女性芸能人にペニバンで犯される妄想小説スレ5 [無断転載禁止]©bbspink.com

1 : K ◆aqAdf0VumY 2017/01/12(木) 08:06:45.85 ID:4VIgmsMB
女性芸能人、女性アスリート、その他女性有名人にペニバンで犯される妄想小説を上げるスレです。
妄想フィクションストーリーを皆さん書いていってください。
ペニバンスレから分離致しました。
コピペ荒らしなどの荒らし行為は慎んでいただければと考えます。
2 : K ◆aqAdf0VumY 2017/01/12(木) 08:12:26.07 ID:4VIgmsMB
篠原涼子編、リスタートさせていただきます!

篠原涼子編#1

篠原涼子は今年中学生になったばかりの一人息子Kの成績表をみて頭を抱えていた。
原因はハッキリしている。
思春期の男特有の性の目覚め。異性に対する興味で頭の中が埋め尽くされ、毎日のように自慰行為に耽る日々を送るのは全ての男が経験する過程なのだろう。
小学生時代は真面目に勉学に取り組んでいたKも、中学入学後は自室でこもりきり自家発電に勤しむ日々が続いていた。
しかも、Kの自宅は自由が丘の豪奢な一軒家で、Kにも広々とした個室が与えられており、誰にも見られずに秘密プレイを楽しむにはもってこいの環境であった。
当然のように成績は低下し、初めて届いた一学期の通知表は涼子を落胆させるものであった。
ただ、問題はそれだけではない。

ある日、涼子がKの自室を掃除していると、引き出しの奥から小さな布切れのようなものが数枚見つかった。それは、紛れもない涼子のショーツであった。
Tバック、フルバックなど、セクシーなシルクの高級下着の数々。
「な、なぜ私の下着が…?」
そう言えば最近、お気に入りの下着が数点無くなる事があり、訝しんでいたところだ。
黒いスキャンティにはうっすらと、白いシミのようなものがこびりつき、パリパリに乾いていた。
鼻を近づけ、匂いを嗅いでみると、特有の栗の花のような生臭い匂いが漂う。
「あの子ったら…」
フーッ、と深くため息をつく涼子。
しかし、息子の歪んだ性癖の開花を見せつけられたというのに、まんざらでもない様子でニンマリと笑みを浮かべた。
「やっぱり、血は争えないみたいね…」
涼子はふと、我が夫の顔を脳裏に浮かべた。
3 : K ◆aqAdf0VumY 2017/01/12(木) 08:15:36.76 ID:4VIgmsMB
篠原涼子編#2

涼子の夫、敬一は年齢は涼子より15歳上で、現在57歳と壮年の域に差し掛かっている。
夫より体力的に勝る涼子は、男を積極的に責めるプレイを得意としていた。
どんなS男も、涼子にかかればクルッと裏返しのようにM男にめくり返される。
案の定、涼子とのプレイにのめり込むにつれ、敬一はどんどん変態的なマゾ嗜好を植え付けられていった。
もはや涼子無しでは生きていけない程に敬一は涼子依存症になり、夜の寝室では、決まって涼子が男役となり、女役の敬一のアナルをぺニスバンドで犯す逆アナルプレイが毎晩のようにおこなわれた。

「ヒィィァ!」
この夜も敬一は涼子に責めなぶられ、悲惨な叫びを上げていた。
「ア!アア!アア!」
涼子の巧みな腰使いが敬一のアナルを蹂躙すると、女のような裏声で敬一は喘いだ。
「どう?私のセックス、素敵でしょう?」
「あひゃぁ!ひゃぁん!」
「あらあら…もう連続でイッチャッテるのね。そんな声出して、Kに聞こえちゃうわよ?」
四つん這いのドッグスタイルで無慈悲な腰使いを叩き込まれ、ドライオーガズムの荒波が連続して押し寄せる。
あまりのよがり声の大きさに、一人息子のKが起きてこないか心配になる程だ。
実は涼子は、夫とのプレイの際、わざと寝室のドアを少しだけ開いておく。
愛する息子Kに、父の真実の姿を見せるため。母に嫐られ、断末魔の叫びを上げる父の姿を見せつけ、息子の性の目覚めを歪んだ方向に導くためだ。
男を征服する事に至上の悦びを覚える性質の涼子は、夫の処女を奪い奴隷化する事に成功した。
次の獲物は若くてイキの良い我が息子だ。涼子は、息子が思春期に差し掛かってきた今、ようやく食べ頃とばかりに息子食いの算段を整えていた。
涼子の目論見通り、Kは寝室の薄く開かれたドアの隙間から、男女逆転した両親の歪んだ情事の実態を、股間の逸物をしごきたてながら見ていた。
4 : K ◆aqAdf0VumY 2017/01/12(木) 08:17:32.43 ID:4VIgmsMB
篠原涼子編#3

性的嗜好の目覚めというのは初期の印象付けによって大きく左右される。Kにとって初めての自慰行為の題材がよりによって父親を逆レイプする母親であった事は、後人生のM性癖を決定づけるには十分なインパクトであった。
今では、Kは自宅で毎日のように、股間に巨大なペニスバンドを装着した美しい母親に犯されるシーンを想像して自慰行為にふけるようになっていた。
口元には母の下着を当て、芳しい雌の香りを胸一杯に吸い込みながらトリップする。
時には母のシルクのショーツを男根に巻きつけ、しごき立てそのまま欲望のたぎりを吐き出す事もザラであった。

ある日、Kがいつものように自室で自慰行為に耽っていると、ドアをノックする音が鳴った。
「K、ちょっとお話があるの。入っていい?」
母の声を聞き、慌てて取り乱すK。
「ち、ちょっと待って!」
Kは自らの肉棒に巻きつけしごき立てていた母のショーツを慌てて机の引き出しにしまいこんだ。
いそいそと下着、ズボンを穿き直し、息を乱しながらドアを開ける。
「な、何だよママ…?」
「話があるの。入るわよ」
有無を言わせぬ厳しい口調で涼子は部屋の中に入ってきた。
「最近…私の下着がよく無くなるの」
「!!」Kは母がついに自分を裁きに来たのだと感じた。
「そ、そうなんだ…」
「あなた、心当たりは無い?」
取調室の刑事のように腕組みをしながら、クールな目線をKに投げ掛ける。
「な、ないよ…なんで、僕にそんな事聞くの…?」
Kは母が引き出しの中の下着に気づかない事を切に願った。
「ふ〜ん、そう…ところで、何かこの部屋臭いと思わない?」
「えっ?そ、そんな事ないよ!」
「すっごく変な匂いがするのよね…この辺から!」
ガラッと机の引き出しを引っ張る。
「あぁっ!」
先ほどまで使用していた母の薄いピンクのショーツ。
カウパー腺液がベットリと付着し、シミをこさえている。
5 : 名無し調教中。2017/01/12(木) 17:09:41.88 ID:H8XfSAos
紫煙
6 : 名無し調教中。2017/01/12(木) 17:16:10.96 ID:/Js0qYSE
支援させて頂きます
7 : K ◆aqAdf0VumY 2017/01/13(金) 00:11:13.59 ID:LmZulKbE
篠原涼子編#4

