【ヨーコさん】BASTARD!【アーシェ】

1 : 名無しさん@ピンキー2011/11/19(土) 17:06:09.87 ID:I3DW/3cf
エロエロSSとか見たい
546 : 名無しさん@ピンキー2017/02/22(水) 23:06:17.98 ID:qnzbQfKP
絵師さんの作品地味にフォントいいね
スゲー拘ってる
547 : 名無しさん@ピンキー2017/02/23(木) 00:26:01.24 ID:a01yw4cd
ネイのエロが読みたい
548 : 名無しさん@ピンキー2017/03/29(水) 23:09:23.71 ID:XsRloREl
誰かサロン板の新スレ立てたって
俺も無理だった
549 : 名無しさん@ピンキー2017/04/30(日) 21:03:12.32 ID:WmDdZx3p
>>503-512の続き投下します
今回で終わらせる予定でしたがなかなかまとまらないので前篇と考えてください
550 : 名無しさん@ピンキー2017/04/30(日) 21:06:48.37 ID:WmDdZx3p
目の前の想い人の双眸に、顔がひたすら熱くなる。
胸の鼓動がすごすぎて心臓が破裂しそうだ。
秘部から漏れ出る分泌液が止まらなくて、股がすごく濡れてしまっている。
お腹の奥がキュンキュン哭いているのを感じる。
わたしの身体がダーク・シュナイダーと結ばれることを、一つになることを求めているのだ。
最後までしたい、愛を交わしたい、処女を捧げたい。
お腹に、彼の子供を宿したいと。
女の欲求、いえ、本能というべきだろうか。
わかっている。でも、焦っちゃダメ。
今は、そのときじゃない。
これは、あくまでカイとシーラ姫の治療の間の戯れ。
彼にとってわたしは数いる女たちの一人でしかないのだから。
わたしは敵に抱かれ、その敵についた女。
その通りだし、軽い女に思われても仕方がない。
でも、わたしに言わせれば、ダーク・シュナイダーに抱かれたのはきっかけでしかなくて。
彼を知り、彼がこの世界に必要な存在だと確信したから、命を懸けてでも彼を守ると誓った。
それが、わたしの運命なのだと、そう思った。
わたし達は、どこか満たされない部分のある弱い存在だ。
カル様も、ネイ様もそうだった。
でも、ダーク・シュナイダーは違った。
強かった。何よりも強かった。
そして誰よりも大きな器を持っていた。
世界は、彼を求めている。
彼の暖かい胸に抱かれながら、そう感じた。そう確信した。
だから今は敵どうしとして出会ったことすらわたしには幸運だったように思う。
わたし達の支配者、ダーク・シュナイダー。
出会うたびにわたしの胸を揉み、お尻を触り、股間をいじるエッチな魔人。
でも、無限の暖かさをもっているひと。
彼のためなら、どんなことでもする。
たとえ、それがほかの女性との情交の手伝いであっても。
それでも、わたしも十代の女。
彼と性を享受したいと思うのは当然のこと。
ほんの少しのわがままぐらい許してほしい。
神様お願い。もう少しだけ、彼を独占させて。
551 : 名無しさん@ピンキー2017/04/30(日) 21:10:57.99 ID:WmDdZx3p
「これから処女に解毒ジェルを体外・体内の両方から投与するが、その前にオマエの全身をオレの唾液に含まれる酵素で殺菌消毒しつつイキ疲れを回復させる。その間にオレは体内で体液から解毒ジェルを調合する。いーな?」
ダーク・シュナイダーは右手でわたしの前髪を上げると、おでこにキスをした。
「はっ…」
それをきっかけにして、わたしの顔に唇の雨を降らせてゆく。
「は…あ…あっ…」
彼はキスと同時にわたしの肌に浮いた汗を吸い取っていく。
わたしの身体から力が抜ける。
同時に、内側から新たな力が宿ってくるのを感じる。
シックスナインで3回もイって疲れていたはずなのに。
これも、魔人の力なのだろうか。
それとも、恋の力?
「ふっ…処女の汗も極上の味だな。五臓六腑に染みわたるぜ」
ダーク・シュナイダーはわたしの瞼、頬、顎、耳とキスをし、眉間にキスをしたかと思うと、そのまま唇を下におろし、鼻の頭をはむはむとついばみ始めた。
やがて、舌を使い出し、わたしの顔を唾液でペチャペチャと濡らしてゆく。
「は…あ…あ…あぁ……」
吐息が漏れ出る。
気持ちいい。
顔を舐められているだけでこんなに気持ちよくなるなんて。
唇と唇が触れ合えない中で、わたしはキスの持つ別の魅力を知る。
彼の唾液が肌を滑り降りてきて、喘ぐわたしの口へと入り込む。
数滴のしずくだけど、それはわたしの咽頭へ流れていき喉を潤わせる。
「んっ…」
美味しい。
いつか、ダーク・シュナイダーと思いきりキスしたら、舌でお互いの唾液を交換し合ったりするのだろうか。
そんな日がいつか来てほしい、そう願うと思わず涙が零れてしまう。
彼は、その涙も唇でついばむ。
ダーク・シュナイダーへの愛おしさが溢れ出す。
彼はわたしの首筋に舌を這わせ、強烈に吸引する。
「あっ…はああああああっ」
首に痛みが走る。
嬉しい。
もっと、わたしの身体にダーク・シュナイダーの跡をつけて欲しい。
「ああ…も…もっと……もっと……」
「どーやら、いいカンジで疲労もとれてきてるよーだな。よーし、オマエの肉をますますやーらかくしてやる」
彼の両手がわたしの乳房を鷲掴みにし、揉みたて始める。
「ああっ…あ……はああ…あ…」
指先が乳輪の周りを擦り、乳首をしごき、先端を弾く。
痛いのに、気持ちいい。気持ちいのに、痛い。
幸せ。
幸せがわたしの全身を走り抜けてゆく。
552 : 名無しさん@ピンキー2017/04/30(日) 21:20:23.78 ID:WmDdZx3p
ダーク・シュナイダーの唇がわたしの鎖骨をさすらい、ゆっくりと胸へ向かう。
そして、顔にしたように、乳房にキスの雨を降らす。
乳房を揉みたてられ、キスをされ、わたしは無意識に彼の首の後ろへ手を回し、後頭部を押さえていた。
そのまま、ダーク・シュナイダーの顔の動きを誘導し、乳房の中心へ押し付ける。
もう、耐えられなかった。
乳首を吸ってほしくてたまらない。
両脚を上げ、彼の腰へしっかりと巻きつける。
早く。早く。
わたしの乳首を咥えて、吸って、思いきり舐めしゃぶって。
そんなわたしの願いは聞き届けられた。
