳴を引き出すことが出来た。

「お前は、私の命令が無ければ何もすることが出来ないということが、まだ分から
ないの?本当ならば声を出すことも、許されないのよ。」
「勝手にこの汚い物を大きくするなんて、何を考えているのかしら?」

女王様は、あえて少し優しい口調で奴隷の耳元で囁かれた。
が、直ぐに表情を威厳に満ちたものに戻された.
「今からもう一度だけ、ゆっくりと教えてやるわ。これでもわからなかったら
その時はどうるのかしら?」

この女王様の鞭さばきは、神技と言っていい程素晴らしいもので、狙った箇所を
外されることは、まず無かった。
その類まれなテクニックを駆使して、より厳しい調教をお続けになる。

故意に矢を箇所を外してより多くの数の鞭を奴隷にお与えになるのだ。
十数回に一回、やっと奴隷は矢を落として頂くことが出来る。

鞭を頂いている内に奴隷のその箇所は増々回復して行く。
女王様の、お与えになる鞭は増々その強さを増していった。
そして、奴隷のそのけがわらしいものが、最大の大きさになった正に
その時、鞭はその箇所を完璧な正確さで打ち付けた。
16 : 名無し調教中。2013/01/26(土) 21:38:36.51 ID:EtVjgurm
おおおお、続きが!続きが書かれている!歓喜(・∀・)
17 : 名無し調教中。2013/01/27(日) 01:50:21.44 ID:3rm07ck8
つづき、キボンヌ!!☆(・∀・)
18 : 名無し調教中。2013/01/28(月) 20:04:40.42 ID:mqlFpUts
sage
19 : 名無し調教中。2013/01/31(木) 17:24:48.80 ID:5H6VvE3L
奴隷からは、最早悲鳴は出なかった。
けがわらしいその物から、汚らしい液体を放出し失神していた。

女王様のその秘なる箇所は、神々しい聖なるものが、潤いを与え初めていた。

頭上に高く、厳しく吊り上げらた金属枷の鍵が外され、奴隷は、床に崩れ落ちた。
意識を取り戻した奴隷だが、直ぐに後ろ手に手錠が施された。
足枷はもちろんそのままである。

女王様は、お持ちの鍵を使わなければ決して外すことが出来ない首輪に
重厚なチェーンをお付けになられた。

それをゆっくりと持ち上げ奴隷の顔を上向かせると、勢い良くポールギャグを
取り外した。
20 : 名無し調教中。2013/01/31(木) 18:51:00.17 ID:KiT0XdmQ
押 ・ 郵可
返信即答
kanagawa555 ソフト銀行
合言葉は480
とメールに書いてね ^−^b
23 : 名無し調教中。2013/02/01(金) 11:32:08.38 ID:VWDGB36m
周りが盛り上がると、目立って意地でも雰囲気ぶち壊すはみ出し者に臭いがすごい>>22
うざい通り越して哀れに感じるな
24 : 名無し調教中。2013/02/02(土) 00:39:25.58 ID:dxcgNaNY
へいわがいちばんだとおもうよwww何処
25 : 名無し調教中。2013/02/02(土) 22:56:25.09 ID:qSlR53PA
もっともっと!!つづきキボンヌ!!#・∀・#
26 : 名無し調教中。2013/02/03(日) 13:28:42.33 ID:eOygJAU3
http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/e/c/ecafe643.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/4/0/404eeacb.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/0/f/0fd4ac99.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/9/6/966a5574.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/0/d/0d5b9ffe.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/6/0/6011f5a5.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/f/d/fd66f4ca.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/1/5/15264a0b.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/e/9/e9811bf8.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/5/2/52d3e82c.jpg
27 : 名無し調教中。2013/02/04(月) 01:58:33.02 ID:XYlsSKjS
奴隷の口からは大量の唾液が、溢れ出す。息は絶え絶えである。