「アラ!ちょっと、何よ、これ?」
涼子は2本の指先でショーツをつまみ上げる。
鼻先にショーツを近づけシミの部分の匂いを嗅いでやると、男のイカ臭い匂いがプーンと鼻粘膜を刺激した。
「K…これはどういう事?何をしていたの!?」
「あ、アワワ…」
「これ、私の下着よね…あなた、まさか…」
「あ、ご、ごめんなさいぃぃ!!」
泣き崩れながら、母の足元にひれ伏すK。
「ママァ!ほ、ほんとにごめんなさい!」
腕組みをしながら、フーッとため息をつきKを見下ろす涼子。
涼子は四つん這いでうずくまる息子の顔の前にしゃがみこみ、顎を片手でグイッと持ち上げる。
バシーン!と、強烈な平手打ちを一発食らわせてやった。
「ヒィィァ!」
「ごめんなさい?悪いとも思っていないくせに…本当に困った変態…あなた、家畜以下よ!」
今度はKの臀部側に回り込み、グイッとブリーフをずり下げる。
「あう!」
女のような悲鳴をあげ、恐怖におののくK。
「この、変態!」
涼子は遠慮容赦なく、Kの丸い尻に平手打ちの洗礼を食らわせてやった。
「ひゃあ!ひぃ!ヒィ!」
「どう?痛いかい?変態豚!」
叩きのめされ、どんどん赤みを帯びてくるKの尻。
にも関わらず、部屋の大鏡に映るKの顔は恍惚の表情を浮かべ、ペニスの先からは水飴のような先走り粘液がトロッとぶら下がっていた。
(やだ、この子ったら…)
被虐の虜となり、母から食らう打撃の嵐にすっかり酔いしれたKの痴態。
切なそうに眉間に皺を寄せ、苦しむKの表情を見て涼子の股間もジットリと湿り気を帯びていた。
「あぁぁ…ママァ…!もう、許してぇ…!」
泣きながら哀願するKを、涼子はようやく解放してやることにした。
8 : K ◆aqAdf0VumY 2017/01/13(金) 00:12:42.31 ID:LmZulKbE
篠原涼子編#5

「アラアラ、お仕置きがきつすぎたかしら?」
四つん這いで尻を赤く腫れ上がらせるKの顔の前に回り、しゃがみこんだ。
「もう…私の下着がそんなに大好きなの?」
先程のサディスティックな表情からは一変、慈しむようにKの頭を撫でてやる。
顎を両手で持ち上げて軽く揺すってやる。飼い犬にしてやるスキンシップのようであった。
「ハァ、ハァ…」
「ダメじゃない、ママの下着でこんな事しちゃ…でもKもお年頃だもんね」
間近で優しくたしなめてくる母の慈愛のこもった目に見つめられ、Kは恥ずかしさと安らぎの入り交じった心境であった。
「ねえ、どんな事考えながらしてたの?言ってみて?」
「あ、あぅぅ…」
Kは悩んだ。ここで自分の歪んだ願望の全てをカミングアウトすべきか。
母親にお尻の穴を指でほじられ、果ては極太のペニスバンドで強姦されたい願望。
言えるわけがない。口にすれば変態である。
「素直に言えたら、素敵な御褒美をあげる…Kの願いを叶えてあげるわよ。」
母のその一言がKの心を動かした。
「あぁ、ママァ…ママに、お、お尻の穴をぉ…」
「ンン?なぁに?言ってごらん?」
「お、お尻の穴をお仕置きしてほしい!」
愛の告白さながらのKのカミングアウトを聞き、涼子はニンマリとほくそ笑んだ。
「そうなの…ママにお尻の穴を苛めてほしいのね?Kったら、本当に困った変態…でも、よく言えたわね。いいわ、タップリといじめてあげる!」
9 : K ◆aqAdf0VumY 2017/01/13(金) 00:14:30.63 ID:LmZulKbE
篠原涼子編#6

一方その頃。
Kの父、敬一はとある男性専門の泌尿器科クリニックを受診していた。
毎日のように涼子のペニスバンドに押し潰され、反動でゴリゴリに硬くしこり腫れ上がった敬一の前立腺は肥大し、尿漏れやインポテンツなどの典型的な前立腺肥大の症状で敬一を悩ませていた。
インポテンツに関しては、最近の涼子とのセックスは専ら敬一が女役となり一方的に後ろの穴を犯されるがままであったため、特に問題は無かったのだが、涼子のすすめもあって、涼子の友人が勤務する泌尿器科クリニックを受診する事にした。

敬一さん、どうぞお入り下さい―。
艶のある女性の声に導かれ、敬一は診察室に入った。
このクリニックの院長、井川遥医師。どうやら1人でこのクリニックを切り盛りしているようだ。
白いブラウスと黒いフレアスカートの組み合わせに、透き通るような生足の脚線美。
診察を希望する男性患者で殺到すると言われるのもわかる気がした。
完全予約制のこのクリニックは、1人の患者あたり90分の診察時間枠が設けられている。
その間、敬一以外の人間は誰もこのクリニックには居ないようであった。
「さ、おかけ下さい。話は涼子から少し伺っておりますわ」
そう言うと遥は、ピンクのルージュに彩られた唇の口角を上げながら、ニンマリと妖しい笑みを浮かべた。
敬一はそのゾッとするような遥の美しい笑みにえもいわれぬ不安感を覚えながらも、この美しい女性医師に身を委ねようと決心した。
「い、井川先生…どうか私を助けて下さい…。元のように、熱く硬く勃起できる男に戻して下さい」
「そう…苦しんでらっしゃるのね…いいわ。まず、服を全て脱いで、施術台に上がって下さい」
いきなり全裸になるように命じられ、戸惑う敬一。
「ほら、さっさと脱ぎなさい。パンツも脱ぐのよ」
穏やかだが、有無を言わせぬ遥の口調に気圧され、敬一はいそいそと下着を脱ぎ捨て、全裸になった。
10 : 名無し調教中。2017/01/15(日) 09:12:35.34 ID:lKawYL/P
なかなか支援者がいないな
私は大支援
11 : 名無し調教中。2017/01/15(日) 09:17:27.92 ID:i7eF07vP
私も大興奮してますよ
頑張って下さい
12 : 名無し調教中。2017/01/15(日) 15:03:07.29 ID:7XP8Zbsu
紫煙
13 : K ◆aqAdf0VumY 2017/01/17(火) 02:46:45.13 ID:EROjl5Lk
皆さんの御支援が私の唯一のモチベーションです。