ダーク・シュナイダーの右手がわたしの左の乳房を思いっきり掴んで、そして、勃起したわたしの乳首を咥え込み、吸いたてた。
「あっ…あああああああ!!」
強烈に吸引にわたしは悶える。
彼は唇を離すと、今度は左手でわたしの右の乳房をぎゅっと掴んで乳首を吸いたてる。
「はあっ…あああっ…ダーク・シュナイダー…」
交互に左右の乳首を吸いたてるダーク・シュナイダーが、母乳を必死に求める無垢な赤子のようにも思えてくる。
可愛くて、愛しくて。
もう、それだけで天にも昇る気持ちになる。
「ふう……処女の乳首がはちきれんばかりだな」
見なくても、わたしの二つの乳首がグッショリ濡れているのがわかる。
「はあ…はあ…」
「だがまだだ。まだまだリラックスさせないとな」
ダーク・シュナイダーはそういうとわたしの右手を取り、指先をちゅばちゅばと一本ずつ、指の間まで舐めしゃぶってゆく。
そして、掌、手の甲、腕、肩と舌を這わせ、腋の下を吸いたてた。
「はあっ…あっあああっ」
そして、左手の方も同じように吸いたてる。
わたしの上半身が、彼の唾液でまみれてゆく。
ダーク・シュナイダーはわたしの両脚を持ち上げて膝裏を肩にかけ、わたしのお腹の周りに舌を巡らせる。
「ほんっと…可愛い臍だぜっ」
「あっ…はあっ……!!」
ダーク・シュナイダーのキスの嵐がわたしの腹部を襲い、わたしは身をのけぞらせて悶絶した。
その間に彼の両手はわたしのお尻へシフトし、ゆっくりと撫でさすっている。
「あっ…は……あ…」
敏感になっているわたしにとって、お尻への優しい愛撫すら強烈な刺激だ。
ダーク・シュナイダーの唇が鼠蹊部へ辿り着き、そのままわたしの秘部へといくのかと思ったそのとき、
「きゃっ……やっ……!!」
彼はわたしの足首を手にかけ、思いきり左右に広げた。
わたしの股間の全貌が、ダーク・シュナイダーの目の前にさらされてしまう。
553 : 名無しさん@ピンキー2017/04/30(日) 21:26:01.86 ID:WmDdZx3p
「あ…あ…だ…ダーク・シュナイダー……」
「どーした?恥ずかしーのか?」
さんざん見られ、吸われ、指や舌の侵入も許した場所なのに、どうしてこれほど恥ずかしいのだろう。
脚を大きく広げられるというのが、被虐心を煽るのだろうか。
「お股おっぴろげでもかわいーぜ。しっかしこうしてみてもいーオマ○コだな」
ダーク・シュナイダーの目をまっすぐに見ることができない。
「だがここを吸うとまたカラダが硬くなるからな。まだまだ柔軟させるぜ」
わたしの腿の裏が天井を向くように、ダーク・シュナイダーは腕を伸ばして足首を頭の方へ倒してゆく。
「あっ…ダメっ……」
わたしの身体は屈曲させられ、肛門の部分まで天井を向いてしまう。
彼になら、どうされたってかまわない。そう思っていたはずなのに。
まさか、こんなにみっともなくて恥ずかしい体勢にされるなんて。
「い…いやあっ…」
「クスッ…大事な部分越しに見える処女の顔もかわいーな」
わたしからすれば、陰毛や性器ごしにダーク・シュナイダーの笑顔が見えて。
すごく恥ずかしいのに、なのに、すごく嬉しくて。
それに呼応するように股間が濡れていって。それがまた恥ずかしくて。
「だ…ダーク・シュナイダー……わたし……変なの……恥ずかしくて……でも……」
「この超絶美形主人公の前で女が股を濡らすのは至極とーぜんのことだ」
「もう…もう…わたし……」
「まだだ。まだリラックスタイムだぜ」
彼はわたしの膝を片方ずつ曲げて足の指をしゃぶりつくし、指の間、足の甲と舌を這わせる。
「は…あっ」
足の裏に彼の舌がついたとき、わたしはくすぐったさのあまり反り返って悶えてしまった。
それに構わず、脛、膝、太腿と移動し、太腿を押さえたまま、ダーク・シュナイダーはわたしのお尻の肉に唇を当ててゆく。
「はあ…ああ…」
わたしは恥ずかしい体勢のまま、唇の攻撃にさらされた。
554 : 名無しさん@ピンキー2017/04/30(日) 21:30:50.25 ID:WmDdZx3p
わたしはうつ伏せに押さえ込まれ、背中にも唇を押し当てられていった。
わたしはむずがりながら、その快感を押さえ込むことができなくて、恥ずかしい声を漏らす。
「んっ…ん…あっ…」
お尻の谷間にまで彼の唇と舌が入り込み、そのラインに沿って湿り気が走る。
「だ…ダーク・シュナイダー……そんなトコ……」
「いーからいーから」
わたしを舐めしゃぶる音が、わたしをますますおかしな気分にさせる。
どうしよう。まだ、唾液での消毒の段階なのに。
身体の痙攣が止まらない。
快感が止まらない。
アソコが熱をもって暴走している。
「ダ…ダーク・シュナイダー……わたし…わっ…わたっ……」
わたしは、泣きながら訴える。
仰向けに寝かされ、彼がわたしを抱きしめる。
彼の筋肉質の胸板とわたしの乳房が重なる。
「もう…もう……」
わたしはダーク・シュナイダーの頬に両手を添える。
「ダメ…イク…イッちゃう……わたしだけ……先に……」
イクなら、貴方と一緒にイキたいのに。
「イってきな……オレもあとで処女にいっぱいイかせてもらうからよ……」
ダーク・シュナイダーはわたしの頬にキスして、口を開けると舌先をわたしの顔に這わす。
彼の長い髪がわたしの鼻先にかかり、それだけで胸が高鳴る。
彼の唇が首筋に移り、また強烈に吸いたてられる。
「あっ…あぁああ……」
彼の重量感が心地いい。
目の焦点が次第にぼやけ、わたしに絶頂が差し迫っていた。
ダーク・シュナイダーは性器の矛先をわたしの震える性器に重ねてくる。
わたしの露とダーク・シュナイダーの雫が溶け合うのを感じる。
ああ、熱い。
もう、ダメ。
「処女のイキ具合……たっぷりと肉棒で感じ取ってやるよ……」
「イッちゃう…イッちゃ…」
「あいかわらずおいしそーなみみたぶだ」
「だ…め…みみ…は……」
わたしの右の耳たぶを彼の歯が捉え甘く噛んだ。
「んんんっ!!」
股間から快楽の電気が駆け上がってきて、胎内の筋肉がうねり、愛液をしぶかせてしまう。
「はあ…はあ…」
また、イってしまった。
耳たぶで。
どうして、わたしはこんなにココが弱いのだろう。
恥ずかしい。
「いーイキ具合だ。処女の入り口にフタしてる肉棒にも絶頂感が伝わってくるぜ…」
「…………」
わたしだけイってしまったのがくやしい。
けど、ダーク・シュナイダーが喜んでくれるのなら。
