謎の彼女Xエロパロ2

1 : 名無しさん@ピンキー2013/01/02(水) 17:01:47.04 ID:3j/JoFmv
age進行sage進行どちらでもかまいませんが作品投下時にはageてください。
恥ずかしい方はageなくても結構です。

【よくある質問】
エロパロ書くの初めてだけど・・・→誰でも初めてはあるもの、まずは書いてみる事が大事
作品投下してもいい?      →あなたの作品が投下されるだけで多くの方が喜びます。
短くて出来が悪いんだけど・・・ →当店は誰でもウェルカム、作品の質に貴賎はありません。
荒らしが来た!          →スルー推奨。
610 : ◆URBRTbKUxc 2017/01/09(月) 20:37:52.97 ID:daNluOMO
原初、俺達は小さな受精卵から始まった。
全く違う遺伝子から織り成された1つずつの奇跡。
次第に細胞分裂を続けるそれからはやがて胚が生まれ、人の形を成す。
緑。新緑の匂いと共に俺達は都立風見台高校で出会った。駆け出しの道は真っさらの白。
二人で歩けば歩く程に景色に色がつき、やがて大都市となった。
ガラクタを継ぎ接ぎした様な不思議な街には大勢の人々が集う。
山高帽子を被った人。狐の面を被った人。眼鏡をかけてバッグに人形を吊るした人。
人の形をしているのかすら怪しい者もいた。
看板の絵、大きな客寄せ人形、全てが此方を見つめている様な錯覚すら覚える。
ラスタスクロールする様な雲が風に流されると、すぐ横を路面電車がゆっくりと走っていく。
上野。丘。諏訪野。クラスメイト達が此方に手を振っている。
それでも俺達は真っ直ぐに進んでいく。道は、今出来たばかりの様に綺麗に舗装されていた。
これが俺達の道。俺達にしか作れない道。
そして道の終わりが近づくと、俺達は息を合わせて脚に力を込めた。

今、俺達は大きな翼で羽ばたいている。
最早道など必要無くなった俺達は自由な風に乗って脚で走るよりも高速に空を飛んでいる。
次第に街が遠くなる。街中の人々の意識が此方に手を振っている気がした。
俺達を光が心地良く包んだ。

『TO BE CONTINUED』

--
611 : ◆URBRTbKUxc 2017/01/09(月) 20:38:10.82 ID:daNluOMO
瞼を静かに開くと、既に幻燈は終わっていた。
「お、終わり?」俺は怪訝そうに卜部に尋ねた。
「終わり」卜部はそれだけ言うとそっと握った手を離した。
「ただの玩具にしてはよく出来ているんじゃないかしら」卜部は何も映っていないスクリーンを眺めている。
暫しの静寂。俺は何が起こったのかすら理解できず卜部を見つめていた。
「……本当は、こんな幻燈機要らなかったのかもね」
「え?ど、どうして?」
「そうじゃない?だって、私達の道が約束されている事なんて分かりきった事じゃない」
慥かにそうだけれど。だからと言ってそんな大切な物……。
「で、その幻燈機は捨てちゃうのか?」俺は卜部に尋ねた。
「捨てないわ、この幻燈機は宝物だし」卜部は大切そうに幻燈機を片付け、リュックにしまった。
「それに、あの幻燈を観た時、椿君がとっても嬉しそうにしていたから」
嬉しい……そうか、あの時俺は嬉しかったんだ。
ふと、卜部が俺の口に指を突っ込んだ。掻き出されたよだれを卜部が舐めた時、卜部が紅潮したのが暗がりの中でも分かった。
「すごく……甘い」卜部はぽつりと声を漏らした。
卜部はすっくと立ち上がるとそっと俺の手を握った。
「椿君……もしまた観たくなったら私に教えて」
「おう」
次はどんな夢が観れるのだろうか。
二人の恋路は、十五夜に輝く満月のみが知るのかもしれない。

【謎のお月見どろぼう -Fin-】
612 : ◆URBRTbKUxc 2017/01/09(月) 20:38:39.19 ID:daNluOMO
【謎のお月見どろぼう -あとがき-】
お久しぶりです。タバコの消費量が増えた◆URBRTbKUxcです。
つい1年前に、新装版ディスコミュニケーションを全巻買いました。内容としてはアングラに近い何かを感じ、思わず読み耽ってしまった程でした。
植芝先生はつげ義春やYMOがお好きだったんですね。意外にも趣味がマッチした事も読み進めやすかった事とある程度関与しているのではないでしょうか。
今回登場したキーアイテム、幻燈機もやはりディスコミから引っ張ってきたものです。
原初、子供というのは神様の使いだったそうですね。その為お月見どろぼうというイベントを通じて神々と触れ合う機会を与えてみようと発案しました。
ところで、素敵な夢を観る女の子って可愛いと思いませんか?
とまあ今回はそういうお話でした。
613 : ◆URBRTbKUxc 2017/01/09(月) 20:39:35.76 ID:daNluOMO
此方の作品もDropboxに用意させていただきました。
保管庫の方も引き続きよろしくお願いします。

https://www.dropbox.com/s/ooycsgx2he6zson/%E8%AC%8E%E3%81%AE%E5%BD%BC%E5%A5%B3X_SS%E3%80%90%E8%AC%8E%E3%81%AE%E3%81%8A%E6%9C%88%E8%A6%8B%E3%81%A9%E3%82%8D%E3%81%BC%E3%81%86%E3%80%91.txt?dl=0
614 : 名無しさん@ピンキー2017/01/10(火) 22:33:16.80 ID:sQu+JHBy
GJ

まさかまだ謎カノのssを読めるとは思わなかったので嬉しいです。
615 : 597-5982017/02/16(木) 21:44:08.81 ID:XG0/hk6b
ナゾカノってよりむしろディスコミ
でもGJ
616 : ◆URBRTbKUxc 2017/05/12(金) 18:54:47.33 ID:dPeSixci
お久しぶりです。もう此処では2年目ですね。
ちょっと変わった事をしてみます。

【謎の色迷日記】

PREAMBLE:
KONO NIKKI HA ORE TSUBAKI AKIRA GA KOJIN NO KENGEN DE
HISOYAKA NI YOGOTO NO 'YUME' NI TSUITE WO SHIRUSHITA
MONO DE ARU.
MADA NARENAI PERSONAL COMPUTER... IWAYURU 'PASOKON' TO
NIHONGO DE SHITASHIMARETE IRU BUNMEI NO RIKI NITE
KAKITSUDURU RIYUU, SORE HA:

1.KONO NIKKI NO ARIKA WO TANIN NI SHIRARETAKU NAI KARA.
KONO COMPUTER NIHA LOGIN SURU TAMENO 'PASSWORD' GA
HISSU DE ARI, SORE NASHI NI HA NAKAMI WO NOZOKU KOTO NADO
TOUTEI MURI NA HANASHI DE ARU.
MATA, NOTE NADO NI SHIRUSHITA BAAI NIHA, ANE YOUKO GA
SOUJICHUU NI MITSUKETE SHIMAU, KANOJO URABE MIKOTO GA
HASAMI DE KIRIKIZANDE SHIMAU, NADO ONORE WO KIKEN NI
SARASHITE SHIMAU KOTO TO NARU NODA.

2.KONO NIKKI HA NIDOTO YOMIKAESHITAKU NAI KARA.
WAZAWAZA JIBIKI(EIWA OYOBI WAEI JISHO, HYAKKA JITEN, etc...)
WO TSUKATTE MADE SHITE, KONO KIKKAI NARU BUNSHOU NI
OTOSIKOMU RIYUU, SOREHA ONORE NO LIBIDO GA AMARINIMO
SHIGEKITEKI SUGIRU UENI, OMOIKAESHITE MONZETU SURU
KOTO NI NARIKANENAI TAME DE ARU.
YUME TOHA MAKOTO OSOROSHII MONO DE ARI, MARE NI YUME DE
OKOTTA DEKIGOTO GA SOUMATOU NO YOUNI TOTSUJO TO SHITE
GANZEN NI ARAWARERU, SOUNAREBA ONORE NO MI NI SEIDOU WO
KAKERU KOTO GA HIJOUNI MUZUKASHII.