数秒後、女王様は奴隷の髪を掴み床に叩き付けた。
ブーツの靴底全体で頭を踏みつけると、再び鞭を与えた。

「ねえ17番、私はお前に口を自由にしてもらったらどうする様に言ったかしら?」
女王様はあえて、少しおだやかな口調で尋ねられた。

「は、はい。直ちに御調教に対する感謝の言葉を述べる様におっしゃいました。」

絞り出すような、か細い声で奴隷は答えた。

間髪置かずにまたもや、鞭が奴隷の背中に激しく打たれ、地下牢全体に絶叫がこだまする。

「あら、ちゃんと覚えておきながら、お前は私の命令を無視したのね。」

あの状態で、すぐに喋ることなど出来ないことなど、女王様も当然分かっておられた。
だが、奴隷にとって女王様の御命令は絶対である。いかなる御命令であろうと
それに逆らった時には、御調教ではなく、厳しい『罰』が与えらる。


「お前は、人間以下の奴隷でありながら、私の命令に逆らったのよ。それが、どんなに
大きな罪であるか、今から思い知らせてやるわ。」

女王様は冷たい微笑をうかべながらおっしゃった。
「覚悟なさい。」
29 : 名無し調教中。2013/06/12(水) 16:44:06.41 ID:d8Tqvus7
俺の大好きな有名人

まずは、アニマル濱口
昇進まえの、若花田勝
音楽の極め、角松敏生
日本史の雄、紀貫之
SMの神様、志摩紫光
31 : 名無し調教中。2013/06/14(金) 20:24:55.16 ID:8+tJe09o
いらね
32 : 名無し調教中。2013/06/15(土) 19:47:39.08 ID:bsPmT9ja
結局ここって何のスレッド?
33 : 名無し調教中。2013/06/15(土) 20:09:13.73 ID:8iJ2Dy4l
オス奴隷だろ
34 : 名無し調教中。2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:+DISWe6p
少年奴隷ならなぁ・・・
36 : 名無し調教中。2013/10/09(水) 02:08:35.43 ID:lhsSm35r
>>34
それなら許すw
37 : 名無し調教中。2013/10/09(水) 02:53:33.69 ID:iDUtWUE4
青年奴隷もキボンヌ。
38 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:5) 2014/01/19(日) 17:36:07.81 ID:jR8Rchjx
テスト
40 : 名無し調教中。2014/12/08(月) 22:21:53.82 ID:xkvRQArc
こんなスレが残っていたんだ
41 : 名無し調教中。2014/12/09(火) 03:39:11.20 ID:SfW7iLxz
狭い檻に監禁されたい
42 : 名無し調教中。2014/12/09(火) 04:16:03.61 ID:IAVs1nuj
檻に入れられて、自然排便するのを見られたときは辛かった
43 : 名無し調教中。2015/01/28(水) 08:03:33.66 ID:xcQJJ3gA
女装女又隷も。奴隷は女装が基本よ。
44 : 名無し調教中。2015/01/29(木) 02:38:38.24 ID:/SY5gZfO
sage
45 : 名無し調教中。2015/01/30(金) 15:14:50.81 ID:hTI3hU+E
ぎちぎち拘束で監禁されたい
46 : 名無し調教中。2015/05/03(日) 13:44:59.51 ID:hpeUSJ6x
家に押し入ってきた美人女強盗に薬を嗅がされ、気絶させられてしまう。
女強盗は気絶した私を縄でギチギチに縛り上げ、猿轡を厳重にはめて拘束する。
そして女強盗に捕らえられた私は奴隷として海外に売り飛ばされ屈辱の日々を送ることに・・・・・・

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

目が覚めて、全身を縛られ猿轡をはめられていることに気づき、私はパニックになりながら暴れる。

「ウグゥウ!!!ウウゥ〜!!!」

女強盗に向かって抗議の声を上げるが、厳重な猿轡のせいで声にならない。

「あら、もう目が覚めたの。早かったわね。ふふ、残念ね、顔を見られた以上、あなたを解放することは出来ないわ。ウフフ。
そうね、処分方法は色々と考えてあるけど、とりあえず私のアジトに来てもらおうかしら。」