わたしの汗の一粒一粒をダーク・シュナイダーは吸い取っていく。
しばらくの間、わたしたち二人は性器でキスをし、互いの分泌液を混ぜ合わせていた。
555 : 名無しさん@ピンキー2017/04/30(日) 21:41:08.69 ID:WmDdZx3p
ダーク・シュナイダーは立ち上り、直立不動のまま仰向けのわたしを見下ろした。
涙に濡れた目ではその表情を窺い知ることができない。
彼の全身の影が、わたしに差し込んでいる。
その威圧感に、この人が世界を震撼させた魔人なのだと認識させられる。
わたしに見せつけるように、股間から天へ向かってそそり立つダーク・シュナイダーのモノ。
強靭で、太くて、生命力にあふれていて、威風堂々と仰け反って。
「…………」
雄々しさのあまり、わたしは見惚れてしまっていた。
肉棒にはまだわたしの唾液が付着していてテラテラと光を反射している。
あんな立派なモノを咥え舐めしゃぶっていたなんて。
ふんぞり返ったその先端からはジュクジュクと先走りの液体が溢れている。
そこから、目を離すことができない。
全身が欲情し、秘部が火照っている。
わたしは多分今すごく物欲しげな顔をしているのだろう。
わたし見下ろす彼の姿。どこかで見た覚えがある。
それが何か、思い出せない。
556 : 名無しさん@ピンキー2017/04/30(日) 21:42:31.28 ID:WmDdZx3p
「待たせたな……処女。全身の殺菌消毒も済んだ。肉棒の中で解毒ジェルの調合も完了した」
いよいよ、わたしの待ち望んでいた行為が始まろうとしている。
「本来は、これは急速解毒のための手技だが…抗体を事前に接種することで毒への予防にもつながる。ゆえに入念に行う」
カイがさんざんされた、アレが。
「これからオマエの全身に解毒ジェルをブチまけ、くまなくたっぷりすみずみまで入念に塗り込み、さらに経口、経腟、経直腸のカタチで大量に抗体を投与する」
想像するだけでどうかなってしまいそう。
「もちろんすべて一滴も残さず受け入れねばならない。処女の全身の粘膜が解毒ジェルで満たされるのだ」
あのとき、明らかにカイは何度もイかされていた。
わたしもされたいと、ずっと願っていた。
身体が熱くてたまらない。心臓が破裂しそうなくらい打っている。股の湿りも恥ずかしいなんてレベルじゃない。
わたしはすでに陶酔に浸っていた。
「その際にあまりの快感に失禁・失神する可能性もあるが、それでもかまわず大量投与する。いいな?」
わたしはダーク・シュナイダーをまっすぐ見つめながら頷いた。
557 : 名無しさん@ピンキー2017/04/30(日) 21:48:33.07 ID:WmDdZx3p
今回はここまでです。
次で終わらせます。
投下が遅れてすみませんでした。
558 : 名無しさん@ピンキー2017/04/30(日) 22:38:05.06 ID:IBseN2HS
>>557
乙ですGJです!
唾液で全身殺菌wとか解毒治療の前に抗体接種wとかいかにもDSが言いそうw
挿入のない処女のひとり語りなのにちょくちょく笑える設定が混じるのがバスタっぽいっすw
シーンたん健気でかわいい
 
気長に楽しみに待ってますので次回で終わりと決めずに思いついたらその後の本格解毒治療も書いてください
559 : 名無しさん@ピンキー2017/05/01(月) 22:21:04.30 ID:emaNZFy/
シーンってかわいいよね
560 : 名無しさん@ピンキー2017/06/28(水) 22:50:02.34 ID:PUvTGKQd
>>550-556の続き投下します
とりあえず〆です
561 : 名無しさん@ピンキー2017/06/28(水) 22:55:48.29 ID:PUvTGKQd
わたしはこのひとと一晩ベッドで過ごしておきながら、結局処女を捧げるまでには至らなかった。
わたしの胎内はまだ侵されていない。
でも、わたしの後でダーク・シュナイダーと戦ったわたしの幼馴染は、わたしの目の前で体内に彼の体液を大量に注入された。
解毒と言う名目で。
白く濁ったその体液はダーク・シュナイダーの性器の穴から放出されたもので、どう見ても精液をもとに作り出されたものだった。
それを、カイは口内や直腸のような消化器官だけでなく生殖器官でも受け止めたのだ。
絶頂にも達していたに違いない。
カイに言わせれば、本当に解毒だったらしいけど、わたしはまだ懐疑的だ。
あれからずっと…カイがダイ・アモンに血を吸われ、カント寺院で治療を受けている間ですらそのことがわたしの頭から離れなかった。
カイの身体を気遣っている間も、ずっとカイに嫉妬していた。
わたしは、そんな自分が嫌いになりそうで、苦しかった。
早く、解放されたい。
わたしも生殖器で彼の白く濁った熱い体液を感じ取りたい。
全身を白濁液に包まれながら、穴という穴に注ぎ込まれながら絶頂に達したい。
心の底で、そう願っていた。
その願いが、もうすぐ叶おうとしている。
わたしのお腹の中がキュンキュン哭いている。
本当に、子宮は正直だ。
わたしは、ダーク・シュナイダーの天に向かって反り返るペニスを凝視していた。
ダーク・シュナイダーは右手でその大きなモノをすごい速さでしごきだした。
わたしの眼前で肉棒がどんどん張りつめてゆく。
天へ向かってそそり立ちながらビュクビュクと脈動している。
今にも何かがそこから飛び出してきそう。
その手の動きが突如止まった。
「最後はオマエがやるか?」
わたしは、コクリと頷いた。
彼はわたしの両手を取り、その強靭な肉棒を握らせる。
すると、彼が意地悪そうな笑みを浮かべた。
その刹那、肉棒が急激に硬直した。
「!」
同時に、驚くわたしの見開かれた両目に叩きつけるように白く濁った液体がほとばしり、目の前が真っ白になった。
「きゃああっ!!」
すさまじい勢いで、顔にかけられたのだ。
思わず手を離してしまう。
ブシュブシュとわたしの耳をつんざく音。
ダーク・シュナイダーの匂いが猛烈に鼻孔を貫く。
「おっと、処女の手があんまり気持ちいーからすぐ出ちまったぜっ!クックックッ!!」
高らかな彼の笑い声が聞こえる。
本当に意地悪でエッチな魔人だ。
「んぐっ」
かけられた白濁が重力に従って滴り、わたしの口の中に入り込む。
わたしはそれをゴクリと喉を鳴らして飲み込んだ。