SHIKASHI TATOE 'RO-MAJI' NITE KONO NIKKI WO TUDUTTA
TOKORODE SUGU NI YOMARETE SHIMAU KOTO NADO MIETE IRU.
MASHITEYA IKOKU NO KOTOBA NADO ORE NIHA TOUTEI RIKAI
DEKINAI TAME, KAKU KOTO SURA MAMANARANAI.

SHIKASHI, KORE NARA DOUDAROU KA.

"]{173]{! 1zz[-1 $]-[!/v84$]-[! vv0"
KITE-KI ISS-EI S-H-I-NBAS-H-I WO
(*鉄道唱歌より)

|<0/v0 `/<>L| /|/! |X!60[_] @12[_]1 ]-[4 5L|L|_/! [v]@_]!/21 /|/!
KO-NO- Y-O-U N-I KIGO-U A-R-U-I H-A S-U-U-JI M-A-JI-RI N-I
|x4!73 $#![v]@v X07<> [)3 74703 |<0/|/0 /V1|<|<1 /|/0
KAITE SHI-M-AU KOT-O DE TATOE KO N-O NI-K-KI N-O
@12!|x4 vv0 $]-[1/2@/23+3 [v]0, <#!$#!]{! /v45]-[1 /|/!
A-RI-KA WO S-H-I RA-RETE M-O, CHISHI-KI NAS-H-I N-I
^/4|<@[v]! [v]4[>3 `/0|v|@/23|2L| X070 }{4 ]{!`/[_][_] /|/1
NA-KA-M-I M-A-DE YO-M-A-RE-R-U KOTO HA KI-Y-U--U N-I
0vv412L| 70 !|_| ]{0+0 [)4.
O-WA-R-U TO I-U KOTO DA.
(|<0/|/0 ]{!}{0[_] vv0 'l33t' 70 ![_] 1245}{11.)
KO-N-O KI-HO-U WO 'leet' TO I-U RAS-HII.

--
617 : ◆URBRTbKUxc 2017/05/12(金) 18:57:51.97 ID:dPeSixci
26th, April

[v]3/|/0[v]43 /v1 [_]12@/3[- 64 !+4.
0123 ]-[@ 1+$[_][v]0 /v0 }{3`/4 /v0 1+$[_][v]0 /v0 /3[-[) /v0 [_]3 [)3
/|/3|x454123+3 1|2[_].
|<[_]/3! vv0 [_]60|x4$}{!+4|x[_]+0[v]0 |x@12@[)@ /v0 _/!`/[_][_] 64 X1X4/|/41.
[v]3 [)4X3 ]-[@ X4120L|_/!+3 [_]6()|x@$374 74[v]3 X0X0 6@ _|!|3L|/|/ /v0
]-[3`/4 [)@70 $L|6L|/v1 vv@X@++@.
|X4}{4/|/$}{!/|/ 64 [v]`/0L| /v1 0|v|0!. [)[]L|`/4124 [_]12@/3[- /v!
/|/0$]-[!|X4|X412412373!12L| `/0L|[>4.
0$}{!|x0120$}{!+4 `/0L|/|/4 7()!X! 6@ [v]![v]! /v1 X4X412L|.
[>4!74! /v4/v1 vv0 $412374 !12[_]|<4 121X41 ]-[4 [)3X174.
/=L|7474/31 [_]12@/3[- +0 [v]3 6@ 4774. ]{[_][v]@ 64 [>0$L|6L|1201.
+0+$L|_/0 X4/|/0(/0 ]-[4 0123 /v0 |{L|81 /v1 73 vv0 |x4|x3,
"X0120$]-[!7346312L|" 70 $0L| 5454`/4174.
_/0_/0 /v1 $}{1[v]312412312L| |<[_]/31.
]-[4635]-[!54 vv0 [v]@$[_] 12!75L|[>0L|.
0$!|x0120$}{!74 vv41241 94 [v]4_]!12L| 4361603.
5}{!|V|412L| +$L|`/0$@ 6@ <#0L|73/|/ /v1 7455L|12L| 70,
$3X!+$[_]! 94 /34124/34124 /v! /|/412[_] X4/vX4XL| /v1 0$0vv412374.
0123 }{4 [v]3/v0[v]@3 64 [v]@$$#!120 /v1 /v4774.

--
618 : ◆URBRTbKUxc 2017/05/12(金) 19:02:21.76 ID:dPeSixci
3rd, MAY

[v]4+4 [_]12@/3[- /v0 `/L|[v]3 [>4.
/34$]-[0 }{4 vv4!7_4+$L| /v412[_] `/L|[v]3 /v0 [v]@<#!,
012374<]-[! }{4 /3L|1|_[)1/|/6 /v0 []XL|_|[]L| /v1 412L|,
50[v]475L| /v4 $3/v/3[-1 /3L|70/|/ /v0 L|3 [>3 155}{1 [v]@+0vv@/|/[_]
$L|6474 [)3 !+4.
[v]@|*|*!12L|[v]@ |<4124 012374<]-[! @0/|/!$@! 64
/|/@/|/! vv0 $}{173 !12L|/v0[)4, 70 11+41 +0X0/20 [>464.
$0/|/0L|3 [_]12@/3[- /v0 474[v]4 /v!}{@ [v]474 /|/!/|/6`/0L| 64
]{L|]{L|12+7$L|]{312@123+3 !12L| [>3}{4 /v41|x4.
_][_]/vX vv0 XL|[v]!4vv45374 /|/!/|/6`/0L| /v0 70L|/3L| /v1 /v0X012L|
/v4[v]4/v4[v]4$}{11 _]L|L|$0L|, $0123 #4 |x4`/0vv4|x! '[]+[][v]3' `/0121 [v]0
_]L|/v]{37$L| /v0 ]-[4/|/4 vv0 <#!124$#!74 [v]!_]![v]3 /v4 '[]/|//|/@' 64
X3[>4[v]0/|/0 /v1 /v412L| $}{L|/v]{@/v vv0 ]-[4|x|x!12! 70 123/|/$0L| $4$3+4.
0123 }{4 74[v]4124/|/4|xL| [v]L|124[v]L|124 $#!73, [_]12@/3[- /v0
`/@vv@12@|x@ /v4 [v]L|/|/3 /v1 #0/v/v0L| /v0 [v]4[v]4 /v1
XL|<#![>L|X3 vv0 $L|12L|.
[_]12@/3[- #4 50770 0123 /v0 _]!$#!/|/ /v1 ]-[0$0]<[_] 740`/4X4 /v4
`/L|/3! vv0 X4X3, $]-[!_L|]{@ /v1 /v4[>374.
0123 #4 !73[v]0 74773[v]0 !124123/|/4]{L| /v3121,
/=L|70/|/ #370 X4/V0_]0 vv0 0$#!740$#!74.
[_]12@/3[- /v0 [v]L|/v3 #4 <#!_/0L| /v1 `/L|64[v]!,
!/v/3! /v412L| @361 64 0123 vv0 1550L| X4X1747312L|.
#0/v/v0L| /v0 [v]4[v]4 +$L|/v@6@123+@ /=L|7412 ]-[4
#@635#!XL| +4641 vv0 [v]0+0[v]3......