篠原涼子編#7

前を両手で隠しながら施術台に上がる。
敬一の包茎男根は小指程のサイズに萎縮し、皮をかぶったクリトリスのようであった。
四つん這いのポーズをとるように遥に命じられる。
「そうそう、胸は台につけたまま、お尻を高く突きだして…ン、そうよ…」
遥は両手で敬一の臀部や会陰部、太股の付け根などを撫で回してやる。
スベスベの手の温もりが、敬一の股間を痺れさせ、甘い疼きにも似た快楽に支配される。
「あぁ…も、もう…」
獲物は仕留める前に、快楽漬けにして動けなくしてやる。
遥が男を喰う際の常套手段であった。
遥は時おり両手で敬一の尻たぶをグイッと開き、肛門を露出する。
開いたと思いきやまた尻を撫でさすりのインターバルを繰り返す。
遥の吐息が尻肉に感じられる。至近距離で一番恥ずかしい穴を見られているのだ。敬一は思わず顔を真っ赤にした。
14 : K ◆aqAdf0VumY 2017/01/17(火) 02:48:26.70 ID:EROjl5Lk
篠原涼子編#8

「あぁ〜、は、恥ずかしい…」
「こんなに刺激してあげているのに、元気がないのね…じゃあ、前立腺の触診をしますね」
遥は医療用のディスポーサブルの手袋を右手にピッチリとはめ、指先にこんもりとジェルを塗りつけた。
フゥ〜ッ、と息を吹きかけてやると、敬一の肛門はキュゥッと淫靡に収縮した。
中指をアナルに突き立て、ゆっくりと力を入れて押し込むと、易々と敬一のアナルは遥の指を根元まで飲み込んだ。
「アァッ!」
「あっ、熱〜い、敬一さんのオケツマンコ熱々になってますね」
グツグツと熱く煮えたぎるアナルの肉の中で、遥のしなやかな中指はひときわ冷たく感じられた。
「でも、ちょっとユルユルすぎませんか?どうしてこんなにガバガバなの?」
遥は立て続けに、二本目の指を束ねて挿入した。
「あぁぁん!」一本目の時よりも高い叫び声をあげてわななく敬一。
15 : 名無し調教中。2017/01/21(土) 11:22:44.34 ID:YuW2/mHS
ますます興奮
支援します
16 : K ◆aqAdf0VumY 2017/01/21(土) 17:04:22.43 ID:sRZK55se
篠原涼子編#9

「いやらしいわね…ほら、もっと食べなさい!」
次は三本束になって再び入ってくる。
「イィィ!」
束ねた三本の指を、ドリルのように旋回させたり、捻りをくわえながら強弱をつけて抜き差ししてやる。
その度に遥の指がグニグニと前立腺を捕らえ、揉みほぐす。
「ア!アア!」
「あら、大きい…すごく腫れてますね」
遥は傍らにあったバッグから、クリーム状の薬品の入った容器を取り出した。
敬一は知るよしもないが、このクリームには塗り込まれた部分の血行を良くし、性感を高める媚薬効果が含まれている。
遥のお気に入りの一品だ。
「今からお尻の奥にとっておきの座薬を塗りこんであげる」
遥は束ねた指三本にクリームをこってりと塗りつけ、敬一のアナルにグリグリとねじ込んだ。
「う、うあ!」
17 : K ◆aqAdf0VumY 2017/01/21(土) 17:06:31.85 ID:sRZK55se
篠原涼子編#10

しっかりと前立腺に染み込むように、執拗に指で揉みこむ。
「あぁ…!熱い!うぁぁ!」
「ちょっと熱くて、苦しいかもしれませんが…」
「今だけよ…直に治まります…。それまで、しばしの麻酔代わりよ。口に入れておきなさい…。」
「むぐ!うぐ!」
口に何かが突き入れられた。同時に、芳しい香りが鼻腔を刺激した。
遥は上履きのサンダルの片方を敬一の口にかませていた。
口の中に堅い靴底が舌に当たった。と、同時に遥の足の匂いが、麻酔のように、嗅覚をとろけさせた。
女の足の汗をタップリと吸った靴を口に頬張っている。
なんという惨めな有り様か。
しかし、あまりにも無惨な扱いが、肛門の痛みを紛らわしてくれた。
18 : 名無し調教中。2017/01/25(水) 22:06:44.79 ID:mT3CIc4b
素晴らしい小説。
次回作はテレビ朝日の小川彩佳アナ編をお願いしたいです。
19 : 名無し調教中。2017/01/26(木) 07:28:56.31 ID:ShjSgvLt
橋本マナミ編、遼河はるひ編もキボンヌ
20 : 名無し調教中。2017/01/27(金) 21:13:44.09 ID:N0Vb3kt0
sage
21 : 名無し調教中。2017/01/29(日) 10:03:01.70 ID:vySOF7xk
sage
22 : K ◆aqAdf0VumY 2017/01/31(火) 05:10:02.37 ID:QOfwbMUg
篠原涼子編#11