顔だけじゃない。全身に粘り気のあるシャワーが降り注ぐ。
目を開けれない中で、彼がとめどなく熱い乳液をわたしの全身に浴びせていくのを感じる。
たぶん、ぶちまけるという表現が正しいのだろう。
ダーク・シュナイダーはわたしの体じゅうに肉棒の先端から放出された解毒ジェルをぶちまけているのだ。
562 : 名無しさん@ピンキー2017/06/28(水) 23:00:17.49 ID:PUvTGKQd
流出が止まらない。
彼はわたしの足首をとって大股開きにさせ、身体の向きをいろいろと変えさせながら乳白の雨を降り注いでゆく。
「きゃ…………」
屈強な肉体に振り回され、声を上げようとしても喉の奥まで乳液に侵されて喉がつぶれてしまったみたいに声にならない。
顔を、髪を、身体を、手足を、秘部を、お尻の穴を、ぬめりつく乳液がたたきつけ、しとどに塗り込めてゆく。
わたしの肉体が、ダーク・シュナイダーの乳白に染め上げられてゆく。
その雨もやがて止み、彼の手が離れ、わたしは仰向けに横たわる。
閉じていた瞼を開き、右手を見ると指の間が白く糸を引いている。
たぶん、わたしの身体のあちこちで白い糸が引かれているのだろう。全身に生暖かい乳液のジェルが張り付いているのがわかる。
額に汗を浮かべてわたしは放心している。ダーク・シュナイダーを見上げるわたしはとろけつくような眼差しをしているのだろう。
「さあ、オマエの肉という肉を揉みしだきながら毛穴という毛穴に解毒ジェルを染みこませてやるぜ」
そう言うと、彼はわたしの太腿を片方ずつ両手で撫でさすり、わたしの素肌に乳液を染みこませてゆく。
「ああああーっ!」
ぬちゃぬちゃとわたしの耳に届く音はとても卑猥だった。
膝、脛、足の甲や裏、足の指の間まで彼は丹念に白い粘液を送り込む。
次にわたしの手を取ってやはり丹念に片方ずつジェルを塗りこめてゆく。
まるで彼の芸術作品にされているみたい、そんなふうに思った。
「四つん這いになりな」
わたしは頷き、四つん這いになると、白く濁ったわたしのバストを彼が後ろから荒々しく揉みしだいた。
「ああっ……あはあああっ!!」
どうしようもなくなるような刺激。
乳房の肉に指が食い込み、指紋が付くほど握りしめられる。
乱暴な愛撫は痛みを伴うのにどうしてこれほど嬉しいのだろう。
「だ…ダーク・シュナイダー……もっと…もっと……」
「わかってる。わかってる。乳腺の中にも念入りに浸透させておかないとな」
彼はわたしの乳首をしごくと先端に開いた穴を指先でいじくる。
「んんんっ!!」
わたしの全身が官能に震える。
心も身体も悦びで満ちている。
「ああっ!!そっソコは…!!」
彼の右手の人差し指がわたしのクリトリスを一押しした。
「オマエの乳首やクリトリスの位置は目を閉じててもわかるぜ」
カイとの戦闘時も、乳首や陰核を服や下着の上から的確に指先で押され、いじられた。
石化される危機の心理的圧迫から急に性の快楽へと反転した刺激で、わたしはすぐに果ててしまった。
戦闘中に魔法で作られた竜巻の中でイかされた女などわたしぐらいだろう。
もう、完全にわたしの性感帯はこのひとに掌握されているのだ。
恥ずかしいけど、それが嬉しい。
全裸のわたしには、あのときよりも直接的な刺激が与えられて、悶えるしかない。
ダーク・シュナイダーはクリトリスをいじりながら、わたしの陰毛を白く塗り込める。
「毛の手入れは大事だからな」
臍の中やお尻の肉にも彼の手が伸び、解毒ジェルを染みこませてゆく。
563 : 名無しさん@ピンキー2017/06/28(水) 23:04:07.31 ID:PUvTGKQd
「あっ…ひっ…あっ…あああっ」
わたしは、いつのまにかまた仰向けで寝かされていた。
今までと違うのは、わたしの頭が彼の…男性器の上に置かれたこと。
後頭部に、彼の熱さを感じる。
「どーだ?キンタマクラの感触は?」
「……気持ち…いい……」
「そーかそーか」
瞳に飛び込むのは逆さまのダーク・シュナイダーの笑顔。
嬉しそうに、わたしの顔や髪に乳液を丹念に塗ってゆく。
顔全体で、彼の匂いを感じ取る。
「美肌効果もあるんだぜ……処女のピチピチの肌には関係ないかもしれねーけどな」
ネイ様が美しいのはそのせい?そう思った瞬間、彼がわたしの口を指で大きくこじ開けた。
「んあっ…」
彼がわたしの口の中をのぞき込んでいる。
「さて……たっぷりと飲ませまくったばっかりだが…急速解毒手技では解毒ジェルの経口投与は飛ばせないんでな。腹パンパンだろーが飲んでもらうぜ…」
「んんっ!!」
返事を待たず、彼はわたしの首を反らせ、その屈強な肉棒をまた口の中に押し込んできた。
「んふっ…んふっ…んふうっ…!!」
突然の口内挿入に、わたしもすぐに対応できない。
「だーめだ、ちゃーんと舌を使うんだ。さっきまでできてたろ?その間に処女のビラビラの細かいスキマやマク、尻の谷間や穴の周りに解毒ジェルを塗り込めてやるからな」
もう、お腹の中はダーク・シュナイダーの精液でいっぱいなのに、まだ飲ませようとするなんて。
さすがに、わたしも苦しくなってきた。
でも、わたしが望んだこと。なんとかわたしは冷静さを取り戻し、肉棒をまたしゃぶりだした。
「んぐっ…んぐっ…」
わたしは唾液を零しながらも彼の性器を味わう。
彼も腰を使いだす。
「いーぞ。処女の白く濁ったおっぱいもユレユレで実に眼福だっ」
彼の嬉しそうな声に、わたしは苦行の中での喜びを見出した。
564 : 名無しさん@ピンキー2017/06/28(水) 23:09:25.20 ID:PUvTGKQd
彼が身を乗り出し、わたしの性器に手をかける。
鼻先に感じる、彼の陰嚢。わたしの鼻息がそこに当たり、彼の匂いが充満する。
彼はわたしの陰毛に染みついていた乳液を指先で拭い、陰唇の襞をひっぱるとそのすみずみに塗ってゆく。
わたしのお腹の上に溜まっていた解毒ジェルを掌にまぶし、わたしの股間をゆっくりと丁寧に撫でさすり、ジェルを粘膜に染みこませる。
「処女の粘膜はプルプルしててゴクジョーの肌触りだな。恥ずかしい分泌腺の奥までジェルを浸透させてやるよ」
「んふ…んんっ……んっ!」
わたしは股間から駆け上がる性感にピクピクと身体を痙攣させながらも彼の亀頭に舌を這わせ、陰嚢を揉む。
高まる興奮。
痺れるほどの快感。
ああ、このままだとまたイっちゃいそう。