--
619 : ◆URBRTbKUxc 2017/05/12(金) 19:04:46.31 ID:dPeSixci
11th, MAY

0123 ]-[4 [)0X0X4[v]0 $#!12!3/v4! 63/v$0L| /v0 }{473 /v1 X!74`/0L|[)4.
XL|[v]0 124$#!X! $#!120 /v0 0/31 }{4 }{412L|X4 $#!74 /v1 74/v4/31X1,
`/L|}{1 /v0 !120 64 [v]@_@121 |*!/vX /v1 $0[v]412L|.
vv4X41 0/v/v4 64 /3[-[) /v0 $0/34 /v1 @#3/v 12$#!X! |*!|*3 vv0
[v]0773 X!7@ /v0[)3, 0123 ]-[4 [_]12@/3[- 70 !$$#0 /v1
$0/v0 X3[v]L|121 vv0 $L|1, $#!/3@$#! /v3[v]L|774.
`/46483 `/012L| /v0 70/34121 64 012173 XL|12L|70,
[_]12@/3[- }{4 $0/34 /v0 [_@[v]|* /v1 4X4121 vv0 70[v]0$#!74.
X0/34124 64 $L|!74 /v0[)3 /v4/v1X4 74/3[-`/0L| 70 7314/v $#!73,
012374<#! }{4 X41X4 /v0 $#0XL|[)0L| /v1 [v]L|X4774.
[)4$412374 12`/0L|12 }{4 [v]1/v4123/v41 [v]0/v0 /34X4121 [)4774.
}{@/v@$#! /v1 `/0123/34 X0X0 /v1}{4 $L|/3[-7[- /v0 $#0XL|_@! 64
@[v]@/v3173 !12L| /v0[)4 70 1L|.
X0X0 }{4 X4[v]1 /v0 XL|/v1 /v1 <#!6@!/v@!.
0123 [v]0 [_]12@/3[- [v]0 0/v4_]1 X070 vv0 X@/v6@373 174 [)@120L|.
`/L|$#0XL| /v0 /v0<#! 012374<#! }{4 !_L|[v]! /v0 ]-[07012! /v1 [v]L|X4774.
!_L|[v]! }{4 7073[v]0 $4vv4`/4X4 [)3,
$#!/3L|X! }{4 [v]412L|[)3 $L|/v4 /v0 `/0L| /v1
/v4[v]3124X4 [)4774.
[_]12@/3[- }{4 /v@/v!#!707$L| }{4_]1!2L| `/0L|$L| [v]0 [v]1$3_L|,
}{4[)4X4 /v0 [v]4[v]4 X!$#! }{370 464774.
[v]412L|[)3 X0L|$@6! /v0 `/0L| /v1 70/31}{4/v312L|
[_]12@/3[- vv0 0123 }{4 #4$#!773 01X4X374.
`/46473 [_]12@/3[- /v1 017$L|X1 X4/v0_]0 vv0 0$#!7@0$L| 70
7$L|X14X4121 /v0 /v4X4 X4/v0_]0 /v0 }{0}{0 }{4
L|$L|124 !120[)L|!73 vv4124773 174.
#0$#!@X@12! 64 [v]47474X1 7$L|X1 64 73124$L| /v4X4
012374<#! }{4 @! /v0 170/v4[v]1 /v1 /=L|X312L|.
[v]L|<#L| [)3 [_]12@/3[- /v0 XL|<#!/3!12L| /v1 $L|!+$L|X!
X4124[)4 vv0 [v]4_]!vv4124$373 !12L| 70,
X0X0 [)3}{4 $L|/373 64 `/L|12L|$412373 !12L|/v0[)4,
/=L|$#!6! 70 $0/v/v4 X!/3L|/v [)4774.
`/@6@73 [_]12@/3[- 64 $L|X0$#! 731X0L| $#!73[v]!$3,
L|$#!120 /v1 ]-[@!_L|12! [)3/v/3L| vv0 7$L|X![)4$L| X@7@<#! [)3
0123 vv0 `/L|vv4XL| $#!74.
/v0_0[v]1 [)0121 0123 }{4 X@/|/0_]0 /v1 0/v0123 vv0 7$L|X!$@$#!,
$L|123@L| 070 64 }{!/3!XL| }{0[)0 /v1 7$L|X17$L|[)L|X374.
[_]12@/3[- 64 @[v]@! X03 70 70[v]0/v1 _3<<#0L| /v1 74$$L|12L| 70
$3X41 }{4 /v@/v@!120 /v0 }{!X@12! vv0 ]-[@/v@77@.
![v]@[v]@[)3 /v1 /v41 X@!X@/v [)4774.
......`/0XL|@$@ 0123 }{4 $#!746! vv0 `/060$#!7@.

--
620 : ◆URBRTbKUxc 2017/05/12(金) 19:05:34.81 ID:dPeSixci
乱丁発覚。

7th, MAY

X3$4 [_]12@/3[- /v0 }{@}{@ 94 $]-[!/v[)4.
50/v0 /34/v /v0 7$L|`/4 /v1 0123 [v]0 `/0/341274.
|xL|1201 [v]0/=L|XL| /v1 7$L|7$L|[v]412374 [_]12@/3[- ]-[4
1+5L|[v]0 70}{@ <#!6@L| L|7$L|]{L|$}{!$@ vv0 }{1[v]373 174.
`/L|$}{0XL| vv0 |<@|<0[v]L| $3X! 64 4774 64
[_]12@/3[- [)4X3 }{4 ]-[!7012! $3X! vv0 ]-[@_L|$]-[!7@.
$}{0L|_]!/|/ 12`/0L|12! ]-[4 [v]@_L|! X4124, 70 !L|/|/064
X@/|/0_]0 /v0 !!vv@X3 [)464, 0123 }{4 $0L| 0[v]03/v4X4774.
X@/|/0_]0 }{4 0123 vv0 }{!X!7$L|123, L|124[)012! /v0 $4X1 /v0
]-[4/vX4641 }{370 @$]-[! vv0 }{4X0/v[)4.
$#!/34$#! /3412 [)3 /v0[v]1XL|1 $#!73,
012374<]-[! }{4 120L|X@/L| $#!74 /3L|1|_[)1/|/6 /v0 /v4124/3L|
120_]!L|124 [v]4[)3 X!74.
120_]!L|124 /v0 0XL| /v!}{4 /v4_3X4 [v]!$L|/30124$#!XL|
/vL|/v0 [)4X3 vv0 [v]470774 0/v/v4 74<#! 64 !74.
0123 ]-[4 $0/v0 <#L|0L| /v1 [v]4/v3X4123
@7@121 vv0 [v]!vv474$L|70 +0+$L|_]0, 0/v/v4 74<#! ]-[4
/vL|/v0X!123 vv0 /vL|61$L|73, $#!120! }{4[)4 vv0
4124vv4 /v1 $#!7@.
![v]@ 0123 ]-[4 124741 /v0 [_]12@/3[- /v1 X4X0[v]412373 !12L|.
$0$#!73 [_]12@/3[- 74<#! ]-[4 `/L|XXL|12! 70 @`/L|[v]! vv0 $L|$L|[v]3
0123 70 /=L|X4XL| [v]4_]!12!4!......