こんな凶悪な女強盗に誘拐されれば、どんな悲惨な目に遭うかわからない・・・そう思った私はますます必死になって暴れる。

「んん〜!!!んぐぅ〜!!!」

「あら、そんなに怯えなくてもいいじゃない。さて、色々と準備をするから、それが済むまで大人しくしててね。」

女強盗はそういうと部屋を出て行ってしまい、私は縛られたまま一人で放置された。

(今のうちに縄抜けして逃げ出そう)
そう考えた私は必死で身を捩り、くねらせて縄を解こうともがく。
しかし雁字搦めに縛られた縄は全く緩む事はなく、緊縛から抜け出せそうにはなかった。
縄の結び目を指先で探すが、かろうじて届いた結び目は複雑に堅く結ばれていて微動だにしない。
それでも私は諦めず必死にもがき、縄抜けを試みる。
しかしいくらもがいても縄が緩むことはなく、状況が好転することはなかった。
47 : 名無し調教中。2015/05/03(日) 14:30:14.84 ID:hpeUSJ6x
脱出する方法を見出せないまま時間だけが過ぎていき、徐々に焦りが出てくる。
 
「んふぅ!!んぐぐ・・・」

不自由な格好で暴れたため、体力を使いきり疲れ果てた私はぐったりと身体を横たわらせていた。
すると、私の視界にあるものが飛び込んできた。
それは、床においてあった携帯電話である。女強盗はこれに気づかなかったようだ。

(この携帯電話で助けを求めればなんとかなるかもしれない・・・!)

脱出する手段を見つけた私は、厳重に縛られた身体で携帯電話のある場所まで芋虫のように這いずり、携帯電話を手にする。
このまま電話で助けを求めても、猿轡をはめられたままではなにも伝えられないので、床に顔を擦り付け猿轡を外そうと試みる。
しかし何重にもはめられた猿轡は簡単には解けない。

結局私は電話での連絡を諦め、メールで助けを求めることにする。だが縛られたままでの操作は困難を極め、文章の入力は一向に進まない。
それでもあと少しのところまできたが・・・・・・

ガチャリとドアの開く音がし、女強盗が帰ってきてしまった。

「待たせたわね。大人しくしてたかしら・・・・・・あら?」

女強盗はすぐに私が携帯電話を操作していることに気づき、すぐに取り上げる。

「携帯電話が置いてあったなんて気づかなかったわ。いけないわね、危うく通報されちゃうところだったわ。
あなたも残念ね、もうちょっとで助かったのに。」

女強盗はそう言うと、携帯電話を真っ二つに叩き割ってしまった。
寸でのところで助かる手段を奪われ、一気に絶望の底へと叩き落された私はただ悔しさに震えることしか出来なかった。
48 : 名無し調教中。2015/05/06(水) 02:15:01.67 ID:VL+ZCsF4
「大人しくしてろといったのに、どうやらもっと厳しく縛っておかなきゃダメみたいね。」

女強盗はそういうと、新たに縄を用意し、私の背中と足首を繋いできつく縛り、さらに股間にも縄を通した。

「んぐぐ・・・・・・んふぅ・・・・・・」

逆海老状態にされ、股縄をかけられた私は思わず猿轡の奥から声を漏らす。

「大人しくしなかった罰よ。さて、あなたの処分方法だけど、香港の奴隷市場に売りに出すことにしたわ。
あなたみたいに若いオスの奴隷は結構需要があるのよ。まぁ、奴隷として売られたら、今みたいに縛られて監禁されたり、
オモチャにされて苦しかったり痛かったり恥ずかしい事をさせられたりするだろうね。でも殺されるよりマシでしょ。」

