【スカトロ】排泄系妄想廃棄所16【汚物】 [無断転載禁止]©bbspink.com

1名無しさん@ピンキー2017/06/29(木) 21:56:54.90ID:dbKme4bD
他スレで日ごろ迫害されがちなスカトロ系の妄想ネタやSSなどを吐き出すスレです。
 版権物の二次パロ、非版権物のオリジナル、いずれも歓迎です。
 
 ネタはライトな便意我慢やトイレ覗きから、ディープな飲尿吐瀉食糞塗便まで、
 女性キャラの排泄関連をテーマとしていれば大小上下固形液ガス問いません。
 ふと思いついた一行ネタから、貼るに貼れずお蔵入りしていた長編SSまで、
 巧拙に関わりなく、形式その他なんでもありで参りましょう。
 
 sage推奨。紳士はこういう時sageるものです。

 ■前スレ
http://mercury.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1451123134/

287芋田治虫2017/12/19(火) 22:06:43.57ID:JZyTT3tT
https://youtu.be/uwZ3DmUr7Fs
https://youtu.be/wQUv5nUZPTc
↑空耳でも替え歌にしても早く歌っても下ネタソングに聞こえるやばい軍歌

288名無しさん@ピンキー2017/12/20(水) 06:41:23.00ID:TV9TmvH+
そろそろクリスマスだな…
このスレにもサンタは来るのかしら?

289G2017/12/24(日) 21:49:46.74ID:F+asUlog
急ごしらえですが、一つ投下します。
ただ誠に申し訳ないんですが、今夜は途中まで、明日の昼に残りを投下することになるかと思います

290G2017/12/24(日) 21:50:16.23ID:F+asUlog
 
注文の多い園芸店 


 「12月のお仕事」



「ふぅ…。 ただいまー……」

 雪のちらつく、とても寒い日の夕暮れのことだった。
 真冬の夕暮れの街、冷たい風は正に頬を切るようだ。
 震えながら、住み慣れた我が家……郊外の一軒家に帰ってきたのは、コートにマフラーの重装備な少女。
 だが彼女の声に、返事をする家族はいなかった。

(やっぱり、誰もいないの分かっても、つい言っちゃうなぁ…)
 白い息と一緒に、巻いたマフラーを解いた。
 誰も返事はしないとは分かっていても、声に出してただいまを言わないと、何となく気が済まない。
 彼女――堀江美緒はそういう女の子だった。

 自転車で友達の集まりから戻ってきた美緒は、コートのポケットから取り出した鍵で玄関を開け、真っ暗な自宅の中へと入っていく。
 空の色もすっかり夕闇へ落ちようとしている、17時少し前である。
 両親はまだ仕事だ。
 こんなに寒く、こんなに早く夜になってしまう、冬はやはりさみしくて嫌だと彼女は思った。

「よいしょっと」
 ホールと廊下だけ電気を付けて階段を上り、二階の自室へ。
 廊下までは外と同じく寒かったが、自室はタイマーでエアコンをかけていたおかげで暖かい。
 どさっと放り投げるようにして、かばんを床に置いた。
 それから同じく、自分の身体をベッドに投げ出す。
 暖かい空気にふかふかの布団の上、正に生き返るような気分だった。
 
 今日は……12月25日。
 月曜だから、両親はまだ帰ってこない。今の時間は一人きりのクリスマスだ。
 

291G2017/12/24(日) 21:51:13.11ID:F+asUlog
 
(寒いのいやだなぁ……。でもやらなきゃ。せっかく今日も、二日分ガマンしたんだから)

 大の字になって、天井の照明を見上げる。
 そして深呼吸。
 今日は、学校のみんなと集まってクリスマス女子会っぽいものがあった。
 親は仕事だが、高校生はもう冬休みだ。今日は部活も無かったので、友達とカラオケやちょっとした買い物など……休みを満喫できた。
 お昼にはみんなで、クリスマスランチを食べたり。

(おいしかったな…… また食べに行きたいな……)
 寝転がりながら頭の中でお昼のコースを再現し、おなかに手をやった。
 ファミレスだから、大人から見ればそこまでの高級な食事ではないのだが、彼女にとっては結構な料金を支払った。
 他の友達は大概バイトをしていて、余裕があるのが羨ましかった。
 実はそれが、冬休みの宿題と並んで昨日と今日の「課題」でもあったのだが……
 材料の仕込み。
 彼女の裏の顔の、準備である。
 
「……やるか」
 美緒は、ぱしっと両頬をたたいて、気合を入れなおした。
 これから、仕事をする。
 純朴で引っ込み思案、自分に自信のない女子高生、堀江美緒から……例の裏サイト人気ナンバーワンの提供者、寺川ゆいへと頭を切り替えるのだ。
 頬に続いて、お腹を両手でぽんと叩く。
 ……引き締まったラインが美しい、彼女のそのおなかで生産された、昨日と今日二日分の大便を、例のビンに出して工場へと引き渡す大事な仕事。
 このお腹は、その大切な商売道具なのだ。
 実はこの24,25日の食事代は必要経費として「会社」から、工場へ行くタクシー代と同様に支給されていたりする。
 肥料の材料調達のための資金だった。
「クリスマスらしい食事をたっぷりと」という指令と一緒に。
 そして資金と一緒に、もう一つ、工場の入江から渡されたものがあった。

「いい加減、慣れたは慣れたけどさ……コスプレは恥ずかしいよ…… 着替えるの寒いし」
 ぼそぼそと呟きながら、美緒は服を脱いでいく。
 もちろんカーテンをしっかり閉めたのは確認済みだ。 
 19時近くには、流石に母が戻ってくる。
 その前に、全て一人で仕事をこなし、片づけておかねばならない。
 自分のうんちを売る、例の仕事を……。
 そのために今日も朝から、美緒はおしっこする以外、排泄をガマンし続けている。
 それも今夜は、いつもとは違う。特別な夜だ。

292G2017/12/24(日) 21:52:19.66ID:F+asUlog
 
「うわ、なにこれ……恥ずか…… こんなのでうんちするの……?」

 着替えが終わり、姿見鏡の前に立つと、一気に美緒の顔が赤くなった。
 例のビンと同様に隠しておいた、今日のための特別衣装。今初めて袖を通したのだが、その赤と同じように、頬が染まっていく。
 食費と一緒に、会社から支給された服。それは……

「……なんか、そういう…怪しいお店? CMとかでも見たことあるような…でも、やだ……」
 
 気合を入れて仕事をするつもりだったが、一気に引き戻された感じだった。
 無理もない。
 その服は真っ赤な布地に白が少々、そして……スカートの丈が異様に短い。
 いわゆる「ミニスカサンタ」の衣装だったからだ。
 もちろん渡されたとき、説明は受けたし自分で目は通した。だが、実際に着用して鏡の前に立った感想は、それだけで彼女には十分すぎるほどの羞恥プレイだった。
 しばし目を背ける。
 
(えーと、もう、見ない……。 とにかくやっちゃおう……カメラと、ビンを出して……そろそろうんちもしたくなってきたし……)

 ――12月の限定肥料はもちろん、クリスマスの特別コースね。この超悩殺ミニスカサンタで、七面鳥とかグリルチキンとかケーキとか、
 クリスマスのおいしい物いっぱい食べた、極太特上うんこを生産して欲しいのよ。お願いね♪

 先週工場に行った時の、入江の能天気な業務連絡が脳内に再生され、美緒は眉をひそめた。
 正直、鏡をチラ見するだけで頭が変になりそうだった。
 そして剥き出しの脚が寒い。
 だが仕方ない。
 姿見鏡を裏返して、押し入れから仕事道具を取り出し、彼女は仕事の準備に戻る。
 ……むしろその羞恥で逆に、寺川ゆいとしての彼女が呼び覚まされたかもしれない。
 さっさとやってしまおうという気持ちと、昨日から溜め続けているうんちを早く出してスッキリしたいという気持ちと、そして……否定しきれない、倒錯した排便に感じてしまう気持ち良さへの期待と。
 そしてもう一つは、浅見にも頭を下げられては仕方がない、という気持ちだった。

 ぐるっ… きゅ……

(あ……タイミングすごい。家もどってきてすぐ出そうになるなんて……)

293G2017/12/24(日) 21:52:51.10ID:F+asUlog
 
 お腹の奥からの異音が美緒の耳に届いた。
 そして、下腹部からおしりにかけての、締め付けられるような深いな感覚。
 葛藤はありつつも、身体は正直だ。
 徐々に高まる便意を感じながら、いつもの隠し場所である押入れから、これまたいつもの三脚付きカメラと大便貯蔵用のビンを取り出す。
 使い慣れたいつものカメラ……これも会社からの支給品である。
 そして浅見が届けてくれる、貯蔵用の小さいタイプのビン。
 直径20センチと少し、高さは30センチほど。頭にはプラスチックの青い蓋。
 形としては、インスタントコーヒーの大きな丸いビンを思い浮かべればいいだろう。
「今日はとりあえず置いとくだけ……だね」
 ビンを片手に少し見つめてから、ベッドの上にぽいと投げた。
 いつもならこれに直接ぶりぶりと排便しているのだが、今日は少しやり方が違う。
 ビンの出番は後だ。

(特別日の採取、これで何個目だったっけ……? バレンタインと、誕生日と……十五夜と……あっ? そろそろ、ヤバイ……?)