--
621 : ◆URBRTbKUxc 2017/05/13(土) 19:15:39.69 ID:2KHi85cs
あれ?もうスレ一杯?
622 : ◆URBRTbKUxc 2017/05/14(日) 23:11:24.03 ID:xNub5Uut
1st, JUN

$#!X3/v X4124 X@!#0L| $@1237@ 0123 }{4
$#!/3@$#! [_]12@/3[- /v0 X070 /v4[)0 474[v]4 /v1 /v4X4774.
[v]474 0123 }{4 X463X1 /v4 `/L|[v]3 vv0 [v]174.
17$L|[v]0 /v0 X`/0$#!7$L|, /v47$L| /v0 `/L|6L|123,
0123 70 [_]12@/3[- }{4 $0X0 /v1 174.
[v]3/v0[v]43 /v0 [_]12@/3[- }{4 17$L|[v]0 $L|vv412L| 7$L|XL|3 /v0 L|3 [)3
[v]!_L|X@12@ L|<#![v]@7@ vv0 #!12063, @[v]@! X03 vv0 [v]012@$#!73
0/v0123 /v0 X4124[)4 vv0 [v]0734$0/v[)3 174.
[_]12@/3[- /v0 }{4[)4 }{4 L|$L|124 @$3/3@[v]!, $#![v]3774 /v47$L| /v0
X4_3 70 70[v]0 /v1 $#!0X@_3 vv0 123/v$0L| $@$312L| X40121 vv0
/31XL| /v1 X@/v_]!7012@$37@.
4/=L|12373 }{4 $#!7@7@12L| X@/|/0_]0 /v0 '`/0[)4123' }{4
7$L|XL|3 /v0 #312! X4124 [v]0 $#!747412! 0<#!73 !12L|.
L|12L|[v]L| [_]12@/3[- /v0 }{!70[v]! /v1 [v]!!12@1237@ 0123 }{4
#0/v/v0L| /v0 [v]4[v]4 X@/|/0_]0 /v1 XL|<#!/3!12L| vv0 X4$4/v312L|.
1[v]4[v]4[)3 `/012! [v]0 _L|770 @[v]@! $0/v0 $#!_L|XL| }{4
X4124[)4 64 [v]0373 $#![v]@L| }{0[)0 0123 vv0 47$L|XL| $@$37@.
`/0XL|/30L| /v0 [v]4[v]4 0123 }{4 X@/|/0_]0 /v1 0/v0123 vv0
7$L|X!$@$L| 70, XL|[v]0/v /v0 #`/0L|_]0L| 70 70[v]0 /v1
@X@! _]L|/vX37$L| 64 X0/3012374.
/= L|74121 [)4X3 /v0 X`/0$#!7$L| [)3, 012374<#! }{4
X3[)4[v]0/v0 /v0 6070XL| [v]070[v]3@!,
`/012L| /v0 70/34121 64 0121, 7$L|X1 64 73124$L| /v4X4
@[v]@! [)3/v63X1 70 70[v]0 /v1 74$$#!74.
@X36@7@ [v]3 64 $4[v]3, /30L|_3/v 70 $#!7@ [v]4[v]4
70X1 64 $L|6173 1774.

--
623 : ◆URBRTbKUxc 2017/05/14(日) 23:15:37.88 ID:xNub5Uut
定期試験も終わり、暑苦しい夏がやって来た。そんなある日の事。
その日は答案が返されるだけの時間割だったので、午後からは皆思い思いの形で羽を伸ばす。
俺も荷物を片付けてさあ帰ろうと席を立とうとした矢先の事である。
「椿君、今日は時間空いてるかしら」
「え、今日?どうして?」
声の主は卜部だった。俺は彼女の方を振り向いて「空いてるけど、何?」と要件を尋ねた。
「今日、家に誰も居ないから椿君の家に行っちゃおうかと思って」
「ああ、そういう事なら」
俺は卜部と一緒に教室を出て何時もの帰路についた。
夏の蒸し暑さが俺達を包んだが、寄り道せずに真っ直ぐ俺の家へと向かった。

「んじゃ、上がって」
「お邪魔します」
俺は卜部を部屋まで連れて行くとエアコンのスイッチを入れた。
「何か飲む物取ってくるから少し待ってて」
「うん……あら?これは……」
卜部は俺を引き止めた。新調したパソコンに目が行ったらしい。
「ああ、少し前に部品を買ってきて組んだんだけどね」
「へぇ……」
「暇潰しに動画でも観てていいよ」
俺はログインパスワードを入力して卜部にパソコンを貸すと階下へと降りた。

--
624 : ◆URBRTbKUxc 2017/05/14(日) 23:17:36.28 ID:xNub5Uut
暫く俺達は動画を観たり漫画を読んだりしていた。卜部は俺の知らないゲームや漫画が好きだとばかり思っていたが、意外にも有名所もしっかり押さえていた。
そんな卜部の新鮮な所を眺めていると、階下から玄関の開く音がした。
「明ー?ちょっといいかしら?」
「はーい、今行く!」
俺は卜部にちょっと行ってくると伝え階段を降り、暫し姉の手伝いをした。

「……あら?何かしらこのファイル」
一人になった卜部はふとファイル履歴に目を遣ると怪しげなテキストファイルを開く。
「え、こ、これ……」
卜部はその文字列に目を見開いた。
「ただいま!」
それとほぼ同時に椿が戻ってきた。
そして椿が見たのは、パソコンの画面を見ながら赤面する卜部の姿だった。
彼女は口元を押さえながら、鼻血を指の隙間から垂らしていた。
「あ、あの……卜部……?」
俺はその場で固まってしまった。卜部は物言いたげに瞳を潤わせじっと俺を見つめている。
「あのね、その……」
「……見ちゃった?」
「……うん」
卜部は吃ってしまい、俺の妄想に関して言及する気も失せてしまったらしい。
「……でもね椿君、私もなの」
俯いた卜部はモソモソとポケットから封筒を手渡した。
「え、これ……ごふっ!」
その封筒を受け取り、突如頭に血が上る感覚に陥った俺は盛大に鼻血を噴き出した。
「……私達、似たような夢を観ていたのね」
成程。どうやら封筒の中身は大体察しがついた。
「そんなに溜まってるなら私……オカズにされたって構わないから」
俺は言葉を失う。されど俯き姿勢の卜部は満更でもなさそうだった。
「椿君……また夢の内容教えてね」
「あ、ハイ」
謎めいた取引になってしまったが、これが恐らく恋という物なのかもしれない気がした。
色に迷い狂い果てた青春、そんな爛れた世界でも、卜部はずっと卜部として、俺の彼女としてあり続けるのだろうか。
そんなこんなで、卜部は今日も明日もこの先も、「謎の彼女」なのだろう。