「苦しかったら、構わないから、それで歯を食いしばりなさい…」
「グ〜〜グゥゥー、ムゥ・ウ・ウウ…」
麻酔だと言われれば、麻酔だから痛みは無くなる、と信じて敬一は必死に噛んで、味わった。
不思議なことに、遥の言葉通り、噛んで味と匂いを堪能していると、肛門の痛みが和らいでゆく。
女の履き物は魔法のような麻酔効果を発揮した。遥が麻酔だと言ってくれたおかげで、何とか耐えられそうな気がしてきた。
遥のもう一本の手が玉袋からペニスにかけて優しくさすってくれた。
激しい嵐のような苦しみの中にあって、それは雲の間から差した太陽の光のように希望を照らした。
この先に晴れ間が広がっている。もう、すぐそこまで。
「あぐ、ぐあぁぁ!」
「そう…もう少し…」遥の静かで優しい言葉が、敬一を励ます。
メリメリと拡げられるアナルに、痛がる敬一を、快楽と言葉で翻弄しながら、遥は指を更に押し込んできた。
「ヒィ〜〜〜!」敬一は耳まで真っ赤にして痛みと苦しみに耐えた。
「シ〜〜ッ…騒がないの…ほら、力を抜かないから痛いの…そろそろお薬が効いてくる頃よ…」
23 : K ◆aqAdf0VumY 2017/01/31(火) 05:12:26.21 ID:QOfwbMUg
篠原涼子編#12

遥の指先によって擦り込まれたクリームが、ジンジンと敬一の前立腺に染み込んできた。
まるで心臓の拍動のようにドクドクとうずき、剥き出しの性感を遥の指三本により執拗に刺激され、痛みよりも重苦しい快楽に押し潰されそうだった。
「ひぎぃ!ひぃ!ヒィャ!」
「ほ〜ら、効いてきた…?フフッ、じゃあ、こんなのはどう?」
遥はアナルに挿入していた三本の指を一旦ギリギリまで引き抜くと、今度は五本の指を束ねて挿入しようとした。
「イ、イィィ!ビィャァ!」
深く入れるのは無理である。が、遥はお構い無しである。
敬一は思わず口から落としそうになった遥の上履きを必死に噛んで歯を食いしばった。
「そう…いい子ね…そのままよ…」
情け容赦なく、遥はグイッと右手を押し込んだ。
「うぐ〜〜〜!」
「いつもこんな風に、奥様にいじめられてるの? 」
「ヒィ!ヒィヒィ!」
言葉にならず、必死に首を縦に振る敬一。
24 : 名無し調教中。2017/01/31(火) 12:40:00.11 ID:lBSPst/D
あかん、抜いてもたw
25 : 名無し調教中。2017/02/01(水) 05:41:49.68 ID:IAjAMeqH
なかなか支援者がいないな
26 : 名無し調教中。2017/02/01(水) 06:52:46.73 ID:fC8zK7q/
紫煙
27 : 名無し調教中。2017/02/01(水) 12:11:41.67 ID:rsUktfFx
続きキボンヌ
28 : 名無し調教中。2017/02/01(水) 16:08:23.45 ID:4xTQqpau
大支援
29 : K ◆aqAdf0VumY 2017/02/02(木) 06:54:43.75 ID:Z2B5kALE
篠原涼子編#13

「いつも奥様のデカマラをくわえ込んでるのね?」
「は、はひぃぃ!」
「私のデカマラも食べさせてあげましょうか?」
「!!」
「どうなの?下のお口でくわえ込んでみたい?」
「アァ!た、食べさせてくだしゃい!」
噛んでいた上履きスリッパを口から落として叫ぶ。取り乱した男に対し、遥は冷静そのものだった。しかし、後ろには既に手首までが入っていた。
「ほ〜ら入った…余裕ね…?…入るじゃありませんか…」
ゆっくりと手首を動かしてみる。
「ギィヤ!」ついに、敬一は涙を流し始めた。
「駄目…締め付けては…力を抜くの…深呼吸しましょう…」
遥はアナルの中に埋め込んだ手を握りこみ、拳の形を作ってズコズコとフィストの抽送を開始した。
「うぐぁぁぁ!」
「私のデカマラをくわえたいのね?」
「アァァ!そ、そうです!先生ぇ!」
「ぶちこまれたいのね?」
捻りも交えながら、ズコズコとアナルを陵辱する。
「ぶちこんで!ぶちこんでくださぃ!!」
「オオオ、お、お願いします!」
涙を流しながら、女王に懇願した。
30 : 名無し調教中。2017/02/02(木) 10:35:15.70 ID:kbSaNFOj
おぉ…井川先生ぇ…
31 : K ◆aqAdf0VumY 2017/02/03(金) 11:49:01.60 ID:erZwJiPh
篠原涼子編#14

「ハイハイ、じゃあ、たっぷり鳴かせてあげる」
ズボッ、と勢いよく遥が手首を引っこ抜いた。
「キヒャ〜〜〜!」思わず敬一はもんどり打って転がった。
遥はビクビクと痙攣する敬一の身体を冷たく見下ろしながらディスポーサブルの手袋を破棄すると、戸棚から警棒状の物体を取り出した。
ちょうどトウモロコシと同程度のサイズで、表面にはイボ状の突起が無数に張り巡らされている。
ペニスバンド―女性の腰に取り付け、男も女も犯す事のできる、男根を模した責め具だった。
しっかりと腰のハーネスベルトに巨大なディルドを取り付け、股間をとがらせながら施術台に上がる。
遥が後ろから膝歩きですり寄ると、手のひらで敬一の尻を撫で回してやった。
「ハァッ、ハァッ、ハァァ〜〜」
しばらく撫で回して、気持ちを静めてやる。
「フフフ…さあ…覚悟はいい?心の準備は出来ました?」
32 : 名無し調教中。2017/02/04(土) 00:00:19.21 ID:n9gkQzXZ
早く早く!
33 : K ◆aqAdf0VumY 2017/02/04(土) 05:54:45.39 ID:e4FhU4Z2
篠原涼子編#15