 ぐりゅっ… ぐく……


「うっ…… も、もうちょっと! もう少し待っててね……?」
 彼女の身体に、軽く電気が走った。
 もはや条件反射であろうか。
 カメラに、例のうんこ貯蔵ビンに……用意を始めると、待ってましたとばかりに彼女の直腸が激しく活動を始める。
 内から肛門をぐいぐいと圧迫する、見えない力が高まっていく。
 二日間で腸内に溜め込んだ、とても大きなもの……それがうごめく、出口に向かって降りてこようとする不快な感触。
 便意という名の刺激が、ぱんぱんになった直腸から駆け上がってきて脳を責め立てる。
「ふうぅっ……!」
 カメラのセッティングを続けながら、美緒は眉をひそめる。
 真っ赤なサンタコスの上から、おなかををさする。
 今日はかなり急激だ。 
 女子会の間は空気を読んで大人しくしてくれていた彼女の腸であったが、寺川ゆいに変身した今となっては、じっとしている理由はなかった。
 うんちがしたい。
 二日分のうんちをだして、早くスッキリしたい。
 段々と、脳ではなくうんこを溜め込んだ大腸と直腸が、彼女の心と体を支配しつつあった。

294G2017/12/24(日) 21:53:39.03ID:F+asUlog
 
(うんちしたい…… でも最近はいつも、したいとき以外はちゃんと我慢できてるかな……しっかり食べても体重はそんな増えてないし)

 ガマンを続けながら、美緒は準備を急ぐ。
 ……朝昼夜。
 毎日三回、しっかりごはんを食べて。
 それを体内で大便に変換し、水分と食物繊維もきちんと摂って適度な柔らかさを確保しつつ、陸上部の運動で汗をかき、余計な水分を飛ばす。
 だが確実に原料としてビンに採取するために、家の外では絶対にうんちを我慢する……。
 どんなに苦しくても。
 どんなにうんちをしたくなっても、トイレに行きたくても、家に帰りつくまでは石にかじりついても肛門を緩めない。
 全てはこの仕事……あの園芸店に、肥料の原料として自分のうんこを売り込むという仕事のために。
 だがそろそろこのお腹も、その生活サイクルに割と適応してくれてきたようではあった。



「――えーと、こんばんは……。いつもいつも、私のうんちを買ってくれて、ありがとうございます」

 準備が終わった。
 カメラが回り始めると……そこにいたのは堀江美緒ではない。寺川ゆいが、いつもの挨拶を始めていた。

「今日は聖夜です。みなさん、どうお過ごしでしょうか? 私は今日は、学校の友達と…ちょっといつもより良いランチ食べに行ったり、昨日は家族とケーキ食べたり。楽しいクリスマスを過ごせました」

 顔はモザイク処理される。わかっていても、美緒はいつも、せいいっぱいの笑顔でお客に語り掛けている。
 だが今日は流石に顔が赤い。
 
 「こういうの、初めて着ました。アニメキャラのコスプレとかじゃないのに、結構恥ずかしいですね…… 動画じゃわからないと思いますが、顔、赤くなってると思います。……じゃ、そろそろ……我慢できなくなってきたので……うんち、出しますね……」

 カメラの前、ミニスカサンタ姿で正座していた美緒は、おもむろに立ち上がった。
 陸上で鍛えられ、引き締まった両脚が美しい。真っ赤なミニスカのサンタコスと相まって、扇情的だ。
 その赤のミニスカに、美緒は両手を突っ込んでショーツをずり下げる。
 赤と対照的な、清楚な純白のショーツだ。
 そして一気に、脚から抜いてノーパン状態になった。
 カメラの焦点はもちろん一定だが、実際にこの動画を見る客の視線はミニスカに隠された美緒――いや、ゆいの大切な部分に穴が開くほどの集中することだろう。
 履いていない。そして、揺れる赤いスカートの下、見えそうで見えない……これでもかというほどに、男を欲情させる姿だった。
 いつもならこの後、床のカーペットに両のつま先と膝をつき、ビンの口の真上に肛門が来るように体勢を整える。
 ぷにっとしたおしりの肉を左右に引っ張って、自分の穴を一番よく見える状態にする。
 三脚に乗ったカメラは彼女の真後ろ1メートル、床から20センチの高さで、彼女の懇親の排便を記録する……のだが、今日は少し様子が違っていた。

295名無しさん@ピンキー2017/12/24(日) 22:56:18.40ID:by8DKn8o
しえんいる?

296G2017/12/25(月) 07:18:06.67ID:NCVkOEU3
 
「えーと、今夜の為に、昨日と今日と、丸二日我慢して、わ……私…… んうぅ…! ちょ、ちょっともう我慢できないです……! う、うんちがいっぱい…! もう、出たがってます……!」

 いつの間にか、ちょっと油断したら勝手に先端が顔を出しそうな、そんなレベルまで便意が高まっていた。
 それをこらえて喋っている間に……彼女は、自分の履いていた靴下を脱ぎ始めた。
 今日の「いれもの」は、例のビンではないのだ。
 プレゼントを包むのは、これまた彼女がクリスマス二日間の間履き続けていた、靴下なのである。
 これも入江の指令だった。

「はっ、はっ……!」

 高まる便意に、息が荒くなってきていた。
 彼女自身からは全く見えないが、もう肛門は開きかけて、硬い大便の頭が顔をのぞかせ始めている。
 毎日溜めて溜めて、ひたすら我慢して、家のカメラの前でだけ、ぶちまけるのを許される。
 この異常な行為にはもう慣れたと言っても、食べられる限り食べまくった二日分の大便の圧力を、肛門という小さな肉の壁で抑え続けるにはもちろん限度があった。
 今夜は雪がちらつく、幻想的なホワイトクリスマスだ。
 その初雪のように白く、繊細な彼女のおしりの真ん中にある小さな穴。 
 奇跡のように美しいその穴から、肥料店のお客――いや、ファン達と言って良いだろう。
 待っている皆へのクリスマスプレゼントが生まれようとしていた。

「準備……できました… じゃ、じゃあ…プレゼント、出しますね……!」

 片方脱いだその靴下を、彼女は便意に震える両手で、入口を広げてお尻の穴へあてがう。
 いつもは和便器で排泄するようなスタイルなのだが、今回はミニスカの奥に自分の両手を突っ込んだ状態で、中腰のままカメラの前に立つ。
 白い靴下が、まるで犬の尻尾のように彼女のお尻の下に垂れさがっていた。

「あ……あ! で、出る…出ます! うんち、いっぱいぃ……!」

 ぷし… ぶっ! むちゅ… ぐ…む、むりゅりゅりゅりゅりゅっ!!!
 
 

297G2017/12/25(月) 07:18:53.52ID:NCVkOEU3
 
「はっ…! あああっ…… くぅ…んうぅぅっ……! ああぁ……!」

 一番大きな弾頭部分が肛門を通り抜けた瞬間、びくっと彼女の身体がしなった。
 サンタ姿がかわいい、ゆいの細い身体は全体で排便の快楽を受け止め、そして悩ましげな声が部屋に響き渡る。
 親のいない今、声を我慢する必要も無い。
 純真無垢だった彼女の心と、度重なる異常な脱糞撮影で排泄の快楽に目覚めかけたその身体、両方が……肛門を押し広げる、極太の便で芯から揺さぶられる。
 二日分の我慢の解放と同時に一気に拡がった、彼女の肛門の肉癖をぐりぐりと擦りながら、それは排出されていく。
 彼女の履いていた白い靴下、その穴をあたかも犯すように、直径4センチにも達する大便が伸びていく……

 もりゅ…… にちゅっ……! 

(ふ、ふぅ… んうぅ……! おしりが…あつい……!)