【謎の色迷日記 -Fin-】
625 : ◆URBRTbKUxc 2017/05/14(日) 23:18:36.73 ID:xNub5Uut
【謎の色迷日記 -あとがき-】
2周年ですね。あまり大した作品も出来ず皆様には申し訳ない気持ちであります。
夏も近づく八十八夜。皆様は五月病でさぞかし大変だろうとお見受けしますが、いかがお過ごしですか。
私◆URBRTbKUxcは持病の悪化で物忘れが酷く、今のところ対処療法も難しい最中です。
さて今回は新たな試みを試してみました。言葉遊びの一環と云いますか、アンダーグラウンドの雰囲気と云いますか。そんな目論見が成功したなら何よりです。
本当であれば去年の内に完成したかったのですが、如何せん夢の内容を事細かに書こうとすると膨大な量になってしまいました。スレに入りきるか心配です。
タイトルの「色迷」とは即ち性的な煩悩に惑わされるという意味であり、中国語ではショオミと呼ばれます。
解答編は別途うpさせて頂きますので是非悩みながら読んでみて下さい。
ところで、色づいた空想に悩む思春期の子供達って可愛いと思いませんか?
とまあ今回はそういうお話でした。
626 : ◆URBRTbKUxc 2017/05/14(日) 23:20:46.85 ID:xNub5Uut
保管庫管理人様へ一言: ごめん!
【Leet原文】
ttps://www.dropbox.com/s/qaep1ve3pz1nmb1/%E8%AC%8E%E3%81%AE%E5%BD%BC%E5%A5%B3X_SS%E3%80%90%E8%AC%8E%E3%81%AE%E8%89%B2%E8%BF%B7%E6%97%A5%E8%A8%98%E3%80%91_L33t.txt?dl=0
【Leet+ローマ字】
ttps://www.dropbox.com/s/u52g4txn3f86tnm/%E8%AC%8E%E3%81%AE%E5%BD%BC%E5%A5%B3X_SS%E3%80%90%E8%AC%8E%E3%81%AE%E8%89%B2%E8%BF%B7%E6%97%A5%E8%A8%98%E3%80%91_L33t%2BRoma-ji.txt?dl=0
627 : 名無しさん@ピンキー2017/05/18(木) 10:27:41.80 ID:DAMtMx2z
gj
628 : 名無しさん@ピンキー2017/05/26(金) 03:57:00.50 ID:E4bzzocX
新しい漫画が始まりましたね。
629 : ◆URBRTbKUxc 2017/05/27(土) 00:17:11.97 ID:qE1e+dp/
>>628
しかもディスコミみたいな世界観らしいですね。読みたい!
630 : ◆URBRTbKUxc 2017/06/06(火) 15:43:28.88 ID:rdDgjibz
このスレの皆様方に暑中見舞い申し上げます。
ご笑納ください。
ttps://www.dropbox.com/s/dsuiogxa4tid5xc/Shochumimai_Nazo_20170606_%E8%BA%AB%E5%86%85%E7%94%A8.png?dl=0
631 : 名無しさん@ピンキー2017/06/12(月) 12:10:37.00 ID:0JvTYZh0
すごいな。
絵上手いんですね。
632 : ◆URBRTbKUxc 2017/06/14(水) 15:40:10.15 ID:vxQuwYSu
空梅雨らしいので一本どうぞ。

【謎のサマーアプローチ】

止まない雨はないのだと人は言う。

雨はいつか虹を架けるのだとも言う。

日曜日。俺、椿明は窓から視える部屋の外をじっと見つめていた。
雨。しかも梅雨前線がもたらす雨は風情すら感じられない。
何の気無しにスイッチを捻ったラジオは梅雨入りを報せ、各地では雨がどうこう、洪水に注意せよだの。いくらチューニングダイヤルを廻しても同じような内容ばかりである。
俺はラジオのスイッチを切り枕元に投げ捨てると、居間へと降りて行った。
居間では姉の陽子が商店街の帰りだったらしく、一人季節外れの桜餅と柏餅をつまみながら渋茶を飲んでいた。
「あの、姉さん……また買ってきたの?」
「美味しいからついね、明も食べる?」
「あ、うん」
俺は姉の差し出した柏餅を食べる事にした。
しかし柏餅ひとつ食べたところで気が晴れるわけでもなければ、時計の針が素早く進むわけでもない。
やがて興醒めした俺はすぐに自分の部屋へと戻り、先週読み終えた雑誌をまた捲りながらぼやぼやと夕方までの時間を過ごす事にした。

--
633 : ◆URBRTbKUxc 2017/06/14(水) 15:41:28.78 ID:vxQuwYSu
明くる日の朝、朝食も程々に俺はトボトボと雨の道を進む。
赤、青、黒、色とりどりの傘の花が咲く中、白い校舎は煤けて物哀しさを見せる。
2-Aの教室は何時もと変わらぬ気怠さが広がり、男子達は猥談に励み、女子達は流行に胸をときめかせる。
その中で唯一、机に寝そべり一言も語らぬ存在があった。
卜部だ。彼女だけは最早他人などどうでもいい存在なのだろう。
程なくしてHRの時間が始まり、人混みは整然と席に戻る。

1時限目が終わると、雨脚は一層強まった。
校庭に降り注ぐ雨は川の様に流れ、ぞっとする不安を与えた。
「あちゃー、これ帰れるかな……」
声の主はすぐ隣の上野だった。
上野の自宅は少し離れている様だが、まあ帰れないわけではなさそうだ。
「上野、今日の2限目は移動教室じゃ?」
「おっと、そうだった!じゃあ椿も早く行けよ」
上野はそそくさと準備をして教室を出た。ほぼ同時に卜部も教室を出たので、俺も2限目の用意をして彼女を追いかけた。

--
634 : ◆URBRTbKUxc 2017/06/14(水) 15:48:59.98 ID:vxQuwYSu
昼食の時間。
果たして俺は無事に帰れるのだろうかという心配だけがあった。
丘と卜部が仲良く大きな弁当をつついているのを尻目に俺は一人小さな弁当を食べていた。
仲がいいのは兎も角、内心少し羨ましい感じもする。
「俺も料理作れたらなぁ……。」他人の才能を此処まで大きく感じながら、俺は溜息をつく。

5限目が終わり、掃除も済ませると雨は小降りになってきた。なんとか希望は持てそうだ。
さて帰ろう、とした時に卜部がいない。一足お先に帰ったのかと下駄箱へと向かうと其処に卜部がいた。丘と何やら話している。
俺は下駄箱の影で二人の会話を聞こうとしたが、あまりにも騒がしいので聞きそびれてしまった。
直ぐに二人は別れた。そこで俺は靴を履き替えて卜部と一緒に帰ることにした。

--
635 : ◆URBRTbKUxc 2017/06/14(水) 15:49:55.42 ID:vxQuwYSu
帰り道。公園前まで来た二人に再び容赦なく強い雨脚と強風が襲い掛かる。
「きゃっ!すごい風……」
「仕方ない、雨宿りだな……」
俺達は急いで公園に駆け込み、大きな木の下の梢に身を寄せた。
容赦なく殴りかかる雨という雨は、梢すら突き抜ける。それを傘で防いではいるが如何せん風もある。
「……卜部、震えてるぞ」
俺は思わず卜部を抱きしめた。今日はハサミは飛んでこないだろうか、それだけは心配だったが。
「……ありがと」
卜部は安心した様子で俺に身体を預けた。良かった、ハサミは飛んで来なかった。
「……椿君、あったかいね」
卜部の声が弾む感じがした。心なしか、嬉しい。
そっと肩を抱いて暫くすると、雨脚が弱まった。強い風と共に、雲の裂け目が見えた。
「椿君、あれ見て!」
俺は卜部の指差す先を見た。其処には、大きな虹が掛かっていた。
綺麗だな……やはり雨宿りって、いいものなんだな。
「はい、椿君」
俺は彼女が差し出したよだれを舐めた。しゅわわ、と甘酸っぱい味が広がった。
「椿君、一緒に帰りましょう」
卜部は傘を畳むと足取り軽く砂地の公園をスキップした。
俺も小走りで、虹をバックに彼女を追いかけた。

--
636 : ◆URBRTbKUxc 2017/06/14(水) 15:51:26.40 ID:vxQuwYSu
1週間が経ったその日は奇跡的に晴れていた。
朝、テレビでニュースを観ていた姉、陽子は俺を見るなり小銭を渡した。
「明、今日は食中毒が心配だから何か買ってきなさい」
「とかいって姉さんも作りたくないんでしょー?」
俺はまだ寝癖の残る姉を見ながら笑う。
「しょうもない事言わないの、今日は例年を上回る暑さなんだから」
「へいへい」
俺は小銭を受け取り朝食を食べると手早く支度をして学校へと向かった。

白い風見台高校の壁は夏らしい陽射しに輝いていたが、今朝からやたらと蒸す事もあって其処まで意気揚々と入る気にはならなかった。
2-Aの教室に何時も通り入る。卜部は自分の机に突っ伏して眠っていた。
俺も自分の机に腰掛けると程無くしてHRが始まった。