「いー感じだ。タマの部分は転がすように優しく揉むんだ。そこでオマエのための解毒ジェルを調合してるからな」
「んぐ…んぐ…」
「お次はシリアナだ」
「んぐうっ!!」
指先を肛門に突っ込まれ、わたしは焦る。
まだ、そこは慣れていない。
「ココはまだまだ調教が必要だな。まあ後でチョクに経直腸投与するからこれぐらいにしておこう」
チョクに経直腸投与、という彼の言葉が脳内でリフレインする。
そうなったとき、わたしはどうなってしまうのだろうか。
「そろそろ経口投与するからな。飲みやすい体勢にもっていくぜ」
仰向けから、わたしはまた四つん這いになる。
膝立ちするダーク・シュナイダーのモノを咥えてる格好だ。
彼はわたしの口から肉棒を抜いた。
「口を開いたまま舌を出しな」
言われた通りにすると、彼はわたしの舌の上で男性器の先端を弾ませだした。
目の前で鼻先をかすりながら上下する彼のオチ○チン。
ちょっと楽しい。
「少しは落ち着いたか?緊張のし過ぎはよくないぞ」
ダーク・シュナイダーの気遣いが嬉しい。
彼の掌がわたしの頭を押さえた。
「さあ、あとは処女が今まで培ったテクニックでこの暴れん棒を慰めるんだ」
わたしは一生懸命口を動かす。
まだ不慣れなためか、時々口から抜けた肉棒の先端が口の周りや顎に触れる。
わたしの口技はまだ熟練したテクニックには遠く及ばない。
でも、ダーク・シュナイダーへの想いは誰にも負けないつもりだ。
手も使って彼を慰めることに精を出す。
「側面に移ってそこからてっぺんまでねぶり上げたら先っちょを丁寧に舐めるんだ」
彼との出会い、抱かれた夜、優しい言葉、初めての官能、絶頂の中で感じ取った幸福、初恋。
「くぅっ…いいぞ。先端にチュッチュしろ」
再会の喜び、捨て身の助力、他の女性への嫉妬、女の欲望、愛する人への献身。
「奥までずっぷり呑み込んでアタマを動かし、しゃぶりにしゃぶってオレをイかせるんだ」
それらのすべてを込めて、わたしは彼を絶頂へと導く。
「いくぜっ」
ブシュッという音と共にわたしの喉の奥に解毒ジェルが叩き込まれる。
「んぐふっ…!!」
何度も飲んだためか、もう一気に飲み込むことができなくなり、わたしはむせてしまう。
「だめだ。ちゃんと飲むんだ」
ダーク・シュナイダーは容赦なくわたしの鼻を摘まみ、鼻で息をできなくさせ、強制的に飲ませる。
「んぐううっ…んぐっ…んぐ」
わたしの中にどんどん嚥下されてゆく彼の乳液。
涙目でわたしは飲み続ける。
これは、今までのどんな戦いより苦しいかもしれない。
なのに、嬉しいと感じてしまう。
あそこがますます濡れてしまう。
わたしはもう彼の性の奴隷になってしまったのかもしれない。
565 : 名無しさん@ピンキー2017/06/28(水) 23:14:28.78 ID:PUvTGKQd
「はあ…はあ…はあ…」
「よーし、全部飲み込んだな。経口投与はもう十分だろう。だがやはりもっと全身に塗り込んだ方がいいな」
わかっている。カイのときにも見ていたから。
わたしはゆっくりと仰向けになった。
「さすがだな。ホントーは処女にしてほしートコロだがさすがに疲れただろ。あとはオレに任せときな」
ダーク・シュナイダーがわたしのお腹の上に乗り、肉棒をわたしの胸に挟んだ。
「今度は顔全体で受け止めるんだゾ」
彼が腰を動かし出した。
女性の膣内を胸の谷間で模して肉棒を摩擦し、刺激する性行為、パイズリだ。
目の前で彼の亀頭が胸の谷間から出たり入ったりする。
それが、ちょっと面白い。
パイズリは女性主導で男性器の愛撫をすることが多いと書いてあったけど、今はダーク・シュナイダーに任せることにした。
わたしの乳房の肉の感触を気持ちよく楽しんでくれてるダーク・シュナイダーの顔をじっくりと見ていたかったからだ。
わたしを見下ろすダーク・シュナイダーの口許が緩んでいる。
「ダーク・シュナイダー…わたしの胸……どう?」
「張りがあってすげー気もちいいぜ。ホント処女の身体はどこもかしこもよくできてる」
「……よかった…………」
嬉しさに、涙が零れる。
わたしのあごに付くぐらいの勢いで肉棒の抜き差しが行われている。
もうすぐ、目の前の亀裂から、彼の白く濁ったモノが噴出し、わたしの顔に至近距離で叩きつけられるのだ。
どんどん、彼の肉棒が大きくなっていくのがわかる。
同時に、わたしの中の被虐的な性欲も膨れ上がってゆく。
ああ、早く。
早く。
貴方の欲望をわたしに叩きつけて。
わたしの淫らな姿を見て、欲望を発散させて。
瞬間。
乳房の間で肉棒が膨張した感覚とブシュウッという音と共に、肉棒の先端からダーク・シュナイダーの粘液が噴出し、わたしの顔面に叩きつけられた。
白く塗り込められるわたしの顔。
「あ…こんなに……」
さらに、わたしの全身に粘液が振り撒かれる。
出しても、彼の勃起具合にはいささかの影響もない。
本当にすごい精力。
多分、絶倫というレベルをはるかに超えているのだろう。
このひとの底知れなさは計り知れない。
わたしは、この人の情欲をすべて受け止められる器になりたい。
それが、今のわたしのすべてだ。
566 : 名無しさん@ピンキー2017/06/29(木) 04:41:18.46 ID:m2wbV0eQ
「いー顔してるぜ、処女。よーし、ワギナの中にたっぷりとくれてやる」
ダーク・シュナイダーは、その屈強な腕で乳液にまみれたわたしを抱え上げ、後背位の体勢にもってゆく。
「ほんっと可愛いオシリだぜ」
両手でお尻を撫で上げ、指を食い込ませて肉を揉みたて、わたしに気持ちのいい振動を送ってくる。
その快感に酔いしれながら、わたしは待ち焦がれた。
「くすっ、いーぞ。さあ、お待ちかねの経腟投与だ」
とうとう、粘液を垂らしている肉棒の先端がわたしの秘部に押し当てられた。
「はっ……」
脳裏にあの晩の決着のときが甦る。
あのときはわたしが達しただけで終わってしまったけど、今度はこのひとも一緒に…
「股間が処女の愛液ですごいことになってるぞ。よっぽど解毒ジェルが欲しいんだな」
彼の言葉に耳まで熱くなる。
わたしの愛液と彼の先走りの液が膣口で混ざり合っているのを実感するだけで全身が震え、イってしまいそうになる。
このひとのせいで、わたしはどれだけ淫乱になってしまったのだろう。
でも、愛する男の前でこうなるのはオンナなら仕方がないこと、よね?