 固すぎず、柔らかすぎず、匂いも実にかぐわしい……実に健康的なうんこだった。
 中腰のまま、手も、そして細い両脚も、排便の刺激に細かく震え続けている。
 そして、両手で支える靴下が、どんどん重くなっていくのがはっきりと彼女には分かった。
 いつもなら、ビンの底で受け止める重量だ。
 その重さがまた、彼女の羞恥心を責め立てるのだった。

(んうぅ…! あれ…くつした、足りるかな……? ま、まだでちゃう……!)

 一気に穴を開放しても、丸二日分の量をすぐには出し切れるわけではない。
 半分以上出して、今は柔らかめの便に変わった。
 排便の快感にじわっと潤う彼女の性器のすぐ横で、見事な一本糞が肛門から産まれては、白い靴下に詰め込まれていく。
 まるでソーセージを作っているかのようだ。
 ついさっきまで履いていた、彼女の靴下が……暖かな彼女の便で満たされていく。

(も、もうちょっとだから……頑張って…!)

 無意味と分かっていても、自分の靴下に声援を送るゆいだった。
 カメラに向かって背中をのけぞらせながら、使命を果たすためにおなかに力を入れる。
 今うんこを充填しているのは、雑貨屋で売っているような装飾品の、大きなクリスマス靴下ではない。普通のソックスだ。
 大して伸縮性のない靴下に、半ば無理やり大量の大便を詰め込んでいる。
 視聴者にはなかなか状況把握ができないだろうが、全部収まるかどうか、ギリギリの所での攻防がカメラの前で繰り広げられていた。
 

298G2017/12/25(月) 07:22:17.39ID:NCVkOEU3
 
「はっ…はぁ…… ああぁ…… ぜ、ぜんぶ…うんち、出ました…」

 大きな仕事をやり遂げ、ゆいは肩で大きく息をする。
 腸に溜め込まれてこの時を待っていた、ゆいの二日分のクリスマスうんこ。それを全部絞り切るまで……約一分ほど。
 心配だったが、どうにか限界近くの所で、白い靴下はうんこを収めてくれた。
 もうぱんぱんだ。
 もしこの靴下から溢れたら、部屋を大便で汚してしまう。そのドキドキも合わさった快楽の余韻は、まだ醒めない。
 焦点があわず、どことなくぼやけた瞳。
 なんとか息を整えようとする彼女の顔は、撮影前よりもなお紅く染まっていたのだった。


「クリスマス限定の、私のうんち……しっかりプレゼントの靴下に包みました。明日、工場に送ります。
バレンタインと同じ、量はちょっとしかないし欲しい人みんなが買えるとは限らないんですけど、それはごめんなさい。
でも頑張って、心を込めてうんちしました。よろしく、お願いします」

 ぺこりと一礼。
 三角の赤いサンタ帽が揺れる。相変わらず、ミニスカから覗くすらっとした両脚がまぶしい。
 ミニスカサンタの姿のまま、例のビンを抱えて、ゆいは事後の挨拶の撮影を終えた。
 いつもならビンの中には茶色く太い一本糞……なのだが、今回は形が似ていても、白い。
 そして、布地に包まれてもなお、そのいっぱいになった靴下からは、力強く湯気が立ち上っていた。
 
 そこで、ようやく――
 腕を伸ばして、彼女はカメラの停止ボタンを押す。
 

299G2017/12/25(月) 07:24:11.08ID:NCVkOEU3
 
 RECの赤ランプが消えた。
 その瞬間に、空気が変わったような気がした。
 腸内の圧迫感もストレスもなくなって、緊張の糸が解け……今度は急激に疲れがあふれてくる。



「はあぁぁぁぁ……。 もう、ホント疲れた今回…… も〜… 恥ずかしかったぁ……!」

 とても深い、安堵のため息が漏れた。
 と同時に、かぶっていたサンタ帽を無造作に掴んで、傍のベッドへ叩きつけるように脱いだ。
 仕事でなかったら、こんなの二度と着たくない。
 そう思った。
 カメラを片付け、うんこ貯蔵ビンを隠して、これでやっと……元の堀江美緒に戻れた。
 
「あ〜…… おなかすいた…」

 そして自分もベッドにばたんと倒れこむ。
 毎回毎回、本当に疲れる。
 二度と着たくないと言いつつ、疲労のあまり真っ赤なサンタコスはそのままに、布団に顔をうずめる美緒であった。

(……そう言えばこれ、使い終わったらどうするんだっけ?)

 まだ着っぱなしの、このコスの事だった。
 よく考えたら入江も浅見も、この後のことを言っていなかったと美緒は思い出す。 
 普通に考えれば、会社に返却、なのだろうが……。
 もう一度聞かなければ。
 

300G2017/12/25(月) 07:24:43.01ID:NCVkOEU3
(明日、浅見さん来るまで、しっかり隠さなきゃ……)

 自分のうんこを溜め込む例のビンは当然としても、このミニスカのサンタ衣装も、家族に見られたら大事である。
 ……特に父親は。
 勝手に部屋に入ってきたりなどは、しないと信じているが。

 しかし渡された時の入江の力説からして、本当に、男の人達はこういうの好きなんだなぁ…と、正直理解はしがたいが、しみじみ思う美緒だった。
 だが、しかし、今の自分は言われた通り仕事をこなすだけだ。
 お金を稼ぐために。

(今回も頑張ったし、浅見さん、褒めてくれるよね……)

 ごろんっとベッドの上で転がり、今度は白い天井を見上げる。
 はぁ…と小さなため息。
 部屋の空気の中には、まださっきの匂いが残っている。
 頑張った成果の証拠だ。だが家族には絶対に秘密。それを知っている、よく頑張ったねと褒めてくれる人は……
 
 
「……やっぱり浅見さんも、好き、なのかな……これ」

 真っ赤なコスの裾をつまんで、ぽつりと美緒は言った。
 明日も午前は何もない。
 平日だから両親も当然仕事だ。だから回収の日にした。なら、自分が何を着ていても自由だと気付く。

301G2017/12/25(月) 07:26:41.42ID:NCVkOEU3
「……どうしよう。 ど、どうしよう……」

 この恥ずかしいコスで排便撮影をしていた時よりも更に、美緒の顔は赤くなっていた。
 バレンタインの時は失敗したが、今度も「個人的なプレゼント」を彼女は用意している。
 これを着て、ビンと一緒にそのプレゼントを浅見に渡す……
 彼女はその自分を想像してしまっていた。

 「寺川ゆい」ならば、どんな恥ずかしい脱糞撮影にだって耐えられる彼女だが、普段はごく普通の純朴な女子高生である。
 撮影の羞恥と、そのドキドキとは同じなようで全く違っていた。
 本当にできる?
 なんて言って出迎えればいい?
 頑張ったねって、似合ってるって、言ってくれる?

 果たしてその思い付きは上手く運んだのか…… 
 それはまた別の話なのだが、その夜、彼女は自分の思いついたことのせいで、ほとんど眠ることが出来なかったのだった。







以上です。
昼休みにと思ってましたが、朝に完了できました。
話の構造が、バレンタインの時と全く同じという手抜きで申し訳ありませぬ。
そして嫁の目を盗んで家でこれを書くのは非常な恐怖でありました。
婿は……つらい……

あとバレンタインの時の話みたいに、一年後、渡すときの話を書くかもしれません(汗)

302名無しさん@ピンキー2017/12/25(月) 07:27:14.16ID:yldxCOkD
おしりを晒してから10時間も我慢させるなんて…

303名無しさん@ピンキー2017/12/26(火) 18:14:24.42ID:cYrdW632
投稿お疲れさまです
久しぶりの「注文の多い園芸店」、楽しませて頂きました

そういえば、先日「ホース氷」ってやつの動画を見たんですよ
そしたらその……なんていうか……下品なんですが……勃起、しちゃいましてね……

304名無しさん@ピンキー2017/12/30(土) 00:56:34.57ID:pj4/Oozc
体験談風、落としておきます。

305名無しさん@ピンキー2017/12/30(土) 00:57:35.09ID:pj4/Oozc
彼氏がすっごく変態なんです。
その……、私の、うんちが好きな人で……。
始まりからそうだったんですけど、出会いは地域の夏祭りで、お手伝いをしていて、
差し入れでたくさん食べ物をいただいて、かき氷なんて断り切れずに三杯も食べてしまって。
そのせいもあってか、お腹が痛くなっちゃって、頼まれていた店番を放り出してトイレに行ったんですけど
すごく並んでいて入れなくって……。
もうお尻が開いて来ちゃってて必死に抑えながら人のいないところに入っていこうとしたんですけど、
もう限界で……浴衣も上げられないまま下着の中にたっぷり出しちゃって……。
白い浴衣だったからお尻のところが茶色くなってるのが一目で分かっちゃって、どうしていいか分からなくて泣き出しちゃって。
そうしたら、その後彼氏になる人が声を掛けてきたんです。どうしたの?って。
最初はパニック状態で、すごく警戒して、うんちを見られたのも恥ずかしくて、
でも落ち着いてって頭を撫でてくれて、拭く物や着替えを探してきてくれて。
でも、私気付いちゃったんです。その人のあそこがすごく大きくなっていることに……。