--
637 : ◆URBRTbKUxc 2017/06/14(水) 15:53:12.36 ID:vxQuwYSu
昼休み、俺は机に散らばった教科書やノートを片付けて購買へと向かおうと教室の外に出た。
其処に卜部が教室から出て来た。何故か手提げ袋を持っている。
「椿君、ちょっといいかしら」
「え?ああ、うん」
俺は卜部の後を歩いて追い、下駄箱でスニーカーに履き替えて体育館脇のベンチまでやって来た。陽射しが梢に掻き乱され、風が心地いい。
「今日は、私と一緒に昼食にしましょう」
そう微笑いつつ卜部は弁当箱と水筒を出して俺の膝に弁当箱を置いた。
俺は恐る恐る弁当箱を開くと、其処には色とりどりのおかずがあった。
何よりも目を引いたのが、チキンライスだった。その上に乗っかったチーズに海苔で卜部の切り絵が施されている。
「わあ、すごい……でも卜部、今日は丘との弁当いいのか?」
「今日は丘さんは上野君と食べるらしいから、たまにはと思って」
卜部は自分の弁当を開けながら、答えた。
「そうなんだ……でも卜部、いいのか?」
「私は椿君の笑顔が見れるなら、それでいいわ」
卜部はそう言うなり黙ってしまい、弁当を食べ始めてしまった。
俺も恐る恐る卜部が作った弁当に箸を伸ばす。
う、美味い。こんなに美味しい弁当は初めてだった。
そして気がつく頃には、俺は卜部の弁当を空にしていた。

--
638 : ◆URBRTbKUxc 2017/06/14(水) 15:54:53.08 ID:vxQuwYSu
放課後、俺達はいつもの道を渡って二人が別れる交差点にまで辿り着いた。
「卜部、今日は弁当ありがとう!」
「……あれ位大した事じゃないわ、また作って欲しかったら何時でも言ってね」
そう言うと卜部は指先によだれを掻き出した。
俺はその甘い雫を舐めると、妙にニヤけたような笑顔になった気がした。
「じゃあ、また明日!」
「おう!」
俺は足取り軽く自宅へと戻った。
「ただいま!」
「おかえり明……その顔何よ」
「え、この顔?何か変かな?」
「とてもしまりのない顔してる」
「そ、そう……」
俺はスニーカーを脱ぐと洗面所に向かった。手を洗いながら鏡を覗くと、其処にはとてもしまりのない自分の顔があった。
「ああ、本当だ……」
俺はくすぐったい気持ちのまま、今日の弁当の事を想い出しながら部屋へと向かった。

--
639 : ◆URBRTbKUxc 2017/06/14(水) 16:03:32.81 ID:vxQuwYSu
また埋め立てですかあ→あと*****秒待て!になってしまいました
続きはまた次回という事で。
640 : ◆URBRTbKUxc 2017/06/16(金) 02:26:53.39 ID:vV3yjQpS
3週間後には梅雨も何処かに消え、風見台は炎天下の夏になった。そんな或る日の放課後である。
俺が卜部を捜しながら下駄箱まで歩いていると、急に上野から声を掛けられた。
「よっす椿!お前今年の夏はどうすんのさ?」
「俺?……ノープラン」
俺は適当に返事をするとそそくさと上履きを脱ごうとした。
「おめー暑中見舞い位送ってこいよなー?」
「暑中……見舞い?」
「ああ、俺もちょっくら旅行でもして来ようかとな……」
上野が何か目論むような顔で頭を掻く。
「……丘と、だろ?」
「げエッ!バレた!?」
そんな顔してりゃ誰だって察するだろ。と言いたかったが敢えて黙っておく事にした。
「俺はどーせお一人様ですよーだ」
俺はそそくさと帰ってしまう事にした。
「おーい!何か進展あったら連絡しろよなー!心の友だろー!?」
……俺は聞こえないフリをした。
「……卜部と、か」
俺はぼやぼやとこの夏行く場所について考えていた。
「海は卜部の家族が帰省で行くだろうから……山?それとも温泉街?」
あれこれ考えているうちに果たしてコンクリ橋の前に着くと、其処で卜部が待っていた。

--
641 : ◆URBRTbKUxc 2017/06/16(金) 02:30:18.25 ID:vV3yjQpS
俺達は暑い中をゆっくりと歩き、やがて公園前までやって来た。
「椿君、少し休みましょう」
「おう」
俺達は公園の中の日陰になっているベンチに座った。
蝉時雨が遥か、炎天下越しに聞こえる。
俺は思い切って、卜部に話しかけた。
「なあ卜部、この夏……旅行でも行かない?」
「旅行……そうね、そういえば今年はお父さんも忙しくて帰省できないと言ってたから」
おおっ、食らいついた!もうひと押しか、手応えがあった。
「何処がいい?山なんかどう?それとも温泉街?」
「そうね……それは椿君に任せるわ」
やった!これでこの夏は先取りしたも当然だ!
「じゃ、じゃあ、また連絡するから―」
「椿君、じゃあ先にこれあげるね」
手渡されたのは切手も宛名もない葉書だった。その裏には卜部がパソコンで描いたであろう卜部の水着姿の絵があった。
「写真をなぞって描いてみたんだけど、どうかな?」
卜部、そんな事出来たんだ……俺は暫しその絵葉書に見とれていた。
「う、うん、上手だね!」
「……ありがとう」
卜部は照れながら眩しい笑顔を見せた。

--
642 : ◆URBRTbKUxc 2017/06/16(金) 02:32:42.92 ID:vV3yjQpS
「ただいま!」
いつもの交差点で日課を済ませた俺は意気揚々と帰宅した。
「おかえり……明ー、まただらしない顔して」
「え?そ、そう?」
俺の顔はまたしまりのない顔になってしまっていたらしい。
洗面所に行き、手を洗っている最中に鏡を覗くと、やはり其処にはしまりのない顔があった。
「ああ、まただ……」
俺はニヤついた顔のまま、自分の部屋に戻った。
ベッドの上で少しばかり気の早い暑中見舞いを眺め、近づく夏休みの事を考えて。
俺は彼女の暑中見舞いを小さな額に入れて、意気揚々と家を出た。
全てはこの夏を卜部と楽しく過ごす為に。

よし、まずは旅行代理店に行ってみるか。大体の相場が掴めたら次は書店……ああ、夕方までにで回れるかな?
俺は先走る気持ちをなんとか抑えつつ、卜部の喜ぶ顔を空想した。
「今、俺達の夏が始まったんだ!」
青空に向かって叫びたいこの気持ち。その新鮮なスタートにたった今到達したばかりだ。

【謎のサマーアプローチ -Fin-】
643 : ◆URBRTbKUxc 2017/06/16(金) 02:37:34.95 ID:vV3yjQpS
【謎のサマーアプローチ -あとがき-】
夏ですね。タバコが足りません。安タバコが美味しいこの夏です。
本作は元々2つの作品の予定でしたが、作っている段階であまりにも短くなる事が予想されたので、繋ぎました。
さて世間は空梅雨となり暑い陽射しが降り注ぐ今日此の頃ですが、皆さん如何お過ごしでしょうか。
私めの事を申せば、今年はカオス極まる深夜アニメの数々、避暑地の憩い、皆さん思い思いの夏が来る事を祈りつつ筆を進める時分であります。
酷暑のみぎりくれぐれもご自愛のほど申し上げます。
ところで、夏を制する女の子って可愛いと思いませんか?
とまあ今回はそういうお話でした。
644 : 名無しさん@ピンキー2017/06/18(日) 23:16:07.71 ID:bK/OoUMl
GJ
645 : ◆URBRTbKUxc 2017/08/29(火) 23:11:17.58 ID:f74HWXdS
これまでの集大成っぽい作品です。相変わらず混沌としているのはご愛嬌で。