「とっても激しい治療になりますけど、我慢するのよ?」
「言うこと聞ける?どれくらい我慢できるかしらね?」
「ワンちゃんみたいに、私のイイコになれるかしら?」
朦朧とする意識の中、慈愛のこもった遥の優しい声が敬一の心にたまらなく馴染み、安らぎを与える。
疑似ペニスという凶器によって肉体を串刺しにされる地獄を味わされるというのに、敬一の前立腺はズクズクと疼き、尻穴はパクパクと開閉しその瞬間を待ち焦がれていた。
「ハァッ、ハァッ、は、早く、クッ、ください…」
「すっかりいやらしくなって…」
「薬が効いてきたんでしょう?苦しいでしょう?たまらな〜い?フフフ…」
遥はグイッと敬一の腰を両手で引き寄せた。
「さあ…力を抜いて…」
ディルドの先端を、敬一の菊門にあてがう。
亀頭の先っぽだけを、ヌポヌポと小刻みに出し入れしてやると、
「はぅ!ハゥ!イヒッ、も、もっと!もっともっと!」
自ら肉の凶器を受け入れようと、パクパクと鯉の口のように遥の肉棒をおねだりする。
麻薬中毒者のような禁断症状に苛まれていた。
34 : 名無し調教中。2017/02/04(土) 07:04:04.72 ID:gqF1VygL
紫煙
35 : 名無し調教中。2017/02/04(土) 17:40:12.15 ID:kDtFvnEu
盛り上がって参りました
36 : K ◆aqAdf0VumY 2017/02/05(日) 08:34:16.85 ID:wNT2gjZp
篠原涼子編#16

バシーン!と、強烈な平手打ちを敬一の尻に一発食らわせてやる。
「ヒィィ!」
「コラコラ、お行儀が悪いわよ?食いしん坊な子ね!」
情け容赦なく、遥がグイッと腰を深く突き出すと、ズブズブとディルドが敬一の直腸内に埋まりこんでいった。
「うぐ〜〜〜〜っ!!」
余りの圧迫感で目の前は真っ白になりそうだった。
「ちょっと大きいかもしれないけど…ゆっくり召し上がって…」
ディルドは余りに大きいせいか、半分ほど埋まりこんだところでつかえてしまった。
敬一のペニスは相変わらず萎んだままであったが、先端からタラーッと水飴状の粘液がぶら下がっていた。
遥はそれを指先ですくい取り、敬一のペニスに塗り広げてやる。
37 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 10:34:32.16 ID:9upBCJQT
age
38 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 10:35:17.86 ID:IAQZWpPR
age
39 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 18:31:29.16 ID:0OCD9lKV
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈夫でし
40 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 18:31:31.71 ID:0OCD9lKV
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈夫でし
41 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 18:32:08.05 ID:0OCD9lKV
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈夫でし
42 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 18:32:09.75 ID:0OCD9lKV
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈夫でし
43 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 18:33:33.70 ID:0OCD9lKV
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈夫でし
44 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 18:33:35.06 ID:0OCD9lKV
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈夫でし
45 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 18:34:13.71 ID:0OCD9lKV
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈夫でし
46 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 18:37:17.15 ID:0OCD9lKV
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈夫でし
47 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 18:37:19.85 ID:0OCD9lKV
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈夫でし
48 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 18:58:12.61 ID:neAKirhF
紫煙
49 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 19:08:26.97 ID:iyGgpaZ9
Kさん、懲りない荒らしの嫌がらせに負けず、続編はあっちのスレて続けて下さい。
50 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 19:26:34.91 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈夫でし
51 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 19:27:04.08 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈夫でし
52 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 19:27:10.33 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈夫でし
53 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 19:28:37.24 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈夫でし
54 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 19:28:38.78 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈夫でし
55 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 19:48:40.46 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈夫でし
56 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 19:48:42.51 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈夫でし
57 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 19:49:21.05 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈夫で
58 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 19:49:52.57 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈夫
59 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 19:50:13.25 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈夫
60 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 19:50:15.48 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈夫
61 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 19:57:11.86 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈夫
62 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 19:57:14.43 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈夫
63 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 19:57:50.17 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
64 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 19:57:54.10 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
65 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 20:02:39.29 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
66 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 20:02:40.84 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
67 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 20:04:19.70 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
68 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 20:04:21.15 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
69 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 20:08:04.16 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
70 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 20:08:06.16 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
71 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 20:09:23.90 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
72 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 20:09:25.21 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
73 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 20:10:45.41 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
74 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 20:10:46.96 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
75 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 20:12:05.49 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
76 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 20:12:07.21 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
77 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 20:12:46.64 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
78 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 20:12:48.38 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
79 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 20:17:47.19 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
80 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 20:17:49.08 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
81 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 20:18:35.27 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
82 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 20:18:36.92 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
83 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 20:19:38.69 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
84 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 20:19:40.28 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
85 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 20:20:22.64 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
86 : 名無し調教中。2017/02/05(日) 20:20:24.38 ID:02uI6nWS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
87 : 名無し調教中。2017/02/06(月) 02:12:45.12 ID:6sHqr6Q+
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
88 : 名無し調教中。2017/02/06(月) 03:03:22.19 ID:6sHqr6Q+
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
89 : 名無し調教中。2017/02/06(月) 03:03:24.04 ID:6sHqr6Q+
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
90 : 名無し調教中。2017/02/06(月) 03:03:44.54 ID:6sHqr6Q+
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
91 : 名無し調教中。2017/02/06(月) 03:03:45.98 ID:6sHqr6Q+
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
92 : 名無し調教中。2017/02/06(月) 03:05:41.58 ID:6sHqr6Q+
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
93 : 名無し調教中。2017/02/06(月) 03:05:44.52 ID:6sHqr6Q+
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
94 : K ◆aqAdf0VumY 2017/02/06(月) 05:46:52.73 ID:qgHs++5G
篠原涼子編#17