「んんっ、んんー!!」

私はあまりに残酷な処遇に恐怖と絶望を覚えた。必死で叫びながら暴れるが、厳重な緊縛と猿轡の前では無力だった。

「さて、売り飛ばす前に不良品じゃないか確認しておかなきゃね。」
女強盗はそういうと、私の大事な部分に手を伸ばし、着衣の中へと突っ込んだ。
そして、その部分を容赦なく責め立てていく。

「んふっ、んんっ」

女強盗の絶妙な刺激に思わず声を出してしまう。迫り来る快楽の中で、なんとか抵抗しようとするが、縛られた状態ではどうすることも出来なかった。

「暴れないでよ、本当は気持ちいいんでしょ。こんな状態で興奮するなんて変態じゃないの?」

女強盗に押さえつけられ、モゾモゾと動くことしか出来ず、変態呼ばわりまでされて、私のプライドは崩壊寸前だった。
そして、遂に女強盗の手によって無理矢理絶頂に達してしまう。
「フフフ、これだけ反応がよければ全く問題ないわね。さて、お遊びはこのくらいにして、そろそろ運び出す準備をしなきゃね。」

女強盗は薬品のしみこんだ布を、私がはめられている猿轡の上からかぶせた。どうやら睡眠薬のようだ。
厳重に縛られ、猿轡をされて逃げられない状況で好き放題やられた私は屈辱と絶望で放心状態のまま深い眠りに落ちた。
49 : 名無し調教中。2015/05/06(水) 15:23:50.64 ID:VL+ZCsF4
気絶してからようやく目が覚めたとき、私はワゴン車に乗せられてどこかへ移動されていた。
いつの間にか衣服は全て脱がされ、縄での緊縛も解かれていたが代わりに拘束服を着せられボールギャグをかまされていた。

「お目覚めのようね。今から仲間のブローカーにあなたを引き渡しに行くところよ。」

女強盗の説明によると、私はブローカーに引き渡された後、船に乗せられ香港に出荷され、裏市場で行われる奴隷取引に出されて買主に引き取られる、という流れらしい。
売り飛ばされる前に何とかして逃げ出さないと、一生奴隷として悲惨な仕打ちを受けることになってしまう。

(奴隷になんて絶対なりたくない、早く逃げなきゃ・・・・・・)
必死に拘束からの脱出の糸口を探すが、まったく見つからず焦りが募るばかりであった。
結局、何も抵抗できぬまま車は港の近くにある小さな廃倉庫にたどりついた。

「ここが私のアジトよ、そろそろ仲間が来るはずだわ。あら、ちょうど来たみたいね。」
「今来たところよ。それで、商品っていうのはこいつでいいのかしら?」
「ええ、この男が今回捕まえた獲物よ。」

女強盗と会話をしている女性、どうやらこの女がブローカーのようだ。背が高く、顔立ちの整った美人である。

「こいつはなんで捕まったの?借金のカタ?」
「いえ、盗みに入ったらたまたま居たのよ。そこで縛り上げて捕まえただけよ。」
「あはは、かわいそうな奴ね。なにもしてないのに売り飛ばされちゃうなんて運のない男ね。」

凶悪な女二人の会話を、私は拘束された姿でただじっと聞くことしか出来なかった。
私と、この女二人を乗せたワゴン車は廃倉庫から船の荷積み場へと移動した。

「ほら、この船がアンタを運ぶ船よ。いまからアンタを乗せるけど、それまで大人しくするのよ。」

女ブローカーと女強盗は、拘束服を着せられた私の両肩を強く抱え込み、船まで移動させようとする。このとき、私の膝下の拘束は解かれていたが、太腿には拘束ベルトが巻きつけられていた。
逃げるなら今しかない、そう思った私は身体を思い切りひねらせ、女たちの手を離させることに成功した。
50 : 名無し調教中。2015/05/10(日) 14:06:41.06 ID:QG0EDqzm
しかし、拘束されたままではどうすることも出来ず、あっさりと捕まって船にのせられてしまった。
さらに、暴れたことに怒った女たちによって、より厳しく縛られることになった。