【謎の悶絶彼女】

「全く、なんでこうなるかなぁ……」
今、俺椿明はとても無様な格好で2-Aの教室に居る。
今朝から鼻血の止まらぬ俺は家からティッシュボックスを持ってきて、鼻にティッシュを詰め込んだまま今日一日を過ごしている。
幸いにも今朝ほど出血はしていないものの、隣の卜部を見る度にまた大量に出血するのではないかという一抹の不安がある。
全く、昨日上野に変な事を吹き込まれなければこんな事態に陥る事もなかったのに。俺は友を恨んだ。
「おはよーぅ椿ィ、あれ……なんだお前?鼻血か?」
「ああ、本当お前のせいだよ……っ!」俺はヤケを起こして彼の鳩尾に拳を一発食らわせた。上野はその場にもんどり打って悶えた。
さて、事の発端は昨日の上野の会話である。あの時上野はずっと頭を押さえてうんうん唸っていたが……。

--
646 : ◆URBRTbKUxc 2017/08/29(火) 23:17:20.53 ID:f74HWXdS
「どうした上野?頭痛そうにして、丘と失恋でもしたか?」
「ち、違うんだ椿……実はな、この前丘が俺を夕食に誘ってくれたんだ……そしたらなんと丘の兄さんが帰ってきてたんだ」
「丘に兄さん……?で、それがどう頭痛と関係があるんだ?」
「……一杯、盛られた」
盛られた?それってもしかして……。
「う、上野お前酒飲んだのか!?」
「ば、馬鹿!声がでかいぞ……ああ〜〜またイタイ……」上野は頭を押さえながら悶絶した。
つまり事を整理するとこうである。
丘兄妹は二人とも酒が強い体質だった。ビール、酎ハイ、あれこれチャンポンしながらメートルを上げて収拾つかぬ状況に陥った時、丘の両親が席を外したのが運の尽き。
「上野君、もし歩子を貰いたいならこの一杯を飲み給え」
「え、ええっ!?しかしお義兄さん、それは……」
「貴様は歩子が欲しくないのか?」
この言葉に完敗した上野は仕方なく酒を一杯貰い、二人の目の前で一気に飲み干した。
「はっはっは、それでこそ漢というものだよ上野君」
すっかり調子に乗った二人に勧められるがまま上野はベロンベロンになるまで飲んでしまい、帰り道の記憶すら喪って気が付くとベッドの上で二日酔いを起こしながら目覚めたというわけである。
……正直、上野には向こう見ずな所があるのだが、これは流石に酷いものである。

--
647 : ◆URBRTbKUxc 2017/08/29(火) 23:20:48.80 ID:f74HWXdS
俺は更に記憶の糸を少しずつ手繰っていく。
昨日も日照りの強い残暑日であった。青春を謳歌する多くの少年少女達の紅蓮の情念を封じ込めた様な白いコンクリ橋の上で辛辣なる太陽に炙られながら俺と卜部は落ち合い、帰路についた。
「ああ、暑い……椿君、また公園で休んでいいかしら」
「ああ、いいよ」
俺達は、公園の木陰のベンチに逃げ込んだ。
暫し、佇む。すると卜部がぽつりと口を開いた。
「丘さん……お兄さんと羽目を外して上野君を酔わせたらしいわね」
「ああ、上野から聞いた……」
「……椿君は、私が羽目を外した事知ってるよね」
「ああ、そんな事もあったな……」
羽目を外したとは何時かの帰省の話である。あの時の奇妙な夢は未だに俺の脳裏に強く焼き付いている。

--
648 : ◆URBRTbKUxc 2017/08/29(火) 23:27:18.04 ID:f74HWXdS
「……ねえ、私が羽目を外した時、椿君はどう思った?」
「え?」突然の彼女の質問に俺は戸惑った。暫し黙り、決心した俺は答える。
「そりゃあ、あんな卜部見た時は驚いたし、気難しいものを感じたけど……」
卜部は暫し黙り、何か思いついた様に通学鞄の中からまた試験管を取り出しその中に自分のよだれを流し込んだ。
「……また、今夜も舐めて欲しいんだけど」
「う、うん」
卜部の意図は汲めなかったが、俺は大事そうにその試験管を受け取った。
俺達は再び帰路につくと、いつもの交差点で別れた。

その晩、俺はベッドの上で卜部の事について考えていた。
あのよだれにはどんな意図があったのだろうか。
羽目を外した卜部は、俺の考える彼女の可愛い面だったのだろうか、それとも……。
……駄目だ、答えが見つからない。こうなったら成すがままだ。あのよだれを舐めるしかない。
俺は枕元に置いていた試験管の栓を抜いて一気によだれを飲み干した。
「!? っは!」
変な味がする、腐ったわけじゃなさそうだが、頭を揺さぶられる味……これって……。
既に、意識は俺の手元から無くなっていた。
記憶の中の卜部はまた奇妙な夢の世界へと手招きして……。

--
649 : ◆URBRTbKUxc 2017/08/29(火) 23:33:02.80 ID:f74HWXdS
熱帯夜の中の何処か知らない一室。
粗末な造りの和室の様な六畳間に俺と卜部が居た。部屋には卜部が座っているシングルのベッドがひとつと小さな古めかしいテレビが置かれ、そして小さな扇風機が廻転していた。
何故か卜部は黒のネグリジェを着ている。透けた布地から時折チラチラ視える曲線美が悩ましい。
「う、卜部……?」
俺はまじまじと卜部を見つめる。空き缶などのゴミが散らばった部屋に卜部が一層美しく視えた。
そしてあろうことに卜部の手指には煙草が挟まれていた。
「う、卜部!なんで煙草なんか吸ってんだよ!?」
「あら、私が煙草吸ってたら悪いかしら?」
卜部は顔色一つ変えず紫煙を空中に吐き出した。更に卜部は床の上に置いてあった缶酎ハイにも口をつけた。
「椿君……あなたが私にあらぬ感情を抱いて悶えるより、私は大人になりたくてもっともっと悶えているのかもしれないわ」
今の卜部と、大人の卜部……?俺は今どちらの卜部と向き合えばいいんだ?
……駄目だ、考えがまとまらない。
その時、突然卜部は咥え煙草のまま顔を近づけ、俺の口に煙草を咥えさせると両手でそっと頬を包んで、煙草の火を俺の煙草の先端に押し当てた。俺は思わず息を呑んだ。
『これが、大人のキスの味……』
その甘くて苦い味を感じ取った時、急に世界がゆらゆらと揺れ始めて……。

--
650 : ◆URBRTbKUxc 2017/08/29(火) 23:39:37.63 ID:f74HWXdS
俺は、気が付くと自分のベッドの上で目を覚ました。
意味不明な程に混沌とした夢を観るのは最早何時もの事だが、今回ばかりは流石に色々と考えさせられる夢だった。
あの夢に出てきた卜部は本当に悶絶していたのだろうか。
いや、もしかしたらあの時悶絶していたのは本当は俺だったのか。
そんな事を考えているうちに妙にのぼせた様な感覚に陥り、ヌルっと……!?
「げ、鼻血!?」俺は鼻を押さえ、机の上のティッシュを取って拭き取った。
慌てて鼻に詰めたティッシュも数秒経てば真っ赤に染まり、ポタポタと血が垂れてくる。
「姉さん、鼻血が止まらないんだけど!?」俺は急いで階下に降りると姉を呼んだ。
「明、まずは座って鼻をつまんで!」
俺は言われた通り椅子に座って鼻をつまみ、暫くうつむいた。
間もなく鼻血は収まったが、数分に一度じわりと出てくる事に変わりはなかった。
俺は仕方なくティッシュを鼻に詰めて、ティッシュボックスを持って登校する事になり……今に至るというわけである。