「はぁぁん…」
「ペニクリ感じちゃう?」
「は…はぃ…」
「でも、もう勃起しなくても大丈夫でしょう?後ろを責められて、こんなに感じれるんですものね」
遥の巧みな腰使いがスタートした。何人もの男を地獄に送りこんできた、男殺しの腰使いであった。
「ぐあぁ!うぐ!うぐぁ!」
一突きごとにディルドがメリメリと少しずつ直腸深くに埋まりこんでゆく。
疑似ペニスの亀頭が敬一の腫れ上がった前立腺を押し潰しながら、ズリッ!と滑るように直腸に呑み込まれていく。その度に敬一は享楽の断末魔を上げた。
「ヒャァ!アァン!アヴ!アヴ!アヴゥ〜!」
「いかがですか?私のチンポは!奥様のとどっちがいい?」
「ど、どど、どっぢ〜〜もォォ〜〜!!おぉぁ!」
「フフ、どっちも欲しいの?欲張りさんですね〜今度は奥様と二人で串刺しにしてあげますね」
「あぁい!」
敬一は歓喜の雄叫びを上げた。
95 : 名無し調教中。2017/02/06(月) 08:25:09.79 ID:qEoCQUAx
支援
荒らしは無視で
96 : 名無し調教中。2017/02/06(月) 10:35:33.78 ID:4WpxPdkK
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
97 : 名無し調教中。2017/02/06(月) 10:36:05.44 ID:wRlE1VTl
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
98 : 名無し調教中。2017/02/06(月) 10:36:50.26 ID:r5Pdntcd
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
99 : 名無し調教中。2017/02/06(月) 10:37:09.68 ID:KDWIgEgU
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
100 : 名無し調教中。2017/02/06(月) 10:37:35.53 ID:UcHOgMc0
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
101 : 名無し調教中。2017/02/06(月) 10:38:04.61 ID:+ybJXePQ
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
102 : 名無し調教中。2017/02/06(月) 10:38:27.55 ID:XvkMHZdp
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
103 : 名無し調教中。2017/02/06(月) 18:36:17.65 ID:S1TlJ5MS
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
104 : 名無し調教中。2017/02/06(月) 18:53:31.89 ID:ngQmwuSZ
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
105 : 名無し調教中。2017/02/06(月) 19:06:23.85 ID:ngQmwuSZ
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
106 : 名無し調教中。2017/02/06(月) 19:06:57.15 ID:ngQmwuSZ
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
107 : 名無し調教中。2017/02/06(月) 19:08:31.01 ID:ngQmwuSZ
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
108 : 名無し調教中。2017/02/06(月) 19:21:08.81 ID:ngQmwuSZ
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
109 : 名無し調教中。2017/02/06(月) 19:21:29.44 ID:ngQmwuSZ
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
110 : 名無し調教中。2017/02/06(月) 19:21:32.01 ID:ngQmwuSZ
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
111 : 名無し調教中。2017/02/06(月) 21:10:31.63 ID:b5PqSDJ8
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
112 : 名無し調教中。2017/02/06(月) 21:10:49.16 ID:b5PqSDJ8
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
113 : 名無し調教中。2017/02/07(火) 02:26:42.08 ID:PQusea86
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
114 : K ◆aqAdf0VumY 2017/02/07(火) 06:37:04.41 ID:fz9mgO8l
篠原涼子編#18

「あんまりやり過ぎると、お身体に良くないんですが…今日はこれくらいで逝っておきましょうね」
遥は敬一の腰をガッチリと両手で掴み、ピストンを更に速く、大きくした。
敬一のペニスからは、先走りの粘液が途切れずに水飴のように垂れ下がっている。ペニスは萎びたままである。
内燃機関のように一定のリズムで激しいピストンを叩き込まれると、もはや後ろの快楽が大きすぎて、完全にペニスの快楽を凌駕していた。
「オッ、オッ、オッ、おぉぉ、おご、おごぉぉ〜〜〜〜〜!!」
一突き毎にドライオーガズムの波動が押し寄せる。その波に連続で襲われるのだからたまったものではない。
敬一は快楽の拷問をたっぷりと喰らわされ、逝きっぱなしになり、そのまま失神した。
「グハッ!」
最後の断末魔を挙げると、ビクビクと身体を痙攣させた後、グッタリと動かなくなった。
施術台の上で仮死状態の敬一のアナルから疑似ペニスを引き抜くと、ポッカリと大口を開いたまま、ピンク色の粘膜をさらけ出していた。
蔑んだ目でその穴を見下ろしながら、遥はニンマリとほくそ笑んだ。
「今度は奥様と二人で可愛がってあげる…フフフ…」
115 : 名無し調教中。2017/02/07(火) 09:12:11.38 ID:MFhAvp5R
荒らしに負けるなKさん支援
116 : K ◆aqAdf0VumY 2017/02/07(火) 12:38:49.88 ID:CjeTMq8R
篠原涼子編がしばらく続きますが、その後の作品をどうすべきか?
@テレビ朝日の小川彩佳アナ編
Aトランプ大統領の美人娘、イバンカ・トランプ駐日大使編
B稲村亜美&寺川綾地獄の合宿編
C同性を責めまくる遼河はるひ編
117 : 名無し調教中。2017/02/07(火) 12:45:46.15 ID:a/vk42u/
1と2でよろしくお願い
118 : K ◆aqAdf0VumY 2017/02/07(火) 13:23:24.10 ID:CjeTMq8R
御意
ちなみに私の過去の作品は御覧になられましたか?
119 : 名無し調教中。2017/02/07(火) 18:56:28.56 ID:zPU6OZmy
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
120 : 名無し調教中。2017/02/07(火) 18:58:10.66 ID:zPU6OZmy
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
121 : 名無し調教中。2017/02/07(火) 18:58:12.57 ID:zPU6OZmy
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
122 : 名無し調教中。2017/02/07(火) 18:58:30.26 ID:zPU6OZmy
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
123 : 名無し調教中。2017/02/07(火) 18:58:31.86 ID:zPU6OZmy
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
124 : 名無し調教中。2017/02/07(火) 18:58:53.22 ID:MuhbfcdI
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
125 : 名無し調教中。2017/02/07(火) 19:01:22.79 ID:TPgRs0R7
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
126 : 名無し調教中。2017/02/07(火) 19:01:58.81 ID:TPgRs0R7
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
127 : 名無し調教中。2017/02/07(火) 19:02:31.40 ID:TPgRs0R7
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
128 : 名無し調教中。2017/02/07(火) 19:02:33.82 ID:TPgRs0R7
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
129 : 名無し調教中。2017/02/07(火) 19:34:02.63 ID:eqLzBkFR
Kさん、荒らしには何を言ってもムダですから、ペニバンスレで続編お願い致します。
130 : 名無し調教中。2017/02/07(火) 21:08:13.62 ID:ODH5U/5a
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
131 : 名無し調教中。2017/02/07(火) 21:10:31.30 ID:osHRp1H+
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
132 : K ◆aqAdf0VumY 2017/02/07(火) 22:39:25.68 ID:CjeTMq8R
>>129
逆に言えば荒らしをこのスレに引き付けておける。
その間に本スレで体験談で盛り上がっていただければと考えているのだが、最近は体験談もなかなか書かれていないようですな。
133 : 名無し調教中。2017/02/08(水) 01:17:57.20 ID:RAYh4/fV
>>132
そんなこと言ってると、また荒らしにこのスレ落とされますよ。
向こうに書いても荒らしは来るけど、コピペで落とすことはないんだから、向こうに書いて下さい。
お待ちしてます。
134 : 名無し調教中。2017/02/08(水) 03:04:51.19 ID:S9VFsECG
sage
135 : K ◆aqAdf0VumY 2017/02/08(水) 05:17:22.05 ID:s0lttbhH
篠原涼子編#19