後日、お礼も兼ねてお食事をして、その後も何度かお会いしてお付き合いすることになりました。
ここからなんですけど、部屋で二人で居る時に、その……したくなっちゃったことがあって、
でも、トイレに立とうとすると彼氏が引き留めてきて、うんちがしたい状態のまま一時間も我慢して。
だんだん私の様子がおかしくなるのを彼氏が心配して、でも言えなくて。
立とうとすると心配だよって手を引っ張られて、私、最初の時にこの人が反応していたことを思い出したんです。
もしかして、私がうんちのおもらしをするのを見るのが好きなのかなって。
でも、まさか聞けなくて。
そうしている間にもうんちがお尻の穴から出てきちゃって、もうだめと思って手を振り払って行こうとしたら、
最初の時みたいに、大きな音を立てて彼氏の前でうんちのおもらしをしちゃったんです。
その時は便秘で、出しても出しても止まらなくて、下着から溢れてスカートの中から床に零してしまって……
それでも止まらなくて、泣きながら全部出し切った時には重さで下着がほとんど脱げちゃってたくらい……
そうしたら彼氏が、あの時と一緒だねって、慰めるみたいに頭を撫でてくれて、
恥ずかしくて情けなくてしがみついて泣いてしまいました。
彼氏は私のうんちがたっぷり詰まった下着を脱がせて、トイレットペーパーを持ってきて拭き始めました。
私は頭がもうろうとして来て、何が起こっているのか整理できないままあちこちに視線を向けていると
今回もまた彼氏のあそこが大きくなっていることに気付いてしまいました。
それで、やっぱりこの人はうんちで興奮するひとなんだと確信して……。
言ってもいいのか迷っていると、彼氏が指を私のお尻の穴に挿し込んで回すんです。
中もしっかり拭かないとね、なんて言いながら、息が上がっていて興奮しているのは明らかでした。
私の方も、それまでいじったことのない箇所を、しかもうんちを出した直後ですごく敏感になっていて……
執拗にいじられ、抜き差しされ続けて……イってしまって。

306名無しさん@ピンキー2017/12/30(土) 00:57:52.80ID:pj4/Oozc
そうしたら彼氏が、うんち見られてお尻の穴いじられてイっちゃったの?なんて、意地悪く聞いて来て、
頭を振ってイヤイヤしたんですけど、彼氏はそういうのにも昂っちゃったみたいで。
うんちをしたばかりのお尻の穴にほとんど無理矢理挿入されてしまいました。
それがすごく気持ちよくて、彼氏もいつもより興奮していて、片付け終わっていないうんちの横で、
お尻の穴のセックスで何度もイかされてしまいました。
私は、自分がこんな変態だとは全く思ってなくて、それでもうんちをした穴で何回もイってしまった事実は消えなくて
恥ずかしくてショックで、泣いてしまったのだけど、彼氏が今までで一番気持ちいいセックスだったと言ってくれたんです。

落ち着いてから確かめたことですが、やっぱり彼氏はそういう趣味のある人で、
最初に会った時に私のしたうんちが大量で浴衣を盛り上げるくらいだったことに興奮したみたいでした。
隠しててごめんと謝られたけれど、二回もこういう事があって、嫌いになるどころか好きになってくれるのが嬉しくて
それから彼氏にうんちを見てもらって、その後、お尻の穴でセックスするようになりました。
恥ずかしいのは消えないけれど、そういうところがいいんだって言ってくれます。
それで……私の方も、好きになってきちゃってるんです。
今はもううんちがお尻の穴を通り抜けるだけでイってしまうようになりました。
うんちの後にいっぱいお尻を犯してくれてたくさん気持ち良くしてくれる変態さんな彼氏が、私は大好きです。

307名無しさん@ピンキー2017/12/30(土) 00:58:24.39ID:pj4/Oozc
っていう話

308名無しさん@ピンキー2017/12/30(土) 02:14:13.64ID:uAmqn3B1
>>305-307
いいね!リアルだし
久々にこれ系は興奮するな〜
またお願いしたいですよ ^ ^

309名無しさん@ピンキー2018/01/01(月) 07:30:49.74ID:ErEI/ViI
新しい形式だね いいものだ

310名無しさん@ピンキー2018/01/11(木) 12:28:45.27ID:uxWnbp0A
〜カルベアスの街・とある屋敷・夜〜

「それじゃおやすみ、アンネ。」
「はい、おやすみなさい、ご主人様。」
ご主人様が私の部屋を後にし、自室へ向かう。2人で話し込んでいたら遅くなってしまった。
私はというと、お風呂にはもう入ってあるし、後は日誌を書いて寝るだけ。
いつも通り、机からノートを取り出し、現在の自分のデータを書き込んでいく。
「我慢…5日目…状態…良好…排泄衝動…本日4回…いずれも我慢に成功…」
そして最後に軽くコメントを書き、本日の記録は終了した。
話しているうちに冷めてしまったお茶を飲み干して、ベッドに腰掛ける。
(明日はご主人様と一緒に買出し、それから…)
明日の予定を思い返していると、気がついた。
(あれ、窓が開いている?)
さっきまで閉めていたのに。とりあえずベッドから立ち上がると――
「――こんばんわ、可愛いメイドさん。」
どこからともなく声がした。
ふわり、と、まるで木の葉が風に吹かれて部屋に入ってくるように、"彼女"は現れた。
その動作があまりにも自然すぎて、少し呆けてしまった。
扇情的で、爆乳と肢体を誇示するかのような衣装。
羽と尻尾、角。そして女の私から見ても、すごい美人。
「…あの、もしかして、サキュバス…というやつですか?」
噂には聞いている。夜に女性の部屋に現れ、キスで魔力を少し吸われる、と。
それが当たり前とでも言うように入ってきた事で、かえって冷静でいられた。
「ええ、私の名前はサリア。こんな遅くにごめんなさいね。でも、貴女に頼みがあるの。」
「…え?」
この状況が全く飲み込めない。だが。
気がつくと、サリアにベッドに押し倒されていた。
完全に上を取られ、一瞬何が起きたかすらわからなかった。
「貴女の魔力、ちょっと分けてもらうわね。大丈夫、気持ちよくしてあげるから―――」
左手の指が、彼女の指に絡められている。爆乳が、私の胸で潰れている。
そして、彼女の唇が私の唇を狙って、ゆっくりと――
「…すみません、駄目です。」
右手の人差し指で、彼女の唇を止める。
「あら、駄目?」
「はい。申し訳ありませんが、私の全てはご主人様のモノなので。」
きっぱりと、断った。私は全部、彼のものだから、と。
「ちぇー、駄目かー。」
彼女はあっさりと、私から離れた。
「惜しいなー、貴女、すっごく美味しそうな魔力してるのに。」
「すみません。」
「いーや、悪いのは私よ。悪かったわね、強引に迫って。」
なんだろう、物凄い綺麗な女性なのに、意外と話しやすい。
「あの、代わりと言っては何ですが、昼間にでも客人として来ていただければ、お茶くらいならご一緒できますよ。」
「うん、そうね、それじゃ今度またお邪魔しようかしら。」
そう言って彼女は微笑む。女の私も少しときめきそうな笑みだ。
「それじゃ私はこれで撤収ね。じゃあね、アンネちゃん。
今日は悪かったわね、これからは強引なモーションはやめにするわ。」
そして踵を返し、帰ろうとすると―

311名無しさん@ピンキー2018/01/11(木) 19:20:19.47ID:2Kz+N2Xn
続きを待ってるからな

312エルフの人2018/01/11(木) 22:00:32.71ID:1SOIPAwH
〜カルベアスの街・学校〜

「わざわざありがとねー、シジルさん。」
(こくり)
教師の手伝いを終えた銀髪の背が低いエルフ、シジル。
暇な時はいつも本を読んでいるし、話しかけても最低限のコミニュケーションしか取らない女子。
大体無表情で、ほとんどの事に動じない。口数はかなり少なく、ちょっと無愛想。
だがエルフから見てもかなり美人、頭も良く、見た目に反して運動能力も高いため、同性や後輩からもかなり人気がある様子。
しかし、誰が告白しても首を横に振り続けているらしい。
例えるなら、懐かない猫。魅力的なのに、手が届かない。
……そういう態度が余計に相手を引き付けるのだと、彼女は気づいていないだろうが。