567 : 名無しさん@ピンキー2017/06/29(木) 04:44:14.03 ID:m2wbV0eQ
「このままオマエの初めてを頂きたいトコロだが……毒の予防で処女を食っちまうのも情緒がないからな……約束通りメインディッシュは鎧のアトが消えるまでとっといてやるよ……」
あの朝のコトを憶えてくれていた。
嬉しい。
彼はわたしの外陰部を擦るように肉棒を前後に動かす。
陰毛を擦り、陰核を撫で上げ、肉棒が動いている。
「あっ…あっ…や……」
「くぅ〜。スマタだけでもきもちいーぜ」
すると、彼はわたしの尻たぶを広げ、お尻の穴を外気にさらした。
たぶん、中まで丸見えだ。わたしの全身が羞恥心に襲われる。
「ああっ……いやっ……ダメぇっ…………!!」
その穴の中に、何かが入ってくる。
ダーク・シュナイダーの両方の親指?
「やぁっ……い……いやっ……意地悪っ!!」
わたしは後ろを振り返ってむずかる。
「ココもちゃ〜んと今のうちにほぐしておかないと経直腸投与のときに切れちまうぞ」
ダーク・シュナイダーはお構いなしとばかりに、わたしの秘部に指を這わせ、愛液をぬぐい取り、それを口に含んで唾液と混ぜ合わせた液体をわたしのお尻の穴にぬりつける。
「は…あ…ああ……」
痛い。
でも、覚悟を決めなければ。
わたしは、ここ、アナルにも彼を受け入れるのだから。
「白いオシリ震わせちゃって……アナルもすぼまったり広がったりだな。そぉんなにきもちいーか」
「はあっ……い…じ…わる……」
痛みとは裏腹の心地いい感覚に、わたしは目覚めつつあった。
「さあ、そろそろ中にブチかますぜ」
外陰部を擦っていた肉棒の動きが止まり、先端が膣口へ宛がわれた。
とうとう、来る。
経腟投与だ。
彼は、背後からわたしの乳房を両手で揉みたて、耳元に息を吹きかける。
「いきおいよすぎるとマクまで破れるからな〜〜。ちょっと加減してやる」
わたしの女性器に、しっかりと密着する彼の男性器。
わたしの閉じた胎内への入り口を、ダーク・シュナイダーの亀頭が上下左右に動きながら少しずつこじ開けてゆく。
「は…あ……」
「今、オマエの処女膜とオレの肉棒の先っぽがピッタリくっついてるのがわかるか?」
わたしは何度も頷く。
ダーク・シュナイダーのビクンビクンという脈動が、性器越しに伝わってくる。
出したくて、たまらないのだ。
わたしも、早く受け止めたい。
彼の、体液を。
わたしの、中で。
ダーク・シュナイダーはわたしのクリトリスの包皮をいじり、指先で先端を押し潰す。
「んんっ…」
全身を走る官能の電流。
わたしの肉体に、さらなる絶頂が差し迫っていた。
568 : 名無しさん@ピンキー2017/06/29(木) 05:02:02.94 ID:m2wbV0eQ
「ダ…ダーク・シュナイダー……は…早く……」
「ん〜?何をだ?言ってみな」
「だ…出して……わたしの……中に……」
「もっと具体的に」
「わたしの…オマ○コの中に…出して……注ぎ込んで……貴方の……体液を…………」
「ああ…思いっきり出してやるぜ」
ダーク・シュナイダーは後ろからわたしの髪をかき上げ、少し束ねて掴み、わたしの背中を反らせる。
569 : 名無しさん@ピンキー2017/06/29(木) 05:03:17.46 ID:m2wbV0eQ
「あっ……」
「準備はいーか……処女……」
「ああ……きて……きて……ダーク・シュナイダー……」
彼は少しの間、腰を前後させた。そして、
「いくぜっ!!」
雄叫びの瞬間、ダーク・シュナイダーのモノが膨れ上がったのを、わたしは膣口で感じ取った。
「ああああっ!!」
鈍い放出音とともに、わたしの奥底に液体が注ぎ込まれるのを感じる。
彼の肉棒が放出した濁流が、お腹の中に流れ込んでくる。
彼の熱い体液が。大量に。
わたしの、子宮に。
赤ちゃんの部屋へと。
「ああ…入ってくる……」
処女膜が破られていなかったとしても、経血の通る穴を通して膣へ、子宮へと彼の乳液が入り込んでいるのだ。
たとえ、子種を含んでいなかったとしても、彼の精力の表れには違いない。
肉棒の先端から噴出した体液の奔流は止むことを知らず、わたしの身体の奥深くを射抜く。
わたしは、処女膜で、膣で、子宮で、粘液を受け止める。
嬉しい。
子宮に渦巻く熱がわたしの悦びを満たし、絶頂へと導いてゆく。
「あぁああぁっーーー!!!!」
わたしの身体が弓なりに反り、硬くなった。
身体の芯から震え、濃密で深い快感に意識が浸り、溺れ、沈んでゆく。
涙が溢れる。
でも、これだけでは彼は許してくれない。
「イったか!!処女のまま子宮で感じてイったか!!だがまだだっ!!続けて経直腸投与いくぜっ!!!!」
肉棒が秘部から離れ、絶頂に痺れるわたしのお尻の穴に押し当てられる。
来る。来てしまう。とうとう、ここにも。
「力抜けよ〜っ。切れちまうぞ〜っ!!」
絶頂の中、覚悟を決める。
痛みとともに肛門が開かれる。
「あっ…はっ!!」
わたしの直腸内に白い衝撃が走る。
流れ込んでくる彼の体液。
「ひあっ!!あっはああっ!!」
わたしは目を見開き、先ほど注ぎ込まれた彼の粘液を秘部から垂らしながら、直腸でも彼を感じる。
絶頂の最中で感じやすくなっているわたしの身体が、さらなる快感の電流に打たれる。
「あぁっーーーー!!!!」
今までに感じたことのない感覚が、わたしを襲う。
もう、どうにかなっちゃいそう。
ダークシュナイダーはわたしのお尻から肉棒の先端を抜く。
肛門を閉じていた亀頭が離れ、お尻の穴から彼の乳液が噴出する。
「ああっ…だめぇっ!!みないでぇっ……!!!!」
まるで、排泄を見られてるかのような羞恥心が駆け上がった。
「まだまだいくぜぇっ!!」
絶頂に肩から崩れ落ちたわたしの二つの穴に、彼はさらに乳液を注ぎ込む。
わたしは流れ込む彼の欲望を感じ取り、絶頂の中でダークシュナイダーの体液を恥ずかしい穴から何度も溢れさせた。
570 : 名無しさん@ピンキー2017/06/29(木) 05:10:53.72 ID:m2wbV0eQ
その後のことは、よく覚えていない。
ただただ、目の前も頭の中も真っ白で。
わたしの身体の肉という肉がダークシュナイダーに揉まれに揉まれて乳液が肌に浸透していった。
筋肉質の肉体がわたしを抱きしめ、手だけじゃなく身体全体を動かしてわたしに乳液を染みこませていく。
ヌルヌルとした感触。
ジャリジャリと陰毛どうしが擦れ合う。
見つめ合い、荒い息をお互いの顔に掛け合って。
彼がわたしの身体にキスの雨を降らせ、おぼろげながらわたしも負けじと彼の身体にキスをした。
彼はわたしの色々な場所で肉棒をしごいて、わたしにかけて、いっぱいかけて。
わたしの膣口に先端を押し付けて、腰を動かして、何度も注ぎ込んで。
わたしの肛門に先端を押し付けて、腰を動かして、何度も注ぎ込んで。