--
651 : ◆URBRTbKUxc 2017/08/29(火) 23:42:32.61 ID:f74HWXdS
放課後。恐る恐る鼻に詰めたティッシュを抜くともう鼻血は止まっていた。
俺は安堵し、いつもの様に卜部を捜してコンクリ橋の前までやって来た。はたして其処に居た。
「よう、卜部」
「あら……もう鼻血はいいの?」
「んー……何故かもう治っちゃったよ」
「……それならいいんだけど、それじゃあ一緒に帰りましょう」
……随分とあっさりだなあ。俺は仕方なく彼女と一緒に帰る事にした。

帰り道。今日の卜部を時折横目で眺めていたが、特に変わった気配はなかった。
「……卜部、公園に寄ってもいい?」
途中、俺は話をする為に休憩を打診した。
「そうね、寄って行きましょう」
またもやあっさりOKを出した。やれやれ、と俺は公園の中に入りベンチに腰掛けた。
卜部もすぐ横に腰掛け、俺達は蝉の鳴かない残暑日の中暫し風の気持ちよさに身を任せた。

--
652 : ◆URBRTbKUxc 2017/08/29(火) 23:50:27.32 ID:f74HWXdS
今日は此処まで。
ひろゆき氏はよう規制緩めてくれや。
653 : ◆URBRTbKUxc 2017/08/30(水) 23:58:01.53 ID:nm6HUg1P
「……卜部、話があるんだけど」
「……何?椿君」
卜部は虚空を見つめたままだ。こんな状況で話が出来るのか不安だったが、俺は決心して話を続けた。
「あの夢……本当に卜部が思ってた事なのか?」
「夢……?」卜部は少し怪訝そうに此方を向いた。
「えっと……もし卜部が大人になりたい事を望んでいるなら、それを咎める事は出来やしない……だけど」
「……もしかしてその事で悩んだあまり鼻血が止まらなかったの?」
「えっ、あ、ああ……」
言い当てられてしまった。
「……嘘だよ」
「え?」
「う・そ」
嘘……?一体どういう事なんだ、何故嘘をつく必要があったんだ?
「ごめんね椿君……私はあの時丘さんと上野君がとても羨ましくて、椿君の夢の中であらぬ妄想を植え付けたのよ」
……そうだったのか。じゃあ俺は一体何を悩んでいたんだろうか。こんな純粋な気持ちに気が付いてあげられないなんて。
「椿君……もしあなたが気分を害したなら私、ぶたれたって構わないから」
俺は意外な一言に吃驚して目を見開いた。駄目だ。俺にそんな事は出来ない。
「……もし私を叩きたくないなら、他のどんな事でも耐えてあげる」

--
654 : ◆URBRTbKUxc 2017/08/30(水) 23:58:44.70 ID:nm6HUg1P
どんな事でも?卜部、まさか……。
俺はこの幼気(いたいけ)な彼女に何を仕出かそうというのだろうか。
何をしてやればいいんだ?俺はない頭であれこれ思考する。
……そうだ。
俺はある決心をして立ち上がると暫し目を瞑り、口からよだれを掻き出した。
「え?これ……?」
「ああ、舐めてくれ」
「……うん」
卜部は恐る恐る俺の指からよだれを舐めた。
直後、雷に打たれたかの如く硬直した彼女はがくりと俯いて鼻血をポタポタと垂らした。
「あのね椿君……確かにどんな事でも耐えられるとは言ったけれど、私に縄の痕を付けるのは正直逆効果だと思うわ」
そう。俺は制服姿の卜部を天井から吊るしてやりたいと思ったのだ。
俺が思い描いた情景は正中線に菱型を描く紅い縄、自由の利かない手足、そして……。
「……それと私、体中に人形を括りつけられてもどうしたらいいか分からないわ」
効果覿面である。我ながら理不尽な程意味不明な事を相手に望んだのかもしれないが、それでも卜部は「悶絶」したのだ。
「……椿君、そろそろ帰りましょう」
「ああ」
俺は立ち上がった卜部の肩を優しく抱き、歩幅を揃えて帰路についた。
「……これで、良かったんだな」
ふとそんな事を考えつつ、今日も俺は「謎の彼女」に恋をしている。

【謎の悶絶彼女 -Fin-】
655 : ◆URBRTbKUxc 2017/08/30(水) 23:59:59.25 ID:nm6HUg1P
【謎の悶絶彼女 あとがき】
夏もそろそろ終わってしまいますね。私は9月に内視鏡検査が待っています。コワイヨー
さて大分間が空いてしまいました。正直申し訳ない気持ちです。
近頃何もかも思い通りにいかず、自棄食い自棄飲みという爛れた日々を過ごしていました。
この作品は、ある昼まだ缶の中に残っていたぬるい酎ハイを口にした時閃いたものです。
正直カオス過ぎて意味不明な事になっていますが、原作でもこれ位ぶっ飛んだ話があった様に感じたのでそのまま思いついた内容をアウトプットしてみました。
皆さんが彼女に望む事、それは極めて猟奇的であり、極めて清純な事なのかもしれません。
ところで、縄化粧した彼女って可愛いと思いませんか?
とまあ今回はそういうお話でした。

追伸:植芝先生に例の暑中見舞いをお送りしたところお返事を頂きました。
https://www.dropbox.com/s/c1egmqmz6rkbtfh/Ueshiba_Hensho_20170821%28%E8%A4%87%E8%A3%BD%E5%8D%B0%29.jpg?dl=0
656 : ◆URBRTbKUxc 2017/08/31(木) 00:04:55.84 ID:FqqP583U
保管庫様へ、そっと保存しておいて下されば幸いです。

【謎のサマーアプローチ】
ttps://www.dropbox.com/s/x1sq4gwkzol6yke/%E8%AC%8E%E3%81%AE%E5%BD%BC%E5%A5%B3X_SS%E3%80%90%E8%AC%8E%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%81%E3%80%91.txt?dl=0

【謎の悶絶彼女】
ttps://www.dropbox.com/s/f3b6yg41ntuyg1y/%E8%AC%8E%E3%81%AE%E5%BD%BC%E5%A5%B3X_SS%E3%80%90%E8%AC%8E%E3%81%AE%E6%82%B6%E7%B5%B6%E5%BD%BC%E5%A5%B3%E3%80%91.txt?dl=0
657 : 名無しさん@ピンキー2017/09/09(土) 19:45:26.76 ID:FmwEfskq
gj
658 : ◆URBRTbKUxc 2017/09/17(日) 07:49:24.52 ID:oqqbJWgX
【URBRTbKUxcの独り事】
内視鏡検査はポリープが一切見つからない良い結果に終わりました。ご心配おかけしました。
本題ですが最近小生以外にエロパロを執筆してくださる方が居ないのは誠に遺憾に存じます。
私としては話の通じ合う知人を経由して宣伝を行ったつもりでありますが、如何せん此の作品が極めて
マイナーであるが故に衰退の一途を辿っている事をひどく痛感しております。
本来であれば皆が青春時代に抱えたリビドーを此処で吐き出していくのが筋なのかもしれませんが、
私なりに良かれと作った作品達が何か問題を抱えているのではないかと自責の念にかられているのも
又事実であります。
名も無きヤンデラー様を含めた皆様がまた此処で作品を紡げる事が、今の私の望みであります。
秋の夕暮れは釣瓶落とし、気温もぐっと低くなりましたがどうか皆様方体調にご自愛下さいませ。

敬具
URBRTbKUxc
659 : 名無しさん@ピンキー2017/09/21(木) 22:34:13.41 ID:p4YsoqNp
いや、あなたの作品は素晴らしいけど。
単純に作品がマイナー過ぎるだけだと思います。

自分は新作も好きなので、新作が人気が出れば、ここも変わるかもしれませんね。