「………。」
少し離れた席から横目で、シジルを見る。
いつも通りの席で、いつも通りに本を読んでいる。
あれだけで絵になるって、普通に凄いと思う。
「なーに?あんたもシジル狙い?」
「いやそんなんじゃないさ。そもそも俺が告白した所で結果は見えてるよ。」
「あはは、そーね。あの娘を落とすのは至難の技だわ。」
仲のいい女子と、いつも通りの雑談。
「でもシジル、可愛いわよねぇ……こう、ぎゅーっとして、払いのけられたい……」
「お前も狙ってるのかよ。」
「まあ、そんな彼女に惚れる子も多いんだけどね…」
「ああ、彼女に告白する奴には同情するよ。」
俺だって、彼女が気にならない訳じゃない。むしろ好きか嫌いかで言われたら好きだ。
だけど、まあ無理だろう。話しかけた事はあるが、うまい会話も出来ないし。
「まあ振られたらアタシの所に来なさいよ、慰めてあげる。あんたのおごりで♪」
「へいへい、その時は頼りにさせてもらいますよー。」


〜休日の夜〜

太鼓の音と、賑やかな声。そこから少し歩いた場所にある、背の高い茂みに囲まれた休憩所の小屋。
今日は少し遠出して、ゴブリンの里で開催しているお祭りに来ている。
出店を回って、クラスメイトのエルフと偶然会って一緒に行動して。
射的勝負で負けて、オークがやってるお好み焼きの屋台で奢らされて。
食べ歩きに疲れたので、少し離れたここで一人休憩中。偶然見つけた上に誰もいないので、気も楽だ。
(しかしエルフって、オークやゴブリンよりも大食いなんだなぁ…)
なんとなく覗いたゴブリン主催の大食い大会。優勝したのは去年のチャンプであるオークを抑えた金髪のエルフだった。
(彼女より何倍も体の大きいオークを超えるって……)
それに、さっきクラスメイトに奢らされたお好み焼き、彼女は一番大きな2人前サイズをぺろりと平らげていた。
そんな事を考えながら休憩所の椅子で休憩していると。

313エルフの人2018/01/11(木) 22:02:19.16ID:1SOIPAwH
「―――――――――」

「ん?誰かいるのか?」
小屋の後ろのから、音がした。何の音かはよく聞き取れなかった。
何となく気になって、小屋の後ろに回ってみると。
「……ん?」
茂みの中を早足で進むエルフが見えた。銀髪で背も低く、見覚えのあるような後ろ姿。
薄暗い上に一瞬しか見えず、すぐ見失ってしまったので、確証が持てない。
「…あれは…ひょっとして、シジル…?」
そんなはずは無い…と思うのだが、彼が真っ先に思いついたのがシジルだった。
彼女らしき人はもしかして、この小屋の後ろに居た…?
(こんな所で、何を…?)
興味本位、だったのだろうか。彼女がいたであろう場所に近づく。
そして、"何か"があることに気がついた。薄暗くてよく見えないが、巨大な蛇のような何かだ。
その時、祭りの打ち上げ花火が上がった。打ち上げる音、花火の爆発音、照らされる一面。

「……なっ!?」
その一瞬で、それが何なのかはすぐにわかった。わかってしまった。
花火の閃光に照らし出される大きな物体。それは大蛇などではなく…

……立派とすら思える、凄まじいサイズのうんこだった。
「え……ええっ…!?」
思わず、声が出る。そして花火の光は消え、再び辺りは薄暗い空間へ戻る。
そのうんこの全容が見えたのは短い時間だった。だが、花火は再び上がり、目の前の落し物は照らし出される。
……とても、とても大きい。その一言に尽きる。
「なんだこれ…で、でかい………」
どっさり出された様子を見ると、数人分にすら思えるほどだ。
初めて見た、女性の野糞。こんな大物を、こんな大量に。
彼は花火を見る事すら忘れ、その巨大なウンコに視線を奪われていた―――


〜休み明け〜

いつもより早く、教室へ。そこには予想通りシジルがいて、本を読んでいた。
「おう、おはよう。」
「……おはよう。」
早いのね、とでも言いたげな眼差し。
シジルは毎朝、一番早くこの教室にいる。
「なあシジル、ちょっと聞きたい事があるんだが。」
「…何?」
「お前、一昨日のゴブリンの里の祭りにいた?」
彼女は眉一つ動かさずに答える。
「…祭り?祭りなんてやってたの。」
「ああ、その祭りでシジルに似た人を見たんだ。」
「…ふーん、そう。私は祭りになんて行ってないけど?」
「やっぱそうだよな、朝早くからごめんな。俺の人違いみたいだ。」
「…別にいい。」
それだけ言うと、シジルは目線を再び本に戻した。

…やっぱりアレは俺の見間違いか?
(そりゃそうだよ、シジルに限ってありえないよな。)
心の中で呟き、自分の席に戻ることにした。

314エルフの人2018/01/11(木) 22:04:23.05ID:1SOIPAwH
〜祭りの夜〜

「…暗視呪文、発動…」
その呪文を発動し、夜でも昼のように見える状態で祭りの喧騒から離れ、早歩きを続けるエルフ。
彼女は先ほどの大食い大会で優勝した女性だった。
そして茂みに入り、周りに誰も居ない事を確認し、手元の小さな時計を見る。
(そろそろ1時間……)
「……変装呪文、解除。」
小さく呟いた彼女は、変装の呪文を解除する。
そこに居るのは先ほどまでいた大食いの優勝者とは完全に別人に姿を変えた。
一瞬のうちに金髪だった髪は銀髪へ。顔の印象も変わり、軽く息を吐いて、眼鏡をかける。
「……ふぅ。」
彼女、シジルは小さな息を吐いた。
今回この里の祭りに来た目的は2つ。大食い大会への出場と、もう一つ。
先ほど解いた呪文、変装呪文は自分にかける軽い幻術のようなもので、相手に自分の顔を誤認させる効果がある。
ただし効き目もそこまで強くなく、持って1時間程度。だが、大食い大会に出るには十分な時間だった。
そして、この呪文を解除するともう一つの呪文も消えてしまう。

「んっ……!」
ブッ、ブブ、ぶぅーーーーっ!
誰にも聞こえない茂みの中で、大きなオナラをおもいっきり出す。
先ほど変装呪文と一緒に消えたもの、それは便意を抑える呪文だった。
それが消えた事により、押さえ込まれていた便意、おならが一気に来る。
ばふっ、バスッ!!!
「は、ぁっ……」
一際大きな爆音が終わり、間髪入れずに便意が襲ってくる。

ぷっ……ぷすっ、ぷすっ……

小さなオナラが漏れる。うんこがそこまで降りてきている証だ。
だが大丈夫、"する"場所の目星はつけてある。その場所にお腹を抱えながら一直線に向かう。

「…見つけた…」

彼女の目的の場所、それは茂みを進んだ場所にある小さな休憩所の小屋。
そう、もう一つの目的。彼女は今日、ここにうんこをしに来たのだった。
今は皆祭りに行っている上に、休憩するにしてもこんな所まで来る人はいない。
元から人通りも少なく、背の高い茂みに囲まれ、見つからないように野グソをするには一番いいと思ったから。
そして小屋の裏側に回り壁を背にして、腰のズボンとスカートに手をかける。

……今から、野糞を、する。

これから行う行為を心中で確認すると、胸の鼓動が早くなり、股間の奥がうずき始める。
…シジルは、外でするうんこが大好きだった。
それは変態だ、と言われるのなんてわかっている。
ちょっとズレている、そんな事も知っている。
大きな胸が大好きな男の子がいるように。
可愛い女の子好きなエルフがいるように。
これはもう単純に、本能に根付いた性癖。それだけだった。
それゆえに、止めることが息苦しく感じるから。だから。

ズボンを下ろし、パンツを下げる。
下ろした下着とおまんこの間に、銀色の糸が繋がり、途中で千切れる。
生ぬるい風がお尻を撫で、ゾクリとした感覚が走る。自分の心臓の音が大きく聞こえる。
そして和式便器に出すみたいにしゃがみこみ―――

315エルフの人2018/01/11(木) 22:06:09.54ID:1SOIPAwH
「ん…んんっ……」

喘ぎ声に似たいきみ声。肛門が、そこまで降りてきた大便を迎えるべく、広がっていく。

ぐっ、ぐぐっ、ミチミチミチ……

彼女の肛門が、ゆっくり開いていく。1週間我慢し、たっぷりと育った特大のフンをひり出すべく。
この瞬間を、待ちわびていたかの如く。
彼女の綺麗なおまんこから、さっきよりも多く、愛液が滴り始める。

「ふ、ああっ……」

いきみ声に混ざる喘ぎ声の比率が、大きくなっていく。
自分は今、外でうんこをしている。その事実が、彼女の中で燃えさかる背徳的な炎に燃料を注いでいく。
そして極太うんこの先端が、肛門を限界まで押し開き、一旦止まる。

「ふう…ふぅ……はぁ…っ……………んっ、んんっ!」

モコ、モコモコ……モリモリモリッ!