父親が快楽の拷問にかけられている頃、息子も同じ運命を母によって辿らされようとしていた。
「さあ、パンツをお脱ぎ!ベッドの上に上がって、お尻を見せなさい」
自ら菊門へのお仕置きを望んだものの、どのような処刑を味わわされるのか、Kはここにきて不安が心中を支配していた。
いそいそと下着を脱ぎ捨て、ベッドに上がる。
「ワンちゃんのように、四つん這いになって…お尻の穴がよく見えるように、腰を突き出すの…ン、そうそう…」
四つん這いのドッグスタイルではしたなく尻を突きだすKのペニスは、父親とは違い、ビンビンにそそり立っていた。
バッグの中から組み紐を取りだし、Kの上半身をがんじがらめに縛りつける。両手を腰の後ろに回させ、両手ごと亀甲縛りでガッチリと拘束すると、Kの上半身の自由は完全に奪われ、身動き一つ取れなくなった。
成長期とはいえ、まだ女の子のようにスベスベしたKのヒップを手のひらで優しく愛撫してやる。
136 : 名無し調教中。2017/02/08(水) 19:43:25.73 ID:eaCy0NLJ
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
137 : 名無し調教中。2017/02/08(水) 19:43:52.32 ID:eaCy0NLJ
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
138 : 名無し調教中。2017/02/08(水) 20:29:45.92 ID:ph8jrOcs
飽きねーなこの荒らし
他にやることねーんかな

Kさん、この調子ですから、向こうで続編お願いします。
139 : 名無し調教中。2017/02/08(水) 21:49:02.39 ID:ALnBQYj+
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
140 : 名無し調教中。2017/02/08(水) 21:49:16.54 ID:ALnBQYj+
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
141 : 名無し調教中。2017/02/08(水) 22:36:14.92 ID:ALnBQYj+
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
142 : 名無し調教中。2017/02/08(水) 22:36:17.25 ID:ALnBQYj+
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
143 : K ◆aqAdf0VumY 2017/02/08(水) 23:06:51.74 ID:s0lttbhH
>>138
確かに。
ペニバン愛の欠片も無いこのコピペ荒らしの無法に立ち向かうにはこちらも無法モードでいくしかないのかな。
修羅Kとなって、本スレに殴り込んでいいですか?
144 : 名無し調教中。2017/02/08(水) 23:13:08.52 ID:7AQ3k1pH
元々ただのクズだろ
145 : 名無し調教中。2017/02/08(水) 23:31:51.85 ID:ph8jrOcs
>>143
これ以上基地外に付き合う必要はないと思います。
向こうでもコイツが荒らすなら、潰すだけですから。
146 : 名無し調教中。2017/02/09(木) 01:46:47.61 ID:RHqm5/OQ
age
147 : 名無し調教中。2017/02/09(木) 02:24:53.57 ID:6wsIYGey
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
148 : 名無し調教中。2017/02/09(木) 02:24:55.04 ID:6wsIYGey
遥は巨大なカップを床に起き、膀胱に溜まっている残りの尿をそこへ排出した。
約300mlはあるだろうか。バッグから巨大サイズのシリンジを取りだし、カップ内の尿を全て吸いとる。
「さあ、四つん這いになって、お尻を向けなさい」
口の周りを聖水まみれにしながら、いそいそと四つん這いになるK。遥はKが履いている女性用のショーツを膝元までグイッと引き下ろした。
「アン!」臀部を剥き出しにされる。
遥は臀裂を広げ、キュッとすぼまったKの肛門を露出させた。剥き出しになった菊のつぼみが、物欲しそうにヒクヒクと蠢いている。
「ふふ、いやらしい穴ねえ。犯されたくてウズウズしている感じよ。ほら、何もしてないのにヒクヒクいってるじゃないの。フフフ、じゃあ、こいつを食らわせてあげる。」
遥はシリンジの先端をズブリと菊の中心に突き刺した。
「ひゃはぁ!」
「じゃ、入りますね…」
ググッと力を込めると、聖水はジョロッとKの直腸内に注入された。
「ウエヘッ…」
液体が直腸内に流入する違和感に、思わず腰が逃げようとするが、遥はKの玉袋をわし掴みにし、グイッと手前に引っ張り、逃さない。
「ひいぃん!」
「こらこら、逃げちゃダメでしょう?」男の急所をガッチリと掴まれ、生殺与奪の権利を完全に遥に握られている事を思い知らされたK。
遥は情け容赦なく、聖水を全てKの直腸内に注入した。
「ウグゥ〜……ッ!」温かい遥の体液がKの直腸内に充満する。
遥はずらしたピンクのショーツを引っ張りあげ、パチンと再度Kに履かせてやる。
「じゃあ、10分間、我慢ね」
「そ、そんな!10分なんて無理ですぅ!」早くもKの直腸は、遥の聖水による刺激でグルグルと悲惨な音を立て始めた。
「だ・め・よ?私のハイボールで、先生のオケツマンコ綺麗にしておかないと、この後楽しめないでしょう?」
遥は手のひらでKの下腹部を優しくさすってやる。
ギュルギュルと、下腹から悲惨な破裂音が鳴り響く。
「ひぁぁぁっ!た、助けてぇ!」
「ンフフ、もっと苦しんでちょうだい」遥は人差し指でKの臀部や会陰部をなぞるように這わせる。
時折、蟻の門渡りを軽く指で押して、前立腺を圧迫してやる。
その刺激で、肛門が緩みそうになるが、必死に歯を食いしばって耐える。
「イィィ、ヒィィィィ、や、やめて!死ぬぅ!」
「アッハハ、大丈
149 : 名無し調教中。2017/02/13(月) 08:29:22.30 ID:xilr3UEB
age
150 : 名無し調教中。2017/02/14(火) 01:44:09.94 ID:sIwONUnu
sage
151 : 名無し調教中。2017/02/14(火) 04:15:29.34 ID:dkD9EAgx
ここでやれゴミクズ無能駄文書き

ペニバン趣味が高じて本物が欲 7
http://mercury.bbspink.com/test/read.cgi/sm/1349778796/
152 : 名無し調教中。2017/02/20(月) 18:30:01.77 ID:wfDM2/di
>>151

     ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ( ´∀`)<  オマエモナー!
    (    )  \_______
    | | |
    (__)_)
153 : K ◆aqAdf0VumY 2017/06/03(土) 08:38:50.53 ID:0LpjpNyp
久々に、こっちでやらせてもらおうかな?
154 : 名無し調教中。2017/06/03(土) 18:07:56.70 ID:Gh6lNeco
>>153
お願いします!
155 : 名無し調教中。2017/06/04(日) 11:04:34.11 ID:AaSYS52p
>>153
おまえは今すぐ死ね
156 : 名無し調教中。2017/06/05(月) 06:01:49.07 ID:oa9oLC8M
>>155
ここは小説スレです
157 : K ◆aqAdf0VumY 2017/06/05(月) 06:26:46.97 ID:SXrX5+HV
篠原涼子編の続きいきます

篠原涼子編#38

どうにも抗えない母の責めに、悔しくて胸が締め付けられる思いであった。ギュッと、瞼を閉じると、目尻から熱い涙が零れた。
「あら、もう涙が・・・」涼子は唇を顔に滑らせ顔全体にキスの雨を降らせた。目もくらむようなキスの雨だった。瞼にされるキスは新鮮だった。閉じられた瞼を舌がこじあげ、目をツルツルと愛撫する。
舌に目を転がされているような刺激にKはくすぐったそうに笑みを浮かべた。しかし、涼子は不満そうに呟いた。
「味がしないわ・・・わたしの大好きな涙の味が・・・」
大きなため息を一つ。Kにはそのため息がとても長く感じられた。涼子が決心したように、Kに鋭い視線を浴びせてきた。
「私が好きな涙の味は、やっぱり私が犯してやらないと駄目みたいね。」その声は、どんなに懇願しても、もはや変えられない強い語調だった。
涼子のトロンとした目に見つめられると、邪眼に力を吸い取られてしまったかのように、抗えなくなる。「あ・・・あ・・・ああ・・・」
涼子は股間の巨大なディルドを揺らしながら、ベッドに四つんばいになったKの後ろから、覆い被さってゆく。
涼子の下で犬になったKが、女のように身をよじらせている。
被虐の禁断症状に追いつめられているようだ。Kは、ますます強まる股間の疼きに震えだしていた。
「ヒッ、ヒッ、マ、マママ、ママァ!」
「ンン?何?どうしたの?」涼子は片手の親指をKのアナルに押し当て、グリグリと穴を押し揉んでいる。
時々指がズボッと勢いあまってKのアナルにめり込んでしまう。
「あひゃあ!」
「もう観念したの?覚悟はできた?」
涼子の素の声に、朦朧としていたKは、ハッとして、今の状況を思い出した。
いつの間にか涼子が四つん這いの自分の背後に膝立ちで回り、巨大なディルドーの亀頭を後ろの穴に押し当てていた。ミリ単位で涼子のシンボルがアナルを拡げ始めていた
158 : 名無し調教中。2017/06/05(月) 18:53:06.60 ID:gvbjB/Gt
紫煙
159 : 名無し調教中。2017/06/06(火) 21:29:53.73 ID:uaK/ChOO
sage
160 : K ◆aqAdf0VumY 2017/06/11(日) 08:50:48.64 ID:sGHvattB
ちなみに篠原涼子編の次のネタは誰がよいですか?
161 : 名無し調教中。2017/06/11(日) 23:14:15.78 ID:NjRBESus
はよ死ねガイジ
162 : 名無し調教中。2017/06/12(月) 00:45:11.65 ID:Rx7XMIux
sage
163 : 名無し調教中。2017/06/13(火) 06:25:18.88 ID:iGAhbBo+
>>160
山口智子様をきぼんぬ
164 : 名無し調教中。2017/06/13(火) 08:47:25.24 ID:h5TMGAMH
広瀬すずか橋本環奈か佐々木彩夏をお願いしたいです
165 : 名無し調教中。2017/06/13(火) 15:41:41.93 ID:FM9JyATG
知恵遅れ同士の馴れ合い
166 : 名無し調教中。2017/06/14(水) 05:45:53.85 ID:8J/NOpyq
イヴァンカ・トランプ編を!
167 : 名無し調教中。2017/06/14(水) 13:13:26.42 ID:hsevJ9b1
>>165
わざわざ何故にその馴れ合いに飛び込んでくるのかがわからない
168 : 名無し調教中。2017/06/14(水) 13:17:46.06 ID:KJeHCroZ
>>167
飛び込むってなに?キチガイかよ
169 : 名無し調教中。2017/06/15(木) 00:48:45.88 ID:mesvsp+f
ここは小説スレ
170 : 名無し調教中。2017/06/15(木) 12:31:35.02 ID:pGKz05pz
糞駄文スレな
171 : 名無し調教中。2017/06/16(金) 07:47:07.49 ID:qN2TEhkO
>>167
ほんとそれ
172 : 名無し調教中。2017/06/16(金) 15:01:45.24 ID:0mMdrbN4
>>170
ほんとそれ
173 : 名無し調教中。2017/06/20(火) 03:13:21.90 ID:/YZakGDm
それで?
174 : 名無し調教中。2017/10/16(月) 07:33:52.66 ID:uboJt2/s
               ___
               /     \
             / ─    ─ \
            /  (●)  (●) \
              |     (__人__)     | <   お おう  新作まだ?
           ,.゙-‐- 、  `⌒´   ,/
        ┌、. /     ヽ ー‐  <.
         ヽ.X、- 、   ,ノi      ハ
      ⊂>'">┐ヽノ〃     / ヘ
       入 ´// ノ        } ,..,.._',.-ァ
      /   `ー''"´      ,'  c〈〈〈っ<
     /          __,,..ノ ,ノヽー'"ノ
      {          ´    /  ``¨´
    /´¨`'''‐、._        ,'\
     ∨´     `ヽ、     ノ   ゙ヽ
      ∨      ヽ _,,..-'"    `ヽ
     ∨       〈-=、.__       }
      ヽ、     }   ``7‐-.  /
          ヽ     リ    /′  ノ
          /′  , {     /   /
        {     !   ,ノ  ,/′
          !    /  /   `‐-、
        !   ,/   ゙ー''' ー---'
          ',  /
        {   }
           ゙Y `ヽ、
            ゙ー--‐'