ダーク・シュナイダーの中からわたしの中へと生温かい粘液が流れ込んだ。
理屈では説明できないような量だった。
わたしのからだ全部に、ダークシュナイダーの熱さと匂いが染みついて。
わたしはただただ、汗にまみれて、涙を流して、涎を零して喘ぎついて。
全身に電流が走って、気が遠くなって、絶頂に達して、イキっぱなしの状態まで追い込まれて。
注ぎ込まれたダークシュナイダーのとめどない乳液がその激しさと量のあまり逆流し、それをわたしは性器と肛門から噴出させた。
何度も、何度も、何度も。
それが、繰り返されて。
あまりの気持ちよさに意識を失いかけて。
どこで感じてイってるのかもわからない。
肉欲の海にわたしは溺れる。
それでも、何とか耐えた。
たぶん、失禁もしなかったと思う。
わたしは力尽き、うつ伏せに身体を投げ出し、彼の濃厚なニオイに包まれながら果てる。
痙攣する股間から、彼の体液が漏れ出る。
わたしのお腹の中、子宮と直腸にはまだ彼が注ぎ込んだ乳液がその存在を知らせてくる。
そんなわたしの背中とお尻に、彼はさらに白濁した液を垂らし込んで。
わたしは、白く塗り込められた。
571 : 名無しさん@ピンキー2017/06/29(木) 05:14:53.11 ID:m2wbV0eQ
「はあ…あっ……くぅ……」
ああ…
すごい官能だった。
心臓がとめどなく激しく脈打つ。
わたしの中に取り込まれたダーク・シュナイダーの熱い体液が血管を通してからだ全体を巡っているかのよう。
これが、ただの治療なんて信じられない。
カイはこの快楽をわたしに伝えることはなかった。
彼女自身の誇りのためか、わたしのためか、それとも…
ううん。これ以上考えるのはやめよう。
今、わたしは誰よりも幸せなのだから。
「終了だ。しばらくはどんな魔獣の毒にも耐えられるカラダになった。予防接種は定期的にしておくことが望ましーから、またするからな」
想像するだけで、胸が高鳴る。
「処女、言っておくがオマエがマタの穴二つから漏らしてるジェルはオレの体液とはちょっと違うぞ」
「…………え?」
「いーか。オマエの子宮や直腸内にあるのはオレとオマエの体液が混ざり合ってこの世に誕生したまったく新しいリキッドだ。このリキッドが処女に今までにない新たな力を授けてくれると言っても過言ではない」
「わたしと……ダーク・シュナイダーの……」
「そーだ。タイヘンありがたいモノだ。しっかり感じとって堪能するんだぞ」
そう言うと、彼は優しく微笑んだ。
本当のことなのか、冗談なのか。わたしにはわからない。
このひとを理解しきることは誰にもできない。
でも、わたしは思う。
このひとは、体液で女を垂らし込んでも、誑し込むことはしない。
常に、自分に正直なのだと。
好色で淫乱で、来る者は拒まず、女は食える時に全部食う。
そんなひとに惹かれてしまうのは、女側の責任。
彼の女の一人でありたいと思ってしまうのは、わたしの心からの希望だ。
572 : 名無しさん@ピンキー2017/06/29(木) 05:17:48.89 ID:m2wbV0eQ
わたしは彼を見上げる。
目に映る彼の姿に、突然わたしの記憶の扉が開いた。
ダイ・アモンとの戦いの後、何度も見た夢。
わたしは黒髪で、領主の娘に変装している。
館に標的を案内している途中で意識を失い、気づくと不思議な異空間の中。
周りには魔法陣。召喚されたのは、わたし?手足が鎖で囚われている。
誰かの手が、わたしのスカートの中に潜り込み、お尻を撫でている。
いや。
やだ。
指先が下着をなぞり、大事な部分まで浸食していく。
抵抗したくてもできない。
拒絶の言葉が空しく響く。
何者か、姿を確認したくてもわからない。
お願い。
どうか。
あのひとであって。
そして、見上げた姿に、わたしは安堵する。
ああ、あのひとだと。
その手はわたしの服を剥き、乳房をさらけ出して揉みたてる。
彼は言う。
(未婚の娘が命を助けられたからには処女の純潔を与えて手厚く遇さないとなーっ)
わたしは言う。
(おっ…お願い……いたくしないで……)
そして、そのひとはわたしの下着をずらし、屈強なモノをわたしの秘所に押し当て、わたしを女にするのだ。
目覚めると、思い出せない。
でも、夢を見るたびに思い出す。
繰り返される淫夢。
573 : 名無しさん@ピンキー2017/06/29(木) 05:24:30.59 ID:m2wbV0eQ
そう、やっと思い出せた。
やっとつながった。
わたしはいつも、このひととつながっていたのだ。
結ばれていた。
一つになっていた。
涙が溢れる。
彼は少し不思議そうな顔をする。
わたしは力を振り絞って起き上がる。
身体じゅうが白く、粘っこい。
目の前には彼の汚れてしまった肉棒。口を開け、そこに舌を這わせる。
このひとはもうすぐ、わたしの親友と、お姫様をコレで治療する。
だから、その前に掃除しないと。
愛をこめて、わたしの唾液できれいにする。
わたしの口は完全に彼のモノのカタチを憶えている。
立ち昇るダーク・シュナイダーのニオイ。
わたしはしゃぶりながら思う。彼にとってはどうかわからないけど、わたし達にとって彼はまぎれもなく運命の男性なのだと。
ダーク・シュナイダーと出会い、愛され、彼を少しでも満足させるために、わたし達は生まれてきた。そう確信してしまうのだ。
彼の顔を見る。その笑顔がまぶしい。
そんな中、親友が目覚めた。怒りに任せてわたしを彼から離し、彼に食ってかかる。
喧騒に、お姫様も目覚める。寝ぼけているのか、状況が理解できない顔をしている。
わかってる。
みんな彼のことが好き。
彼のすべてが好き。
彼のモノが好き。
それで、じゅうぶん。
ここが、わたしたちの理想郷。
みんなで、彼に愛されよう。
みんなで、彼のモノを愛でよう。
治療と言う名目で。
ただ、肉欲のままに。
いつか、彼に純情を捧げる日を願って。

おしまい
574 : 名無しさん@ピンキー2017/06/29(木) 05:27:48.76 ID:m2wbV0eQ
途中、規制されましたが何とか終わらせることができました
素直で性知識もちゃんとあるシーンなら女性視点エロが書けるんじゃないかと思い立って見切り発車で始めたけれど
結局絵師さんの絵をもとにおしゃぶり治療、大解毒をシーンにやらせるだけの展開になりました
それでも新しい要素を入れようとあがいた結果無駄に長くなり反省です
オチもいろいろ考えたけど結局ふわっとした感じで終わらせました
あー桑でないかな
575 : 名無しさん@ピンキー2017/06/30(金) 00:09:04.40 ID:/oV5DLAX
乙です

>>素直で性知識もちゃんとある

たしかにシーンしか該当しないね
576 : 名無しさん@ピンキー2017/07/01(土) 17:16:55.35 ID:EM4i/9Bo
乙です!