一旦息を整え、下腹部に力を込め、小柄なシジルの身に合わない肥え太ったうんこを一気にひり出す。
…先端を越え、胴体が出始めてしまえばもう止まらない。
熟成され、みっちり身が詰まった肉厚のうんこは鈍く重い音を上げ、続々と産み落とされていく。

ムリュムリュムリュ、ぶりゅりゅりゅりゅりゅぅっっ!!

「あ…っ……ん、んんんっ………♥」
少女のお尻から、容赦なくぶちまけられる長い極太うんこ。
ブラの下から固くなった乳首が押し上げている。
おまんこから愛液がこぼれ出し、そのまま肛門まで落ち、うんこを伝い、地面に落ちる。
そして必死に声を噛み殺しているが、快感の声が漏れてしまっている。

ブリブリ、ムリムリと音を立て、彼女の望んだ時間が過ぎて行き―――

―――ぶぽっ、ドサッ!

重いうんこの後端が地面に叩きつけられる。
「ッ!……あぁ、ァっ………♥」
出し切った彼女の体が、ビクン、と痙攣した。おまんこから潮を吹く。
「はーー…、はぁー…♥、はぁぁー…っ」
オナニーするよりも感じる、野糞の瞬間。
特盛りの野外脱糞を終え、絶頂までしてしまった彼女は肩で息をする。
(……これ…駄目、やっぱり、やめられないっ…………!)
普段学校では絶対に見られない、シジルの"女"の顔。
暗視の呪文はまだ効いているので、懐からペーパーを出し、立ち上がる。
彼女の後ろには、小柄な女性がしたとは思えない、凄まじい太さと長さを誇る野グソ。
便秘でもないのに便意を呪文でごまかしながら今日のために我慢した結果、ここまで巨大になってしまった。
(…大きい……今までで一番かも……)
お尻をペーパーで拭きながら、自分が出したモノをまじまじと見る。
今回のうんこは水分も丁度よく抜けていて、凝縮された粘土のような滑らかな艶と重さがある。
使用後の紙をビニール袋に詰め込み、パンツとズボンを上げる。
そしてカバンの中から撮影水晶を取り出し、写真を何枚か撮る。
(…こんなにいっぱい……)
ぱちり、ぱちりと、念入りに。それを終え、後始末用の小さなスコップを取り出す。が。
(……勿体無い…)
片付けないといけないのはわかっている。
だが、すごいモノが出たら何となく流すのが勿体無い、そんな心理に近いだろう。
しかし片付けもせず帰る訳にはいかない。絶頂後の倦怠感を抱えたまま、スコップを握りなおし―――

316エルフの人2018/01/11(木) 22:09:09.15ID:1SOIPAwH
「誰かいるのか?」
小屋の前の方から、声がした。
「……ッ!?」
熱に浮かされた頭が一瞬で冷え切った。
まずい。非常にまずい。誰もいないと踏んでいたからここで出したのに。
だがそうは言っていられない。すぐに逃げ――
(……うんこ、片付けてない)
一番残して行ってはいけないモノが、出したてのそのままだ。
こんな大物を見られるなんて、絶対にあってはならない。
彼女は"外で大きなうんこをしたい"のであって、"自分の野糞を見られたい"訳ではないのだ。
勿体無い、なんて躊躇しなければ。写真を撮っていなければ、片付ける暇はあったかもしれないが、もう遅い。
幸い、今は薄暗い夜。自分は暗視できるから見えるのであって、向こうはこれに気づかず帰るかもしれない。
そうなることを祈り、茂みの中へ逃げ込んだ。


〜休み明け〜

いつものように、教室に一番早く着き、本を読む。
一昨日はとても良い野糞ができたが、危なかった。もしひり出している最中に来られたら、逃げられなかっただろう。
「おう、おはよう。」
「……おはよう。」
普段話をしない彼が、今日は早くに来た。
(…早いのね)
「なあシジル、ちょっと聞きたい事があるんだが。」
「…何?」
「お前、一昨日のゴブリンの里の祭りにいた?」
(……ッ!?)
図星、だ。死ぬほど痛い所を突かれ、ぎくり、とする。
祭りに行って大食いに出て、その帰りに野糞をしに行った、なんて死んでも言えない。
大食い大会の時に感づかれた?……いや、まさか。これを聞いてくるという事はまさか、私のあの大物を見たのは―――!
私は眉一つ動かさずに答える。
「…祭り?祭りなんてやってたの。」
「ああ、その祭りでシジルに似た人を見たんだ。」
「…ふーん、そう。私は祭りになんて行ってないけど?」
「やっぱそうだよな、朝早くからごめんな。俺の人違いみたいだ。」
「…別にいい。」
それだけ言うと、私は目線を再び本に戻す。そして彼は自分の席へ戻っていった。
心の中で、今の会話から彼の思考を考察する。だが内心パニック状態に近く、考えがまとまらない。
(…今の会話で確信を得た?いや、人違いと言ったけど、私だと気づいてごまかした?それとも私じゃないと?)
……否、もしかしたら―――

                           つづく

317エルフの人2018/01/11(木) 22:27:36.85ID:1SOIPAwH
はい、新作でした。
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年もお付き合い頂けるととても嬉しいです。
今回のテーマは"クールな娘のでっかい野グソ"です。
シジルさん、話が広げやすいのでまたいつか違う話を書く…かもしれません。
>>310
そちらは、前に私が書いて投稿したお話の一部ですね。
pixvのほうに「サキュバス・初めての極太ウンコ」というタイトルでまとめてあるので
よろしければどうぞ。
サキュバスのサリアさんでまた書いてみるのもアリですね。
…サリアさんで排泄管理とか?

318名無しさん@ピンキー2018/01/12(金) 16:52:50.88ID:hlWNBYmY
良きうんこだ

319名無しさん@ピンキー2018/01/12(金) 20:34:36.24ID:YgBVdK2i
こいつは良いお年玉だあ

320G2018/01/13(土) 08:27:24.34ID:b2kTiL1n
 エルフの人さん、新作お疲れ様です。
 クール娘が趣味でこっそり……野糞のスリルってのはやっぱり良いですね。
 
 こっちも一つ書いてました。
 以前に二回だけ書いた、脱糞配信が趣味のあるなちゃんの話、三回目です。
 
 ただかなり長く、規制に何度も引っかかって投下にものすごい時間がかかりそうなので、昔のようにろだに上げて投下することにしました。
  
ttp://cyclotron.moe.hm/uploaders/scat/big/upload.cgi?mode=dl&file=1244
 

321名無しさん@ピンキー2018/01/14(日) 00:36:08.51ID:MrLVFelA
2作連続で来るとか最高かよ

322名無しさん@ピンキー2018/01/14(日) 15:36:40.82ID:UfGVBvhm
お二方ともありがとう…ありがとう…

323名無しさん@ピンキー2018/02/06(火) 23:56:44.51ID:E6XO05hs
バレンタインも近いですね

324エルフの人2018/02/14(水) 23:04:48.58ID:Chdgg9A3
〜屋敷・早朝の自室トイレ〜

ぶりゅっ…ぶりゅりゅっ…!
洋式便器に産み落とす、山盛りの極太うんこ。
ぶぼっ、ブボボボボッ!!
ぶりぶりと、鈍い音を立てながら。朝一番の一本糞が肛門を押し広げる。
むりゅむりゅむりゅぅっ、ぶぽぉっ!!
「………っ!」
最後の爆音と共に一本糞が綺麗に途切れ、大便に押し広げられていた肛門が、徐々に収縮していく。
(ああ…もう…またこんなに出た………)