「この馬鹿、この姿のままで逃げられると思ったのかしら」
「いい加減諦めたらいいのに。念のためもっと厳しく縛っておかなきゃね」

拘束服とボールギャグを装着された上から、さらにダクトテープでグルグル巻きにされ、縄でギチギチに縛られてしまった。
さらに口には何重にも猿轡をはめられた。

「んぐぅ・・・」

いくら暴れようとしても、ピクリとも動かない。完全に拘束され絶体絶命の私は、ただ目に涙を浮かべることしか出来なかった。

「さて、後は頼んだわね。」
「うん、あとはコイツを向こうの裏市場で売り飛ばすだけだから、すぐに終わると思うわ。」

女強盗はそういうと、船から下りて帰っていった。

「そろそろ出航の時間ね。この船が出たらお前はおそらく二度と生きて日本には帰ってこられないわよ。まあ、精々向こうでいいご主人様と出会えるように祈っておくことね。」

ブローカーの女の話を聞きながら、私は疲れと薬の影響によって再び気絶するように眠りに落ちた。
51 : 名無し調教中。2015/05/20(水) 16:57:05.73 ID:dMDhEgPm
こうして逃げることも出来ぬまま囚われの身となってしまった私は、海外の奴隷市場に出品されてしまった。
奴隷オークションでは、裸にされ鎖で縛られ罪人のように引き回され、参加者の前で「動作確認」と称して強制的に射精させられるという屈辱を受けた。
貴重な若いオスの奴隷である私は高値で落札された。
落札したのは豊富な資金と恵まれた美貌を持つ日本人投資家の女性である。

「前から若い男の奴隷がほしかったのよね。今から楽しみだわ。」
「若いのはなかなか手に入らないから、運がよかったですね。さっそくこの男をそちらの自宅に送るように手配します。」
「ええ、よろしくね。」

ブローカーと買主の会話を、私はうなだれながら聞いていた。モノのように扱われ、屈辱的な姿を晒されて人間としてのプライドをずたずたにされた
私は、ほとんど心神喪失状態で涙を流すことしか出来なかった。
52 : 名無し調教中。2015/09/08(火) 02:55:52.63 ID:CZDRxo/7
>>51
続きは?
53 : 名無し調教中。2015/10/26(月) 16:23:13.25 ID:JuCeCWXH
ttp://g.e-hentai.org/s/1d49b493e2/589561-47
ttp://g.e-hentai.org/s/24712541e9/589561-32
ttp://g.e-hentai.org/s/8434dd9651/589561-269
ttp://g.e-hentai.org/s/bbd726351f/589561-48
ttp://g.e-hentai.org/s/6e6383f800/589561-290
54 : 名無し調教中。2015/11/24(火) 18:29:12.45 ID:OxX8PhLy
ttp://www.xtube.com/watch.php?v=sFnyr-S669-
ttp://www.xtube.com/watch.php?v=v7aAR-S769-
55 : 名無し調教中。2015/11/30(月) 18:44:59.27 ID:FjJ+JWBd
宣伝っぽいけどいいね
56 : 名無し調教中。2016/02/11(木) 15:56:15.04 ID:vlIANP4h
懐かしいスレが上がっている
57 : 名無し調教中。2016/02/29(月) 01:47:29.84 ID:sNrLyCaN
58 : 名無し調教中。2016/02/29(月) 18:43:31.05 ID:vCv33u/U
二次元はイマイチ
59 : 名無し調教中。2016/03/02(水) 02:03:04.79 ID:h5uaxIE1
くだらんスレに成り果てた
60 : 名無し調教中。2016/03/06(日) 10:54:37.54 ID:u06xI/C/
ホモスレは同性愛板に
61 : 名無し調教中。2016/03/25(金) 19:04:42.56 ID:PJKqNvT+
終ったのか