長編完結おめでとうございます

エロに興味深々だけどシーンは根が素直なのか
キンタマクラ気持ちいいとか言ってみたり
新しいリキッドの説明真剣に聞いてたり
笑わせてもらいました

なんかハッピーエンドで終わっていいですね
シーンたんが幸せそうでよかった

お疲れさまでした!
577 : 名無しさん@ピンキー2017/07/02(日) 08:04:33.41 ID:6o0MfwYA
>>575
実力のある人ならカイのひねくれ視点や性知識に乏しいシーラ視点のバージョンも書けるのでしょうが…
シーンは書きやすかったです
だからこそ長くなってしまったんですが

>>576
結局のところシーンはどう頑張っても第3夫人にすらなれないようなポジションだし
カイやネイと違ってほかの男をあてがわれる気配もないので(名無し騎士?知らんな)
そこはもう達観して「わたし達の本当の支配者なら良かったのに…」の願いが叶っただけで幸せとしました
これからもドクターDSの忠実なナースで時々カイとシーラの治療に自分も参加していくでしょう

まだ桑の詳細が分かっていないのでベッドの上なのかそもそも屋内なのかは分かりません
時系列もわかりませんがカイのカント寺院での治療がある程度すんだところでシーラを二人のところに連れてきたと想像してます
ネイ戦前かリンチ戦後かもわからないのでネイの立ち位置が不明で、そこは濁しました
578 : 名無しさん@ピンキー2017/07/07(金) 03:36:53.02 ID:cqxjo3eg
十賢者に洗脳されたDSがヨーコをヤってしまうエロパロが読みたい
579 : 名無しさん@ピンキー2017/08/02(水) 20:57:20.16 ID:DSEG/ZkN
シーラの鎧脱ぎネタが見たい
580 : 名無しさん@ピンキー2017/08/02(水) 23:08:27.86 ID:S2k5MQq+
シーラの鎧脱ぎ脱ぎ
ヨーコのスライム責め
シーンの種付け

それぞれ一人は死ぬまでズリネタにするファンがいるみたいだな
581 : 名無しさん@ピンキー2017/08/05(土) 12:54:13.65 ID:SX+ucDKW
スライム責めからの凸凹×は見たかった
582 : 名無しさん@ピンキー2017/08/06(日) 04:41:45.71 ID:U/dy8J2F
DSがヨーコの処女を無理やり奪うネタが読みたい
583 : 名無しさん@ピンキー2017/08/06(日) 17:12:09.57 ID:cX60ndoU
>>580
無力化されたミカエルも追加で
21,22巻の間だけはバスタ世界最弱の女なのがそそる
584 : 名無しさん@ピンキー2017/08/07(月) 03:46:51.94 ID:hx6QNlE5
DSとイーカル・モンローのエロか読みたい
585 : 名無しさん@ピンキー2017/08/20(日) 22:58:49.02 ID:5yLT5Hmt
アンスラ封印解放するときに悶えるシーラも捨てがたい
586 : 名無しさん@ピンキー2017/08/21(月) 18:29:30.90 ID:TmI41q3d
ミカエルガブリエルアムラエルとの4Pはよ
587 : 名無しさん@ピンキー2017/08/21(月) 20:54:07.53 ID:DXzZYNnT
DSネイヨーコの3P早よ
588 : 名無しさん@ピンキー2017/08/22(火) 23:39:59.30 ID:srUyPvpP
>>583
スライムに襲わせるもよし(ほとんど布地残ってないけど)
催淫魔法みたいなものをかけるもよし
色々とおいしいシチュだったなあ
589 : 名無しさん@ピンキー2017/08/23(水) 02:34:09.19 ID:VVjoFPqv
ヨーコのスライム責め
590 : 名無しさん@ピンキー2017/08/23(水) 10:27:53.59 ID:Mm/WECfr
さくらさん、この振り子をよぉ〜く見て…
貴方はだんだん、だんだん眠くなる……
頭がぼーっとして、わたしの言葉に逆らえなくなる――…
591 : 名無しさん@ピンキー2017/08/24(木) 02:49:34.96 ID:cLmbWBJT
シーンのスライム責めが見たい
592 : 名無しさん@ピンキー2017/08/30(水) 19:25:16.33 ID:bTJNAVlM
>>586
ガブは守護天使になってもいいよ発言
アムは命の恩人
ミカは愛撫一つで落ちそう
593 : 名無しさん@ピンキー2017/09/04(月) 20:49:09.94 ID:wMy4GItN
DSがミカエルに「死んだヨーコさんの仇」と言ってヤって欲しいw
594 : 名無しさん@ピンキー2017/09/19(火) 21:47:32.80 ID:qgbn3Acb
ミカエルの白いパンティエロ過ぎ
595 : 名無しさん@ピンキー2017/09/21(木) 21:46:48.72 ID:dFu1iJ6U
原作がやたらエロかったので、エロ本を買えない年齢の時にオカズにしていた思い出。