曰く、健康な大便は水に浮くという。現に今出したうんこは健康そのもの。
なのに、便器の底に沈みこんでいる。答は簡単、浮かばない程に重く、身が詰まっているから。

彼女は以前、こんなに大量に出す事はなかった。
だがここ最近は出す量と回数がかなり増え、食べる量も大幅に増した。体系はそのままで。
(うう、やっぱりあれのせいだ……)
……そう、この街でお嬢様から魔力を貰っているうちに、超が付くほどの快便になってしまったのだ。
彼女の名はシェリリア。
まだ着慣れていないメイド服に身を包み、ダークエルフの女の子、もといお嬢様に仕えるサキュバス。


始まりは、偶然が重なっただけだった。
この街に来る途中、森の上を飛んでいたのだがその上空で財布を落としたらしく、
到着したはいいがサキュバスの里までは帰るのは遠い上に路銀も無いので、途方に暮れていた。
そこで偶然、屋敷に一人暮らしだったダークエルフの女学生。少し引っ込み思案な、後のお嬢様と出会い、
かなり気に入られた事もあり、その屋敷にメイドとして転がり込んだ。
メイドとして働いて8日目、家事も一通りできるので仕事で困ることは無かった。
自分が作った料理も彼女、いやお嬢様は美味しいと言ってくれたので問題も無く。
そして極めつけにお嬢様の方から毎晩たっぷり魔力を分けてくれるので、
永住を考えるくらい至れり尽くせりの環境……だったのだが。

屋敷に来てから数日を迎えた朝、初めて使う洋式トイレにとてつもないサイズの大便をひり出した。
それは凄まじい量で、この街に来る前の便秘よりも遥かに巨大だった。
広げたら1メートル超え、重さもキロ単位は確実にあったと思う。
和式よりも流す力が弱い洋式トイレが、そんな特大便を処理できるハズは無く――
それがきっかけだったのか、以前からは考えられないほどの大きさ…毎朝、極太で長い一本糞をするようになってしまった。
和式便器ですら流れるか怪しいのに、洋式でそのまま流すなど不可能。


「……………。」
お尻を拭いてパンツとスカートを履きなおし、改めて洋式便器の中のモノを確認する。
容器の中に漂う、自分が搾り出した朝一の巨大なお通じ。
そんな大蛇のようなうんこが、洋式便器の中に沈み、排水溝すら覆い隠している。
流石にあの朝よりは小さい…が、それでもかなりのサイズ。

…お嬢様も毎朝こんなうんこ、しているのだろうか。
魔力を分けて貰っているだけでコレなのだから、本人の出すモノは、恐らく相当大きいんだろう。
…どう処理しているのだろうか?
しかし流石に自分の出したモノの処理なんて、いくらメイドとはいえ私にさせるはずは無いし。
(お嬢様も、快便で困ってるのかな。)
便秘よりはいい。だが、毎朝ここまでモリモリ出ると、流石に処理に困る。

325エルフの人2018/02/14(水) 23:06:10.22ID:Chdgg9A3
ゴム手袋を着けてバケツに水を汲み、魔力で便器の中の水を大便ごと固形化させて浮遊させ、バケツに移し変える。
容器の中から箸で持ち上げても自重に耐え切れて千切れないほどの、健康的で肉厚のうんこ。
………その重さと太さを箸で感じると。すっかり極太に慣れた肛門とお腹の下辺りが、少しうずいた。
今日も、立派なのが出た。
やっぱり一気にこれだけ太いウンコを出すのは気持ちいい。
便秘で溜め込んでると、出す時気持ちいいのだろうか。
そんな考えが、頭を掠める。
(何考えてるんだろう、私。)
やっぱり自分は気持ちのいい事が大好きなサキュバスなんだな、と思う。
軽く見積もっても長さ6、70センチ。太さは女性の細腕ほどもあるそれを丁寧に箸で押さえて、ナイフで刻んでいく。
これだけ量が多いと時間もかかりるし、かなり太い上に重いので箸で固定するのも苦労する。
だけど砕きが甘いとそれでも詰まるので、念入りに。
そしてギリギリまで細かくした状態でトイレに流し、やっと処理が終わった。

流れきったのを確認し、念入りに3回手を洗う。
(そろそろ、お嬢様を起こさないと。)
手を洗い終えたシェリリアは、自室を後にして、お嬢様の部屋へ向かった―――


                                 つづく

326エルフの人2018/02/14(水) 23:08:37.24ID:Chdgg9A3
〜早朝・エルヴィの部屋〜

「う、き、来たっ……!」

部屋のベッドに座り、ぐるぐると鳴るお腹を押さえるダークエルフ。
彼女の名はエルヴィ。
この屋敷には引っ越してきたばかり。メイドとして雇ったサキュバスのシェリリアと共に暮らす、この屋敷の主。
彼女は今起きたばかりではあるが、腹痛、否。強烈な便意に襲われていた。
(どうしよう、これ絶対に家のトイレじゃ流れない…)
エルヴィは元々は快便で、1日に2回もの大きな大便が出ていた。
だいたい通学中に1回、下校中に1回。
水流が強めに設定されている公園の和式トイレで毎回ギリギリ流れるサイズなのに、
家の洋式トイレで流れるはずがない事は彼女自身が一番よく知っていた。
一応、屋敷の洋式トイレを和式に切り替えるように手配はしているのだが。
普段から家の洋式では流れないサイズなのに。今はよりによって便秘。それも7日目。
シェリリアには気づかれないようにしているが、お腹もだいぶ張ってしまっている。
(うう……シェリリアには絶対知られたくないし、詰まらせたら迷惑かけるし…)
しかし便意は次第に大きくなっていく。迷っている時間もあまりない。

(…あ、そうだ。)
彼女の脳裏に浮かぶのは、毎回お世話になっていた、公園のトイレ。
家からも近く、自動浄化と清掃員の手によって、いつ行っても綺麗だった。
…たまに、もの凄い大物が鎮座していたけど。
(あそこに行こう。)
思い立った彼女は便意に背中を押され、手早く支度をする。
玄関からなるべく静かに靴を持って来て、ジャージを着込み、時計をポケットに入れる。
そしてお腹を押さえながら窓からそっと抜け出して、公園に向かった。

流石にまだ時間が早いか、人通りもほとんど無い。
(あっ…まず、いっ…)
お腹の痛みが強くなって来ている。早歩きから走りになる。
トイレから、ジャージを着た赤い髪の女性が去っていくのが見えた。
自分も何とかトイレにたどり着き、個室になだれ込む。

(う、うわ、大きいっ…)
その個室には、先客がいた。恐らく先ほどの背が高い女性が出したばかりの、巨大なうんこが便器の中に盛られている。
白い便器の中でU字を描いてうねる、極太で長いうんこ。恐らくメートル単位の大物。…普段なら、隣の個室に移るのだが。

「は、あぁぁっ!も、もう、ダメぇっ……!!」
慌ててジャージと下着を下げ、腰を落とす。もう隣の個室に移る時間は無い。
あと3秒遅れたらと思うと、冷や汗が走る。
自分のうんこはもう流れないだろう、とは思う。
そもそも自分の真下には、既にひり出された大物もあるのだ。
だが、もうそんな事を気にする余裕など無く。
ただお腹に溜まった便秘を全部ぶちまける、それしか考えられない。

327エルフの人2018/02/14(水) 23:12:04.97ID:Chdgg9A3
メキッ……メリメリメリッ……!

便秘で育った太すぎるうんこが、肛門をこじ開ける。
その大質量の前に、今まで便秘などしてこなかった尻穴を閉じるなど不可能に近く。

ぶばっ!モ゛コッ!モコモコモコモコッッッ!!

じっくり熟成された、少し固めの超極太ウンコ。
流れる、流れないなどもうお構い無しに。
下の出したてウンコの上に、自分の巨大な一本糞を一気に吐き出していく。

ミチミチミチ……ブリィッ!モ゛リモ゛リモ゛リモ゛リモ゛リッッ!

白い便器にどばどばと産み落とされる茶色の巨大糞が、既に出されていた巨大糞もろとも蹂躙していく。
超が付くほどの快便だった彼女が一転して便秘になってしまったのだ、その量は半端ではない。

にゅるるるる…ずりゅりゅっ!ぶっ、ブリリリリッ!!

少し固めの前半が終わり、今度は先ほどに比べて柔らかめの後半。
太さは先端から全く衰えず、千切れる事も無く。便器を埋めていく。
快便エルフが溜め込んだ特大のウンコは、少女の尻穴からモリモリと出続ける―――


「はーっ、はぁー、はぁーーっ……」
凄まじい量をひり出し終え、肩で息をする。擦られ続けた肛門が、敏感になっている。
一滴の汗が頬を伝って、白い便器のかさの部分に落ちた。
…下を見るのが怖い。それほどとんでもない量が出た。…お尻を拭いて、壁に手をついて立ち上がる。

「………。」
一瞬、呆けた。
自分の物凄く太いうんこが、便器を埋め立てて山盛りになっているのだから。
先ほどあったウンコが見えなくなるほど、巨大な一本のうんこが便器の中でぐねぐねとうねっている。
2、3キロはあるだろう。1メートルは余裕で越すだろう。
自分の体のどこにこんな凄まじい量が。いくらなんでも太すぎる。
さっきの女性のウンコの何倍だろうか。これを家のトイレにしたらどうなっていたか。
そんな考えが一気に浮かび、オーバーフローを起こす。
これを最初に見るのは誰だろう。
次の人。もしくは、清掃員。
「あ、あわわわわ…そ、外で、こんな、うんこ、を……どど、どうしよう……!?」
顔が一瞬で真っ赤になる。こんな象みたいなうんこを出したなんて、誰かに知られたら。
「誰に」では無く、「誰かに」知られたら。
恥ずかしい。恥ずかしい、恥ずかしい恥ずかしい恥ずかしい――――!!
「――――!!!!」
テンパった状態で、逃げるしかなかった。ジャージを履きなおし、
慌てて個室を出て、手を素早く洗って女子トイレの外に飛び出し―――!

「えっ?」
「ふわぁぁぁ……あっ?」
今から女子トイレに入ろうとしていた男性と、入り口ですれ違い、目が合った。
防水性の作業着を着て、腰にツールポケットをつけた男。時間が早いせいか、少し眠そうにあくびをしていた。
自分は、この人の顔を見た事がある。
(ああ…清掃員さんだこの人……!)

328エルフの人2018/02/14(水) 23:13:21.30ID:Chdgg9A3
「ああ、すみません。今から清掃しますんで」
そう言うと彼は、私がしたばかりの個室を開けようとし………
「――――!!!」
ばたばたと走り、彼と個室の間に入り込んでドアを塞ぐ。
絶対に、絶対に入って欲しくない。ここには。だってここには自分が出したての……
「え、えーっと………」
(ふるふるふるふる)
顔を真っ赤にしながら涙目で、無言で首を振る。入らないで、と。
「つ、詰まらせちゃいました?」
答えられずに、ギギギ、という動作でそっぽを向く。
絶対に言えない。この中には、詰まる詰まらない以前の、過去最大サイズのウンコがあるなんて。
何かを察したらしい彼が、口を開く。
「その、こちらも一応仕事で見慣れてるんで大丈夫かと…」
「だ、駄目、です……」
喉の奥から搾り出した、蚊の鳴くような声。
けど、自分がこうしていては彼の仕事の邪魔にしかならない。
その時、ポケットの時計からベルの音が聞こえた。
…シェリリアが起こしに来る10分前の合図だ。…戻らないと。
「あ、ああ、あのっ!」
「は、はいっ。」
「忘れて、下さい………!」
恥ずかしさの涙交じり声でそれだけ言うのが、精一杯だった。
そしてドアを塞ぐのを止め、外へ向かって走り出す。
「ごめんなさいっーー!!」
仕事の邪魔をしてしまった事に。
自分のとんでもない物を見せてしまう事に。
自分の、特大のうんこを片付けさせる事に。
謝りながら、走って逃げた―――

329エルフの人2018/02/14(水) 23:15:37.10ID:Chdgg9A3
自室のベッドで布団をかぶって、枕に顔を埋める。
しばらく、外に出たくない。
私の、うんこ。あんなにいっぱい。見られた。何て思われたか。
特に親しい相手でもないのに、恥ずかしくてたまらない。
……学校は休んでしまった。
シェリリアも何かを察したらしく、深く聞いてこない。
…彼女は、本当にいい人だと思う。違った、人じゃなくてサキュバスだ。
その時、ドアが小さくノックされる。そして扉が静かに開けられ、そして閉まる。
もそもそと布団から這い出てドアの方を見ると、ドアの前に紅茶のトレーが置かれている。
…本当にありがたい。
そしてゆっくりと紅茶を一杯飲み干すと、まどろみに引きずられるまま、眠ってしまった。

「……あれっ?」
気がつくと、ベッドで寝てしまっていた。
時計を見ると、1時を回っている。
(…そうだ、学校!?)
朝、何かあったような…駄目だ、思い出せない。
「シェリリアっ。」
居間にいたシェリリアに聞いてみよう。
「はい、何でしょう?」
「ねえ、もしかして私今日学校休んでる!?」
「ああ、それでしたらお嬢様は今朝、熱が出てましたよ?」
「…そうだっけ?」
「ええ、それで私が今朝、お嬢様を寝かせて回復魔法をかけていました。
まあ、私の魔法はサキュバス式ですので、眠っている時の方が効果出やすいです。」
「そういえば、今朝なんかあった?」
「今朝…ですか?お嬢様は少し起きて、熱があるのを確認した後、私が回復魔法で寝かせてましたが。
ああ、学校には連絡済ですので。お体は大丈夫ですか?」
「うん、なんとも無いかな。…相変わらず仕事中は口調が固いよね」
「ええ、仕事ですから。とりあえず今日はゆっくりと。
それとお嬢様、業者が来たので洋式トイレから和式トイレに変更作業、終わりました。
お嬢様の部屋は私が作業しておいたのでご安心を。」
「うん、ありが…とう?」
「いえ、どういたしまして。」


〜屋敷・応接間〜

お嬢様と一旦別れて、椅子に座る。
「…ふぅ。」
どうやら朝の記憶を消すのには成功したようだ。
紅茶にスリープの魔法を混ぜて眠らせて、寝ている最中に彼女の夢にダイブ。
嫌な記憶だけを切り離した。こんな事ができるのも、夢魔であるサキュバスならではの芸当だ。
(とりあえずお嬢様は便秘…なら、出やすくなる料理にしないと。)
和式なら便秘も解体しやすいし、水流もかなり強めにしておいた。
夢に入り込む都合上、彼女が見た光景も見えてしまう。
つまり、彼女が出したうんこはシェリリアに筒抜けという事で…
(お嬢様のうんこ、凄い量だった……)

                           つづく

330エルフの人2018/02/14(水) 23:29:20.87ID:Chdgg9A3
はい、新作でした。
なんとかバレンタインの日に間に合いました。まあ、ギリギリな上に内容は全然関係ないんですが。
今回のテーマは、快便のサキュバス…だったんですが、便秘エルフのパートの方が長くなってしまいました。
一度に出す量が多いほうが描写を細かくしやすかったので…
それと次回以降の更新ですが、色々な都合によりしばらくお休みになりそうです。
引退したいわけではないのですが、いつ更新できるかわからない状況が続きそうです…
まあ、引退うんぬん言えるほど立派な物を書いてるわけでもないんですが。
Gさん、お疲れ様です。今回の作品も非常に面白かったです。

331名無しさん@ピンキー2018/02/15(木) 01:10:06.87ID:wlFcUL5F
今回も素晴らしかったです
便秘のぶんだけうんこも太くなるから気軽気長に待つってます

332名無しさん@ピンキー2018/02/15(木) 01:56:05.78ID:aU8eijgd
>>330
ネ申
やっぱり沢山出しちゃう娘はいいですなぁ…何気に過去作の娘もカメオ出演したりしてるのもイイ
素敵なバレンタインプレゼントありがとうございます!

333名無しさん@ピンキー2018/02/19(月) 22:15:22.64ID:309zlpQa
ふと思ったんだがこのスレの利用者はほとんどが男だと思うけどさ、女の人もここに来てオカズ探してたりするの?

334名無しさん@ピンキー2018/02/21(水) 23:07:08.85ID:f/242U4k
ないないwwwwww

335名無しさん@ピンキー2018/02/21(水) 23:55:53.69ID:SGyNCfYa
本当にそう言う事考えてる奴いるんだ…怖…

336名無しさん@ピンキー2018/02/22(木) 00:08:27.77ID:Te93/7hP
うんちに興味のある女子小学生になりたい…

337名無しさん@ピンキー2018/02/22(木) 07:20:43.31ID:1xZqJfK8
夢も希望もないのなお前ら……

[PINK][/PINK 14/30]
新着レスの表示
レスを投稿する